やる夫でコピペ 第618話 ある中年女性が、心臓発作で病院に担ぎ込まれました

目次

105 : 本棚のやる夫さん : 2009/11/09(月) 20:44:40 ID:X/rfY6CQ

                          |:         |:::::|
                          |:         |:::::|
                          |:         |:::::|
                          |:         |:::::|
                          |:         |:::::|
.── 、    _________          !:          |:::::|      ある中年女性が、心臓発作で病院に担ぎ込まれました
___\ ||              ||       |:         |:::::|
.       || ||_______||       |:         |:::::|      集中治療室にいるあいだに彼女は臨死体験をしました
  o    ||_,,||.ヽ           \______|:         |:::::|
.  ̄ ̄ ̄|| ||\.\             \      \         |:::::|
  o    ||.   \.\|| ̄| ̄| ̄| ̄| ̄||      \      .|:::::|
____,||.     \.|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||.         \   ..|:::::|
───┘       || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||.         \   |:::::|
                                   \,|___|
                                  \ \
                                        \ \


106 : 本棚のやる夫さん : 2009/11/09(月) 20:45:01 ID:X/rfY6CQ

  r::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
 r:::::::::人::::人::人::::人:::::::ヽ
(:::::::::/ ─    ─ \:::::::)      すると神様が現れ、彼女は尋ねました
\:/  (ー)  (ー) \ノ
 |      (__人__)    |        『アタシにもお迎えがきたのかい?』
 \    ` ⌒´     /
 /          /
  \      (__ノ

                                                   ____
                                                 /^神.⌒  \
      神様はお答えになりました                          (●)  (● )   \
                                               /⌒(__人_)⌒::::::  \
      『いやいや、汝の寿命はあと43年2ヵ月と8日残ってるお。』      |   |-┬r|       |
                                               \   `'ー`       /

107本棚のやる夫さん2009/11/09(月) 20:45:19 ID:X/rfY6CQ

  r:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
 r:::::::::人::::人::人::::人:::::::ヽ
(:::::::::/ \    / \:::::::)      『残りの人生・・・有意義に生きないとねぇ!』
\:/  (●)  (●) \ノ
 |      (__人__)    |        回復途中で彼女は決心し
 \    ` ⌒´     /
 /          /          病院にいる間にシワとりと脂肪吸引と豊胸の手術を受けました
  \      (__ノ



                               `\      `' 、_//゛|∧`''ゝ、   '    ィ/| / | /     /
                                 `ー 、     ゙ヽ、l ` |. |、lヽ_ ー - _jfリ/ /ン'     /
                                    `ヽ、      `'''癶 ゙l∥ |l`ー‐''´| |/'|/       x '~
                                      `ヽ、_    // ヘ,l 丿   ,,~//     /'~ ゙、
                                       / /`ヽ、 、//  ヘ `   / //  ./'^ ∧   ゙、
                                      .//'´   ,'゙//     '.    〃  /  / |  、   ゙、
                                     //  /  ,∨{         _{{ 〃 /  /  |  |   ゙、
                                     //  ,'  /   `ヽ、  /′ィ'´  ヽ、ヘ   /|  |  | | l |、
                                     |/| |  /     \/ r'´`    ヽ、i / |  |  | | | | |
                                     l?h ,'  |        ヽ/      . .|/ /| |  | | /│|
                                      | | l  l、      ',        .'// / | |  / j / /| |
      ついでにヘアスタイルも髪の色も、          | ,' | / ヽ、    _/ ヽ      /イ |/ / // ,/ /|// ||
                                     | | |/    |トー─'―――ー─</   |/ l /|/l/|/  '
      そして美容のための歯の手入れもしました      |/      l          ./    「 |// / l
                                           ?h          |
                                            j          |
                                             /           l、
                                          /     l.       \
                                           |      i          ヽ
                                             l                 \

