君は世界を識る旅に出る 第181話


2477◆yUdwdqm0Q62020/01/08(水) 20:06:18.47 ID:uFSUKzHu

  l: : : :.||.  ┌────────────────────────┐ l!: : : : :l
  l: : : :||  │       ┏┓                        ┏┓      │ . ',: : : :..l
  l: : : ||.  │       ┗╋━━━━━━━━━━━━╋┛      │  .',: : :..:l
  l: ::. ||   │       ┏╋────────────╋┓      │  ',:.. .::l
  l:::. :ソ..  │       ┃|                  |┃      │   .':,: .:l
  l: :〈    │       ┃| 君は世界を識る旅に出る  |┃      │   .〉:.:l
  l::.:',i.   │       ┃|                  |┃      │    .i:.:.:l
  l: .: :l    │       ┗╋────────────╋┛      │    ,|::.::l
  l : : :l.   │       ┏╋━━━━━━━━━━━━╋┓      │    |:.:..:l
  l: :.:.:.|   │       ┗┛                        ┗┛      │   |:..:.:.l
  l:: :: ::|.  │                                    │  .|: :..:.l
  l: : : ::l.   └────────────────────────┘  . | : ::.:l
  l: : :.:.:|                                             |.: : : l
┌┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┐


       ――r―┐      r――r――r――r――┐       r――
     ――r―┐       r――r――r――r――r――┐      r――r――
―r――r――┐.      r――r――r――r――r――r――r――┐. />r――r――r――
 ̄ ̄ ̄フ       , '================='、 く/   '======
_,,;;;/       _'____________________`__  `、;;;,,,,,,,,
  \                                                ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   |     r――r――r――r――r――r――r――r――r――r――┐     r――r――

              ※※※開演まで今暫くお待ちください※※※





2478本棚のやる夫さん2020/01/08(水) 20:06:37.56 ID:ZlIvd/sf


2479◆yUdwdqm0Q62020/01/08(水) 20:08:41.82 ID:uFSUKzHu




              / ̄    _ -――――-   、__
            / |    /´ ̄`´ ̄ ̄ ̄ ̄` 、{   \
             | 、_/'    /∨\      ヽ    ,
            ゝ-- ´/     /´ ̄ `|    |_|  |    |
               /     |     | .|/ l |  |    |
                     __| N    _|/V∨ |  |    |
              /|   |~'''ー‐    ィ示竿㍉, |    |
              ' |   lイ气ミ、 :::::::  ∨り 〃 /!    l|
            /  | |  .!、 Vリ :,:::::::     /イノ|   l|
             _/   从И .从           ノ//|    リ
                  |//,ヽ_l八          .イ>s|   ' \
                  |/|\|z≦>s。_‘ ’ イ /_ニ|  |   ヽ
                  ヽ| /マニ=――‐┴=≦ニ‐  ̄ |  |≧s、 \
               r―\ ̄ ̄〈 (○) 〉   /|  |   }   \
                /ヽ   \_   `芥´  ._/ 人  |   ∧   j}
                  /        、{ll{_         \\  ∧   八
              /   V       `|ll|´         、 ̄  ∧    )
                /   /       |ll|          /,    ∧   ′
             /    /        .|ll|         /,    ∧

┏━━━
┃クリーブランド
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 パパの葬儀は諸々を勘案しても大々的に行う必要が有るとして……。
 この際、ママも亡くなった事にした方がいいと思う。

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 その時、クリーブランドはそう提案してきた。




2480◆yUdwdqm0Q62020/01/08(水) 20:10:20.57 ID:uFSUKzHu



                         ___
                           /       \/ ̄\
            ―_-_           '         ∧    ヽ
          //             / '   /V\    ∧    l
         ( 'ー―― ミ      | | |-/、   ×´ !. ∧     |
          ̄ ̄ ̄ ̄) )      | | | |_   _V |   |\   |
                (\       | | | |rリ   ´ヒ'| | || 丶 !
             \\、     | | |/   、   И / ,!   | |
              ._厂ヽ_)\     |、| |、  r ュ   _|/ /|  | |
               「 l ⊂ニ(ニニ}.   | \_|_≧=―=≦ イ / l!   | |
             .八_ヽンニニ-リ.   |  〔 ̄ 乂|乂  ̄〕' .|  | /
                   ̄7=‐"|-―┴'´〈 \_ | _/ 〉―――― ミ

┏━━━
┃クリーブランド
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ママの事をエレメント・ドールだって知ってる人は殆ど居ない。
 ……ほぼ不老だって事も。



                              ___
                                ´  ̄ ̄ ` 、`
                                       \ ヽ
                                -―‐-ヽ :}
                              ///    V 、
                                ,  ,  / //| !i  |i ヽヽ
                           /  /  ' // メ | :! ノ| ∧`、
                           , /^i   |:f'了k レ| 从 !: ', `、
                            / /l |   |  ヒタ   レィrァ |:| l | !
                         / 〃/`|  !     、ゞ'l 从| }ノ'
                          ,  ///_|_|   |、   ‐  .ィ |ノ.ノ'
       \                 /./__/_,} !   ! ≧==≦:|  || |
        丶 ` ‐-    ___彡 /∠㌢¨`ー|   || }__,// 〉  |从
          ニ=--‐        /∠㌢     人  ! /  | トf | |
                        ∠㌢   ,     ヽ/  :| | {ヽ ./
     //              ∠㌢    /ノ   /   |{ ‘,}/
       /  // /   ∠㌢     /     /   | } }
    ///  // /   ∠㌢     / |     / r‐- , | ' '
.   /// ./ / /  .ィ升㌢    ./  }     ヽ `二 才/./
   i// , / ./ /xi〔二㌢    .///「    .,   .|i|  , ,:|
     / / /xi〔ニニ㌢    , ,  >'     ′ |i|    ,'::!
    |/ / ri〔ニニニ㌢     / /./        ,   |i|  , :{: {
    |  { {>―‐┘ .    /|//          ′  |i|  ′:!:::V
     | | >―――- ミ ヽ /| | ,〉‐-    .,_  {    |i|  |  !:::::V

┏━━━
┃スグリ
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 このまま皆と一緒に生活するのは無理が有るって事か。



2481◆yUdwdqm0Q62020/01/08(水) 20:12:36.55 ID:uFSUKzHu



                      __
           >''" ¨¨¨ ー- 、 l=!
        _、‐''゛          \ノ⌒Y
      /   /      ヽr   丶 l
          /                マ
     /  /         ∧/l    丶 `、
       / /     /l  /"⌒! l    V ',
    l  ///   / /ー-l !   } ! l   ! !
    i  〃 /   / /  l ハ l   ハ ∧ l  ‘ l
      l イ l  /l/__ リ   /___从   l l i
   '   Y V  ∥(/し/)    /(し/) リ  八l/
   八 人 -マ  !     ///    lイ/ \
  ' 〃   > ∨s。             ノ  \ ヽ
 / /  /イ/∧个 ≧=- ⌒ -=≦个    ヽ {
ノ /!  / /l \Λ、 ``¨¨T~´/ /7ヽ !   __ノ ノ
}/八   |  ヽl `ー‐乂!フ   ゞ } ヽ    ̄

