やる夫でコピペ 第942話 自分の部屋に帰ろうとアパートの階段を上っていた青年が

目次

211 : 本棚のやる夫さん : 2010/04/09(金) 20:39:34 ID:EYpQUcxA

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ___ ;;;;;;;;;/ 
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /||  :|   /∠ 
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;☆;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;       || ||  :|_/∠/ 
;;;;;;;;;;;;;;;☆;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;   / ̄ ̄ || ||  :| ∠/─ 
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  ______/ ." ̄ /|| ||  :| 「 |== 
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;☆;;;;;;;;;;;;;;;;;; /|´|        | ,,-" ̄ | : || ||  :| 「 |;;;;;;;;;;; 
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /  |: | 「 「 「 「 「 |      | : || ||  :| 「 |  / 
;;;;;;;☆;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;   |  /|: | 「 「 「 「 「 | ,,-" ̄ | : || ||  :| 「 |/∠ 
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::  |//|: | _____/丶,,-" ̄| : || ||  :|_/∠/ 
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::  |/  |: | □ll□ll ∠/\___ | : || ||  :| ∠/─ 
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::  |  /|: |  ̄ ̄ ̄ ̄|「| || | :|| ||  :| 「 | == 
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::  |//|: | 「 「 「 「 「 l「 /||「.| :|| ||  :| 「 |;;;;;;;;;;;; 
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::  |/  |: | 「 「 「 「 「 /∠||「.| :|| ||  :| 「 |  / 
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::;:;:     |  /|: |..___/∠/|| | :|| ||  :| 「 |/∠     ある晴れた夜。 
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; /| ̄|\|//|: | □ll□ll ∠/  ||「.| :|| ||  :|_/∠/ 
;:;:;:;:;:; :   __//| ̄|\|/  |: |  ̄ ̄ ̄ ̄|「| ||「.| :|| ||  :| ∠/─ 
;:;:;:;:;   /|__//| ̄|\|  /|: | 「 「 「 「 「 l「 /|| | :|| ||  :| 「 | == 
;:;:;:;:;:; |/|__//| ̄|\|//|: | 「 「 「 「 「 /∠||「.| :|| ||  :| 「 |;;;;;;;;;;;; 
;:;:;:;:;:; |/|__//| ̄|\|/  |: |..___/∠/||「.| :|| ||  :| 「 |;;;;;;;;;;;; 
;:;:;:;:;:; |/|__//| ̄|\|  /|: | □ll□ll ∠/  || | :|| ||  :|.../| ̄ ̄ 
;:;:;:;:;:; |/|__//| ̄|\|//|: |  ̄ ̄ ̄ ̄|「| ||「.| :|| ||  /  | 
;:;:;:;:;:; |/|__//| ̄|\|/  |: | 「 「 「 「 「 l「| ||「 /l ̄ ̄|.  /⌒ヾ⌒ 
;:;:;:;:;:; |/|__//| ̄|\|  /|: | _. 「 「 「 [ /| ̄ ̄|  |  ...|,, "⌒ヾ ....);;;;; 
::::::::::: |/|__//| ̄|\|//|: ||_\___/  |    |  | /⌒ヽ "⌒ヾ ;;;;;;; 
::::::::::: |/|__//| ̄|\|/  |: | \\=\  |    | ノ ...:::;;;;;)....:::;;;;"⌒ヾ 
::::::::::: |/|__//| ̄|\|  /|: |   \\=\| _ノ⌒.............:::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;


212 : 本棚のやる夫さん : 2010/04/09(金) 20:39:59 ID:EYpQUcxA

                                      |  \||...|| .|| || ||\\
                                      |   ..\|| .|| || || |\\
   自分の部屋に帰ろうと                 , ―,ノ 、    |     \|| || || || |\\
                                l  (●   __l\     .\|| || || || |\
   アパートの階段を上っていた青年が、  |   (__ノ)      \\       .\|| || || ||
                            ヽ   ノ   \   \\        .\|| || ||
                       __   /  丶  \\   \\         \|| ||
                    __l\  \(|   | |   \\   \\         \||
                __l\  \\   ゝ (_) \  \\   \\
             __l\  \\  \\   l  | > ) \  \\   \\
         __l\  \\  \\  \\ |_)└-'  \\  \\   \\
         \   \\  \\  \\  \\  \\   \\  \\
         \\   \\  \\  \\  \\  \\   \\
           \\   \\  \\  \\  \\  \\



