やる夫が異世界で前を向いて生きるようです 第10話

目次

280 : ◆tC1gMIWp2k : 2014/06/16(月) 21:00:24 ID:HzZr/YHI


                .   ´ ̄ ̄ ̄`  、
          /    ,  '⌒     ´ ̄`丶          時間になりましたので、投下いたします。
                /            ヽ
          /     ,                        今回は次スレちゃんと作りました(ぐっ
       ′  /            /   !       ‘,
            . ′       ′  / | i | i   i
      ,   ノイ     厶 ‐ / 八{ ト、{‐- |   ‘,
        ′   |    i´/ | / j/  乂 ヽ |   i .
      /  / }|     Ⅳ  Ⅳ /      Ⅵ  !ト ゝ
.     /  / j八    |  x≠ミ    x=ミ i   八
    /   ′ { (ヽ   |             ハ/
.    ′! j   \ゞ\{           '   ′‘.
  八{八ハ   i   ` ーr 、    ー    /   !|
       \{\  i |__`        イ   八
           \ハ{  `   ≧=‐<  !  , ′
          _,ノ      | | 、   )ノ}/
       . <        | |  ` r __
       /´\  \      ノxへ_|  i .
.       ′   \  \    / \:ノⅣ!  ! |
      i       ヽ   \_/   i::::く  ! |


281 : ◆tC1gMIWp2k : 2014/06/16(月) 21:00:47 ID:HzZr/YHI


: \/´: : : :\: : : : : : : : :.`Y´: : : : : : :;/ : : : :\/: :.ヽ; : : : : : : |: : : : : :/ : : :∨: : : : : /
: : /: : :-‐ : : ∠二>、: : : : :;} : -、: : : 八: : -‐' :1: : : : \ー-、/: : : :;/: : : : : ;〉: :-―|
-┴‐- 、_;_;_/: : : : : ;_;_ゝ- く: : : : : :.;ァー'-- 、: ;〈: : : -=: :{: : : :|-‐ ''"\ : r‐ '"\ー: : :|
: : : : :;/:〉: :.ヽr――|:_;;...-┴-‐ ''":::::::::::::::::└‐'-、_;_;_;_;_;〉: ;ノ: : : : : : :〉┤: :、: :;/\r勹
: :_; -:.V: : : /:.:.:.:.;/´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::` ̄\: : : :;/: : :\_/|_;_;」-〈_
;_;_;_;_; ' -‐ ''"7´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: `ー┴-、_; : /: :./|: : : : : :.ヽ
: : : : \: : :、:.:.:{::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}': : /:.:|_;_; : : : : :}
: : :_; : :ノ: := :Y´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::rァ'、: :〈:;rイ: : `ー‐く
―‐-く : : : :/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/: : : :ヽノ∨: : ‐-: : :_;〉
: : : : : :.\:《::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈: : : : : :|: : :\: : : : :〈
: : : -、 : :|:.:ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r1: : : ;ノ: : : : :/|: : :┌|
\: : : : :/:.:.:.:;〉:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::, イ : :\:.:{: : : : : ∨\ノ{
. : ;〉-‐ ' '"∨ー- 、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_,,.. .-‐'".:/. : : : :;|/ヽ、_;/: :-、:\|
レ'.: : : : : :〈: : : : 、;〉:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r-―<´: : : : : : ;/. : -: : ;八: : :.\: : : : : : : 〉
゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"

282◆tC1gMIWp2k2014/06/16(月) 21:01:25 ID:HzZr/YHI



               . -─‐- 、
            , ´   /   \      ・・・・・・・・・作るも作ったり防具と武器の数々。
          / ヽ   (●)    \
           , (●) ;__)   u  . ヽ    気がついたら朝になってるとか、どれだけ集中してたんだろやる夫。
           /   、_ノ  |       |.
            |      \_ノ      /
           \             <
             ` ー r  -‐'     '、.
                ,'      /⌒ぅ ヽ
                /  ァ'´ ̄`⌒´  /ヽ
            / _人__       /  丶
            |/´   / ̄ ̄ ̄    丶
             {   /            丶
            `T ´                 丶



―粗悪な角槍【27/27】を作成した
―粗悪な角槍【29/29】を作成した
―粗悪なレザーアーマー【23/23】を作成した
―粗悪なレザーアーマー【25/25】を作成した
―粗悪なアームガード【20/20】を作成した
―粗悪なレッグガード【27/27】を作成した
―粗悪なレッグガード【23/23】を作成した
―粗悪なレッグガード【26/26】を作成した

283◆tC1gMIWp2k2014/06/16(月) 21:02:02 ID:HzZr/YHI



            _,,..-―――‐-..,,_
       ,,-''´              `ヽ       お陰で今更良い疲労感と眠気が・・・
.    /     u          u ヽ、
.   /| | | | | -..,,_       u   __  '.,    朝だし少し休んで昼から食料集めと探索に行くかお。
   /| | | | | |     `゙''‐' ′ ヽ-'"      ',
  ,'| | | | |.|≡=-.,,_  .三三三 _,,..-=≡  ',   あ、なんか眠くてふらふらする。
  l.| | | | | |   . `゙ .三三 "´  .     l
  |.| | | | | |====≡ 三三 ≡====  |
.   ',  u | |     /       ヽ      .l
.  ヽ         {     ,.、   }     ,'
    \      ゝ-ィ´ `"j-.'′ u   ,.'
      `'',-..,,       |.r-‐''"     ,,..-''
      /  `゙"''―‐.U――― ''"´ヽ
     ./                 ヽ
    /                  ヽ

284◆tC1gMIWp2k2014/06/16(月) 21:02:43 ID:HzZr/YHI



                      _(_`Y´_)
                 / |r┬ 、l\               はふぅ、寝転がると気持ちいいお。
                     /   ` ― ´  \   (⌒ヽ、
              /            ヽ  と ,ィ_ \     寝る時用に皮残しておいて良かった、また集めなきゃ。
                |   __/::..  `   ⌒  ̄ ̄`   >
  と⌒ヾー―――― ⌒       ̄`´ ̄    イ   - - ´ 
  < ゝ /、_____      ヽ、             ヽ'
   く/            ̄`ヽ                ∨
                   l             ∨
                  l             ∨
                 l                 丶
                 /                    丶
                   /       ―――‐ 、     丶
               /    /         \      丶
                  /     /           \      ヽ    ,.-、
           _    /   /                  \    ` ー ⌒ヾゝ
          { ` ̄     /                ∧           Yラ
         ∧        l                      ゝ       ノノ
            ` ー――‐'                        ̄ ̄ ̄ ̄

285本棚のやる夫さん2014/06/16(月) 21:03:04 ID:rjrCTEa2
時計とかないだろうし集中してたらそうなるか

286◆tC1gMIWp2k2014/06/16(月) 21:03:43 ID:HzZr/YHI



                       / ̄ ̄ ̄ \      皮かぁ・・・剥がなくても手に入るのが凄く助かるお。
                     / ─   ─  \
                    / (ー)  (ー)   \   現実ってか、小動物とかは普通に皮剥がないといけないし、
                    |     (__人__)      |
                   /⌒\    ` ⌒´ j⌒i、/   やる夫じゃ上手く出来ないからなぁ・・・初めから使えるのは
                /´     ・      /  /  
              _(__ l,       . ノ  ノ       すげーありがたいお。
             /´______`___ _´__ノ



              / ̄ ̄\/ ̄\  ア,ヒンヤリ
                / ̄ ̄ ̄`.  \    \         森から出れたら多分他のモンスターも居るんだろうなぁ。
             /           、    、
           /           i     l        やる夫でも倒せるやつだといいんだけど・・・
        _/ 、  ,イ            /
       (     )_/______ノ__ノ         いきなり大熊とか出てきたら戦う以前に怖くて動けないかもしれないし。
       ̄ ̄

287◆tC1gMIWp2k2014/06/16(月) 21:05:04 ID:HzZr/YHI



        ___
      /        \              もし、村とか町を見つけたら、そういう基礎情報や常識から覚えないとなぁ。
      ´         ヽ,-、, ‐ 、
      l           !ー   \        現代の感覚でいたら多分とんでもないことになりそうだし・・・
     !  ―  ―   ___ __\,‐‐-、
     > (=) (=)  ヽ       ヾzソ  )   NAISEIとか出来るチート主人公って、この辺どうやってるんだか。
     ( _ (__人_) _ノ  ̄ ̄ ̄  ̄ ̄  ̄



           ____
         /⌒  ⌒\             その辺はどうでもいいか、そういうのは出来る人がやればいいお。
       /( ―)  (―)\
      /::::::⌒(__人__)⌒::::: \         やる夫の頭じゃ絶対無理だし。
      |              |
__( ⌒-ィ⌒ヽ、   /⌒` '⌒ )__
     `ー-ゝィソノー‐ヾy_ノー"

288◆tC1gMIWp2k2014/06/16(月) 21:05:47 ID:HzZr/YHI



        zzzz....
            .____  .,-'"~"'ヽ
           ./⌒  ⌒\./  。○)
         ./ (ー) (ー.ノ     /        あ・・・意識おちそう・・・少し休んで、今日は奥まで・・・
           .|   (__人___く___,ノ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ー―--‐一'" ̄ ̄ ̄ ̄

289◆tC1gMIWp2k2014/06/16(月) 21:06:13 ID:HzZr/YHI

                          ┌┐
                      ┌─┐┘
                      |  |
                        ┌──┐┘
                        │    |
                  ┌────┐┘
                  |        |
                  |        |
              ┌─────┐┘
              |          |
              |          |
              |          |
          ┌──────┐┘
          |            |
          |            |
          |            |
          |            |
.        ┌─────────┐
.        |                  |
.        |                  |
.        |                  |
.        |                  |
.        |                  |
.        |                  |
.        └─────────┘

