やる夫でコピペ 第266話 俺「くそっ、電車遅れやがって…!急がないと面接始まっちまう…!」

目次

344 : 本棚のやる夫さん : 2009/08/02(日) 23:19:36 ID:4e5G8R6k
        / ̄ ̄\
       ノ  `ヽ   \
     ( ●)( ●) u |
      (__人__)     |    くそっ、電車遅れやがって…!
      (`⌒ ´ U  .|     急がないと面接始まっちまう…!
       {       |
       {       .ノ/⌒ ̄ ̄' ̄ ̄) 三 二
      ヽ          / ̄¨ ̄ ̄
 (⌒ヽ、 / ヽ        く
  \  ヽ  /\      \
   \__/     \        \
            /    ノ   \三 二
          /    /\    \
         {  ────ヘ    \
          \____ソ ヽ   \ 三 二
                  ヽ、_ソ \    \
                       )   __〉 三 二
                      (___ノ



         ____
       /~~u \
      /  /~~\\
    /  し (◎)―(◎) \
    | ∪ ::::(((__人__)))J|    ぜえ・・・ぜえ・・・
     \  u   `⌒´   /





   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)     なんだあのじいさん…大丈夫か…?
  |     ` ⌒´ノ.
.  |         }.
.  ヽ        }.
   ヽ     ノ
   /    く
   |     |
    |     .|


345 : 本棚のやる夫さん : 2009/08/02(日) 23:19:56 ID:4e5G8R6k

    ―― [] ]   / ̄三\
   | l ̄ | |   /   \三/\
   |_| 匚. |  三   ( ○) ( ○)
      | |  三 u    (__人__)
       |_| ≡      ` ⌒´ノ      …って他人の心配してる暇はねぇ、急がないと…!
         二        }
 [] [] ,-  r⌒ヽrヽ,    }
   //三  i/ | __  ノヽ
 匚/ 三  三  /      )≡
    三 三  /     //≡
 三三   ./     / ̄、⌒)
  ≡、__./     / ⌒ヽ ̄
       r    /     |
     三          ノ
    三     三    /
   .三    三三  /
  .三.   .三三  /
 三   / .≡ /
 三  ./ .ノ.^/
 ≡  /  |_/
 ≡ /
 三 /
 =/




         ____
       /~~u \
      /  /~~\\
    /  し (◎)―(◎) \    ぜえええ・・・ぜえ・・・・えええ・・
    | ∪ ::::(((__人__)))J|
     \  u   `⌒´   /

346本棚のやる夫さん2009/08/02(日) 23:20:18 ID:4e5G8R6k

       (⊃ ̄ ̄\
     (⊃   _ノ  \
    (⊃   ( ●)(●)
     |     (__人__)       …畜生っ! おい、じいさん、大丈夫か?
     | U   ` ⌒´ノ       ほら、背中に乗りな。
       |         } \
     /ヽ       }  \
   /   ヽ、____ノ     )
  /        .   | _/
 |         / ̄ ̄(_)
  \   \ /| JJJ (
   \  /   /⊂_)



       ____
     /~~~ \
   / _ノ Ξヽ、_  \
  /   (◎)―(◎)   \
  |  ::::(((__人__)))::::  |    ああ・・・親切に有難う若者よ・・・
  \     `⌒´     /




     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ー)(ー)
.   |     (__人__)     いいってことよ…
    |     ` ⌒´ノ
   .l^l^ln      }
.   ヽ   L     }
    ゝ  ノ   ノ
   /  /    \
  /  /       \
. /  /      |ヽ、二⌒)、
 ヽ__ノ

347本棚のやる夫さん2009/08/02(日) 23:20:39 ID:4e5G8R6k

       (⊃ ̄ ̄\
     (⊃   _ノ  \
    (⊃   ( ●)(●)
     |     (__人__)      ここでいいのか?それじゃあな、じいさん。
     |     ` ⌒´ノ
       |         } \
     /ヽ       }  \
   /   ヽ、____ノ     )
  /        .   | _/
 |         / ̄ ̄(_)
  \   \ /| JJJ (
   \  /   /⊂_)





