早苗とやる夫とやらない夫は未来を救うようです あとがき


2815◆OQ7Nx98GAg2022/06/30(木) 20:00:39 ID:utYz6rS1

        / /    ';、   :\,z'´・:)、ヽ
       .,' /  .|    ';ヽ、    ヽ`┐・)ヽ
       { ./.i  .|i     :}`ヽ;:._゙:ゝiー '´ ;::',
       | { .|  :|.ト、   |'´ ̄ヽ;  :}i-ヘ_jY::::}
       | | .|::.;;イ| .ヽ;  .|  ,ィホホミ' || ::|.| :{
       | .'; ';、 |ハ  ヽ '´ /.{r::::::i}' j|  j |'; ::|
      .j'; :ヽ{ヾ/示ホ、    ヾ=-' /|ニニ|/::::|
      j :{ .::::{ヘ`ヾt;:ソ     ,,,,, ' jニニi  .:|
      .j :ハ,-、ゝ', ,,,,,  .'      .,'ニニ|:  :|
      ,'/  `ヾ;ヽ、   、フ  /jニニ;'::  ::{
___/_     .〉iヾ;::r- ..._../ .j  .i::::.  :{
    /,-( ,)'´)_,-y-Y゙__ ヾ- /::::ヽ  7。。/:::::.  :{
   / .,7-O<,-,>=<フ<,ィ、j| /:::::::i  / ヽ.ノ  `ー-'--、
 /,7VY__)Y=i-v)-VY,/.|ノ:::::::::i/     /     .ヽ
,/ラo< .>-<_)ノゝ._)Oラ'  .|/:::::::::/      .j'      ',
.)ノ゙_,)'゙Y,_)(._ov-(Y/   |::::::::::/       j      .i
、7'/ァソ<=_,ィ´`´ヾ_,,、  .|::::::::/       /       |
ヘ`´   \'-‐ '´  ';  .|::::::/       /       /
,-‐7'゙フ,-i,、 \    .', .}'゙-'-'--<'゙    i--- 、    /
. i´.,ィ'--'-'- ..._.\   /i)<二ニ7/i    .i_:::::::\ ./
`ヾ.._`二>   `ヾニラ'ハヾヾ‐--'゙-'    /  \::::::\
 ,´,, -、       //`゙} ト, {{      ./    \::::::ヽ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
 《東風谷早苗》

  本作主人公。自分を異常だと思っている精神異常者。少なくとも普通ではない。
  カオス系主人公やサイコパスはやってきたので、敢えて普通っぽい主人公にしてみました。
  劣勢なら普通に厳しく、何とかして逆転するしかない。王道とは言わないまでも、それ系。

  なのでスキルもなるべくチートです。そうしないとクリアできないので。
  ただ妙に噛み合いが良かったせいなのか、途中からRTA走者みたいな事になってました。
  なまじ頭も良いので、基本的に最短の道しか走りません。寄り道してる場合じゃない。

  ただ定期的にチヤホヤしたり、異常ですねと言っておかないとif早苗みたくなります。
  初音と会えたことで、そこら辺もかなり解消されたようなので。今はもう大丈夫ですけど。
  冷静になってふと考えたらアウトです。まぁ、普通ではないんですが。求める基準が高いので。

  異世界から普通に戻りましたけど、基本的に家族が大事なので。
  そこは何を言われても、結局戻っていたでしょう。優先順位は守ります。
  ちなみに諏訪子と神奈子が両親なのかどうかは不明。




2816◆OQ7Nx98GAg2022/06/30(木) 20:00:48 ID:utYz6rS1

                        / ̄\
                       .| .  . |
                  ,. -.、   \_/  .,. -、
                   \\   . |.    / /´
                    \\/. ̄.\/ /
                 /´ \/ `ー^ー.''´\/ \
                 く     >-\,―, /-く   >n
                く. ヽ  / (●)  (●) .ヽ .l^l.| | /)
                 \. V|.   (__人__)  . |V| U レ'//)
                      \ \        /ノ     /
                    γ⌒ \-',ィuー/rニ      ノ
                    /i  /__|___|__ヽ、_,__/
                  / ヽ、 |:::: ::: ::: ::: ::: ::: :::: :::j \ \
  _________「|/つゝ、,,!::::: / ̄\::: ::::: ::::}   \ \
 . \――――――――|l|〈〈〈〈,ゞ,ソ::: | .  . |:::: :::: :::j     ̄
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ l」` ̄  ノ:::: :::\_/:::: :::: ::::t
                    ├─┬──┬──┤
                   /::::::/|:::::::::::::::|\:::::::::\
                  /::::::/  |::::::::::::::::| .\:::::::::::\
                 i ̄ ̄  く´ ̄ ̄ ̄\   ̄ ̄ ̄ヘ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
 《やる夫》

  早苗一人では寂しかったのと、動きの豊富なAAが多いという事で採用されました。
  高速で回避しつつ、二刀流で相手を倒すかなり優秀なアタッカーに。
  地味に二刀流で経験値も2倍だったので、後半からモリモリ強くなっていきました。

  体力1ですぐ死にますが、逆にそれが長所となったわけで。
  それを封じられたら厳しいものの、それを封じてくるのは極一部ですから。
  やる夫を倒せる相手というのは、かなり限られてきます。

  ちなみに自分から自殺しないというのは、割と最初の方から考えていた事です。
  早苗が安易に死に戻りしないのに、やる夫がポンポン自殺してたら違和感があったので。
  最悪、敵対しかねない可能性もありましたから。それはそれで見てみたいですけど。

  例え蘇生がなくても立ち向かう辺り、どうせ復活できるからと考えているわけではなくて。
  単に死を恐れず突撃してしまうタイプなのでしょう。
  主人公だったら多分死んでました。


2817◆OQ7Nx98GAg2022/06/30(木) 20:00:58 ID:utYz6rS1

              __
            / \ ノ\
            |  ( ● ●) ‐=≡
      _     |  (__人_)          ‐=≡   (´Д`  )
     (((( ク     !   ⌒/      ‐=≡(  ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ ヽ⌒ヽ
      \ \    ヽ   ノ 、ヽ从 /   ‐=≡  ̄ ̄ ̄ ̄ \ヾ   イ |
      ‐ \_ ̄ ̄7    `⌒ヽ    ;  . ‐=≡‐=≡; :  )   |  |
         =  ̄ ̄|    八  ノノ′  . :  ,   ‐=≡  /   /|  |
        .  _ = .|    | .// W ヾ     ‐=≡   / / / し丿
    .  _ = ._ ~ヽ|__/ イ         ‐=≡ / / /
    __ = ( ̄ (______/Y     ‐=≡   / / /
    _ =  |  )ー―‐(   丿     ‐=≡ ( ̄ / /
     、 、. |  .|     \  \  `:ヽ  ‐=≡  ̄(__/
  ( ヽ: _丿 ヘ.  ` ;   \ \ ⌒/ ヽ
(´ \.从(___) /`)  (、へ(__⌒_)从人/ ;`)
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
 《やらない夫》

  本来ならやる夫的なポジションは一人だけなのですが、今回は敢えて二人に。
  早苗が特別というか、褒められる側の人間なので。早苗と二人だけだと会話が進まないのです。
  なのでもう一人加えて、そいつら同士で会話すればいいんじゃないかと。だから地味にやるやらの会話は多め。

  妨害工作をしたり、偵察したり、裏方のような立場のスキルだったので。そうするもんだと思ってましたが。
  蓋を開けてみたら、何故か最前線で戦っていました。単独行動が危険だったというのもありますけど。
  なにより忍者も千里眼もあんま機能してなかったので。拳で戦うしかねえ。

  ヤモトと良い感じ?になっていましたが、恋愛感情なのかと言われたら疑問。
  お互い恋愛だと思っていますけど、親友って方が近いんじゃないかなあと。
  でも本人が恋愛だと思ってるのなら、それはきっと恋愛感情なのでしょう。

  早苗がまとめ役をやらない場面が多かったので、地味にリーダーみたいな事もやってました。
  何か作戦を立てる時、やらない夫を多く出していた印象があります。
  そういった意味では影の主人公と言っても良いのかもしれません。


