新米女神奮闘記 第11話


952VISP ◆sLWN2rbauM2022/05/29(日) 23:00:57 ID:KbOdwKZJ
                             ___
                       _,.._、rセ7アi:i:i:i:i:i:i\
                      _(:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\
                    _、‐''゛  \:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\
                    /         \:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:_/
                  / .:/ /:.. |. :i  `''<:i:i:i__/⌒T⌒)
                ′ '  | i:. |. :ト、 ',:.    ,{ rく/^){:i\
                  | :| |:. | |.i |. :| \',  ',|乂_ノ丁_)i:i:/
                  | :| |:. | |.i |. :|/  |:   |└彳:i:i:i:i:i>'′ 自分の事は取り敢えず置いといて。
                  | :| \ | |.| _|_/.斗‐=ァ:  |-、.i|廴彡':/,
                 八乂x=ミ ┘ /乂rシ|:   |i^}.i|:i:i:i:i:i|:i:/,  此処は…洞窟か…?
                | |: 乂i)        i|:   |_/ 乂___人_ソi,
                | |,八   ′     l|:   |=ミ:. .:|:i:i:i:i:|:i/,  
                | |:. | ヽ  -  ‐  ,l|:   |i:i:i:`、 |:i:i:i:i:|:i:/,
                | |:. |:i:.:.:>...._  .イil|:   |i:i:i:i:i{ 廴:i:i/:i:i:i|
                | |:. |:|:/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:il|:   |:i:i:i:i_}  |`ー ''"
         /〉       | |:. |イ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:il|:   |r''":::``ヽ、
.        /=/.┐      | |:. |:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i_l|:   |i:::::::::::::::::::`、
      _//i/     /:| |:. |r┐i:i:i:i:i:ir┐i/l|:   |i:::::::::::::::::::::: _
    __/イ 二つ^>  / ::: | |:. |乂竺__竺乂´: l|:.. 八'"⌒\:::::::::〉
―――――――――――――――――――――――――――――
分からない事は分からないとして、ライネスは呑み込んだ。

Q、ライネスの現在の心境の内訳 1程割合低く、10程高い
平静   (【1D10:5】
怒り   (【1D10:7】
混乱   (【1D10:3】
??? (【1D10:6】



953本棚のやる夫さん2022/05/29(日) 23:03:01 ID:RA/Cdau9
あまり混乱はしてないが結構怒ってる…そりゃ突然TSさせられたら怒るよなw

954本棚のやる夫さん2022/05/29(日) 23:03:02 ID:bZr6dmWd
大体平均値

955VISP ◆sLWN2rbauM2022/05/29(日) 23:03:39 ID:KbOdwKZJ
                                       \i:i:i:i:\
         /            /                      \i:i:i:i:\
                     /      ./             ヽ:i:i:i:i/,
       l             /      ./  /               Y:i:i:i.∧
                     ′     ∥  /   ./              i:i:i:i:.∧
       j                       /      | ト、    }:i:i:i:i:i:i:.〉
       l             l         j              | V/   li:i:i:i: /
                 |       .{   {  :|     | |. V/  }{ ̄´
      .j            |         |  :{ ,,,,.|--‐^ :  | ヘ, V/ i
.      :   | |      :|         L__L__ 」-=ミ_l__:| _|   レ  |
.     i    | |.   ./⌒Y          l_  ――. ⌒ ̄ー- /.:| |
.     l    | |   {   {          |  ̄}リ ̄      ''l厂/ : :| |
     .∧  .| |  .∧   .v           lー--‐彡'"   { ”~~;: : :  |   (何処の誰の仕業か知らんが)
.   /   / /   /, ヘ   .V       |          ::.  }: : :  !    (機会があれば報復だな。)
-‐彡-―-ミ /  //  \_ V   . |     |         /  . : : :  j
/::::::::::::::::::::::.\/ /〕iト _   マ  :|     |          /. : : :   :
: :::::::::::::::::::::::::::::: \/:i:i:i:i:i:i 〕iト マ.  |     |      -‐ /. : : : :   ,
: :::::::::::::::::::::::::::::::::::: \:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i〕.}  |    j    '"   .イ .ヘ : : : :i   |
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: \ :i:i:i:i:i:i:i }  |    .ノニ ー- __/     :}: : : :i   |
: :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: \:i:i:i:i:i }  l   ,′ <⌒       }: : : :i   |
―――――――――――――――――――――――――――――
どうやらそこそこ怒っている様ですが、自分の選択の結果なので、
そこまでではないようです。











