やる夫でコピペ 第622話 今までで強烈に感動したCMドラマ

目次

416 : 本棚のやる夫さん : 2009/11/10(火) 23:04:22 ID:MpU70px2

  ──今までで強烈に感動したCMドラマ
  ──アメリカで見たし、何のCMかも忘れたし、一度きりだし、台詞もうろ覚え。でも覚えてる。




:::::::;:::;:::::::+:::::::::::::;:;:;:;::::::::;:::;::::::::::::::::::::;:;:;:;::::::::;:::;::::::::::::::::::::;:;:;:;::::・::::;:::;::::::::::::::::::::;:;:;:;::::::::;:::;::::::::::::::::::::;:;:;:;:
::: ::: :;:::;::::::::: ::::::・:::::;:;:;: ;::::::::;:: :;:::::  :::::::::: :::::;:;:;:;:::: ::: :;:::;::::::::: :::::::::::;:;:;:  ;::::::::;:: :;::::: :::::::::: :::
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :       : : : : : : : : : : :      : : : : : : : : ・: : : : : : : : : : : : :
: : : :     : : : :    : : : :       : : : :   ;:;:;:;:::: :::             : : : :    : :
                  ._   :::::::: :::::;         :::::+::: :::::;   : : : : ・:
ヾ        _,,、--・''~l´`l~`'''ー-、、,,,_   :::::::: :::::;       :::::::: :::::;  :;::::・::::;:::
:〃ヽ_,、、-‐''''´,,、、-‐''~|  |~`'''ー-、、,,,_``゙゙'''ー-、、,,,_    ::: :::::;:;:;:;::  : : : : :     ::: ::: :;:::;::
:::〃:゙|----::==========|  |=========~`'''ー-、、,,,_ `'''''ー-、、,,,,         : : : : : : : :
:〃; ::ミ:: |          .|  | : :           : ~`''''ー-、、,, ,_`''''‥、
: : 〃;:ヾ || ̄| ̄| ̄| ̄| |  |   | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄| ̄| ̄|゙|    ..|: lー--i ::ゝ            舞台はアメリカの老人ホーム
: :〃:;;::ヾ、||二|二|二|二| |  |   |二|二|二|二|二|二|二|゙|    |: lーi‐i:i ::.|    : : : : : : :
: : ::;;〃; ソ|: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.:|  |    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   : : :|::二二l :::| : : : : : : : : :
: : ::;〃:ノ::|| ̄ ̄l ̄ ̄| :|  |                       |: l   | : |
.,:::゙~ミ::丿.:|l.___゚l゚_....| .|  |===================〃i┌┬┬┬┬┬┬┬┬─
 ̄~ /':; /≡≡≡≡≡ヽ.|  ||_________、〃,,,l└┴┴┴┴┴┴┴┴─
 ミ::丿:/三三三三三三ヽ         ,,,r''''´    '''''''''''  : _,ノ' ̄ ̄ヽ  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:
  /_                    ,,、r'''''′  : _,ノ' ̄ ̄ヽ ´ー()--()ー'-” ´: : : : : : : : :
::/   ̄ ̄ ̄`゙゙゙゙゙゙゙: : ''''''''''''''''″‐------: : : ´ー()--()ー'-”,,,,___    ..
              ,,,r''''´                     : ''''''''' '' ''


417 : 本棚のやる夫さん : 2009/11/10(火) 23:04:39 ID:MpU70px2

                                    。 ◇◎。o.:O☆οo.
                                   。:゜ ◎::O☆∧_∧☆。∂:o゜
                                  /。○。 ∂(*゚ー゚)O◇。☆
                                 /  ◎| ̄ ̄∪ ̄∪ ̄ ̄ ̄|:◎:
                               /    ☆。|.. Dear ○○○   |☆
                             ▼       。○..io.。◇.☆____| 。.:
                            ∠▲―――――☆ :∂io☆ ゜◎∂:.



