やる夫が異世界で前を向いて生きるようです 第11話

目次

68 : ◆tC1gMIWp2k : 2014/06/17(火) 22:00:09 ID:4ZZCj1A6


             } 、
              }::::\
.            }::::::::::\   ____
          }:::::::::::::_」        .       ....-‐┓     時間となりましたので、投下を開始します。
         /}::::::/           `丶....:::´::::::::::::::::
           }/    /           ⌒\::::::::::::::::/     楽しんでもらえたら嬉しいです。
         /  /     /               ヽ:::::::::/
              厶-‐‐-/ ハ       ゚。:::/
       |   {     / ,   /} ,  }`ト .       V
        | __{    テ芋芋ミメ/   }ノ   ゚。
.      |Vr {∧ ⊂⊃        芋ミメ、}     l
.       |{ ゝ ┐\{               ^}/l  八
         ー-八         ‐-   _     ⊂⊃}/
.      / {    \    /      V}     人
     〈 人     {个. .     _リ     . .   {
          \  ∧{. .ハ≧=‐r‐-  -‐=≦ . .  {
          \{ ∨ У__∧_〉. . . ./}/|  八
                  / ___/「_{ ∧/   八/


69 : ◆tC1gMIWp2k : 2014/06/17(火) 22:00:39 ID:4ZZCj1A6

―4日後



              ____
      ―― [] ] /      三\     まずいっ! ハウンド4体とか死亡フラグじゃねぇかおっ!!
     | l ̄ | | . 三     \ 三/
     |_| 匚. | 三  .   ( ○) (○)'
        | |  三  u   (__人__)  |
         |_|   三    .  ` ⌒´ /
   [] [] ,-    r⌒ヽ  rヽ,  }
     //   三    i/ | ノヽ
   匚/     三   三   /    )≡
           三  三  /   /≡
         ニ三   ./   /
        二≡、__./    /、⌒)
        三          \  ̄
      三     /\    \
      三     /ニ ヽ 三   三
     三    /  ニ_二__/
     三  ./ .
   ≡  /  |
   ≡ /
  三_ノ


今自分は必死で逃げていた。

後ろからはハウンドが叫びながら追いかけてくる。

70◆tC1gMIWp2k2014/06/17(火) 22:01:20 ID:4ZZCj1A6



                              ____
                           ./      \       よしっ、少し離れたっ!
                         /          \
                        /  \_   _/  \
                       _,イ __|   ( ●)  (●)   |
                    {__  イ´ \    (__人__)   /ヽ
                     ゙´    ` t──‐ ,イ´ ⌒ /  .i
                           / iー -  {    ./   {
                         /   、.   .}   ィ'    ヽ
                      __./    ,ヘ.  i   .i    ∧
                    /    >'´.   ̄}   {、    ∧
                    /    /´      i   } ヽ     .i
                /  /         i   i   {ヽ..__/
                /   ∠              i   i   ヽ._}
                  {_.{_.{_.}_.}_ソ         __,ノ   i
                             '‐‐{_エ_}_)つ




       ───
   /      / \       ほらっ! お前等の大好きな肉だおっ!!
  /    \  (● ) ヽ
  |    ( ●) __)    |
  人     (__ ノ  Y  /
/  \    ゝ _ソ /   __,
     ~" ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ニニフ
        ──────、_ゝ
          /


―やる夫は干した肉(劣悪)をハウンド向かって投げつけた!!

―ハウンド達は一斉に干した肉(劣悪)に食らいつく!!

71◆tC1gMIWp2k2014/06/17(火) 22:02:00 ID:4ZZCj1A6



                      |
          ____       |!.,_
         /\  /\    r || .j         /      【風縛】っ!!
       /( ●)  (●)\  / .|.|/        _//
      /    (__人__)   \/ .|.|    /  ) _/ /
   _rーn|     |i|||||||i|     /  ||  /  / //
  i j j j j\     ` ー'´  \,/   '|! ´  / /´
  {   'つr´  (⌒'ー―- イ\  |   ´廴  -‐
  入  人     > 、     ,;:''"゙゙'':.,   _  ̄ ̄ ̄)
  -―==ニ二二ニ=―‐ ‐     :; -―==ニ二二ニ=―‐ ‐
         \     ヽ._  :、,. ..,::'  __  \
           >    /   ノVi`v:'´ `゙' 、_.)



―やる夫は【風縛】を唱えた!!

―ハウンドAは身動きが取れないっ!

―ハウンドBは肉に食らいついている

―ハウンドCは肉に食らいついている

―ハウンドDはこちらを睨みつけている

72◆tC1gMIWp2k2014/06/17(火) 22:02:44 ID:4ZZCj1A6



                        _,,、_
           _r='''''/゙iー--、ーー-、,,r='゙ii::i:::゙i,
        _,,,r'゙   ,/::::,)-'''゙⌒`'''゙⌒''-i,:::i:::゙i、
       / ./::  ,/i:::/ :::::::::/::::    \::::)\        ぐるぅぅああああああっ!!
      /::: ,i:::: :::/ 'Y:::  :::::::::i::::::::  ::   ゙i゙:::\\_
     /:;i:: ゙i:::  //i゙彡、;;;;;i / ::::::--、ミ  ,i:::  i:: ヘ\
    ,r-i::i:::  'i::: /. /<.●、ノ .i (ノ<●>-  i'::  )::::: ゙i、\
   /:: `-''i:: ::::/  /.i:: ゙彡゙    ミ:::::::彡  i::::: ,(:::::::: ゙i:: .゙i,
  ./::::  :::::)-、/:: |:゙i,::i:i::   、ミ:::ミ::::彡 ノ:::::/ i::::::: ゙i:::: .゙i,
 ,i゙::::i:::::::::::/ :::/::::: i゙i ::゙') i  :::: 、  ::::: /-' / ;::/ 彡ミ::: ,i:::::: |
 | :::::i::::::::/ :::::| ::::: .ノ:i :::\i--、,,,゙i  _ノノ::/'/:::'::::::彡:::: )::::  |
 |: :::: ::::::::i ::::::| :V i:i゙ ::::::\,___ソ_,,r'''゙゙゙<: ノ:::::/::::::ミ:::: .i:\/i゙
 i:: :::: ::::::ノ ::::::i :::::\ /:::::::::::::::\     i::::'':::::   ゙i, / ::/ ,i
 い::: 7 ∧::::::i ::::::::::Y::::   、::::::)>  ノ \::::::::   ゙)/゙ ./
 ゙i,:::::::i /゙:: :::::: ゙i,::::::::::゙i:::  ::::::::ハ:::~''''''<::: ::ヽ,:::::   /::::: /
  ゙i,-ーい i:::  ノ>、:::::::゙i:: :::::::/゙::::::::)  i:::  ::::::\::::::  i゙:::::ノ
  ./ ノ:::i i::::,r'''i:::::iY::: `-==、::::::::::::: _人:: :::::::::::ノ:::::ノ /
  .i /::::i゙ i :i゙ .i:::::| i::::i, <:::イミ"'''''''゙~゙::::::`''=--ヲ'゙) Y:://゙i
  .i ::::::::: i::::ト-'゙:::ノi゙:::::::i :::::゙i\___人___,,、-゙/゙::::: //:: ゙i
  i:::::::::: .iン`-='゙ i::::::::i :::::i゙:::::: /       (::::::::∥:::: |
  ゙'、:::::: ノ     ゙i::::::::i ::::::i:::: /       .|::::::::i゙i:: /
.   \:::i゙      i::::::::i i::::|,r''゙         |::::り i゙ ./
    .i::::i,      ゙i ヽ i, /           i::::::: Y i
    i::::ハ       i ::::::i, i゙           i::://゙ i゙
    iハ i       i :::::::i/            i/ハ .i
   ( .゙i       i:::::::::i,            .V i :::|
   i゙  i゙       |:::::::::|            /::::i, :|
   /_i__ト、       ト:::i゙ )            i::::::iトi
  (゙゙ i  )       /人 i\           .)::: i .i
  `'''''''''゙       ,// ヽ iーー'          i,:::: i i,
            //-i'゙`i:i            i Y Y\
            !ー-山-'゙            !=山山=i


―ハウンドDがいきり立って襲いかかってきた!!

73◆tC1gMIWp2k2014/06/17(火) 22:03:28 ID:4ZZCj1A6



                                        il、
                                      l、 .! .゙.l
                        \                     l l.l  .l
                     \\                 |,゙'l  l
                          \\            ヽ   .l ゛  !
                         \          ヽ`'-、.!   . !
                                  l-、 .ヽ      l
                                   ヽ \ ヽ     !    来ると思ってたおっ【風壁】!!
                   ___           \     ヽ ゙' |i     .!
                  /     \          ゙'''ミ¬-.ヽ       l    1匹だけなら問題なく防げるっ!!
                /     ' "\ ,\            `'-、 `'         !
              /      ( ●)ヾ'|             \ ミ;;、      .,!
               |       "⌒(__人_)       nnn、    \、        !
              \         `i ヾ/      i i.‐=二二        .!
              γ    ⌒` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ ヽ-    ゙>         |
            //      _ _______r イフ'   <゛           l
            / /         /            ̄  _/_,,ッ       l
              ゝ__/         /                ‐"´ . /        l
                /         /              ィンー'フ     .l
           /       /   \          /       /  .,,   /
          /    / `\     \     //      / . //   !
        /    /    `ン    !     /       / ./ ./  、/
       /    /      /    /            ,ilr'"  / .,r',!/
     /    /       !、____`)               / / iリ
      !、____`)                             ,iシ'゙  .,l
                                        ″  ,i゙


―割り込み! やる夫は【風壁】を唱えたっ!

74◆tC1gMIWp2k2014/06/17(火) 22:04:07 ID:4ZZCj1A6

―やる夫に微小ダメージ!

           __
         .-´   ``ヽ       うしっ! これならまだ行けるっ!!
       /  /  #    `ヽ
      / \          ヽ    
     / ( ●) ;;# ─    ヽ
     |::  (__   ( ●)    |
     ヽ    (__ノ  ::::      |
       ヽ       .;;#:::   |
      人           /
     /          _ノ
                 |



                      |
          ____       |!.,_
         /\  /\    r || .j         /
       /( ●)  (●)\  / .|.|/        _//     お前も止まれお 【風縛】っ!!
      / #;;; (__人__)   \/ .|.|    /  ) _/ /
   _rーn|     |i|||||||i|     /  ||  /  / //
  i j j j j\     ` ー'´  \,/   '|! ´  / /´
  {   'つr´  (⌒'ー―- イ\  |   ´廴  -‐
  入  人     > 、     ,;:''"゙゙'':.,   _  ̄ ̄ ̄)
  -―==ニ二二ニ=―‐ ‐     :; -―==ニ二二ニ=―‐ ‐
         \     ヽ._  :、,. ..,::'  __  \
           >    /   ノVi`v:'´ `゙' 、_.)


―やる夫は【風縛】を唱えた!!