それに、それだけじゃないだろう?
君は今、密かに高揚している。

957VISP ◆sLWN2rbauM2022/05/29(日) 23:04:56 ID:KbOdwKZJ
                     _
                    _「ニニ>。
            >       寸ニニニ \
           /          マニニニニニヽ
            /           \ニニニニ∧
         / /    /  / ∧   \ニニニニ〉
         ,  ,'    ,' n  /  V .i  Y Y´
            i i:  r┐/::} ./.   V :}  iゝイ  フゥー・・・オチツケジブン
         { { i:  〉:v: : :\ ヘ,   Vi  ト,〉!
         i  「 ̄ j{: : : : : : } :..  ̄ 〉  厂ヘ  まるで、いや、その通り誂えたんだろうな此処は。
         i  i] ミ.ィ==ミ: : ノ      i  i:i:i:i:ム
.           i  i:. √:i:i:i:i:i:ム  `¨¨゙`   .:i:i:i/
.         , :i::√:i:i:i:i:i:i:i:i7   J .イ  j{イ:i:ヘ
         ,  .:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:7‐-  イ. :i  √>'´
         ヤ ,':i:i:i:i:i:i:i:i:i:7=≦ [: : : ,'  √
       _」L∧.i:i:i:i:i:i:i:i:i:7:==彡::}:.,'  ,' |
     Y::::::::::::::7:i:i:i:i:i:i:i:i:i7:i:i:i:i:i:i:i:7.,'  ,',,,,|___
.      {:::::::::::::7.:i:i:i:i:i:i:i:i:i7:i:i:i:i:i._ノ./ ./:::::::::::: Y
.      |:::::::::::〈:i:i:i:i:i:i:i:i:i:7=・・・=ニ_ イ::::::::::::::::::::|

958本棚のやる夫さん2022/05/29(日) 23:05:11 ID:RA/Cdau9
TSしたことに?(多分違うw)

959VISP ◆sLWN2rbauM2022/05/29(日) 23:07:08 ID:KbOdwKZJ
     .ゞミ ノ"''ー-、,_i   ,/''-,i_,ii__,i ! ,! 、 "    ノ   ,,-、  、    ノ
     l /   /  ゙i  ノ"'ー-,=ニ 」, '、,,し‐''冖'''''"、..-"  .`'--''ー,/ |  |
     / l / ー゙.-..,_ レ″  ,ゝ i゙\   .,,ノ゙' 、,,し‐''  `'ー..,_,.イ    {  l
    ,;! .] | ノ   l j  〉   `7   `i.、"゛^'‐'''"´__,、_l」..:イ /    `゙"|
     _,.ソ li|    ´ ノ     :!、   ,.ゝヾ;;;;;;;;;;;-ヘ   7   ,ゝヾ  /  し
     ゙l、 ノ゙  ,ソ  .}  〉   | !  i/  };;;;;;;;;L 〉 〈   / 、 ,j  「    ,'
   '''"゛ .、 "´    ゝ ,ゝ    | j }   };;;;;;;;;l  !  〉 l.、  y   !    /
     }  j .、   /  」    `'i   〉   l.:..:.:..‐-.L_/   ,!  l / し   √
   ヽ.  '"  }  ,!        /   i 」 /: ::.:.:.,;.:.. . ̄ ` く、│L l!l " ノ
     |!  |  .l   j   7    ,ゝ   ,」 /.:.:.:. :: :.::.  ,, -‐  `・i   .!  '!、
      |、.j   .ヽ   .}    `ヽ  l/..::. :: :           ':、 {   〈
     ,l`'く    /    .!       | ,=' :.:...:.:、.....:.,、,、......:.   ,.、  .`:〈   /
       .}  ノ    ,ノ    :/_ゞ;;:.:.:.......:.::.:.:.:::::::::          ,..-‐:、″
    ´゙''、  ゙'ー、    ,.、 ,._,-'::::::::::::...:.:::::::::.:.. r:"::\.::::::::     ,/   ::}
    ,.、 \  `''i   .;" ゝ":::::::................        ....:::::::::::::._..-'"    .::く
  l .l 、 ヽ  _,,-''"::::::::::,,, . .,,:......           ...____     ...::::::::
  '` 〉 .!  !''":::::::::::::.../ '"⌒ ".!.ヽ、............... --'''"゛        ......::::::::
―――――――――――――――――――――――――――――
周囲を見渡すと、そこは洞窟の様だった。
工具で掘った形跡は見えず、一見して自然の洞窟の様に見える。
しかし、明かりとなるものが一切無いのに手元に困らない程度に薄明るい。
まるで「斯く在れかし」と作られた様に見える。