290◆tC1gMIWp2k2014/06/16(月) 21:06:48 ID:HzZr/YHI


―数時間後












―迷いの森出口前



           ,,.: ''''""~""'''‐..
        /          \        ※今のやる夫の心境
       / \     /      \
        / ( ○ )   ( ○ )       `、
       /´                 ',
      i   (  人   )            ',
     !    ~''''|:::::::::|''''´            |
      \    .|:::::::::|             ,.'
       >   |:::::::::|          /
      /    ''''''''''-----‐‐‐'''"~  \

291◆tC1gMIWp2k2014/06/16(月) 21:07:40 ID:HzZr/YHI



           / ̄ ̄\             川で食料集めてから再度探索して1時間。
         /       \
        / ヽ   ノ  u  \          その一時間で森の出口を見つけてしまった件について・・・
       /´| fト、_{ル{,ィ'eラ,   |
     /'   \ .(__人__)⌒`  /          え、マジですかお? 洞窟から全然離れてないですやん。
    ,゙  / )ヽ(,`⌒ ´    / ヾ、
     |/_/  /  ̄ ̄ ̄      ヽ
    // 二二二7      __    `ヽ
   /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´     -‐  \
   / //   广¨´  /'       ´ ̄`ヽ ⌒ヽ
  ノ ' /  ノ `ー- 、___            ヽ  }
_/`丶 /         ̄`ー-- {.       イ

292◆tC1gMIWp2k2014/06/16(月) 21:08:28 ID:HzZr/YHI



                 __
            _..-''''゙゙゙´     ゙゙゙゙'''ー,,、
          ./      U       \      出口が見つかったのは大発見だお。
         , '     ___     __ .ヽ
        ./    (  ●  .)  ( ● )  '.,    喜んで飛び跳ねたくらいだし、だけど・・・だけどさぁ・・・
       /  u .    ̄ ̄ ̄     ̄ ̄   '.,
     . .,'                        .l
       l   U.    (     人    .)    .l
       .'.,        `.┬‐ ´  ` ┬ ´     .,'
     .   ' ,         ̄ ̄ ̄ ̄     /
          ゝ、               /
         /` ー――――― ‐=''' く
        /                      \
       /                    ヽ
     . /.                      ',
     /       /                i   l
.    /      |                |   |
    |      |                   |   |

293◆tC1gMIWp2k2014/06/16(月) 21:09:01 ID:HzZr/YHI
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::.:.:.:.:.: : : : : : : : : :.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::.:.:.:.: : : : : : : : : : : : :.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::.:.:.:.: : : : : : . : . : : : : : :.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::.:.:.:.: : : : : : . : . : : : : : : :.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:.:.:.:.: : : : : : .       . : : : : :.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:.:.:.:.: : : : : : .       . : : : : :.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::.:.:.:.: : : : : : .    . : : : : : i⌒ヽ:::::::::::::::::/⌒Y:::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::.:.:.:.: : : : . : . : : : : :.:.:.:.::.   :::::::::::::/  ,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::.:.:.: : : : : : : : : : :.:.:.:.:.:.:i    ::::::::::    !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::.:.:.:.: : : : : :.:.:.:.:.:.:.:.::::::::!   ::::::::   |::::/⌒i:::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::|    乂:ノ    i:/   ,::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i         ′ /:::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;               ,::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/              乂::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/                     ̄):::::::::::
::::::::::::::::::::::i´ ̄ ̄¨ ー一 ´                r:::´:::::::::::::::
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.人                           i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:.:.:.......                    ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
.: : : : : : : : : : : : : : : :`: : 、                    \: : : : :
.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`: .                  `  :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`: : . . _                  `
: : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
.: : : : : : : : : : : : : : : : : : .
: : : : : : : : : : : : : : : : : : :.
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.


―【魔】が適正値を満たしていない! 魔力が干渉を阻んだ!

―ここから先に移動することが出来ない!

294本棚のやる夫さん2014/06/16(月) 21:09:42 ID:xlSkZMmM
見えるけど出られないとは生殺しか…

295◆tC1gMIWp2k2014/06/16(月) 21:09:50 ID:HzZr/YHI



               ____
            ,. -'"´::::::::::::::::::::::`¨ー 、         宝箱もあれだったけど、この見えない壁とか理不尽すぎるおっ
           /:::::::::::::::::::::::::::::__,,,::::::::::::::::::ヽ、
         ,.'"ー、:::::::::::::::i:::::::r":::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、    だからファンタジーは!! これだからファンタジーはっ!!
        /:::::::::::::::゙ヽ:i:::::::ー"'_,-ー‐‐-´::::::::::    ヽ、
       /:::::::,ニ=-ー:::::::::::::::::::::=-ー¬:::::::::::::::::::::..   ヽ
      ./::::::::::=-‐¬'::::::::::::::::::: 、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::.   ヽダイジナコトナノデニカイイッタオ
     /:::::::::.:::l::l::l:i"   i,, ___ )                  i
     /    ::::::i::i:'、__ノF ̄ー┤                 l
    ,'.            |    |                   }
    i             |     _|               /
    ',          L'ニ ̄‐┘             /
     ヽ、                        /
      ヽ、_                     /
         `¨i                     ヽ
          /                      ヽ
         /                      ヽ

296◆tC1gMIWp2k2014/06/16(月) 21:10:48 ID:HzZr/YHI



            ____
         ,. -'"´      `¨ー 、
         /             \       ・・・・・・ふぅ、落ち着いてきた。
      /                ',
     ./                     ',     つまりやる夫は【運】は足りてたんだおね。で・・・【魔】が足りないと。
     l     \          /    .l
     l      \_i ,, i_/   U  l     これをメインで上げていけば外に出られるって訳か。
     .',    `ー―'    `ー―'   ./
     / \      l   人   l    /\     てか、メモ帳の人【運】低すぎじゃね? 人のこと言える初期ステじゃないけど。
  ./    `ー、   `ー´_`ー'  ‐'    \
  /                        ハ

298◆tC1gMIWp2k2014/06/16(月) 21:11:23 ID:HzZr/YHI

―やる夫は森の向こうを注視した。

 .. .:.:.:.  ... ...:.:.:.:.:. .:.:.:.:.:.... .... .. ... ..  .... .. ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:... ......  . .... . .... .. .:.:.:.:. .... r ⌒ヽ .:.:.. .. .
. ......:.:...:.:. .:. .:. (⌒ 、 . .. .. .     .. .......:.:.:.:.:. .:.:.:.:.:.... .:.:.:.:.:...... .. ..:.:.:.... ..:.:.:.: .: .. .. ... (⌒   ⌒) ... ..
:.:.:. ...... .:.:. (⌒   ⌒) ... .... .:.:.:. .. . :. .:.:.:.:. . . .....:.:.:.:.:....  .....   . ..:.:.:.:....:.:.:..: .:.:.. (⌒    . . ... .:.:.
 .. .... .. . (⌒      r'. ..:.:.:....   ..:.:.: .....:.:.:.:.:. .:.:.:..... r ⌒ヽ .:.:.. ... .. ... . :..:.:. . . ...   . . .. ...:.:.:.:
. .:..  .. (⌒'        .   .. .:.:.:.:.:.... .... .. ... ....:.:.:.: (⌒   ⌒) ...:.:.:.... :. :.:.:.:.. .  ... :.   .:.:.:.:. . ....
. ..:. . (         . ..  ..:..   . ... .    .. .:.:.: ...  (⌒     r'⌒ヽ ..  .. .. .... .  . .. ...:.:.:... .
... . .    .;i;';.      . ...  ......  ... ....    ...          ⌒ヽ    . .. .:.:.:.:..      ... ..
   ,.;i;';.,,;;`;;i`、    ... .      . .. .   ... ....    ...        . ...  ......       . .. .
  ,.;;:。;:;;::、;;:。;:;;,.
 ,.,;:;;`;;i`:;:i;,|i!''".                                 .;i;';..;i;';.
..... ""'|i!''''"  i|!、....,........... .......,.,.......,..,.,,.,,. ...... .......,. ,.......,..,........... ...    ,.;;.;i;';.,,;;`;;i`、;i`、 . ............ .
'::',:'':';:,.,i|!、:.,"'`::'::',:'':'`::'::',:'':'` "'"' "'''.''' "'''.''" '::',:'':';:;..,"'`::'::',:'"'`,.;;:。;:;;::、;;:。;:;;,;:。;:;;, ,.;i;';.
 "''    ::':'::' " '''.''"'"  ''"'"' "'''.''' "'''.''"'"''"'"'  "'''.''' "'''. ,.,;:;;`;`;;i`:;:i;,|i!''";,|i!'',.;;:。;:;;::、
'::',:'':'`::'::',:'':'`::':'::',:'':';:;..,"'`',:'':'`::'::''::',:'':';:;..,"'`,:'':'`::'::',:'':'::',:'':';:;..,"'`::'::', '""''|i!''"  ,i|! .....i|!,.,;:;;`;;i`:;:i;,.
'::',:'':';:;'"'"''::',: '"'"''::',:::'::',:'':'`::'::',:'':';:;..,"'`'::',:'':';:;..,"'`'::',:'':';:;..,"'`'::',:'':';:;..,":,.,i|!、'`'::',:、'':';:;..,..、""'|i!''"
',:'':';:;..,"'`',:'':'`::'::''::',:'':';:;..,"'`,:'':'`::              '::',:'':'::',:'':';:;..,"'`::'::',:'':'`::':: '::',:'':';:;..,":,.,i|!、
"'''.''' "'''.''"'"''"'"' " "'''.''' "'''.''"'"''"'"' "'':';:;..,"'`',:'':'`::'::''::',:'':';:;..,"'`,:'':'`::'::',:'':'::',:'"'''.''' "'''.''"'"''"'"
:::       ;..,"'`',:'':'`::''" ;;                    :::;..,"'`',:'':      :::;..,"'`',:'': ;:;: .
'':'`::'::',:'':';:;..,"'`',:'':'`::'::'.,"'`',:'':'`::':' "'`:       :'::',:'':';:;     ..,"'`',:'':'`::'::',:'':';:;..,"'`',:'':'`::'::'.,"'`',
  '':'`::'::',:'':';:;..,.            ';:;:;..,"'`',:'':'`::'::'':    '':'`::'::',:'':';:;..,"'`'::',:'':';:;.
                           '':'`       ::'::',:'':';:;:;..,
    "'"'''':'`::':;:;..,"'`',:'':'`::'::'':':';:"'"''' "''''':'`::':':',     :'':';:;:;..,"'`',:'':'`::'::'':;:;..,    "'`',:'':'`::'::'':