75本棚のやる夫さん2014/06/17(火) 22:04:19 ID:GfSJo0xs
これ肉めがけて火球撃てば巻き込めるんじゃ

76◆tC1gMIWp2k2014/06/17(火) 22:04:52 ID:4ZZCj1A6



           |ヽ      /|
           !;;ヽ、___ /;i !      ギャインッ!?
           j;幵:::O"i!:::i:'....、
   ,、-,、     !,Дニ豸 ::::i::::::::::::::`::';:、... 、....___
´,,r'´,,、'⌒'ヽ,   7'''r'''__ー, ノ::::::::´::::::::::::::::;ヽ::::;;::::::::::─...、_
〃/〃,r'⌒`ヾ   !ニニ'-'´  ヽ、:::::;::::::::::::::::;;::::::::;:::|:|:|::::::::::::/::`''ー、
!il! i,l',l'i,      ,'´",,    |;;;;;;;|::":::::::;;::::::|::::::;;;::j:!:!:i:!:::::::'.、,::::::::::ヽ
i l i!i  /'⌒`' 、 ∵'`,   |::!;;;;;;i::::::::::゙::;::;|::::::::::::!:!:!::::::::::::i::::::::::::::::|
,i i i!i. ,l'〃,、-,、 ヽ,,     i !:::::ヽ:::::::::::::i;|:::::::::::_,,,,──,,!::::::::::::::::::|
, i i i!  .,i! i'r'~`',ミ  ヽ,    iヽ:::::ヽ:::::i:::::i- ' ̄i;;;;;;;;;;;;;;/ i:::::::::::;:::::| _-_-_ 、` 、,
 'i,i   .'i, ,i〃´`  'i, ', , '_ : !,:::::-.|;::' i:(   i:::::::::::::.i   .i:::::::::::::::|-_三_-`ヽ、、丶
  ':,  'i,' i,'i, ( ) i  'i, ,'l), ; |::::::::| ,;: |   ヽ::::::::::::i   !::::::::::::::ヽ  - -_ヾヾ丶ヽ,ヾ,、
      'i, 'i、、   i   !  il 'il:::::/ .|: ::.|    ヽ:`:::::ヽ   `' - 、:::::\_ ,.,  'i, 'i, i! i i!i
    :' , 'i、 、`ー''" i ,i  'i,i'|:::;!  |, ;|      \:::::|      ヽ::::::::.i, !  ,l l ,l',l!',l',./
   ∵ ,' , .'h、 `-,、,,ノ ,i! ,li |::;::l  |"、|        j:::::i        丶::::i,ノ /〃,/,/,ノ
  :'', '. ・  .`-,、,,_,,,ノ ,l' l|;;;;ヽ_ |:.:..|        |::::|            i::::i/,/=-´
               〃ノヽ:::;;;j/;::::|       |::::::|          丿:::! ,
          `ヾミニ三彡'"彡` ノ;;::::;!     ∠∠;;;:j         /M j ・ '
          ヾー-_-三_'N ´ ∧.j                    `' '''''''`; ' :',.
                  `''''''''     `'ー-三- ̄-- ̄- ̄


―ハウンドDの動きを止めた!!

77◆tC1gMIWp2k2014/06/17(火) 22:05:44 ID:4ZZCj1A6



               , -―――- 、._
    / ` ヽ、     /           `ヽ、         (【風縛】でこいつらを止めて置けるのは大体1分ほど
`丶,ィ'    ヽ  /                 \
  /   ,ヘ  |, '                     ヽ       1匹目はもうすぐ30秒立つ、肉奪いあってるのはまだこっちに
  /  /  し/, ヘ                      ゝ
. /   i   /   ヽ                   ヽ    注意を向けてない・・・よしっ!!)
    \/     ト 、       ,-='、':'       ',
    /   ,ィヽ _ :':;;;;;,:i      .゙、;;;;::',ノ         i
        ト、_ 〝'''''′       `''''''"          l
           ヽ                      ノ
       /7_ ,ノ  (    j     )          /
       / 丶      `ー-‐'´`ー-‐'′       /
      /     >     ``ー- -‐'"        く
     /    /                     ヽ

78◆tC1gMIWp2k2014/06/17(火) 22:06:25 ID:4ZZCj1A6



―やる夫は干した肉(劣悪)を2個投げ捨てた!

―やる夫は逃げ出した!!



              ____
      ―― [] ] /      三\      脇目もふらずに逃げるんだよおおおおおっ!!
     | l ̄ | | . 三     \ 三/
     |_| 匚. | 三  .   ( ○) (○)'
        | |  三  u   (__人__)  |
         |_|   三    .  ` ⌒´ /
   [] [] ,-    r⌒ヽ  rヽ,  }
     //   三    i/ | ノヽ
   匚/     三   三   /    )≡
           三  三  /   /≡
         ニ三   ./   /
        二≡、__./    /、⌒)
        三          \  ̄
      三     /\    \
      三     /ニ ヽ 三   三
     三    /  ニ_二__/
     三  ./ .
   ≡  /  |
   ≡ /
  三_ノ


―・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・逃げ切った!!

79◆tC1gMIWp2k2014/06/17(火) 22:07:05 ID:4ZZCj1A6


              ┌───────────────┐
              │                        │
              │    ┌─────────┐    │
              └──┼─────────┼──┘
                    │  ┌─────┐  │
                    └─┼─────┼─┘
                  └─────┘
                   ┌───┐
                   └───┘
                     ┌─┐
                     └─┘
                      □

80本棚のやる夫さん2014/06/17(火) 22:07:07 ID:PDm9F4SU
逃走手段を確立できてるのは大きいな

82◆tC1gMIWp2k2014/06/17(火) 22:07:52 ID:4ZZCj1A6



―逃げた先



        / ̄ ̄ ̄\
     /ノ     ヽ、 \      はひーっ! はひーっ!
    / ( ○)}liil{(○)  \.
    |    (__人__)    |        ここまでくれば大丈夫かおっ!!
    \ ヽ |!!il|!|!l| /  /
   /::ノ"''フ:ノ|゙ x ''|ヽ!:::_,,,L,,ノ,,ノ_ノ゙>i、
.  i/ヘ" ムノ:::::| i::::! |-''"::::/    ゙ヾノヽ
  /(:::::::゙ソ"_;;;;;;ノ: :V: :ヽ ''"ヽi、  をノ
 (::::ヽ,ノ"!,,_::;/: :i: :i: : :ヽ_;;:::::"ヽi、
  ^゙''" /::::;シ: : : : i , -ii !、\::;;ノ::::)
    (::::ヽへ、: : : i    i/  ゙''ヽ,/



ある程度開けた場所に到着し、漸く足を止めた。

何分走り続けたが分からないが足がものすごく重い、良くここまで持ってくれたものだと思う。

83本棚のやる夫さん2014/06/17(火) 22:08:35 ID:rwwXq/kA
いきなりハウンド4体か
ヤムチャが栽培マン4体を相手するようなもんだな

84◆tC1gMIWp2k2014/06/17(火) 22:08:55 ID:4ZZCj1A6



            ____
          /      \         はぁ、なんとか逃げ切れたかお。
         /  ─    ─\
       /    (●)  (●) \       まさかハウンド2体から逃げた先にまたハウンド2体とかイジメかっての。
       |       (__人__)    |
        \      ` ⌒´   ,/       お陰で今日の昼飯とおやつ全部投げちまったお。
        /⌒ヽ   ー‐    ィヽ_
        /  、     、  〆ヾ ̄ `i
      /  /      ゙  lヾ_ ,|ヽ─ヘ
      /  /l         `、´/     ヽ
     /  / ヽ  ,____   `  ,ヽ  ヽ
   -─ヽ イ_ ヽ /     ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ Y   ゝ‐-、
  ( _i _i_ト、__)  ヽ、___⊥____ノ 「___ノ

85◆tC1gMIWp2k2014/06/17(火) 22:10:05 ID:4ZZCj1A6



                    ____
                 ,. -'"´      `¨ー 、
                 /  ;;;;#;;;;     "   \     しかしまぁ・・・我ながら出来過ぎなくらい頭回ったおね。
              /           #     ',
             ./                 ;;;   ',   少しでも行動ミスってたら大怪我間違いなかったお。
             l     \          /    .l
             l      \_i ,, i_/      l
             .',    `ー―'    `ー―'   ./
               \      l   人   l    /
                `ー、   `ー´_`ー'   く_
                 /               ヽ
              /                  }
               |            _.. <\      i
              !     くィ: ̄     ∨   }
              ヽ              ノ    /
                 ヽ        _ ≦´     /
                   ヽ   _.z≦_       /
                  ゝ イ    >=ー- イ
                 |            |
                 |            |

86◆tC1gMIWp2k2014/06/17(火) 22:11:08 ID:4ZZCj1A6



                     ____
                  ,.  ´       `  .、      ハウンド2体かぁ・・・ダメージある程度覚悟したらいけるかお・・・?
                  /             \
                /                    ‘,    あいつら確実にやる夫より餌狙うし、上手くやれば動きを止めて
              ′                     ‘,
                l   \                  l   片方は【火炎】で焼き殺して、もう片方をそのまま。
                |  (リt\,_   !、,__、    l
            、 U '‐ー´     リッ ノ    ,   あの4体相手にあそこまで立ち回れたし、出来るかもしれないお。
             / \   l   人   l       /
          /    ` -`ー´_`ー´   , ー´\
            l                         \



         ____
       ,. -'"´      `¨ー 、      痛いのは嫌だけど、防具もあるし我慢すれば戦えるかな?
      /             \
    /                ',    あれから【器】と【運】しか上がってないからなぁ、ステータスの10って
   ./    U         , -‐ 、     ',
   l  ___ノ   '´     \   .l   多分大台かなんかなのかもしれないお。
    l  ( 乂ソ  ノ    ヾ==ツ     l
   .',    ,      ヽ  lilil u   /
     \   l   人_,/l      /`ヽ
   /  `ー、`ー´ 二二ノ    ‐'    ',.
  ./                     l

―【器】+2
―【運」+1

87本棚のやる夫さん2014/06/17(火) 22:12:01 ID:Lsk9dtIs
ここで行動不能になった奴から仕留めようとか色気出さずに
迷わず撤退を選べるやる夫はかなり成長してると思う

88◆tC1gMIWp2k2014/06/17(火) 22:12:16 ID:4ZZCj1A6



        ___
      /_ノ '' 'ー\     となれば、また肉を探さないとなぁ。
     / ( ●) ( ●)\
   / :::::⌒(__人__)⌒::::\  流石にさっき手に入れたハウンドの肉は使いたくない・・・って
   |       `'ーnl^l^l  |
   \         l   っ/  そうも言ってられないか、最悪これ使うかお。
             (   ゝ
              i   \  つーかあいつら同族の肉食うのかな?



