やる夫でコピペ 第621話 杖をついた男が黒いコートを着て白い大きなマスクをつけた女性に出会った

目次

322 : 本棚のやる夫さん : 2009/11/10(火) 17:15:22 ID:ai5JT0zw

              ̄ヽ、
          _ ,-─ 、,〉ゝ--::... 、
        ,..::´:::::ヽ:::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::::`\_
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
     , ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
    /:::./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   ,/::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.l
    l::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
    |/|:::::::::::::/:::::::::::::::::ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l    杖をついた男が黒いコートを着て白い大きなマスクをつけた女性に出会った。 
    |::::::::::::::::::::::::_:::/ l:::::::::::::::::::|\:::::::::::::::::::::::::::l:::::::::|    
    |:::::::::::::::::::::::::/≧、 l::::::::::::::::::|  \斗::::::::::::::::l:::::::::l
    |:::::::::|:::::::::/l::/イ⌒゙`メ::::::|\::lィ千代`:::::|:::::::::l:::::l〉リ
    |::::::::/|:: / リ弋、 _ノl ヽ|  ヽレ; __ソ l j|人:::::::l:::::|
.    |::::/ |:::fzll ^ー‐'´     ^ ‐-'´ jlノ:::::l::l::て
     |/  ヽ.:::|ヘ              /ィ<"j メ_/
         ゝ;八      ;      /イ
           x > 、   ー ー    イゝ:::`>-、
         〆::::;//ハ` 、     <´/  l):::}:::::::::::::::` 、
        //::::://  \  `‘´   /  /::::7::::::::::::::::::::ハ::l
       ノ::::/::::::《〈 ヽ/ヘヽ    /  /::::/::::::::::::::::::::::/::::l

      / ̄ ̄ ̄ ̄ヽ 
    /  ▲   ▲ ヽ 
   /:| ⊂⊃ ⊂⊃ |ヽ 
   |:::|  ■   ■   |:::|         女は男に近づくと一言、こう尋ねた。 
   |:::|  ▼   ▼  .|::::|         「私キレイ?」 
   |:::|         |::::ヽ        
   |:::ヽ  ⊂ニ⊃  /::::::::ヽ 
   |:::::::ヽ____ /::::::::::::::| 
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| 
   |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| 
   |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| 
   |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| 
   |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| 
   |............::::::::::::::::::.........:::::::.....:::|


323 : 本棚のやる夫さん : 2009/11/10(火) 17:15:42 ID:ai5JT0zw

          /::::::::::::/::::::::::::/:::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::',:::',
          /:::::::::::/:::::::::::::/::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::!::::i
            ,'::::::::::::/:::::::::::::/::::::::::/::::::::::::|:::::::::::::i:::::::::i::::l
         l:::::::::::/:::i:::::::::/_::/|::::::::|::::::::|:::::::::::::l:::::::::l::::l
          i:::::::::/:::/::::::丁:::/ ̄i::::::::l:::ー∧一:::::::|!:::::::|'リ
        _ノ::::┌i:::/::::::///    i::::::::i::::メ i:::::::::::::i:!::::::!
        >:::::{ レ' |:::::7レ′   /:::/|:/  .l::::::::::ハ:::::!
      _,>::::::::i ヘ|:::/ ゞ='"//  ′ゞ='"l::l:::/  ∨
         ̄` ̄`\:|:/       ′   、   ∧!/     少し考えた後、男は答えた。
             \|\       _    /  ′     「ええ、キレイですよ」
             _{i       ´   /        
            // `\  > _ イ
         _,、-;'´;;;i     `ー 、, _ノ iヽ、
     _,、-;;"´;;;;;;;;/;;;;;l      /ヘ l;;;;;ヘー,,、
_,、-;ー'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;ヽ    /::::::::∨;;;;;;;;ヘ;;;;;`';;;;;;;、_

