やる夫でコピペ 第421話 俺は今日で26歳だ

目次

628 : 本棚のやる夫さん : 2009/09/12(土) 23:37:17 ID:rQxXxEAc

                                 ,.へ
  ___                             ム  i
 「 ヒ_i〉                            ゝ 〈
 ト ノ                           iニ(()
 i  {              ____           |  ヽ
 i  i           /__,  , ‐-\           i   }
 |   i         /(●)   ( ● )\       {、  λ
 ト-┤.      /    (__人__)    \    ,ノ  ̄ ,!
 i   ゝ、_     |     ´ ̄`       | ,. '´ハ   ,!    俺は今日で26歳だ
. ヽ、    `` 、,__\              /" \  ヽ/
   \ノ ノ   ハ ̄r/:::r―--―/::7   ノ    /
       ヽ.      ヽ::〈; . '::. :' |::/   /   ,. "
        `ー 、    \ヽ::. ;:::|/     r'"
     / ̄二二二二二二二二二二二二二二二二ヽ
     | 答 |      Happy Birthday        │|
     \_二二二二二二二二二二二二二二二二ノ


629 : 本棚のやる夫さん : 2009/09/12(土) 23:37:36 ID:rQxXxEAc

                                    ____________
                                  /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                                  || 〔日日日日日〕 .|  ̄|  ||
     誕生日プレゼントについに念願の         || _二二二二二_. |┃ |  ||
     リカちゃん電話を買ってもらった          || |〔.1〕〔.2〕〔.3〕||┃ |  ||
                                  || |〔.4〕〔.5〕〔.6〕||┃ |  ||
                                  || |〔.7〕〔.8〕〔.9〕||┃ |  ||
                                  || |〔*〕〔0〕〔#〕| | ↑..!  ||
                                  || ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´ ` ̄´  ||
                                  || i ̄,─、 ̄i F」 〔Ready〕||
                                  ||  { ┃ }   F」        ||
                                  || !___`ー' __ ! F」. 〔Rock〕||
                                  \ ___________/
                                     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

    , -‐―‐-、__
   /       、 `ヽ、
  /  / / / ヽ丶 \/
  l  / _j___{___ム_>=イ みぃ
  | |'´! -‐‐  ‐- { ! !      リカちゃん電話とは、女の子に人気の「リカちゃん人形」で
  | l |    r┐  ル| |      おなじみのメーカーのタカラがサービスで開設している専用回線のことで、
  | l |トィ⌒v⌒1′| |      そこに電話をかけるとテープに録音されたリカちゃんからの
  | l | ∧. ∧. f ハ. l |      メッセージを聞くことができるというものだ
  | | l:ハ| |/_| レ' j│!
  | l /  V〈_/ ,イ.j八
 リカちゃん(想像図)

630本棚のやる夫さん2009/09/12(土) 23:37:53 ID:rQxXxEAc

                                                          r_‐、_
                                                      _, -ー::L._.」‐-、` 、
                                                  /‐ '´ ̄ ̄ ̄`¨ヽ:::丶ヽ
                                                /  ,        ,  \:::ヽヽ
                                              r./  /|/',   /l/ |    i::::||
   新しいオモチャを買ってもらった俺は                      L| /   ',/     l/|   !:厶l
   今まで遊んでいて汚くなってしまったメリーさん人形を          /∨ ○       ○  /  l下、_〕
   捨てることにした                                    /              /  i !__ト、
                                                 !     ┌┐    'イ  /   l
                                                丶、._  ̄ ___/ /     l
                                                    l/!  ̄r::t水ァ::j/     ',
                                                     /r――――i::::K   ト、 ヽ
                                                    ムf」       「ヽ::i、 |\! \ |
                                                    __j」      ヽ、|」_ヽ_    ヽ
                                              r┐≧:|_____!::::::::::::::::/
                                              l___!L.-i_i⌒!-」、|\::::::::ヽ _
                                                       └‐ '´     ̄ ̄
         ___
       /      \
   _/ ─    ─ \     そして翌日
  |  |  (●)  (●)  \
  |  |    (__人__)    |   両親は買い物に出かけ、俺は1人でお留守番
  |  |     ` ⌒´    /   退屈をもてあましていた俺はリカちゃん電話に
  |_|               さっそく電話をかけてみることにした
   §
  ∂
 ∽