.      /::::r‐…ーt/::::::::/..ィ:::::::::::::::::::ヽ::::ー..、. 、、::ヽ
      /:::::::L-'ニ''7:::::::::/::::::|::::l::::::l:::::::::::::';:::::::ヽ:J:';::::ヘ
.     /:::::::::::r'´ /::::::::://::;rヘ:::|::::::|::::::::::::::';:::::::::';:ヽ';:::::ヘ
      ;':;'::::/rク-/:::::::::/ィ_:/  l:::ト:::::ト::::::::::::::l:::l::::::}:::';::!::::::',
    l::l:/.:'::/ ./:::::::::::;' |:/`ヽ、';:l.ヽ::',ヽ::::::::::|l_Lィ,!:::|::|::::::ハ
.     l::l〈 /::/ /|::::::::::::| ,.|!テュヽ、ヾ.、ヾ:. \;:ィル|:::/::::l:::|:::i::::|
.   |::|::`::/  ,{」:::::::::::トヽ' { f'^! ハ `  ` ,ィ5ニトl:;タ:;.ィ::::!:::|::::|    『花束が届いてるわよ。ええと・・・・・・』
   |::|::::::|ヽ /:::|:::::::::::|   ヒニソ      bり/rケ<.ソ::/::|:|l:::|
    |::l::::::|::::`:::::|:::::::::::|         、 ¨´〃ヘ_/:;イ:::l::| l:|
    |.ハ:::::|::::::::::::';:::::::::::ト       __ '   〃 ,'-1 |:::;'::l. リ
   |l |::::::';::::::::::::';:::::::::::', ヽ、    ニ´ _,r'`7^!、,'   ,!:/:::;! ,l
.   ||::|::::ヽ::::::::::ヽ::::::ト:',   ` ,、... - 'ス / ,! Y  ノ/l::/ .,'
     |::ト.:::::〉.::::::::::ヽ:::| ヾ、 ′ ヽ / .}/ / .l rレ'/:/ ./
     l:|,ゝ' ヽ:ト:::::::|ヾ、 ヽ、   r' /  /  ハノ ヾノ. /
    ,∠ - .._ 1 ':;::l ヽ    -'7  ´   / /ノ// ゙l
.   /-‐…‐、 `ヽ、 V'  ヽ/ ,l       /-‐'/   ヽ
   / _.. -- 、 \ \    ヽ 'l´|       /一´    \

418本棚のやる夫さん2009/11/10(火) 23:04:56 ID:MpU70px2

      ____
     / ~~~\
   /(◎)―(◎).\
  /:::::( ((__人__)))::: \    『おっ、さてはワシ宛じゃお!』
  |    /| | | | |     |
  \  (、`ー―'´,    /
       ̄ ̄ ̄



  / ̄ ̄\
 / ~~~\
 |    (◎)-(◎)
. |     (__人__)        『なんじゃ、とうとうボケたか。ワシ宛に決まっておろう。常識的に考えて!』
  |    |~|ノ
.  |     ~~}
.  ヽ        }
   ヽ     ノ          寂しい老人達が、届いた花束を持った看護婦さんに
   /    く  \
   |     \   \        期待して集まってくる
    |    |ヽ、二⌒)、