           //__/_/ / |  ヽ \\ ',
           r┴' / / `∧ ! /^\< ̄ヾヘ
         // /    / ,、∨,、  \ヽ  \\
       ∠..ノ /  /  / ∧ヽ|/∧ヽ  ヽ\  ヽ ヽ     するとその女性は突然マスクに手をかけ、それを剥ぎ取りながらこう言った。
        r' / ,'  /  /l /´`"゙`´ ', ! 、   ', ヽ\}     「これでも・・・キレイかー!!」
        | { l   リ ,' 从     リ |  〉  }  } リ     何と、その女性の顔に大きな火傷があったのだ。
      /レヘ |\トヘ匕L.._,. 、__/厶∠L/ l lイL
   ,ィ ´ / ∧ト、ゝ弋‐辷テミ、   ,ィ辷テァ//|,.イ ヽ\ー- 、
  /  /-ー彡'´|l lヘミi` ̄彡 | ヽ ` ̄´/ // ! ` ‐- \`ヽ \
 _,.〉<´  //   |l トゝミ彡'7   |     //,' |ヽ   `¨ ー-  ヽ
.´       //   |l |ヘ三彡゙  ┘'   ,.フ /  l  \      `¨>ー 、
.       ,'/     | ', ヽ.l`マ{ ゞ二.Tミ、/l l  |    ヽ        〉   ',
      /     /| l l|  \    |ヽ|´ | l  l|     ',.      /   l
.     ,'    ,' | l l|    ` ー'|ヽl   | l l ト、  |     /     !
    /__ /  | l  |   \  ゞ'゙   | l l | ヽ___⊥__    /     ,'
    ヽ,      | l  |彡   ` ´ ィ三ミ:! l l |     /    /    /
      \   ノ l  |三i        ゞミ三| l l |      /    /     /

324本棚のやる夫さん2009/11/10(火) 17:16:12 ID:ai5JT0zw

         ヽ丶ィ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶
      . ---γ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'ヽ
    /::::::::::::::::::::::`::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ、
   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ
.  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|\ィ::::メ::::::::::::::::::::::\ィ
. l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/l:::::::::::::::\:::::::〆 \::::|\::::::::::::::::::::::_>
 l::::::/:::::::::::::::::::::::::::::l \:::::::::::::|.\ ,,,;;ィ=≦≠\》::::lミヽ::::\___   しかし、男は少しだけ困った顔をしながらこういった。
 l::::/|:::::::::::::::::::::‐‐-l─X´\:::::::|  ≧'´      |\}  } </   「私は目が見えないんですよ、なので"これでも"というのが何のことかはわかりません」
 l/ |::::::::::::::::::::::ハ::::| ,,,ィ≦ \.|        。  j∧  ノ  \
 |  |::::::::::::::::::/ {lィゞ"             u  }ゝィ/  ̄ ̄
    l::::ハ│::::|                   ノ´'
    ヽl llゝ::|ヽ u       l~`丶       /
       lV_ 人         ^      イ
           丶、           ,♂
              ´ ゝー一 七ゞ´ l\\
                /´|/  _   ヘ/ /ヽ
               八 |\〔三 〕/ ./ /:::::::\

          z-へ へ へー-
        ノ ̄i┴   /- // \
      < /  i   V/l \\l
      / /  / / l  l     \ゝ
    / /〈〉 l/  / ∧ l  \ l \\
   /  l / l l 彳\V/?亢丿( ヽ\ \
   l  / .l l トiイ l \/ヽ\ )  l  ト
   / / l l l∧ i li    レハ. /人 l 丿 〉
   l  ハ  r ー-ii-、\  ,,-ーll-、l/l l/
   l l l i L-〒Tァ=  ,  ッtTゥ、/l ) /
    \ヽ ヾ丶=~"  . l   "~./レイ l    少し思案した後、
    / l、≡三イ    l      7 イ l l
    / l ヾ ミ》   .- ・    /l  l  l
   /l l l  ヌ ミゞ ャ-=ュ〟. / l  l  l l
   l l l l l  \  .ゞ≡\\/\ l  l l l\
   / l l l  l\l \   ゾ\㍉ {  l  lヽ \
  /. l  l  l\ .ヽ. . ゝ- <   lヘヽ_l\l lヽヾ \
 r .l l /. l  .l \ \,    \ l l l l .  l  l\\ l\
r  ー/   l  ヽ\ \,     ト\ l . .l . l゙ ゙ ゙ヘーーヾミーミ
⌒/ /   l, l ヽ  L,,     .  \l l l l  //三二=彳
,,/  /  r ヘ\,, l  \ ,,)        l . \\l /  ll /  ∥
  /  / 《 / く,, l    l,,       /\ \ \ .ll  ll .∥
 /  / 《 /  ,L A \l,, \ \.     l \ ゞ .> ll  ll\∥
ムヘ/ .《 /  ソL く ヘ ヘ,,    し   <\ \ l ll ll ll ∥
   \./   / l,, > y ヘ, l ミゞ\ ゙゙\  }ミ\ ヾ \ll ll ll 》
     \//  l,,    V \ミミミミヽーへ、_ミ ミ\ \\ ll ll ∥
      /   l, ソ,r    〉ミミミミミミミミ\/ミミミミミ\ y\} ll ∥
     く     \l l\ ゞlミミミミミミミミミミ\ミミミミミミミ\l彡 ll ∥

