やる夫でコピペ 第829話 ポールとワッツは貧しい炭鉱夫だった

目次

101 : 本棚のやる夫さん : 2010/01/30(土) 12:55:19 ID:UAr.vWf6
           ____              ____
         /      \           /     \
        / ─    ─ \        / ⌒   ⌒ \
      /   (●)  (●)  \     /   (●)  (●)  \    やる夫とできる夫は貧しい炭鉱夫だった。 
      |      (__人__)     |     |      __´___     |   
      \     ` ⌒´   ,/      \      `ー'´    /
      /     ー‐    \



       ____                 ____
     /   ノ( \              /     \
   /  _ノ  ヽ、_ \            / \   / \   貧乏な暮らしに業を煮やした二人は未開の国であるロシアに移住し、働こうと決めた。 
  / ノ( ●━━●   \         /   (○)  (○)   \
  |  ⌒ (__人__) ノ(  |         |      __´___     |
  \     ` ⌒´   ⌒/         \      |il!|!il|    /
                        /       ̄ ̄    \


102 : 本棚のやる夫さん : 2010/01/30(土) 12:55:34 ID:UAr.vWf6



     ____
   /     \
  /  ─    ─\  「決めたはいいが、やる夫たちはロシアのことを何も知らない。
/   ‐=・=‐ ‐=・= \  もしロシアがこの国よりも貧しい国だったらどうする?」
|       (__人__)    |
\     ` ⌒´   ,/



        ____
      /     \
    /  -     - \
  /   (一)  (一)  \
 |      __´___     |  「そうだな・・・やる夫、君には妻も子供もいる。君にとってはリスクが大きい話だ。
 \      `ー'´     /
 /     ∩ノ ⊃   /
 (  \ / _ノ |  |
. \ “  /__|  |
   \ /___ /


        ____
      /     \
    /  -     - \   だからまず僕がひとりで向こうへ行き、あちらの事情を手紙に書く。
  /   (●)  (一)  \   君はそれで判断すればいい」
 |      __´___    . |
 \      `ー'´     /
 /     ∩ノ ⊃   /
 (  \ / _ノ |  |
. \ “  /__|  |
   \ /___ /

103本棚のやる夫さん2010/01/30(土) 12:55:49 ID:UAr.vWf6


         ____
       /     \
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \  「しかし、悪口を書いた手紙を検問官に見られたら君はタダでは済むまい」
  | / .イ '=・=  =・= u|
    /,'才.ミ) (__人__) /
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ


                ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |     「じゃあこうしよう。僕はロシアがどんな国だろうと、ロシアを褒めて書く。
   /( ●)  (●)\  !   !         手紙が黒のインクで書いてあれば、ロシアは素晴らしい国だと受け止めたまえ。
  / :::::   __´___  :::::\|   l    
  |      `ー'´       |  /
  \             //
  / __        /
  (___)      /


       ____
     /     \
   / _,ノ  ⌒ \        逆に赤のインクで書いてあったら内容とはかけ離れた貧しい国という意味に取ってくれ」
  /   (●)  (●)   \
 |     、 ´       |  (( ∩))
  \       ̄ ̄   /    ( ⌒)
  /          \

104本棚のやる夫さん2010/01/30(土) 12:56:02 ID:UAr.vWf6
できる夫はそういうとロシアに旅立っていった。



          / ̄ ̄ ̄\
       /─    ─  \
      / (●)  (●)  ヽ
       |:::⌒ __´__ _⌒::  |`ヽ
   ,ィTl'ヽ\  `ー´    /`ヽー;、
    kヒヒど, ((        (({⌒Yィ 、 ソ
      `´ ̄ヽ      ハヽ/`^ー′
           ヽ   ` /  '}
            >   /ごノ
        __,∠     /    ポニョポニョ
      〈、    /
       \、__ノ