2818◆OQ7Nx98GAg2022/06/30(木) 20:01:07 ID:utYz6rS1

                      _
                    _.-.  ̄.:.:.:.:. ̄ .` 、
                /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ.:.:.:.:.:\
                ,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.イ:..:.:.:.`.:.:ゝ.:.:.:.:.:.ト、
                 /.:.:./ :.: j./:.:.:.:i:.:.:.:|:.:.:リ.:.:.:.:.:.:ハ
                 !.:.:.l.:.:.:.イ.|::」:._」:-斗iT-ハ.:.:.:.:.:.:.:\
                 .,'.:.: | .:ル'´‐-   -=  从.:.:.:.:.:.:.:.:.:''-..、_
                .i.:.:.:l.:',z==ミ   ィ≦示リ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ̄二ニニ
                 .川 .:i(ヾ込ソ    ゞ-゚''リ}.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
               イ.:.:.:.:.l.:ゝ         人.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
              '!.:i. :.:.リ :.:ヽ   丶- '   ィ.:.:.ハ..:人.:.:.:.ヲ ̄ヾ二、.:.:.:.:.:.:.:
                .|/|.:.:イ.:.:.:.:.:.:.:>t  イ.:.:.:.:.:.:.:ノ 丶从     ヾ.:.:.:.:.:
              | {.:.ル.:.:.:.: 斗ヲ    ト)ヘ.:.:イ  /::;x=',
               | r人777≪∧    `∧7777≫:.イ\\
              |ノ/////////ミ三三彡/////汽≫、\''-..、_
             〃/////////∧;;;;;;;;;;;;;;∧///シ ∨//|   ̄  ̄ ̄ ̄
             ////////////∧;;;;;;;;;∧//シ  ///.|
              |///////',\///∧''''∧/シ /////ハ
               ハ/// {//入  ''-..、`ノ'-―イ//)///ハ
               /////ハ/////7.、こ ̄ン//////リ///ハ
   ,i¬__.     ,'//////ヽ、/////>ト'`\_____イ/////ハ
  r'.l / ゝ.   ///////  //////{ |//\    `'' ._/ハ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
 《比良坂初音》

  本作のどうしてこうなった枠。どう考えても四天王として散るはずだったわけで。
  ここまで本筋に食い込んでくるのは予想外というか、予想できるわけ無い。
  ただキス魔がああなった時点で、最後まで絡んでくるのは決定したのです。好感度って怖い。

  強さがかなりフワフワしていましたが、それは仲間にする予定がなかったからです。
  ただ四天王の中でも強かった方なので、全体通してもかなり上位だったんじゃないでしょうか。
  タイマンなら結構やります。集団戦になると味方を巻き込むので、むしろ邪魔になります。

  早苗の苦しみを分かり合えるポジションも、本来ならやるやらが担うべきなんですけど。
  あちらは持ち上げたり梯子を外したりするのに忙しいので。
  自然と、こちらに役割が回ってきました。

  最後は賛否両論あるかもしれませんけど、この二人の別れ方はアレが最適だと思ったので。
  でもマトモな主人公なら、もっと激怒するべきところなんですけど。早苗ですから。
  それは初音も了承済みでしょう。


2819◆OQ7Nx98GAg2022/06/30(木) 20:01:23 ID:utYz6rS1
                   ..-―-
                     ..::::::::::::::::::::::::`丶、
                 /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
              /::::::::::: /::/::/!::::::::::::::::::::::ヽ
              .::::::::::::::::i::/::/ l::::::::: ト、::::::::::i
               i:::::::::::::: N:;/‐ N/lイl- |::::::: |
               |:::::::::::::: |ィfうx   ィぅx.!::::::: !
               |:::::::::::::: | ゞ'   ゞ' |::::::: ′
            / |:::::::::::::: l      '  ノ:::::/
           /:O: lノ从从ル丶、 )ー‐、イ从/
         /0::O::O://///丶、_`{ ;;#;#;} ムo:ヽ
       /:0::O:::0: /////: : : : : :ゝ--: ' マム:0::゚。
      /:0:::::::::::O:::////___/ニニミx : : : : :マムO:::o
.     /:O::::◯::::0/////フ   ニニン==: : :マム:o:}
     /::::::Q:::o:::///r〈.`ヽ   -‐´: : : : : : : :.マム:}
.    /::O::::o:::///, イ: :ヽ:.:.〉´: : : : : : : : : : : : : :マム
   /::o::O:////リ: {: : : :`j: : : : : r―――――i:マム
.  /O:o:////:ヽ( : }: : : :/:: : : : : {////////f三ヽ:マム
  /::::::////: : : : :.ヽ:_:_:_/: : : : : : :乂///////,ゝ、.j: : マム
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
 《ヤモト・コキ》

  どうしてこうなったというか、なんか生えてきた枠。当然そこまで目立つキャラではありません。
  多分カオスに飢えていた>>1が、そのストレスを発散する為に無意識に生み出したのでしょう。
  最初は若干マトモだったので、どうしてああなったのか>>1にもよく分かりません。

  カオスキャラなので、当然スキルなども適当に生えてきます。
  いつのまにか妨害キャラになってやらない夫の株を奪ってましたけど。
  むしろ意図的に奪ってたんじゃないかと、今ではそう思います。



              _  -‐…‐- .,__   __
   < ̄ `ヽ    、丶`          ヽ´  `ヽ
  __ \  } /     、      、    ’,⌒\}
≦ ‐- 、 ヽ /      ‘,\    ヽ   ′
      丶 V         〉 ヽ -‐…・…‐┘
      ∨  {   _.、-''~     ,x< ̄丶 \
¬=‐- 、 :{   {__,/ ,x< ̄ ヽ {:J刈   ゚,  ``ヽ、
~"'' 、  L __{ ! :{ /:J刈   ‘, V::ン    ハ    \
    {    {   { {乂:ソ    ノ  ̄} -‐'" ・      ゚,
` ‐- {    /   ‘,└  --‐ '"           }   ハ }
    \__./     、         __   ∧   / V
     ノ{  ハ    \      -‐     /  }/
二ニ=-'" \{ \    ヽ ..,,__   _ イ
\       ノ  ``ヽ   }__  { ̄ 〈__
  ~"''‐-‐'"    __ }  /::::::::::{   丶::`ヽ         ⌒〉
           √::::::}/ニ{::::::::{     ヽ:::::\-‐ ¬   / /
         /:::::::::::::::{ニ{/⌒\  /⌒`ー :::::::::::}  / /_
           {:::::::::::::/ニニ{:::::::::::::ヽ/::::::::}二ニ}h、:::::__/_ ,  ̄〉 ㍉-、
          r‐::::::::::/ニニニL ____ 」ニニニl/   `ヽ/  / /
        i{:::::::::::::{ニニニニニ二二二ニニニニ{   ー ‐ ' ー'^ T
.         /:::::::::::::V/二ニニニニニニニニニニノ\__       丿
         /::::__::::::::个<ニニニニニニニニ>'":r1:::{    -r‐'"
      /::::::::::::二::_〉  }ニニニニニニニニ{‘,:::::{::::::‘、   ノ::::}
.      /::::::::/:::::::::::`ヽ ノニニニニニニニニ{ ‘,:::{::::::::::::: ̄:::::::ノ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
 《ルシファー》

  なんか生えたというか、なんか出してた枠。思った以上にキャラが動くとこうなります。
  いや、ルシファーの他にも回ってたキャラはそこそこいたんですけど。
  何故かルシファーだけ妙に後半の出番が多かったという謎。>>1にも分かりません。