325本棚のやる夫さん2009/11/10(火) 17:17:11 ID:ai5JT0zw

                        /) / )
                   ハ  / / /
                  / ノ / / /  ______
                 / /ヾ/ ,.'-‐''"´ __,.ノ
                 / ´ / / ,. -‐''"´  女は男の手を取ると顔の火傷の部分をなぞらせた。
                 /      /
                , '      〈    _,. -‐ 、   頬に触れた男の手が一瞬揺れ、自分の話している相手が顔に火傷がある女だと気づいた。
              ,. '         ` ̄´  _/
            /          _,.-‐''"´
            /          /
          /         /
         /      __,.- '´
        /      /

                       ,.ヘ、___ __
                    ,心、_| ハ \ミ\ \ヘ癶、
                  /ノ ノ rミl:l:lハ  ヽ `ヽ \ー'\
                 〈  /  |ジ´,,´´} /Nヽ ト,l\ V Yヘ
                 ノ 〈l  lハ  ゞjノー--H/、| } lハ \〉
                // / Nゝ!'^`ヽ  ~''´_,z≧、_N | l ∧ ヽ
               /  l {イ弓彡、ミ_j  、_´¬‐’='^j/ l ハj)ハ
                |  l ! トト!〃_(・'`/        ゚ // /イ 〉 |
                \l,! ヘ|Z?呎彡7ヽ r、      !イ/ /ト! } |      ∫⌒
                 ヽ、|ミ彡彡{          ス//|rノ |
                   |lマ三彡7∠_ 二`ニー'    j/´| ! |       ((
                   | l∨辷/           |  | ! |    ( ⌒ )
                   | ll \払   ´ ミ      /|  | ! l   (~  ノ     そして女は、もう一度先ほどの質問を繰り返した。
              /}       | |l  l\}         /ケl  |   |   ノ        「これでも・・・顔に火傷があっていてもキレイか!」
     ヾ 彡\ /ー'/        ! li  | l |\           |  |   lヽ∫
    /`ヾ /  /       ノ| l  | llハ ::::\ _ ィ   _ィ|  |l   r_i~\
   /  /  / \─‐-、_/ム|  l  l/ハ  ヾ壬/   `ヾ|  l|ハノ人、ヽ_三⌒ヽ
  | _/  /‐ヾ、ノリ\::::::::::::::::|  l |三∧    _ _    __,|z ニ1'\ヘ\ _`ヽ_ミリ
  ヽ  ー'´ー=ハヾ、ジ ==二_ァこ- |-¬'}^´ ̄ー´  ̄   │! lヘ:::::::`ー--..、ル(_rヘ
   l     _/  〉:::::::::::::::::::::::/  ノ |  /     ノ    ',  、、\::::::::::::::::::::`丶、
   |l       .ィ:::::::::::::::::::::::/ ハ/  l ─--、   く_.. --─∧ゞ ニ _\__:::::::::::::::::::::
   /::\    ´ ヽ:::::::::::::::::/{ !  _ノ|ゝヘ   `~    z‐、/::::::\ _ ヽ ム:::::::::::::::::
  /:::::::::∧      }::::::::::::〈 ノヽソ (::::||彡〈       〈ミ/::::::::::::::::::ソ フ ノ::::::::::::::::

326本棚のやる夫さん2009/11/10(火) 17:17:25 ID:ai5JT0zw
:::::::i::::::::::i::::::::::::::::i:::::::::::,'、==ミ::::::l::::::::::::::::::彡=ゞ、::::::::i::::::::::::',:::::::',:::i
:::::::l::::::::::l:::::::::::::::::l:::,/    ',:::::::::!::::::::::::::::::::l  ',`"ヾソ;::::::::::::i:::::::::',:!
:::::::!::::::::::!:::::::::::::::メ´::/     ',:::::::l;:::::::::::::::::::i   ',:::::::/ ヾ;::::::::l::::::::::',
::::ハ:::::::::ハ::::::::::::::,' ';:;' _,,,、、,,,_ ヽ':,::::lヾ;::::::::::::::!_,,,、、,,',::/   ';:::::::!::ヾ;:::i
::;' !:::::,'::::l::::::::::::i 彡""´`゙゙゙`゙'' '.;:! \:::::::ヾ"´``ヾミr、  〉::::ハ:::::入ゝ
/  i::::i',:::::!::::::::::ト `"        ヽ  \:::      `´ /ヾ:::) //
   ',::i ',:::::';::::::∧ ::::::::::::::::::::::        ヽ::::::::::::::::::::::,'ソ:ソ',ソ::::::>
   ヽ ':,:::';::::iヘ', :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:    、     :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,///ヾ<     男の答えは変わらなかった。むしろ、よりはっきりと言い放った。
       ∨∨\                     ,ソ::::!/""´´    「あなたは、キレイな人です」
           ',     `∀ ̄ ̄ ̄ ̄∀´       /へ;:::|
            ヽ     ',         ,'      , '   ヾ
            ` 、   ',      ,'     , ´
               > 、 ',     ,'_  <く__
            <:.:.:.:.:.:| >二 二< |:.:.:.:.:.:.\
          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\

