やる夫でコピペ 第774話 兄が狂乱し、家族を皆殺しにした

目次

123 : 本棚のやる夫さん : 2010/01/03(日) 19:01:03 ID:676I2.ow





    ,、         / ̄ ̄\
  < ,>'\     /   _ノ  \
  /    〉  . |   ( ⑪)(⑪)
,,/    / \   |   .  (__人__)
 \   ,/ \ \ |      ` ⌒ノ
\ \ /   \ \ヽ、     }
  \  |     \//, ヽ._  ノ
   \〉       〈 ' / / 〉ヽ
            / \    /、 \         兄が狂乱し、家族を皆殺しにした
           /     `ー‐く \__ノ⌒',
        {      /   \/   ヽi
         ヽ_/      〈 / ,   〉
                     ヾ_/ /\
                       `‐ \ >


124 : 本棚のやる夫さん : 2010/01/03(日) 19:01:38 ID:676I2.ow


        / ̄ ̄\
      /   _ノ  \
      |    ( ●)(●)
     . |     (__人__)
      |     ` ⌒´ノ
        |         }
     .  ヽ        }  、
 r―n|l\  ヽ     ノ , ヽ
  \\\.`   人   l   ヽ
.     \        |    |
.       \ _  __ | ._ |            すぐに兄は逮捕され、死刑となった
        /,  /_ ヽ/、 ヽ|
\      // /<  __) l -,|__) >
  \.    || | <  __)_ゝJ_)_>
    \.   ||.| <  ___)_(_)_ >
      \_| |  <____ノ_(_)_ )



    , ⌒ハ           ハ⌒ 、
    j:::::::::ヽ ,ヘ^ ⌒ Y ⌒ヽ/ .::::::::i
   ノ:::::::::j(ノ ..::::....::::..:::: ::. .ヾ)':::::::::::i
   ル:::::リγ::..:::::..:::...ヘ、: : : :: ノy:::::::リ
    Yyノ ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::) ルリノ
      リ::::::( ( ●) (●::(
.      ハ::::ハ  ,,  r‐ァ リ) )
       ) ) )、    ̄ノくハ(
      (,(.( ' ヘ   い ノ:::))
      ノ/)`   ヾ ソ ̄(( 、              妹は幸運にも生き延びたが、
       ,'   ノ    Y    Y              事件のショックで記憶を失ってしまった
       l: ( ......    .....  i
       lヾ. .. ::::::::   ::::: .ノ

125本棚のやる夫さん2010/01/03(日) 19:02:01 ID:676I2.ow

                               ,. -‐―――‐-、
    / ̄ ̄\                    γ::::::::::::::::母::::::::::::::ヽ、
  /   _ノ  \                   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  |  ─(⌒)(⌒)                γ:::::::::人::::人::人::::人::::::::ヽ
  |     (__人__)                (:::::::::/ ─    ─ \:::::::)
  |     ` ⌒´ノ                \:/   (⌒)  (⌒)  \ノ
  |         }                   |      (__人__)    |
  ヽ        } ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ \    ` ⌒´     /
   ヽ     ノ                    \ \       /l             父も母も失い、
    /    く \ |__| _ ..._.. ,         ____\__      (__ノ
    | 父   \ \ \ /       |\______\
    |    | ヽ、二⌒)、^        |  |ヽ、_____ノ|
                        |  |  l      l .|


       , ⌒ハ      ハ⌒ 、
     j::::::::: ,:: ⌒Y ⌒/ .::  i
      ノ::::::::( ..:::   ヾ)':::   i
      ル:::::γ::::::    ノy:  :リ
     Y ノ ::::::::::::::    :ルリノ )
         リ::::::::::::::      (        記憶もない
       (::::::::::::::        )
         ):::::::        (
        (,(.(  ル リ ルリ いノ ))
            ):::   (
           /::::::::    ヽ
-───―――|::::::::::::::    \―──────
          |::::::::::::::      二つ

126本棚のやる夫さん2010/01/03(日) 19:02:29 ID:676I2.ow

                 __
     /`i、_ , ' ~  ̄ \ __/ .:::\
    /::::: /..::::..:.゛_7:::: ::.. ヾ)'::::::`i
   ル:::::: /: ::..:::::/ `vヘ、: : ::∧:::::::リ
   (Yy∧ノ :ノ_.:ノ_ ノ  __` 、:::) ゝ:/
    )ノ リ:::〃 (-)  (-)i:!:〉 Yy        空っぽな心で無気力なまま生きていた妹は
   (/   ソ::ハ  ,,     /i/  リ          ある日占い師と出会い
   !   ノ ::/iゝ.  △ . イく
     .(::イ/ル|_.イ|.  ̄i'Y;ノ::ル
      )ノ.    ~V~    ヽ