┏━━━
┃クリーブランド
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 パパとママはほぼ同時期に亡くなった扱いにする。
 そしてママは隠された存在として、一部の人間にだけ存在を知らせる事にする。
 ……それがいいと思う。



2482◆yUdwdqm0Q62020/01/08(水) 20:13:55.21 ID:uFSUKzHu



                                   _|::|:::i|::||__                       |:::::| | ::::|:::::::::::::::|::::
                                     |:|::|:::i|::|ニi|      ハ             |:::::| | ::::|:::::::::::::::|:::::
   __                               |:|::|:::i|::| | |      /:||             \|_|:::: |:::::::::::::::|:::::
  √ヽ〉                             |:|::|:::i|::| | |      ||:||     ∠つ           |:::::: :|:::::::::::::::|:::::
   ̄ ̄ r‐ _                          _.|:|::|:::i|::|_| |      ||:||               |:::::: :|:::::::::::::::|:::::
      └ _〕                          |::::|::|:::i|::|_| |_     ||:リ             |T丁::i|iii|iiiiiii:: |::::
                 √ハ             |::::|::|:::i|::|_|_| |     川              |」:::|:::::|iii|ii|iii|:::|::::
                   ̄    只     |〕   |::::|::|:::i|::|_| |_|  /| /::|::|                  |三三|iii|ii|iii|:::|二
                         ゚ ' √|    |::::|::|:::i|::|_| | | /i| | |:::|∧ I               |二二|iii|::|iii|:::|二
ⅰ                _, ⅰ    _  」: :|   _|::::|::|:::i|::|_| |_| |:|| | |:::|:::::∨:〕        ⅱ    |三三|iii|::|:::|:::|二
ⅱ                /|::|::〕ⅱ    /ニ|  |:::::|  .|:|::::|::|:::i|::|_| |_l__| || | |:::|::::::||:::|  ⅱ    |:VV:|  |二二|iii|::|:::|:::|二
/:∨L I     I I   ┌j|::|::|〔 〔:〕_ {iニロ|  |:::::|i  _|:|::::|::|:::i|::|_| |_l__| || |イ:::|::::::||:∧  八   i| |:::|::|  |三三|iii|::|:::|:::|二
::::::|:::::YYーーー√√「 ̄乂|::|::|::|丁丁::|‐|:::::::|ー'´::::_」L| |:\__|ィ'i|::|_| |_|_||_|| |_|:::|::::::||:::::|‐┴┴--弌|:::|::|ュ/|二二|:::|::|:::|:::|二
口巾卩叩口巾卩叩匝口⊥|⊥|⊥⊥┴==rェfT「|_|」L ‐。s1::|::|::|_| |_|_||_|| | |斗-┴-ミ``''iTTTTT|:::|::|.|:::|三三|:::|::|:::|:::|二
Lニ=‐─…宀冖''二 ̄r┬=Ti二l|丁i|─||‐||_」L ┘_ 。s1|:||:||::|\|::|_|_|_|_||_||_|_|_,、-─┴-弌二二ア´ ̄|:::|二二|:::|::|:::|:::|二
|:|ZZユニ|:|二「-|:|TT_|:|┼‐:|| ̄||_」⊥ - ''`_,。o1|_||:|||||:||:||」LL二//lニTニ||ニムマ≧s。.,_,.。sへ::::/::::::: :::|:::|三三|:::|::|:::|:::|二
|:|叩巾=_| ̄ | ̄| ̄:| |:|┴_⊥‐ ¨ _。s1:|「「||:|「「|:|丁丁「「√ ̄_,|/¨¨¨| ̄|::: :::|`r‐┬‐┬‐┬弌|ー- ___|:::|二二|:::|::|:::|:::|二
TTT| ̄|:|iiiiiii|」L! -┴  ̄_  ┐「∠ニ|:|ニT|:|ニ|:| ̄ ̄ ̄ ̄_。s≦| ̄ ゙̄|]]]]]]]]]]]|─|二二Tニニi|::|i|:::|iii|::|:::|三三|:::|::|:::|:::|二
二」└   ̄::::::::::::::::。s≦「 | |:|丁丁||:||二二| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|ΞΞ|ロロロロ|]]]]]]]]]]]|√ ̄ ̄ ̄ ̄ |::|i|:::|iii|::|:::|二二|:::|::|:::|:::|二

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 【太父】【大母】の葬儀は盛大に行われ――
 そして私は陰ながら助言を行う影の権力者となっていった。