             _,,. -─- .== -,..-‐、
      _l    . _,厶-ク   \v`ヽ\´- ヽ
       \   /   /  ,ハ   ハ  ハ   }
      <  /    /イ  /ヽヘ/r、_},ハ //  ヽ
       / {イ /!仏ムヘ/   `ソイ リi //    |
          Vi ハ ●    ●. ^ヾイ} リ|   |    (エッ!)
         ハ/||ミ彡》、_,、_, ⊂⊃/ |ノ| |   |
           \トゞミゞ ヽ._)   / | } |   |
            { /⌒lァr‐七⌒ | |リ  |   |
            /  / メ^く_/  | |ヽ |   |
             |  l /:∧∨ 〉 | ト  |    |

327本棚のやる夫さん2009/11/10(火) 17:17:51 ID:ai5JT0zw

          _,,,...----..,_
          ,r'´:::::::::::::::::::::::`.、,,r=-
         /::::::::::::::::::;;::''::::::::::::::::¨ヽ
      /:::::::::::::::;r";;r';;;;r':;;;i;;;::;i;:::::i
     <:::;:::::;;;;;/;;;/;;;;;;;/;;;;/l;;;;;;;l;;:;;::!                      _______
     Σ;;;;;;;;;;;/;r'i;;;;;;r'i;;;/_''ト;;/;;!;;i;;;l                  _,,-‐''´:::::::::::::::¨ヽ
       `、;;;;;;´V;;;/  レf/! レi;;;;!;;!レ′               ,r";;:;;::i::;;;;;;;:ヽ:::::;;:::::::ヽ
         !;;;;_;;l;/!    ` l_レ!/                 //;;/;;/'l::i;;;;;;;;;;:i;;;;;;;;;;;;;;;;;!   そして、男は光を感じない目を女に向けるとこう続けた。
      _r<   ヽ    - / '′                  レ!;/;;/、!;;!;;i;;;i;;;;l;;;;;i;;;;;;;;;;;i
      /:::`ヽ、`ヽ、 i´` 、/                     Vレ!┬、!l/;!;/!i;;!;;;;;l;;;;;;;;;;;l
    f:¨::ヽ::::::::`..、 `7、                         ノ └' ,!l;/;;レ';!;;;;;;;!;;;;;;;;;;l
    /::::::::::::`:、:::::::::〈:.:.:i                        `、 _  イ/;;;;;;!;;;;;;;;;l;;;;;;;;;;;!
   i:::;;::--::;;:::::`ー-、;ト、:l                         iヽ __,.!:;;;;;;i;;i;;;;;;;;;;!;;;;;;;;;;i   「私が光を失ってからずいぶん経ちます、そして多くの人に会ってきました。
   /;''::::::::::::::`、::::::::/:::::i.:l                         !:;;;;;/:;;;;;/'ヽ;!;;;;;;;;ト、;;;;;;;;!   今のように道で声をかけられたこともあります。多くの人は私が盲目だと知ると
  i:/::::::::::::::::::::::i::::/:::::::::!:l                        !:;;;;;!::;;-‐''´ヽ;;;;;;;;;l;;ヽ;;;;;;;!
.  i:i:::::::::::::::::::::::::l;;;:ヽ::::::::l.:!                        _,l-i''レ'¨::''ヽ:::::ヽ;;;;;;;l;;;;ヽ;;;;;!
  l:::!:::::::::::::::::::;;;;;;!:::::ヽ:::::::!l     __r_-‐'¨ヽ、__             ! ラ-!;;_-‐_;;;;;;i::::::i;;;;;;;;;!;;;;ヽ;;;;!
  !;;;!::::::::::::::::::;;;r'i;:::::::ヽ:::::`!    ヽz'''´    /::::¨''‐-,,__       し';;__;;;;;;;-‐::::::!::::::l;;;;;;;;;;;;;;;;;`;、!
  !;;;!::::::::::::::::::;;;!;;!::::::::::ヽ::::l      ¨ヽ´____!:::::::::::::::::::::: ̄¨ー '''''''''''´::::;;;;:::::::::::::::::::l::::::::!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`、
  !;;;!::::::::::::::::::;;;!';;:::::::::::::ヽ:l            !;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::;;;;::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;_;!;;;;;;:::!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ト、
  !;;;!:::::::::::::::;;;;;;!;;::::::::::::;;;;;;;!           ¨''‐--:;_;;;;;;;;;;::::::::;;;;;;;;::::::::;;;;;;;;;_;;;-''´i`ー;;;;;;::::!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l `、
  !;;;;!::::::::::::::;;;/;;:::::::::::::::;;r7                ¨''-::;;_;;;;;;;;;;;;_;;::-i'''´::::::::::::::l:::::::::::::::::!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!  i

