やる夫でコピペ 第360話 引っ越した先のぼろアパートには、ありがたくない先住者がいた

目次

169 : 本棚のやる夫さん : 2009/09/06(日) 00:50:49 ID:Txsw5rfM


   ________________________
 /                                 , イ
   ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ |
   |   ┌─┐    ┌─┐    ┌─┐    ┌─┐   | 2 |
   | 目|  |  目|  |  目|  |  目|  |   | ち .|
   |   |。 |    |。 |    |。 |    |。 |   | ゃ .|    引っ越した先のぼろアパートには、
   |   |  |    |  |    |  |    |  |   | ん .|    ありがたくない先住者がいた
 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||#| 荘 |
  \|                                   |   |    戦災をのがれて生き残ったという、
   |   ┌─┐    ┌─┐    ┌─┐    ┌─┐   |   |    古き昭和の面影を残すこの建物にじつにぴったりな、
   | 目|  |  目|  |  目|  |  目|  |   |   |    うらさびしいその存在
   |   |。 |    |。 |    |。 |    |。 |   |   |
   |   |  |    |  |    |  |    |  |   |  /
   |   |  |    |  |    |  |    |  |   |/
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


170 : 本棚のやる夫さん : 2009/09/06(日) 00:51:06 ID:Txsw5rfM

            ,, -─- 、._ 〃"
        "ミ /      ヽ
           |   ノ  ヽ、  |
           | (●)(●)  |
          |  (__人__)  |             荷物をはこびこむとき、
          ヽ  `⌒´  J ノ             そいつは部屋のすみに座ってうつむいていた
          /        ヽヽ, ) )"
      "( ( ( ヽ     /./
          \ \ ゛//  |   ガサゴソ…
          / / ヽ ~ \ `ヽ~\
          |            |
          | ブランドバッグ  /
          ヽ______/
                                             ____
                                           /:::     \
                                         /::::::::::     \
     かべのほうを向いて                       /::::::::::         \
     まるで無言の抵抗をこころみるように            |:::::::::::::::         |
                                      /⌒:::::::::      ⌒ヽ/
                                     /::::::::::::            \
                                     /::::::::::::::          \ ヽ

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |   ( ●)(●)         心の中で
. |     (__人__). rm、
  |     ` ⌒´ノr川 ||      『ごめんな。お前はもうこの世界の住人じゃないんだろ。』
.  |         },.!  ノ'
.  ヽ        r / .|        と、手をあわせながら作業をすすめた
   ヽ     ノノ ノ
   /     / ./
   |      /
    |    i´

171本棚のやる夫さん2009/09/06(日) 00:51:18 ID:Txsw5rfM

     |┃三   / ̄ ̄\
     |┃三 /  \,_.  \
     |┃  (●)(● )    |
     |┃  (__人__)      |
 ガラッ .|┃  ヽ`⌒ ´     |    帰るといつもそいつは部屋にいた
     |┃   {         |    かべのほうを向いて、かなしそうにしていた
     |┃三  {        /
     |┃    ヽ     /
     |┃  .   ン    ヽ
     |┃三   /     |
     |┃(⌒二_/|   . |

                                           / ̄ ̄\
                                    ._     /   _ノ  \   __
                                    | |======|    ( ー)(ー)===| |
    寝るときもそいつは部屋のすみっこにいて、      | |     |     (__人__)   .| |
    べつになにか悪さをするわけでもなかった       | |     |     ` ⌒´ノ   | |
                                    | |____|        }__| |    ____
                                    | |\ ( . ヽ       } ヽ  \   || 7: 00 || |
                                    | |  \ヽ   ヽ     ノ  )   \   ̄ ̄ ̄ ̄
                                    | |\  \( ̄ ⌒⌒⌒⌒ ̄⌒ ⌒ ⌒ヽ
                                    |_|  \  ヽ               \
                                        \  \               \

172本棚のやる夫さん2009/09/06(日) 00:51:38 ID:Txsw5rfM

         . ______________
       /                   /l
     /                   / ..|
    /                   / ../|    もしかしたら、部屋にいくらか残ったままだった、
   │ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ././    そいつのものと思われる遺留品が心残りで、
   ├─────[ i ]─────-||/./      成仏できないのかもしれない
   │      [[二二二]]  [水銀燈] |/
   └─────────────′

                                            / ̄ ̄\
                                          / ─  ─\
                                          |  (●)(●) |
                            .             . |.  (__人__) .|
                                          |   ` ⌒´   }
      残念だが、捨てさせてもらったよ                _rl.ヽ`     ////
      ちゃんとお寺で供養までしたんだよ..              /\\    ////゙l゙l
                                           ,.:く::::::::`:、\ 〉l゙:l  / !.|
                           .            /:.:.:.:\:.:.:.:.`:、ソ/:.:|    | |
                                      /.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:У:.:;l   /./
                           .          /:.:.:.:.:.:.:.r'´`‐,`、:/.,.:‐{   | !`:、
                                      ,'.:.:.:.:.:.:.:.:.';_,゚.,ノ.:./,:':.:.:.:',  | |`、:|
                                      !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.゙、:.::/:.:.:.:.:.:.ヽ, / ,!:.:`、
           ____
         /:::     \
       /::::::::::     \      しかし、そいつはくぐもった声で、
      /::::::::::         \
     |:::::::::::::::         |    『ここはやる夫の部屋だお。』
    /⌒:::::::::      ⌒ヽ/
  ;/::::::::::::            \;    とくりかえし言うだけ
  ;/::::::::::::::          \ ヽ;