2820◆OQ7Nx98GAg2022/06/30(木) 20:01:34 ID:utYz6rS1
、___,,.ヘ      tzZ二l||l三三三三三三三三三三三ミ. r'゙    }カ!__
       ヽ      ,.l||lニ三三三三三三.三三三三三三 |    |ミjヾリ
  土 二l   \   ,.イチ,ィ三三三三三三三三三三三三三i.|    ゞ゙
 j、|ー└―' オ {  //ll||l三三三ア l三三三三三三三l||l l||li|ミ|   マカ マカ
   ̄ ̄ ̄   ヽ l,'/ l|三三 l||li/  Vlトミl||lヾl||lミ三三||l l||ll||lii|    Lリ }ミl|
          /  l||lニlニl/l||l   Vliヾl||l`ヾリヾL三/ ̄Vミll    ./イ
 千 _|__     l    リミl V工=-z..,,_ _rrァチ三 ̄.}}y'l.  lリ/    <Zォ  tj fj
 田 l |  ン  l   ./''^V't{ イ"サt゙'リ⌒ミ{_'´ゞ'_ノ='゙ lリ  /ア ヽ   ヾニlミリ7ミ>
 土 ノ、ノ    |_     ヾ',`''ー‐''" ::l     ̄    ..,/タ  }   /'゙、//
         r―'' ̄    `',    :〈 ...       /三ミ、 <     ,.-、
  「ノ 「ノ    /         ヽ   t――‐.x   /,=三l||ll||l|     `iミ|
 O O    /i         r'≧、 ヽ ̄ ̄リ,,..ィチ三ニ=''"l||l::|      |ミ|   ./
       ./l||lt、       ,..イヾミtxミiヽ二二=三ニ-'::::  ,,....::\    、リ  /
_   ___/ヾミl||lミt  _/ヽ::... ':;:::ヾミア三三ニ::::::: '",,..::''::::;;l||ll||lチ、__   ,,..ィ゙::V
_><三ニ:::. :::ニ三</::l||lミt、::':.,,ィチ三ニア'::;; '",,.ィ''゙::;;;z=l||ll||lイ/l||l:::;;;ヽ/.:.:.:.:.:.:V
ヾミチ''''Z=-三三t、`ヾ三l||l,::,ヾ三ミ/   ヽ--.、..::__,,.ィチ三ミア::l/::ノz'l||l".:.:.:.:.:.:\.:.:.:.:.}
≦zzzz=x:::V./ミl||ll||ll||ll||ll||ll||l_ミz7 ''¨ヽノ/   ` ¨ヽヾ¨''゙ー-t''".:.:.:.:`''l||ll||l.:.:.:.:.:.:.:.リ
  `ヾミz/イミt、l||ll||ll||ll||ll|/.::::::::l: : : : }、!   .,    `''、ヽヽ.:.:\.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヾ.:.:.:.:.:.:/
     `''''ニニY:ゞ====:l:::::::::::|:r-.、 l::l   .,'   i   ;: ∨ヽ.:.:\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
        ノ.:、.:.:.';|.:.:.ヾzz≠.、__ノ,':l   ,'   /   lミt;}:l.:.!.:.:.:.:.}.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
 《最初に》

  これから各時間軸について語っていくわけですが、最初に行っておくとこの安価スレにプロットはありません。
  というか何も決めてません。大体アドリブです。
  時間逆行もので、どうしてそんな愚行に走ったのか。不思議でなりません。

  その為、いつも以上に投下中にテンパっていた記憶があります。
  なんかいつもと違って余裕がないなとか、間違っていてもガンガン進めるなと思ったならそのせいです。
  まぁ、当人はそんな記憶がないぐらいテンパっていたのですが。

  ちなみに巻いた印象を持っている人も多いかと思いますけど、そこは若干複雑で。
  実際はもっと短めにする予定でした。久しぶりの安価スレだったので。長編はしんどかろうと。
  それに全編アドリブで長編は無理でしたから。サクサク進めようかと。

  なので3ヵ月以内には終わるはずだったのに、気づいたら長くなりそうで。
  こりゃ大変だなと思った矢先、主人公やダイスがRTAを始めて巻き始めましたからね。
  あれがなかったら、多分半年ぐらいやってたと思います。


2821◆OQ7Nx98GAg2022/06/30(木) 20:01:44 ID:utYz6rS1

         /、 !        /            ヽ
.        /  ヽ', :.        /                 ‘,
        j     ‘,      /                   |
        |     :..     /     ,,,,,,,,,,,,           |
         {  ヾ,、、、、\r==x 、:r'''´    `''''ヾx         |
        | ヽ!    .::   }} リ      : ; : :ミ      |
      /{:   |.:   .:::: o リ        .: : : : ミ       :|
     ///∧  |   ::::  .:: .::/      : : : : 〈 r‐、   |
.    //////ヽ l    丶:    |       ,,ィ: : : Ⅵ ヽヽ .;′
    ///////八( ミ==ア   ゞ==≠冖''¨´: : : :.Nヽ | |   .>''´
.    {`''<'/////∧  z=≠ミ|  ::::::≠===ミ: : : : : :_ノ ノ:::/
.    ゝ、  ``''<///,     |       . : : : : : : : /:/
.  ̄  \     \'/,     |       : : : : ; -‐::::::/  γ´ ̄`
       \     ヽヘ   L___,:'     : : :./  :::/、  ゝ--- '
        `丶、  ヘ ', / ⌒`ー-  ..,,__:.:/ :// :::::::`` ー---
. 冖'''¨ ̄        `> '' ´   ´⌒ヽ、   '´∨:.:├- __
         -一 ''´       -‐‐、  \‐ 、  ∨: |    下 '' ‐-
.     イ´              __   \  `Y.i  ‘,`ヽ  :::::::ヾ::::::::::::
.  /  {                ´ ``丶 ヽ  |ヘ, r‐!ー' \    \
/   ,∧              __     i i |/¨´/∧   ヽ   \
      ヽ          /   `7  | |ノ'///// ‘,   \
         \ r-‐‐<´     r ´ ン_ノ//////   ‘,    \
.          У ヽ\ `¨¨   ゞイ/////////    ',     ヽ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
 《3000年前》

  魔王が消滅の因子を持っており、それを破壊するというのが当初の予定。
  しかし何を思ったのか、実はもう1つあったんだよとか言い出したので。
  なんかそれっぽくしました。そうしたら思った以上にそれっぽくなったので良し。

  メイビスも時間を超えて登場するキャラの予定でしたけど、そっちに進まなかったので。
  CCもいますし、あんま複数の人間が時間を超えて登場するのもどうかと。
  そう思ったので封印されることはありませんでした。

  同行者的なシステムもありましたが、基本的に人間はその時間軸限定の出番なので。
  絶対再登場しないってのは、果たして選ぶ意味があるんだろうかと不安になりました。
  結果的にブルーアイズという兄弟分も出来ましたし、いいんじゃないかと。

  ちなみにどうして召喚陣を弄ったのかと言えば、
  謎の時計の登場により勝利を更に確実のものとしたくなった魔王が人間を篭絡。
  それにより召喚陣を弄ったのだという設定を今思いつきました。


2822◆OQ7Nx98GAg2022/06/30(木) 20:01:55 ID:utYz6rS1

               r-y-、
           > ´ ̄ `ヾメ、三ミ、
   ト..,,_ _,,> ´   ヽ  ヾ メヽ |!|ハ
   `ー -- ィ''´       ',   ',ヾ く// ! /:.ヽ
        ./    .i     |   | ヾy} /:.:.:,.:.:i
      ,      | | | |   ト. { く:.:.:./:.:.:j
      i ! .i |. } ,!ィf刃   ,!ノ  / ヾ:.:.<:.ハ
      | ハ i!从ハ! '' ゞソ  ハ  /   \:.:\:.ヽ
        ヾ マソ     ' '|  | >-.、   \:.:\\
        | ヽ' '  , - ;|  |/ /:.:.ヽ     ヾ:.:.ヽ:.ゝ
        |  >:.. ー≦ニ=ミ;:.:.> 二ミ= 、r==-、__
        |   __/フー 川_}∨/    `ヾ\:.:.:.:.:〉
        |/!/.:{ {:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.} i    ',  ∨:.:.:.:./
          ',:.:ヾ!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ !    !   }}:.:.:.:.`:..=-<
             }:.:.:.-=:.:.:.:.:.:.:イ:ヽヽ      ノノ=- 、:.:.:.:.:.:.:.!     ,.ィ
          /:.:.:.:..:.:.:r'',Z ヽヽ:.:.:`ー 二 彡:.:!   i:.:.:.:.:._/ヽ.  / }
            /:.:.:.:.:.:.:/ /   \ヽ:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.ノ }   !:.:./  }/  r''
        /:.:.:.:.:.:.:/. ',       7ミ二二二彡.}!  〈// /   ソ
         /:.:.:.:.:.:.:〈   ヽ.   /:.:.:..:.:.:.| |:.! ', i!_  ソ/ヽ   ´ ̄ ̄ >
        ヽ:.:.:.:.:.:.:.}ヽ__  ` ̄ヾ:.:.:.:.:.:.://oニXニV、  }i  __` < <⌒´   ./:
       ,..-=\:.:.:.:.:.:.:.:.:\    ',:.:.:.:〈〈:.:.:.',  ヽ ヾ:、 >-iー- /  `ヽ  /:.:.:.:.
     /:.:.:.:.:.:.:.:.>-.:.:/:..:/:.}ー-、 }:.:.:.:.ヾ!:.:.:.',     `゙>!ミ≧='ー-- -- イ:.:.::.:.:.:.:.
     :.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:../:/:.:ノ ノ ト、{:.:.:.:./ミー-ヽ..,,___ メ /   >==-- ‐<:.:.::.:.:.:.:.:.:
    :.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:<二 ̄  イ  }!:.:.ノ  }}   } }≧= ヾ!  /:.:.',:.:.:.',ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
    :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:> r'' |  .V:.:.:.:.:.:.乂   ヾ   }} /:.:.:.:.i:.:.:.:i !:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:
    :.:.:.:.:.:.:.:. :.<´ ̄ 厂  〈 、ヽソミ、:.:.:.:.:.>=- ..,, _/:.:.:.:.:.;.:.:.:.:| .i!:./:.:.:.:{.:.:.:.ヽ
     ̄ ̄ ̄ ̄}イ ⌒リ>.:´::.:.:}:.:.!:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:..:.:.:.:ノ:.:.:.:.!ハ:.:.:.:.:.:.i:.:.:..:.:
            !/  } }:.:..:.:.:.:..:ノ:.:.:',:.:.:.:.:.:.:.:ヾミ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.{ }:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
 《2000年前 帝国》