419本棚のやる夫さん2009/11/10(火) 23:05:11 ID:MpU70px2

i  ,′    |/  /      !  j     ! !    !  ',  ヽ
i. |     |  /     ,′ ハ   | |ヽ/´ !   !  !ハ
ヽ |     l  l     / / │  i| l ハ j  |  | リ
 N    ┼‐|ー─ -/t /- 、|   j| / { _jzム ∧ │
/ |     ', l    / 〃  _ lヽ / j/ ,イ仏}// } ∧
\_|     ヽ { /,ィ≠テ女、j/    V_;;| {  j / ハ
丁∧.       ∨ 〃{か;;;;小       ちj_ ! イl  |     『ホロおばあちゃん宛ね。お孫さんからよ!』
│|仏     ハ ヾハ圦_:::jハ       `ァ  ',  ト、 l
│|/∧     ヽ  ヽ^)::ン‐          }i |ハ !
│|.厂 ヽ      \  `´        __ ノ   厶 リ  ', |
└‐ゝ. ーヽ    ヽ \        ` ̄     /  /  l |
 ヽ、 `'ー‐\    \ \             /  /    l.|
   \   `\   \ \         /  /     リ
ヘ    ` ー- 、 \   ' ー=>ーx‐‐ァ¬′ ,′
 \       ヽ `ミ=- ...__Xテ‐ゝ_{__八 {
   {\      `ヽ ヽ-‐‐'' ̄ ̄´___`>〈
\ ヽ `ヽ、_     }\ }     /    ̄ ヽ


                                          x‐       ‐x
                                         X          X
                                           {⌒>==<゙⌒7
                                           ∨从∧从:\/
                                          (ヽ|:Y○ ○| l/゙)
              『わっちに似て、優しい孫でありんす。』     ∨人 `^′_| |7
                                           Ⅵ、:::兀::::ノ:八
                                          /: :7〈_〉_∨: :l\
                                         /ィ∨`ー‐一ヘ N_,、
                                           |      }":ノ
                                           (>ー―‐<厂

420本棚のやる夫さん2009/11/10(火) 23:05:27 ID:MpU70px2

        ___
     /~~~\
   /_ノ 三ヽ、_  \
  /(◎)三(◎))   \    『ケッ、つまらん。』
  |:::( ((__人__))):::::   |
  \ ヽ|r┬-| /   /    カードが読まれて、花束が誰宛か判明して、その人だけが喜ぶ
  /   `ー'´     \



  / ̄ ̄\
 / ~~~\
 |    (◎)-(◎)
. |     (__人__)        『はい、解散解散。』
  |    |~|ノ
.  |     ~~}         後はがっかりして部屋に戻る
.  ヽ        }
   ヽ     ノ    
   /    く  \  
   |     \   \
    |    |ヽ、二⌒)、

421本棚のやる夫さん2009/11/10(火) 23:05:41 ID:MpU70px2

                                  *    /―\
                                *  * */◎/ *◆ *
                      *         *  ★―\\/ * ※ * ☆
                             ◆ .※/ ◎/* ** ★ ※ * *
                |            @* ※☆* ̄/☆* @ * @☆(⌒
               人            * ◆‐\*※/ヽ☆* *※(:::::|
              ̄ .Y  ̄         * /◎|※ l ◎|* ●*(:::::::::|
                |           ※☆\/ ※^ヽ‐◆*.(::::::::::::::::::|/ ̄ ̄/〉
                           * @☆ *※※/◎\(:::::::::::::::::::::/  //
                  *          * ★ ※☆@\(:::::::::::::::::::::::::,⌒ 、/ ̄ ̄\
                           ☆  * (⌒―――| ̄ ̄ ̄⌒〉 〉==-"
             *              * *            |    // |´\\
                                       \//.|  |   \〉
                                         ̄ ./  .|
                                           ̄\/