299◆tC1gMIWp2k2014/06/16(月) 21:13:09 ID:HzZr/YHI


こみ上げてくる気持ちをそのままに自分は馬鹿みたいに進めない先にある草原を見つめた。

言葉に出来ない、良くわからないごちゃごちゃとした感情が溢れだしてくる。



                    -‐   ̄ ̄ ̄ ̄
                ´
                ´                    ・・・はは、初めて森以外の場所を見たお。
          /
          /                        結構、普通の場所なんだなぁ・・・村や町は遠そうだおね。
        /       ,、
.        /       `ー- 、_
       /
.       l        _   ヽ
     |     i /:::::::ヽ  }
     |     | {::::::::::::} 丿
     |     ゝゝ― '
     |             \\\
      l      、
     {       }
     ヽ     /
        `┬― ´                   . :
          \ : : : : : : . . . . .  . . . . . . . . . : : : : :
         \ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
             `ーァ‐-. : : : : : : : : : : : : : : : : : :
                /: : : : : : : : : : ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           /: : : : : : : :
             /: : : : : : :

4◆tC1gMIWp2k2014/06/16(月) 21:15:29 ID:Hn3y1Z8M




                         ____
                        /       \      よいしょっと。
                      /―   ―    \
                     / (●)  (●)     ヽ    少しくらいここで外を見ててもいいよな。
                      |    (__人__)       }
                   \   `⌒ ´     /    ゴールは見つけた、後はやる夫次第なんだおね。
                 __/   ー    γ⌒ 、
               _{´   ⌒ヽ              ∨
                / `ー‐1   }         i   ∨
                  /     ゝ '          |i    ∨
              /   ∧               ハ   ∨
         , - く__// ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ /  _ト  ⌒ー、
          、___}人________/  (__ .イ_i__i__)

5◆tC1gMIWp2k2014/06/16(月) 21:16:10 ID:Hn3y1Z8M



           ____
          /      \          そう言えば、地球でもこんな場所見たことなかったなぁ・・・
        /    ―  ―\
       /   ( ●)  (●) \      ゲームやアニメじゃ当たり前の場所だけど、やる夫の住んでる場所にはなかった。
       |      (__人__)   |
       \       `⌒ ´  /      少し遠出すればあったんだろうけど、やる夫の世界は自分の部屋だけだったから。
        /´⌒` ̄  ̄ ` 丶'
         |      _゙_ 、  \
        ヽ イ´ ̄ /  ヽて   〉
          l     /  r  ヽ彡'
         ヽ   /    ,ヽ  ヽ         _-‐、
         ,ィヽ      /  Y   ゝ‐-、 ──´  │
      r_-ィ__ノ_ヽ、__ノ__「___ノ______」


草原には小さな小動物や鳥が飛んでいるのが見えた。

追加で言えばウサギも見えたが、こうしてみるとただの動物にしか見えなかった。

7◆tC1gMIWp2k2014/06/16(月) 21:17:27 ID:Hn3y1Z8M




           ,,.: ''''""~""'''‐..        小学校の時から虐められて、中~高校でも変わらなかった。
        /          \
       / ─‐   ──    \     両親は頑張ってくれたけど、やる夫はその想いを無視して閉じこもったんだお。
        / ( ● )   (●)         `、
      ./   /    \         ',   ひねくれて、あきらめて、自分の好きなモノしか認めないで。
      i   (  人   )            ',
      !   `゙'´  `゙'''''´            |  そりゃ、こんなダメな人間になるのも当然かおね。
     \                      ,.'
       >                 /
      /       -----‐‐‐'''"~  \


虐めの理由はなんでもない、ただ【運が悪かった】それだけだ。

そして自分はやりかえす勇気もなく、ただ我慢するしか出来なかった。立ち向かえばきっとどうにかなったんだろう。

でも、その立ち向かう勇気が自分にはなかっただけだ。それを免罪符に閉じこもった、自分を正当化して。

そのまま年だけをとって、自他共認めるレベルのダメ人間が出来上がった。

8◆tC1gMIWp2k2014/06/16(月) 21:18:29 ID:Hn3y1Z8M



            ____
         ,. -'"´      `¨ー 、      今じゃ、人の目をみて会話することもできなくなっちまったお。
       /             \
      /                ',    両親には部屋の中から怒鳴るだけだった、馬鹿だったんだなぁ・・・やる夫は。
     ./                     ',
     l         ,!   l、       l    とーちゃんもかーちゃんも、そんなやる夫を見捨てずに育てて来てくれたのに。
     l.    ´ ̄ ̄ _ ,,  _`ー-- U l
     .',    `ー―'    `ー―'   ./
    / \      l   人   l    /\
  ./    `ー、   `ー´_`ー'  ‐'    \
  /                        ハ

9◆tC1gMIWp2k2014/06/16(月) 21:19:35 ID:Hn3y1Z8M



          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
        / °. . .: . . : . .゚: . . : .\        もし帰れたら、やる夫は変われるかな。
      /;  . : : : : : : : : : : : : : : : :.\
     /  .. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.\     変わりたいなぁ・・・今のやる夫なら、少しはマシになれるかなぁ?
    /   .: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :..\
  /  ;  : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .\   今は多分、人間は怖くないと思う。あんな虐めに負けないと思う。
  | ゚   : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .:|
  |    :: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .:|   それよりなにより、モンスターの方が怖かったから。
  \  . :.: : : : : : : : : : : : : : ::,,:: : : : : : : : : : :/
    \   ::: : : : : : : : : : : : :〃:: : : : : : :、:/     でも・・・上手く人と話せるかは・・・分からないお、ね。ははっ、なさけねー・・・
      `ヾ/".: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .\
     /´.: : : : : : : : : : : : : : : : :: : : : : : : : : .\
    /   .: : : : : : : : : : : : : : ::、: : : ,: : : : : : : : : :.ヽ.
    /   :: : : : :.:::.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :: : : i
    |  :: : : : :::y::.: :: : : : : : : .::ノ:::.ヾ:: : : : : : : ::i':: : !
    |  :: : : : :.:i::.: : : : : : : : .::".:.:.:.:.::゙:: : : : : : : :|:.: :. l
    |  :: : : : :.:|:.: : : : : : : : .;:: : :.::.:: : :.; :: : : : : :|:.: :: |
    |   :: : : : :.:|:.:.: : : : : : : : : : : .::: : : : : : : : : :.:|:. : : |
    |   :: : : : :.:|:: : : : : : : : : : : : ::.:: : : : : : : : : ::|:.: : : |
    |   ::. : : : ::l:.: : : : : : : : : : : : :: :.: : : : : : : : ::|:.: : : .|
    i  .:: : : : ;;:l :: : : : : : : : : : : : :.: : :: : : : : : : ::l:.: : : ;,!
   / .: : : .: .:/ :: : : : : : : : : : : .: :: :: :..: : : : : :::|゙:: : : /
  ./ .:: : : : :/   ;: : : : : : : : : : : :; :.:.: .:.; : : : : :::|:: : : /
 / :: : :.: .:/   .:: : .: : : : : : : : : :.:.ヾ.::.:;'. : : : : :.:l:: :. /

10本棚のやる夫さん2014/06/16(月) 21:20:34 ID:YQT0PJh2
そう思えるようになっただけでも十分な進歩だよな……

11◆tC1gMIWp2k2014/06/16(月) 21:20:34 ID:Hn3y1Z8M

空が青く、とても綺麗だった。

今まで死ぬような目にあってきた、つらい目にあってきた。泣き叫んできた。

でも、空はとても青くて、凄く綺麗で。空を見てたら辛いことを忘れてしまう、その言葉が何となく理解できた気がした。



            ____
          /      \           帰れないかもしれない、てか、多分帰れないと思う。
         /  ─    ─\
       /    (●)  (●) \         だから、精一杯死ぬ時まで頑張ろう。
       |       (__人__)    |
        \      ` ⌒´   ,/         せめて、自分は頑張って死んだんだって、両親に胸張って言えるように。
        /⌒ヽ   ー‐    ィヽ_
        /  、     、  〆ヾ ̄ `i
      /  /      ゙  lヾ_ ,|ヽ─ヘ
      /  /l         `、´/     ヽ
     /  / ヽ  ,____   `  ,ヽ  ヽ
   -─ヽ イ_ ヽ /     ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ Y   ゝ‐-、
  ( _i _i_ト、__)  ヽ、___⊥____ノ 「___ノ

