やる夫でコピペ 第133話 遠距離の彼女が誕生日だったんで

目次

509 : 本棚のやる夫さん : 2009/07/04(土) 23:49:26 ID:s9ehB5/2
遠距離の彼女が誕生日だったんで、俺はとっておきのワイン飲みながら、
良い気分でお祝いメールの文面考えてた。

        ___
      /      \
   /          \
 |‐|    ⌒   ⌒   \
 Υ  /// (__人__) /// |
. (⌒)              (⌒)
./ i\            /i ヽ





どうせなら、感激して泣いちゃう様な内容が良い。
声を聞くと会いたくなるから禁止の方向でって約束した電話、
思わずかけたくなっちゃう様な内容が良い。
 
      ____
    /      \
   /  ─    ─\ 
 /    (ー)  (●) \ 
 |   ///  (__人__)///| 
 /     ∩ノ ⊃   /
 (  \ / _ノ |  |
 .\ “  /__|  |


510 : 本棚のやる夫さん : 2009/07/04(土) 23:49:52 ID:s9ehB5/2
文才ゼロの俺が、さてどうしようかと考えてた時、届いたメールは彼女からだった

『問題でーす。今私が友達と飲んでるお酒は何でしょうか?』

                    ___
               , 二¨-―-- 、`丶、
               /_ ..-――-.. 、十ヽ\
            //::.::,:.:.:./::/::.::.l::.::`ヽ、\ヽ
               〃::/:::/:.:.:/::/::.:/::|::.:、:.::.::ヽ ハ `、
           l::.:::l:: ,':l:::/::/::.:/::;小:::l::ト、::.:V l ヽ
            {::.:::|:::l::|::l::/::.:/::/:/:_j⊥l::ヽ:!}  \
.           ハ::.::l:::|┼く:/::/ /'´ノ ヽ:∨::.:l |  /
           〈 l::.:|:::l::|∠、ノ   , =≡V::.::/|/
           ヽヘ::ヽ::V⌒゙  ,   "゙ / :::,'  l〔
           /rヘ::\ ゛゛ rーヘ  彡: /  /:::Y⌒i
            l冫/ }`ヽミヽ、ヽ、ノ, イ:`7十/::.::.:l |
           // /:::_rヘ_`二√ __〉/  レヘ::}  |
             //  ,'/夕r==、∨---/、/ f==ミフ  厂ト、
.        //  〃r7,イ|   >トマ ̄〉 7ヽ厶ィ {ヽ 」__/ / 〉
     , -‐'7/ /:.rク/ {ニ=彳/ ハ ∨,  / ̄:{八_‐-┴勹
   /   /  /: :/7/  /,イ/ / /、/_ /: : : :|:厶 `^´ 人
   ヽ冫< /   {: : :Y〈__ //〃 ,' / 7ヽ ,仆、: : :|| : :`¨¨´: :冫、
    \/   rヘ :`ヾ//__/> //V/ /」 ハ: : l|: :丶: : : ,': ヽヽ
            /::/^ヽ_/厶>rく/ /l丶/ハ/;'/`ヽj| : : `、 /: : : :} ト、
        /::.:|/{/    Y^厶-z_ノ;';';';'∧::.::.:\: : : : : : : : j ハ:ヽ
        //:::,': :〃    {V  `ー<;';';';'/::.:ヽ::.::.:::ヽ、: : : : : {〈 `、ヽ
     〃:::,':::/: :/乃ヘ、 ({人 、`丶、)';'ヘ::.::.::.:、::.、.::.::\: : : rヘヽ l:::|
     /::.::.:':: l: :/r':〈;';';';'>ミV`丶>ー';';';'ハ::.::.::`.::ヽ::.::.::ヽ_/  l:「 |:::|
.     l::.::.::l::.::|: l_」 : :ハ;';';';';入;';';';';';';'_;'_;'_;'_;'_〉::.::.::.ヽ::`、::.::.:`、  l:|  }:::}

511本棚のやる夫さん2009/07/04(土) 23:50:45 ID:s9ehB5/2
わざわざこの日に、それも敢えて俺に出す問題なんだから、ちょっと考えれば解る。
たぶん、彼女の二十歳の誕生日の夜、お祝いに初めて二人で乾杯したヤツだ。


.   / * /:.:.:.;.:.:.:.:.:.:.:`ヽ、
_、 /  /:_:_:_:/:.ィ:.;:.:イ:.:.i:.:ヽ
/:Vi * !:.:.:.7≧メ-‐/ィ/:.:.:.:.',                 ___(⌒ヽ
:.:.:.{   {.:.:.:i:! f:t7 ´ノハ:.:i:.i:.:l                /⌒  ⌒⊂_ ヽ
:.:.:.i * ト、:.:.、 xx`  fヌ〉:!:ル'         (⌒ヽ∩/( ⌒)  (⌒) |(⌒ヽ
:.:.:.ヽ  {: .\ゝ 、 _ ' x'.:/            ヽ  ノ| :::⌒(__人__)⌒ ::| ⊂ `、
ィTえ! * '; : : .__ .ィ´} '              \ \    )┬-|   / /> ) ))
::::::::::::{  トv':.:.:.:.:.:l { !   __ _.ィ´`ヽ    (( (⌒ )、 ヽ_ `ー‐' ,// /
::::::::::::::{ * }/!`T!、:.!ハ { /   `ヾ!  j     \ \ /         /
:::::::::::::::}  { {i}ノ!{ ヽ 'ィ'´      r''         ヽ_ ノ       (