631本棚のやる夫さん2009/09/12(土) 23:38:08 ID:rQxXxEAc

                                                _)-―¬ニニ¬ 、r、}rヘ
                                                /   ,′  ´ ̄、`Y  l
                                              /    /   、    l くハ |
    『もしもし、わたしリカちゃん。お電話ありがとう。              ,′ , l !   , |  、 |  l l|
    今、おうちにいるの。これからお出かけするところなのよ。』     . l  | | | /| ∧__ハ| | | |
                                             | |  l | ?Ul7/斗‐r、 | | | |
                                             |∧ |Nヘ、!/ヘ::.::.::.} 〉  ,′l|
                                             ´ ハjミYシ′  `ー' /  /  l| \
                                              / lト《ヽ、 ー一  ,イ  /   l|   ヽ
                                           .  /  l  l | }≧≦‐ | ∧   ヽ}  `、
          ____
        /\  /\ __
.     ./ .(ー)  (ー)'(_)( ゙ヽ
    /   ⌒(__人__)⌒ |.(  .',          これで話は終わり
    |      |r┬-|  ._|.(  ..ト-a‐-a,     俺はもっと話がしたいのに!って思ってもう一度かけてみた
     \     `ー'´ _(_)(.__.ノ      'a,,
    ノ            ̄/        "'a,

632本棚のやる夫さん2009/09/12(土) 23:38:23 ID:rQxXxEAc

                                              _)-―¬ニニ¬ 、r、}rヘ
                                             /   ,′  ´ ̄、`Y  l
                                            /    /   、    l くハ |
                                           ,′ , l !   , |  、 |  l l|
                                          l  | | | /| ∧__ハ| | | |
      『もしもし、わたしリカちゃん。お電話ありがとう。         | |  l | ?Ul7/ /  、| | | |
       今ね、お出かけ中なの。』                     |∧ |Nヘ、!/ ●  〉  ,′l|
                                          ´  ハjミYシ 、_,、_,, ⊂⊃  /  l| \
                                            l lヘ   ゝ._)  j /⌒i l|   ヽ
                                        /⌒ヽ_l l__>,、 __, イ /  /  ヽ}  `、
                                        \ / l l  | }≧≦‐| ヘ、__∧   `ヽ、 l
                                          / / l/ {^ーメ‐┤ヾ 彡' ヽ    ヽl
      ____
     /_ノ ' ヽ_\
   /(≡)   (≡)\     へぇ~、話が変わるんだ
  / /// (__人__) ///\    俺は面白くなってもう一度電話をかけようとした時
  |     |r┬-|      |
  \     ` ー'´    /

633本棚のやる夫さん2009/09/12(土) 23:38:42 ID:rQxXxEAc

           ____
         /      \                                ジリリリリン ジリリリリン>
        / ─    ─ \
      /   (●)  (●)  \    突如、家の電話が鳴り響いた
      |      (__人__)     |    俺は電話に出た
      \     ` ⌒´   ,/
      /     ー‐    \
                                              |:ト   〈       ´| | |      l
                                              |:| |、   __,. ィ    | | | //{ノ}
                                                | ト  ` ´┐ / l |∨三三三
                                                 ノ イ |>'´∠ ヘ /'  ├┴―-、三
     相手の声に聞き覚えはないが、                          / / ,ィ ´l  {Y::/  ,ノ.::.::.::.::.::. .\
     声からするとどうやら小さな女の子からのようだ              / /  ´_ 二二アУ   ;´::.::.::.::.::.::.::.::.:.ヽ
                                               /   ´_ 二二ア'〃 /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::ド
     『もしもし、私よ。メリーよ。何で私を捨てたの?            ∧    _,二二ユ l ll /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::. |
      覚えてらっしゃい。必ずこの恨みを晴らすために        ┌ / ヽ.r┬1ヱこ⌒ー|八/.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:|l
      あなたのもとに帰るから!』                     |V   イ  |.::|{包}j}/.::.::.ト ::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:: イ
                                           |ノ // /.::.|`冖 /.::.::.::.::.jノ::.\ ::.::.::.::.::.::.:イ |
                                           |\ ' f::.::.::.:.\_/.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:`>┬rく | l|

          / ̄ ̄ ̄\
        /  ─   ─\_ <ガチャ ツーツーツー
       /   (●)  (●) \|l(^)
       |     (__人__)   l(_ )     それだけを一方的に告げると電話は切れた
       \     ` ⌒´   /⊂)
       /             ヽ ノ