12◆tC1gMIWp2k2014/06/16(月) 21:21:27 ID:Hn3y1Z8M



           ___
          /       \     そろそろ行くかお。センチな気分なんてやる夫には似合わないし、ね。
        / ―   ― .\
       /   (●)  (●)  \  出口が見えた、スタートはここから始まるんだお。
       |     (__人__)     |
       \    `⌒ ´     /  【魔】上げる。ゴールに手は届いたんだ、後は走るだけだおね。
      /´ ̄          ィヽ
      〈    ̄  ‐- 、       i
      `ー,‐ -、_   ヽ       | l
       /   ヽ.て  〉     .| l
       l    | 、彡イ   ヽ_⊥-‐ 、
       l    _,l       ̄/     l
      γ    ト、_  / ̄ `l_-‐ ´
      (___〉    ̄ヽ --‐'

13◆tC1gMIWp2k2014/06/16(月) 21:22:15 ID:Hn3y1Z8M



                      ,,.. -‐ ─ -..、
                 /           ヽ      よし・・・やるぞおおおぉぉぉぉっ!!
                   /  \,  、/    .ヾ
                   | (● )  (● )    i
                    ゝ  (__人_)     /
                    .> `⌒´     〈
                  /               ヽ
                /                ‘,
                /               !  .}
                /   .,イ         .i  |
                /   ./ .i          i .{
            /__./   i            |. |
              /:::::::.〈   i            .! ‘,
           {:::::::::::.,}   |            ! リ}
              `ー-'  ..|             lー''
                    |      Λ      l
                 |       ./ .',   ....l
               |     ./   ',     l
                   |      /     .',    .l
               |   .../       ',    l
              .|     /       ',    .l
                   |   /        ',    l
                 ,'   /          .',   .l
                  /   .リ          .}   ゝ、
               ゞ__,/           .ゞ-==,,_)


気合を入れ直し、自分は再び森の中に戻る。

やることは既に決まった、後は先のために全力をだすだけだから。

叫びすぎてむせたり、ハウンドに見つかって慌てて戦闘に入ったのは自分らしくまぬけだなぁと思った。

14◆tC1gMIWp2k2014/06/16(月) 21:23:26 ID:Hn3y1Z8M

              ┌───────────────┐
              │                        │
              │    ┌─────────┐    │
              └──┼─────────┼──┘
                    │  ┌─────┐  │
                    └─┼─────┼─┘
                  └─────┘
                   ┌───┐
                   └───┘
                     ┌─┐
                     └─┘
                      □


―やる夫は全力で戦っている!!

―ハウンドを倒した
―角ウサギ2体を倒した
―ハウンドを倒した
―ハウンドを倒した
―ハウンド2体から逃げ出したが逃げきれず中ダメージ。逃走した。
―粗悪な干し肉1個消費
―角ウサギを倒した
―ハウンドを倒した
―角ウサギを倒した
―角ウサギを倒した



暗くなってきたので自動的に帰宅した。
ダメージは問題なく回復した。

■リザルト

―粗悪な角槍【24/6】
―粗悪なレザーアーマー【26/6】 
―粗悪なアームガード【23/7】
―粗悪なレッグガード【30/11】
―粗悪なネックガード【20/16】


―角ウサギの角を4個獲得
―角ウサギの皮を5個獲得
―ハウンドの皮を4個獲得
―ハウンドの肉を6個獲得
―ポーション(良品)を2個獲得
―石(未鑑定)を1個獲得

―やる夫の【力】が1上がった
―やる夫の【速】が1上がった
―やる夫の【精】が1上がった
―やる夫の【体】が2上がった
―【槍修練:最下級】を覚えた

―【魔】が規定値を満たしていない為、迷いの森の外にでることは出来ない様だ

―とあるパーティが森を目指している様だ。【後9日】

15◆tC1gMIWp2k2014/06/16(月) 21:24:40 ID:Hn3y1Z8M


―隠れ家



     ____
   /      \      ハウンド2体は正直ムリゲーだったお。逃げ切れてよかったなぁ・・・
  /   _ノ ヽ、_.\
/    (●)  (●) \   でも、その間に防具がボロボロにされちまったお。複数の恐ろしさがよく分かるおね。
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /



       ____
     /      \     【風縛】で片方止めて、もう片方を【風刃】で弾き飛ばす。
    /  ─    ─\
  /    (●)  (●) \  上手く行ってよかったお。本当は倒したかったけど、流石にそれを許してくれるほど
  |       (__人__)    |
  \   ⊂ ヽ∩     <  ハウンドは甘くなかった・・・久しぶりに役に立った投げ肉に感謝だお。
    |  |  '、_ \ /  )
    |  |__\  “  /   あいつら、餌投げたらもしかしてボコボコに出来るかもしれない・・・
    \ ___\_/

16◆tC1gMIWp2k2014/06/16(月) 21:25:28 ID:Hn3y1Z8M



        ____
       /    \      ステータスはそこそこ上がったけど狙ったように【知】と【魔】が上がらなかった。
.    /          \
.  /    ―   ー  \   たまたまか、高いステータスは上がりにくいか・・・多分後者だおね。
  |    (●)  (●)  |
.  \    (__人__)  /   数こなすしかないか、単体ならハウンドも余裕が出てきたし。
.   ノ    ` ⌒´   \
 /´             ヽ  あとは・・・

17◆tC1gMIWp2k2014/06/16(月) 21:26:01 ID:Hn3y1Z8M



                                        /´ ̄`ヽ
                             /´ ̄`ヽ     |:.    .::|
                              |:    :|:    :|:.   .::! /´ ̄`ヽ
                              |:    :|    |:.    .::|: :|:    :|
                         / ̄`ヽ |:    :|:    :|:.    .::| |:    :|
                           |:    :| |:    :|    |:.    .::|: :|:    :|     これか・・・
                           |:    :| |:    :|:    :|:.    .::| |:    :|
                           |:    :| |:::.. ..::::|    /´:::.:. ..:.::|: :|:.    .:|
                           |:    :|: :|:.    .:|   :/:.     .::/ /´:::::....:..:|
                           |::.. ...::| |:    :|  /:.     .::/ /:     ..:/
                           |:    :|: :|:    :| :/:.     .::/ /:     ..:/
                           |:    :|: :|:    :|/:.     .::/ /:     ..:/
                           |:.   ..:::ー'::..  ..:::´   ...:::::レ'::.  /´ ̄ ̄`ヽ
                       /    ..::.::.:.   ____  .::::.. /      :/
                     /:.       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\::.:... /       .:/.:..
                       /:::.:...    /;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;∠|::.:./       .:/:.::::.:.:.:..
                   /:::::::.:...     | ;;;;;;;/;;;;;;;;;;; /ll/:. /       .:/  :.:.::.:.:....
                     /:::..:..       \;;;;;;;;;;;;;;; /llll/:::.::./:.       .:/   ::.:..:.:...
                 |::.:.      ,::''"´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`:::..    .:/  ..::.:.:::..:..:...
                 |::.     .:/                 .:/ ..::.::.::.:....
                 |:.     .:/                    .:/:::.::::.:..
                 |:..    /                    .:/
                 |;:;::...:.:::.                  .:/
                      /:;:;:;:;:;:;:;::::::..:.:.......           .:/
                  /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::::::::::::::::.:.:...:..:...:...:::/
                    /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/ ̄´
                /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/
                  /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/

18◆tC1gMIWp2k2014/06/16(月) 21:26:43 ID:Hn3y1Z8M



     ____    ━┓
   /      \   ┏┛   石なのか宝石なのかさっぱりわかんねーお。
  /  \   ,_\.  ・
/    (●)゛ (●) \      とりあえず【鑑定】してみるか。
|  ∪   (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


―【鑑定】発動

―鑑定成功

―【防具:ラックストーン:【運】+1】 レアリティ:マジックアイテム
幸運の魔石。スロットのある防具にセットすると、装備している間【運】が1上昇。取り外し任意

19◆tC1gMIWp2k2014/06/16(月) 21:27:40 ID:Hn3y1Z8M



     ____
   /      \        カードの次は魔石かお・・・この世界ブーストするアイテム多すぎじゃね?
  /_、 ,,/"  \
/ (●) ゙(●) U \     てかスロットつきって、そういう防具とか武器がやっぱあるんだろうなぁ。
|    (__人__)      |
\   ⊂ ヽ∩     <     あのショートソードには無かったのか。
  |  |  '、_ \ /  )
  |  |__\  “  /
  \ ___\_/



    / ̄ ̄ ̄\       かなり良いアイテムだけど、今のやる夫には意味ないか。
  /        \
 /    ─   ─ ヽ    でも、これなら高く売れるかも? お金なんてまったくないし、村や町に行くなら多分お金がいるお。
 |    (●)  (●) |
 \  ∩(__人/777/
 /  (丶_//// \

21◆tC1gMIWp2k2014/06/16(月) 21:28:24 ID:Hn3y1Z8M



             ____
           /   ― \      一応、ウサギのカードも余ってる。これも売れるといいなぁ。
           /   (● )  ヘ\
        |   (⌒   (● ) |    ウサギやハウンドって、この世界だとどんな感じのレベルなんだろ。
         ヘ     ̄`、__)  |
           ヽ           |    ステータス上がったとはいえやる夫でも倒せるレベルだし、多分雑魚系なんだろうけど。
         , へ、      _/
            |          ^ヽ      
            |      1   |