108本棚のやる夫さん2009/11/09(月) 20:45:36 ID:X/rfY6CQ

        γ´⌒ ⌒⌒Y ⌒ヽ- .、
     γ⌒:.          . : .::::::ヽ
.   γ:.:. :.         . : .:.:::::::::::::ハ,
   /::.:.:. .    人::人::::人::人::::人::::: ::ヽ
.  ,'::.::.:.. :  :::::::)          ヽ::::::::丿
  i:::.:.:.    ::::)   ⌒     ⌒  \:::::::)
 (:::.:.:  .:::.:.:.)  ( ● )  ( ● )  |:::::::)           せっかくこの先の人生が長いのだったら、
. (::.:    ;.:.:) ///´"''       "´///|:::::/
. ヽ:__:::; . ;;;;)     (.___人___)    |:::::ノ
   ヽ:__;;;;;ノ\     `ー ´    /^´
         `丶、______  ___,.. イ

            【Before】



   , ィ  / /   , ! ! 、 ヽ  ヽ(ヌ::.::.::.::.::Y)_
 //  / , l| |  /| l| |l lハ 、  、て)、::.::.:::|< ̄》
/ /  / / l| l | ,'|l| |l | |l `、 ∨;=ヘ::.:::ル1 ̄}
 /  / /| l|! l| ll | l| | |l   ll l|《_」「l「`ト、/
'/  /l l| | || | l| l| | |l | l|>七 l| 厂}j,小 !
'  / l| l| | |l |八 | | l|T"/jL斗;ァj / // l:l |
  /l| l| { 丁二ニ、ヽノ リ' /^玄沙 // / , // l         目いっぱい活用しなくては、と思ったからです
/ //∧ l 八 弋忘ト        // / |:l l| |
'/〃|,小. ヽ \^"´         -=彳i 〃/l」 l| {
|l i| |l |il \ `丶、  ___、-_ァ   , ||!/| l|!
|l i| |l |i| |li| l「`7"フ´/ r-′  /=k| |l l  ∨!
|l i| リ i|l |li| iハ { ′  ヽ::`フ:i^ヽ、//| |{ !  { l
|川/ |l| |lil 川\r、__rヘノY^!::ト::.::.:「 Nヘ八  い、
| l/{ l|l|/ji| ノ !厂ヽ\ ヽ、∨ ヽ::.:〉 l |ハ ヽ、

          【After】

109本棚のやる夫さん2009/11/09(月) 20:46:35 ID:X/rfY6CQ

                  _ .. _-‐ _‐__、
               .,´r_'7-'`´::::::「Lヲrt、
             , ´rァ'::::::::::::::::::::::::ゞ__フ::\
            / _ィケ::::::::::: __r__t__ァ、_z-_、:::ヽ
              /  l/::::::__/ノ`´        ゞ.|
           /r=アr≦/ /    /     ヽ ヽヽ
            / |l_〆::|ヽヽ i:::   | |        |!  | !
          .イ ..ゞイ :::|| // |::::  | |::|:::     ハ  l |      『それじゃぁ、お世話になりましたぁ。』
        / ,.::::::i:||  |ト∧ ∧:::l..| |::|::::.   /:::l:::/ /|
         . ' :::::::/:;. ||lj:: ハリ廾丁ゞiハ;:: メ|:::/:/::/lリ      そして最後の手術が終り、病院から退院したその日、
        / .::::::::::/::/ 从:::: ハゞ=l‐   l、/_/レ::/ノ
     / :::::::::::i::/  |iハ:: ∨        ´ フイ|ノ
    ,. ´.:::::::::::::: |:|::::  |ノ^ヽ.:| \ ヽ_ァ ′⌒ヽ|
    / .::::::: ,..─|:|::::  |::::::丶`ヽr_ ーく //´リ :i|



                                               //.:::::::::::::::::::::::::::::::::.ヽ__ヽ
                                              ___//.::ィ^⌒^⌒^⌒^' トく<_}{^)}
                                             {に}{_>>l  l |l  | |l| | l ト仆イ l
                                             フ小1|| l |l  | lハl|| 〈ハ〉l |
                                              〈{_ハ〉_」⊥L!l  | 厶斗+ | |l | |l |
        『さて・・・一度家に帰りましょう。                    | l l | lヽハ ヽj/  j 亅|l | |l!
                                               | | | いx==ミ    ==ミ| l| ! ,小|l
        これからは「喪女乙」って叩かれることもないわぁ。』      川 | ヽ{ :.:.:.   .   .:.:.:.: 川//l|l ! 〃
                                         二≧x' '//⌒ヽ、   ー‐   彡イ/l ! l?Uk≦三
                                        z≦三/ / l     _ヽ\_, イ/ //_」_|l|l三≧x
                                         _≧/ / /| _ {@}l:::〉―‐1' //.:::::.\l l弋≦⌒
                                         ラ/ / /.::|l{@}  ̄ レ::/ ^Yl /.::::::::::::::::.Ⅵヽ\
                                          { {/.::::ハ ̄ q_ l /  / | {:::::::::::::::::::::::〉|ハ ヽ
                                          ヽ个ー'::::::ト、 ペ) へ. /-人ヽ:::::::::::::::::/ ノ ノ