634本棚のやる夫さん2009/09/12(土) 23:39:00 ID:rQxXxEAc

<Prrrrr Prrrrrr                               ジリリリリン ジリリリリン>
           ____
         /      \
        / ─    ─ \
      /   (●)  (●)  \   今度は同時に鳴り出した
      |      (__人__)     |   これ以上電話に出るのはやばいと思った俺は、
      \     ` ⌒´   ,/
      /     ー‐    \

           ____
         /       \
        /   ─     ―         2台同時に受話器をとり反対にしてくっつけた
      /     ( ●)  (●)'
      |         (__人__)  |  ._ _ヘa
      \        ` ⌒´ /  .|  |  |  \a
      /       ー‐  '   |  |  |    \a
                      |  |  |     \a
                      |_|_|       \a
                      §
                     ∂
                 ∽∽∽

635本棚のやる夫さん2009/09/12(土) 23:39:15 ID:rQxXxEAc

      "  '              ,l
     、、               '"
     ヾミ 、               ,
、      '' ミ __、           //      『もしもし、わたしリカちゃん。』
ヽ                  ,,-"///
l| \              ,,-"/////
   ヽ、_        _,,-"l//// // ,
       ̄"'''''''''''''''''   ),./// // /


                                  |:ト   〈       ´| | |      l /三
                                  |:| |、   __,. ィ    | | | //{ノ}ノ三
                                    | ト  ` ´┐ / l |∨三三三三
     『もしもし、私よ。メリーよ。』                ノ イ |>'´∠ ヘ /'  ├┴―-、三三
                                      / / ,ィ ´l  {Y::/  ,ノ.::.::.::.::.::. .\三
                                   / /  ´_ 二二アУ   ;´::.::.::.::.::.::.::.::.:.ヽ
                                   /   ´_ 二二ア'〃 /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::ド
                                 ∧    _,二二ユ l ll /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::. |
                               ┌ / ヽ.r┬1ヱこ⌒ー|八/.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:|l

636本棚のやる夫さん2009/09/12(土) 23:39:29 ID:rQxXxEAc

                       |  / |  '´/ /   /  i  / ,' , i l ', ヽ  iト、 ', ヽ ヽヽ'! '、、 ||  l !
                        、 / `> / / /   l   / '  ! | l ト、 l| l,  li l ヽヾ!  ) ! l   l |
                         ', l /fi;  ,' ,  ,'    l ,' '  |  l. | l { l ハ ! 八ハ ', ',!|  |l  ,',|
                         ', l '、_'  l , l i    |l ,'|  jメシi l l八!ヽ| |l|__jLlキ i l ハ  ' ,'  , i |
                          ',  / | l | |  ハ  |',.l ', ('´ | l | l  ,.ィサ「l_,_」_, ハ メl |  l,/ ,'| l|
                          l ∨', | | | |,ィzx、 |八 、 f{i, l、l /', ,ィ'´ !,:',ィ:'"::::`F/l/ l |  / / l l|
                          | l ',|l トl、'^ヘ、l  ヽ{li} |ヽ∨`リ .:,:'/:::::f'i}::::::::}リ/ノ l , -┼y' l|
                          | /!  、N ハ. l',  {メ、 , -‐fヾ'、j ','、  _'ム:::::::`'::::; イ/ /ん/  / /}  |、
                          |,' |  ', ∨'、',| ヽ 仏メーこミ、,ヽ  ヾ:  `" ` ― '´/ソ |' /`ー;' ,'| ハl
                           '/ |   '、,ト、ヾハl `l_fi,く(ン、リ7   ';,       ,' ,' ハ/   l / 、 / l|
                          ,'  |    |丶/ヽ.|、``>一'_'ノ     ' ,     ノイ /メ/ /⌒ト、  ヽ l|

                       『『今、あなたの後ろにいるの・・・』』

    / /:::: |/   /ムナ-'゙´ / /::/ /::::..  :::|:::
  // /::: ム- ニ/7゙/:::::... // //::::.. _ __:::|:::
  ///_,ィニ/ー '/メ./二´二´ ̄/:::: ̄ `:ヾ、/.:/::/
  /─'  / ./彡/'´::::/,::-、ヽ     ::::::/.:/ /
     // ゙´    弋、;;ノノ      ゙  .:/ /
     ,. -ーミ、`::ー-- 、ー'゙__ /ミ='..:/ /
   ー-、    ::::::::::::::::::::::ー=彡'゙   .::/ //.:.
           :::::::::::::::::::     :/ //::: ::::
                    // /:::: ::::
                    / :::/: :::::
                     ..:/:::::::