       / ̄ ̄ ̄ \       お金かぁ、世界が変わってもやっぱりあるんだろうなぁ。
     /       . \
    /  _ ノ   ヽ、_   \    お約束のギルドとかあればやる夫も登録して働けると良いんだけど。
   .|   (ー)  (ー) .  |
    \    (__人__) .  /    この世界がどういう感じなのかがそもそもわかんねーし、保留かなぁ。
     /    `⌒´    ヽ
    ヽ、二⌒)   (⌒ニノ

22本棚のやる夫さん2014/06/16(月) 21:29:18 ID:YQT0PJh2
取り外し任意ということは付け替えできるのか。 便利そうね

23◆tC1gMIWp2k2014/06/16(月) 21:29:42 ID:Hn3y1Z8M



         ____
       /     \      あれだ、そろそろ素材集めもやらないといかんおね。
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \   ポーション瓶が今回運良く2個手に入った、これで水が大体2リットル分保持できるお。
  | / .イ '(ー) (ー) u|
.   /,'才.ミ). (__人__)  /   外にもウサギとか居たから、ハウンドを倒せばポーションはそこそこ手にはいりそうだおね。
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ



              ____
             . '"   U    `丶、    正直、ひたすらまずいけど水がなくなったら唯一の水分だお。
             /  \         \
          /     `¨″  `'ー'" ̄`    HPも回復するし、我慢して飲んでいかないと。
            {  三三       三三   }
         '.                 J /  行く先々に川とかあればいいんだけどなぁ。
             \ u  ゙'ー'^'ー'゙     /
               `¨7    ̄       ‘,
                /          ‘,

24◆tC1gMIWp2k2014/06/16(月) 21:31:39 ID:Hn3y1Z8M



        ____
      /      \       食べ物はハウンドの肉でなんとか、他には小動物をとって焼けそうだお。
     /  ─    ─\ 
   /    (一)  (一) \    【風刃】がこういう時凄く役に立つおね。アレくらいなら一撃で倒せるし、
   |       (__人__)    |
    \      `_⌒ ´  /    射程もそこそこあるから逃げる前に倒せるのがありがたいお。
.    ノ    / )ヽ   く
   (  \ /__ノi ) , )
.   \  ゙ / ヽ ヽ/ /
     \_/    \_ノ



          ___
         /     \     てか、何気に睡眠取りにくい以外は問題なく暮らしていけてるよなぁ。
       /         \
     /     \ , , /  \   魔法って便利過ぎだお。地球の辺境とかで似た目にあってたらすぐ死ぬ自信があるお。
      |      (ー)  (ー)  |
     \  u.   (__人__) ,/   嫌な自信だけど、確信を持って言えるのがなんとも・・・
      ノ     ` ⌒´  \
    /´      _i⌒i⌒i⌒i┐ ヽ
    |    l  ( l / / / l
     l    l  ヽ       /

25◆tC1gMIWp2k2014/06/16(月) 21:32:20 ID:Hn3y1Z8M



                      ,,.. -‐ ─ -..、
                 /           ヽ     さーて、早めにメシ食べて【修繕】の連打を始めるかお。
                   /      ─   ─ ヾ
                   |     ( ●)  (●) i    その後は本読んでスキル上げに、明日の用意に・・・
                    ゝ     (__人_)  /
                    .>         〈     やることは沢山だ、途中で仮眠も入れないとなぁ。
                  /              ヽ
                /               ',
                /               !   !
                /   .,イ         .i   i
                /   ./ .i            .!  .!
            /   ./   i            |  .{
              /   .〈   i            .! .リ}
           {   .,}   |            !ー''
              `ー-'  ..|            l
                    |      Λ .     l
                 |      ./ ', .     l
               |      /  ',   ...l
                 |      /    .',     .l

27◆tC1gMIWp2k2014/06/16(月) 21:32:53 ID:Hn3y1Z8M



           ┌────────────────────────────────┐
           │                                                    │
           │                                                    │
           │      ┌────────────────────────┐      │
           │      │                                    │      │
           └───┼────────────────────────┼───┘
                   │                                    │
                   │      ┌────────────────┐      │
                   └───┼────────────────┼───┘
                           │                          │
                           └────────────────┘
                           ┌────────────────┐
                           │                          │
                   ┌───┼────────────────┼───┐
                   │      └────────────────┘      │
                   │                                    │
           ┌───┼────────────────────────┼───┐
           │      │                                    │      │
           │      └────────────────────────┘      │
           │                                                    │
           │                                                    │
           └────────────────────────────────┘

28◆tC1gMIWp2k2014/06/16(月) 21:33:26 ID:Hn3y1Z8M


―草原・夜

       ・     .,. ;:;: ,.:;,;,:,:,; ;., ;,::;
   ;:;;: , .,.,                 .,. ;:;:。 ,.:;,;,:,  *:,; ;.,;,::;;。,... .. ;:
;:;;: , .,., .,. ;:;:           ,.:;,;,:,★:,; ;.,;,:: .,... .. ;:
    ;:;;: , .,., *.,. ;:;: ,.:            ;,;,:,:,; ;.,;* ,::;;,... .. ;:
           ;:;;: , .,., .,. ;:;: ,.:    ;  ,;,:,:,; ;.,;,::;;,... .. ;:
                     ;:;;: , .,., .,. ;:;:。 ,.:;,;,:,  *:,; ;.,;,::;;。,... .. ;:
;:;;: , .,., .,. ;:;: ,.:;,;,:,:,; ;.,;,:: .,... .. ;:
    ;:;;: , .,., *.,. ;:;: ,.:;,;,:,:,; ;.,;* ,::;;,... .. ;:
           ;:;;: , .,., .,. ;:;:         ,.:       ,;       ,:,:,; ;.,;,::;;,... .
  ;:;;: , .,., .,. ;:;: ,.:;,;,:,:,; ;.,;,::;;,... .. ;:
            ;:;;: , .,., .,. ;:;: ,.:;,;,:,:,; ;.,;,::;;,... .. ;:   ,.,.,
                               ,.,;:;::、、,,:.:,..
                               ,,;:;:;。;,;:::;::::;,..
                             ,.,:,,:;;:;::;,.,。,.,:,;:;::;,.
                               ''"''yi''""''yi''"
         ,.,., ,      ..,.  .,,.    .,.  .,,.    .,..ili  .,,,.il   .,.  .,,. ,
""'"''"'""''"''"'"'"'"' """'"''"'""' '"''"''"'''"'" ''"''""'"''"'"'"''""'"''"'"''""'"''""
      ,., .,.
       .:.:.;..:.:.  '''"'" ''"''' "'";;     '" ''' "''" ''"'''"'

29◆tC1gMIWp2k2014/06/16(月) 21:33:56 ID:Hn3y1Z8M



                  . - ‐━━━‐ - .
                  . ´            ` 。          よし、【結界】も問題なし。
                  /                   \ \
                 /.〈  \       \      ヽ  ,       お帰りやらない夫、辺りにモンスター居た?
             /   \. \\       ヽ
             ,′    \ ≧=- .ィ=-|-=ミハ     |  ‘,
             ,′ .|  lト、 > ,_\{\{\   }    |  .ハ
          / |  .| ./l| \\ \ \ィzミ、ヽ!八   |  l{、{
         ./ イ  | | .八.ィ=zミ、\ \ うrハ.Y |  .ヽ .!  八 \
      | ヽ./ l| |八ト、{〃う沁  ヾ {. しソ リ.|   |ヾ  ト、{
      | .|    | /}   ヽ  ヾ゜'    \ ¨´ 从   .| ノ .| \
      | .|    |' |   .ハ    '      ./|    八 ト{
      | .|__   l _|   l{∧    .r ― ァ /イ!  /  .八
       j/____ .Y .ハ ./ lト、込 .  ゝ  '   /|  /  /
     r≦___ }_! {  ∨ l{ \ .≧ 、   .イ  .| ./{ イ}
     「   _ |!、 .!   ∨ l!_ ≧=-f≧=≦三l}/}/ュノ__
     |    f_ノ  |.>-∨{   `}`´:::::::}::::::::::::::::::::::::::::/ ´  ̄ ̄ ̄ ` .
     :,  /     八,ィ≦ヾニニニ.イ::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::/ニニニニニミ、 |
     ∧    } / {{、     /:::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::{          }} !
     / ∧   ./ { || }   ./:::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::八        ./|| !