961VISP ◆sLWN2rbauM2022/05/29(日) 23:08:36 ID:KbOdwKZJ
               _。s≦^ヽ
              _.:=:i:i:i:i:i:i:i:i:i:l __
            /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i} : : :..  ~"'
            ,':i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ij . : : : ::.     v
            }:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i彡゛. : : : : :.:      V/
            ノ:i:i:i:i:i:i:i>` . : : : : : : : ::;       V/
          ゝ:i>`〉 . : : : : : : : : : : ::        i!
            / __ノ .) : : : : : : : : : : ::,'       }!
          '^~{:i:}/l : : : : : : : : : : ::,        l
          /:i:i:i:i:l∧ : : : : : : : : : :;       ' l
         /:i:i:i:i:i:i:i}: ∧ : : : : : : : :::       '  i   …よし、切り替えていこう。
        ー==:i:i:i:i:〃 : : : : : : : : : : ::      .:  i!
          /:i:i:i:i:i:| : : :∧ : : : : : : :{      ,'  .i!
           / i:i:i:i:i: | : : : : : : : : : : : :;     .:   .i!
        〈 :i:i:i:i:i:i: | : : : : : : : : : : i :.:     '   .i
         `ヽ:i:i:i:i:}i| : : : :i : : : : :| ::.   /:   |
              ` .}i| : : : :| : : : : :| :::.  ,': :    .|
             _、‐''゛:l| : : : :| : : : : :l ::::.. ,': :..i    ト ,.
            /. : : : : l| : : : :| : : : : :l ::::.v : : :l    |!. ``ヽ、
         /. : : : : : }{ : : : :| : : : : :{ : : : : : :.l    |! : : : : .V
――――――――――――――――――――――――――――
余りに不自然。
なのに、妙に動揺が少ない。
代わりに、何処かウキウキする自分がいる。
ライネスにとって、ここは動揺する様な場所ではないという事なのだろう。

962本棚のやる夫さん2022/05/29(日) 23:11:32 ID:+M9ktZc9
萎縮して動けないよりはマシだろうけど…

963VISP ◆sLWN2rbauM2022/05/29(日) 23:11:44 ID:KbOdwKZJ
            i    '   '           ,'  { ∨     ヽ}     i  .,'    }
            {    i|   |     .{     ,'!  l.  ∨      i     i  ム、   ノ
            {   .i{   ii     i{:     i {  l   ∨  ヽ  .}     i ム.=\ィ=|
            i   .i|   ii.      i{     i .i.  l u  ヽ  \.」      ム.{==∧=!
            i{   i|_  」|     i{     i i  l  ノ   \  }     i ム={===∧!
            |    T  ` ~‐==ミx、  { } .」ィ.:′ r....,  /...)     i ,ム ∧===∧
            i     i __ ___,,._  `ヽ .┘ 〈¨∧ ,.:  {::: { i.....{.}!    i/===∧===∧
            i     { `マ  {¨ uミx、  ヽ ∨∧ ⌒ マ.ム {.....{ ___   i=====∧ = /
            {    .ム ゝ`. 乂__ノ_.ィ     ∨...ミ==.〉....ァ〉....〉...{   i=======V´
         .>.:::: i     {.ム   ‐‐= ´ /   }  ∨∧_./....//..../ {...ヘ   i、====== V  身体の調子が未だ嘗て無い程に良い…。
       /.::::::::::::::i     i:::∧ } ,    ゛       マ..........〈/.../ ノ....」  i::::::<==== }
      /.:::::::::::::::::::::i    .i::::込、J       〈!   ノ..................j.´...>´  {:::::::::::ヽ:==    成程、ここが私の本来いるべき場所という事か?
     ,.:::::::::::::::::::::::::i      !::::〈=ヽ,          /......................./..}     ::::::::::::::::]== |
     i{:::::::::::::::::::::::::::i     .!:::::::〉==.)>   ‐=‐―.イ......................../.ノ!:     ! :::::::::::: ]== l
     i{:::::::::::::::::::::::::: i     !:::::{====== >    /.........................。s≦ .:.      ! :::::::::::: ]== l
     j{::::::::::::::::::::::::::::i    .!:::::⌒>‐====≧s.>i....................../===/.::i     !::::::::::::::::∨/∧
    /::::::::::::::::::::::::::::::i    !::::::::〈‐=========={..................ア___、= ,':::::i    ..!::::::::::::::::::::::::::∧
.   /.::::::::::::::::::::::::::::::::i    !::::::::::ゝ‐====〃⌒ ゝ....____....ノ==‐Y.:::::::::i.      !::::::::::::::::::::::::::::∧
   /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::i   .!    ≧s。]‐==============‐::::::::::}     !::::::::::::::::::::::::::::::∧
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
ライネスのスペック
知識…13
精神力…6
器用さ…8
魅力…8
身体能力…5
魔力…5
※この世界の一般人の平均能力…2

ライネスのダンジョン外でのデバフの強さ
【1D5:2】)分だけスペックにマイナス補正

964本棚のやる夫さん2022/05/29(日) 23:13:14 ID:ZczOllMH
今までデバフと共に生きてきた……

965本棚のやる夫さん2022/05/29(日) 23:13:26 ID:RA/Cdau9
元々魔力・信仰不足で弱体化してたのもあったのか
身体能力3扱いだったってことは、スポーツやってる一般人くらいだったのかな