     ____
   /      \      しっかし、モンスターって変な習性持ってるんだなぁ・・・
  /   _ノ ヽ、_.\
/    (●)  (●) \   肉目の前に投げたら、敵そっちのけで食うって流石にねーお。
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /   追加で仲間同士で容赦なく取り合うし、馬鹿なのか優先順位ってのがあるのか。
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

89◆tC1gMIWp2k2014/06/17(火) 22:13:32 ID:4ZZCj1A6



                         ____
                        /       \        ふぅ、少し休めたおね。
                      /―   ―    \
                     / (●)  (●)     ヽ     あれだけ走ってまだ余裕あるって、実はかなり凄いんじゃ・・・。
                      |    (__人__)       }
                   \   `⌒ ´     /     今マラソンしたら上位に入れそうだお。
                 __/   ー    γ⌒ 、
               _{´   ⌒ヽ              ∨
                / `ー‐1   }         i   ∨
                  /     ゝ '          |i    ∨
              /   ∧               ハ   ∨
         , - く__// ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ヽ /  _ト  ⌒ー、
          、___}人________/  (__ .イ_i__i__)

90本棚のやる夫さん2014/06/17(火) 22:13:38 ID:rwwXq/kA
プログラムなのか腹減りすぎなのか

91◆tC1gMIWp2k2014/06/17(火) 22:14:25 ID:4ZZCj1A6



          / ̄ ̄ ̄\        よしっ、善は急げだおっ!
       /\   /   \
      / (●)  (●)  ヽ      ハウンドが2体なら次は戦ってみよう! 3体以上はノーサンキューで!
       |:::⌒(_人__)⌒::  |
   ,ィTl'ヽ\  l;;;;;;l    /`ヽー;、  
    kヒヒど,    `ー´   {⌒Yィ 、 ソ
      `´ ̄ヽ      ハヽ `^ー′
           ヽ   ` /  '}
            >   /ごノ
        __,∠     /    キュムッ
      〈、    /
       \、__ノ

92◆tC1gMIWp2k2014/06/17(火) 22:15:16 ID:4ZZCj1A6



          ____
        /      \       【運】が適正値になったお陰か、森を大分走破出来るようになったお。
       /  ─    ─\
     /    (●) (●) \    実はあんまり広くないみたいだお、迷いの森の癖に。
     |       (__人__)    |
      \      ` ⌒´   ,/    そんな中グルグル回ってたなんてやっぱり怖い場所なんだなぁ。
      /         ::::i \
     /  /       ::::|_/
     \/          ::|
        |        ::::|  キュム
        i     \ ::::/ キュム
        \     |::/
          |\_//
          \_/

93◆tC1gMIWp2k2014/06/17(火) 22:16:09 ID:4ZZCj1A6



                      ,,.. -‐ ─ -..、
                 /           ヽ      必要な【魔】ってどれくらいなんだろう。
                   /      ─   ─ ヾ
                   |     ( ●)  (●) i     10で足りてくれるなら、次上がれば森に出られるけど、
                    ゝ     (__人_)  /
                    .>         〈      20とかだったら数年計画だおね・・・最悪森の民になるしか・・・
                  /              ヽ
                /               ',     って・・・あれは・・・!?
                /               !   !
                /   .,イ         .i   i
                /   ./ .i            .!  .!
            /   ./   i            |  .{
              /   .〈   i            .! .リ}
           {   .,}   |            !ー''
              `ー-'  ..|            l
                    |      Λ .     l
                 |      ./ ', .     l
               |      /  ',   ...l
                 |      /    .',     .l


―やる夫は前方にモンスターを発見した。

95◆tC1gMIWp2k2014/06/17(火) 22:16:53 ID:4ZZCj1A6


―角ウサギAを発見した、相手はこちらに気づいていない
―角ウサギBを発見した、相手はこちらに気づいていない
―角ウサギCを発見した、相手はこちらに気づいていない


                                |''|
                  ____         __.|‐|__          ____
                  | ___ `\.    / |ー| \    /´ ___ |
                  \l     \  `ヽ<  |'ー'|   >-''´ /    l/
                    \      \.   \|'ー '|/  ./     /     
                      \   \  \  |'ー―'|  /  /   /
                        \__\/   'ー―'  ヽ/__/
                        // /        \ \\
                       / ./   |  | ̄\ / ̄|  |  ヽ ヽ
                       | |   l  \/i i\/  l   | |
                       | |    \ _/  \_ /   .| |
                       ヽ ヽ     >、 Y ,.<     / ./
                      / \ヽ     /ヽ_l_/ \   / /\
                     彡   \ヽ,-'\     /ヽ、//   ミ
                      ~'''''" ̄ ̄'vVv' ̄ ̄ ̄'vVv' ̄ ̄"'''''~
                |''|                                |''|
 ____         __.|‐|__          ____   ____         __.|‐|__          ____
 | ___ `\.    / |ー| \    /´ ___ |   | ___ `\.    / |ー| \    /´ ___ |
 \l     \  `ヽ<  |'ー'|   >-''´ /    l/   \l     \  `ヽ<  |'ー'|   >-''´ /    l/
   \      \.   \|'ー '|/  ./     /       \      \.   \|'ー '|/  ./     /     
     \   \  \  |'ー―'|  /  /   /           \   \  \  |'ー―'|  /  /   /
       \__\/   'ー―'  ヽ/__/               \__\/   'ー―'  ヽ/__/
       // /        \ \\               // /        \ \\
      / ./   |  | ̄\ / ̄|  |  ヽ ヽ            / ./   |  | ̄\ / ̄|  |  ヽ ヽ
      | |   l  \/i i\/  l   | |             | |   l  \/i i\/  l   | |
      | |    \ _/  \_ /   .| |             | |    \ _/  \_ /   .| |
      ヽ ヽ     >、 Y ,.<     / ./             ヽ ヽ     >、 Y ,.<     / ./
      / \ヽ     /ヽ_l_/ \   / /\            / \ヽ     /ヽ_l_/ \   / /\
     彡   \ヽ,-'\     /ヽ、//   ミ         彡   \ヽ,-'\     /ヽ、//   ミ
      ~'''''" ̄ ̄'vVv' ̄ ̄ ̄'vVv' ̄ ̄"'''''~           ~'''''" ̄ ̄'vVv' ̄ ̄ ̄'vVv' ̄ ̄"'''''~

96◆tC1gMIWp2k2014/06/17(火) 22:17:40 ID:4ZZCj1A6

―角ウサギ達は宝箱を守っているようだ


            ,__
.        ,.....:'":::::::::>ー-.、
      /::::::::ゝj:/    `>==-,
    ./:::::::::::::::/.     /oo/´  `    、
   , '::/:::::::::::/     ./qq/          `    、
   /::/::::::::::/     /  /                  ー, - 、
  ./::/::::::::::/     /  /                   /   /
 /::/::::::::::/     /  /                     / 88/       /:::>y.-y,
 {::{::::::::::/     /  /                     /   /       ./:::::::::/:://}
 |::|:::::::::l     /  /                     /   /       .,..'::::::::::/::////}
 |::|::r-、ト、_   {  .{                       /   /       ,.':::::::::::/::::://////i
 l::l:::ゞノl::::::::: ̄:Yl.  |、                  /   /       /::::::::::::/::::///////'
 l::l::r-、lー-...._|l r-l:::` ー- _              /   /       /::::::::::::/::::///////
 l::l::`ー:|:::::::::::::::::}lー.|、:::::::::::::::::::>...._          l   /       /::::::::::::/:::///////,
 l::l:::::::::|`ー- -}l  .}::::`ー-....._{`ー- 、.` ー- _/   /       /::::::::::::/:::////////
 l::l:::::::::|     }l  .ト- 、:::::::::::rニ=-、_}::::::::::::::::::::l   /       /::::::::::::/:::////////
 l::l:::::::::|     }l  .|    `ー-tj==} ト、`...-...._.l   l:`::.......、  /:::::::::::/:::////////,
 l::l:::::::::|     }l  .|         rシー _::::::::::::lー-.|:::::::::::::::::`::::l::::_:::::/:::////////,'
 l::l:::::::::|     }l .o.|         .¨     ̄ーl   l:`ー-....._::l:::::::::;'::://///////
 `ー- _::::::::::::`ー-..._                 |   ト- _::::::::::l:::::::::l:::l////////
         ̄ ー 、:::::`:.......、             |   |     ー.l:::::::::l:::l///////
              ` ー _:::`:.......、       .|   |      |:::::::::l:::l//////
                   ー ::`ー-...、.  |   |        .|:::::::::l:::l/////
                      ` ー _:::::`:ー--i        .|:::::::::l:::l////
                          ` ー _:::::`ー- 、  .|:::::::::l:::l/,/
                              ` ー _:::::`ー'::::::::::l::l/
                                  ` ー _:::::l:/
                                        ̄´

97本棚のやる夫さん2014/06/17(火) 22:18:00 ID:PDm9F4SU
3体かー 奇襲が決まればいけるか?

98◆tC1gMIWp2k2014/06/17(火) 22:18:47 ID:4ZZCj1A6



 |___
 |   \       宝箱・・・で、それを守るように周りに3匹のウサギ、かお。
 |  ,ノ  \
 | ( ●)u \    ウサギ2体なら今のやる夫でも問題なく倒せたけど、3体は・・・
 |人__)    |
 |⌒´    /    角の突進は、ハウンドの噛み付きより貫通力あるから油断できないお・・・
(⌒ー─' )

99本棚のやる夫さん2014/06/17(火) 22:19:08 ID:5yUYZB.M
ウサギ三体…ハウンド二体よりはマシなのか?

100◆tC1gMIWp2k2014/06/17(火) 22:19:45 ID:4ZZCj1A6



     ____
   /      \     宝箱は気になるけど、命あっての物種だお。
  /_、 ,,/"  \
/ (●) ゙(●) U \  どうする、遠くから【風刃】で1体ずつおびき寄せるか・・・全部一気にやってくる可能性もあるし。
|    (__人__)      |
\   ⊂ ヽ∩     <  諦めて戻る手も・・・
  |  |  '、_ \ /  )
  |  |__\  “  /
  \ ___\_/



       |
    \  __  /
    _ (m) _
       |ミ|
     /  `´  \
     ____
   /⌒  ⌒\    チーン!
  /( ●)  (●)\           ははっ! 良い事思いついたおっ! どうせ諦めるなら
/::::::⌒(__人__)⌒::::: \
|     |r┬-|     |        もっと有意義なことしてやるおっ!
/     `ー'´      ∩ノ ⊃
( \             /_ノ
.\ “  ____ノ  /
  \_ ____  /

101◆tC1gMIWp2k2014/06/17(火) 22:20:56 ID:4ZZCj1A6



               ____
            ,. -'"´      `¨ー 、             あのへんはちょうど良く場所が開けてる。
           /            ヽ ヽ、
        ,,.-'"          ,,.-'"`     ヽ、        ならあるじゃねーかお、とっておきのが。
       /        、__,,.-='、':'"        ヽ、
      i へ___,    " ゙.゙(●)ノ            ヽ
      ./ i (●)〉     `''''''"                 ヽ
     / . ゙ー-''"       ヽ               i
     /    i   人     ノ               l
    ,'     ' ,_,,ノ  `─-‐' ヽ               l
    i      `、  _y──‐ l               /
    ',       i_/  / _ '              /
     ヽ、       ̄ ̄               /
      ヽ、_                     /
         `¨i                     ヽ
          /                      ヽ
         /                     ヽ

102本棚のやる夫さん2014/06/17(火) 22:21:29 ID:5yUYZB.M
火球ブチかましか

103◆tC1gMIWp2k2014/06/17(火) 22:21:53 ID:4ZZCj1A6



                      ,,.. -‐ ─ -..、
                 /           ヽ         上手く行けば儲けもの、失敗してもウサギ3体。
                   /  \,  、/    .ヾ
                   | (● )  (● )    i       どっちにしても美味しいおっ!
                    ゝ  (__人_)     /
                    .> `⌒´     〈
                  /               ヽ
                /                ‘,
                /               !  .}
                /   .,イ         .i  |
                /   ./ .i          i .{
            /__./   i            |. |
              /:::::::.〈   i            .! ‘,
           {:::::::::::.,}   |            ! リ}
              `ー-'  ..|             lー''
                    |      Λ      l
                 |       ./ .',   ....l
               |     ./   ',     l
                   |      /     .',    .l
               |   .../       ',    l
              .|     /       ',    .l
                   |   /        ',    l
                 ,'   /          .',   .l
                  /   .リ          .}   ゝ、
               ゞ__,/           .ゞ-==,,_)



―やる夫は身構えた!!

―角ウサギ達はこちらに気づいていない!