105本棚のやる夫さん2010/01/30(土) 12:56:27 ID:UAr.vWf6


  , ,. ., ,..,.  , ,. ., ,..,.  , ,. ., ,..,.  , ,. ., ,..,.  , ,. _|
______________________,]
                  .             ::::|
        :   ,                    :::|
 . ____  .   ____       ____     |
  |i―ii―i|       .|i―ii―i|     |i―ii―i|     |
  ||_||_|| :      ||_||_||     ||_||_||     |
  ||―||―||   .    ||―||―||     ||―||―||     |
  ||_||_||       ,||_||_||     ||_||_||     |
  '―――'       '―――'     '―――'    . |  それから3ヵ月後、やる夫の元に手紙が届いた。送り主はできる夫である。
        :   ,                    :::|
    .                .              |
,.  , ,. ., ,..,.  , ,. ., ,..,.  , ,. ., ,..,.  , ,. ., ,..,.  , ,. _|
______________________,]
                  .             ::::|
        :   ,                    :::|
_____      ____      ____     .:|
        ||  ,     |i―ii―i|     |i―ii―i|     |
        ||.       ||_||_||     ||_||_||     | \
        ||       :||―||―||     ||―||―||     |.  \   :   '
      O ||    '   ||_||_||     ||_||_||     |    \
  ===.   ||     '―――'      '―――'     | ,     \
        ||        ;;                    |        \     . :
____||_________________|       .   \
――――`i   '      .             :             \
 ̄ ̄ ̄ ̄~                                       \
             ,              '         ;            \
                                                   \
__________________________________ノ,
――――――――――――――――――――――――――――――――― '"


            ___
          / ⌒  ⌒\   __
        / (⌒)  (⌒) \〈〈〈 ヽ
      /   ///(__人__)/// 〈⊃  }
      |   u.   `Y⌒y'´    |   |    手紙には黒のインクでこう書いてあった。
     \       ゙ー ′   ,/   !     黒のインクということは・・・素晴らしい国なんだ!
     /⌒ヽ   ー‐    ィ    l
     / rー'ゝ           /
    /,ノヾ ,>         /
     | ヽ〆         |



        ____
     /     \
    /  ─    ─\   やる夫は喜びながら読んだ。
  /    (⌒) (⌒) \
  |    ///(__人__)/// |
  \        |\  / /|
  /     /⌒ノ  \/ ( )
  |      / / |       |

106本棚のやる夫さん2010/01/30(土) 12:57:01 ID:UAr.vWf6

          ____
        /      \    『親愛なるやる夫。この国は素晴らしい!
       /  ⌒  ⌒ \    向こうに着いてすぐ割りの良い仕事を紹介してもらい、
     /    (⌒)  (⌒) \
     |        、__',_,     | ___________
     \             ,/ | |             |
___/           \ | |             |
| | /    ,                | |             |
| | /   ./  カチッ カチッ    | |             |
| | | ⌒ ーnnn          |_|___________|
 ̄ \__、("二) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     _|_|__|_



  |
  |       ┌───┬───┐
  |       │::::;::::::;;;;;::| ;; ;::::: :::::::j
  |       │:: ::;:: ::::: :|:::: :::;; ::::::::j    広くてきれいな住処を与えてもらった。
  |        '~'~'~~~~~'~'~~~~~~'~~'
  |    ,________,__.
  |  / /     / /i     | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
  |_,| 三 |二二二二| 三 |;;;;|__ /⌒'⌒´⌒´⌒´⌒'ハ___
/ ::::| ◎ |li≡≡ilWl | ◎ | /   /  ノ  ヽ :: 丿/;;l
     ̄ ̄' ̄ ̄ ̄ ̄' ̄ ̄   ./  ヾヽ   (   /:::/
                  /           /:::/
                  l⌒'⌒´⌒'⌒´⌒'⌒´l,/
                  |,,|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄'|,,||