           l    /  / | .|.l|   l  .::::::::::l
            | |   l  /_,. | .| |ト、  | ,  .:::::::::|
           | |   l/l/'´ // /  `メノl /l .:::::::|
           、ヽ   ,ィチ斤、′   ?亳ミュ' !.:::l:::|
            | \ {b::::::リ    P::::::リ / .:::|:::ト、
            ト、  `ド-‐'   ,  `‐-'/l.::  |:::| ヽ    声をかけたことをあやまり、同情し、申し訳なさそうに去っていくのです。
            |::|   ヘ         /:::|.::. |::::| `、
             |:::|  ::::「` 、   ´`  イ `|.:::. |:::::|  \
              |;:イ  ::::|  l ` ー ' ´  !  |.::  ト、:::|
           /';:::|   :::|.  |‐- 、 , -‐/   !.::. |:::ヽ、
          /::::::::';::|  :::|   ヽ   /   |.::  |:::::;'::::::ヽ

328本棚のやる夫さん2009/11/10(火) 17:18:22 ID:ai5JT0zw

          /::::::::::::/::::::::::::/:::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::',:::',
          /:::::::::::/:::::::::::::/::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::!::::i
            ,'::::::::::::/:::::::::::::/::::::::::/::::::::::::|:::::::::::::i:::::::::i::::l
         l:::::::::::/:::i:::::::::/_::/|::::::::|::::::::|:::::::::::::l:::::::::l::::l
          i:::::::::/:::/::::::丁:::/ ̄i::::::::l:::ー∧一:::::::|!:::::::|'リ
        _ノ::::┌i:::/::::::///    i::::::::i::::メ i:::::::::::::i:!::::::!
        >:::::{ レ' |:::::7レ′   /:::/|:/  .l::::::::::ハ:::::!       しかし、あなたは私の意見を聞こうとしてくれる。顔のことも触れさせることで
      _,>::::::::i ヘ|:::/ ゞ='"//  ′ゞ='"l::l:::/  ∨       教えてくれた。私を特別視していないようですごく嬉しいことです。
         ̄` ̄`\:|:/       ′   、   ∧!/           私は外見のことはわからないので、そういった基準でしか判断できませんが
             \|\   ___  __   /  ′
             _{i     ヽ _ ノ  /
            // `\ \     /
         _,、-;'´;;;i     `ー 、,`_ノiヽ、
     _,、-;;"´;;;;;;;;/;;;;;l      /ヘ l;;;;;ヘー,,、
_,、-;ー'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;ヽ    /::::::::∨;;;;;;;;ヘ;;;;;`';;;;;;;、_


:::::::i::::::::::i::::::::::::::::i:::::::::::,'、==ミ::::::l::::::::::::::::::彡=ゞ、::::::::i::::::::::::',:::::::',:::i
:::::::l::::::::::l:::::::::::::::::l:::,/    ',:::::::::!::::::::::::::::::::l  ',`"ヾソ;::::::::::::i:::::::::',:!
:::::::!::::::::::!:::::::::::::::メ´::/     ',:::::::l;:::::::::::::::::::i   ',:::::::/ ヾ;::::::::l::::::::::',
::::ハ:::::::::ハ::::::::::::::,' ';:;' _,,,、、,,,_ ヽ':,::::lヾ;::::::::::::::!_,,,、、,,',::/   ';:::::::!::ヾ;:::i
::;' !:::::,'::::l::::::::::::i 彡""´`゙゙゙`゙'' '.;:! \:::::::ヾ"´``ヾミr、  〉::::ハ:::::入ゝ
/  i::::i',:::::!::::::::::ト `"        ヽ  \:::      `´ /ヾ:::) //
   ',::i ',:::::';::::::∧ ::::::::::::::::::::::        ヽ::::::::::::::::::::::,'ソ:ソ',ソ::::::>      あなたは少なくとも、私にとってはキレイな人です。
   ヽ ':,:::';::::iヘ', :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:    、     :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,///ヾ<        失礼でなければ、あなたともっと話をしてみたいです」
       ∨∨\                     ,ソ::::!/""´´      と、とても嬉しそうに話す男。
           ',     `∀ ̄ ̄ ̄ ̄∀´       /へ;:::|
            ヽ     ',         ,'      , '   ヾ
            ` 、   ',      ,'     , ´
               > 、 ',     ,'_  <く__
            <:.:.:.:.:.:| >二 二< |:.:.:.:.:.:.\
          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\