104◆tC1gMIWp2k2014/06/17(火) 22:22:43 ID:4ZZCj1A6



                          ヘ
      \                    ヘ
        \                    ×       集中しろ・・・集中するんだお。
      , - \               /´ ‘,
     〃  γ ` <           > ´',   | i
     {i   {  ● } ヽェー ,.}     .}=ッ{● }   i |
     ヘ   !、._.ノ、 ノ           ト !、_ソ__,/ .i
      ゛'''──ー /          i `ヽ     i
           /         i   ヽ     ハ
           {               }.   }   /
           !、       _.入.__/  /
           /  ̄ ̄ ̄ ∨/////イ  ./
         /           }////ッ  /
         { ヽ        .}//// /
         \ ヽ、__二ニ ー´_. イ



場所は開けているが、問題は自身の器用さと集中力にかかっている、失敗してしまえば一転してピンチなのだ。

この魔法はまだあまり練習したことがない、場所が場所だけに使い所があまりないせいだ。

105◆tC1gMIWp2k2014/06/17(火) 22:23:26 ID:4ZZCj1A6



          ____                ○
        /      \.             O .::::::::. ○     
       /  ヽ、   _ノ\             .:::::::::::::. ○
     /     (●)  (●) \        o .:::::::::::::::::.      あいつら、どうやら宝箱から全然動かないみたいだお。
     |        (__人__)    |       /)/)/)::::::::::::: (⌒)
     \       ⌒´   /     「////:::::::::::::::::: `~    尚更狙いがつけやすい。
    γ⌒           ⌒ ̄ ̄' ̄´  (:::::::::::::::::::::::r ⌒ヽ
     i  j            ___、__,、_`つ::::::::::::::::ゝ __ノ  後はやる夫の腕にかかってるっ・・・!
     ヽ、 l           /′           。 :::::::::::::::::::::
   /つゝ、,,!             }          o :::::::::::::::::: (⌒)
  {〈〈〈,ゞ,ソ          〈             O :::::::::::::: `~´
    ` ̄/            \          O :::::::: ○
    /     /´`\      \           Ο ○
    !    く´     \      ヘ
     \    \       ヽ     ヘ
     (´________ノ        ヽ    ヘ
      ` ̄  ̄            ∨______`)




                      |
          ____       |!.,_
         /\  /\    r || .j         /    【火球】!!
       /( ●)  (●)\  / .|.|/        _//
      /    (__人__)   \/ .|.|    /  ) _/ /
   _rーn|     |i|||||||i|     /  ||  /  / //
  i j j j j\     ` ー'´  \,/   '|! ´  / /´
  {   'つr´  (⌒'ー―- イ\  |   ´廴  -‐
  入  人     > 、     ,;:''"゙゙'':.,   _  ̄ ̄ ̄)
  -―==ニ二二ニ=―‐ ‐     :; -―==ニ二二ニ=―‐ ‐
         \     ヽ._  :、,. ..,::'  __  \
           >    /   ノVi`v:'´ `゙' 、_.)


―やる夫は【火球】を唱えた!!

106◆tC1gMIWp2k2014/06/17(火) 22:24:21 ID:4ZZCj1A6


―やる夫の手の平に火球が現れる!


                                 ト、
                                r' ノ
                        ヽ、   |    /´
                         )ヽ ノ|
                       /:::::/´:::しイ
                      /:::::;ィ::::::::::::::ヽ _,イ
                      | :::/. `ー-イ::::::`::::/ ゴウッ!!
                       |:::      て_:::/
          ___       /ヽ     /::/
         /     \    , :' :、   :::_::::ノ     そのまま、そのまま動くなお・・・!
       / \ ,/     \ /  ノ^´
     / ( ●)  ( ●)    ヽ/
     |  (__人__)       |
   ,、__\  `⌒´      /
  {     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ー ヽ
  `~" ̄ ̄ ̄ヽ ̄ ̄ ̄ミ    ',
             ',
              i         |





      ───                           ・            ;
   /      / \     いけぇぇぇぇぇっ!!       \ 从从へ从 /   :
  /    \  (● ) ヽ                      ;  从 人 从へ从へ   .
  |    ( ●) __)    |                     \ γ   ・. ’、⌒へ从/
 人     (__ ノ  Y  /                       \_)ノ  人)  )ζ へγ  
/  \    ゝ _ソ /   __,               へ从; ⌒从へへ从 ; ⌒从
     ~" ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ニニフ               ; ⌒从へ从; ⌒从へへ从
       ──────、_ゝ                 (( ⌒ ⌒ ; ⌒从へへ从・  
          /                           へ从; ⌒从へへ从    


―やる夫は【火球】を投擲した!!

107◆tC1gMIWp2k2014/06/17(火) 22:25:14 ID:4ZZCj1A6



                        !
                          jしイ
                          ノ: :.:廴.ィ    /{
                          / : : : : : : :そ   }/
                    ノ'⌒ヾ: : : : : 丶
                          }: : : : : : :.:ヽ }\
                          jし': : : : : : : : :.}ハ:.:.{
                    |  ノ´:⌒ヽー-ミ: : :ノし: :.し イ
                       jし' : : : j -ミ: : : : :.、:.:}: : : : : ノ
            !        ノ': : : : :ノ: : : :`丶: : :ソ: : :./      !
         jしイ      '⌒`) /: : : : : : : : :Y´: : : /{        jしイ
         ノ:,.イ廴.ィ     /{_//': : : :ノ : : : : :ノし{: :.:{/        ノ: :.:廴.ィ    /{
       / (_二二  ̄7,イ人           ,ィ ト、し イ   / : : : : : : :そ   }/
      ノ'⌒ヾ: : : : ://(_ノし' ,ィ ト、      ( :し' しイ   ノ'⌒ヾ: : : : : 丶
      ,.イ    //      ( :し' しイ      ̄7 | ̄   :ト、j7__,ィ }: : : : : : :.:ヽ }\
      | 'ー―'´ /          ̄7 | ̄    /,イ :!     >ィr―'   l7l7rァ: :.}ハ:.:.{
     |∠,. -―― '          /,イ |     </ノノ   <_ノ:|」     /'´ : :ノし: :.し イ
     jし' : : : j -ミ: : : : :.、:.:}: ∠/ノノノ: : : :`丶: : :ソ: : :./ jし' : : : j -ミ: : : : :.、:.:}: : : : : ノ
    ノ': : : : :ノ: : : :`丶: : :ソ: '⌒`) /: : : : : : : : :Y´: : : /  ノ': : : : :ノ: : : :`丶: : :ソ: : :./
   '⌒`) /: : : : : : : : :Y´: : : /_//': : : :ノ : : : : :ノし{: :.:{  '⌒`) /: : : : : : : : :Y´: : : /
     _//': : : :ノ : : : : :ノし{: :.ノ /: : :/⌒ヽ : : ハ: :ノ: : :し イ _//': : : :ノ : : : : :ノし{: :.:{
    ノ /: : :/⌒ヽ : : ハ: :ノ: :}: {: : : :j: : : : : :./: :ノ}: `ヽ: :.:/ノ /: : :/⌒ヽ : : ハ: :ノ: : :し イ
   }: {: : : :j: : : : : :./: :ノ :}` /:ハ: : :ノ: : : :./ : : /: : : :}: :′ イ {: : : :j: : : : : :./: :ノ}: `ヽ: :.:/
   /:ハ: : :ノ: : : :./ : : :ノし': : : : /: : : : :/: :/: : { : : : /: :し':八 .ノしイ : : :./ : : /: : : :}: :′ イ
ノし': : : : /: : : : :/: :/: : { : : : /: :し':八 .ノしイ: : : : }: :ノし': : : : /: : : : :/: :/: : { : : : /: :し':八 .ノしイ


―角ウサギAに即死ダメージ!
―角ウサギBに即死ダメージ!
―角ウサギCに即死ダメージ!

108本棚のやる夫さん2014/06/17(火) 22:26:02 ID:rwwXq/kA
ストライーク!

109◆tC1gMIWp2k2014/06/17(火) 22:26:36 ID:4ZZCj1A6


―角ウサギ達を倒した!!

―角ウサギの皮を3個獲得
―角ウサギの角を3個獲得

―やる夫の【知】が1上がった
―やる夫の【魔】が1上がった

―【魔】が規定値を満たした為、迷いの森の外にでることが出来るようになった!!



                 __
            _..-''''゙゙゙´     ゙゙゙゙'''ー,,、
          ./      U       \      【魔】あがってたもんなぁ・・・そりゃ威力も上がるよなぁ・・・
         , '     ___ノ  ヽ、 __ .ヽ
        ./    (  〇  .)  ( 〇 )  '.,    って、【知】と【魔】が両方共上がったんですが。
       /  u .    ̄ ̄ ̄     ̄ ̄   '.,
     . .,'                        .l   ハウンド数体と戦おうって考えた後にウサギ倒して上がるってなんかなぁ・・・
       l   U.    (     人    .)    .l
       .'.,        `.┬‐ ´  ` ┬ ´     .,'
     .   ' ,         ̄ ̄ ̄ ̄     /     ウワァ,モエウツッタラヤバスギダオ
          ゝ、               /
         /` ー――――― ‐=''' く
        /                      \
       /                    ヽ
     . /.                      ',
     /       /                i   l



ステータスが上がった事はとても嬉しいのだが、なんだかやるせなかった。

110本棚のやる夫さん2014/06/17(火) 22:27:00 ID:5yUYZB.M
まだ未熟なやる夫でもこの威力か
確かに強いな

111◆tC1gMIWp2k2014/06/17(火) 22:28:04 ID:4ZZCj1A6



            ____
         ,. -'"´      `¨ー 、       なんだろ、辺りの変な気配が完全に消えた気がする。
         /             \
      /                ',     【魔】が上がったお陰かな、もしかして外に出れるのかも・・・
     ./                     ',
     l                  /   .l    ドロップ拾って一度戻るかお、火もそろそろ消えそうだし。
     l    、__,ノ   _,/tリ)  .l
     .',    ゝ ヾリ     `ー‐' U /    流石に宝箱は燃え尽きたよなぁ、勿体無いことした・・・・・・お・・おぉ!?
        \       l   人   l   /`ヽ
     /  `ー、    `ー´_`ー' ‐'    ',
    ./                     l




.          ,,..-|''|"|´| ̄ .`ヽ、
       /  | | .|       \  て__        って、えええーーーー!?
      /  u     __ \      ヽ  (´
     /       .γ´ `ヽ.`   _,,.- ', ζ        宝箱燃えてないってどういうことだおっ! 
    ./    u.   ヽ,.-''"    ./⌒l
    .l            l      ,  `ヽ|           耐火の宝箱とか言うつもりかおっ!?
     ',    u     /ヽ--‐''"\  丿
     ',         /::::::::::::::::::::::::/"´ .|      ,-,.-,-,
     / ,,..-‐--..,,_ l ::::::::::::::::::::::/   /    lヽ/ / / /ヽ
    /       `"''-.,,   .''´,,..-''´     ./       /
 ./               \ ̄       /       /
../                \     _,,.-''´     /
/                   `''-''"       ./
          ̄`''-,,_             /
              `''-,,        ./
               / `゙''‐---‐''"´


そこにはあちこち焦げてるものの、何の問題も無く宝箱が残っていた。

112本棚のやる夫さん2014/06/17(火) 22:28:17 ID:5yUYZB.M
知10になったか
火炎・生活魔法の続きが読めるな

113本棚のやる夫さん2014/06/17(火) 22:29:16 ID:rwwXq/kA
宝箱はなにしても壊れないと思うw

114◆tC1gMIWp2k2014/06/17(火) 22:29:25 ID:4ZZCj1A6



        ___
      /_ノ '' 'ー\     あれだけの中動かなかったって事はミミック系じゃないのは確かかお。
     / ( ●) ( ●)\
   / :::::⌒(__人__)⌒::::\  なんでウサギが後生大事に守ってたか知らないけど、とりあえず調べてから開けてみるかお。
   |       `'ーnl^l^l  |
   \         l   っ/
             (   ゝ
              i   \


―やる夫は宝箱を調べた・・・・・多分、罠はない。



     ____
   /      \      んー、多分直接的な罠は無いっぽいおね。
  /   _ノ ヽ、_.\
/    (●)  (●) \   前と同じく後ろから開けてみよう。前回みたいに魔法書入ってると助かるんだけど。
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

115◆tC1gMIWp2k2014/06/17(火) 22:30:30 ID:4ZZCj1A6



―やる夫は宝箱を開けた

―毒針が飛び出してきた!! やる夫は宝箱の後ろにいる為当たらなかった!