        ___
     /~~~\
   /_ノ 三ヽ、_  \
  /(◎)三(◎))   \       ありがとう若者よ…しかし御主のその格好
  |:::( ((__人__))):::::   |       もしかして就職活動だったのではないかな?
  \ ヽ|r┬-| /   /
  /   `ー'´     \




    /  ̄ ̄\
  /      ノ ヽ
  |::::::     (● )
.  |:::::::::::   (__人)       ああ…まぁ気にするな。それじゃ達者でな。
   |::::::::::::::   ⌒ノ
.   |::::::::::::::    }
.   ヽ::::::::::::::    }
    ヽ::::::::::  ノ
    /:::::::::::: く
    |::::::::::::::  |
     |:::::::::::::::| |

348本棚のやる夫さん2009/08/02(日) 23:20:59 ID:4e5G8R6k

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ○)(○)
. |  U  (__人__)      すみません、遅れました!
  |     |r┬-|
.  | ι   `ー'´}
.  ヽ     u  }
   ヽ     ノ
   /    く  \
   |     \   \
    |    |ヽ、二⌒)、





      ,r..:'" ̄::`::.、
     /:::::::::;:::;i::;l::::::ヽ
     .lィ::l:iv、l:/l:/j,レ:::::!
     'f.l::l zテォ'.ィ'ェl:l:ト!          何やってたのかね君!
   ,..-';`ミ,i:l   k l:l:レ'^ヽ、_        遅れてくるとはやる気がないのか!?
  ./::"::::ー、`l、f=ァ .,ヘ';:/'゙ベュ)   
 /::i::::::::::::"'弋'!ー',イ>|'_ノ´`ー -,,_ _
. }:::゙|::::::::::::::::::::~゙:_戈;f"  、    イ/ `i
/:::::::!;:::::::::::::::::::/',r.テ    \xー.ォ、__ノ
::::::::::::ヾ!:::::::::::::l .l r'   ` 、_冫y"
:::::::::::::::::\o:::::l .ト、  ヽ,_ノ"ー'
:::::::::::::::::{::::{\代 l>ー、,_ノ
::::::::::::::::::}::::| | iーへ::::::\



     /:::::::::::::::::::::::::::::::\
     /:::. :::::::::::::::::::::::::::::: ..::i
     j::::::::::::::::::::: : ::i....:::::::::::|
      }::::::/以/|;i:/Yゞト::::::j       これから社会人になろうという者が遅刻とは…
     fヾ',,, __'iir'___ ,,レ〈       呆れたものだ。
     \i`{:!;:゙-丐{ヾ::'j/レ'、
    _,/::;ミ///7,.、 ̄'fミj::::\
 -::''´:::::::::|/ / / /-/j/ミ/::::::::::::`:-.、_
::::::::::::::::::::/ ' / ///;:'゙/:::::::::::::::::::::::::::`
:::::::::::::::::::fi i  ´ /''"  ヽ:::::::::::::::::::::::::::

349本棚のやる夫さん2009/08/02(日) 23:21:21 ID:4e5G8R6k

        / ̄ ̄\
      /       \
      |::::::        |
     . |:::::::::::     |
       |::::::::::::::    |       …言葉もありません。
     .  |::::::::::::::    }  
     .  ヽ::::::::::::::    }  
        ヽ::::::::::  ノ  
        /:::::::::::: く   
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)