  実はエジソンは皇帝に騙されてましたにするか、マジでただの暴君でしたにするか。
  割と悩みながら始めてました。なので最初はどっちでもとれるように曖昧です。
  ただ後者の方が面白そうだと思ったので、そちらに舵を取りました。

  早苗を守った謎の兵士とかもアドリブです。こういう謎の伏線っぽいものを>>1はよく張ります。
  そして気が向いたら回収するので、中には回収されなかった伏線っぽいものも沢山あるのです。
  ボルト・クランクとか、もっと出番がある予定でしたけど。なかなかどうして。

  ちなみにエジソンがいなかったら、良い囮役がいなかったので大人しくするつもりでした。
  どんどん強くなるとはいえ、最初は皇帝も雑魚なので。それで目立つと処されてしまいます。
  強くなった後ならば、そういう動きになっても困らないというかむしろ大歓迎なので。

  理不尽な命令を出しながらも、速く反乱起きねえかなとヤキモキしていたようです。
  尚、とっとと王都に行っていればエジソンが助かったと言われると微妙です。
  騙されていて、あの立ち位置のキャラだと、正直生き延びる未来が見えないというか。うん。


2823◆OQ7Nx98GAg2022/06/30(木) 20:02:03 ID:utYz6rS1

                       --―‐--
                     "´             `` 、
               , ´                丶
                  ,                   ',   \
                    , ´                   ',    ヽ
            /     ,.' . ,′        /        !  ,  '.,
             ,′.  ,′ ,′ "   /   j  .,ィ ト、 ',  ',
               i!   ,′ ,′, '   ./     ′ ./.} j ', i  }
           i!   ′  {. ,′   /       ,'  /,-j /‐ .∨i  .j
            i!    {   v    ./      /j /  j/,..  V} ,′
             i!   ′   ',  ./   ./ / ./ ,' イ,ィfi笊拆} /!
              i!    ',    .‘,./ ,.x斗云、厶イ !  匁ツノ .j/ l
.            i!    ',     .∨弐{ihハ_ノ`   ′     / ., |
.             i! ', ,. -‐∨    ‘,'ゞ "´      ',     .ムイ.|
           i! ', .ゝ、 .∨ ∧  '.,         .、 j     jノ.j !
             i!.  ',  .\ ∨ ∧\ゝ、             ,' i
.            i!.  ', ,.へ. `∨ ∧. ⌒   、_,, -‐  フ"  .,ィ'  i
        ,.。s≦二ニ"ニ/  ∨ ∧ゝ、     `ー-‐'"   / |   ト
       八ニニニニニ./   .∨ ∧ ≧s。        ,.< ./!  .i ',
            ー "´/ニニi'',.    ,∨ ∧      ≧s.。.  '  y .|  .! ',
            i!./ニニ.|. ', / ∨ ∧..      ;    ムイi  j.  ',
           /ニゝイニ.i. '/    .∨ . ∧..     ;   ノ  ! ./ヽ、_',
         /ニ7´/ j{ニi  ',    .∨ .∧     ;      i /    ` ミ、
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
 《2000年前 天の国》

  獣族ハイパーショートカット。尚、難易度は跳ね上がる。
  タワーディフェンスで、面倒くさいから全部纏めてかかってこいって言うようなもんです。
  もうちょっと鍛えてから各陣営を一つずつ潰す予定でしたけどね。

  フレイザードは手を組まなかった時点で、ああなることは決定していたので。
  全編通しても、割と良い戦いだったのではないかと思っています。
  ラスボス予定でしたが、なんかホーネット派も本気だったので。仕方ない。

  なのでキスショットはオマケというか裏ボスというか。倒せないけど当てたら勝ちみたいなアレです。
  本来ならここで戦い、未来で再会という流れを予定していました。物語的な。
  ですから、どう足掻いても倒すのは無理です。

  ダヴィンチは黒幕の正体も知っており、黒幕の役に立つ為にずっと動いている事になっています。
  なので若干990年前と差異があるかもしれませんけど、別人ですから。
  言動に違和感があっても問題ありません。


2824◆OQ7Nx98GAg2022/06/30(木) 20:02:12 ID:utYz6rS1

         / `ヽ /∧       l       l  l /  /
       /    ./∨∧       l_....-──- 、l .l / /ヽ  ̄ `丶、
      /    ./   ∨∧     /`ー-、_ -‐=ヽr‐, /    ',     \
   / ̄l__/   /:∨/\_ィ/─‐-、| ヽ:/lト。/l"≦ ̄`ヽ .l       ̄ ̄`ヽ
  {/ ̄ 、 /_ -‐=─-、::\__/、      ',  ̄l:|`ッノ、...l:::l___ヘl         _ノ三l}
  /   // `ヽ l } /`ー- _l  l|  (@) \  `l_「 /ヽl/ l  l    __ ..<三>´
  l   /::::弋   /‐l ./     /`ヽ \   l    `ー‐ '    l  `ー-≦ニニ>  ̄
 〈   |__:::/  ̄ ヽ__ノ l   _/l  l ー、 \l    (O)  (@) \三三> ´}
.  \ 「ニ:::| -‐-、/.} l `ー-イ 弋_ノヽ ー- ヘ〈ニ=/:/ニ〉/_//  l  lソ
    〉 / l   l/ヘ l __ノ __rイl 弋ヽ/`ー/_/_/__ ..<    /_ -‐ヽ-‐/⌒ヽー-、____
   /-/ /\__ノ.',ノ ̄ /:::::_...-‐\\ヽlー-/、ーノ//l  l   /   /ニ/:∧.  l  (_l_l_)
   / /_/  \__ノ\  フ:::::::::::::::/::\\ー/-‐/ _.イ> 、ゝ-/ 、  l○l::::l `ー' ノ { rヽ
.  /_/ 7     \_ノ /l___/::::::/::::::(O)::::/::ヽ:::::::::::> `ー-ヽ  マム::::ヽ    l{`ー、/ヽ
 / /_/       / __ /:::::/::::::::::/:::::|:::::ヘ::::::::\::::::::::::::>  `ー-\\`ー-、_//ヽl乂_}
./_/ 7       <_/   ヽー-〈:::::::::::::/::::::::|::::::::ヘ:::::::::::\::::::」 ヽ      ̄ }l(_(_/
. /_/       /l    l  l  l::::::::::/:::::::::::|:::::::::::ヘ:::::::::::/ ̄  / `ヽ     {「¨}}!
/ 7       {_ |   l / ̄`ヽ  ̄ヽ:::::::::/\/ ̄ 丶、l    / / ̄\.    {{l],}}
._/        /  |   l /    7    \/   `ー-:::ヽ    l _l   __ヘ   _].[_
7.       /.  |__l/     l             l  _/:::\ l ./   {「¨}}!
        { l      l    l               ̄l::::::::::::::::::::\_/l.  {{l],}}
        ∨l       l   .ノ               7::::::::::::::::::::::::/   _].[_
            ∨      l /               /::::::::::::::::::::::::/    {「¨}}!
         /__ .l  l/                 ∨::::::::::::::::::::::l     {{l],}}
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
 《2000年前 オース》