―薬瓶(未鑑定)を2個手に入れた

―指輪(未鑑定)を手に入れた


      __________________
     |\________________/|
     | |    ====================     | |
..    | |    ||                  ||    .| |
.      | |    ||              ||.    | |
.     | |    ||                ||.    | |
...    | |    ||.               ||.    | |
..      | |     ==================..    | |
     | |________________| |
     》――====――――――――====――《
.      / /| ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄|゙、 V
    / //|___|__________|____|.∧ V
    / ///                       V∧ V
   / ///                         V∧ V
   / ///                          V∧ V
  // ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\V
  V.三三三三三三三三ニ》 ̄《二二二二二二二二二7
   V.三三三三三三三三 》==《二二二二二二二― /
   V三三三三三三三三三三三二二二二_―   /
     ̄ ̄ ̄                   ̄ ̄ ̄

116◆tC1gMIWp2k2014/06/17(火) 22:31:17 ID:4ZZCj1A6



            _,,..-―――‐-..,,_
       ,,-''´              `ヽ         あっぶねぇぇぇぇ・・・あれ多分毒針か何かだお。
.    /     u          u ヽ、
.   /| | | | | -..,,_       u   __  '.,      毒消しなんて出来ないし、刺さってたら死んでたおね絶対。
   /| | | | | |     `゙''‐' ′ ヽ-'"      ',
  ,'| | | | |.|≡=-.,,_  .三三三 _,,..-=≡  ',     そのうち爆弾とかありそうだ・・・開けるのやめようかな、次あったら。
  l.| | | | | |   . `゙ .三三 "´  .     l
  |.| | | | | |====≡ 三三 ≡====  |
.   ',  u | |     /       ヽ      .l
.  ヽ         {     ,.、   }     ,'
    \      ゝ-ィ´ `"j-.'′ u   ,.'
      `'',-..,,       |.r-‐''"     ,,..-''
      /  `゙"''―‐.U――― ''"´ヽ
     ./                 ヽ
    /                  ヽ


背筋が寒くなる思いはしたが、なんとか罠を回避できたことに安堵する。

宝箱が消滅するのを待ち、恐る恐るアイテムを手に入れて隠れ家に帰ろうと考える。

でも運良く【魔】が上がったので、先に一度外に向かうことにした。

117◆tC1gMIWp2k2014/06/17(火) 22:32:04 ID:4ZZCj1A6


                          ┌┐
                      ┌─┐┘
                      |  |
                        ┌──┐┘
                        │    |
                  ┌────┐┘
                  |        |
                  |        |
              ┌─────┐┘
              |          |
              |          |
              |          |
          ┌──────┐┘
          |            |
          |            |
          |            |
          |            |
.        ┌─────────┐
.        |                  |
.        |                  |
.        |                  |
.        |                  |
.        |                  |
.        |                  |
.        └─────────┘

118本棚のやる夫さん2014/06/17(火) 22:32:12 ID:PDm9F4SU
シーフ技能ないと危険か

119◆tC1gMIWp2k2014/06/17(火) 22:32:34 ID:4ZZCj1A6

―草原

 .. .:.:.:.  ... ...:.:.:.:.:. .:.:.:.:.:.... .... .. ... ..  .... .. ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:... ......  . .... . .... .. .:.:.:.:. .... r ⌒ヽ .:.:.. .. .
. ......:.:...:.:. .:. .:. (⌒ 、 . .. .. .     .. .......:.:.:.:.:. .:.:.:.:.:.... .:.:.:.:.:...... .. ..:.:.:.... ..:.:.:.: .: .. .. ... (⌒   ⌒) ... ..
:.:.:. ...... .:.:. (⌒   ⌒) ... .... .:.:.:. .. . :. .:.:.:.:. . . .....:.:.:.:.:....  .....   . ..:.:.:.:....:.:.:..: .:.:.. (⌒    . . ... .:.:.
 .. .... .. . (⌒      r'. ..:.:.:....   ..:.:.: .....:.:.:.:.:. .:.:.:..... r ⌒ヽ .:.:.. ... .. ... . :..:.:. . . ...   . . .. ...:.:.:.:
. .:..  .. (⌒'        .   .. .:.:.:.:.:.... .... .. ... ....:.:.:.: (⌒   ⌒) ...:.:.:.... :. :.:.:.:.. .  ... :.   .:.:.:.:. . ....
. ..:. . (         . ..  ..:..   . ... .    .. .:.:.: ...  (⌒     r'⌒ヽ ..  .. .. .... .  . .. ...:.:.:... .
... . .    .;i;';.      . ...  ......  ... ....    ...          ⌒ヽ    . .. .:.:.:.:..      ... ..
   ,.;i;';.,,;;`;;i`、    ... .      . .. .   ... ....    ...        . ...  ......       . .. .
  ,.;;:。;:;;::、;;:。;:;;,.
 ,.,;:;;`;;i`:;:i;,|i!''".                                 .;i;';..;i;';.
..... ""'|i!''''"  i|!、....,........... .......,.,.......,..,.,,.,,. ...... .......,. ,.......,..,........... ...    ,.;;.;i;';.,,;;`;;i`、;i`、 . ............ .
'::',:'':';:,.,i|!、:.,"'`::'::',:'':'`::'::',:'':'` "'"' "'''.''' "'''.''" '::',:'':';:;..,"'`::'::',:'"'`,.;;:。;:;;::、;;:。;:;;,;:。;:;;, ,.;i;';.
 "''    ::':'::' " '''.''"'"  ''"'"' "'''.''' "'''.''"'"''"'"'  "'''.''' "'''. ,.,;:;;`;`;;i`:;:i;,|i!''";,|i!'',.;;:。;:;;::、
'::',:'':'`::'::',:'':'`::':'::',:'':';:;..,"'`',:'':'`::'::''::',:'':';:;..,"'`,:'':'`::'::',:'':'::',:'':';:;..,"'`::'::', '""''|i!''"  ,i|! .....i|!,.,;:;;`;;i`:;:i;,.
'::',:'':';:;'"'"''::',: '"'"''::',:::'::',:'':'`::'::',:'':';:;..,"'`'::',:'':';:;..,"'`'::',:'':';:;..,"'`'::',:'':';:;..,":,.,i|!、'`'::',:、'':';:;..,..、""'|i!''"
',:'':';:;..,"'`',:'':'`::'::''::',:'':';:;..,"'`,:'':'`::              '::',:'':'::',:'':';:;..,"'`::'::',:'':'`::':: '::',:'':';:;..,":,.,i|!、
"'''.''' "'''.''"'"''"'"' " "'''.''' "'''.''"'"''"'"' "'':';:;..,"'`',:'':'`::'::''::',:'':';:;..,"'`,:'':'`::'::',:'':'::',:'"'''.''' "'''.''"'"''"'"
:::       ;..,"'`',:'':'`::''" ;;                    :::;..,"'`',:'':      :::;..,"'`',:'': ;:;: .
'':'`::'::',:'':';:;..,"'`',:'':'`::'::'.,"'`',:'':'`::':' "'`:       :'::',:'':';:;     ..,"'`',:'':'`::'::',:'':';:;..,"'`',:'':'`::'::'.,"'`',
  '':'`::'::',:'':';:;..,.            ';:;:;..,"'`',:'':'`::'::'':    '':'`::'::',:'':';:;..,"'`'::',:'':';:;.
                           '':'`       ::'::',:'':';:;:;..,
    "'"'''':'`::':;:;..,"'`',:'':'`::'::'':':';:"'"''' "''''':'`::':':',     :'':';:;:;..,"'`',:'':'`::'::'':;:;..,    "'`',:'':'`::'::'':

120◆tC1gMIWp2k2014/06/17(火) 22:33:14 ID:4ZZCj1A6


                !       i
            ,L. __    /'
            Y´ ̄二 /〉
             |       /!
            |    ./ 」!
                l       !l
               |        |ム
             │     | ∧
                 !      |'/∧
                 |        ! /L_
                |        l / ̄〉
               |       |  /∧
              |     /`i ′,∧
             |L... _     │ /'/∧.
                  「 ̄ `   /  ′/ ∧.
               |..__ , /〕、   _」.
             / ̄ `   ̄|    ̄ ,〉
                ∠.. _     /!-‐=ニ />.. ザッ
          ∠ ̄   ̄二ニ、 厶-、 , '/ 〉     ザッ
       r‐=≦ ̄ `      ∨   //`ー'´
       iL.. ____r‐=iニニ」二ニ´/'

121本棚のやる夫さん2014/06/17(火) 22:33:28 ID:5yUYZB.M
指輪が気になるなー

122◆tC1gMIWp2k2014/06/17(火) 22:33:53 ID:4ZZCj1A6


               !       i   i
            ,L. __    /'  /'
            Y´ ̄二 /〉 /〉
            |       /!   /!
            |    ./ 」./ 」
               l       !    !
              |        |    |
            │       .|   |
                !      |   |
                |        !    !
               |        l    l
              |       |    |
             |     /`i ./`i
             |L... _    │  .|
                 「 ̄ `   /   /
              |..__ , /〕、 〕、
             / ̄ `   ̄|  |
                ∠.. _     /!. /!.
          ∠ ̄   ̄二ニ、 厶、 厶
       r‐=≦ ̄ `      ∨  ∨  ザッ・・・
       iL.. ____r‐=iニニ」=iニニ」
          `  ̄ ̄ ̄ ̄

123◆tC1gMIWp2k2014/06/17(火) 22:34:38 ID:4ZZCj1A6

―魔力は、それ以上の高い【魔】によって打ち消された!!