30◆tC1gMIWp2k2014/06/16(月) 21:34:29 ID:Hn3y1Z8M




                  / ̄ ̄\
                /  __,ノ `⌒        ん、あぁ。近くにブラウンベアーが居たんで倒してきた。
                |    ( ⌒) (⌒)
                .|     (___人__)        残念ながらドロップは無かったけどな。
                |     ` ⌒´ノ.
                |        |
       ,. --、― --ー y:ヽ      丿
      / ::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::..\ __ _ r.〉
     / :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..... _ ィ\
    //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. ヽ
   ノ ..::::::::::::: /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. 丶
  / ...::::::::::::::: /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. `,
 / ..:::::: -、::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.... `,
 i :::::::::::.. -‐-、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: r/ノ::.. `、
 ヽ::::::::::::::::::::.. \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: j::::::::::::::::.. ヽ
  \::::::::::::::::::::::.. 、::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /ヽ:::::::::::::::::::.. ・、
    \:::::::::::::::::::::.. \:::::::::::::::::::::::::::: /   ヽ::::::::::::::::::::::::.. 、

31◆tC1gMIWp2k2014/06/16(月) 21:35:21 ID:Hn3y1Z8M



  _        __|:',  `ーr、'; ヾ 、
 /: : : : `ヽ、   /: : : : : :``ーヽ\  !
 }ー-、: : : : :`Y: : : : : : : : : : : : : :',   |          お疲れ様だお、やらない夫。
 {: : : : :`ー-/: : : : : : : :|: : : : : :|: :ゝ─┴─‐、
 ≧==-、_/: : : : : : : : ハ:: : : : ::|: : |:: :: :: :: :: ::|      今日はテト様特製、色々沢山シチューだから喜んで食らうがいい。
 {: : : : : : :;': : : : : : :`ヽ、 '; : : : ハ : |────!
 `ー='": :|: : : : イ|r=示ミ ヽ: :/'"|: |: : : : : : : : |
  ヽz='":|: : : |::::|弋;;ソ`  `',-_,{o_:_: : : : :o}
   (: z_"ヘ: :├|!⊂⊃     ̄イ:|o: : : : : : :o}
     (::-く\:'; \_ 、_` ,. く/:|`ー: : : : :r'
      ̄ノ   |: : :`-'` '<_,.-'"ヽ: : : : : :/
          /-、,.- イ´/: : : : : : : : : :,.く               何でポーズとってんだ<やら
         { ´    |:::|: : : : : : : : :_r': : \
         ヽ   _>'" ̄ ̄ ̄|j}: : : : : :|       気分。
          \ '  |: : : : : : : :|::O!: : : : : o}
           `、-': : : : : : : : : V:: :: ̄ヽ、/
             \:: : : : : : ,.-'ー'、 `>,|
              ヽ::: : /,.     /:: :ト、
               }::: fノノ    /-'": : ト、
               r' }`'"/, . /:: ',: : :/: : :\
              ノ::: `ーー'": : :|::O::|ノ: : : : : :\

32◆tC1gMIWp2k2014/06/16(月) 21:36:35 ID:Hn3y1Z8M



                     _ _
                      ´  ヽ.`:.             それにしても、森まで近くに村もなにもないのが痛いおね。
                 . :  ̄ : : )ノ - : .
           _ _ _. : ´ : : : : : : : : : : : : : : ヽ        お陰で食料だけで、荷物がぎっしり。
         r . : : :| : : : : : : : : : !: : : ,: : : : : : :!- : .
            !: : : : :i!.: : :/: :/ :/ :/|: : :∧,; : :|: : :!: : : {
            ゞ=≠.:!: :./: : ,: /__ノ }:.,く,_!: :, : :.,: : : /
           }: : :-=彡.:/ ',ィ乏ミ,.ノ .ィ乏リ,ィ: :/ニt'
           ≧: : }: :|: : :.{弋シ   弋ソ' }.:i{_:_:_:{
            ヽ; :.|.:∧: : ミ、         ,.:', :!: : :/
               }ノ'ゞ=' ,: .ト .  r.´` ノ}.:/≧ソ'
              )  ζ ヾ..  `| }- ´L_!' ζ
                   . : - -'¨.,: !  ,|i少::ー -≠、
                   |  ヾ. :r} .Lニx: : :|: :/  .
                ,     V   i}:_:_:ノ:,'    !
               Lニニ-}.__ノ |.:_:_:|   /
                    '.: :| ̄ : : : ¨ゝ|:!:-,= =!



    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \           運んでるのは主に俺だけどな。
  |    ( 一)(●)                                 か弱い女の子に持たせる気?<テト 
  |     (__人__)          
   |     `⌒´ノ          メイジやアコライトに持たせるほど鬼じゃねぇよ。か弱いかはともかく
   |   ,.<))/´二⊃        
   ヽ / /  '‐、ニ⊃
   ヽ、l    ´ヽ〉
    ,-/    __人〉
   / ./.   /    \
   | /   /     i \
   |"  /       | >  )
   ヽ/      とヽ /
    |       そ ノ

33本棚のやる夫さん2014/06/16(月) 21:37:02 ID:YQT0PJh2
熊いるのかー 今のやる夫じゃ倒すのきついかね

34◆tC1gMIWp2k2014/06/16(月) 21:37:31 ID:Hn3y1Z8M



             / ̄ ̄\
          /   ⌒ ´ ⌒           行きはともかく、帰りはシャルの【転移】で帰れるんだ、荷物は少ないほうだろ。
.         |    ( ●) (●)
          |     (___人__)          なけりゃそれこそ馬借りて来なくちゃいかんし。
          .|        ノ
           j        |
         ..ノヽ、    , ノ       _
  ,. ー、一一´:::::::::::::≧ーー"7          i' Y
. / .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.`-、       i l _
/ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. >-、   | lフ ト、
.::::::::::::::::: !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ  i/ ,.イ 丿
:::::::::::::::::: l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::. v:: l /  i'r ´,.ィ
:::::::::::::::::: l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: l::: l j  丿r´,.ィ
:::::)::::::::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |::: 八   `チ



        /   ., i^ヽ              ヽ
        '    /  i                  ヽ   
          / .  |.i  i         、
.     , ′  ′ .  | i  i{  |  i     ヽ      ‘,  
    /       | ,/|∧ |!\_,  i  | 、  ハ      '
    /      ./| ,r-|i ヽ i  |_i __|_}   ‘,       まだ、覚えたばかりだからあんまり色々設定出来ないんだけどね・・・
 .  /_     |,ィ´「l| ‘, \  ト、 i ∧ |``ヽ、_j
  /´| ! |/|| | |リ___ヽ  \|_,ヘi|  Ⅵ i}   |`     ト、
 ´   | l |  {.l | ,ッ==、 \.  「 ,>=≧\}  '     | \
   ||  |  /| Ⅳ ぅ::ハ    \| " う心ヾ、`y′ /  . |
    | i  i| i| ト ヽ ト:{_}:}     ヽ トi{ }:} 》 }  /  : i\
    | i   i i|小  ゝ-"        弋 シ  / ,′  | |⌒ヽ
    l i.  ∧|! トヘ ////   ,    //// /} /  i! .| |
    //|   . .ヽ‘,              / ./   i| ∧ |
  // | li  . .| 込         _ 、  u /ィ′  /i/ } \
 ノ'′ |.ハ  . .:l   >    r ̄_´ ノ   ,ィ´ リ  / .j/´  `
      |l ゝ . .|\ r=> 、    ,. く  {⌒〉 , ',/
     ヽ  ヽ . | { ト、`‐- ` = '´-―ニ’ / ./`ヽ,
´ ̄_゙` ‐-- __〉、|___ゝ|ニ三三三}{三三彡//ヽ__/
/ r‐‐-ニ二、 {三ヽ 三三三三三|三三三'´三三三`}‐--  --―― - 、

35◆tC1gMIWp2k2014/06/16(月) 21:38:19 ID:Hn3y1Z8M



                          /´ ̄`ヽ
                      i /⌒ヽj
                  .  - ┼{─ - .            でもアコライトの補助魔法って便利なの多いよね。
            /´ ̄ ̄ > ´            .
        /    /               \        【結界】とか旅してる身にはありがたいお。
         /    . '     / /        、   ヽ _
.        {   / /   / /   /!       i   /´  `ヽ
       i´ ̄ レ'  .// ⌒i .   / |___i     |.  /       ヽ
       |   /  // /ィ=ト.!  / ´j ル!`ヽ  |  /       〉
       |    ! //{ /{r' i| レ'  .ィテト、   ト /⌒ヽ.     /
          >==レ/ イ ヒソ    | lj.ト.   | i}    ヽ.  /
       {  __レ'  ∧ "" '    ヒ´リij   ∧j´⌒ヽ.  ∨
       レ'´ ___jハ/ ∧ 「  >   "" リ   // レ'´`ヽ ヽノ
       レ'´ _ノレ / /\  __ __ ./ ! イ/V.レ'´`ヽV/
          〈レ'´  レル'  レ/|    / ∨´   ∧ . __ ノ
        ))      /∨   /    〉   〈    ノ
                 / // /    /⌒ヽ  }>-く
              /   ///    /!     ∨ /´ j
               |  ./∧.   /  !       ∨ /´
               レ'// ∧ /   |      ∨

36◆tC1gMIWp2k2014/06/16(月) 21:39:11 ID:Hn3y1Z8M



                  / ̄ ̄\
                /  __,ノ `⌒       自分の力量より弱い悪意のある相手を近づけさせない魔法、か。
                |    ( ⌒) (⌒)
                .|     (___人__)      ほんといつも助かってるだろ。
                |     ` ⌒´ノ.
                |        |       俺は魔法の適正殆ど無いせいで、いいとこ【修繕】と【翻訳】だけだからなぁ。
       ,. --、― --ー y:ヽ      丿
      / ::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::..\ __ _ r.〉
     / :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..... _ ィ\        ※【清潔】【修繕】【翻訳】のみ習得
    //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. ヽ
   ノ ..::::::::::::: /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. 丶
  / ...::::::::::::::: /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. `,
 / ..:::::: -、::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.... `,
 i :::::::::::.. -‐-、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: r/ノ::.. `、
 ヽ::::::::::::::::::::.. \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: j::::::::::::::::.. ヽ
  \::::::::::::::::::::::.. 、::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /ヽ:::::::::::::::::::.. ・、
    \:::::::::::::::::::::.. \:::::::::::::::::::::::::::: /   ヽ::::::::::::::::::::::::.. 、