  ここは珍しく、始まった段階でオチまでちゃんと考えていました。
  ゲンナイの売名、最後の裏切、ああいう結末も全て。
  聖杯? 知らんな。

  ただ最下層に封印されているのを誰にするかは悩んでました。
  一番はケルヌンノスだったんですけど、AAがそこまで多くなかったので。
  じゃあ遊戯王にちなんで誰にするのか迷った結果、封印されているならコイツしかいないと。

  もっとも6層の初音関連は完全にぶっこんできました。
  なんとなくクトゥルフに関係があるんじゃないかと思ったので。
  ちなみにあのハスターはただの迷子なうえ、エクゾディアに捕まって利用されてました。

  蓋をした場合、マジで終わってましたけど。あれは最後にやろうとしていたことの伏線だったので。
  実際、選ばれていたら過去一で焦っていたと思います。
  選ばれて困る安価は出さない方がいいです。心臓に悪い。


2826◆OQ7Nx98GAg2022/06/30(木) 20:02:26 ID:utYz6rS1
                      ,. - ' ´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:. ‐ 、
                     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
                    /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:., - ニ三三≧=、ミ.:.:.:.:.:ヽ
                 __.,'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,; ,. -'"´       `ヽ ヽ、'、
               /´.:.:.:.:.;イ .:.: .:. :./:∠.:-ー' " ''''''' - 、   ヽ.:.:.l
              / .:.:.:.:.:.:!l .:.:.:.:.:./:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ   〉.:.!
              ヽ .:.:.:.:.:.゙、 .:.:.:.:.l;/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ /!.:ノ
               ヽ;. .:.:.:.:゙ヽ、,....{|;_.:.;-'".:.:.:. ̄.:ヾ,ー 、.:.:.:.:.:.ヽ//
           ..........._   ゛ー 、/-ー-Y≦ヾ、,_.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ  ヽ.:.:.:.:Y
        "´ ̄``‐- `ニ; 、;:ァ7.フ;べ二'''' ー  ヾ,_.:.:.:.:.:._ヽ-シヘ.:.:.:.i
             ,.-^ニ;_ヾY´ ̄y'^゛ =ミ\ヾ,≧い-; ;;-弌   ヾ.:|
            / ,‐'  >r‐:v'.:.:.:.:.:.:.:.:` 辷'::::}__.>:..:.:.:.',   ル'
.          , '.:/.:.:.:.:/./.:.: ,'.ヽ.:.:.:.:.:.:゙ 、.:ヽブ.:!ト. ヾ.:.:.: l  ./:l'
.           / r'.:.:.:.:.:./.:.:.:! .:.: .:lト.:.:.,:=-、.:.:.:ヾ、:ヽ}!l::i l!.:.:.:.!  /:ノ
         ,' /! :. ,'.:./!.:,.-ト`.: .:ヾヾ 、.:.:.:`.:.:.゙、:ヾ〈j,':! l!.:.:,' ,;/
          {/ .!:. :. :.:|.:',.:.:.|ヾ、.:.:.:ヾ ヾヾ 、.:.:.:.:.:!:.!ヾ!.;'  l!.ム'"
           ヽ.:.:.:.∧:ヾ ,;=;、ヾ..:.:゙、 ゛≧ヾ,:.:.!'.ト、y'  ,':ノ
            '.:.:.:.l、ト、'jハytヾヾー、"⌒`゛入!lトム‐ュ'.._ ___
              ヽ:::|ヾv>` ,ゞ'}    _  /ハ i.:.:./j.:〉 / r:::'r',rヘ.ゝ
             ヽ Y.:.:'{ `´ ヾ´ }  _,.ィ.:./.イハ{ l::::! i   `ヽ
                '.:/レ`,=ァ-ァ='イ ,; 'ム=ヘ'、 `ー=" `ァ_ ,:'
                r-'、,ノ._ ト-ト;┬ '´, ヽンつ._ ,.イ ヾ` `'
              r'> 、`ハ、ヽ{´}./,' (つ'  `Y´:l!`; li.`rベぅ〉
              !.{   /,イ:} バヽ< }_ ,- _,.く_,ノへ};,┤j`イ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
 《1000年前》

  上位世界の存在を知り、そこに至りたいと願った科学者が一人。
  だが自分の技術だけでは、普通に到達することは到底不可能。
  そこで策を弄し、まず世界を消滅させる事を決めた。そして彼は実行した。

  世界の観測者は焦り、当然何らかの救済をしようとする。
  それに乗じて、彼は創造主を引きずり落として自分がその座につくのを画策するのであった。
  岡部倫太郎の渾身の作戦が今始まる。

  という構想もありましたが、全部投げ捨てて早苗ifで行こうとこの時間軸で決めました。
  岡部黒幕案だと、色々と辻褄が合わない部分もあったので。
  早苗黒幕案だと上手く嵌ったので、後はまあ何とかなるんじゃないかと。

  この時間軸はSFでよくある理想郷みたいなのを描きたかったので。
  それっぽく感じて貰えたのなら幸いです。
  召喚装置を破壊していなかったら、多分あと数百年は続いていました。


2827◆OQ7Nx98GAg2022/06/30(木) 20:02:36 ID:utYz6rS1

                     _rt辷ここ辷t-_
                    rァ゙´_、-‐  -=ミヾ''⌒
                  У/       \   :.
                  ' / / ' fヘ,, rヘ   ヽ ',  {
                     } { { | i{/⌒ヽ}: } } }  {
                  ノ} : :{_| l{_    : /_: 八 〔
                 /, }八 :リ八`   ノイノj /{∧ 〔
                 //   } \´^` .:  ^``彡{ {'/}:{
.            _//  /, } {.    '   / {〉 V }\
          / ̄    // } {)>  '  '  イ} {∧ Ⅵ  \
         / /     // /} {_ }:≧≦{、┐: :/∧∨,    、
.         /  {    厂~\ :} ⅱ~"''t┐=ニⅱ {: > fヘ  }、 ヽ
        └'⌒    L   `; 八_-芥-_ノ〕 {´ _」、(\} `、
                 / 「~"'' ///_-ニ/=}ニ-Ⅵ〕 { ̄r┘〉 ) \} }
                '  _)   //-ニ/-=}ニニⅱ〕: {,,_」ニ'∧‘,  `、
            / _-`L イ⌒厂 ─└¬”} 八 Vこニ-∧‘,  `、
            / _-: :/: }iア゙ , '´/ 7 7冖¬‐- }  {ハ }こニニ∧‘,   `、
.         /  '゙/: /. .〕′/ / .′:  } : : {  { リ`、二ニニ∧‘,\  `、
.       / / /: /. ...〕{ { { { {:  { { { {   {fニ{ `、ニニ-∧}  \
     //  / . . . . ..〕圦 ', :. ´_ 、 { :〕!! {こ八. ‘こニ-∧     }
.    //  / . . . . . √=个_丶,,_ ´_`、! 〕 } }_,, イ..}∧. .Ⅵニニ 、   }
    / ′ ,  : . .i . .√ニニニ}: : : :  ̄ ̄ ̄: :cc{. {.{/∧. .Ⅵニニ-、  : }
.   //{  .′ {. . |. .√ニニニ/}          _ ノ.{ } .}. } Ⅵニニニ`、 .ノ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
 《990年前 地上》

  伏線回収と新たな伏線張り。この辺りから>>1のテンパり具合も加速していきました。
  ただ一番やりたかったのは『ダヴィンチとの交流を深める』だったので。それは成功していたんじゃないかと。
  そうする事で別れる時の切なさも倍増するだろうと思ってました。ゲンナイはまあゲンナイなので。

  ちなみにシビュラシステムも平和な世界を謳歌してきたタイプなので。
  危機に関しては滅茶苦茶敏感で、かつ危機に対しての対応能力がとても低いです。
  なので何かあると焦ってとんでもない事をします。

  要所要所で杜撰に思えるのは、そもそもそういう世界を想定していなかったから。
  チップのある奴がそんな事をやらんだろと思っていたので、チップ無しの存在はかなり衝撃だったでしょう。
  ましてや過去から異世界人がやってくるとか、完全に処理能力を超えていたんだと思います。