2483本棚のやる夫さん2020/01/08(水) 20:15:39.47 ID:ZlIvd/sf
これでもう気楽、…でもないか

2484◆yUdwdqm0Q62020/01/08(水) 20:16:02.59 ID:uFSUKzHu


:::::::::::::::::::::::::乂__ノ_________________ノ  |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    _,.。o≦ ∨:::::|: |: : : : : : : : : :|: : : : : : : : : : : : :
:::::::::::::::::: :: ::::{Y⌒}  ̄ =- ,_¨Tニニニニニニノ>< ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:>≦  _,,。o≦∨ |: |-──   ̄  ┬-  _: : : :
二二二二二乂_ノ__          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ / ̄:|``''ー───=≦⌒ ̄ ̄ ̄ ̄ =-\|:_|:_::::::::::::::::::::::::::::::/: : : : : :  ̄
:::::::::::::::::::::::::: ::::(:::)) ̄ =-  __         / /| |         |┬┬┬=≦ニ=-  __: : : : :  ̄ ̄`ヽ::::/: : : : : :
二二二二二二二≧s。..,,______ ̄ ̄ ̄ ̄_/  | |         |二二二二二二二二二: : ::_:_:_:_:_:イニニニニニニ
⌒\ /{/´: : : : `ヽ: : }=- ..,,__ ̄ ̄ ̄ ̄ ___ノ..┬ーーーー┬‐八乂_     ノ┬fT丁「___ノノ  :|: : : :>''´ ム ̄
⌒\/::乂:_:_:_:_:_:_ノ,,ノ::|   :|,ィ´/ ̄~| ̄¨:| ̄| ̄|===|      .:| :| |   | ̄ ̄ |¨|  (ィ⌒ヽ   ヽ :|: : :〈。o≦ニム:::::::
⌒Y:::〉:::/::/ヽ:ヽ/} }¨゚|   :| { j|    |   | ̄ ̄ノニニ「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|⊥_|   |     | :|  {::::::::::',    /  |: : : ∨ニニニニム::::::
==/:/⌒}:::} ∧:∨:} } |__,|_,∨|__|ーー'⌒ヽ「_l|ニニニニニニニニニニニニ|ァ⌒刈__|´|___'.::::::::::} /_|  |__∨ニニニニム::::
  乂__ノノ{\ }::} } } ̄ヽ:: ::}┴─| \ ̄ヽ⌒ヽv┴─r ァ'´ ̄`ヽ‐┬rイ(_ノ/: : /: : : : :/:/ゝ __ノ'´: : :_二二 ─ ∨>''":::::\
//,.//{::{ ヽヽ ̄¨| |: : ::| ̄ ̄|¨¨´ヽ \ \ー{{___ノ/     ∨| /`ー〔]〔]_|: : : : //: : : :/: : :/: : ,. -─…‐ \__
////:l ̄ ̄| |  | | ::: ノ´ ̄>r‐'´:|\ \_ヽ_  }      f二「「」 ̄ ̄|ニf⌒ヽ:::f⌒ヽ ̄ / /: : : :, -‐…‐、\_
/| ̄ ̄:|   |_|‐‐ノY´ ̄`ヽ¨´: |: : :::| ̄.:|=l| ̄ ̄ ̄ }/       ∨ゝ‐/7:_,∧\ ̄\ゝ__ノ:γ⌒Y´x≠ミ:_/::::::/ ̄::::\\ ̄
\|  __,| r:、|\ ̄`:|¨¨¨´:|: : : |:_:_:└─|、||::::::::::::::::/      r‐‐f二二フ:::}V∧_>'´/〉:_  ̄`ヽ/:/:::::::/:/^Y`'ィ<⌒ヽ:::\
\\//⌒7//::::::>'´|: : : : :|:_:_:_|\ヽ'⌒\≧=_==={ ̄〕,----、〕 ̄ }乂_ノ::/-V∧ ̄//:_:_} ̄`ヽ `{::::::://:::::::/: /:::}: `丶、〉\
\>、|_|::: /‐'ヽ| ̄: : : |: : : : :|ニニア⌒ヽ\//´  /\乂___ノ  /ヽ  ̄`ヽ ̄ ̄ ̄ヽ\\/:::\`¨/〉{::::::/: /:::/: : : : : :}`ヽ
ニニ|`¨¨: :::¨¨´|: : : : : |:_:_:_:_:|_)' { ̄|ア⌒У    ハ  / ̄ ̄ ̄ 〈  ハ     \ ̄ ̄¨\\\ / ∨/`77´-‐<: : : : : /: ::/
ニニ| : : : : : : ::::|: : : : : |ニニニリ__ノ⌒>ニニ{     乂 7ー──‐‐〈_ノ ノ      }Σ ̄¨\\\\/__>''´: : : : : ``'' <__ノ
ニニ| : : : : : : ::::|:_:_:_:_:_|、ー<二冂二ノ /ゝ      厂 ̄ ̄ ̄:}i¨¨´      ノ_ ̄ ̄/ 〉==ァ'´ ̄\ : : : :,。o≦≧s。: :`'<
ニニ| : : : : : : :.::|ニニニニく`ー'´__|_,,|\// | ト .     .j{:::::::::: ::::::::::}i     。o<^\ ヽ/ヽー'´∠≧:。 ``'<_(::::::::::::::::::≧s。
ニニ|,. -─‐- .|ノ人 〉∧\ ̄/xヘ \ノノ'γ| |〕ト.j{:::::::::::::::::::::::::}i_,。o< ヽ 丁二ニ//\`ー──=ミs。., ノ⌒'ー,、-‐  ̄
二弋     ノ二二二二二二二アヘ \| |_,ノノ_| | |j{:::::::::::::::::::::::: :}i:==| | |´_|__|// \ /^) ̄¨xヘ、 ̄¨>‐r'´,.。o≦ ̄
// ̄厂厂\\`ー─‐'´,.---'´/,癶 \===| | j{:::::::::::::::::::::::::::::}i==| |/\___/: : : :/::/ ̄ ̄ ̄\`<____ノ'´::::::::::::::::::::

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 私が表舞台から姿を消して、復活した人類はいよいよ独自路線を歩み始めた。

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ・復興度 【1D100:1】

 ・人口増加 【1D100:90】

 ・技術発展 【1D100:20】




2485本棚のやる夫さん2020/01/08(水) 20:16:34.03 ID:ZlIvd/sf
さてまた凄い出目www

2486本棚のやる夫さん2020/01/08(水) 20:16:41.77 ID:LIRqLKa8
人ばかりが増えやがる!

2487本棚のやる夫さん2020/01/08(水) 20:16:48.60 ID:/vqVn2eJ
荒廃してる…

2488◆yUdwdqm0Q62020/01/08(水) 20:17:09.43 ID:uFSUKzHu


   O  /ヽ,          _     (_)   __       (_)__   __(_)_
  /i{  |___|       (_) .     / ヽ, __(__)  __.     /   |  { |/ |  __
  (_)  | . |        /∧    |  |./   \(__).   //|  |  | || | (__)
.  /ハ  |_|_|.        {/.∧   |___/..{_|_____|/ニニヽ ^ {_{  |/| |∧ ∧
  L//}.            ∨//.   |. |   | __. ||ニニニ|    | |    |i:i:| |...| |...|
. {__|//!      |⌒'i   V/.    | | |   | | } ||ニニニ}    | |    |i:i:| |...| |...|
  ∨/|       ,ゝ イヽ,  {.{    |_|_|_  | |// ∨// {⌒i       |...|_|...|
.⌒ヽ/{       / | . | i }.      {i  ̄i.  r=ェ Vハ. 》 イヽ,      | | | |
===┤ .       | | . | |...|       》- イ_.  {  } {{  /\{.....}        |_| |_|
   \       \!__|_|...|     {i\/^}./'-イ\.  {......||....|
     ヽ,     | _ む!     |i:i:i:i:i:i:|::::::| |::::::|  |.....||....|
    ヽ, |.      | | ! |.      |i:i:i:i;i;i;|;;;:::| |::::::|r==、_||....|     /⌒}. i⌒ヽ
.     Y⌒ヽ .   | | |.__|.     \/  }:::| |::::::|从从.. /.    ____{  ノ. {   /
___人  ハ.   | |└┘ .       |/ ̄}::::!__|::::人____ハ.,/.   /  |∨{. / {三{\
     /トェイ/^\冂         __トェェイ‐-, |::/.i   i }    / i  |  {/ . |. /  }
  |  /:..| /.  / ヽ,          / {  | /}:/ |   } |    | |  | /  |/ .   |
  |  | : | |  |  |       | i |   | | |{  |   |ノ   |__| / { .   |.   /
  |  | : | |  |  |       | | |   | | ||.....|__/⌒7!  {__{./......| .   |  /
_..|  | : | |  /  /         | | |   | | |\.|...__{i_i_/ }___.  |  /{..\___|___/
_. |   \{ | /  /          | | |   | |_| . ヽ/ i:. ト=イ : :ヽ. |. /. | | |   |
.       |三 \_/           | | |  _|__|_i.   |:. |:. |. | ___∧.| |. | |..| | |
.       |三 ゙'三=_        / ̄ ̄ヽ  } .   |:.:.|:. |. |{__}\}. |. |__|. L..| |
.       |三  ゙'三=_       |    _}  }.   |:.:.|:. |. |./\__|\      |__|
.       |三.  ゙'三=_        \__/\_|__  |:.:.|__|___||     }    __
.      _|三   ゙'三=_         \ /  \ |../!    |   /   /⌒\
.     ヒ以ノ   ヒ以ノ         /     |{_{ |.   \/     {从从i}
                         /  ヽ    |.  |.    |    ____人_____人__
         / ̄\          |   | .     |.  |.     /   /   {  }  \
.         /     }        |   | .     |.  |__イ   /  i   |  /   i }
.         |       |        |   | .     |   | | | |    |   |.  | /   | |

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 人口は、爆発的に増加した。
 人とはこんなにも地に満ち溢れるものなのかとびっくりする位に。



2489本棚のやる夫さん2020/01/08(水) 20:18:15.45 ID:lz8PPULp
これ前文明の遺産を発掘して生活するタイプの世界だ!