                  , -‐ ´ ̄` ‐- .
               ,. ‐´           `ヽ、        ・・・・・・・初めて・・・初めての1歩だお。
              /: : : : : : : : : : : : : : : : :    'ハ
             /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :    ハ      これが、やる夫のこの世界で生き抜く、初めの1歩なんだ。
            ./ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :      ハ
           /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :      ヘ
           .i: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :     ヘ
           | : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :     .}
           i  : : : : : : : : : : : : : : : 、. : : : : _    /
           ,.-'´ ̄ ̄`''' : : : : : : : : : : : ` ̄    ̄`'ヽ'
         /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :     ヽ,
        /: : : : : , : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :      ハ
       ,i: : : : : |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 、: : : :    ハ
     /´: : : : : : }: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ: : :      ハ
    /: : : : : : : : i': : : : : : : 〃: : : : : : : : : : : :   ヽ、: : :      i、
   /': : : : : : :   i: : : : : : : '": : : : : : : : : : : : :   ヘ: : : :     ハ
   / : : : : : :  i : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :     ヘ : : : :     ハ
 ノ' : : : : : :  /i : : : : : : : : : : : : : : : : : :       ヘ: : : : : :    ハ

124◆tC1gMIWp2k2014/06/17(火) 22:35:17 ID:4ZZCj1A6



               ,  - ──  、
               /         \     なんだろ、ちょっとだけ気が抜けた感じがするお。
               /      ー- 、    ヽ
            /ノ          し   |    さっきがさっきだったからかなぁ。
             |      (ー‐)      |
             |( ● )     〃    l    なんつーか、しまらねーのがやる夫らしいお。
             |〃      ,      /
          , ヘ   (_ノ`ー'      /
           ,/   >-ヘ-ー―   <_
      ,.. '´   /ー:::'7.  |o   ,/::::/ ̄\
    r'"     ィ    /│  |   /:::::/  〃⌒ヽ、
    |    / |   / .|  |o /:::::/  /     \
    ゝ--<!  l  /::::::: ̄ ̄ ̄:::::/   l        ヽ
        ヽ__>-/::::::::::::::::::::::::::::::|   |         ノ


感動がある、やり遂げたという想いもある。だけど、どこか変な感じだなぁ、と自分は軽く笑ってしまった。

125◆tC1gMIWp2k2014/06/17(火) 22:35:55 ID:4ZZCj1A6



           --─────--、、
         /               \        でも、でも・・・やる夫はやれたんだ。
        /                \
      /   ,.-‐-、      ,.-‐-、    \     あの地獄の日々から頑張って、一人で頑張って・・・
     /                          \
   /     / '⌒`ヽ     / '⌒`ヽ        \  ここから出られるようになったんだなぁ。
  │      ヽ.   ,)     ヽ.    ,)        l
   |     !/// (____人____)/////         |  やっぱり、嬉しいお。
  │        ヽ      ,)            l
   \         |,/⌒'⌒ヽ|          /
     \        l     j          /
      /       `ー--‐''´       "´ \

126◆tC1gMIWp2k2014/06/17(火) 22:36:36 ID:4ZZCj1A6



        ___
     /      \       おぉ、やっぱり森と違って空気の味が違う気がするお。
   /⌒   ⌒   \
  /(● ) (● )   \    なんか、さわやかな感じがする。
  | ⌒(__人__)⌒      |
  \   `⌒ ´     /
    /            ⌒ヽ
  / _        /  |
  '、__ヽ (  ̄ ̄ _/
  /   \  / ̄ ̄ヽ  .|
  |   、   |      |
  、   \__|    | /
   \_  |  | _ /~´
   (__/  (__)


すぐ近くの草むらに座り、静かに深呼吸する。

森の中の空気とここの空気は自分でもよく分かるほど変わっていた。

127本棚のやる夫さん2014/06/17(火) 22:37:04 ID:rwwXq/kA
森脱出!
森脱出!
森脱出!

128◆tC1gMIWp2k2014/06/17(火) 22:37:26 ID:4ZZCj1A6



          . -─‐- 、
      /        \      いよっし! ちょっとその辺走り回って見るかお!
     / ̄       ̄   ヽ.
      / >    <     ハ,4L_  今やる夫は風になるおっ!
     :  (_ , 、 _)      ノ  /
     ゝ.  `ー'    _ <  /
      >,ー一 ""   ,/
   , <´ /         /
   1  _ イ        |
     ̄_i          ∧
     .´              `ー-.
    i     r‐- -‐、       i
    ゝ、_i      `ー─一'


自分でも笑えるくらいにはしゃぎ回った。

角ウサギもハウンドも今のところ近くには居なかったので、息が切れるまで周りをぐるぐると走り回った。

129本棚のやる夫さん2014/06/17(火) 22:37:44 ID:5yUYZB.M
自力脱出に成功か、感慨深いものがあるな

130本棚のやる夫さん2014/06/17(火) 22:38:34 ID:rwwXq/kA
嫌な予感が・・・

131◆tC1gMIWp2k2014/06/17(火) 22:39:03 ID:4ZZCj1A6

―10分後



      γ⌒) ))
      / ⊃__             いやー、こんなにはしゃいだのっていつ以来だろっ!
   〃/ / ⌒  ⌒\
  γ⌒)( ⌒)  (⌒) \ ∩⌒)     すっごく気分がすっきりしたおっ!
 / _ノ :::⌒(__人__)⌒ 〃/ ノ
(  <|  |   |r┬(    / / ))
( \ ヽ \ _`ー‐'  /( ⌒)
               / /



         ,.-、
.        /゙(_ )、       ___
.        ( _ノ" i     /       \      でも、やっぱり見渡した限りじゃ村どころか道もなかったなぁ。
         ゝ、 〈  /   ―   ― \
      ,〃 ヘ   ト/   ( ●) ( ●) ヽ   森を出て人の住む場所を探すなら食料も水も結構必要になりそうだおね。
      7 , 弋 │     (__人__)   |
     i !  \ \        し′   /
     ヽ ゝ、   .>         _/
.        `>`- ,_   ,.-、       \
.         〈       ̄  ´)       |   ハ
          ゝ--― -、__.ノ        |>  !
           |        /`''" _/
            |        `く__, ィ"


見渡すかぎり草と花しか見えなかった。かなり遠くには山も見えるが徒歩だと何時つけるかわからない位だ。

流石にすぐさま脱出するのは難しいだろうと、この後のことを考える。

精神の昂ぶりも落ち着いてきたので、改めてこれからどうしようかと計画をたてることにしようと思う。

132本棚のやる夫さん2014/06/17(火) 22:40:28 ID:5yUYZB.M
やっぱない夫たちが来るまでは待っといた方がいいな
事情を説明して遺品を渡せば、街まで送るくらいはしてくれるだろう

133◆tC1gMIWp2k2014/06/17(火) 22:40:32 ID:4ZZCj1A6



             , -──-- 、
            /        ヽ         よし、一度帰ろう。
         /            \
         ./      ̄    ̄   ヽ      今日はもう遅いし、明日からどうするか考えないと。
          .|      (● )   (● ) |
         .\       (__人__)   /      【知】も上がったし、新しい魔法も覚えられるから覚えておかないと。
       , -‐`            イ、
.      /               ヽ、     もう少し世話になるお。迷いの森にやる夫の隠れ家。
     ../                   、  ヽ
    .../               .!    .',
    /                     ト、   ',
    ,'     ,イ              | .ヽ、  ',
.   i    ./ i                !   ヽ  ヽ
.   !   !  }                ',  { 、  .ノ
.    !   ! /               \  ` ̄
.    i   .ヽ/          ,、      ヽ
.    {   ュ,}        ./ .ヽ      ヽ
    ゝ=='       /   ヽ      \


ゆっくりと今の自分の隠れ家に戻ることにした。

焦る必要は完全になくなったのだから、これからやることはゆっくり考えよう。

134◆tC1gMIWp2k2014/06/17(火) 22:42:08 ID:4ZZCj1A6


―やる夫帰宅中

―エンカウント無し


―丈夫な蔓を手に入れた
―丈夫な蔓を手に入れた
―丈夫な蔓を手に入れた
―丈夫な蔓を手に入れた
―頑丈な蔓を手に入れた
―小動物の肉を手に入れた

135◆tC1gMIWp2k2014/06/17(火) 22:42:32 ID:4ZZCj1A6

: \/´: : : :\: : : : : : : : :.`Y´: : : : : : :;/ : : : :\/: :.ヽ; : : : : : : |: : : : : :/ : : :∨: : : : : /
: : /: : :-‐ : : ∠二>、: : : : :;} : -、: : : 八: : -‐' :1: : : : \ー-、/: : : :;/: : : : : ;〉: :-―|
-┴‐- 、_;_;_/: : : : : ;_;_ゝ- く: : : : : :.;ァー'-- 、: ;〈: : : -=: :{: : : :|-‐ ''"\ : r‐ '"\ー: : :|
: : : : :;/:〉: :.ヽr――|:_;;...-┴-‐ ''":::::::::::::::::└‐'-、_;_;_;_;_;〉: ;ノ: : : : : : :〉┤: :、: :;/\r勹
: :_; -:.V: : : /:.:.:.:.;/´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::` ̄\: : : :;/: : :\_/|_;_;」-〈_
;_;_;_;_; ' -‐ ''"7´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: `ー┴-、_; : /: :./|: : : : : :.ヽ
: : : : \: : :、:.:.:{::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}': : /:.:|_;_; : : : : :}
: : :_; : :ノ: := :Y´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::rァ'、: :〈:;rイ: : `ー‐く
―‐-く : : : :/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/: : : :ヽノ∨: : ‐-: : :_;〉
: : : : : :.\:《::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈: : : : : :|: : :\: : : : :〈
: : : -、 : :|:.:ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r1: : : ;ノ: : : : :/|: : :┌|
\: : : : :/:.:.:.:;〉:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::, イ : :\:.:{: : : : : ∨\ノ{
. : ;〉-‐ ' '"∨ー- 、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_,,.. .-‐'".:/. : : : :;|/ヽ、_;/: :-、:\|
レ'.: : : : : :〈: : : : 、;〉:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r-―<´: : : : : : ;/. : -: : ;八: : :.\: : : : : : : 〉
゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"

136本棚のやる夫さん2014/06/17(火) 22:43:26 ID:PDm9F4SU
死亡フラグは回避したか

137◆tC1gMIWp2k2014/06/17(火) 22:43:55 ID:4ZZCj1A6



              ____
             /        \   人     新しい魔法を覚え・・・【翻訳】っ!?
            /           \   て
            / \     _/      \      やばい、こんな魔法があるって事は言葉が普通に通じないことを
            |  (●)   (●)      | 
.           \  (__人__)  u.   /      覚悟しなきゃならんお。
           /  `⌒ ´       \
      彡三三ミY彡三三ミ\--、    |
       \    \\    \E |    ノ


―解読成功 【生活魔法の書】【完全読破】
―解読成功 【火炎魔法の書】【5割読破】【必要知:15】

―必要【魔】到達

―魔法取得

■所持魔法
【翻訳】MP:3
相手と自分の言葉を翻訳する。効果は24時間有効、但し著しくお互いの種別が違う存在の場合効果が無い時がある。

【念話】MP:1
遠くに居ても会話することが可能になる。お互いに【念話】を習得ずみで一度でも会話した場合【魔】×50キロまで会話が届く。 
相手が【念話】を取得してなくても会話できるが、その場合此方の声しか伝えることが出来ない。

【消炎】MP:2 効果:消火
目視範囲内の自分が発生させた火魔法を消火する。但し、これによって消せるのは魔法の火だけであり
燃え移った火は消すことが出来ない。

【炎与】MP:2 効果:火炎付与 威力:【魔】
対象の武器に【魔】分間の間、魔法の炎を付与する。攻撃力が上がり、属性が【武器の属性+火】に変化する。

138本棚のやる夫さん2014/06/17(火) 22:45:10 ID:iB8rIq3w
便利なの覚えたな

139◆tC1gMIWp2k2014/06/17(火) 22:45:43 ID:4ZZCj1A6



        ____
     /     \        生活魔法の極みだなぁ・・・【念話】とか。
    /  ─    ─\
  /    (●) (●) \     確かに上級編だおね、使う相手も居ないから凄く切ないけど。
  |       (__人__)    |
  \        |\  / /|
  /     /⌒ノ  \/ ( )
  |      / / |       |



           ____
           /⌒  ⌒\        【消炎】!! こいつは便利だお! 上手く使えば森とかでも火炎魔法を
        /( ●)  (●)\
      /::::::⌒(__人__)⌒:::::\     有効利用できるおねっ! 普通の火は流石に消せないから気をつけないと。
       |     |r┬-|     |
       \    `,. -'"´´ ̄`ヽ
        /    (___   |
      /              |
   ( ̄                |
     ̄ ̄ ̄|               |