  黒幕が男っぽい感じだったのは、変装していたからです。
  早苗が出来ることを、黒幕早苗は普通にやります。


2828◆OQ7Nx98GAg2022/06/30(木) 20:02:44 ID:utYz6rS1
                     ,r――<二二≧x、__
                        /ニニニニニニニニニニニニニニ }
                        人´ ̄ ̄` ー- .,__ニニニニニヽ
                         ヽー-= _____ヽ二_ /
                  __ _,. -‐‐'ゝ、_____,. -ノ__‐ 、
                }ニ/ヽ_   }`"ニニニニニニニ/´ ヽ `ヽ丶
                }ニニニニヽ´ ヾ=二二=-‐ ´ }    \  \\
                /ニニニ// /|  ,fッ、./    ./     ヽ   \\
                  /ニニニ/ { { |  {ゞ'///{/{    } .}  ',   ヽ.\
                /ニニニ/  /ゞr ! |ゝ、{  ィ'ftッ !、  /∨|  }    .i   ヽ
              /ニニニニ/_,. r '´/ゝ',.ゝ、_   ¨/ ∧{ .{  /  .!ヽ  │  .|
        /´ ̄/ニニニニ/ ニニゝ/ニ ,r‐i `¨´   { { { 'ゞ  {.  |  '  |    !
      /___{ニニニニニ>'´ニニ/_ヽ_,ノ  ̄´ 人 ゝ     |   ',  |  |    !
        /     ' ニニ>'/´`ヽニニ {_|/ ̄ ̄  /\}    {    \|  }    !
__   /     //  /   oムfヲ|ニ´|__ /_ニ\   \   ヽ,/|  │
 \`' ──── ´    { o // |ム |ニニニニ=/r‐‐ 、 〉∧\        i .!   }
 /\            / } 〃 {={ マ}ヽニニニ/    ∨ニ ∧ ヽ     |/   ./
./ // ー―z――‐ ´-‐ |\{  人} ` !ニニ_|       ',  ̄´  }     |.   /
_/ ./  ./ __    , / \ _____ /|/>`ゝ   ノ∨!___  |      }  /
  / .//´     `ヽ / /ニニ/ニニニニニ /__`}ニニ彡'´: :!/  !    .//
. // /         /ニ{`'<{ニニニニニ/ー─'´∧ : : : : : ∧   .!   /
   //         /ニ=|`'>|ニニニニニヽーニ二` ー─ '´ニヘ  /  /
   {'          /二ニ|/ |ニニニニニニ \      ∨ニ∧_,/
           /ニニニ= |`'‐-|ニニニニニニニ ∧`ー──‐∨ニ∧、_//__
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
 《990年前 地下》

  聖杯戦争の管理者がガヴなのは過去ネタというか、他にそれらしいのが思いつかなかっただけで。
  池田はさすがにあんまりだし、小悪魔がいきなり『騙して悪いが』をやったら不自然なので。
  ノルマに追われてるガヴならやりかねんという事で、その役割を全うしてくれました。

  まぁ、ガヴが悪いというか汚染された聖杯が悪いので。
  でも、それを黙ってて終わること最優先にしてたガヴもやっぱり悪いわけで。
  尚、小悪魔はあるある的な笑みを浮かべてました。始めたての管理者は、そういう事をしがちなようです。

  地上に比べると地下は平和というかほのぼのしてましたけど。
  崩れた理想郷と安定した地下世界という構図が欲しかったので、意図的にそうしてました。
  なので早苗の体重が増えたのも、全てはその構図が原因というわけです。


2829◆OQ7Nx98GAg2022/06/30(木) 20:02:51 ID:utYz6rS1

                         ...........
                     .....:::::::::::::::::::::::::::::::......
                  ...::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....
                 ..:::::::::::::::::::::::::::::::::::`:. 、::::::::::::::::::::::..
               ..::::::::::::::::::*.::::::::::::::::O::::.\:::::::::::::::::::::..
              ..::::::::::::::::::::::::/'*.Ο°::::::::.、::.ヽ::::::::::::::::::::..
               .::::::::::;:゚/.::: 、  .::::::::::.~*. ::::::::::.ヽ:::::、::::::::::::::::::.
                .::::::::::/.::i:/..:\::::::.、::::::::::..`*ィ::::: i::::::::\:::::::::::::
.               .::::::::::-=゚彳 ::::::::::.\:::`<::::::::ノイ:::::l::::::::::: |ト、::::::::
           ::::::i:::.:::{::::::|\:::::::::::::. ヽィ竓示ミ代:: l::::::::::: |i|i|ト、:::
              :::::::|:::::::ヽ:::|/\:::::::::::.. ヘ洲洲リ ヽ!::::::::::::|i|i|i|iΝ
              :::::::ト、::::::::Nィチ示ミx::::::::::. ゞ'''´ "" _〕::::::::ハi∧ノ
.           i:::::::||i|ト、::: ifヘ洲洲リ ̄ ̄`       {:i:\/:i|i/
           ノヘ::::!|i|i|i|iヽ!\ゞ'''´     ⊿  . ≦三yヘ/
             ゜:!|i|i|i|i|i|i|i|八""      イニ= ̄/`'┐
             \i|i|iト、i|i|i|トア⌒ヽW 「/┌―".............\
               `⌒ >く.........t....ゝイ⌒../......................〉
                      |メメメ\___/;;/......〈............┌;..../
                  \メメメ´メ'/;;;{............>'..........イ
                    \メメ'/;;;;;;|.......´/....}...........|
                     匸|==|...............ノ............|
                       |;;;;;;/................)............〉
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
 《最終時間軸》

  ハイパー辻褄合わせタイム。>>1のテンパり具合は天元突破していました。
  なんかヤモトをアサシンとか言ってた記憶があります。
  ただ全編アドリブの割には、かなり綺麗に収まったんじゃないかと安堵しました。

  黒幕早苗は死に戻りを上手く利用した早苗というか、仲間がいなかった早苗です。
  友人というものに最初から拒否感があるので、出来ても私を異常とは認めてくれないだろう。
  と半ばあきらめていた節があります。そこから自分を見つめなおしていった結果、普通じゃんとなりました。

  なので死に戻りし過ぎておかしくなったというよりも、おかしくなったから死に戻りに拒否感がなくなった。
  そういう事なんだと思います。
  だからやるやらが死亡したまま進めていたら、早苗もきっとこうなっていたでしょう。

  最後の安価は今まであっさり終わる節を見せていたので、マジで終わりなのかと思った人もいるでしょうけど。
  >>1は一発でゲームオーバ―になる安価とかは出さないので、あくまでただの演出です。
  これをやりたいが為に、あっさり終わりそうな安価をチラチラさせていました。性格悪いね。


2830◆OQ7Nx98GAg2022/06/30(木) 20:03:01 ID:utYz6rS1

                //   / l     ', \   `メ  レ-、  :!   l _ ┼
   ____       レ::  /  ∧    ',  ` >'ー≧/'う :j   !    ' ∠ _
   {三   三L       l   ./  /  \   ', / テ==ヾ、ィ'  :l ト  :l  /
   「==== | ┼ l    l  .メ、   \   V/ /     ヽ`   :! !\\! /_  ! ┼
.   」ニニ.┐,-、  | __ ノL.._l  | / ィテ≧   `丶\ {l       l|   ,' L  `!  ∠__ ノL.._
  j 〉 }」/ j   !  `Y´ l  ! イ //   ',      ',     j     / `、ー:レ<.  `Y´   ,-、
  「| j .ヽ{  ト,.┴、__   '   V:!l' ll   j       \_   _ノ.!   ; '`  l イ  l 〉 __ j|__ / /
. ヽ\\      / ト、_   、   j|| ll              ̄ //|  ,' // j/|   !.'  `Yニ{  レ
   |      _, 人/ 〉l._ ',  { ヽヽ_ノ       ヘ     | //'´ /ノ  レ': :フ7_/ __ノ
    ̄ヽ<て` t彡' \j:: : :`ヽ ヘ ////   マ/::::::::::::j    .|  -'/ ´,...<: : : :レ {l ! ´
       `ヽイ_´>─'- : : : : : ヽ ヽ         ` ー '      /!//≦>'´: : : : : : : : ::| メ\_, ィ─
         {_:::::::::::: : : : : : : : ヽ ト _         < | j/!j: : : : : : : :l: : : : : : <_ `メ.ノ
       __ ノL.._ 、:::::::::::: : : : ┼ヽ !: : ::{>─   ィ ´ }   !/' /: : : : : :__ノ L _: : : : : フ´__ ノL.._
        `Y´  ヽ::::::::::::::::::: : : ヽ\:: :`ヽ\ .「',  !   レ: : : : : : : :::`Y´::::::::::,:  ´    `Y´
            _ ノL_、:::::::::::::::::::::::ヽ::::::! ト } | !  ヽ /: : : : :::::::::::::::レ '´ ┼
              Y´  ┼  、::j::::::::\!: ::`ー! l __ <__ : : : : ―≦  ┼
                    --' L` ' |: : :/!ロ! |    ̄ T ===、
                      Y´   |/イ  .| |      ヽ: : : : : ::::::\
                          |  |  | |     __ ノL.._: : : : : : : ─、
                          |  |  | |       `Y´ \: : : : : : ::::::}
                          |  |  ´        ┌┴─┐: :::::j┬、
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
 《まとめ》