329本棚のやる夫さん2009/11/10(火) 17:18:35 ID:ai5JT0zw
             _,,. -─- .== -,..-‐、
          . _,厶-ク   \v`ヽ\´- ヽ
         /   /  ,ハ   ハ  ハ   }
        /    /イ  /ヽヘ/r、_},ハ //  ヽ
        {イ /!仏ムヘ/ u  `ソイ リi //    |   ・・・
        Vi ハ ─    ─. ^ヾイ} リ|   |         女はポカーンとした後、
        ハ/||ミ彡》、_,、_, ⊂⊃/ |ノ| |   |
         \トゞミゞ ヽ._)   / | } |   |
           | |> ァr‐七⌒ | |リ |   |
           | |/ {メ^く_/  | |ヽ |   |
           | ト /:∧∨ 〉 | ト  |   |


               _,,. -─- .== -,..-‐、
            . _,厶-ク   \v`ヽ\´- ヽ
         C  /   /  ,ハ   ハ  ハ   }  ーっ
   c   C  /    /イ  /ヽヘ/r、_}∧ //  ヽ  -=ニつ
   c   C  {イ /!仏ムヘ/   `ソイ 廴)//    |
    c       Vi ハ ●    ●.^ヾイ}リ|    |         急にボンッ!と音が出そうな勢いで赤面し
          ハ/||ミ彡》、_,、_, ⊂⊃ / |ノ||   |          「あ、ありがとう、きょきょきょ今日は時間がないから、これ、こここれで失礼します」
        /⌒ヽ__トゞミゞ ヽ._)   j /⌒!|   | ーっ
        \ /  | |> ァ r‐ イァ/  /│   |   __        とだけ言うと走っていってしまった。
  .       从 l||l| |/ {メ^く_/|||l人. ∧ |   |   `、_)
         ( ⌒ )| ト /:∧ ∨  ( ⌒ ) |    |

330本棚のやる夫さん2009/11/10(火) 17:18:49 ID:ai5JT0zw

 /  /  /     rV/ l   \
// |   | :/ ', i /^\ <\ ヽ \._
´  l   /      /r/  \  `‐、
イ       / lヘ /^   、   \  ', ヽ
/i ハ  i  // ハi|/∧ヽ ,`´ ', ! 、  ヽ l
_ハ  ト  ィ:ハ |` ゙`  ', ! /リ |  〉  \ \
,.斗≧ミメ i ノ ノ      リ} __/厶∠L |  ヽ ヽゝ
 / しヘヾノ      孑气く 、| \',  ヽ ヽ
l| {::::} |       l f:::i lヾ ヾ/リ |  〉  }  }
_弋_゚辷'ン_         、辷ン   / //厶∠L/        走りながら女は自分に言い聞かせる。
:ゞ:、::.:.ゞ"´        `" ̄   /   / |            (心臓がすごくドキドキしているのは今走ってるから!)
ミ彡彡::7      ′ //// / /l  l|
マ三:、彡               ィ´  |  |l
\三彡            ノl   |   |
 丶ミゞ   ⊂ニ=⊃    イ l|   |  l|