         ___
       /      \
      /  ⌒  ⌒ \  
    /   (⌒)  (⌒) \
     |      、__',_,      |    食料と酒はふんだんにあるし、
      \      `‐'´    /
      /⌒ヽ   ー‐   ィヽ
      /   ■  ■  .冊  冊.
    /, ./  ∨  ヽ (.サ.)(.サ.)
    |  .lキリン }キリン { ッポ }ッポ {ヽ
    ゝ つ=.l==l(.ロ.).(と⌒.ノ
   ̄ ̄ ゙ヽ_ソノノ--ィ ゝ-ヘゝゝノ゙ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  || |   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  || |  | ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  || |   |   -┐    -┐             |  || |  |    し1
  こ  や  き     |,_,||_|   |   ニl  ̄ ニl  ̄   つ り   |,_,||_|  |     ノ
________|  ||   .|_____________|  ||.  |____
             ||   ||   ||   ||                 ||   ||   ||
    ∧ ∧    ||   ||   ||   ||                 ||   ||   ||
,__,_,  (゚Д゚ ,)     ||   ||   ||   ||       /⌒\    ||   ||   ||
__,|_| ⊂i y lつ   ||  / |   ||   ||   ♪~(´ー` )     .||   ||   || ΩΩΩ
. | |   | ̄''||     ||/   |   ||   ||      (__V__,)     ||   ||   || |||   何より国自体に活気がある!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|    |   ||   ||____(__(| | ||______||__ ,.||   | ̄ ̄ ̄ ̄
                |  /  ...|| /∧ ∧ :;Q::OQOQ:;OQQ:||' |    |
                |/      /.:;::;(   ゚),::OQ::O::QOO;:/,||'     ∩_∩
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄       | ̄ ̄/  づ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l/     (´∀` )  ̄
        ●          ~(__)  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄       (    )
      ∧((∧               ∧_∧     '⌒⌒丶     /  人
     ( ・∀・)   ∧_∧       ∂ノノハヘヽ (从 从) ,l     (___人__)
     ( ヽy/,)  ( (´∀`)    (⌒ ) |ハ`∀´ノ  ゝ゚‐ ゚ ノソ
     ノ__/∞Lゝ   (  y ,)      ̄と「  y )   ( y  )
    /__|_|   人 , -,        T三三l    l三三」
            (_(__ノ         (__v)v)    (v(v__)

107本棚のやる夫さん2010/01/30(土) 12:57:14 ID:UAr.vWf6





  (⌒ヽ                                              (⌒ヽ
  (    ,⌒)                                   (⌒ヽ    (
 (    ⌒ヽ                                   (   ⌒)   ゝ
  ゝ      ⌒ヽ,,                               ,,.(     )、,,(
 (          ⌒ヽ                                (          ゝ
 (            )                               (   />  />
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄,,_p/> ̄ ̄
.....:::::::... .....:::::::....... .....:::::::...  .....:::::::...  ..:   ..::::.   ...::::::.. ..::::::::........ 。゚。,,,_p/> .....::::::::::::::::
.....:::::::........:::::::........:::::::........:::::: :........:::::::...... ..::::::: .:::::.... .:::::  ....::::... ........ ::::::::....... ...::::::::. ......
.....:::::::... .....:::::::... .....:::::::... .....:::::::...  .:::::...............::::::::..:::::.. 。...:::::::::::::..... .::::::::........ ...::::::::::.. ::...
。.... :::::.....:::::::... :::::::.....:::::::...::..:::::.....:::::....  。..::::...... 。...:: ...... .....::::::::..:::::..::.....::::::::::::::::... ...:::::::
~~ .....:::::::... .....:::::::... ::  .:::::.....:::::.... .........:::::::::::::::::.........::...:::::::...::::::::::::::.....:::::::::::::。::::::.........::::::::
   ~^^゚~.。.... 。.... . ..:::::.....:::::.....:::::....。.....゚ .........。・...。.... 。 。。..::::...... 。...::::::::... ......::::::::::::::::..
        ~^^゚~~~゚^~~~~~~・。,,,,:~"~~。~・" ゚''~。,,, 。....゚....... 。.....:::::::::..........:::::
: :. . . . .     ..: : :. . . . .     ..: : :. . . ..: : :. . . . . . .   ..: : :. . .~^^゚~・,,。,, 。....゚......。..。....
      .. . ...        . . . .    ..: : :. . . . .  ..: : :. . . . .          ^~^:~。,,,,・
  .. . . . . .          .. . ...        . . . .    ..: : :. . . . .