  ぶっちゃけ質問もあるかと思いますけど、>>1も知らんので答えられません!
  それぐらい今回はテンパっていたし、アドリブ要素満載でお送りしてきました。
  復帰安価でやることじゃないなと、心が折れそうになる時もありましたけど。

  見てくれている人たちや、参加してくれている人たちや、支援してくれている人がいたので。
  何とか最後まで無事に終えることが出来ました。
  ただシステム系なら打ち切ってた。あれ途中で躓くと挽回不可能なんだ。

  スキル重視の世界ですから、もうちょいスキルとかも活躍させたかったですけど。
  成長の機会を早苗とダイスが奪っていったので。まぁ仕方ない。
  もっとガンガン経験値が溜まるシステムにすればよかったですね。あるいはレベル無し。

  能力値もかなり飾りになってましたけど、そっちは過去作でもよくなっていたので。
  想定内でした。あくまで目安というか、キャラ付けみたいなものなので。
  そこまで重要視はしてません。


2831◆OQ7Nx98GAg2022/06/30(木) 20:03:09 ID:utYz6rS1

         /               \
   〈\  / /   |   /  /|    |   \
    __〉 ∨    | /  /  |    |  ヽ ヽ
   \ //|  ==☆'"⌒`l    |   |   ',
 <⌒ □/∧   l >えメ、 l   ∧⌒ |ヽ }
   >□ / ∧   |〃´.::.ハ ヽ|  ,/ ∧   | ∨
  〃  ∨ / ハ  |んしイZ}   !  / /f爪 /  j  __   ,.
  {  { ∨{ ∧ j{トく.:xノj   |/ {_ィハ V   ////;>、〃
   、 人 \\∧| ゝノ少′    トZリ| //////入{{>:.、
    \  >-r<∧/ }       '  `¨ ノ ,/////////////}
     ` ー‐{ { / /   丶--'    / / {//////////;/^Yl
        } }/ /≧x .. __  イl /  V//////ノ^{ {  l |
    .:.‐<.:⌒∨ノ / /入`YY´丁 7ノノ/    >---く   V  l |
   /.:.:.:.:.:.:.ヽ.:.:|      }|! ノ /--く   {        ´ /ノ
.  {.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:V_   /l | | { ∧.:.:.:.:.ヽ  r<丁⌒ト-r一'′
   V.:.:.:.:.:.:.:.:////\ /  j | | / }.:.:ヽ.:.} |  |  j ノ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

  死に戻りの話。元ネタとなったのはリゼロと思いきや『何度、時をくりかえしても本能寺が燃えるんじゃが!?』
  あれを読みながら、死に戻り系のネタもいいなと考えたり。
  そうなると主人公は咲夜がいいかなと思ったんですけど、奇跡込みで早苗にしました。

  六合わせの話。裏から回すのが三賢人、表立って敵対するのが六合わせみたいな感じでしたけど。
  なんか気づいたら答え合わせとかが始まっていました。意図したわけじゃないんですけど。
  キャラ的にもあれで正解だったんだと思います。

  運命安価の話。やりたい事は分かりますが、時間軸が1000年毎なので。
  壮大な変化は実感が沸きにくいという事を思い知りました。
  10年後とかなら、もっと未来を変えてるってイメージも持てたんでしょうけど。

  設定の話。ネタがネタだけに、どうしてもわかりにくくなってしまう部分がありました。
  なるべく分かりやすいようにしたつもりでしたので、楽しんでいただけたのなら幸いです。
  作品は説明が一番退屈で難しいと言われているので、かなり頑張りました。


2832◆OQ7Nx98GAg2022/06/30(木) 20:03:18 ID:utYz6rS1

                                            __
                                          '´.:.:.:.:.:.:.:.:\
      /)、                                   /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
      // \                   _______/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}ノ:::.:ヽ
    〈/\ \                  '´:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄ ̄ ̄`丶、.:.:.:.:.|::::::::.:.:'.
.    \\\ \ヽ           /.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 丶\ :.:.|:::::::::::.:.:,
       \\\ \、          く:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: -―‐- :::::::::::\\ト、::::::::.:.:{
        \\/ \           ':::::::::::::::::::::::::::::::::::/⌒´ : : : : : : : : \:::::::::::\{ \::::::`ー- 、
          `く    .:〉        '::::::::::::::::::::::::::::::/ : : : : : : : : : : :\: : : \:::::::::::\_`ー─-、\
           \__.:::ヘ         ヽ::::::::::::::::::::::/: : : :∧ : : : /\ : :ヽ : : : ヽ::::::::::::::::::::: ̄\ \\
     ☆       \.:::\         \ :::::::::::::,′: : :'⌒ヽ: :│x==ミ、:ヽ : : :ハ:::::::::::::::::::::::.:./   }::/
                  `'く \        \::::::::i.: : : :/    \| r'::..jハ Y': : :i リZ :::::::::::::::::./   j/
       ┼ +         \\.          \::|: : :.:ル=ミ   弋'/(ノノ│: :|∧_:>::::::::/
                       \\‐- 、       `|: : /_}    r─  "  _l : /): :〉::::::::/
         *            \r'_ \xー/⌒ヽ:│ ゝ、 _ ∨__ノ _ イミ| 厶彡一
                       \ゝ_{{:.:.{.:.:.:.:.:.:.:ヘ{ ̄ ̄ :.:r≧≦.:.:.:.7⌒j/、
                        \\┤.:.:.:.:.:.:.:.:.:.___{/:.:./同.:.:./.:.:.:.:.:.:.:\__
                         \\ー'´ ̄/:::::::: 厂/   「V.:.:.:.:、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ァ:┐ _
                               \\/:::::::::::::/ 〈__i」 {.:.:.:.:.:{⌒\.:.:.:.://..:.>'´ノ
                             >、>´\::〃  〈/   ∨:.:┌ー┐:\:.{:{.:./ ^)____
                            /:::く  >く\      _匸.├─|::::::::::⌒^ー'´:::::::::::::::::::::::::\
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

  最後に。
  作品に関わってくださった全ての人に感謝を。
  あなた達のおかげで、無事完結することが出来ました。

  自分が楽しめる物語ならそれでいいをモットーにやってますけど。
  見てくれている人あってのスレでもありますから。
  気長に付き合ってくれる人がいるなら、それはとても有難い事なのです。

  あと久しぶりの安価だったので、本当に完結するかどうか不安でしたから。
  無事に完結できて、本当にホッとしています。
  まぁ安価はやりつくしたので、次はまたあんこに戻りますけど。