        ィ-────-、
       /         ヽ
      /   i-──--、   ヽ
      /   /(●)  (●ト、  ヽ      自分の過去を占ってもらうことにした
    /   |   (__人__)  \   〉
    |   、 k  `⌒ ´   /  /
    \_  \`\__ー‐ _/ィェイ
     イ⌒ー ̄三 ̄二三[]=イ"ゝ
     /弋_ー  = ーノヤ彡ノヽ
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
  |   ワ   ゴ   ン     .占い |

127本棚のやる夫さん2010/01/03(日) 19:02:53 ID:676I2.ow


             ,ハ /\      /::::::ヘ
       /´ヽ  ,/;:::::∨::::::::Y^⌒ヽ、{ケ:::::::::ヽ、
       /l:::::ノ!/::::/:l|:::_イ丶{:::ヽ、::::.ヽ::::::'⌒^ ̄,}
      ,//:::::/::::/:::::/l{ニ、ミ::::\::::::::.::::\: : :./´::|
     i /:::::/::::::::::::::::′∧ヽ\::::::::ヽ::::ヽ:.:.:.イ.:/:::::::;:
     /::::::::′/:::::::::/:::丿 '.:::::::ヽ:::::::ヽ:::::!::゛_,イ',::::::::ト、
   /:::::::/::::〃::::::/:::::|   ヽ::::|ヽ:::::::';::::l:\:::i|::::::::: : ::>
  , '::::::/::::/,ィ!/:::::l::::::L::∟、  、::|  \!:::::|:::::l\::::::::|ゝイ
  {::::::/:::://|'::::::l::/l_∟、    ヽl二,,'_'j::::|::::,ト、:::\::lル
  l::::// l:||::l:::::::::l,'l { ト;ハ`     '´‘;!iメj }|:::レ'::!ヽj/ )ヽ
  `/,'  l:||::l:::ヽ∧ヾ` vソ      Vノ /|:::l丿::リ::|  `丶
  ( l  リl:!い::::::{tヘ ,,,,     ,     ,,,;l|::::|::/イ|::l     )
   ヽ l/ V|トrヘ、            ,イ.|::::|::i|| リ
      \|::| ||::::ト、   (⌒ヽ  ィ:::レ':::::jl:::l            「…何故兄は発狂したのでしょう」
        |::::j人!::::|「 ト  __ , ´| ′イ八|
        |::/  i:::::::l l! |      ∨/::∧::丶
         |/  |:::::::l !レ        //::∧ ト、::::\_,
         /    l:::::::川      //::,ヘハL 「_ ̄ヽ
       / _ 厶ィ'::::/  ー一' _/∠_ヽヾ.     ̄`ヽ
      / ̄   〃 j::/ ̄ ̄`  ´ ̄ ̄  ヾ.j       }
    /      {{              ヾ.j



        ィ-────-、
       /         ヽ
      /   i、____,、   ヽ
      /   /::::::::::::::::::::::::ト、  ヽ
    /   |:::::::(__人__):::::\   〉       「…いいえ、貴女の兄は冷静でした」
    |   、 k:::::::`⌒:´:::::::::/  /
    \_  \`\__ー‐:::_/ ィェイ
   /::::::::::::::|:::::::::∪::::::::::::::|:::::/:::|
   |:::::::::::|::::::|:::::::::∥::::::::::::|::::|:::::::|
   |:::::::::::|::::§:::::::∥::::::::::§::|:::::::|
   l::::::i:::::|::::::::::::::::∥:::::::::::::::::|:::::::|