:::::::i::::::::::i::::::::::::::::i:::::::::::,'、==ミ::::::l::::::::::::::::::彡=ゞ、::::::::i::::::::::::',:::::::',:::i
:::::::l::::::::::l:::::::::::::::::l:::,/    ',:::::::::!::::::::::::::::::::l  ',`"ヾソ;::::::::::::i:::::::::',:!
:::::::!::::::::::!:::::::::::::::メ´::/     ',:::::::l;:::::::::::::::::::i   ',:::::::/ ヾ;::::::::l::::::::::',
::::ハ:::::::::ハ::::::::::::::,' ';:;' _,,,、、,,,_ ヽ':,::::lヾ;::::::::::::::!_,,,、、,,',::/   ';:::::::!::ヾ;:::i
::;' !:::::,'::::l::::::::::::i 彡""´`゙゙゙`゙'' '.;:! \:::::::ヾ"´``ヾミr、  〉::::ハ:::::入ゝ
/  i::::i',:::::!::::::::::ト `"        ヽ  \:::      `´ /ヾ:::) //
   ',::i ',:::::';::::::∧ ::::::::::::::::::::::        ヽ::::::::::::::::::::::,'ソ:ソ',ソ::::::>
   ヽ ':,:::';::::iヘ', :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:    、     :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,///ヾ<
       ∨∨\                     ,ソ::::!/""´´  頭に浮かぶ先ほどの男の嬉しそうな顔を
           ',     `∀ ̄ ̄ ̄ ̄∀´       /へ;:::|
            ヽ     ',         ,'      , '   ヾ
            ` 、   ',      ,'     , ´
               > 、 ',     ,'_  <く__
            <:.:.:.:.:.:| >二 二< |:.:.:.:.:.:.\
          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\

               _,,. -─- .== -,..-‐、
            . _,厶-ク   \v`ヽ\´- ヽ
         C  /   /  ,ハ   ハ  ハ   }  ーっ
   c   C  /    /イ  /ヽヘ/r、_}∧ //  ヽ  -=ニつ
   c   C  {イ /!仏ムヘ/   `ソイ 廴)//    |
    c       Vi ハ ●    ●.^ヾイ}リ|    |         振り払いながら赤面した女は走り続けた。
          ハ/||ミ彡》、_,、_, ⊂⊃ / |ノ||   |
        /⌒ヽ__トゞミゞ ヽ._)   j /⌒!|   | ーっ
        \ /  | |> ァ r‐ イァ/  /│   |   __
  .       从 l||l| |/ {メ^く_/|||l人. ∧ |   |   `、_)
         ( ⌒ )| ト /:∧ ∨  ( ⌒ ) |    |

331本棚のやる夫さん2009/11/10(火) 17:19:06 ID:ai5JT0zw


               /: : /:: : : / : : : !:: : : : !: : !: : : ヽ:: : : : : ',
               /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
               |: : |: : : : : |: /  \: : /|: : r 、 : : :.|.: : : ト、:|
               |: : |: : : : /!/    | :/ |:.:(ヽ、`\:|.: : : | V
              < : 」_: : /  _   _|/   レ. \ \ \ : |
              <:: |. 小{   `゙''''''       ‐-\ \ \_
               厶ヘ ハ        、 r--‐-、 >、    `ヽ
                 \_!          ' ` ‐-、 ``      `、
             _, r´:/ : :| ヽ   'ー―--   /\         `、
         _, r ´:.:.:.:./:.:.:.:.::| | \         /ヽ :`ヽ         ヽ
      _, r'´:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:|  \ ヽ _ , ィ ´ |::.:.:ヽ: : `、        `、
   _, r ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.|    >-、ー_'/   !::.:.:.:.:ヽ: : ` 、 __ ___i__
  /゙: : : : : : : : : : : : ヽ:.:.:.:.:.:./i!  /ヘ i. / 入  |\.:.:.:.:.ヽ;,r'`‐´_,,..---┴‐,
  l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\/:.:.:.:!'! /ヽ、ヽrk'´:_,r、 イ:.:.:\/ _>-‐'´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l
  !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.l ゙'   !   ! ヘ/|:.:.:.:.:.:\/::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l
 l:.:.:.:.:.::i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!   ヘ__/     |:.:.:.:.:.:.:./!:::::::::::..:.:.:.:.:.:.:.:.:..::.:.:.:l
/:.:.:.:.:.:.: !.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.|    / ヽ    i:.:.:.:.:.:.:/ ヘ::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヘ
                                                 それから、杖を持った男と大きな火傷をした女性が
                                                 仲よさそうに話しながら歩いているのがたびたび目撃されたという。