140◆tC1gMIWp2k2014/06/17(火) 22:47:10 ID:4ZZCj1A6



         ____
        /      \       ついに生活魔法の本を読破かぁ・・・なんか感慨深いお。
      /  ⌒  ⌒  \
    /   (⌒) (⌒)   \l⌒l  これのお陰でやる夫は今も生きてられるんだよなぁ、大事にしなきゃ。
     |      (__人__)     |`''|
    \     ` ⌒´    _/ /   
                   /



       ____
     /      \     で、なんとなく予想してたけど、火魔法の書も次は【知】15かお。
    /  ─    ─\
  /    (●)  (●) \  多分、それが中級の魔法取得に必要な最低ステータスなんだろうな。
  |       (__人__)    | 
  \   ⊂ ヽ∩     <  となるとこの世界じゃ中級魔法使いは最低でもそれだけ強いって訳かぁ。
    |  |  '、_ \ /  )
    |  |__\  “  /
    \ ___\_/

141◆tC1gMIWp2k2014/06/17(火) 22:48:16 ID:4ZZCj1A6



     ____
   /      \      とりあえず他の人にあって何かするわけじゃないし、
  /  ─   ─\
/    (●)  (●) \   そもそも魔法使いと何かあるわけじゃないから、ステータスがどうとかなんてどうでもいいか。
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  /    極めたいとか思ってるわけじゃないしなぁ・・・覚えたら便利だけど。
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /



             ____
           /      \        おとと、宝箱から出たアイテムも鑑定しておかないと。
          / ─    ─ \
        /   (●)  (●)  \     今日も今日とてやることが沢山だお。
        |      (__人__)     |
        \     ` ⌒´    ,/
       r、/          \r 、
       |:l1             l;l:|
      /|` }            { ´|ヽ
      ノ `'ソ              ゝ' `ヽ、
    /´  /               ヽ、 ヽ
    \. ィ                   个‐´
        |                  |



―【鑑定】発動

―鑑定成功

―【魔力のポーション(高級品)】
MPが50~100回復する飲み薬。ハチミツ味

―【麻痺回復のポーション(高級品)】
麻痺を回復する飲み薬。えげつない味がする。

―【小さき太陽の指輪】レアリティ:マジックアイテム
つけているだけでHPが徐々に回復する指輪、10秒毎にHP1回復

142本棚のやる夫さん2014/06/17(火) 22:49:25 ID:5yUYZB.M
おお、指輪は中々のモンだな!

143◆tC1gMIWp2k2014/06/17(火) 22:49:28 ID:4ZZCj1A6



                 __
            _..-''''゙゙゙´     ゙゙゙゙'''ー,,、        また、とんでもないもんが・・・
          ./      U       \
         , '     ___     __ .ヽ      つーかMPポーションってハチミツ味なんだ・・・ハチ居るんだ・・・
        ./    (  ●  .)  ( ● )  '.,
       /  u .    ̄ ̄ ̄     ̄ ̄   '.,
     . .,'                        .l
       l   U.    (     人    .)    .l
       .'.,        `.┬‐ ´  ` ┬ ´     .,'
     .   ' ,         ̄ ̄ ̄ ̄     / マヒカイフクハ,ドクナンジャネ?
          ゝ、               /
         /` ー――――― ‐=''' く
        /                      \
       /                    ヽ
     . /.                      ',
     /       /                i   l
.    /      |                |   |
    |      |                   |   |

144本棚のやる夫さん2014/06/17(火) 22:50:10 ID:iB8rIq3w
指輪がすげえ!

145◆tC1gMIWp2k2014/06/17(火) 22:50:21 ID:4ZZCj1A6



            ____
         ,. -'"´      `¨ー 、       これで全部終了だお。
         /             \
      /                ',     かなり時間たったなぁ、外がもう真っ暗だ。
     ./     , -‐、     _,, -‐、  ',
     l    /   `'    ´     .l
     l      ,==ミヽ   ,ソ==ミ    .l
     .',   U   ,      ヽ     /
        \       l   人   l   /`ヽ
     /  `ー、    `ー´_`ー' ‐'    ',
    ./                     l



                 ,,.: ''''""~""'''‐..
               /          \       さて・・・・・・・これからどうするか、だおね。
              / _,ノ   ~'‐-      \
                 / (=== .)  (===  . )      `、    森はもう何時でも抜け出せる、食料はある程度でいいけど。
             /´:.:.:.:. :    :.:.:.:.:.:. :         ',
              i   (  人   )   u     .',   問題は水かぁ、進む先に川とかあるとは思うけど。
             !   ~'''´⌒`'''' ´            |
             , -─:、                ,.'   メモ帳の人も来たんだし、多分近くにあると思いたいなぁ・・・
.             / ヽ ヽ }               ./
.           / 、ヽ } ノ'      -----‐‐‐'''"~ \
.          ,'  し'ー' ,'                     `、
          l{   ノ ノ             |         ',
.         /    /            |       |
        /     /                   |       |

146本棚のやる夫さん2014/06/17(火) 22:50:33 ID:PDm9F4SU
自動回復の指輪は本当にありがたいな

147◆tC1gMIWp2k2014/06/17(火) 22:51:38 ID:4ZZCj1A6




                      __
                 _.. -''''゙゙゙´    ゙゙゙゙'''ー,,、
              _..-'″             `゙'-、、            どうするか・・・
            /                    `''-、
          /                          \         このまま安定するまで森にいるのも良し。
         /                              \
        /                               \      水の瓶はポーション瓶を使って少し溜まった、
       ./                                  ヽ
      ./                                     ヽ    これを元手に明日、明後日森を出るのも良し。
      !                                    l
     .!      `'ー ,,_                  _,,,___         !   最悪、森に住むのも選択肢の一つ、か。
     |     -.、   `''ー ..,、        ....ーー''"´   ._,-         !
     l         广''┬--v-‐.        .'i-----r‐''゙]         i!
   ,..-'".l      ヽ,、.ゝ-'゙ _./         ヽ_.゙ー'" ./         ,l~ ..,,,
  ´    ヽ       .`゙゙゙゙゙./             ヾ゙゙゙゙゙゙゙          /     ゙゙'-、、
       .\       │                l              /
        .`'-、,     ゝ..____,..-ー ._____ノ        ,..-'´
           `''- ..,_ .、,__,___________..,_ .、,__, -'''"



―重要な選択肢です。


1 まだ水が心もとないし、暫くは森でハウンドを倒して水瓶を集めよう。

2 今でも節約すれば10日は持つ、明日か明後日にでも人の住む場所に向かおう。

3 今の時点で十分暮らしていけるし、いっそ森に住むかお?

安価 下2

148本棚のやる夫さん2014/06/17(火) 22:52:39 ID:Lsk9dtIs
1で
地道に行こう

149本棚のやる夫さん2014/06/17(火) 22:52:43 ID:5yUYZB.M
1かな?
ヒントが欲しいな

151本棚のやる夫さん2014/06/17(火) 22:53:34 ID:rP3mdCQk
1だな。
皮でリュックなりかばんなり作って荷物もっと持てるようにできればいいんだけど

152◆tC1gMIWp2k2014/06/17(火) 22:53:41 ID:4ZZCj1A6



          ___
         /     \        水がやっぱなぁ・・・
       /         \
     /     \ , , /  \    それにここはハウンドとウサギしか居ないけど草原にもそれだけって訳じゃないだろうし
      |      (ー)  (ー)  |
     \  u.   (__人__) ,/     最低でも1~2週間は素材集めに奔走しよう。
      ノ     ` ⌒´  \
    /´      _i⌒i⌒i⌒i┐ ヽ
    |    l  ( l / / / l
     l    l  ヽ       /


―合流ルートが確定しました

―その後の事はやる夫君次第です

―続く

154本棚のやる夫さん2014/06/17(火) 22:54:28 ID:5yUYZB.M
乙です
ない夫たちと合流か、PT入りするかどうかはともかく仲良くなれたらいいな

155◆tC1gMIWp2k2014/06/17(火) 22:54:37 ID:4ZZCj1A6


               ,  - ──  、
               /         \
               /      ー- 、    ヽ
            /ノ          し   |
             |      (ー‐)      |
             |( ● )     〃    l
             |〃      ,      /
          , ヘ   (_ノ`ー'      /
           ,/   >-ヘ-ー―   <_
      ,.. '´   /ー:::'7.  |o   ,/::::/ ̄\
    r'"     ィ    /│  |   /:::::/  〃⌒ヽ、
    |    / |   / .|  |o /:::::/  /     \
    ゝ--<!  l  /::::::: ̄ ̄ ̄:::::/   l        ヽ
        ヽ__>-/::::::::::::::::::::::::::::::|   |         ノ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【入速出やる夫】【人間:異世界人】【年齢:20】
【HP】45 【力+体×2】
【MP】42 【知+魔+精】
【力】7  【速】8  【知】10 【魔】10
【精】8  【器】7  【体】8  【運】5
【攻撃力】Fランク 
【防御力】Fランク 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■所持スキル━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■パッシヴスキル
【カードスロット:4/2】【角ウサギ:速+1】【ハウンド:HP+10】
┗モンスターなどのカードをセット出来る様になる。
【サバイバル:下級】
┗生きていくための最低限の知識を持つ。
【鑑定:下級】
┗低品質のマジックアイテムまで鑑定可能。
【解読:下級】
┗一般的な文章を読む事が可能(異世界人の場合、自分が読める言語に自動認識)
【武器防具作成:最下級】
┣ランクが上がる毎に高品質の装備を作成できるようになる(要レシピ、知識)
┗品質:粗悪品。最大耐久度:20~35
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ステータス関連スキル
【MP上昇:最下級】
┣ランクが上がる毎に最大MPが上昇する。
┗最下級:1.5倍 下級:2倍 中級:2.5倍 上級:3倍 最上級:5倍
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■戦闘技能関連スキル
【剣修練:最下級】
┣剣を使うための最低限の技術。素人よりはマシレベル
┗【速剣術:最下級】派生スキル
  ┗素人レベルの剣術、速さを活かした剣術を使用できる。
【槍修練:最下級】
┗槍を使うための最低限の技術。素人よりはマシレベル
【火魔法:下級】
┗素人レベルの火炎魔法が使用できる。
【風魔法:下級】
┗素人レベルの風魔法が使用できる。
【水魔法:最下級】
┗生活魔法レベルの水魔法が使用できる。
【土魔法:最下級】
┗生活魔法レベルの土魔法が使用できる。
【光魔法:最下級】
┗生活魔法レベルの光魔法が使用できる。
【治癒魔法:最下級】
┗生活魔法レベルの治癒魔法が使用できる。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