2490◆yUdwdqm0Q62020/01/08(水) 20:19:00.39 ID:uFSUKzHu


            :| |::::::::::::::::|  ::|:|:::::::::::::| |ノ::::::::: |:|    |:|::::::::::::::::| |:::::::: :: |:|  |::|_|   |   |      /
 ̄``ヽ、      :| |::::::::::::::::|  .:|:|:::::::ノ::j/::::_、-‐ ト|    | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄| ̄|| |::|_|_  |   |     /::::::::::::
  x=ミ \    :| |::::::::::::::::|  |¨|:| ̄::::∨::「:::::ノ::::| |    |  |: : |: : |: : |: : |  || |::|   |  |   |   _\xへ:::::
 んi:i:i:i} `.    | |::k::::::::: |  |‐|:|~|ノ⌒ナ ̄| ̄|_|    | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄| ̄|| |::|   |  |   |   |┌-ミ丶. \
 {i:i:i:i:i:i}   :.    | |::| ト:::::: |   ̄ ̄^” ̄ ̄ ̄ ̄     ^^ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~ ノ-|   |  |   |___|_」-─}ー}''"~
-乂i:i:i:ソ  }   | |::| | |::::: |;:;:: : : : : :            : : : : : :          」;:;:;:;|   | ̄~ |   |   |:::L/:::/
i:i:}  ̄/  ′ .:.::| |]]]h, ___|_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_______:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_{_:_:_:.|   |  |   |   |___/_
¨´ ,: : :.:ノ  ∧ィ| |::::::::::|: : : : : : : : : : _;:_:_: : : : : : : : : : :  : :     : : : ::::::::::::||__|  |   |  /  __>─
_;_;_/゙|ニニ㌻”//.:| |::::::::::|; : : : : :( `v:'´<> { __)'´ ̄) : : : : : : :      ;';';': : ::::;:;:::||_|   |   |/  / __/\ _
T'7 /|=ァ'’ /〈 ..:| |::::::::::|: : : : √ ノノ ノ、_人__)、 ,)¨′: : : : : :   :  vivi: : : :::::::::| ̄ ̄ ̄...|   | /  //\ /
_/_/⊥'-ー〈∧\.| |:::::::::  ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄⌒ヽ ノ |   |ノ  / ,/``ジ三
L -‐  ̄  . . \| |::::::::::::::::|   |¨¨¨¨ 丁¨[¨¨¨二 ┐¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨~|   |⌒'~<_,,,|   |_ノ __/~"/三三
:::::..    /〉 /〉 | |:::::::匚]:|   |: : : : : :| └''_¨- ”      . . : : : : : : : : : : |   |: : : :    |   |___ノ´/ ̄/三三
    _,_/::::/_/::/: .| |:::::::|:|::|::|   |  _ -'  √     〈〈〉〉     / > . : :|   |: : :,,─、 |   |   / ̄/三三三
/ ̄ /::::::;_:::::/: :.:| |:::::::|:|::|::|   |√_ - ゙| { {  ∩ ∩<ヽ/>ヘ く_ノ 〈/_,,>:|   | : < i__) ) |   | ̄ √_/三三三三
::::: : __|:::::∥::/: : : | |: :| ̄|:|::|)  | ̄: : : :| |', 乂_∪ ∪ </ / ̄>< // /:.::.|   | : } γ⌒ |   |ー √_ん三三三三
 ̄|:::| |:::::j|::::|>: : :;| |: :|_|:|::|   |: : : : :.// 乂 7  _「<//ヽ\'´ /  ̄,,|   | : } i{ 弋ク|   |‐√_,た三三三三
  |:::|/::::/|::::|. . : :i| |::::| |:|::|::|  _|: : : : //   ̄   二] </<>>',‘,// ̄n|   |::: ノ_圦_,'|   |~{ ̄:{三三三三三
\|:::::::::/└┘. . : | |::::| |:|::|;;|   |/ ̄_ ̄ ̄>ヘ..  ̄} }\>'  |  〉<( ̄ ̄ ̄ ̄)>       |   |..{ ̄:{三三三三三
``丶 ̄  / ̄ ̄/ ̄~/|   |\:\ ̄:::::<:\\ /__/   ∧  ̄  |`¨¨¨¨¨¨¨¨´|ーー─‐|   |_{ ̄:{三三三三三
`ヽ:::`,  | ̄ ̄ ̄| ̄ ̄|  |__|/:::/:::::/__>:::>:\ . . ./ ∧イ  |  i i i i i i i i |  -=二|   |j{ ̄:|三三三三三
  }::::::}.:/|___|__|/¨゙/|:::::/:::::/:::::::::/‐'⌒^'┘. . / /.:/ :|   |  i i i i i i i i |      |   |:{ ̄:|三三三三三
-'’::::/:::| ̄ ̄ ̄ ̄|:| ̄ ̄ ̄|   |二二二二二[]. . . . . . ../ / /  | . . |  i i i i i i i i |爻    |   |:{ ̄:|ニ- -
-=≦三|        |:|      |__-二二二二口 ̄ ̄ ̄ ̄〈_/_/_/ ̄ ゝ i i i i i i i ノ^^^ ̄ ̄ゝ ノ ̄ ̄
三三三三三三㌻ ̄ ̄ ̄_二────_ _ _ _ _ _ _ _             ̄
三三三三三二二二三三三二二二二- ̄       ̄  ̄  ̄  ̄  ̄ 二二二三三三三三三三三三三三三三
三三三三三三三三三三三三三三三三三三㌻_ _ _ ___‐三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 それに比べ、文明の復興はまったくと言っていい程進んでいなかった。
 増えた人間達はかつての都市やその残骸――【遺跡】へと潜り込み、生活する有様だった。



2491本棚のやる夫さん2020/01/08(水) 20:20:15.77 ID:5X2fa5ht
天才一人ではなかなか復興はせんのだなあ

2492◆yUdwdqm0Q62020/01/08(水) 20:21:18.87 ID:uFSUKzHu



                          -―-
                    /                、
                   /              _   |
                     /       . . : :⌒: : : }. 、 |
                  ゝ     . <: : /: : : : :.ハ: \
                     /: :>: : : : :/: :/:/:.:/\:\:ヽ
                      /: :/: : : /: :/: :./.::/ ―Y: :.\:.
                   . :./: :./: :/: : /:.ノ __|: : : :}ヾ
                  {: /:/{: :_彡: rf示¨   {沁 : : : :!
                  |ハ: Y. |: : : : :弋zリ   ゞ' v: :ハ
                   ヽ从ゝ|: : : : : |      `  八 |リ
                    )从 : : : : l.     。  .イ|: : |
                     ,r≦¨≧、: \≧ー≦ _ル:从
                    /ニニニニ≧、ヽ込.∧. v=ミ、_
                    }ニニニニニニ) \ヽ廴廴}ニ≧ 、
                  〈ニニニニニニ{   Y、:>...}==ミニ:.
                    寸ニニニニ=∧   .!=-≧<ム  Y}
                     {  ̄ ̄` ≪ニ≫ ⌒    |_ ―ゞ
                      八     У     ‐<    | _ rャ)
                         ―r 〈   <    \   k   \
                              ゝ彡 \     ヽ.ハ.   ヽ
                         }      ヽ. へ  ヽ.     V
                       _  _     ゝ _〉  \、    V _
                   -ァ         -=二 ) 、       -<   ヽ          -
                _ r≦二7            ̄ ̄   \ /   __ )--<     ≦    ≫
          _ r≦ニニニ 7                V /   ィ  ̄ ̄  <      ゞヽ     ≫
      _ r≦ニニニニニニ′                V \/しゝ __r-.、/   ≪       ⅹ    ≫
      /ニニニニニニニニ:{                     V  `¨   {ニ/     / ≫         ≫  /
     {ニニニニニニニニニ |                            ゞ/     /    ≫ _ ≫     /
    .ニニニニニニニニニ |                   |      ./     /       /        ./
      寸ニニニニニニニニハ                      ,      ./     /       /        ./
      \ニニニニニニニ=∧                     /-     /     /       /        ./
       \ニニニニニニニ∧                   /=∧     ≪ . /       /        ./
.          \ニニニニニニニ\              /ニニ.      ≪      /     ≫
             \ニニニニニニ=≫           /ニニ=:.          ≪  ./  ≫
             ≪ニニニニニニニ≫--r三三r≪ニニニニ |          ` ー ´
               ≪ニニニニニニニニニニニニニニニニ!
                 |::.....-=ニニニニニニニニニ=- '' ´