俺はメールを打って、ついでに半分空になった目の前のボトルも撮って送った。
そう、お祝いのつもりでついさっきまで飲んでたそのボトルだ

       ____
     /⌒  ⌒\
   /( >)  (<)\
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |    /| | | | |     |
  \  (、`ー―'´,    /

512本棚のやる夫さん2009/07/04(土) 23:51:45 ID:s9ehB5/2
      rュ
      八
     |葡|                          ,.へ
     f|萄|ュ                           ム  i
    (ニ_||                          ゝ 〈
     ト  _ノ                          iニ(()
     i  {             ____           |  ヽ
    i   i           /⌒  ⌒\           i   }
    |   i         /(>)   ( < )\       {、  λ
    ト-┤.      /    (__人__)    \    ,ノ  ̄ ,!
    i   ゝ、_     |    /| | | | |      | ,. '´ハ   ,!
   . ヽ、    `` 、,__\  (、`ー―'´     /" \  ヽ/
      \ノ ノ   ハ ̄r/:::r―--―/::7   ノ    /
          ヽ.      ヽ::〈; . '::. :' |::/   /   ,. "
           `ー 、    \ヽ::. ;:::|/     r'"
/ ̄二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二ヽ
| 答 | 『楽勝過ぎ!ディディエ・ダギュノー シレックスだろ?誕生日おめでとう』 │|
\_二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二ノ

513本棚のやる夫さん2009/07/04(土) 23:52:18 ID:s9ehB5/2
でも、得意満面な良い気分でいつまで待っても、彼女からの返事が来ない。
外しちゃいないとは思うけど、実際のところどうなんだろって不安になった頃、

         ___
      /      \
     /ノ  \    \ 
   / (●)  (●)   \ 
    |   (__人__)    u.  | 
    \   ` ⌒´      /
   ノ            \
 /´               ヽ





彼女のアドレスから届いたメールは、でも彼女からじゃなかった
 
 
     _」こ二二 二__ __⊥_
    /;;;:;:;:;:;:;::::::.:.:.:.:.:.:.        〉
   /;;;;;;;:;:;::;:;.:.:.:.:.,.-── ‐‐─-<
   \;;;;;;:;:;:;:;:., ィ:7::l:i .:.:.:.::::::.:.:.ヽ.:.:.\
    `,n;;;;/.:.::/::::jiト、 .:、.:.:::::::.:.l:::.:.l::.ヽ
     ノ V .:::/,,_/:ハトト、 .:ヽ.:::.:::|.::::j::::/
   rん7‐、).:ノ::/イ二ニヽミ、 ィ二j:::/::/
 . / o ̄ `Vヽ::〈〈fでソ`  ,rジソ !;.::/
 /     .:.V 〉:::, ' ' ' '  `  ' ' /::/
      .:.:.::V.:::::ト、  ~~ , イ::/
     .:.:.::::ハヾトん> -- <l/l/_
    ̄\.:/:jこ{   ,ィ勺>.、 ヽこト、
      〉.:::〉‐j   //^j}ト、 j〉 1‐}::.\ー- 、_
     /.:.:::::〉‐j // /j}1 l」  i ‐}:::::.:.\:::::.:.ヽ
   _/i.::::::1.::} ‐j    j}1   | ‐}::::::::::.:.\:::.:.