156◆tC1gMIWp2k2014/06/17(火) 22:55:07 ID:4ZZCj1A6

■所持魔法━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【火属性】
┣【灯火】MP:1
┃指先からマッチ並の火を起こせる。
┣【火炎】MP:2 威力:【魔】×2
┃【魔】メートルまで届く炎を指先から放射する。炎は指先を向けた方から一定時間放射される(停止は任意)
┣【火球】MP:4 威力:【魔】×4
┃手の平に30センチ台の火の球を作り出し投げつける事ができる。火力は高いが狙いは自分でつけるしかない。
┣【消炎】MP:2 効果:消火
┃目視範囲内の自分が発生させた火魔法を消火する。但し、これによって消せるのは魔法の火だけであり
┃燃え移った火は消すことが出来ない。
┣【炎与】MP:2 効果:火炎付与 威力:【魔】
┗対象の武器に【魔】分間の間、魔法の炎を付与する。攻撃力が上がり、属性が【武器の属性+火】に変化する。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【水属性】
┣【浄化】MP:1
┃バケツ1杯分の水を浄化できる。浄化した水は飲むことが出来る。
┣【清潔】MP:2
┃自分の身体の汚れや臭いを浄化し清潔な状態にする。
┗【製氷】MP:2
  バケツ1杯分の水を氷にする。綺麗な氷ならば食用も可能
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【風属性】
┣【弱風】MP:1
┃一定時間、うちわで扇ぐ程度の風を起こせる、場所指定可能。
┣【風壁】MP:2 威力:【魔】×2
┃自分の正面に風の防壁を張る。効果は10秒程度だが威力分までのダメージを軽減できる。
┣【風刃】MP:1 威力:【魔】
┃【魔】×4メートルまでの狙った場所に風の刃を放つ。威力は低いが、射程が長くと消費が少ない
┗【風縛】MP:4 効果:金縛り
  【魔】×2メートルまでの対象1体の動きを止める事が出来る。【体】か【魔】が高い相手には効果が薄い
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【土属性】
┣【活性】MP:1
┃一定距離の土が活性化する、作物栽培に適している。
┗【修繕】MP:2
  耐久度が【1】以上あるアイテムや装備を【魔】点回復する。但し最大耐久度が使用毎に[10-【魔】(最低1)]下がる。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【治癒属性】
┗【軽癒】MP:3
  擦り傷、軽い切り傷を回復する。 【魔】点分HP回復。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【光属性】
┣【明光】MP:2
┃【魔】メートルまでの任意の場所に光を放つ光球を出現させる。【魔】時間の間周囲を明るく出来る(停止任意)
┣【翻訳】MP:3
┃相手と自分の言葉を翻訳する。効果は24時間有効、但し著しくお互いの種別が違う存在の場合効果が無い時がある。
┣【念話】MP:1
┃遠くに居ても会話することが可能になる。お互いに【念話】を習得ずみで一度でも会話した場合【魔】×50キロまで会話が届く。 
┗相手が【念話】を取得してなくても会話できるが、その場合此方の声しか伝えることが出来ない。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■所持特技
【速剣術】
┣【先手】HP:1
┃戦闘開始時のみ使用可能、このターンのみ【速】を+5する 最優先特技。
┗【強突】HP:3
  強力な突き、速剣の基本技。威力に【速】を追加する。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

157本棚のやる夫さん2014/06/17(火) 22:55:33 ID:rwwXq/kA


2がちょっと怖かったな

158◆tC1gMIWp2k2014/06/17(火) 22:55:38 ID:4ZZCj1A6

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■所持アイテム
■壊れたショートソード【50/0】攻撃:D→Z
■ナイフ【48/13】攻撃:G
■粗悪な角槍【27/27】攻撃:F
■粗悪な角槍【29/29】攻撃:F
■粗悪なレザーアーマー【23/23】防御:F
■粗悪なアームガード【20/20】防御:F
■粗悪なレッグガード【23/23】防御:F
■粗悪なレッグガード【26/26】防御:F
■【小さき太陽の指輪】レアリティ:マジックアイテム
つけているだけでHPが徐々に回復する指輪、10秒毎にHP1回復
■【防具:ラックストーン:【運】+1】 レアリティ:マジックアイテム
幸運の魔石。スロットのある防具にセットすると、装備している間【運】が1上昇。取り外し任意
■【火炎魔法の書】 レアリティ:マジックアイテム
【5割読破】【必要知:15】
■【風魔法の書(低ランク)】 レアリティ:コモンアイテム
【5割読破】【必要知:15】
■【生活魔法の書】 レアリティ:コモンアイテム
【完全読破】
■メモ帳
■ハウンドの皮×8
そこそこ柔軟性のある皮、簡単な防具を作るのに適している。
■凍らせたハウンドの肉×8
浄化した水で凍らせたハウンドの肉。焼いて食べるとそこそこ美味しい上に腐りにくい。
■ハウンドの肉×4
ハウンドの肉。焼いて食べるとそこそこ美味しい上に腐りにくい。
■角ウサギの角×23
かなり堅い角、棒の先端につけて槍などに用いる事が多い、特殊な魔力などはない。
■角ウサギの皮×11
そこそこ柔軟性のある皮、簡単な防具を作るのに適している。
■角ウサギカード
永続カード。セットしている限り【速】+1 重複不可能 
■干した肉(劣悪)×1
適切な処置をしないで干した肉、味も日持ちも悪い。
■干した魚(劣悪)×3
適切な処置をしないで干した魚、味も日持ちも悪い。
■凍らせた魚(普通)×5
川の水ごと凍らせた魚、かなり日持ちする。
■水を入れたポーション瓶×5
浄化した水を入れた瓶。
■ポーション(良品)×2
HPが10~15回復する飲み薬。ひたすらまずい
■魔力のポーション(高級品)
MPが50~100回復する飲み薬。ハチミツ味
■麻痺回復のポーション(高級品)
麻痺を回復する飲み薬。えげつない味がする。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■装備品
E 粗悪な角槍
【26/24】 攻撃:F
E 粗悪なレザーアーマー
【23/23】 防御:F
E 粗悪なアームガード
【16/16】 防御:F
E 粗悪なレッグガード
【22/19】 防御:F
E 粗悪なネックガード
【27/25】 防御:F
E 小さき太陽の指輪
10秒毎にHP1回復
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

159◆tC1gMIWp2k2014/06/17(火) 22:57:11 ID:4ZZCj1A6


       /      |        |           |   i          ‘,
     ′       :|       ハ   i      |   |           ‘,     今日の投下はこれで終了になります、閲覧有難うございました。
          |     ∧     /  }   ト、-‐… |‐- |     : .     ト、
     |: :  |    厶-ー  /   ハ   | \   |\ | `  : : .    !⌒\  楽しんでもらえたら嬉しいです。
     | : : ∧ /′  ゚。  ′ /   \{    \{   }ハ   : : :}l :  | 
: .    |: : {/  |    \{      \ァ竓竿ミメ、 ;  : : 八:  |{     私も沢山のレスがあって、嬉しかったです(喜
: :    |: : :|  Ⅵ ,斗=ミ             んィ ハ Y |  .: :∧  八
: : .、 八.:.:.|   xfんィハ             { V⌒'リ } | . :/  }/
: : : \   ヽ{ 〃 {  V⌒             乂:....:ン  ,   , }  \
: : : :  \ ゚。{{  V:........:リ               厶イノ     ヽ
: : : : .   \{゙  ー-‐ '             iハハ/   :        ゚。
: : : :     ト、   ハVハ/i       '            : .    |
: :l|:     |,ハ                ,       人: .     ト、
.:八      |ー-ヘ           ー-           / : : : .   } \  }
′ ゚。    |\ 个: .                    . : :/ } : : : /  /    }ノ
    \  |  Ⅵ\ >             . イ: : / ノイ : /}/
     \{   リ  }ハ {\≧=‐-  ‐</^ V   }/
      \   /  } ノ   ー-=ミ__ ィ     :ト、
                /        | | |        ー-  .,,__
 __,.  -‐…     ´        | | |

160本棚のやる夫さん2014/06/17(火) 22:58:08 ID:Lsk9dtIs
乙!今日も面白かったわ
安価あったけど満場一致の1でなんかワロタ
でも実際このやる夫だったら安価無くても1を選択した気がする
背面から宝箱開けたり、一旦森の拠点に戻ったり、
自分に考えられる限り慎重な手を打ってる所がすごく好き
こういう奴が生き延びるんだ

161本棚のやる夫さん2014/06/17(火) 22:58:20 ID:PDm9F4SU
乙でしたー 次でやらない夫達と合流するのかな?

162◆tC1gMIWp2k2014/06/17(火) 22:59:15 ID:4ZZCj1A6



ネタバレ
各選択肢


選択肢2
          ___
         /     \     決めたおっ! こういう時って安心して森にいると絶対なにかありそうだっ!
       /   \ , , /\
     /    (●)  (●) \  食べ物も水も最低限は既に確保してる。早めに草原に向かって移動するおっ!
      |       (__人__)   |
     \      ` ⌒ ´  ,/   目指せ人のいる村か町!!
      ノ          \
    /´      _i⌒i⌒i⌒i┐ ヽ
    |    l  ( l / / / l
     l    l  ヽ       /


―ソロルート(一時的)が確定しました

―その後の事はやる夫君次第です

―続く



選択肢3

                     ____
                  ,.  ´       `  .、     まぁ、流石に冗談だけど暫くはここにいるのもいいかもかなぁ。
                  /             \
                /                    ‘,   まだ上手く人と話せる気がしないし、もう少し森に居よう・・・
              ′                     ‘,
                l   \                  l  はぁ・・・ゴールが見えたのにやる夫って何やってんだか。
                |  (リt\,_   !、,__、    l
            、 U '‐ー´     リッ ノ    ,
             / \   l   人   l       /
          /    ` -`ー´_`ー´   , ー´\
            l                         \




―森の賢者(?)ルートが確定しました

―その後の事はやる夫君次第です

―続く

163本棚のやる夫さん2014/06/17(火) 23:00:55 ID:iB8rIq3w

しかし、スキルやアイテム項目が多くなってきたな。
このままで大丈夫かな?

164本棚のやる夫さん2014/06/17(火) 23:01:32 ID:OhhNUces
乙津
そろそろ大根とネギとフランスパンにエンカウントするころかな

165本棚のやる夫さん2014/06/17(火) 23:01:54 ID:rrRl1JiM


やっぱり森の賢者かwww

166本棚のやる夫さん2014/06/17(火) 23:02:50 ID:rP3mdCQk

3は最終的に森出るならいいけど、出ない場合、冬になったら生活維持できなさそうだからねぇ
季節変化あるかどうかしらないけど。

167◆tC1gMIWp2k2014/06/17(火) 23:03:34 ID:4ZZCj1A6


                .   ´ ̄ ̄ ̄`  、
          /    ,  '⌒     ´ ̄`丶         安価の参加、皆さん有難うございました、次は成長方向での選択肢が近い内にありますので
                /            ヽ
          /     ,                        その時はまた参加してもらえると嬉しいです。
       ′  /            /   !       ‘,
            . ′       ′  / | i | i   i
      ,   ノイ     厶 ‐ / 八{ ト、{‐- |   ‘,    ステータスやアイテム欄、もっとスマートな書き方あればなぁ、と思います(汗
        ′   |    i´/ | / j/  乂 ヽ |   i .
      /  / }|     Ⅳ  Ⅳ /      Ⅵ  !ト ゝ    私だとこのへんが限界で(汗
.     /  / j八    |  x≠ミ    x=ミ i   八
    /   ′ { (ヽ   |             ハ/
.    ′! j   \ゞ\{           '   ′‘.
  八{八ハ   i   ` ーr 、    ー    /   !|
       \{\  i |__`        イ   八
           \ハ{  `   ≧=‐<  !  , ′
          _,ノ      | | 、   )ノ}/
       . <        | |  ` r __
       /´\  \      ノxへ_|  i .
.       ′   \  \    / \:ノⅣ!  ! |
      i       ヽ   \_/   i::::く  ! |

168本棚のやる夫さん2014/06/17(火) 23:04:03 ID:iB8rIq3w
ソロの方も面白そうだな
自分の力で一人ずつ仲間見つけるってのが出来そうだし

169本棚のやる夫さん2014/06/17(火) 23:10:53 ID:pBj/naPs

やっとやる夫の孤独なサバイバルが終わるのか
ていうか世界観とかも判るかな?

170本棚のやる夫さん2014/06/18(水) 00:42:06 ID:dPrwDEZ.
登場キャラ安価とかならまだしも今後のルートまで安価とはストーリー的に大丈夫なのかな
まあ1でよかったけど

関連記事



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する










ブログパーツ