          /::::::::::::/:::::::::::::, '´ ̄ ̄ ̄`ヽ\
         /:r―‐‐v':::::/::::::/ー7´ ̄ ̄`:ーミ:ヽ
      / !  ノカ:::::/:::::::/:::::/!::!::::::::::::......ヽ:::\、
       /...::ゝ'´/ |::/:|::::::/:::::/||:::::::::::::::::::::::!:::::::ハ
.      /::::::::〉、〈 !,'::::|::::,'!:::X _ |::|ヽ:::::|::::::!:::::!:::::::::::!
      '::,'::::/ /ー〉|:!:::::!::ハ/  \! V:::|ヽ::|::_:|::::::::}::!
    |::|:::/ /::| L|:|:::::|::|,ィ≠zミ、ヽ| ヽ:| ,X´:::|::::::/::|
    |::|:::ヽ|:::| ハヘ!:::::',:|弌:::::シ     _≦!:::ハ:::/|:/    『わっ、すご・・・・・・誰宛てよ、コレ。』
    |:ハ::::::|:::| ト、 !:::::::v  ̄       k::::ソ'/|:/:/|
    || |::::::|:::`:::::i|:::::::| u   _     ' ` ̄/::|'|/「!     ある時、大きな花束が届いて、
    || |:::::|!::::::::::|:V::::ト、  ヘ `ーァ    /::::::|:´|'
      | V:::| v:::::::|:::∨| \   ̄   /:|:::::,'::ィ|
        Ⅵ V::::|ヽ;ゝ!   `ー┬‐ ' ´::::/|:::// |'
        ',|  ヽノ´ >|     |`ヽ::::::/ !//
      _, -'´    ヘ、_ _ -ミ、_! ∨_|:/
    / ヽヽ      ',´ , ‐─ 、ヽ   \
    /´`、ヽ\       Y´_, -─-ヘ   ヽ!、

422本棚のやる夫さん2009/11/10(火) 23:06:02 ID:MpU70px2

       ___
     /~~~\
   /( ◎)―(◎)\      『おおー!これは立派な花束じゃお!』
  /:::::( ((__人__)))::: \
  |     |r┬-|       |     また老人達が集まってくる
  \      `ー'´     /


  / ̄ ̄\
 / ~~~\
 |    (◎)-(◎)
. |     (__人__)         『看護婦さんや、早く誰宛てか読んでおくれ!』
  |    |~|ノ
.  |     ~~          今度は誰宛だろう? と
.  ヽ        }
   ヽ     ノ     
   /    く  \   
   |     \   \  
    |    |ヽ、二⌒)、 


        イ /|   ll         / |     |       |   |
       / | | |   || ll       / |     |       |   |
      / | |.‐|   | || |  | ll    /  | |    |        |   |
      /  レ  ||ヽ, ト.||_| | | | ll  /   .| .||    |       ||   |
     / _,.=-‐-=.,_レ || |.|ヽ.|| |  |   | | |   /|       | |   |
     /'´ | /::::::::;;`丶  ∥ || ||| .|   |.| | || /_|       / |  /
    /  | | ~;;;; ○ `  ∥|| |.|   _.||-レノノ | /    /  |  /
    /   、弋_ ノ        ∥,. ',.-‐=メ、 | /| /l  /  .| /   『おっ?これはメッセージカードじゃないかや?
    |     ` ‐--         /~;::: / / >|/////l/   | /
   |                   弋_,.シ  / ソ ソ ソ     〃     看護婦さんや、早く読んでくりゃれ。』
   |                 l ` ‐  /    |     〃
    |丶                 |     /     |     〃
.   |  丶    丶 .,_   -‐'    イ      |             看護婦さんが、早くカードを読むようにせかされる
   |   丶      _  ̄   ,.   '       |
   |     丶     ,.  '     |       |
   |        ‐ ´        |       |

423本棚のやる夫さん2009/11/10(火) 23:06:16 ID:MpU70px2

                                   __/∠ィT丁 ̄ ̄トミ、ゝ、ヽ⊥__ヽ、
                                   ノ-ヲ/:.:/:.:.:ハ:.:.i:.:.:.:.:.:.ヽ:.:ヽヽi:.:.:F{⌒ ̄{
                                   ン ./:.:.i:.:.:.:!:.:.i:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:ヽ:.!:.:.:l. \>′
                                    ,i个.、{:.:.:.!:.:i:.:!:.:.ト、:.:ト、:.:.:.:.:.:.!:.:.ノ:.i:.:.:.:l  >ゝ、
          『はいはい、慌てないの。』        / ///:.!:.:.i:.:.:!{:ト_ト、!:l ヽ:.:.:.イ!」:/!:.:.:├斥、ハ!
                                 ̄V/:.くl:.:.:i:.:.レ彳Tヽ`ヽ  `xi斥 トl:.:.:.:レ:.:ヽヽ
          彼女がそれを読む             }:.:.:.:.l:.:.:ヽ:ト、ゝン     ゝン ,l:.:.:.:.!:.:.:.:.V!
                                  l:.!:.:.:.':;:.:.:.:.\     ,     /:.:.:.:.:i:.:./:.ハ!
                                  l:ハ:.:.:.:.:.:;:.:.:.:.:.ヽ  ー‐_-  /!:.:.:.:.:.,':./l/l/
                                  ヽ ヽ:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:`ヽ、___ ィ!`V/!:.:.:/:「 / ´
                                   ヽ \ハヾヽ、:.:.:.:.ヽ、__′メ/:.,.イLl ´
                                     /--i:{_  `⌒ヽ{r‐┐./イ i! l
                                       /__ ̄`\\/ ̄/ ├、_/!:.:.:!!Y