  /::::::::::::/|/|/::::|/:::::/イ  N:::::::::::
   |/|/{|/:::::::::::::::::/ /      ハ::::::::
     〈r__ヽ |/L、、,,,,,,,,,,,,,,,,__ ノ\::
       >r‐t.ハ 7/´::ヘソ_`ヽ_/ミ:
       (.ヽ:フリ⌒ヘ、:ヽ ̄::::_ノ ̄  ミ:     社会人に最も大事なのは何かわかるかね?
       `┬彳     ̄ ̄  /  ミ::     信頼だ。それを遅刻という形で裏切った君に面接を受ける資格はない。
       ヽく.  __〉、    ..:::::::::ミ:::     わかったなら帰りたまえ。
         V::::::_ .._ 、 .:::::::ハミ::::
         ∧::::::::_    ,,、ハN::::::
         」|i;;;::::;;ii,,..... ..、ハ||トミ'': : :
         ハ从||||||||||||||トNミ''/:::
          ∠//"`-"ー'イ:::::::::::
          |:::::|〉: : : : :「::::::::::::::::::
         _/:::::::|: : : : : :|:::::::::::::::::::
      _/::::::::::::└: : : : :」::::::::::::::::::

350本棚のやる夫さん2009/08/02(日) 23:21:44 ID:4e5G8R6k
       ___
     /~~~\
   /( ◎)―(◎)\
  /:::::( ((__人__)))::: \     信頼か・・・ならばこの青年は私が保証しよう。
  |     |r┬-|       |    彼は信頼できる。
  \      `ー'´     /





                   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                 /:::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::i::::i:::::::::::::::ヽ
              /::::::::::/:::::::::/::::::::,:::::,イ:::::|:::::!:::::i:::ヽ:::::ヽ
           /::::::::::/:::::::,.イ:::::::,ィ:::,イ::::::/!:::::|::::::!:::::!:::::::ヽ
           ,'::::::/::::!:::/,イ::/ .!/ .|::::/ |:::::ハ:::::!::::::!::::::::::i
            !::::::l::::::レ',! ー-、    !/  !::/ !::ハ:,イ:::::::::::|
             !::::_」:::::::::! ..,,_`ヽ、_,.   ,リ  ´ _,..,_ !::::::::ハj
          !/f r.|::::::::!  弋エノ`    `'ィニ二_ /:::::::::!
               k.ヤ!:::::::!           ゞzソ,. /::::∧::|
           |∧`Y::リ           i      //|/  ヾ
              !Tヾ  u.     j       //ノ        あ、あなたは!
             ヤ. ヽ.    , ‐-、,__    ,.イ:/
              r<´|.  \  弋,__,/  / |/
             !  `丶、.  \  ー   /
           _/     `'-、. `'ー-r<´
       , -'" `ヽ、      `ヽ、 f`, \
     , -'´    ヽ `ヽ、      >く_Lr'´`ト、
   /        ヽ  \  /ヽO〉 |`r、.| `丶、
  /           \  \/\r‐=<. !`    `ヽ,
  /    _ --‐     ヽ    ヾ   ! ヽ      i
 /   /            !     `トー〈   !    /  |

351本棚のやる夫さん2009/08/02(日) 23:22:07 ID:4e5G8R6k

     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●
   |      (__人__)
.   |        ノ      あ、さっきのじいさんじゃねぇか。なんでここに・・
    |      ∩ ノ ⊃
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /

                                            j: :/: :_ ,;、、;,;,__:!: : : : :
                                           / r'/;;:='ヘk¬-、__`: : : : :
                                         _,イ (/='゛_r斤:|「`ヾァー-`ニ
                                         「:|;ゞ-|:::::i:::::{リ::||_,ノ'″
                                         |::l欠"lヽl::::::テ〃゛;
                                        /: : :l ゞ--‐'^"´
                                      ,、‐'´: : : : : l
                                     〈  ̄` ー-¬:卜、          ,.:':
                                      ``丶, ̄` '^`ヽ        ,:':
                                         | _           /
  じいさんなどと!この方はわが社の名誉会長だぞ!        ヽャ‐‐-__、、  ヽ
                                          ,〕!ニ、=-'’   |
                                          L、




   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ○)(○)
. |  U  (__人__)
  |     |r┬-|     !!
.  | ι   `ー'´}
.  ヽ     u  }
   ヽ     ノ
   /    く  \
   |     \   \
    |    |ヽ、二⌒)、