966本棚のやる夫さん2022/05/29(日) 23:14:32 ID:bZr6dmWd
他の英雄候補もダンジョンに入るとスペック上がるんだろうな

967VISP ◆sLWN2rbauM2022/05/29(日) 23:15:05 ID:KbOdwKZJ
                                  ||||||||
        ||||||||                ||||||||  ||||||||||||||
  ||||||||  ||||||||||||||         ||||||||  |||||||||||||| ||||||||||||||       ||||||||
 |||||||||||||| ||||||||||||||  ||||||||   |||||||||||||| |||||||||||||||  ||||||||  ||||||||  ||||||||||||||
 ||||||||||||||  ||||||||  ||||||||||||||  ||||||||||||||  ||||||||| .|||||||||||||||||||||||||||||| ||||||||||||||
  |||||||| .|||||||||||||||||||||||||||||||   |||||||| .|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||  ||||||||
.|||||||||||||||||||||||||||||||||| |||||||| . ||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||
|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||
|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||
|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
元々周囲の人間と言うのは、貴方にとっては長らく自分と同じ存在とは感じられなかった。
そう教育を受けていても、頭の出来がまるで違う者が殆ど。
苦労して通った大学でも殆どおらず、今の職場で漸く幾人かと出会えた。
だが、どうしても持って生まれた異物感は消えてくれない。
そんな彼が(いや今は彼女だが)普段通りなら決して見ず知らずの他人を庇うなんて有り得ない。
有り得ない筈なのだが…

968本棚のやる夫さん2022/05/29(日) 23:16:46 ID:RA/Cdau9
知識13-2で11でもあまりに差がありすぎるからねぇ
IQ差20あると会話が難しいとかいうけど、それどころじゃない差だろうし

969本棚のやる夫さん2022/05/29(日) 23:17:14 ID:8pcRnDzD
本来の力を出せていなかったのか、なるほどな

970VISP ◆sLWN2rbauM2022/05/29(日) 23:18:10 ID:KbOdwKZJ
       ヽ Lr;―‐r'  } /  /'、
.   _   丶 !  !  l' }ヽ-<  \
   fニ `丶、r‐;ヽ!  l    {   丶  ヽ
   ''"ー-、//⌒''   !    }     ',  ',
        | |`7ト;--‐'⌒'‐ヘ    丶  ',      ,.-'"⌒⌒ヽ.
    「ニニ'イゝ┴'‐┐    ヽ    ヽ ヽ     /::::::::::::::::::::::::',
    ト、X 大^大フ`l     ',    〈 、__゙ト、   !;;;:::;;;;:::;;;;::::;;;;;}
    l∧ メ X ∧ /      ',    ヽ{  /\_ ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ
    ヽ、___ノ         ',    `''‐''ヽ  `ヾゝ、__/
       /           l       `ヽ、   ,  ゙ト,
      /           |         `}、    | |ヽ
       !             !           ! ヽ   || 丶
     |             l            |  ヽ  ', ヽ  ',
      L________,. - 、_ゝ           |     ヽヽ  !
        l   l.{   ヽ             |     | ヽ,」
        ',   ',゙,   ヽ             L__,. -‐f''T、 }
        l   l ゙,   ',                 j  /  //'‐'
        'l    l ',    }               /  /   / }
         |  | l    !             / /   /  l
         'l  | l    !           / / ,.イ   l
―――――――――――――――――――――――――――――
ただ、そう、ほんの少しだけ、あの親子が羨ましかった。
互いに理解し合い、確かな愛情を持っているあの親子が。
今ならはっきりとそれを認められる。
何の事は無い、よくある代償行為に他ならない。
では、あのクズ共と健全な親子関係を築きたいかと尋ねられたら…
絶っっっっっ対に嫌だと答える。有り得んわ。ハッ!

971本棚のやる夫さん2022/05/29(日) 23:18:50 ID:8pcRnDzD
案外、天才が集まるアメリカの学院で研究してた方が友達とかできてたかもな(圧倒的な知力

972本棚のやる夫さん2022/05/29(日) 23:21:16 ID:RA/Cdau9
無意識の代償行為としては一番善性のいい子だと思うぞ
真面な両親の愛情が欲しかったと思ってても、あれ相手には無理だという理性もあるようだし