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 そうなってしまった最大の理由は明白だった。
 【デュナミス】――クノンがかつて見出し改良したナノマシン。
 それこそが、そうなってしまった原因だろう。



2493本棚のやる夫さん2020/01/08(水) 20:21:55.99 ID:0rOFo3MS
スレの最初期っぽい時代に

2494本棚のやる夫さん2020/01/08(水) 20:24:01.33 ID:jaGncgCC
あー、機械が作物のように取れてたいていの怪我は自然治癒するからなぁ」

2495◆yUdwdqm0Q62020/01/08(水) 20:25:21.32 ID:uFSUKzHu



      ___
     |   ヽ(二二\二二.\ ──ヽヽ
   | ̄ ̄//ヽ ヽ ヽ | |   | |γ⌒ \\
   |  / /_丿 |(二| | 二二) |丶 丿 / /
   | / /__/ ̄\ | | | |   | | __|、 \
   / |   ] 二亅// ̄ // ヽ/\ \
   l  l | ̄|──ヽ/ヽ ̄ l`ヽ   \/ヽl/\
    |  |_l ̄]|   |  / ̄/  \.   ヽ//\\
    l_/|ヽ] |≡≡| /_/ 丶   丶   \\  \/
    _|/l |/丿  丿  |_ ヾ ≡ ヾ    \〉
   /、 ヾ、/   /    | | |∴ )  )
   ヽ  /   /      | | |  /  /
  | ノ //ー¦      〃⌒ /  /
  ヽ__//、_ |        ヽ_ノ/ ー--|
   / | ー| /       lー‐、 ,--- く二ヽ
   | l_ | ̄| |        ー‐´`--- __l_l
   l ¦¦ |
    \二/

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 【デュナミス】が生み出すのは兵器は勿論の事――




            _ __ __
      -‐===f  l        ==‐-
    |         |  |77l        |
    |         |  |//|         |
    |         |  | ̄           |
    |         |= ≠ =====‐‐  ----________
    |         | |               ||          |  |
    |         | |============== ||          |  |
    |         | |               ||          |  |
    |         | |============== ||          |  |
    |         | |               ||         !   |
    |         | |============== ||          |  |
    |         | |               ||          |  |
    |         | |============== ||          |  |
    |         | |               ||          |  |
    |         l |               ||          |  |
    l_        -‐=== = = ----  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     し==‐---ャォ──====──-J

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 日用品のような生活家電までもが成形されるのだ。
 しかも、この大地にごろごろと。



2496本棚のやる夫さん2020/01/08(水) 20:26:30.29 ID:ZlIvd/sf
便利過ぎる環境

2497本棚のやる夫さん2020/01/08(水) 20:27:16.39 ID:lz8PPULp
作ろうとはならないよなあ

2498本棚のやる夫さん2020/01/08(水) 20:27:23.27 ID:LsoV+cLx
そら文明発達せんわ

2499◆yUdwdqm0Q62020/01/08(水) 20:27:38.66 ID:uFSUKzHu



                       ヽ 〈
                          __〉/}
                        |    .|                       ,.-zっ
                        |     |     r‐-‐ 、_              / Eヲ
                       |     ヽ  _ノ::__::::::`丶           /} /
                               ', ノ:/,,,_ r‐ ヽ ::::::}        /   |´
                        ヽ     {:::(三ノヾ三){:::_:/      /   ノ
            ,..-‐…‐- 、          |    ヽ:{ ,,'ー'''_ヽ l/ノ      /   /
        /           \           ハ ヽ_/ ノ!  _ /   /          _____
       /  ,.-‐─‐、- 、  ヽ     ヽ     ヽ_l!_.// ̄       /            ,イ三三三三ハ
.      { / ' ィ≦=、ゝ::\ l      |        !   /          /            /三三三三三ム
       V≧=>‐(三三ノ l:::::(ヽ!       |        \_/       /             ノ三三三三三三ム
      /::{=三|! _ヽ..,,,,,_ !:::::V      |         ,..-‐─ - 、/          (三三=-──-=三三)
`丶、   |::::`iー'〉ニノ_ィュヾ)|::::::|_     |      /::::::::::::::::::::::::::: ̄`ヽ        寸=!-(三)¨(三)‐|少'
   `丶、|::::八 〈/辻ニノ   |::::::|    ̄ 7  |     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\       (4{  ,、(,,_,,)、  .}7)
     /|:::::::/\ ー‐ '´ /:::::/    / ̄ ̄/`ヽ//´ ̄``´ ̄ ̄``ヽ:::::::::::::ヽ  /三三三=.! 〃r===ァヘ l=三三
     \|::::::|.  `ヽ_川〉'/::::/      /   / / ̄{:| 二ニ、   ,ニ二  ヽ::::::::::::! ./=三三三ニヽ ` ー '  /ニ三三
      | ::::!     |ヽ、 !:::/      /    { (ヽ .|(  共.ノ=(  共 ヽ_  | :::::::::}/三三三三三=\__/=三三ニ
.        |:::::|\   | ヽ j::/|    /     | `ー/ ` ー‐(、,,...,,,) 、_.ノ ヽ!::::::::/三三三三三三三三三三三三ニ
`ヽ     ヽ::',  \ !   !' .|  /       |   l  /  ー ''´ \   /:, -.〈三三三三三三三三三三三三三
   `ヽ、   |ヾ、  {_|\   _l/⌒ヽ      ヽ  .{  〃r───‐ァヘ  // 〃./三三三三三三三三三三三三三
.      ヽ、|     |  \{ _,.'⌒ヽ       ヽ ヽ   辷二二フ     ´_/|三三/Y⌒ヽ三三三三三三三三
        ヽ     |    |   /⌒l        ヽ \         /   |三ニ//`丶、 ',三三三三三三三ニ
         ヽ   |    |    /)⌒ ̄` ー 、_ヽ         / )`ー< ̄  .}`ヽ、    }三三三三三三三=
          |    |    ヽ     /      /   /` ー‐‐ '´ /    )   /ヽ    /三三三三三三三ニ