37◆tC1gMIWp2k2014/06/16(月) 21:39:59 ID:Hn3y1Z8M



       ,  -―――-  、
.     /__        \       アコライトの基本魔法だからねぇ、これ位は使えないと。
   /  \  `        \
  /       \   ヽ、___   ヽ     でも攻撃魔法は全然ダメだからテト頼りだけど。
 ,      |.    \ミ ー―‐ '   '
 |    .||  ヽ    ミ|   |  |
 | | | |_ へ.  |\_|ヽ |   | 、
 | | 乂ー  \|.  ー. k    、  \
. /.∧ .{{ ●      ● }} ./ / ミΓ
/ノヘ \} ''       ''/ノ ./ノ Ν
   |   ヽ、. __冖__ .ィ/ // ノ
   |∧. Ν.ィ´}X /ミゝ/_ノ ,∠.
     ヽγ{{ У咒/{ ヘ=<.__.>



             __
         ,.-'"´-'"¨´ ̄`
         /: :/  ,.-─、──、__
         ヽ: :`<: : : : : : : : ヽ: ',:\           
        /: : `冫: : : : : : : : : ヽ: ',: \
   _,.-──イ: : : : : |: : : : : : : : : : : : :ヽ',: : Y ̄`丶、     
  く: : : : ::::/ : / : : : |: : : : : :ヽ: : : : : : : :|: : :|:::::::: : : :\    そりゃメイジだし、アコに火力で負けたら流石にどーよ。
   }: : : :::::| :/: ,: : :∧: : : : : :|ヽ: : : : : : :|: :|:|≦ミ: : : : /
   |_,ィ三,.ィ: : : :リ  ヽ: : : : :|  ヽ: : : : :|: |:ト、::: : :`ヽ{     
   |: : : ::::|: : : :/__ , ヘ: : : |、_ヽ: : : |:|リ、:::、: : :く
   }-=≦::|: : :/     \:|    ヽ: :|/:/=-r'´
   `}: : ヽ::|: : | 三三   ヽ 三三 |: :/:/::ー<
    }ー-、:ィ: :|!      ,      |:/:/: : :`V
    |_-=、/ ヽ|!ヽ    _   u ./`ノ-'く: :ヽ/
      そ   |! >、  ー ' , ィ     そ
          `=⊂⊃ ー ¨  |
             ,.r-〉    ,┴'ヽ、
          _,.r'": : Y_,.-'´: : :,.='">、
         / ∧|!: :{Y}: : : : ,.='"/: : ,.-=、
          / /: : V/:::|=='",.-'": : /    ヽ
          |r。ー、:/○:ノ: :rvv-,: : :/     ',
       r' |!: :{ノ: :/: : :|UTAU: :|   0401/
       |ー': : |:○{::. : :`=三三=':| イ    {

38◆tC1gMIWp2k2014/06/16(月) 21:40:50 ID:Hn3y1Z8M



                             , -───-= 、
                           /         \      ま、魔法は専門外だから任せるさ。
                      /            \
                      /               ヽ     俺の役目はタンカーだからな。
                     i                 丶
                      l     、             l
                   l  _ノ'′  `、          |
                   i .(● )    "ー--      /
                   l         (● )     /
                   ;     j            /
                 ,.、 -‐'  ヽ-‐'"ヽ.    )     /
                /.:.:.:.:..:.:. j  ` ー-`ー-一'′     /、
               /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ヘヾ            /ノ.:.\
            /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. iヘ           ,//.:.:.:.:.:.:.\
           ./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /`i  -= -      /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\



             ,...-‐   ̄ ̄ ̄  ‐ ._
             . ´             ヽ
         /        ヽ     \     \
        /  /         '.  ヾ  \    ヽ     ボクは回復、テトが火力で、やらない夫が壁。
          /   /    / /::   \ \____> ヽ '.
         ′ .′    /__/__j__|_   \  '    ?礒 !    そう考えるとかなり理想のパーティだよね。
      |  | | イ| /  '. {  |-‐‐|- | !  !
      |  | 从 |,/  __ V ヽ  |  V八 i |  !
      ノ ノ 人    | -=≡ミ    \ ニ_  Ⅴ  ハ
      /   |  ヽ!          ̄`ヾ ′/| |
       | ノ|    |ゝ        ,      /イ/  ノ
       イ   '     |            .′/   |′
     / i   :.:.:.   |\    ` 一    .イ.:.    i
        | :.:.:.∧   !____ヽ._     イ:.:.|.::   八ゝ
       ノ :.:.:/.:.:ヽ. |:      `rY´ ̄ヽ::..:.:   /
     ―──く:._:.:/ニ\二二二Lj二 ミ }:/   /
   ´   r'´三三三三>ー=--jl!-─≦  /==-、、
   |    !三:三:三:/   \  |!   / イ三三:/:\
   |    !三三三く        ヽ |!      \:三:/三三ヽ
   ゝ    \三三三\      ヽ       ヽ 三三三 \

39◆tC1gMIWp2k2014/06/16(月) 21:41:46 ID:Hn3y1Z8M



               /!
               {:{ . x ==≠- .    _
                  /jl><´. : : : : : ´マ ´: : \       後はシーフがいれば完璧だお。
            /j/. : : : : : : : : : : : : : :`マ´: :_:}
               ///. : : : :.:.ト、: : :\ : : : : : : ヽ´: j      宝箱とかはシーフじゃないと全然わかんないしねぇ。
            i//. : : : : :.:.| \: : :∧ 、: : : : : V八
        _ __|/{: : : : : : : i.   \: ∧ X´ : : : i: : :.〉
      /´. : : : : :| l| : : : : : : :! _   \j.  \ : :.!:<
      〈: : : :_:_: 从.l! : : : : : : |´       ィ芹K Ⅵ: : :〉
      ∨´: : : : :∧. : : : : : ::| .ィ芹K   辷ソリ |:!:≠
       入 : : /: ∧: : : :i: : | {i 辷ソ   .  "" 从: メ
        )く: : :X:.:∧: : :l: : ト、""   __.  /  )'
         ヽ.:<: : \:j:.::リ. r= kヘ   _. イ   (
              >≠彡〉「 ̄ ̄`ヽ}二ヌ __ノ`ヽ
            `Y: イ |二二二ハ /介ト、 |  ̄`ヽ
            人 リ .|二二二ニリ/ニ|cllニ\j 、    .
              )  |二二二 7'ニニ|ci|.二二.ト、   .
                 |_cノ二7ニニ!cl二二ニ}ハ__ _i
                 |_cノニ7二二jci|二二ニ| i|二ニ.|
                 |二二 7 二二|cl|二二ニ| l|二ニl|
                 l二二/ニ二二|ci|二ニニj リ二ニij
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 乂___/  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄






             / ̄ ̄\
           /   _,ノ `⌒      その辺はおいおいだな、焦っても仕方ないしゆったり行くだろ。
            |   .( ⌒)(⌒)
.             |    (___人__)     んじゃ、そろそろ夕食にすっか。
             |        ノ
              .|        |      【結界】が有るとはいえ、油断は出来ないし3交代で休むとしようぜ。
              人、       |
          ,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノ
    ,. -ーー -‐ ´:::::::::::::::::::::::::::::7
  /..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: メ、
  { :::::::::::::::::::::.ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. 、_
  | ::::::::::::::::::::::..`、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::..`ヽ
  '| ::::::::::::::::::::::::::::i_::::::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ::ゝ
   ト、:::/ / ̄`` ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::::.ヽ
   `,ヘ ´:::::::::::::::::. ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::_,rー'、
    }:,∨ :::::::::::::::::: ト、:::::::::::::::::::::::::>< ̄\::..\
.    }:::∨::::::::::::::::、-''゙~ ̄ ̄ ̄ ̄:::::::::...\ ム:::::ヽ
     l::::∨ :::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.、/...:::::::::ヽ}
    {::::::\,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/" ̄:::::::::::::::::::::::::ノ

40◆tC1gMIWp2k2014/06/16(月) 21:42:38 ID:Hn3y1Z8M

  。    :::::            *          *
      ::::;;::::  。       o   。       o  ゚  ゚
      :::::        。           。           。
   ゚       .   ゚    ::    .   ゚    ::       +
 *           *    ::;;::  ゚   *    ::;;::  ゚  ;   ;
   :::   。    ゚     ::;;;::    ゚     ::;;;::   ` : ` ::  :::;
           *    ::;;;:      o     + :: :::::
 ::  ,    ;    ;  ::::; :::::        。           .   ゚    ::
. 。       o  ゚       .   ゚    ::            *    ::;;::  ゚
      。       .       *    ::;;::  ゚   。    ゚     ::;;;::
 .   ゚    ::     . 。    ゚     ::;;;::           *    ::;;;:
   *    ::;;::  ゚  ;       *    ::;;;:       ;    ;  ::::;
  ゚     ::;;;::   ` :.  ;    ;  ::::;            o  ゚
o     + ::  ,    ;    o  ゚           . 。