110本棚のやる夫さん2009/11/09(月) 20:46:49 ID:X/rfY6CQ

                                         _.__ _
                                       __(_(三(_(_)______________
                                      ./                            ヽ
                                    ./ー---------------------------------------.ヽ 三=─
                                   ./  ̄ ̄ ̄ ̄~7/ ̄ ̄''i| |i ̄ ̄| ̄ ̄|.| 「~| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄'|| |
                                   / .∧_∧  ./ ∧_∧i| .||.   |   |.| | | |        ..|| |
                                 .[/_ (・∀・:[~].//(´∀`:)|. ||.______|______|.|. |__| |_______』..|
                                 ./ ̄ ̄ ̄ ̄_/_|.... ̄ ̄ ̄三|..| †.........................|===========  ... |
                                 lロ|;;;;;@;;;;;;:|□|.|..................../ |大阪市消防局        ...[|  三=─
                                 「ニ ̄ ̄ ̄ニ |  /⌒ヽ .......|.............................|..... ,/⌒ヽ__________,〕
                                 ヽ:≡口≡二_l_ノ ..,i:: ○ i|  _.|______|___|:: ○ i|______ノ
                                   ̄ ̄ ゞ;三ノ ̄ ̄ゞ___ノ ̄ ̄    ゞ;三ノ   ゞ___ノ
                                                                 ギキーーーーッ



                ,. -─=ニ_ー- 、
               / ヽ ヽ.   _≧、マ>_
               /  l ! l ! }ヽ ((._ィ个、_)).
              / /   j l j L.j  !   i | ヽ ヽ
           /i !   /ィ´ |/,.ィ |  〃| l ヽ ヽ        『えっ?』
            / | い  / ノ,ィ(ぅノ !  / ヽ! j  }  ゙,
          i | l トト、i{   ー'′/ ,1   / /  .゙,
           l ハ ヽく,.ィr,、    ∠ '´ j  /1/i l 、 ゙, .
           \ヽヽヽヾ  _/,. -‐-、.. /-ト/ | l  ,.;
      ,. -‐‐‐--‐‐''"メ T ヽ_>/..::::::::::..\...i l l l l ゛

111本棚のやる夫さん2009/11/09(月) 20:47:02 ID:X/rfY6CQ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━
━━━━━

             :,:           :(::)
             /⌒''⌒) :,,゜      '         ,,,,,,,
            (:::::::::::::::!'                 (::::::)
            ヽ::::::::';'''                 ''``   。
           τ'::/ .;:                               帰り道に道路を渡っていると、
            )/`
          。    /) / )   '  、       ;: 。          救急車に轢かれて死んでしまいました
           ハ  / / /             `'''`~''・    ' `
      f''`⌒(/ ノ / / /  ______        !:(',,,,、              ::,,,,,、...
      ,!,,,、( / / / ,.'-‐''"´ __,.ノ       ノ:::::::::::::::::)          。  !::::::::::`! 、
  :.、      / ´ / / ,. -‐''"´:`!   o   (::::::::::::::::::τ            (:::,,;,;,、; 。
       ゜/      /    ⌒・ .   ・、;::::::::::::;;.;`` ''
      ,,、, '      〈    _,. -‐ 、     //'''`'`'` `       ..,,.. _,,,.、 ・         ,, ...:・..
   π /;,. '         ` ̄´  _/                  ;,;;( ):::::;.    c::── '`'''::::::::::;''
    )/          _,.-‐''"´        '`                     ⌒ ` !.:::τ'' ``
  τ/          /, γ               :'`'``:!
  /         / `'`'    、,:'::::::`:::,,,,        !:::::ノ         ・
 /      __,.- '´;(,,,,,,,、:::::::-ー''''`'`''''''''"