_|__|__|__|__|__|__|__|__|__|_|
|__|__|__|__|__|__|__|__|__|__|
_|__|__|__|__|__|__|__|__|__|_|
三三||  //  //  //              ||三三| |
三三||  //  //  /ィ/~~~' 、          ||三三| |
三三|| //     、_/ /  ̄`ヽ}          ||三三| |     向かいのアパートの窓際に
三三||       ,》@ i(从_从))        ||三三| |
三三||        ||ヽ|| ゚ -゚ノ| ||          .||三三| |     少女が立っているのに気づいた。
三三||        || 〈iミ''介ミi〉||          .||三三| |
三三||       ≦ ノ,ノハヽ、≧   // //.||三三| |
| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|
 ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄|
| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄| ̄ ̄|

213本棚のやる夫さん2010/04/09(金) 20:40:20 ID:EYpQUcxA

                           _,.___
                      ,-‐イr'¨¨´~_}
                    r='´r‐、ノ    しヘ
                   / _  j ,.        丿
                   / 「 └'/      └ 、
                /  r:ノ ¨¨  ̄` ‐-  .  _」
        __  /`=へ/!  Lイ        ヽ  \ ヽ
         l ̄`ヽ!   /.:::/   __〕  ,j! .i   :  i  ヽフ
      /l二二lツ ーl.::::l  /! ノ  /|  |   i  ! 、 ハ
      ヽ  //|_   l:::::{ ' L}  /斗イ!ス、 i!メ、j l l !
       ヽイ lj」   !:::::l  r ソ, / ,ィf羔ミ, ヾノ川!リヽj !
        ./' |  l|_   l::::::', ハ八ゝ〈{ 辷tタ    f市k| / l      少女は空を見上げている。
       .,イ ,  l|::!.j  iイハヌl_) |        ヾツリ′ノ
      l::| / :/!:| ヽヘゞこソ:::i i!         ′  { ,′
      l::|'  .:l |」  l::ト、ー'ヾj i:!      r‐ ォ   }iヾ:、
      ヽ! l|   l_j! lー-/ Ⅳ:、      ̄´   ノ ! 〉:〉
       /  ,: l    | :l i  /;:::::::\      イ |´
     ,:′ / !    :' / ,」∧ヾ:::::::::::`xr=ァ「´\|ヽ  ヽ
    ,/,: イ  .!    _」 / _,′} ,〉::::::::::::;:{kチ}::;:::::.ヽ > ノ
    //!  |   l  / ノ  {  //{`:::::::::::::ヾtイ:;'::::::::/\〈
  /,/ i  .!   l,. rj ゞミ二二ヾ::::\:::::::::::::;l|;:::::::::;イ:::::/} }



         . ::゜.゜。・゜゜゜゜ .
        :::.゜。 ゜・。゜゜. .  . .
            : ::.゜ ゜ ゜゜。・。゜.゜..
                  .: ::.゜゜゜゜・
              ..: :.゜゜。・。゜.゜. ...
                :::.゜。 ゜・。゜゜. .  . .
                    : ::.゜ ゜ ゜゜。・。゜.゜..
     .        ___     :::.゜。 ゜・。゜゜. .  . .
     .       / ―\       : ::.゜ ゜ ゜゜。・。゜.゜..     青年も空を見上げてみた。
          ./ノ  (●)\      :::.゜。 ゜・。゜゜. .  . .
          |  ( ●)   ⌒)l           : ::.゜ ゜ ゜゜。・。゜.゜..  満天の星が輝いている。
          }   (_ノ ̄  i
          |         /
          \      _ノ
           /´     `、

214本棚のやる夫さん2010/04/09(金) 20:40:41 ID:EYpQUcxA

               / ̄ ̄\
            ⌒  ⌒    \
           (⌒)(⌒ )   |
           (__人__)     |
            (`⌒ ´     |     あの子も、きっと夜空の美しさに
               {           |
            {        ノ      見とれているのだろう。
             ヽ     ノ
             ノ     ヽ
              /      |