  その前に、>>1から大切なお知らせ。


2833◆OQ7Nx98GAg2022/06/30(木) 20:03:30 ID:utYz6rS1


          ,、                          /-‐‐ ,=   ' ´ ` - 、` .
.         Y i ゚.                         /´    .|     ,       \
.      r,  l .l l n                      /  . ´/ l    /… _       ゚
.      i.ヽ .l .l -‐ 、                    ' /   /  ゚   /    ヽ z^ァ===‐ ゚
      ヽ ´   -‐`‐ 、                /´/  .' -‐- V  l   -‐- 、 ^      |  , -‐
       /  _/      ヽ           /  ./     i .,x=、 V .l  .ィfテ㍉、 ⊂二⊃ |//
      V /         \       ´   /    l〃ん}゛ Vl  .ん:刈} } .′  /  ,、 .|
       V ゚.             \          ′ '.  ‘, 沙   `  心:少 ./  /  ./ ヽ
       ` ∨              > .     .゚ /´ | /l‘.   ′ _       ' ./  ' / ヽ l
          ` <                > . ' ./   |'l. ! ` |    }   //-‐ ´./__ !./
                ` 、              |/ 、.   l.`‐\ ヽ _  / / ´-= 、 ´     / _ -
              \            l  > .. r ‐ ……… ‐- 、 彡´  ` …… ´
                    \                  / l .,'   /   / ` i 、 _ -‐ ¨
                    \              , ' ヽ ,' ,'  .i_  -‐  ¨ ゚
                   \        , -‐ ´  >、 <      , ゚
                             /_ -‐-./ /         , ゚
                         \ /     , '   ./  、      .l              _
                           /        ヽ  '    \     .l        >  ´
                          .  ´                `.  l     >  ´
                 .  ´                   ゚。 ,' .-‐/
              -‐ ´                          /  /
                 |        _                        /  /
                 |_ .  ´                      /  /
              , <  / ̄ …… - _ ── - 、      /  ./
         ,l´── --  __ /    > .          /    |
        /  /   .//    ¨i ‐ _  , '   \     /     .|
     _ '  /    .//    .l   `i 、.     ヽ   ,'     |
           ′    //     l     l   ヽ  / Λ _l   _ -
         /  _ - /      .l    l    ‘,V   ヽr‐ ´
      ヽ-‐ ¨    `‐- 、    .l    l    ‘, ヽ _,' l_
     ,゚          ,゚\   l    l    ‘, ‘, ¨¨ \
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
  次の作品をもって、>>1はやる夫スレを卒業します。
  今まで応援ありがとうございました。


2834◆OQ7Nx98GAg2022/06/30(木) 20:03:37 ID:utYz6rS1

.       〃      /   . :/: : : : |    . : .:::|/: : : \     ヽィ彡≧ ‘, .:.:::
       ′    . :/  . :/: : : : : : ‘     . : :.::|: : : : : : :\彡<\: :  ‘ . ..:.:
.      |    . :/ `'. :/:_: : : : : : : : '.    .:.: :.::| : : : : : : : : \ _  -く: . : :} . ::.:
.      |    . :   . : /: : :`丶、. : : : :ヽ  .:.:.::.::|: : : : : _,: :- :´ \ . :. :ヽ. :| . .:.:
.     |   . :| . : /'ラテ===三≧=ヽ   .::.:┼z≦=r‐==キ‐示ヽ、._ Ⅵ . ::.:
       |   . . ::|. :/:〃 || |////| || : : \  . :!: :|| |/////l ||  ∨.:`:|  .::
      l   . : .:l∧:||   || |////| || : : : :\ .:l: : || |/////l ||  ||: : :|  :.:
.         . : ::{ ||八  ||  '///ノ || : : : : : : :\ : |l  '////ノ ||  ||: : :|  .::
.       ‘ . .::.:.:;リ.: : : .乂_  ̄(⌒'′: : : : : : : : : :乂 `ー'^(⌒′ 丿: : :| . :.::
.       ‘,. :.::〃:U : : : : :  ̄ ̄ : : : : : : : : : : : : : : : ` ―一'′: : : : : : .:| . ::.:
.       xヘ. .:.:||                               ’ . :.:
.       〃 ‘ 八                               ,′ . ::
     |l   ‘,. :\              ┌―一 "´\            /′ . :.::
      乂   ‘,. : ::》x._           |       \      / / . : :.:/
        `ーf´‘, /    > ._     ∨          } _,. < ヽ/ . :.: ./
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

  色々と原因はあるんですけど、最たるものがリアルの忙しさ。
  結婚したら止めると言っていましたように、うん結婚はしていない。
  ただ仕事が忙しくなってきて、そろそろどうにもならなくなってきたので。

  事前準備が必要なシステム系のスレはもう忙しくて出来ませんし。
  かといって旅するスレも大体やりつくして、ネタがもう無いと言うのもあります。
  短編を続けてもいいんですけど、それもいつまで出来るのやら。

  有耶無耶になって自然消滅するくらいなら、ここらでキッパリ卒業しようかと。
  またやるかどうかは不明ですが、ここで区切りをつけたいと思います。
  なので次の作品が最終作品です。

  形式は先ほども言ったように『あんこ』。
  これが一番楽で、負担の少ない形式ですから。


2835◆OQ7Nx98GAg2022/06/30(木) 20:03:45 ID:utYz6rS1

         __   /         .:∧:.      .:.:.::.   ',   ヽ_
         /___ / /       / .:./ ∧:.      .:.:l \   ',   ! ` _
.      //   ./ /   |  / .:.:/  ∨:.     .::l\ />:',  l .:ト--\\
      / ./      .:./    !.:/ :/-- 、. ∨    :. --ト∠ヘ/>    !     \'.,
.     /        l l      /'     ` ∨    ´   匸○ク  :l l:.:.    Y!
     /     .:.:| !    |//  _、_\     .:.:/ /∠_ ゝ≦::.  ! :.:.:.:..    |
    l ∧    .:.:.:| .:|    |// ̄-..、\  ∨  / /_.-...、\ ',!:.:.   |:.:.:.:..   |
    | ト、\   .:.:.i     .:.:.:// / j::::::::::',   ∨:/  / j:::::::ヽ丶|:.:.  ! l:.:.:.:.:.  /j
   ヽ \`ー - :!._|  .:.:.|i ,::`´::::::::トll    ∨  ,'::`´::::::トl! i}:.:.  | !:.:.:.:._ /.:
.     .:.:.:.\.:.:.:.:./,-',  .:.:.:l{ !! {::::::::j-i}      l! {:::::::::}_!! l|:.:.  ト<.:.:.:.:.:.:.:/
       \.:.:.:.:.:.::|   .:.:.:.:|l 弋 `ー'( ノ        弋 `ー'( リ /!:.:  l l.:.:.:.:./
.        ̄ ̄ ', l ! .:.:.:|`  `ー─'     !::   `ー─' ´ :.:. ,' ./- ´
            ヽ ヽ! .:.:l                     |:. /ノ
               \! .:.:.:!',        ` ー '          !:.:.
              ', .:.:.! \                 / :.: ,'
               ', .:.レ   ⌒ ー-、        <    !:/
               ∨  \ ィ-─┴─────┐   . j/
               ノ ≧- < l  └─────┘|
             /{        ̄`  ̄ >、三  イ::::ヽ
            /:::::::!            -- イ<  |:::::::::l::\
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

  主人公はもう決まっています。
  >>1の最後の作品で主人公を飾るのなら、あの東方キャラしかないでしょう。
  どういう舞台なのかも決まっているので、お楽しみにしてください。

  開始時期は盆を過ぎた辺りからですね。
  8月初めに開始してもいいんですけど、そうすると盆の前で長期休暇を取るので。
  ならいっそ、盆が終わってからでいいやと思いました。

  ただ、最後にどうしてもやりたい事をやる予定ですから。
  合わない人もいるかもしれませんけど、最後だと思ってお付き合いください。
  では、次の最終作品でまた会いましょう。

  お疲れさまでした。


2836◆OQ7Nx98GAg2022/06/30(木) 20:03:54 ID:utYz6rS1
以上です。

2837本棚のやる夫さん2022/06/30(木) 20:04:42 ID:lukZdg1T
楽しみが1つ減るな
とはいえお疲れ様でした

2838本棚のやる夫さん2022/06/30(木) 20:07:14 ID:CrecECpR
これまで感動をありがとうございました。次回を楽しみにしています。

2839本棚のやる夫さん2022/06/30(木) 20:09:20 ID:YkmVLeJu
乙でした
まさかプロット無しにアドリブでやっていたとは

2850本棚のやる夫さん2022/06/30(木) 20:11:47 ID:jHKos+eF
乙でした
本気で寂しいけど同じくらい最終作も楽しみにしてます

関連記事
[ 2022/06/30 20:53 ] オリジナル ◆OQ7Nx98GAgの昔話 | TB(-) | CM(0)



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する