637本棚のやる夫さん2009/09/12(土) 23:39:41 ID:rQxXxEAc

                                 / : : /::/: :,:′: :′: /: : /: : i : :!┗┓{: : :
                                 ,′: : ,'::/: :/: : : /: : /: : :;′: :!: : l: :r┛`Y: :
                             .   {: : : : : :; : ,' ^) :;': : :,':⊥.」_: : :i: : :j: :} : : : i:
                                ', :{{:::{ : ::(( : { :{ :{ ⊥..」_`:.ノ:/: ;′: : :j:
                             .    从从八;ゝ=:)) `` Tij:7ヽ/:/: / . : : :,′
                                  〉〉〉 〈(必リ    ゙ー'/: /: / .:/ : /: :
                                  j ij : : j{((′     /: :: /: : ::{ : :{: : {: : :
                                 ,','/. : :八   ー  ,'. : ::;' : : : :', : :', : : : :
                             .    / /. : :/.: :j\    {: : :::{ : : : : :ヽ.: :、: : :
                             .  ノ /.: :ノ. : :ノ :ノ:`¬ァヘ、: ::、: : : : : :\: : :

                        『『え?』』

         ,.:::''::´:: ̄::`:::.、
        /:;: '´T 丁l `ヽ::}
        /{:::/ l |l ト、 l Nトl iハ
      ldb| l k_ィヽレ仁リl│
       | ∧l  lK◯   ○ソイ
     ,l  (l  ぃ  ,-┐,从|
     l   ヽ トゝ、ニ イト、ト、
      |/≪T ,バ、:文:`Yラ、ゝ
     N≠{〈:::::::〉:;i:::}:::〉≧
     ヾ≦ハZi::ヘ;:::〈l:::|j≧
      /:::::::ハ:::KXl:_:ト、
     ∠::::::::::::{ミk::〉Xl,ソ::::>
      |:::::::::::`^^KXヽノ

638本棚のやる夫さん2009/09/12(土) 23:39:52 ID:rQxXxEAc

                                 / : : /::/: :,:′: :′: /: : /: : i : :!┗┓{: : :
                                 ,′: : ,'::/: :/: : : /: : /: : :;′: :!: : l: :r┛`Y: :
                             .   {: : : : : :; : ,' ^) :;': : :,':⊥.」_: : :i: : :j: :} : : : i:
                                ', :{{:::{ : ::(( : { :{ :{ ⊥..」_`:.ノ:/: ;′: : :j:
                             .    从从八;ゝ=:)) `` T ̄7ヽ/:/: / . : : :,′
                                  〉〉〉 〈(必リu    ゙ー'/: /: / .:/ : /: :
                                  j ij : : j{((′    !i!i! /: :: /: : ::{ : :{: : {: : :
                                 ,','///'}n. r-‐‐-、 ,'. : ::;' : : : :', : :', : : : :
                             .    / /イ / /./,n、  ̄ ̄  {: : :::{ : : : : :ヽ.: :、: : :
                             .  ノ /.: | ' / '|// `¬ァヘ、: ::、: : : : : :\: : :

                 『『ギョエエエエェェェェェェェェェ!!!!』』

          ,.:''::´:: ̄::`:::.、
         /; '´T 丁l `ヽ:ヽ
          /{:/l |l ト、 l Nトl`iハ
        l∞|l kノノヽノ`ヽリil l|
         |∧l lK ◯   ○ ソイ|
       ,l (l ぃ  ,-┐ ,从!|
       l  ヽ ト _.,,'   ',,._ 、lト、
        |/≪T,ゝ'゚    ゚'ゝ、.、ゝ
       N≠{≧     ≦ ≫
       ヾ≦ ァ,     ,ァ ≧ 。゚ ・
     ゚。 ゚  ,.イレ,、     ,、Jト、
       ≦´         `≧
     、、 ハト・。        ・イハ 、、