173本棚のやる夫さん2009/09/06(日) 00:51:55 ID:Txsw5rfM

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ       『お前はここにいちゃいけないんだ。お前が帰るべき家は…』
.  |         }
.  ヽ        }        と説いて
   ヽ     ノ  mm
   /    ̄ ̄ ̄ つノ
   |    | ̄ ̄ ̄


                          |
       ____.____      |
     |        |        |     | <ガラッ
     |  // /...゙|  //    |     |
     |  //    |    //  |     |
     |        |        |     |
    ┏┳┳┳┳┳┳┳┳┳┓.   |
    ┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻┻.   |
                          |

   / ̄ ̄\
 / ノ  \ \/`i
 |  (●)(●)./  リ
. |  (__人__)..|  /
  |   ` ⌒´ リ  ヒ          窓の外、空の向こうを指差すと、
.  ヽ     //  ,`弋ヽ
   ヽ  - ′.Y´  , `ヽ`.l
   /〈  `ー〈::....ノ   V
   | ヽ_ー 、 `ヾ_/ //
    |    フ-、`ー┴‐-〃
         `ー‐一′

174本棚のやる夫さん2009/09/06(日) 00:52:11 ID:Txsw5rfM

                                   ___
                                 /_ノ ヽ、\
                                 o゚(>) (<)゚o.、
   そいつは肩をゆらして泣きじゃくった      /   (__人__)  ...\
                              |     ノ   ヽ,   |
                              .\   (/⌒ノ´フ   ./
                               . .>   . ̄ ̄´  <.

         , n / ̄ ̄\ .n
     . / / j.´_ノ  ヽ、u'l lヽ、
     /,イ / (○)(○) .l i i i
      〈 .r {u (__人__) .i. } } 〉
     ', i.  ',   ` ⌒´ /   /      そのとき、ハッとこころあたりがして、
      .i   l.      ,'  ./
    .  ヽ、_.イ、.    人 ノ
        ヽ     〈_ノ ノ
         |     ./
         |    .   |

                                  |┃三   / ̄ ̄\
                                  |┃三 /  \,_.  \
                                  |┃  (○)(○ )  u  |
   引き戸をあけて廊下へとびだし、            |┃  (__人__)      |
   すすけた部屋番号の木札を見た        ガラッ .|┃  ヽ`⌒ ´ u   |
                                  |┃   {         |
                                  |┃三  {        /
                                  |┃    ヽ     /
                                  |┃  .   ン    ヽ
                                  |┃三   /     |
                                  |┃(⌒二_/|   . |

175本棚のやる夫さん2009/09/06(日) 00:52:25 ID:Txsw5rfM

                ┏━━┓
                ┃201┃
                ┗━━┛

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |   ( ●)(●)
. |    (__人__)
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   .>    <
   |     |


   / ̄ ̄\
  / _ノ  ヽ、_ \
. | ( ●)(● ) |
. |  (__人__)  │    部屋をまちがえてた
  |   `⌒ ´   |
.  |           |
.  ヽ       /
   ヽ      /
   >     <
   |      |

176本棚のやる夫さん2009/09/06(日) 00:52:40 ID:Txsw5rfM

          _______
        /          \
      __/             \      ゴメン
    /.            、    |      ほんとにゴメン
    |.         ,(⌒(○)ヽ    |      なんてあやまったらいいのか
    l  lヽ      )>       /
   /    ヽ\   `(__,(○) / /        捨てちゃったよ、君のもの
   |      \  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  \      どうしよう
   |     |ヽ、二⌒)、          \




元ネタ

919 :癒されたい名無しさん :05/03/19 00:03:33 ID:G8I2Y8zF

引っ越した先のぼろアパートには、ありがたくない先住者がいた。
戦災をのがれて生き残ったという、古き昭和の面影を残すこの建物にじつにぴったりな、
うらさびしいその存在。

荷物をはこびこむとき、そいつは部屋のすみに座ってうつむいていた。
かべのほうを向いて。まるで無言の抵抗をこころみるように。

こころのなかで、
「ごめんよ。君はもうこの世界の住人じゃないんだよ」
と、手をあわせながら作業をすすめた。

帰るといつもそいつは部屋にいた。かべのほうを向いて、かなしそうにしていた。
寝るときもそいつは部屋のすみっこにいて、べつになにか悪さをするわけでもなかった。
もしかしたら、部屋にいくらか残ったままだった、
そいつのものと思われる遺留品が心残りで、成仏できないのかもしれない。
残念だが、捨てさせてもらったよ。ちゃんとお寺で供養までしたんだよ。
しかし、そいつはくぐもった声で、
「ここはおれの部屋だ」
とくりかえし言うだけ。

「君はここにいちゃいけないんだ。君の帰るべき家は、」
と説いて、窓の外、空の向こうを指差すと、そいつは肩をゆらして泣きじゃくった。

そのとき、ハッとこころあたりがして、
引き戸をあけて廊下へとびだし、すすけた部屋番号の木札を見た。

部屋をまちがえてた。

ゴメン。ほんとにゴメン。なんてあやまったらいいのか。
すてちゃったよ、君のもの。どうしよう。

178本棚のやる夫さん2009/09/06(日) 00:54:17 ID:RF98osno
乙www

間違えるなww

180本棚のやる夫さん2009/09/06(日) 00:56:35 ID:tSVaWO3c
やらない夫ひでーwww


181本棚のやる夫さん2009/09/06(日) 00:57:38 ID:LSVNSCKE
ひでぇwww



182本棚のやる夫さん2009/09/06(日) 01:00:30 ID:VQb4pUJ2


ひでぇwwwwww


関連記事
[ 2020/05/23 07:08 ] オリジナル やる夫でコピペ | TB(-) | CM(0)



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する