112本棚のやる夫さん2009/11/09(月) 20:47:20 ID:X/rfY6CQ

  !  !   / /  ! l      l l  ! !   l い
   !  .! /! ハ !      ! l  ! l    ! | l
  !l|ヽ、 !i l l l l   l   l .!  l、 l!   l  l l
  !l ヽ `トl、l l l i:、  l  ./! /! .,ム!カ   l ! l l
  トL_\{| ヾト 、ヽい l / l/-!7´_lム!   / /! l/           神様の目の前までやってきて、彼女は言いました
  l. ヽ`卞. 〒‐k  l/|/ ッr‐ヤ´!,/!  ,.ィ' / l ,!ヽ
   ヽ O、ゞ-‐'′      ゞ匕o/ //l/ ,l/ l           『ちょっとどういうことよぉ!あと43年はあったんじゃなかったの?!
  ヽ.〉 zz ̄            /ィ´/l     l
 \. ヽ、          '  , -=チ'´ l   /| ,l/::ヽ.          なんで轢かれたときに助けてくれなかったのよぉ!』
    l\_..>   ,.く二ニ=ア  /    レ:::´::レ:´::::::;::l
   .l: :ヾ、、  (      /,.. く:l    !::-‐::´::::::/::::|/:/
    l: : : : :`、‐-===.´:´lYl: : l    l !:::::::::::::::::::::::/|::: ̄::>
     l: : : : : : :,.フく_: : : ;K>!: :l    l l:ヽ::::::::::_:::::::-‐<
     .l-i、: : :///l7lヽV/'´>l: : l |  ll l: : l: ̄::::::: ̄:::_:::::::::`ヽ
 l    l_ーヽ{::l:l/∧l:lヽl  {r!: : l !  !l l: :.l::_:_::_;:-<`ヽ.ヽ:::::::::::ヽ
 :ヽ   ヽヽ,.=l〈,-T「´r/V: : : : !  ! !l /:::::::/`ヽ._ ` ` }< ̄
 : : ヽ   ヽレ=-l/@l:l7=y´: : : : :l  !: ;イ ` ‐L_y     l::::::ヽ
  : : : :\   ヽ:::::'::==-.:´: : : : : : :! /:´/-、   /      /  ̄


                                                ____
                                              /⌒.神.⌒\
             神様は答えました                    ./( ―)  (―)\
                                           / u ⌒(__人__)⌒  \
             『ゴメン・・・誰だかわからなくなってた・・・。』    |           u  |
                                           \  u      j    /

113本棚のやる夫さん2009/11/09(月) 20:47:30 ID:X/rfY6CQ

元ネタ

296 名前:水先案名無い人[sage] 投稿日:2008/10/17(金) 20:57:39 ID:wuF0vQW90
ある中年女性が、心臓発作で病院に担ぎ込まれました。
集中治療室にいるあいだに彼女は臨死体験をしました。

すると神様が現れ、彼女は尋ねました。
「もう私が召される時が来たのですか?」

神様はお答えになりました。
「いや、汝の寿命はあと43年2ヵ月と8日残っておるぞ」

回復途中で彼女は決心し、病院にいる間にシワとりと脂肪吸引と豊胸の手術を受けました。
ついでにヘアスタイルも髪の色も、そして美容のための歯の手入れもしました。
せっかくこの先の人生が長いのだったら、目いっぱい活用しなくては、と思ったからです。

そして最後の手術が終り、病院から退院したその日、
帰り道に道路を渡っていると、救急車に轢かれて死んでしまいました。

神様の目の前までやってきて、彼女は言いました。
「あと43年はあったんじゃないのですか?どうして轢かれる前に助けてくれなかったの?」

神様は答えました。
「誰かわからなくなってた……」

114本棚のやる夫さん2009/11/09(月) 20:49:56 ID:VWBqSpTU
神なら美人は助けろよ!
乙w

115本棚のやる夫さん2009/11/09(月) 20:50:17 ID:X6W/rzlw

ブラックジョークだな

117本棚のやる夫さん2009/11/09(月) 20:56:18 ID:P8P0d/i2
カーチャン変わりすぎだよwwwww

119本棚のやる夫さん2009/11/09(月) 20:58:43 ID:YeuWAngg
まあ、しょうがないなw




関連記事
[ 2020/06/18 02:01 ] オリジナル やる夫でコピペ | TB(-) | CM(0)



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する