973VISP ◆sLWN2rbauM2022/05/29(日) 23:22:19 ID:KbOdwKZJ
                             ___
                       _,.._、rセ7アi:i:i:i:i:i:i\
                      _(:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\
                    _、‐''゛  \:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\
                    /         \:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:_/
                  / .:/ /:.. |. :i  `''<:i:i:i__/⌒T⌒)
                ′ '  | i:. |. :ト、 ',:.    ,{ rく/^){:i\
                  | :| |:. | |.i |. :| \',  ',|乂_ノ丁_)i:i:/
                  | :| |:. | |.i |. :|/  |:   |└彳:i:i:i:i:i>'′
                  | :| \ | |.| _|_/.斗‐=ァ:  |-、.i|廴彡':/,
                 八乂x=ミ ┘ /乂rシ|:   |i^}.i|:i:i:i:i:i|:i:/,   今なら言える。
                | |: 乂i)        i|:   |_/ 乂___人_ソi,
                | |,八   ′ _,,ノ} l|:   |=ミ:. .:|:i:i:i:i:|:i/,   私は人間として余りに異常だ。
                | |:. | ヽ  マニ^ノ ,l|:   |i:i:i:`、 |:i:i:i:i:|:i:/,
                | |:. |:i:.:.:>...._  .イil|:   |i:i:i:i:i{ 廴:i:i/:i:i:i|
                | |:. |:|:/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:il|:   |:i:i:i:i_}  |`ー ''"
         /〉       | |:. |イ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:il|:   |r''":::``ヽ、
.        /=/.┐      | |:. |:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i_l|:   |i:::::::::::::::::::`、
      _//i/     /:| |:. |r┐i:i:i:i:i:ir┐i/l|:   |i:::::::::::::::::::::: _
    __/イ 二つ^>  / ::: | |:. |乂竺__竺乂´: l|:.. 八'"⌒\:::::::::〉
   /i/_/ィつ=/  ./:::{::: | |:. |__// /::: _-::八/::::::::::::::::::::``-、、
  /:i:i/_/=/==.ノ  ./:::: 乂:|/:::::::::ア-=ニ:::::::ー--......-‐::::::::::::::____:::\
. |:i:i|{_=/=/ノ} _〈__:::::::::::::{:::/::/::::',--―――――r一 ''" \ ヽⅥ}
―――――――――――――――――――――――――――――
だって、目の前にこんなものが現れたのに、欠片も恐怖を感じていない。
それ所か「獲物が向こうから来た」と笑みすら浮かべているのだから!

Q、目の前にモンスターが現れた。 (【1D4:1】
1 スライム
2 オオネズミ
3 角ウサギ
4 巨大アリ

974本棚のやる夫さん2022/05/29(日) 23:23:37 ID:bZr6dmWd
当たりと外れの幅が広いやつ

975本棚のやる夫さん2022/05/29(日) 23:23:40 ID:RA/Cdau9
スライムって作品によって脅威度がピンキリすぎるが、ここではどうだ?(尚攻撃手段)

976VISP ◆sLWN2rbauM2022/05/29(日) 23:26:01 ID:KbOdwKZJ
ちなみにこいつらの大きさは全部30~50cm程度です。
脅威度は数字順に大きいです。

977本棚のやる夫さん2022/05/29(日) 23:28:21 ID:kIdzVfI2
ドラクエ系の雑魚スライムか。良かったw

978本棚のやる夫さん2022/05/29(日) 23:29:02 ID:8pcRnDzD
ほう、チュートリアル用の雑魚モンスターですか。最初の敵として相応しいですね

980本棚のやる夫さん2022/05/29(日) 23:30:23 ID:43g9PzUA
ドラクエ系のスライムってよく考えたらリアルにしたら丸いナメクジじゃね?

981VISP ◆sLWN2rbauM2022/05/29(日) 23:32:16 ID:KbOdwKZJ
                    , .....―――....---.......
                 ,. <:::::::::,. . . ――― <::::::::`丶,
               /:::::::, <: : : : : : : : : : : : : : `丶::::::::丶
              /::::::/: : : , ' ⌒ヽ, ――― 、: : : :\::::::::::\
            /::::::, ': :,. - ,:/     ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\: : : : ヽ::::::::::ヽ
             /:::::/: :/:.し´.:l__/ソ-┴┴-、;;;;;;;;;;ヽ: : : : :',::::::::::::',
             ,'::::::,': : l:.:.:.:.:.:.:.L_l;;;;Y´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヾ;;;;;;;;;;',:, - 、l:::::::::::::l
              l::::::,r‐-|:.:./ ̄`丶、;;;;;;;;/⌒);;;;;;;;;∨;;;;;;|:  ::|:::::::::::::|
            ,':::/ ):.:.Y:./).:.:.:.:.:.:.ヽ;;;;;し'¨´;;;;;;;;;;;;;;l;;;;;;;;l : : : :!:::::::::::::l
          l::::l:し´:.:.:l:.:.し´.:.:.:.:.:.:.:.:.:);;;;;;; , - 、;;;;;∧;;;;;ハ:.:.:.:人::::::::::::|
           |::::|:.:.:.:.:.:.| :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./、;;;;;;(   )〆;;;;;,.'::::::/:::::l:::::::::_::\
          /::::ヽ:.:.:.:.人:.:.:.:.:.:.:.:.:.:人;;;;;;ー `ー '´;;;;;;/ :::::,':::::::::::::::::::ヽ_):::\
            |::::::ノ`ー':::、`ー― '´::::::`ー――― ´: :::::::::::l::::::::::::、: ::::::: : : : : `丶
        /: : : : : : : :::::ー----´ ̄`ー--  ´::::ノ:::_: : ヽ::::ノ:::ヾ : :::::::: : :_: : :l
        , イ: : : : ― - 、_: : : : : : : : :__: : : :_: : : : l j::::::::Y::::::::_::: : : ::/: : : :,ノ
    ∠、   __: : : : : : :`ー―‐ '´: : : : :: : : : : : ヽ: : : : : : : : : /.( : : :/: : : /
       ̄ ´    `ー - 、__ ,. - ――― 、 `¨ ' ― -.、し′ ,': : : /
                               ̄`丶、: : : :ー-': :γ´ ノタノタ
                                     `丶、`=´/
                                       ̄
――――――――――――――――――――――――――――――――――
カカッ 【スライム】が現れた!