         / // /    / ,、∨,、  \ヽ  \\ \
        / ∠..ノ /  /  / ∧ヽ|/∧ヽ  ヽ\  ヽ ヽ ゝ
        l  r' / ,'  /  /l /´`"゙`´ ', ! 、   ', ヽi ヽ
        / | { l   リ ,' 从     リ |  〉  }  }l  i
        l  レヘ |\トヘ匕.._,.  、__/厶∠L/ l } | |
        l l ヽト、 弋 ‐t-iー、    ,、t-ヵ‐、 | l ∧ l l
         \ヽ.| ll  ` ‐-┘       ゝー '´・j/ l / |
         / i .l l.l Z?ヲ彡7      ////  // / i
         / 、l l l i', ミ彡彡{    ,      /!イ/ / ヽ
        /l l l l l ヽマ三彡7        /|ス//」 |l
        l l l .l l l  l\辷/   -‐    /l | l |  i
        / l l ,'l l l |ll l `‐、    _,イ l l l  l ヽ  丶、
       /. l  ,',' l |l |ll. l   ー-‐ ´ l l |l |l | l l \   ',
     / .l l /,',','. l l |ll   ゞ:.:彡      l l |l l| l l | 〉:j   〉
      / :/| .=fjfjfjfjfjfjfjfjfjfjfjfjfjfjfjfjfjjfjffjfjfjfjfjfjfjfjfj=.|/
     ´ / |  |                        |ノ(
      /  ././|                          .| ヽ\
    / .:ノ   |                        | } jノ
    -///   |         こっち見るな          |j/
    ニ .-/   |                         |
   . / / r‐┴、                      /´ヽ
        (` ー、 ヽ                   / /ヽ }
        r'ー-、 ゝ',                   (_./ /  |
        〉- ..__`゙)                   ゝ-´__ -'

332本棚のやる夫さん2009/11/10(火) 17:19:24 ID:ai5JT0zw
元ネタ

杖をついた男が赤いコートを着て白い大きなマスクを口につけた女性に出会った。
女は男に近づくと一言、こう尋ねた。
「私キレイ?」
少し考えた後、男は答えた。
「ええ、キレイですよ」
するとその女性は突然マスクに手をかけ、それを剥ぎ取りながらこう言った。
「これでも・・・キレイかー!!」
何と、その女性の口は耳まで裂けていたのだ。
しかし、男は少しだけ困った顔をしながらこういった。
「私は目が見えないんですよ、なので"これでも"というのが何のことかはわかりません」
少し思案した後、女は男の手を取ると頬の裂けている部分をなぞらせた。
頬に触れた男の手が一瞬揺れ、自分の話している相手が口の裂けている女だと気づいた。
そして女は、もう一度先ほどの質問を繰り返した。
「これでも・・・口が裂けていてもキレイか!」

男の答えは変わらなかった。むしろ、よりはっきりと言い放った。
「あなたは、キレイな人です」
そして、男は光を感じない目を女に向けるとこう続けた。
「私が光を失ってからずいぶん経ちます、そして多くの人に会ってきました。
 今のように道で声をかけられたこともあります。多くの人は私が盲目だと知ると
 声をかけたことをあやまり、同情し、申し訳なさそうに去っていくのです。
 しかし、あなたは私の意見を聞こうとしてくれる。口のことも触れさせることで
 教えてくれた。私を特別視していないようですごく嬉しいことです。
 私は外見のことはわからないので、そういった基準でしか判断できませんが
 あなたは少なくとも、私にとってはキレイな人です。
 失礼でなければ、あなたともっと話をしてみたいです」
と、とても嬉しそうに話す男。
女はポカーンとした後、急にボンッ!と音が出そうな勢いで赤面し
「あ、ありがとう、きょきょきょ今日は時間がないから、これ、こここれで失礼します」
とだけ言うと走っていってしまった。

333本棚のやる夫さん2009/11/10(火) 17:19:58 ID:ai5JT0zw

走りながら女は自分に言い聞かせる。
(心臓がすごくドキドキしているのは今走ってるから!)
頭に浮かぶ先ほどの男の嬉しそうな顔を振り払いながら赤面した女は走り続けた。




それから、杖を持った男と大きなマスクをした女性が
仲よさそうに話しながら歩いているのがたびたび目撃されたという。



335本棚のやる夫さん2009/11/10(火) 17:23:22 ID:tgQnu4iU

なんで最近こんな可愛いバラライカさんのAAが増えてるのwww

337本棚のやる夫さん2009/11/10(火) 17:29:56 ID:sCjExtSQ


339本棚のやる夫さん2009/11/10(火) 17:39:39 ID:TkS1SpLM
前にも見た気がするが、誠って眼を閉じたAAがあるから自然だなぁ。
バラライカも確かにやけどがあるし。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

盲人用白杖(グラスファイバー製)
価格:4500円(税込、送料別) (2020/6/19時点)


関連記事
[ 2020/06/19 07:31 ] オリジナル やる夫でコピペ | TB(-) | CM(1)



>>するとその女性は突然マスクに手をかけ、それを剥ぎ取りながらこう言った。
食事などを除いてマスクは外さないようにしましょう、大声を上げるなど論外です

>>少し思案した後、女は男の手を取ると頬の裂けている部分をなぞらせた。
ソーシャルディスタンス、距離2mを取りましょう
[ 2020/06/19 18:59 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する