〉::::::└f::::::_:::::::::::::::::::ヽ ̄ヾ:::::::::::::/::,!∠`ヽ
`ヽ::::::::つ:::::\:::::::::::::::::`!  !:::::::::::::::::::|ニ´'/!
 (:::::::::::ゝl-:-::::::::::::::::―|  |:::::::::::::::::イ`Y´く´
  jゝ::::/  ゝ、::::::::::::::::::::|  |":::::::::::::)'!゙i ̄|ヽ
  \/   / ゝ_;::::::::::::::|  |:::::::::::ソ .| |  |
    Y!i |   l、`く::::::::>-<::::::_ ィ /| |  |
    ヽヽ!\i!l!i j/!ゝ:::{薔}::シ  ,/!!| |  |
       〉K` レ' j  ト/く  ´ ィ i :| |  |      少女に微笑みかけてみたが、
           、ー j/! l′ヽj~ ド.! l :| |  |
         >' l .!'フ 、:r/ | | :| |  |        気がつかないようだ。
          f 〉、j .!< ,ヘ:´ヽゞ | :| |  |
           / ,.-" -'ー/:::::\::::`| :| |  |
          .〈 "/!‐'¨ア::::/!:::::ヾ:::\| |  |
        7`ー¨.ニ/7:/ :::::::::::::::::ヽ|  |
       /   j/`:::   :::::::::::::::::::::::\:



      /||
    / ::::||
  /:::::::::::||____
  |:::::::::::::::||      ||
  |:::::::::::::::||        ||
  |:::::::::::::::|| / ̄ ̄ヽ||
  |:::::::::::::::|/      ヽ
  |:::::::::::::::||       |
  |:::::::::::::::||       |          少しがっかりして、
  |::::::::::::::|||        |
  |::::::::::::::||ヽ_    _/           青年は自分の部屋に入った。
  |:::::::::::::::||/    ヽ|
  |:::::::::::::::||  i   } |
  |:::::::::::::::||ノ |   } |
  \:::::::::::||  |  i  |∪
    \ ::::|| ̄|  ||ー| ̄
      \|| (_/_ノ

215本棚のやる夫さん2010/04/09(金) 20:41:00 ID:EYpQUcxA

                 __
               /r': : :└、
             / r┘: : : : : :乙
      r‐z- 、, イ ' { ̄`丶、: : : : 〕
.      に/r' / / /」'  l  l \: 」
      /| 〈 '|  l'  ノ_l l|   |  lY′
.        l |ヽfこ} イ |ィf トム ノ  jl|
       l l|  ゞヘ 〈!|ゞ'′ {:Nレリ'     次の日の夜も、少女は
      / ,!   ヽヽ| l!  - , ノl| 
      l /    「r:l |ヽ-r <:l iヽ      まったく同じ体勢で星空を眺めていた。
      / /   /r‐- 、!ノ='` /:l !ムヽ
.     / /! _/ rゝ、ソ:个 、j .厶 ィ′
    / /|l {__   ヽソ|: ヽ_ゝ {ソ ̄}
.   / / /  / 〕  r┐〉:ト-- 'ヽ _ く'-、ノ



     / ̄ ̄\
   /   _ノ  \
   |    ( ●)(●
   |      (__人__)        そんなに星が好きなんて、
.   |        ノ
    |      ∩ ノ ⊃         ロマンチックな子だな、
  /     ./ _ノ
  (.  \ / ./_ノ │          と青年は思った。
  \  “ /___|  |
.    \/ ___ /



   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |    ( mn)(mn)
. | ////.|  |人|  |
  |    |  |⌒|  |      初めて会ってからまだ2日目なのに、
.  |     |  |. |  |
.  ヽ.   / / }  /      青年はすっかりこの子を好きになってしまった。
   ヽ  / / ノ ノ
   / ノ,,ノ    |
   |        |