639本棚のやる夫さん2009/09/12(土) 23:39:53 ID:LfEBOkl6
えっ

640本棚のやる夫さん2009/09/12(土) 23:40:04 ID:/J25eMWY
26歳・・・怖いな

641本棚のやる夫さん2009/09/12(土) 23:40:08 ID:rQxXxEAc

           ____
         /       \
        /   ─     ― 
      /     ( ●)  (●)'
      |         (__人__)  |  ._ _ヘa  <ガチャ ツーツーツー
      \        ` ⌒´ /  .|  |  |  \a
      /       ー‐  '   |  |  |    \a
                      |  |  |     \a
                      |_|_|       \a
                      §
                     ∂
                 ∽∽∽

                                 ,.へ
  ___                             ム  i
 「 ヒ_i〉                            ゝ 〈
 ト ノ                           iニ(()
 i  {              ____           |  ヽ
 i  i           /__,  , ‐-\           i   }
 |   i         /(●)   ( ● )\       {、  λ
 ト-┤.      /    (__人__)    \    ,ノ  ̄ ,!    こうして俺は2匹の化け物を退治することに成功した
 i   ゝ、_     |     ´ ̄`       | ,. '´ハ   ,!
. ヽ、    `` 、,__\              /" \  ヽ/
   \ノ ノ   ハ ̄r/:::r―--―/::7   ノ    /
       ヽ.      ヽ::〈; . '::. :' |::/   /   ,. "
        `ー 、    \ヽ::. ;:::|/     r'"
     / ̄二二二二二二二二二二二二二二二二ヽ
     | 答 |     我 こ そ が 童 帝       │|
     \_二二二二二二二二二二二二二二二二ノ

642本棚のやる夫さん2009/09/12(土) 23:40:20 ID:rQxXxEAc

元ネタ

784 名前:名無しさん@お腹いっぱい。:2009/02/28(土) 06:47:59
俺は今日で26歳だ。
誕生日プレゼントについに念願のリカちゃん電話を買ってもらった。
リカちゃん電話とは、女の子に人気の「リカちゃん人形」でおなじみのメーカーの
タカラがサービスで開設している専用回線のことで、
そこに電話をかけるとテープに録音されたリカちゃんからのメッセージを聞くことができるというものだ。

新しいオモチャを買ってもらった俺は
今まで遊んでいて汚くなってしまったメリーさん人形を捨てることにした。

そして翌日。
両親は買い物に出かけ、俺は1人でお留守番。
退屈をもてあましていた俺はリカちゃん電話にさっそく電話をかけてみることにした。

「もしもし、わたしリカちゃん。お電話ありがとう。今、おうちにいるの。これからお出かけするところなのよ」
これで話は終わり。
俺はもっと話がしたいのに!って思ってもう一度かけてみた。
「もしもし、わたしリカちゃん。お電話ありがとう。今ね、お出かけ中なの」
へぇ~、話が変わるんだ。
俺は面白くなってもう一度電話をかけようとした時。

トゥルルルルル、トゥルルルルル。
突如、家の電話が鳴り響いた。
俺は電話に出た。
相手の声に聞き覚えはないが、声からするとどうやら小さな女の子からのようだ。
『もしもし、私よ。メリーよ。何で私を捨てたの?覚えてらっしゃい。必ずこの恨みを晴らすために、あなたのもとに帰るから!』
それだけを一方的に告げると電話は切れた。

チリリリリリン、チリリリリリン。
トゥルルルルル、トゥルルルルル。
今度は同時に鳴り出した。
これ以上電話に出るのはやばいと思った俺は、2台同時に受話器をとり反対にしてくっつけた。

「もしもし、わたしリカちゃん。」
『もしもし、私よ。メリーよ。』
「『今、あなたの後ろにいるの・・・』」

「『・・・え?』」

「『ギョエエエエェェェェェェェェェ!!!!』」

ツー、ツー。

こうして俺は2匹の化け物を退治することに成功した。

643本棚のやる夫さん2009/09/12(土) 23:40:39 ID:vxYB./fU
怖くねーよwwwwwwwwwwww

644本棚のやる夫さん2009/09/12(土) 23:41:05 ID:TUo1MvOg
あの二人を化け物扱いなんて……!乙!

645本棚のやる夫さん2009/09/12(土) 23:41:08 ID:LngX/tAE
なんということだwww


乙www

647本棚のやる夫さん2009/09/12(土) 23:41:14 ID:/J25eMWY

怖いのは年齢的になんですね、わかります


関連記事
[ 2020/05/30 07:40 ] オリジナル やる夫でコピペ | TB(-) | CM(0)



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する