ライネスは(【1D3:3】)を選んだ。
1、撤退(相手より身体能力が勝っている場合のみ成功)
2、相手を観察(相手の特性が分かる)
3、攻撃(物理のみ) 威力(【1D5:5】

982VISP ◆sLWN2rbauM2022/05/29(日) 23:33:06 ID:KbOdwKZJ
きっちり最大威力で一撃死で草
そこは観察を選んでくれよ!

983本棚のやる夫さん2022/05/29(日) 23:33:09 ID:RA/Cdau9
強いw
今後を考えると観察もしておきたかったかな?

984本棚のやる夫さん2022/05/29(日) 23:33:29 ID:7uiaGZ5E
ゼラチナスマターじゃねーかw

985本棚のやる夫さん2022/05/29(日) 23:34:41 ID:kIdzVfI2
ライネスくんさんちょっとはしゃぎすぎじゃない?w

988VISP ◆sLWN2rbauM2022/05/29(日) 23:42:15 ID:KbOdwKZJ
         彡///////\
       ////、///////|
       .//// ///、///从/
      ////.|///厂
      |//// |///厶-―'⌒Y
      |/////\__、‐''゛⌒^
     ./}/////// |
     _|/|////////\_
  rf^//∨///////////≧s。._
  `¨´  .∨////////////////≧s。._
       ∨//// ┌―――‐┐////
         \///.∧       .|////
         \//∧     |///
            ∨/∧    /// __
              ////〉   ////////\
          /////   〈////////〈/∧
――――――――――――――――――――――
所で、素人でも簡単にその辺のもので人を殺傷可能な威力を出す方法って分かるかな?
答えは【投擲】【踏み付け】【長物で叩く】だよ!
それで大抵の人間は怪我を負うし、殺せる。
鍛えていない女子供であろうともだ。

989本棚のやる夫さん2022/05/29(日) 23:43:08 ID:8pcRnDzD
殺意が高いwwww

990本棚のやる夫さん2022/05/29(日) 23:43:49 ID:+M9ktZc9
投擲こそ人類の英知よ

991本棚のやる夫さん2022/05/29(日) 23:44:12 ID:RA/Cdau9
アイテムありなら刺突も護身には有効とか
一点に力が集中するんでボールペン一本でも痴漢に大ダメージ与えられるぞ(はぁと)

996VISP ◆sLWN2rbauM2022/05/30(月) 00:14:17 ID:E7Argi4O
                              __
                           , -〈: : `ヽ- 、
                      _ /: : : }: : : リ: : : : 、
                      γ:.:ヽ: : :': : : ,': : : : :.:.',
                    , - 、: リ: : : : : : :: : : : : : :l
                     ,': : :.ノ:_: : :-‐: : :、: : : :.:.:リ
                   ,: :r:´: : : : : : : : : :.´: : :.ヽ{
                   ,': : : : : : : : : : : : : : : : : : :.:',
                     : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.:.l
                : : : : :l: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
                   : : : : :.|: : : : : : : : : : :/ : : : : : : : :リ
                   : : : : :.|: : : : : : : : : :イ、: : : : : : :,
              : : : : :.;: : : : : : : :イ: : :` : : : : :,.'
              : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :., '
              : : : : : : : : : : : : : : : : : :.:.:イ
                  Λ: : : : : : : : : : : : : : : : : /
                ': : : : : : : : : : : : : : : : ,
                   ': : : : : : : : : : : : : : :./
                ' : : : : : : : : : : : : : ,       ※実際はブーツを履いています。
                   ': : : : : : : : : : :.:.:./
                     '.,: : : : : : : : :.:.:,.'
                   ゝ : : : : : : :ノ
                   `ー
―――――――――――――――――――――――――――――
スライムの大きさは精々30cm程度。
しかも、アメーバの様に分かり易く核が半透明の身体の中心に見える。
そこ目掛け、ライネスは自分の体重を乗せる様に思いっきり踏みつけた。
相手が低い位置にて、回避も出来ない様な状態で、一般人でも
容易に人を傷つける脚を用いた全力の踏みつけ。
しかも、やったので常人の2.5倍もの身体能力を持ったライネスである。
元々モンスターとしては最弱の一角であるスライムは、あっさりと死亡した。

ドロップ判定 (【1D10:7】
1で外れドロップ、5で通常ドロップ、10でレアドロップ
他は何も無し


997本棚のやる夫さん2022/05/30(月) 00:15:23 ID:Fn29SDFf
ふみつける! あいては倒れた!