216本棚のやる夫さん2010/04/09(金) 20:41:31 ID:EYpQUcxA

\ 丶 ヾ 丶v \ ヽ \丶丶、 丶\ ヾ
ヾ丶\ 、\ヽ 、丶\ \ヽ丶丶 \ \
 ヽ 、ヾ 、ゞ ヾ丶 ゝ丶\ヽ ゝヽ丶丶\
 ヽ \ 丶\丶ヽ\ 丶 丶 ヽ ヾ ゞ 丶
\ 丶 ヾ 丶v   , -―- 、  \. 丶 丶丶
\ 丶 ヾ 丶v /     \ 丶、 丶\ ヾ
ヾ丶\ 、\ヽ /  \_   | 丶丶 \ \
 ヽ 、ヾ 、ゞ (●) (●)   | ゝヽ丶丶\
 ヽ \ 丶\  (_人__)   / ヽ ヾ ゞ 丶
\ 丶 ヾ 丶  l`⌒´   /  \. 丶 丶丶      その翌日は、雨だった。家に帰る足取りも重い。
\ 丶 ヾ 丶  |        ヽ 丶、 丶\
ヾ丶\ 、\ヽ __!、____/:::::::\ 丶 \ \       こんな天気では、あの子も空を見てはいないだろう。
 ヽ 、ヾ 、 /、 ヽ Vヽ/::ヽ:::::::ヽ 丶丶\
 ヽ \ 丶  ハ ヽ Y`l ハ |::<:.! >´゙ヽ ゞ 丶
\ 丶 ヾ  { ヽ_ゾノ .リ |:/::|| レi i i}_ 丶丶
        `¨´  ヽ.□ニ|:::::|,. |ニニニニl
             >:::::::::/:::: |____.|
            /:::::::/ヽ:::::ヘ
           _,/:::::::/ ご_ノ
          ( ヽ::::/
          \__ノ


                  r=:、_「:.ヽ_,._
                ,イx }:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:L,ィ{
                  r┘.:.:ヾ.:.:.:.!.:.:.:.:.:./.:.:.}
              _」 .:.`.:.:.:.:、.:.レ.:.:.:.ィ.:.:.:.:.`7
              ヾ:ゞ;:斗r≧三xく.:.:.:.:.:.:ヽ.
              ,.》>K`´ `¨´ ‘7ィ/ヾ<》.:.(
               /《 j:!     《イ:!  Ⅵ.:r'
                 ! Y:j      }:ト;   !:ノ
                }  .|`.        レ!.:  {
             j  人 ヽ.    ,〃|  |!
                .:  j  ゞ、ミ ;彡_ .ィ   ト、
                i  .: ノノ,.>大スくハ.  : ヾ:、      しかし彼女は、その日もまったく同じ姿勢で
                | / 〈く/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾx ヾ./イ
                イ j  7.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:j::::::ヘ  く         空を見上げていたのだ。
            / / __/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./::::::.:.:ヽ  \
              / .ノ彡:.:.:ィ.:.:.:.:.:./.:/:::::::::::}.:.ハ   マ}
          / .人.:.:.:.く.:.:.:.:./.:〈::::::::::::く.:.:.:.:ヽ  ヾ
.          / /  `ー1´ ̄`ヾ:、:_三辷彡へ:イ\  \
        / /   ,.ノ.:.:.;イ.:.:.:.::.:.:.:.:.:.二三.:.:八   ヽ.  ヽ
        / /     j.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヾ:二三.:.:.:.ヽ  ‘, }
.     / /     ,く:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:三}.:.:.:.:}  j  |
   { ̄ `ヾ:、      {.イ.:.:.:.:.:二三三ヾ.:.:.:.:.:.:.ⅥYーヘj  / /
   `ー- .. \   /′.:.:.:二三三三:}:.:.:.:.:.:.:.}:i.:`ー:1/ /

217本棚のやる夫さん2010/04/09(金) 20:41:46 ID:EYpQUcxA

        / ̄ ̄\
       /      \
       |         |
      . |         |
       |        ノ
      .  |        }
      .  ヽ        }         今日こそ話しかけてみよう、と青年は思った。
   ,,.. .-‐'         \
  <"   ,__,,_           \        そして向かいのアパートに行き、階段を一気に駆け上がって、
  ヽヾ丿  |          i  ヽ
    ヽ&  |         |   ヽ
         |, ,_        i''ヽ、  )
         i        , -ii、^゙''"
         |    へ  i    i
        .|   /  \|    | .
        |  /      |    | .
        |  /     `--- ´



               {''--..,_
               |!. |!. |     ..|`゙゙`'''=-...
              .`"''-t., _|:.     |     |
                          |  。  |
          __         _,      |     |i〕
         , ,.ノ  、    |} ゙`''l!.   |     ()).|     彼女の部屋の前に立つ。
         l (● ●''  .,,_|  !||     |     |
         |u (__人)     "''-t』_   |     |
         ヽ    ノ          "''--!..,,_     |
         ハ   ヽ               "''--..,|_
            l l    ll                 "''--..,,_
          ( |    |)                     "''--..,,_
          し  .J