そこはやらない夫が一人で見張るーとか男らしいこと言わないのかお?<テト

言わないな、おっ、こいつは美味いだろ<やら

あ、この野菜おいしいね<シャ

41◆tC1gMIWp2k2014/06/16(月) 21:43:12 ID:Hn3y1Z8M


―続く


               ,  - ──  、
               /         \
               /      ー- 、    ヽ
            /ノ          し   |
             |      (ー‐)      |
             |( ● )     〃    l
             |〃      ,      /
          , ヘ   (_ノ`ー'      /
           ,/   >-ヘ-ー―   <_
      ,.. '´   /ー:::'7.  |o   ,/::::/ ̄\
    r'"     ィ    /│  |   /:::::/  〃⌒ヽ、
    |    / |   / .|  |o /:::::/  /     \
    ゝ--<!  l  /::::::: ̄ ̄ ̄:::::/   l        ヽ
        ヽ__>-/::::::::::::::::::::::::::::::|   |         ノ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【入速出やる夫】【人間:異世界人】【年齢:20】
【HP】45 【力+体×2】
【MP】39 【知+魔+精】
【力】7  【速】8  【知】9  【魔】9
【精】8  【器】5  【体】8  【運】4
【攻撃力】Fランク 
【防御力】Fランク 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■所持スキル━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■パッシヴスキル
【カードスロット:4/2】【角ウサギ:速+1】【ハウンド:HP+10】
┗モンスターなどのカードをセット出来る様になる。
【サバイバル:下級】
┗生きていくための最低限の知識を持つ。
【鑑定:下級】
┗低品質のマジックアイテムまで鑑定可能。
【解読:下級】
┗一般的な文章を読む事が可能(異世界人の場合、自分が読める言語に自動認識)
【武器防具作成:最下級】
┣ランクが上がる毎に高品質の装備を作成できるようになる(要レシピ、知識)
┗品質:粗悪品。最大耐久度:20~35
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ステータス関連スキル
【MP上昇:最下級】
┣ランクが上がる毎に最大MPが上昇する。
┗最下級:1.5倍 下級:2倍 中級:2.5倍 上級:3倍 最上級:5倍
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■戦闘技能関連スキル
【剣修練:最下級】
┣剣を使うための最低限の技術。素人よりはマシレベル
┗【速剣術:最下級】派生スキル
  ┗素人レベルの剣術、速さを活かした剣術を使用できる。
【槍修練:最下級】
┗槍を使うための最低限の技術。素人よりはマシレベル
【火魔法:下級】
┗素人レベルの火炎魔法が使用できる。
【風魔法:下級】
┗素人レベルの風魔法が使用できる。
【水魔法:最下級】
┗生活魔法レベルの水魔法が使用できる。
【土魔法:最下級】
┗生活魔法レベルの土魔法が使用できる。
【光魔法:最下級】
┗生活魔法レベルの光魔法が使用できる。
【治癒魔法:最下級】
┗生活魔法レベルの治癒魔法が使用できる。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

42◆tC1gMIWp2k2014/06/16(月) 21:43:34 ID:Hn3y1Z8M

■所持魔法━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【火属性】
┣【灯火】MP:1
┃指先からマッチ並の火を起こせる。
┣【火炎】MP:2 威力:【魔】×2
┃【魔】メートルまで届く炎を指先から放射する。炎は指先を向けた方から一定時間放射される(停止は任意)
┗【火球】MP:4 威力:【魔】×4
  手の平に30センチ台の火の球を作り出し投げつける事ができる。火力は高いが狙いは自分でつけるしかない。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【水属性】
┣【浄化】MP:1
┃バケツ1杯分の水を浄化できる。浄化した水は飲むことが出来る。
┣【清潔】MP:2
┃自分の身体の汚れや臭いを浄化し清潔な状態にする。
┗【製氷】MP:2
  バケツ1杯分の水を氷にする。綺麗な氷ならば食用も可能
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【風属性】
┣【弱風】MP:1
┃一定時間、うちわで扇ぐ程度の風を起こせる、場所指定可能。
┣【風壁】MP:2 威力:【魔】×2
┃自分の正面に風の防壁を張る。効果は10秒程度だが威力分までのダメージを軽減できる。
┣【風刃】MP:1 威力:【魔】
┃【魔】×4メートルまでの狙った場所に風の刃を放つ。威力は低いが、射程が長くと消費が少ない
┗【風縛】MP:4 効果:金縛り
  【魔】×2メートルまでの対象1体の動きを止める事が出来る。【体】か【魔】が高い相手には効果が薄い
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【土属性】
┣【活性】MP:1
┃一定距離の土が活性化する、作物栽培に適している。
┗【修繕】MP:2
  耐久度が【1】以上あるアイテムや装備を【魔】点回復する。但し最大耐久度が使用毎に[10-【魔】(最低1)]下がる。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【治癒属性】
┗【軽癒】MP:3
  擦り傷、軽い切り傷を回復する。 【魔】点分HP回復。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【光属性】
┗【明光】MP:2
  【魔】メートルまでの任意の場所に光を放つ光球を出現させる。【魔】時間の間周囲を明るく出来る(停止任意)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■所持特技
【速剣術】
┣【先手】HP:1
┃戦闘開始時のみ使用可能、このターンのみ【速】を+5する 最優先特技。
┗【強突】HP:3
  強力な突き、速剣の基本技。威力に【速】を追加する。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

43◆tC1gMIWp2k2014/06/16(月) 21:43:57 ID:Hn3y1Z8M
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■所持アイテム
■壊れたショートソード【50/0】攻撃:D→Z
■ナイフ【48/13】攻撃:G
■粗悪な角槍【26/26】攻撃:F
■粗悪な角槍【19/19】攻撃:F
■粗悪な角槍【11/11】攻撃:G
■粗悪な角槍【27/27】攻撃:F
■粗悪な角槍【29/29】攻撃:F
■粗悪なレザーアーマー【23/23】防御:F
■粗悪なレザーアーマー【25/25】防御:F
■粗悪なアームガード【20/20】防御:F
■粗悪なレッグガード【27/27】防御:F
■粗悪なレッグガード【23/23】防御:F
■粗悪なレッグガード【26/26】防御:F
■【防具:ラックストーン:【運】+1】 レアリティ:マジックアイテム
幸運の魔石。スロットのある防具にセットすると、装備している間【運】が1上昇。取り外し任意
■【火炎魔法の書】 レアリティ:マジックアイテム
【3割読破】【必要知:10】
■【風魔法の書(低ランク)】 レアリティ:コモンアイテム
【5割読破】【必要知:15】
■【生活魔法の書】 レアリティ:コモンアイテム
【8割読破】【必要知:10】
■メモ帳
■ハウンドの皮×4
そこそこ柔軟性のある皮、簡単な防具を作るのに適している。
■ハウンドの肉×5
ハウンドの肉。焼いて食べるとそこそこ美味しい上に腐りにくい。
■角ウサギの角×18
かなり堅い角、棒の先端につけて槍などに用いる事が多い、特殊な魔力などはない。
■角ウサギの皮×7
そこそこ柔軟性のある皮、簡単な防具を作るのに適している。
■角ウサギカード
永続カード。セットしている限り【速】+1 重複不可能 
■干した肉(劣悪)×2
適切な処置をしないで干した肉、味も日持ちも悪い。
■干した魚(劣悪)×3
適切な処置をしないで干した魚、味も日持ちも悪い。
■凍らせた魚(普通)×5
川の水ごと凍らせた魚、かなり日持ちする。
■水を入れたポーション瓶×2
浄化した水を入れた瓶。
■ポーション(良品)×2
HPが10~15回復する飲み薬。ひたすらまずい
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■装備品
E 粗悪な角槍
【17/17】 攻撃:F
E 粗悪なレザーアーマー
【23/23】 防御:F
E 粗悪なアームガード
【21/21】 防御:F
E 粗悪なレッグガード
【26/26】 防御:F
E 粗悪なネックガード
【17/17】 防御:F
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

44◆tC1gMIWp2k2014/06/16(月) 21:45:04 ID:Hn3y1Z8M

       _      . -―…― =ミ    x≦}
        {//≧=zx            <////|
        |////,/               ∨//        今日の投下はこれで終了になります、閲覧有難うございました。
        ∨',/       イ    !      ∨′
       У         / jハ   i|        ‘,        何かやると何処か抜けてるなぁ、私(汗
       ′      /_ 厶/ ∨斗- i {
      ノイ     /´/ ノ / ヽ{\{ハ`   i 、       楽しんでもらえたら、嬉しいです。
         八{  i /yf斥斧   ィ斧ミx.i     ト ゝ
.       / \Ⅳ《 弋うリ     弋うリ 》,   i| }|
       ′   }i  ,,,,,   ,   ,,,,, ,′ 八 |
        ノイ!   j八   r   ァ    厶イ  八
.         八   ハ介           ィ ノj/
.         )イノ Ⅵ/ >    < ノ` , --―一 ⌒ヽ
                _,ノ^Y´ ̄ /__,ノ    ,. -―‐ ′
            , イ   .イ_ ´/    __   { }
               i 人_/______/      /  ∨
              /  (_____ノ     rヘ \
             {7/////:::://// /^Y' | ノ \ \
           V,////::::/,'/ /'、/ |  |    \ \
           i,//〈::ノ/ ///ツ′ |  |     \__)
           |////( /////,{   |  |
           |////////////,'|   |  |
              八//////////,'八  ゝ '
           ///////////////∧
.          /////ハ/////ニニニニニ\
         ////ニニ\//>「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄}
.         厶イ二二二二ニ| |ー――o―‐ ト、
        /ニニニニニニニニニニ| |         i|ニ≧x
    x≦ニニニニニニニニニニニニ| |_____リニニニニニ≧ュ、

45本棚のやる夫さん2014/06/16(月) 21:47:48 ID:YQT0PJh2
乙でしたー 出口も見つけたし森を出る日も近いかね

46本棚のやる夫さん2014/06/16(月) 21:53:28 ID:Y85GBcvA
乙でした
これって下手にやらない夫達が来る前にやる夫が森から出てしまうと
道中の熊に食われてガメオベアしてしまうりでは?

49本棚のやる夫さん2014/06/16(月) 22:10:01 ID:oNa.Tz1E
乙でした。

いずれ干し肉づくりの経験で調理か食品加工スキルが生えるに違いない

関連記事



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する










ブログパーツ