            (ヽ三/) ))
         ,___ ( i)))
       /     \ \
      /   ⌒  ⌒ \ )   仕事はすこぶる順調で、来月にはクルーザーを買って貸し別荘で余暇を過ごすつもりだ。
    /     (>)  (●)ヽ
    |    //  、__',_, // | =3
    \            ,/
  ⊂ヽ γ         ヽ
  i !l ノ ノ            !
  ⊂cノ´

108本棚のやる夫さん2010/01/30(土) 12:57:29 ID:UAr.vWf6

(W从~j;::: :;'')),                 ||( ゚ω゚)ノ||:                ..:::::: : :
 vW;;;;;wリ:::::リノ               ||(..'V-)::||:              ..::::::::::::: : :
 vWリl从::::::リ                ========i:            ..:::::::::::::::::::: : :
 WvリW从:リ                                 ..::::::::::::::::::::::::::: : :
 ===!|l lリノ==========================================================: :
 圓圓|l;:|圓圓圓圓圓圓圓圓圓圓圓圓圓圓圓圓圓圓圓圓圓圓圓圓圓圓圓圓圓:::::
 =|\i||ii|/|=========================================================: :
  \:三:/::::                                :::::::::::::::::::::::::::::: : :
    ::::::::::''''                                     :::::::::::: : :
                                              :::::::: : :
                .____________
               /―∞    Ψ ⊂oO⊃  \
               / ―∞ ̄ ̄ ||  ◇⌒:θ:目 \
              ./ / ○ ∞.⊂⊃ \△三@\.  .\..
                 /日 _..○○_   '''***  ̄ ̄ . 日\::...
             / '''/\_/_<****>  ⊂oO⊃\:::::.....
            ./  _ __ '''''_ _:__:__ _ _ __ _ \::::::::.....
            | ̄.:  ::.  ̄:  .:  . :. . :. . :.  :.  :  :. . :. ̄|::::::::::::::.....
           /  ;::i i::.  .::;i .::i   i;::. .i;:.  i;::. i;:.  i::. .i::. i;::. .|:::::::::::::::::::::::::::::...


         ___
       / ⌒  ⌒\
      / (⌒)  (⌒)\      一部のマスコミが『ロシアには物資が何もない』なんて書いてるが、
    /   /// __´__ /// \     それは大きな間違いだ。この国では欲しい物は何でも手に入る!
     |       |r┬ |    |
      \       ゙ー'    ,/
      /⌒ヽ         ィヽ
      / rー'ゝ       〆ヽ
    /,ノヾ ,>      ヾ_ノ,|
    | ヽ〆        |´ |

109本棚のやる夫さん2010/01/30(土) 12:57:43 ID:UAr.vWf6















.:i|.:i|.:i|.:i|            ;|
.:i|.:i|.:i|.:i|            ;|
.:i|.:i|.:i|.:i|二二二二二二二二二l
.:i|.:i|.:i|.:i|___  _,,....,, _  ...:::;;| ,;;
.:i|.:i|.:i|.:i| ,/|(( ..,, _ ,,. ))...:::;;| .;;
.:i|.:i|.:i|.:i|/ :| | ~"'' ''"~.]....:::;;| .;;
.:i|.:i|.:i|.:i|  | | l l l |.....:::;;| .;;
.:i|.:i|.:i|.:i|  |_| l l l |.....:::;;| ;;
.:i|.:i|.:i|.:i|;../ :l #i; ;l;;;;l;;;| ̄ ̄\_____
,.i|,.i|,.i|,.i|,/  ~"'''''''"~
_,,..,.,,,._ >┿、
ヽ  /_  /'ヽi|
 ゝー( ヽ| ;;|i|
/   ヽ::ヽ |i|
/;;;..:::i;;:..,) ;) :|{}
;;:::.....、。)_,,)"
 ̄ ̄ ̄;;;:"



         / ̄ ̄ ̄ \
      /   :::::\:::/\
     /    。<一>:::::<ー>。
     |    .:::。゚ __ ´ _~ ゚j   手に入らないのは赤のインクくらいのものだ』
     \、   ゜   ̄ ,;/゜
    /  ⌒ヽ゚  '"'"´(;゚ 。
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.