218本棚のやる夫さん2010/04/09(金) 20:42:05 ID:EYpQUcxA

       / ̄ ̄\
     /   _ノ  \        .|:::
     |    ( ●)(●)       |:::
     |      (__人__)      |:::
  .   |       ` ⌒´ノ       |:::
      |        }      .|:::      ノックをしたが、返事がない。
     ヽ       }       |:::
     / ̄ヽ      ノ     ,.r-、|:::      厚かましいと思ったが、ドアのノブを回してみた。
   /        ⌒\  P{三)|:::
    |  |      /\  \/\ノ |:::
    |  |      /  ヽ /  /   |:::
    |  |     /     \_/    |:::



    /||
   / ::::||
 /:::::::::::||____
 |:::::::::::::::||/ ̄ ̄\||
 |:::::::::::::::|| _ノ  \\
 |:::::::::::::::||( ●) (●)|
 |:::::::::::::::||  (__人__)  |
 |:::::::::::::::||  ` ⌒´  |
 |:::::::::::::::||       }
 |:::::::::::::::||        }      鍵はかかっていなかった。
 |:::::::::::::::||ヽ___  ノ
 |::::::::::::::(_____ノ´||       少しためらってからドアを開け、室内を見た青年は、
 |::::::::::::::(_ノ / . . . ||
 |:::::::::::::::||/    ||
 |:::::::::::::::||      ||
 |:::::::::::::::||      ||
 \:::::::::::||      ||
   \ ::::|| ̄ ̄ ̄ ̄
    \||

219本棚のやる夫さん2010/04/09(金) 20:42:19 ID:EYpQUcxA

. /                  \       ノ
/                          \     /
             _,,,,..,,_       そ, イ
          ,. -''"´    `゙''-、       .
        ,."          `ヽ.  ヽ\  .
       /              `、  Y、
       ,'                  i.  | 〉
       !       ●       l  i
       ',               ,'  i.
       丶             /  j
       ヽ            ,.'    ハ         すべてを悟った。
         `'-、_      _,.-'´  ノ  .
      /      `゙''ー-‐'''"´   イ
       /
.     |                   /
      !                   /,
        ヽ                  /.:.:.:. .
        ヽ             / i.:.:.:.. . .
          `ー― ― ――――′  ゝ.:.:.. . . . .



.. .::::..... ...     | |:::::::::::::|::::::::::||:::::::::::::: |:::|:::::::::::::::::::::::::::::::||::|:::::::||::|::::::::::||::::::::::::::::| |    :. .:::::: ::
:.... .::::.. . ______________ :|:::::::l::l:::::||::|:::::::||::|::::::::::||::::::::::::::::| |    .... .::::...
.... ...                       ::::::::::::::::::::||::|:::::::||::|::::::::::||::::::::::::::::| |    .. ...:::.. .
::. . .. . .  女の子は、確かに窓際にいた。 ::|:::::::l::l:::::||::|:::::::||::|::::::::::||::::::::::::::::| |     .. ....:::
:::: ::.... .:::.                          :::::::::::::::||::|:::::::||::|::::::::::||::::::::::::::::| |    :. ... :. .:::
.:: :.... ...   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:|:::::::l::l:::::||::|:::::::||::|::::::::::||::::::::::::::::| |::    : ::..  .
... :. .:::::     | |:::::::::::::|::::::::::|l ̄)/l: |:::|:::::::::::::::::::::::::::::::||::|:::::::||::|::::::::::||::::::::::::::::| |. .    ::::..... .
..: ::. . ..    | |:::::::::::::|::::::::::|l/::/|::|:::|::|:::::::|::|:::::::l::l:::::||::|:::::::||::|::::::::::||::::::::::::::::| |    ..:::.. . ..
.::: :.....:      | |:::::::::::::|:::: ] |l/:|:::::|::|:::|:::::::::::::::::::::::::::::::||::|:::::::||::|::::::::::||::::::::::::::::| |.      :. .:::
::..... ...:: .     | |:::::: ] :|::::::::::||::::::|:::::|::| :::::::::::::::::::::::::::::::: ||::|:::::::||::|::::::::::||::::::::::::::::| |:    :: ::.... .
.... .::::... .     | |:::::::::::::|::::::::::||::::::|:::::|::|::::::::::::::::::::::::::: ::::: ||::|:::::::||::|::::::::::||::::::::::::::::| |     ::::.....
.. .::::.....:      | |:::::::::::::|::::::::::||::::::l/|;;|:::::::::::: ::::______________    ...::..
.... .....      | |:::::::::::::|::::::::::||/:/::::::::::::::::::::::                         .. .::::.
. ...:::.. ...:     | |:::::::::::::|::::::::::||/:::::::::::::::::::    だが、立っていたのではない。     .... ...:::.
...:::...       | |:::::::::::::|::::::::::||::::::::::::                                ...
::::....:       | |:::::::::::::|::::::::::||:::::         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    . .::...
: ::. . .       | |:::::::::::::| ::: /::                       ::::::::||::::::::::::::::| |     ..: .:::.
:.. ... :. .::    | |:::::::::::::|/:/| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:||::::::::::::::::| |    .... .::::
..:::..       | |:::::: /:/ /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \::::::::::::| |     .... ...:::