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 人々はそれを拾い集め、並べるだけで生活できてしまうのだ。
 人間というものは生活が満たされていれば大体満足できてしまう生き物だ。
 故に、何も発展しない。
 必要に迫られないから、何も考えない。何も生まない……。



2500◆yUdwdqm0Q62020/01/08(水) 20:29:42.12 ID:uFSUKzHu



              / ̄    _ -――――-   、__
            / |    /´ ̄`´ ̄ ̄ ̄ ̄` 、{   \
             | 、_/'    /∨\      ヽ    ,
            ゝ-- ´/     /´ ̄ `|    |_|  |    |
               /     |     | .|/ l |  |    |
                     __| N    _|/V∨ |  |    |
              /|   |~'''ー‐    ィ示竿㍉, |    |
              ' |   lイ气ミ、 :::::::  ∨り 〃 /!    l|
            /  | |  .!、 Vリ :,:::::::     /イノ|   l|
             _/   从И .从           ノ//|    リ
                  |//,ヽ_l八          .イ>s|   ' \
                  |/|\|z≦>s。_‘ ’ イ /_ニ|  |   ヽ
                  ヽ| /マニ=――‐┴=≦ニ‐  ̄ |  |≧s、 \
               r―\ ̄ ̄〈 (○) 〉   /|  |   }   \
                /ヽ   \_   `芥´  ._/ 人  |   ∧   j}
                  /        、{ll{_         \\  ∧   八
              /   V       `|ll|´         、 ̄  ∧    )
                /   /       |ll|          /,    ∧   ′
             /    /        .|ll|         /,    ∧

┏━━━
┃クリーブランド
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 これは不味いかもしらん。

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 クリーブランドもなんとか頑張って教育を浸透させようとしたが。
 【学ぶ】という概念が【娯楽】にしかなってない有様だった。
 極稀に傑出した人材が排出されるが、全体的なレベルの底上げには至らない。
 ――人間とは、必要に迫られなければ行動しない生き物なのだと痛感させられた。




2501本棚のやる夫さん2020/01/08(水) 20:32:21.34 ID:5X2fa5ht
そんな人間たちをダメなやつらだなあと思いつつ眺めて可愛がるのがシュヴィ

2502◆yUdwdqm0Q62020/01/08(水) 20:32:38.17 ID:uFSUKzHu



                   >‐ ……… <                      __
                    / /  ル从\  \            _ニ-- ─‐、ィ/ /
「l_「lr 、r 、 _         / / _____ \l  丶 _ - 、      Vニニニィi「‐ ‐'
\ニニニニニニ7             γr>::::::::::::ヽ  Ⅵ  \  \     lニニニl
  `、ニニニ/       /  人l   l /::::::::::::::::::::::! ┛┗   丶  `、     l ̄ ̄`!
   lニニニl       ′   l  l.:::::::::::::::::::::::::l ┓┏l l    ∧  V   '   |
   l   l       /     l   乂__  - ´     ! / | /,∧  V  !     i
   l   l        /込   八            イヽ  !  /, ∧   V l    |
   l   l         \  l丶 、ヽ` ̄``丶、 _  --く |   /, ∧  V l   |
   l   l      ;    }``ィi「 十       `丶、   !  !、   /, ∧  Ⅵ    l
   l   l      i    八〈    j{         》 l |\   /, ∧ {``ー‐圦
   l  _/l     乂 _/--圦   j{   __ - ‐ ¨ ̄ l |ー───‐ 「\____l
  「 ̄ /「 ̄ ̄¨¨¨¨´     _ _,,.、丶´                      l\____ノ
  l   _/}             /                        lニニ/
  lニニニ∥              ′                       l¨¨¨´ ‘,
  ` ─‐イ             l
     .′ |            l                            l
          !           l                       /         l
     i              l                    /       l
     l             ,′
                     ‘                      /        .′
     ∧           ,′
      /∧          _/                    〃           /
      /∧        √                            /
      /∧       {                    /
     / / Λ      `、               /
   j>'´ /   、      `、             /           /
 /   /     \       }             /ニ=_            /

┏━━━
┃クリーブランド
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 これじゃ文明の皮を被った原始人だっての!

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 クリーブランドがそう叫ぶのも宜なるかな。




2503◆yUdwdqm0Q62020/01/08(水) 20:35:01.10 ID:uFSUKzHu



              _  ´ ̄ ̄ ̄   、
                ´                \' ̄ ̄\
            /                ヽ    \
                 i/丶  |          ,     ヽ
          ノ         |  l|  |  |      |、    \
     ー≦     | |   |  l|⌒lヽ |      | \
        |     l '⌒| 、 |  l| / |ハ   |l  |  丶.     |
        |     l\,_| \|  l|./   / !  /ヽ.|    l\   |
        | |    .!  ┳     ┳   | / ノ ヽ   |  }  l
          И\  ll  ┃     ┃   .'イ<     、_ノ リ /
           }  ⌒(""           ""レ′.i\   \/レ'
           |    >s。 _    ―( _ イ.i.i.i.i.i.i.i.i\   \
          /   /.i.i.i.i.i.i.<¨¨i¨¨¨¨¨7-=-_.i.i.i.i.i.i.i.iヽ    ヽ
       /    /.i.i.i.i./ニ7乂|ノ  マニニ㌘\__.i.i.i.|     |
       '     /.i.i.i.i.ノ ̄_厂「\__   _ ィ´ ..........\|     /
      { /|   {/二_,.-''{:::::::{三」:::} ̄` } ............./|   l /
      l' | lヽ{'´....八__,>‐'「二=┴- _ノ........./.i.i/  /レ′
        丶|  \......../ニニィニニニニ|  _>‐<乙.イレ'
            >'::マニ/::マニニー|/::ヽ:>‐;)
               〈:::::/::::::|:::::::::::|::::::::ヽ/;;;;/
               ¨\:::::::|:::::::::::|::::::/|;;;;;ノ
                   | ̄¨¨7¨ i¨¨  |~´
                    l   /  .|    |
               /、___/   |__|
                  |:::::::/    .|:::::::::::|
              乂_ノ     弋__ノ

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 よってクリーブランドが生きている時代は、技術的発展は殆ど無かった。
 主にかつての文明の遺産を如何に使いこなすかに重点が置かれていたと言ってもいい。
 それで精一杯だった。



2504◆yUdwdqm0Q62020/01/08(水) 20:37:01.63 ID:uFSUKzHu



            ο   O     / 。
           ヽ。 O     /      ο
        ο   ヽ  。  //  O_,  。
               iヽ:''"゙゙'':.,/
     -―==ニ二 ;:     :; 二ニ=―‐‐
        。  'O   :、,. ..,::'、‐-   。
         O   //`v:: 、j  。 O_,
            //。  |   ヽ
           /    ο    O
          /

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 だが過去に存在しなかった技術が見つかった事も有る。
 新世代の子供たちの中に、不活性な【デュナミス】に一定の干渉を行える者が居る事が判明した。