999VISP ◆sLWN2rbauM2022/05/30(月) 00:20:05 ID:E7Argi4O
                              __   __
                 ,,,_________,イ::::::::::::::::::::::::::::::ヾ
                 丿::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
                {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ
              _廴:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ
           ( ̄:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ー- 、
           `ー、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::と_     ※元スライム
              ゝ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: `:::、
              {.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j
               ` ̄ ̄ ¨´ ゚゜  ̄ 廴::::::::::::ー''''''::::: ̄::::::::;;;;; ̄
―――――――――――――――――――――――――――――
ぐしゃり、と襲い掛かって来たそれをあっさりと踏み潰す。
体液が飛び散り、ブーツを汚す。
だが、それだけ。
生き物の命を取ったと言うのに、微塵も動揺が無い。
あぁ、やはり自分は人間じゃなかった。
もっと別の、何か悍ましいものだったのだろう。
だからあのクズ二人も本能的に忌避したのだ。
同胞と幸せに暮らすあの家族が羨ましかったのだ。











よしよし、ちゃんと自覚できたね。エライエライ

1000本棚のやる夫さん2022/05/30(月) 00:21:30 ID:Fn29SDFf
分霊ライネスハード継続中

1001本棚のやる夫さん2022/05/30(月) 00:22:41 ID:Is+1y2tW
他の神の分霊と遭遇できれば同族意識を感じ…本霊の所属がないからアクア様位しか無理か?w

1002本棚のやる夫さん2022/05/30(月) 00:23:31 ID:p6BxORDy
エリスの分霊のクリスも行けると思うゾ

1003VISP ◆sLWN2rbauM2022/05/30(月) 00:24:47 ID:E7Argi4O
.【システムアナウンス】

 レベルが上昇しました 1→2
 あなたは世界で「初の討伐者」の称号を得ました。
 あならは世界で「初のレベルアップ」の称号を得ました。

Qレベルアップの結果 (【1D4:4】
1、ステータスどれか一つ向上+1d3
2、ステータス全体向上+1
3、スキル追加
4、2+3


Q、称号「初の討伐者」の効果はどれ? (【1D4:2】
1、モンスターと戦闘時のみ、攻撃力が微向上
2、モンスターと戦闘時のみ、防御力が微向上

3、モンスター撃破時、ドロップの発生率が微向上
4、モンスター撃破時、取得経験値が微向上

Q、称号「初のレベルアップ」の効果h亜@hふぉあん:pw3オ;五、

システムエラーが発生しました。

1004本棚のやる夫さん2022/05/30(月) 00:26:16 ID:Is+1y2tW
初稼働なのに介入されまくってエラーを吐くことになるダンジョンシステムぇ…

1005本棚のやる夫さん2022/05/30(月) 00:27:09 ID:ejRsLIGr
この露骨なシステムエラー!ぺロッ、これはなろう味っ!

1006本棚のやる夫さん2022/05/30(月) 00:27:17 ID:Fn29SDFf
つ、作ったのもライネスだから……(目そらし)

1007VISP ◆sLWN2rbauM2022/05/30(月) 00:27:30 ID:E7Argi4O
.





        i,' ∨  :i  i:、ム               i   Y   ノ  やぁやぁスレ民の諸君、今宵も参加ありがとう。
        {  ∨  i, i,:≧s,.     ,.   ‐‐┐   .イ   /  ′
..          ,   ∨:∧ .∨//)>。   ゝ   ノ  .</ノ  イ イ    早速だが君達の知恵を借りたくてね。
          乂  ゝ, \∨////> ,      .イ/イ /
               ヽ⌒^^ ┌ ミ,> <´ ̄}           我が分霊にあげるスキルの内容を考えたいんだ。
                      ∧   Y´   {
                 _ ./ ̄⌒ :冖: : ̄:.`ヽ‐==┐__ 、   どなたか何か案があれば出してほしい。
            r‐=ミ,> ´  ゝ、: : : :ム:」: : : : :./    /............ }
           /...............ゝ,    V: : : ノ^ヽ: : : ノ   .イ..............∧
          i .......................>、  / ̄´ X i ̄´:, , <......................i
          , ........ム..................../: : : : },' . ', : : :∧................/...... ∧
           /.............ム.............../: :.>‐ミ ..... > =ミ:.∧.......... ′.........∧
.          /.................∧........../: :i{    }!...i{   ): :ム........∧.............∧
         /................../ V...../: : : : ..=彡......}`=彡: : ム.∨ ∨......... ∧

1008本棚のやる夫さん2022/05/30(月) 00:29:08 ID:XVsFczq5
上であげててみたいなやつ?

1009本棚のやる夫さん2022/05/30(月) 00:31:23 ID:v0CyKpHd
スキル・・・スキルか。

1015VISP ◆sLWN2rbauM2022/05/30(月) 00:34:34 ID:E7Argi4O
.