220本棚のやる夫さん2010/04/09(金) 20:42:43 ID:EYpQUcxA

 ;;;;;;;;;;;;;:;;:;;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;||;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;;:;;:;;:;;:;;;;;;;;;;;/.:
 :.::.:: . : .     ______  /~||~~' 、 ____    . . : . :..::.i.: .:
 : .     .:|;:~|.|l      l|   》/;;:::||:::::ヽ@《    l||~i::|:.   . . : : :.:i.: .:
 : .     .:i; / |l      l|     ||丶;||:::::l|ノ||       l|ヽ,/:.    . : :.::.i.:
 : .    .:(: ) |l======l|==== ||(/;⌒:::::) || ======l|( ::):.     . : .:.:i.:
 : .    .:/''ヽ.|l      l|    ≦ノ,ノハヽ、≧     l|/''ヽ:.    . . :::.i.:
 : .    .:!:i,! |.|l      l|   テ`'-しし-'' テ      l|i ! i:|:.     . : .:i.:
 :.:: .     ~~~  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ '~~~    . : :. ::.i.:
        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         窓枠にロープを縛りつけ、首を吊って
       ___________________
 :.::.::.::.:: . : . : . : . : . : . : . : . : . , -―- 、 . :┌───┐_______ . :::..::.::.:i.:
 :.::.::.::.:: . : . : . : . : . : . : . : . : . l:::.   l . . │;;;;;;;;;;;;;;;;||;;;;;;;;;;| . ::..::.::.:i.:
 :.::.::.::.::::.::.::.::.::::.::.::.:.::::.::.::.:.::::.::.|:::::.   | .: .:│;;;;;;;;;;;;;;;;||;;;;;;;;;;|.::::.::.::.: :i.:
 ::.::.:::.:::.:::.::::.::::.::::.:::::.:::::.:::::.:::::.::ヽ::::::.. ノ.::: ::│;;;;;;;;;;;;;;;;||;;;;;;;;;;|.::::.::.::.: :i.:



.:.:.:,ィ´..-‐'.:´.:/           ' /  ィ    _ -‐//ィ ,' ,/ ヾコ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ.:.:.}‐辷、_::,、 l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
/イ.:.:.:.:.:.:.:.厶  /     ,. イィ'  / ,.斗''´ / /イ//  {.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`丶、.:.:.:.:.:.:ヽト、{く、弍ン、.:.:.,.:-―.:.:
'".:.:.:.:.:.:.,.イ´  / _ -‐彡' ス  ,イ '",イ;-/-=彡"_|y     ゞ、≦ミー-、.:.:.:.:`ヾ.:.:.〈`>廴卞ソ }ゞ´.:.:.:.:.:.:.:
.:.:.:.:.:.;イ/-=≠=-‐ ¨´ 〃{  ハ 〃/ ,イ_二ニ≠'     |  ; `!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ゝ\辷ニ、y ヽ.:.:.:.:.:.:.:.
斗ァ"/ , ィ'"´/       ,イ 八 { { ,ハ/ ,/´:.::.,:.:、::.:.`,      |  |  |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.〃ヽ jニ_,..彡'´.:.:.:.:.:.:.:.
.:.// / イ イ     , /十' ヽハ ヾ"  'イ::.::.、:・.;.:.::.,'      ! イ  `ーt-、 .:.:.:.:.:.//::::`¨''¨7´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
/イキ==フ //   _.斗' ! ィ` ヾ、     ゝ、.::.::.:.:ノ'     / /|     | L_.:.:.:.//::::::::::::::/.:.:.:.:.:.:.:,x≦三
厂ヽ、.:.:{ /.:.{    ,イ人 ハ  _./         ̄       , , ′|     |  ヽ://::::::::::::::/.:.:.:.:.:.:.:,イ   }
_ニ=ァ.:.:.:.!.{:.:.ヾ   イ:リ.:.ヽ ィ;イ.{                 // ━━━━━━━━━ :.:.:.:.:辷ツ   ,'
  廴.:.:ヽ!_.:.:.\ 〃r‐-レj'弋ノヽ、          /イ                 . イ´     /
   `¨"´ ヾニ=ヽ!_入.:.:/イ   `        ,. =彡'"        死んでいたのだ。           ,/
_.. -‐- .._      `   y" ‘     r=ー _,..-=イ                           , ′
       `  ‐==ニ"´   ヽ   ,. =ミ'"´             /' ━━━━━━━━━ ‐'"  /  , -‐
                 ,.へ .:;"´  `            /イ::: '   /::::::`<.¨ ̄ ̄ 7    /  /イ´
    _ _____ _ , ァ=‐ '"  /,へ、          /イ:::/  ,/:::::::::::::::::::`丶、ィフ¨彡'"   /イ"
_ -‐ ¨ ̄   __ ,ノ/       il   ヽ        /〃::::::/  /::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヾ<.     !{
__ _ x== ‐ ¨ ̄´        ヾ: 、 __ ≧-  _ . イ"/::::::::::/ ,/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /.:.:.:.:.`ヽ、ヾ: 、
-‐¨ ̄                 ,'イ::: ̄¨ニ=‐/ニ=‐イ:::::::::/ /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`>`ー==

221本棚のやる夫さん2010/04/09(金) 20:43:37 ID:EYpQUcxA
元ネタ
有名な都市伝説
そういえばグロ注意忘れスマソ

181:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2010/01/30(土) 12:11:14.34 ID:JS3S3DKI0 [sage]
ある晴れた夜。自分の部屋に帰ろうとアパートの階段を上っていた青年が、向かいのアパートの窓際に少女が立っているのに気づいた。
少女は空を見上げている。青年も空を見上げてみた。満天の星が輝いている。あの子も、きっと夜空の美しさに見とれているのだろう。
少女に微笑みかけてみたが、気がつかないようだ。少しがっかりして、青年は自分の部屋に入った。

次の日の夜も、少女はまったく同じ体勢で星空を眺めていた。そんなに星が好きなんて、ロマンチックな子だな、と青年は思った。
初めて会ってからまだ2日目なのに、青年はすっかりこの子を好きになってしまった。

その翌日は、雨だった。家に帰る足取りも重い。こんな天気では、あの子も空を見てはいないだろう。
しかし彼女は、その日もまったく同じ姿勢で空を見上げていたのだ。
今日こそ話しかけてみよう、と青年は思った。そして向かいのアパートに行き、階段を一気に駆け上がって、彼女の部屋の前に立つ。

ノックをしたが、返事がない。厚かましいと思ったが、ドアのノブを回してみた。鍵はかかっていなかった。
少しためらってからドアを開け、室内を見た青年は、すべてを悟った。



女の子は、確かに窓際にいた。だが、立っていたのではない。窓枠にロープを縛りつけ、首を吊って死んでいたのだ。

222本棚のやる夫さん2010/04/09(金) 20:43:46 ID:XJADBjXs
うわあああああああ

223本棚のやる夫さん2010/04/09(金) 20:44:38 ID:KyO8a8R2

恋した相手は死体でした、か
トラウマもんだな、こりゃ

225本棚のやる夫さん2010/04/09(金) 20:45:40 ID:6ALmSUJ2
乙でした。

引き込まれました・・・

227本棚のやる夫さん2010/04/09(金) 20:52:40 ID:HkqC2bgQ
うわぁ…
元ネタ知ってたけどAAつきで見ると怖さ倍増だな…
乙でした!

関連記事
[ 2020/07/21 11:37 ] オリジナル やる夫でコピペ | TB(-) | CM(1)



冬だったのか冷房が動き続けていたのか
対策なしの夏だったら地獄絵図だったな
[ 2020/07/23 11:57 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する