2505◆yUdwdqm0Q62020/01/08(水) 20:40:32.54 ID:uFSUKzHu


                      !
                   jしイ
                       ノ: :.:廴.ィ    /{
                 / : : : : : : :そ   }/
                  ノ'⌒ヾ: : : : : 丶
                        }: : : : : : :.:ヽ }\
                  jし': : : : : : : : :.}ハ:.:.{
                 |  ノ´:⌒ヽー-ミ: : :ノし: :.し イ
                    jし' : : : j -ミ: : : : :.、:.:}: : : : : ノ
                 ノ': : : : :ノ: : : :`丶: : :ソ: : :./
                 '⌒`) /: : : : : : : : :Y´: : : /
                    _//': : : :ノ : : : : :ノし{: :.:{
              ノ /: : :/⌒ヽ : : ハ: :ノ: : :し イ
                  }: {: : : :j: : : : : :./: :ノ}: `ヽ: :.:/
             /:ハ: : :ノ: : : :./ : : /: : : :}: :′ イ
          ノし': : : : /: : : : :/: :/: : { : : : /: :し':八 .ノしイ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 発火能力・帯電能力・念動……かつて【超能力】と呼ばれたようなものが発現し始めたのだ。
 これらは【覚醒者】には見られなかった能力だった。
 新生児に発現したのは生まれた時から【デュナミス】を摂取する環境で育ったからではないか、と推測された。



2506◆yUdwdqm0Q62020/01/08(水) 20:42:11.50 ID:uFSUKzHu



                    ,___
             /., ̄ ̄ ̄       ̄ ヽ
          r'´,r‐'´ハ .i_,     :.       \
         / / i /'77´|   i :.        .ヽ
         i/|  _/'. _i_'|_ ヽ 、 .|  :.   、      i
         | `i .i  /::/冫 | `i i  ::.   \    |
          l_ノ ./:; '   .i /| l  |:.     \   i
           l    ̄   .i/ | i  l:      i  |l
    .      i_       l  | i丶i      ヽ  ヽ
    .      | `      |_  .ゝ\|_      \ \
    .      l       _´-==二三 \      i  \
          ≧ー ,-=<            ヘ     i|    \
       r‐=τ´ ̄                ヘ    i  \ \
       i:::| ヤ、          _ -‐==<i    `.    \ \
       |:::|  ヤ、      _ -‐=<ミ=-- 、 |         \ \
    .   i:::|  ヤ、 _ -‐=<`ー<´:::::::::::::::i: : :i |i        \ \ \
        |:::| _ム’<゙ - _/  ヾ:::::::::::::::l: : :i |          \    \

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 環境に適応し、変化していく。
 それは人の逞しさを感じさせた。
 有るものを最大限に利用しようとする強かさ。
 良くも悪くも人の強さとはそこに有るのだろうと。



2507本棚のやる夫さん2020/01/08(水) 20:42:23.52 ID:ZlIvd/sf
魔法を使える原始人

2508◆yUdwdqm0Q62020/01/08(水) 20:43:54.53 ID:uFSUKzHu



              >         丶
            /             \
           /
                               `、

       /        /
              /   /                  l   ‘,
     /    ′  /                 l
            /   /               i   !
        /   /                    /   ∧|
   //                        /!     ! !
         /                / ;  ′i/
/  /   /                      / / /  j{
  /                       / /イ  /}
/                          /<   //
                        /   `丶、/
  /                 /     /       \
 ′                /   ,’        ゙,
/                 /    ‘
                      /   /      `、     i
              /     /   /         \   l
          /     / /   /              \
            /     /                  \l
      / /    /     /                    \
     /   /     /    /                 }
       /     /                        〈
   /   /    /    !  l                    /,
  /}   /    /    l |                    /,
. / /  ./     / l    l |                    /,
/ /.  /     / .!   .l |______               /,
 ′ /    /__!     !  !    ,′   ``~、、      /,
/  /    /   l   | !    /       }ニミh、     /,

┏━━━
┃クリーブランド
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 あーこっちもそろそろ駄目そう。
 うん、死ぬわ。

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 冬馬が死んでから【3D100:94(28+57+9)】年。
 クリーブランドもこの世を去った。




2509◆yUdwdqm0Q62020/01/08(水) 20:45:39.32 ID:uFSUKzHu



              _  ´ ̄ ̄ ̄   、
                ´                \' ̄ ̄\
            /                ヽ    \
                 i/丶  |          ,     ヽ
          ノ         |  l|  |  |      |、    \
     ー≦     | |   |  l|⌒lヽ |      | \
        |     l '⌒| 、 |  l| / |ハ   |l  |  丶.     |
        |     l\-| \|   斗zzォ| /ヽ.|    l\   |
        | |    .!芹示ミ      ん::::ハ| / ノ ヽ   |  }  l
          И\  l} 乂ツ      乂 ^ツ'イ<     、_ノ リ /
           }  ⌒(               レ′.i\   \/レ'
           |    >s。 _  ∨ ノ   イ.i.i.i.i.i.i.i.i\   \
          /   /.i.i.i.i.i.i.<¨¨i¨¨¨¨¨7-=-_.i.i.i.i.i.i.i.iヽ    ヽ
       /    /.i.i.i.i./ニ7乂|ノ  マニニ㌘\__.i.i.i.|     |
       '     /.i.i.i.i.ノ ̄_厂「\__   _ ィ´ ..........\|     /
      { /|   {/二_,.-''{:::::::{三」:::} ̄` } ............./|   l /
      l' | lヽ{'´....八__,>‐'「二=┴- _ノ........./.i.i/  /レ′
        丶|  \......../ニニィニニニニ|  _>‐<乙.イレ'
            >'::マニ/::マニニー|/::ヽ:>‐;)
               〈:::::/::::::|:::::::::::|::::::::ヽ/;;;;/
               ¨\:::::::|:::::::::::|::::::/|;;;;;ノ
                   | ̄¨¨7¨ i¨¨  |~´
                    l   /  .|    |
               /、___/   |__|
                  |:::::::/    .|:::::::::::|
              乂_ノ     弋__ノ

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 両親の手によって過剰なまでにアンチエイジング処理をされていたのだろう。
 死ぬ間際まで若々しい姿のままだった。
 だが内臓器は老化に勝てず、この世を去る事となった。



2510本棚のやる夫さん2020/01/08(水) 20:46:43.82 ID:5X2fa5ht
アンチエイジングも400年くらいが限界か

2511本棚のやる夫さん2020/01/08(水) 20:46:52.76 ID:ZlIvd/sf
彼女もお疲れ様でした…

2512◆yUdwdqm0Q62020/01/08(水) 20:47:09.23 ID:uFSUKzHu



                     ____________
         /   /     '"~        ``
           {  ___{__/       \   \
         \{    ̄\      \   \
       , ´ ̄{/      |\          ヽ
         |     ∨     |\\
         |     \     |/∨\_        l-ミ
         i        l\  ∧  抖笊芳=ー-     |⌒
              十 \ ∧'^v 刈   |     |
        / | l     ∧ _ \', V㌻     |     |/
.       /:/| |       苅   \       |     |/
      /'゛  | |\  .  り;         |     |
.          | |  \ \{   ___      |     |
        八|   \叭  ´        |     |
         \    \\        |}   |
                   | \_> ..,_____  ..ノイ    :|
                   |    _]=‐'"~】}  { |    |
                   |   /{【   】}  } |  八|
                   |  { {【   】}  { |  /-‐‐‐
                   |  } }【r‐┬<」=‐ }|
                   l   jI斗 |  | }_  |乂{
                   | /  | / ̄ ̄| i  l
                   /   l/    | |  i
               | / /    | |  :
                / | / /       |
             / :| / /       ;| |  :
               /  l/ /       i| |  i
           /   / /       l| |  |