.      ,  i{: : :.沁  丶     ゛   ,'      /    /
      ム i{: : : :込   、   ,     イ  ,   .イ   /
      ∧从: : :{\:ヽ        </  イ /   イ             /)
         ゝ:」┌‐ ´.> _ .。s≦ / イ_ <´       「 Y   , ┐. / /,.つ  例としては下記の様な感じだ。
           ム../    V〉 -''"´~     ヽ、     ノ ノ   { {.ア iノ
.          /....i{ 「ニミx_ ^__       /......>.... 、  { V,>'゙∧ V  !     余りチート過ぎてもダメだぞ?※成長するのは可
          /../...〉゛ニニ「 「ニニニニミ,   /.......,'............〉  j  ヽ ァ゙ 〉 ノ
.         /...,'.....>‐==彡^、ニニニ /   イ........../.............{   {  〃⌒゙ /      それと戦闘・成長システムは
        .r゙.....′〈ニ/...X..}ニ>,ニニ」≦................................ム  /!    ./        これから本格的に組んでいくから
.      /.......:.../ニ>=ミ´....,:ムニニム¨.................. ,'...................}「/   . イ          色々修正する可能性が高い。
    , <.............{/ ニ(  .)..,.」L_` ̄,......................, .................../.{    ∧
   Y..............`ヽ」ニ/......... (  ) ニム........................................./..∧  ./:::ム           フレーバーにするのは簡単だが、
.   マ.... ̄ ̄⌒i}´....................∨ニニ∧.................................../.......∧,イ:::::::::}           どうせだから処理は簡単にしつつ
    V..................i........................ ∨> ´.................i{.......//.................、:::::: }           戦闘と育成を楽しめるものにしたい。


スキル名【解析の魔眼】
Lv1 アクティブ
視界に入った対象を解析する効果の魔眼。
レベルが持ち主と同じ、又は下なら相手のステータスやスキルを解析する。
上なら失敗する。
但し、一日につき(【1D5:5】)回しか使えない。
※成長すれば強化される

1016VISP ◆sLWN2rbauM2022/05/30(月) 00:35:39 ID:E7Argi4O
何故ここで最大値を出すのか(困惑)

1017本棚のやる夫さん2022/05/30(月) 00:36:04 ID:Is+1y2tW
ライネスとII世足したような感じでいいけど、ここで最大値なのかw

1018本棚のやる夫さん2022/05/30(月) 00:37:12 ID:Fn29SDFf
なんかがダイスに介入してる感すら出てきましたねコレ……

1019本棚のやる夫さん2022/05/30(月) 00:37:41 ID:KQ0KZhwn
やっぱり冒険者の増加に繋がるようなスキルが良いんかな

1021VISP ◆sLWN2rbauM2022/05/30(月) 00:39:34 ID:E7Argi4O
.



                i { 〉  /. : } `   `   _     /\__/{:∧∨ ,~ V/
                 ,V  / : : i}   r    _, ツ    /    .マム ヽi:.ヽ}!
                    〉 / : : :八    ゝ ´      /     / マム  ヽi:.ヽ
                / ,′. : : : :)>.        ,イ     /   マム  \i:. 、
                i{  { : __>‐< \~ニ=‐      /  / ./   };i;.}  ,イ マム
                    从 /  `ヽヽ}> う.v′ヽ/⌒/_,.イ==ミ_.ノ  ハ:i:ム    };i;ム
                   / ァ^! し'/´//「/´⌒ヽ/: : : : : : Y  イ.└ ┘    \」
                /   }! ゞ /////.〈,' ///// : : : : : : : : }
.              /´/  ゝ_.。s≦―‐‐ .イ////ノ : : : : : : : : : }   今回の投下は以上だ。
             /: :l   ///\_./:.//≧=´: : : : : : : : : : : ,
             ノ: : :ム ∧_>`⌒ヽ_//////,' : : : : : : : : : : : 〉   明日も同じ時間にやるから、
           γ : : : : :ノ./:. , . ゝ//~ ̄⌒ヽ : : : : : : : : : :./    皆の案を待っているぞーう!
        _ / : : : : : :.{/:.:.:.:} : ://////,イ: :/ : : : : : : : : イ
        ノ )′:_:_:_:_:_:_\.::」}: :{//__/. : イ: : : : : _ >´/

1022本棚のやる夫さん2022/05/30(月) 00:40:26 ID:XVsFczq5


1025本棚のやる夫さん2022/05/30(月) 00:41:18 ID:fMoBzD32
乙でしたー

チート過ぎるのがダメというのはかえって難しいな…

1026本棚のやる夫さん2022/05/30(月) 00:43:34 ID:3ClbcFug

例を見る限り、条件こそあるけど同格以下の相手に無双できても良い気がする

関連記事
[ 2022/05/30 01:17 ] オリジナル 新米女神奮闘記 | TB(-) | CM(0)



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する