352本棚のやる夫さん2009/08/02(日) 23:22:31 ID:4e5G8R6k


     ____
   / ~~~\
  /  ~~~  \
/   -(◎)―(◎) \    わしは最近の若者というものを見誤っていたようじゃのう…
|   ( ( (__人__)))  |    それを気付かせてくれた君に礼を言いたい。
/     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
 . \ /___ /







こうして俺は面接を受けさせてもらえた。


   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \   \
 |    ( ○)(○) \ \
. |   o゚ (__人__)  __
  |  0   `ー'´ノ´ ̄    ̄\
.  |     /  }         \
.  ヽ   /   }          }て・,‥¨
   ヽ     ノ ___   _ノ そ¨・:‘ .
   /    く  \  YY ̄ ̄YY\
   |     \   \    ・; ∵ ..\
    |    |ヽ、二⌒)、       .  \

353本棚のやる夫さん2009/08/02(日) 23:22:52 ID:4e5G8R6k

        / ̄ ̄\
      /       \
      |::::::        |
     . |:::::::::::     |
       |::::::::::::::    |          ....,:::´, .
     .  |::::::::::::::    }          ....:::,,  ..
     .  ヽ::::::::::::::    }         ,):::::::ノ .
        ヽ::::::::::  ノ        (:::::ソ: .
        /:::::::::::: く         ,ふ´..
-―――――|:::::::::::::::: \ -―,――ノ::ノ――
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)━~~'´

そして落ちた。




元ネタ

967 :水先案名無い人 :2006/07/27(木) 06:52:38 ID:SzZS6BI60
俺「くそっ、電車遅れやがって…!急がないと面接始まっちまう…!」
じいさん「ぜえ・・・ぜえ・・・」
俺「なんだあのじいさん…大丈夫か…?
  …って他人の心配してる暇はねぇ、急がないと…!」
じいさん「ぜえええ・・・ぜえ・・・・えええ・・」
俺「…畜生っ! おい、じいさん、大丈夫か?ほら、背中に乗りな」
じいさん「ああ・・・親切に有難う若者よ・・・」
俺「いいってことよ…」

俺「ここでいいのか?それじゃあな、じいさん。」
じいさん「ありがとう若者よ…しかし御主のその格好、もしかして就職活動だったのではないかな?」
俺「ああ…まぁ気にするな。それじゃ達者でな」

俺「すみません、遅れました!」
人事1「何やってたのかね君!遅れてくるとはやる気がないのか!?」
人事2「これから社会人になろうという者が遅刻とは…飽きれたものだ」
俺「…言葉もありません」
人事1「社会人に最も大事なのは何かわかるかね?信頼だ。それを遅刻という形で裏切った君に面接を受ける資格はない。わかったなら帰りたまえ」
じいさん「信頼か・・・ならばこの青年は私が保証しよう。彼は信頼できる。」
人事2「あ、あなたは!」
俺「あ、さっきのじいさんじゃねぇか。なんでここに・・」
人事1「じいさんなどと!この方はわが社の名誉会長だぞ!」
俺「!」
じいさん「わしは最近の若者というものを見誤っていたようじゃのう…それを気付かせてくれた君に例を言いたい。」

こうして俺は面接を受けさせてもらえた。そして落ちた。

354本棚のやる夫さん2009/08/02(日) 23:23:55 ID:0YbFGt4g
落ちんなwww

356本棚のやる夫さん2009/08/02(日) 23:36:28 ID:SSeE/TLU
なぜ落としたしww

落ちで盛大に吹いたww

358本棚のやる夫さん2009/08/02(日) 23:42:32 ID:/FywNsfM
いい落ちだW

360本棚のやる夫さん2009/08/03(月) 01:26:04 ID:hYnQ5TSc
落ちたwwwwwww
そこは合格させろよwww


関連記事
[ 2020/05/14 05:15 ] オリジナル やる夫でコピペ | TB(-) | CM(0)



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する