       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
       |                    |             カードには、
       |                    |
       /    ̄ ̄ ̄ ̄      /_____        『大切なあなたにこの花束を贈ります』
       /              /ヽ__// 
     /                /  /   /        とか書いてある
     /              /  /   /

424本棚のやる夫さん2009/11/10(火) 23:06:33 ID:MpU70px2

            __ __ _
.        _ , '"´  ,. _ ___`丶、
       / ` /  /´-‐ァー-ヽ \
.      / /下7 ..///.:.::/ .:.:ト、 ヽ
      / └イ_j/ .://;へ、/!.:.::/:.}ヽ ',
     ,'  ///!l .::j.:lイ仔くヽ/,.イ,.ム:.', l
    ,   '〈/f`| l ::l`' ゞゾ '´ rャjノ::.l:. |        『・・・私達の気持ちです。受け取ってください。
    |  l:l :!:{、| l ::|        マソハ: |:: |
    |  l:l::i个| l ::l!     _ ′ } .:}:.l:: l         To・・・・・・』
    |  lハ:l::{::', ::::{、       /.:/::.l:: l
    l !:|:::',::',::ヽ:::ヽ\._    /.:/::::/l::;!
.     ',::{:{、:::ヽ\:\;ゝ `「:フ´!::::/;:::/ 〃
.     ヾハj>''´ ヽ ト、_..上くイ::::{ {::{/
    /⌒ヽ、\ ` \-ー ̄\ヾ
   /     ヽ \\    \´ ̄`ヽ、


                 ____  _____
                 .,、.:<::::::::::::::::::::::::::::::::`>.、
            ,.::':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ;`ヽ
              /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨:ト、
          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨:}}、
            イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∨::::',
.          く ;'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::lヽヾ、
.          l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l  〉 〉
        イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::l::i:イく          『?!』
         く_l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::l::::::::::::::::l::l .l; ヽ
         l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::l::::::::::::l::::::::::::::: l::l .l;、 ヽ
.         l:::i::::::::::::::::l:::::::::::::::::l:::::::::::::::l::::::::::::l::::::::::::::::l::Lハ__j
         l:::l:::::::::::::::::l::::::::::::::::l:::::::::::::::::l::::::::::::l::::::::::l::::l:::リ
          l:::|:::::::::::::::::l:::::::::::::::l::::::::::::::::: l::::::::::::l:::::::::l::::l::ノ
        l;:i!::::: |:::::::::l::::::::::::::l:::::::::::::::::::l::::::::j::j:::::::ノ:::ノリ
         iハ::::::l::::::::::i;::::::::::::|::|:::::::::::::::j::::::/:/::/ノノ
        ! ゞ:ヽ:::::::l:∨:::::::l::l:::::::::::::イ:::::イ/::/ノ:く
       ,イ:::|:.\ヾ;:::!: ∨::::从:::::/:/:/∧/:::::/ :`ゝ
      ,イ: :l:::::l: : : : : ヾ: : )ノ: : ∨: :/: :/: :./:::/.: :/ `ヽ
.      / i: : |:::::!: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :,'::::,': : :l     ヽ