128本棚のやる夫さん2010/01/03(日) 19:03:16 ID:676I2.ow








             ,ハ /\      /::::::ヘ
       /´ヽ  ,/;:::::∨::::::::Y^⌒ヽ、{ケ:::::::::ヽ、
       /l:::::ノ!/::::/:l|:::_イ丶{:::ヽ、::::.ヽ::::::'⌒^ ̄,}
      ,//:::::/::::/:::::/l{ニ、ミ::::\::::::::.::::\: : :./´::|
     i /:::::/::::::::::::::::′∧ヽ\::::::::ヽ::::ヽ:.:.:.イ.:/:::::::;:
     /::::::::′/:::::::::/:::丿 '.:::::::ヽ:::::::ヽ:::::!::゛_,イ',::::::::ト、
   /:::::::/::::〃::::::/:::::|.:.:.:.:.:ヽ::::|ヽ:::::::';::::l:\:::i|::::::::: : ::>
  , '::::::/::::/,ィ!/:::::l:::::l\!.:.:.:.:.:.:.:、:| `イi::::::|:::::l\::::::::|ゝイ
  {::::::/:::://|'::::::l::/L_:;ヽ.:.:.:.:.:.:ヽィl二,_ j:::|::::,ト、:::\::lル
  l::::// l:||::l:::::::::l,'l { ト;ハ`.:.:.:.:.:.:'´‘;!iメj }|:::レ'::!ヽj/ )ヽ
  `/,'  l:||::l:::ヽ∧ヾ` vソ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:Vノ /|:::l丿::リ::|  `丶
  ( l  リl:!い::::::{tヘ ,,,,     ,     u;l|::::|::/イ|::l     )
   ヽ l/ V|トrヘ、U           ,イ.|::::|::i|| リ
      \|::| ||::::ト、   (⌒ヽ  ィ:::レ':::::jl:::l           「…何故家族を殺したりしたのでしょう」
        |::::j人!::::|「 ト  __ , ´| ′イ八|
        |::/  i:::::::l l! |      ∨/::∧::丶
         |/  |:::::::l !レ        //::∧ ト、::::\_,
         /    l:::::::川      //::,ヘハL 「_ ̄ヽ
       / _ 厶ィ'::::/  ー一' _/∠_ヽヾ.     ̄`ヽ
      / ̄   〃 j::/ ̄ ̄`  ´ ̄ ̄  ヾ.j       }
    /      {{              ヾ.j


          __
        /´  \\`\
       /      ヾヽ ヽ
      /        _ヽ_、  ヽ
     /       ,イ´::::::::ト、 ヽ              「いいえ、貴女の兄が殺したのはひとりだけです」
    {      /::::::::::(●)ヘl 〉
     ヽ   | /::::(__人__):::::::} /
      λ_ゞ\ゝ、.`_⌒´__,/У
      Y(⌒)_|:::::::::∪:::::::::|/
     /::::::::::::/:|:::::::::∥:::::::/|
    ./::::::::::::/::§:::::::∥::::::::§
    /::::::::::::/::::::::::::::::::∥::::::::|

129本棚のやる夫さん2010/01/03(日) 19:03:36 ID:676I2.ow


              __
           /´:.:.:`i、___    _
          く:∠ゞ.::';::;::::i、:::::、`ヽ/´.::.:.:i
            ,':.:.:/.._/!ハ;:、:!r:、....゙、 :: ヽソ.:.:..!
          i.:.::/ri,/フ'ハ、y | ゙、:::゙、::::...゙、.:.:\
           レ/:::i  /  )    !::::゙、:::::::|.:.::.:.:i   
          i:::::|  |'   |  __ ∧::.',:ヽ:.l::.:.:.:/         そして妹は全てを理解して、泣いた
      _ , -‐  ̄ _ノrー-.、ヽ  \ !::i:.:..i:.:.:..:ハ
      /    ,..- ' 、 ∨  ノ \  `ー 、:|ソ.:.:.:.:\  
   /    / "レ'ヾi_ `ニ´ :::' |;\    \\:.:.:.ヽ 
.  〈   _ ノヾー-、-r‐--r-イ  / /7'   /   ',: :.i
   `ー-、_ // ヽ i、、  /___/ ./ハヽ、. /|  ノ:ノ
     | `7/   iヽ、. | / ./=i  ヾ< iヽー┐
     |ノノ     Y\、レ/   ヾ/. `ー/ | ||
     `ー-r---、i  oY     ゙、ヽイ´  .| ||
          |    |    ハ      /-‐-、.|. ∥
          |   |   | i      |     ||
          |   |   o| ゙、      |      .||




187 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/01/02(土) 20:18:22.91 ID:5e2tTJbD0

兄が狂乱し、家族を皆殺しにした。すぐに兄は逮捕され、死刑となった。
妹は幸運にも生き延びたが、事件のショックで記憶を失ってしまった。
父も母も失い、記憶もない。空っぽな心で無気力なまま生きていた妹は、ある日占い師と出会い、自分の過去を占ってもらうことにした。
「何故兄は発狂したのでしょう」
「いいえ、アナタの兄は冷静でした」
「何故家族を殺したりしたのでしょう」
「いいえ、兄が殺したのはひとりだけです」
そして妹は全てを理解して、泣いた。

131本棚のやる夫さん2010/01/03(日) 19:10:28 ID:V3PKKoCs
えーと、、、父母を殺したのはほんとは妹で
兄は罪をかぶって自分自身を殺すことになった、、、ってことか?

132本棚のやる夫さん2010/01/03(日) 19:10:45 ID:ePCjKoQo


実際に家族殺したのは妹だったってこと?
では兄貴が殺した一人ってのは…

133本棚のやる夫さん2010/01/03(日) 19:29:09 ID:W154fnSA
自分・・・・かな

関連記事
[ 2020/07/04 10:25 ] オリジナル やる夫でコピペ | TB(-) | CM(0)



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する