『友人代表です。

514本棚のやる夫さん2009/07/04(土) 23:52:43 ID:s9ehB5/2
会いたいって泣いちゃってますよ、フォローしっかり頼みますね』


              _  -‐    ̄ ̄ ̄ `丶
             / ̄* ̄⌒ … 、       \
         / ∠_ __ __   * ` ー 、_    ヽ
           | /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:` ー 、    ヽ    ヽ
            ∨:.:.::/:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\  * \   \
         /.....:./:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\     \   \
.        /......./............/../...:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.\     ヽ    \
        ':.:.:.:.':.:.:./:.:./:./....:.:.:.:.;. イ:.:.:.:.:/|:.:.:i:.:.:ヽ * }    ヽ
       l:.:.:.:.|i:.:.:l:.:./_/:.:.:.:.//:.:.:.x'  |.....|....:.{    {      〉
       |:.:.:.:.|:l:.iハ/__」:.:.//:.:.:/_ \ |:.:..|........}   }    /
       |i:.:.:.:|:.l:|ィ≠tド∠ - ´、__ `  'ト、:.!:.:.:.{ * {   / 
        、:.:|:.:l|.1:::dj     不ミ=z、 j:.:.:,:.:.:.:.:.}   }┬‐'  
           ヽ{ヽl! .;゚~´     .|i:::::::dハ /:.:/:.:.:./:{   {:.:.|
             }.ハ.;゚  '     `~~゚;;ヾフ:.:/:.:.:./:.ノ *}:.|  
         {  ヽ⌒ヽっ   "" ゚;∠:.:イ:.:/:.:.{   {:.:.|
          ! 〈 ̄∠^Y⌒ヽ   ;ィ:.:_/:|:.:.:.ノ   }:.:|
          ノ*/ 「/:::厂}1\ ̄   |_:.:.:.:.:.|:.:{    {:.:.:.|
         イ    〉「{:::/:::/┐  ヽ___ V丶、l:.:.:} *{:.:.:.:|
       |::}   く 「∨イ   r‐┘ ├'    ー{    }:.:.:.:l
       |{ * } `ヽ、 __r‐┘  /l      丿   {:.:.:.:.:l
       l::}   { /,ニく  __ .ィ´ _〉    {  *  }:.:.:.:.:.l
       {   }〈〈  ∧ ̄ __r‐┘ ヘ     {     }、:.:.:.:l
         |}*{ ヽV/ハー'     ヘ   /::}     ハ:.:.:.:.:l

515本棚のやる夫さん2009/07/04(土) 23:53:23 ID:s9ehB5/2
結局、電話禁止の約束破ったのは、俺の方だったよ


                                       __,. -――- 、、_ 
                                     ,ィ'-'"´⌒^^⌒`丶丶、 
                                    〃_r冖'⌒^^⌒'ー、_`ヾ'、 
                                   /{ノ         ) ヽ、ぃ 
      ____                         ノ /// / /  /  /}  i`、} 、 
    /      \                     \{ l i i,l+‐-/,ィ/‐リ-、 l | |l > 
   /  ─    ─\                     | l |__l ィ=ミ´ノ ィ=ミ ノ/ , l イ 
 /    (ー)  (ー) \                    从ト トi、::::  ,  :::: メ/ノ,イ lト、 
 | //////(__人__)///. |                   / ク、下ゝ、 ー一  彳彡イl l lトミ 、 
 /     ∩ノ ⊃   /                   / ノ/〈`ヽ``ニ=y=<ノ`l '、 l l l \ヽ、 
 (  \ / _ノ |  |                  __/ノ / ,八、 ,'´  /  ヽ 入ヽヽ、l l \\  
 .\ “  /__|  |                , '´イン /r'´、,:'^"'-、_ {、  _l,.,.,._ `ト、ヽ、  \\ 
   |\ /___ /|              / /ノ / ゝ、 /^'t、,_  `'}ー'"   }  } ヽ 'ー、  \\ 
   |          ノ             ,イ / ノイ/  l У   `'ー人-‐ ''"~´'、_ノi、丶、 `ヽ、.ヽ ヽ

516本棚のやる夫さん2009/07/04(土) 23:54:07 ID:s9ehB5/2
元ネタ

307 名前: 水先案名無い人:2009/05/27(水) 18:19:32 ID:5BmB7JfH0
遠距離の彼女が誕生日だったんで、俺はとっておきのワイン飲みながら、
良い気分でお祝いメールの文面考えてた。
どうせなら、感激して泣いちゃう様な内容が良い。
声を聞くと会いたくなるから禁止の方向でって約束した電話、
思わずかけたくなっちゃう様な内容が良い。
文才ゼロの俺が、さてどうしようかと考えてた時、届いたメールは彼女からだった

『問題でーす。今私が友達と飲んでるお酒は何でしょうか?』

わざわざこの日に、それも敢えて俺に出す問題なんだから、ちょっと考えれば解る。
たぶん、彼女の二十歳の誕生日の夜、お祝いに初めて二人で乾杯したヤツだ。
俺はメールを打って、ついでに半分空になった目の前のボトルも撮って送った。
そう、お祝いのつもりでついさっきまで飲んでたそのボトルだ
『楽勝過ぎ!ディディエ・ダギュノー シレックスだろ?誕生日おめでとう』
でも、得意満面な良い気分でいつまで待っても、彼女からの返事が来ない。

外しちゃいないとは思うけど、実際のところどうなんだろって不安になった頃、
彼女のアドレスから届いたメールは、でも彼女からじゃなかった
『友人代表です。会いたいって泣いちゃってますよ、フォローしっかり頼みますね』
結局、電話禁止の約束破ったのは、俺の方だったよ



AA改変難しすぎ…
やる夫スレ立てられるのはいつになることやらorz

517本棚のやる夫さん2009/07/04(土) 23:56:22 ID:1Q1WQoj6
乙です
もげちまえ

518本棚のやる夫さん2009/07/04(土) 23:57:19 ID:ayxJHG56
おーつ!

519本棚のやる夫さん2009/07/04(土) 23:59:43 ID:TquAUIkU
乙ー
改変は難しいけど楽しいよなw

関連記事
[ 2020/05/01 14:58 ] オリジナル やる夫でコピペ | TB(-) | CM(0)



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する