       ____
     /ノ   ヽ、_\
   /( ○)}liil{(○)\
  /    (__人__)   \
  |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
  \    |ェェェェ|     /

110本棚のやる夫さん2010/01/30(土) 12:58:02 ID:UAr.vWf6
元ネタ

ポールとワッツは貧しい炭鉱夫だった。
貧乏な暮らしに業を煮やした二人は未開の国であるロシアに移住し、働こうと決めた。

ポール:「決めたはいいが、僕たちはロシアのことを何も知らない。
      もしロシアがこの国よりも貧しい国だったらどうする?」
ワッツは頭を捻った。
ワッツ:「そうだな・・・ポール、君には妻も子供もいる。君にとってはリスクが大きい話だ。
     だからまず僕がひとりで向こうへ行き、あちらの事情を手紙に書く。
     君はそれで判断すればいい」
ポール:「しかし、悪口を書いた手紙を検問官に見られたら君はタダでは済むまい」
ワッツ:「じゃあこうしよう。僕はロシアがどんな国だろうと、ロシアを褒めて書く。
     手紙が黒のインクで書いてあれば、ロシアは素晴らしい国だと受け止めたまえ。
     逆に赤のインクで書いてあったら内容とはかけ離れた貧しい国という意味に取ってくれ」

ワッツはそういうとロシアに旅立っていった。
それから3ヵ月後、ポールの元に手紙が届いた。送り主はワッツである。
手紙には黒のインクでこう書いてあった。
黒のインクということは・・・素晴らしい国なんだ!とポールは喜びながら読んだ。

『親愛なるポール。この国は素晴らしい!
 向こうに着いてすぐ割りの良い仕事を紹介してもらい、
 広くてきれいな住処を与えてもらった。食料と酒はふんだんにあるし、
 何より国自体に活気がある!
 仕事はすこぶる順調で、来月にはクルーザーを買って貸し別荘で余暇を過ごすつもりだ。
 一部のマスコミが『ロシアには物資が何もない』なんて書いてるが、
 それは大きな間違いだ。この国では欲しい物は何でも手に入る!
 手に入らないのは赤のインクくらいのものだ』



                _,,. -─- .== -,..-‐、
              . _,厶-ク   \v`ヽ\´- ヽ
            /   /  ,ハ   ハ  ハ   }
            /    /イ  /ヽヘ/r、_},ハ //  ヽ
           {イ /!仏ムヘ/   `ソイ リi //     |  赤いインクが欲しい?
            Vi ハ ●    ●.^ヾイ} リ|   |
     チャキッ    ハ/||ミ彡》、_,、_, ⊂⊃/ |ノ| |   |   だったら、指出せ
    i----i――iir__\トゞミゞ ヽ._)   / | } |   |
     ̄)~゙i゚三三゚'[ /  | |> ァr‐七⌒ | |リ |   |
      ̄ (⊃!::li゙i   | |/ {メ^く_/  | |ヽ |   |
         ll::::l|!..\ | ト /:∧∨ 〉 | ト  |    |



         ____
       /ノ   ヽ、_\
     /( ○)}liil{(○)\
    /     _´_    \
    |   ヽ |!!il|!|!l| /   |
    \    |ェェェェ|     /

111本棚のやる夫さん2010/01/30(土) 12:58:36 ID:JfdQRczY
これはわらたwwwww
乙www

112本棚のやる夫さん2010/01/30(土) 13:01:45 ID:FweJKdz6
血文字という手があるじゃないか
あ、でも向こうに着く頃には黒くなってるかも

113本棚のやる夫さん2010/01/30(土) 13:24:09 ID:3YNL3b7s
乙www
一方ロシアは鉛筆を使った

114本棚のやる夫さん2010/01/30(土) 13:31:01 ID:qtjX1txM
頭いい描き方してるな。
検閲の人も前もってそういう取り決めをしてるとは思わないだろうし。



関連記事
[ 2020/07/09 18:21 ] オリジナル やる夫でコピペ | TB(-) | CM(0)



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する