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 親しい人間が、どんどん居なくなる。
 そして自分だけが取り残されていく。
 ――きっとこれからも、それは続くのだろう。



2513◆yUdwdqm0Q62020/01/08(水) 20:48:38.65 ID:uFSUKzHu


             ____
           / ̄ ̄ ̄\ヽ  '"~  ̄ ̄ ``丶、
                   / Ⅵ              \
                                  `、
                 /     |              `,
               ′    / |         \      :
             i  |   |  |:   |、 __   ヽ
             |  |   ⌒八  |'´\     i    i
             |  |   x=ミ    |斗==ミ   |    |
             |: 八  { |r!ニ\| | し }\     |
              j∧ |\| tリ三三 ヒソ |  |\   :|
    .            ヽ| 圦  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄u.|  |     :|
                     | r         _イ  __   |
                 /| |\_≧‐呆‐ニ| :| ./___>、:|
    .             /r:| | |  }両{=ーー=|/ ̄   }|
                /:ⅱ∨ヽ|__j{  ||   / }     ノト
              /   |!  : j j{  j{ ̄””丁"' <ニニ}
    .       /  :i  |  |/ j{  .j{   /    ヽニ}
         /    |  |  /  j{   j{   / /   ./ニ
               | /\  ,j{  j{   i /    /ニ/
    .    /      >| {  ` └=zj{   j |     /ニ/
       /         { Ⅵ     ``~、、j    {-/__
      .′      \__]=---‐……‐-   ..__/ > }
      i  /|      ”{            }‐ヽ   {
      |/  |         }、_______       }―}____ノ
                 / }  } }二ニ=‐-- ' ̄{
         /      /  ′ } }      |
        /       _,/     } }    |    ヽ
        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄{   /   j j             }
               }  {   { {      }    /

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 少しづつだが確実に。
 孤独感という病が自分を冒していく事に気づくのに、そうはかからなかった。




2514◆yUdwdqm0Q62020/01/08(水) 20:48:59.40 ID:uFSUKzHu



   ┌──────────────────────────────────────┐
   │                                                                            │
   │                                                                            │
   │                                                                            │
   └──────────────────────────────────────┘

               ┌───────────────────┐
               │                                      │
               └───────────────────┘
                        ┌──────┐
                        └──────┘






2515◆yUdwdqm0Q62020/01/08(水) 20:49:15.60 ID:uFSUKzHu

┏━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ 本日の投下はこれで終了になります ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━┛

                     .   .  .  .  .  .  .  . . . . . . . .
                        .  .  .  .  .  . . . . . . . . . . .  . .
-                           .  .  .  . . . . . . . . . . . . . . .
  ´ ‐                         .  . . . . . . . . . . . . .: .: .: .: . .
      ´ -              (___)    .  . . . . . . . . . . . . . .: .: .: .: .: .: .: :.                  _
          ´ ‐               .  . . . . . . . . . . . . .: .: .: .◯.: .: .: .:.:.           _  -=ニ¨
             ´ -  _              . . . . . . . . . . .: .: .: .: .:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.      _ -=ニ¨
                  ´ -  _                . . . . . .: .: .: .: .: .: .:.:.:.:.:.:.:.:. _ -=ニ¨
                      ´ ‐ _         ◯   . . . . . . : : : : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. _
                          ´  -  _             _. . . : : : : .: .: .:.:.:.:.. |三三二━─ ‐ ‐
       __                      ´ - _   __,、 - `     . . . . |: : | ̄|三二━─ ‐ ‐
.        |:::::::::::/          |:::: ̄|       | ̄i     `'i´              └‐=ニ二三━─ ‐ ‐    __
      ∟_/          ┗‐- ′       ̄     |                     __--‐三三三三三三
                                      |              _--‐‐三三‐ニT二T二二T二二
                                      |     __--‐ニニT二T二T二T二T二二T二二T二二
                                      |__-ニT二Tニ二T二Tニ二T二二-‐……_二 --一--  _/
                           _,.  -‐: :  ̄| _ァニT二T二T-─‐--T ̄,.-‐‐┴‐-v'"´|     |   |___
                     _,.  -‐: : ¨: :__,.-ゥゥァァ'´ ̄_二二>''"´ ̄```i:i'´   ,.-‐‐┴ー-=ニ ___   | /
             _,,.  -‐: : :¨: : :_,.--<,.---v'" ̄`7'´  _,ッ-‐…‐-  _|:|,.  ´{         .}     |\ |
       _,.  -‐  ¨: :,.--ッ─ァ¬7二/ ̄,.--、,.-ァ'  ̄7ー‐v''" |    |   l ̄:|    |       |     |::::| |
_,、 -  `___,,.....、、、v--/─ ァ'´ ̄7'√ } { ̄{   ;.}:|  |   |  .::|   |    |   |::::::|    |       |     |::::| |
. : : : : : ;/ / /  /  /   /   ,/ }  ,リ }  }  ,' }:|  |  _} /::|   |ー─‐ |   |::::::|    Y────.ノ     |::::| |
.: : : : :.:/ / /  /  /   /   ./ / ̄/ / / ̄// }   | ̄ } / : |   |    |   |::::ハ.   |       :|    ./:::::| |
ΓT┏…r─r--=ニ辷__/__/__/_/ / /  // /  /  .//: ::::|   |       .:: ::|ニ[   |       :|   /::::::√∧
-二√ア¨7¨゚7─-{___{  __「 ̄ ̄ ̄ ̄\/_/___//__/  /    /  /:: ::|::::|   |       :|   |:::::::|:::::::∧
ーく¨√ ̄广¨ ''<_// ¨// ̄ ノ一ァ──‐z‐√       /  /r─────-ミ:|   √ ̄ ̄ ̄~¨|   |:::::::|::::::::::::|
::::::: ̄⌒丶、_√  ̄广-二_ー- {  {    {  {───ーァ─/  /|         冫  l        |--───-ミ:::::|
:::::::::::::::::::::::::::::::`  __{    { ̄T -二_─-:{_{     {  {  {   ̄ ̄/ ̄/ ̄ ̄/   j       |         〉:::|

         ※※※この劇は暫し中断と相成ります。再開まで今暫くお待ちください※※※



2516◆yUdwdqm0Q62020/01/08(水) 20:50:11.03 ID:uFSUKzHu
短いですが今日はここまで。
回想だから人があっさり死んでいくんじゃあー(´・ω・`)

2517本棚のやる夫さん2020/01/08(水) 20:51:29.94 ID:ZlIvd/sf

過ぎたものはどんどん思い出の密度を高める

2518本棚のやる夫さん2020/01/08(水) 20:53:15.27 ID:5X2fa5ht

既に終わったことをBBが上映してるんだもんな

2519本棚のやる夫さん2020/01/08(水) 21:01:32.18 ID:lz8PPULp
乙ー
大切な思い出が増えるほどに未来より過去が輝いて見える様になる

2520本棚のやる夫さん2020/01/08(水) 23:32:31.86 ID:2jHQyXT+
乙です
人類はかくも逞しいがもう一回滅ぶんだよなあ……
お疲れクリーブランド


関連記事



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する