425本棚のやる夫さん2009/11/10(火) 23:06:47 ID:MpU70px2

      ____
     / ~~~\
   /(◎)―(◎).\
  /:::::( ((__人__)))::: \     『誰宛てじゃ?誰宛てじゃ?』
  |    /| | | | |     |
  \  (、`ー―'´,    /
       ̄ ̄ ̄



  / ̄ ̄\
 / ~~~\
 |    (◎)-(◎)
. |     (__人__)         『wktk』
  |    |~|ノ
.  |     ~~}          期待する老人達の輝く顔
.  ヽ        }
   ヽ     ノ       
   /    く  \
   |     \   \     
    |    |ヽ、二⌒)、

426本棚のやる夫さん2009/11/10(火) 23:07:04 ID:MpU70px2

                                    /:::/:/: /    ___  \ \  ヽ \
                                   /::::::/:/::. /;ァ‐ 7 ¨丁 \ \ `<\ \ l  ヽ
                                  /―=テ^/::. /::/:::::{  {:   \ \. 丶.ヘ  Vー― ┐
                                    /≦≠ア/::. / ..{.......|::.  |:::.     ヽ  ヽ ハ ',  V≧、___>
                                /:/ / ,'. :: l::::::l::::::::|::.  |::::::...     l:. l:.: l: l:  ∨\:ハ
                                〆 /\ l::::: |::::厶:::::/_,:  i\:::::..::. _l::.. |::j;ィ|' |:.  l  > \
                              / /:::::::/7|::::: l::/,,.‐‐T i 丶: ! \::.::. Tー|-、.l |::.  |メ´ l \\
      そして最後の宛名を見て・・・       ∨:::::::::: //|:l :::: l:{ ,.ィ=ミk  \ヽ  \´;ィ≠=く リ :  |\\ .:\!
                               l::l:::::|: //_j:ハ::::::l代〃 :ハヾ ` \、  "f〃下:ハ>|:::::  |、 \\:l
      看護婦さんは涙目に             |::l:::::| { {/│:ヽ:: ', Vヘ:::j.|         |rヘ::j.リ '゙ |:::::  l、}  lヽ/!
                               |::l:::::|::V !^|::::: \ヽゝ-‐'    ,    ゝ‐-'O  |::::  l_ノ::.|: |: l: |
                               |::l:::::l::::::: `l:::::: .::::f`し                .,'::::  ハ:::. l:: |: l: |
                               l::ハ::: !:::::::::::l:::::::: ::ヘ  :::::::        ::::::: /:::: /::  /::: l: l: |
                               ヽ! ヽ::ヽ:::::::::ヽ::::: l.\   ゙ー--ー   ,. ィ/:::: /::  /:::: /:/l:リ
                                   \ \ゝ :::::: ヽ ::ハ  fヽ、       イ |: /::: イ::  /\/ノ リ
                                    X ヾ:::::::::lヘ::.ヽ l   >ー<   〃:/ l:: /  /\
                                 <  \\::::j リ \V l_`ヽ     x‐/イ   |〃 / /\





    /   ____     /  /   /
   /             /  /   /     それは、ここの老人達全員からの、看護婦さんへの花束だった
 /    To ハルヒさん/    /   /
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/   /   /

427本棚のやる夫さん2009/11/10(火) 23:07:20 ID:MpU70px2

        ┏┓                ┏┓         巛 ヽ.                     ┏┓      ┏┳┓
┏━━━┛┃┏┓        ┏━┛┗━┓  ┏┓ + 〒ー|    ┏┓    ┏┓┏━━┛┗┓┏┓┃┃┃
┗━┓┏━╋┛┗━┳┳┳╋━┓┏━╋━┛┗┳━|  |┳━┛┗┳━┛┗╋━┓  ┏┻┛┗┫┃┃
    ┃┃  ┗┓┏┓┃┃┃┣┓┃┃┏╋┓  +┻ +/ /┻┓  ┏┻┓  ┏┛  ┃┃┃┏━┓┃┃┃
    ┃┃    ┃┃┗╋┻┛┃┃┃┃┃┣┛ ∧_∧/ / .┏┛┃┃┏┛┃┃┏━┛┃┣╋━┛┣╋┫
    ┗/´》〉  ┗┛  ┗━━┻┛┗┛┗┻━(´∀`_/ /  ┗━┻┛┗━┻┛┗━━┻┛┗巛 ヽ┻┻┛
  * | 〒  /⌒ヽ | 〒  ||| ,.へ´_|_ヽ  ,-r、,r/」  f  |||  ∧ ∧,.へ,    〒 ! /⌒ヽ 〒 !
     |  |  ( ´∀`)  |   人l ァ'`・ω・)〉/_ュヘ〈|7  | *   (゚∀゚ `ァ ノ +   |  | ( 个  ) |  |
 +  |  {  |   .|   {  .(__)、   ○〈_}ノ :   |  +  O    /:-一;:、 / /. |    | ./ /*
    ヽ ヽ |   .|.ヽ ヽ (___)  、 〈   く/ ヽ__,」 +    )   ミ;;★:;:;:;ミ/ /   |    |/ /
     ヽ  ヽ,, ´∀`) ヽ  ヽ ´∀`)__ノ ヽ__) /  ,ヘ   | __,, '´ ̄`ヽ__ (・ω・´/ /  (・∀・ / /
 ,.へ ■ヽ ヽ     ー、 ヽ     ー、     /  / |.  | ★((ハヾヽ,.べ, ミ三彡 f  ,-     f+
 l ァ'^▽^) i     ,rュ ', i     rュ ', |||  (   〈  .|  .|  ハ^ω^*`ァノュヘ    |  / ュヘ    |
 ヽ    ○.|    /{_〉,.へ∧ ∧{_〉  << \ ヽ .|  .|   O☆゙ _ノ_,} )   | 〈_} )   |
  |  、 〈 |    〈   l ァ';・∀・)        \ノ |_,,|   ノ´ ̄ゞ⌒'ーァ    ! |||  /    ! |||
||| l__ノ ヽ__)|   ,ヘ. ヽ  ヽ    ○ヽ  +    |__ノ|  )  `7゙(´〈`ー''´     |   /  ,ヘ  |   ガタタタン!!!!


                         老人達大喝采!





元ネタ

355 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2008/10/31(金) 12:17:43.46 ID:EOmLx+UX0

今までで強烈に感動したCMドラマ。
アメリカで見たし、何のCMかも忘れたし、一度きりだし、台詞もうろ覚え。でも覚えてる。

舞台はアメリカの老人ホーム。寂しい老人達が、届いた花束を持った看護婦さんに、
期待して集まってくる。カードが読まれて、花束が誰宛か判明して、その人だけが喜ぶ。
後はがっかりして部屋に戻る。

ある時、大きな花束が届いて、また老人達が集まってくる。今度は誰宛だろう? と
看護婦さんが、早くカードを読むようにせかされる。彼女がそれを読む。カードには、
「大切なあなたにこの花束を贈ります」とか書いてある。期待する老人達の輝く顔。
そして最後の宛名を見て……、看護婦さんは涙目に。
それは、ここの老人達全員からの、看護婦さんへの花束だった……。老人達大喝采!

自分の中で、これを抜くドラマCM未だなし。

428本棚のやる夫さん2009/11/10(火) 23:07:42 ID:jrt6xx.s

ええ話や

429本棚のやる夫さん2009/11/10(火) 23:08:22 ID:tgQnu4iU

これは粋な老人達だ

431本棚のやる夫さん2009/11/10(火) 23:08:37 ID:K0Mgia6U


じいちゃん達カッコイイww

432本棚のやる夫さん2009/11/10(火) 23:20:32 ID:sFT7TgPQ


これはマジでいいな…


関連記事
[ 2020/06/19 08:36 ] オリジナル やる夫でコピペ | TB(-) | CM(0)



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する