やる夫でコピペ 第1132話 私は死体の隠し場所に頭を悩ませていた

目次

931 : 本棚のやる夫さん : 2010/09/26(日) 15:02:50 ID:2croV2oo

              ーァ三三三三三三三三二ニヽ\ 
             _≧三三三三三三三二ニ三ニヽハ 
.          -=ニ三三二ニ z三三三三ニ三三_三リ 
              ` <|: ,へ-、: : : : : :/V‘ー┴、 ̄ヽ 
              レl/ ) ∨`ヽヘ、 V: : :f二 ヘ \ 
.             ___l人__, U i´ 、‐trー∨/ ´ヽ  __|_ 
.     ___    │\l ノ l  |    ̄   !| __L、  /    | 
   /     ̄ ̄}   /`〉∧       〈,__j/\_ノ\ // ´ ̄〉      「一体、どうすればいいんだ」 
  /          | ヽ レ'´\ \ U  =ーr'ヽ__   〈 /   ∧ 
. 〈         \ \   \ \_`フ´__ |r'|     V /   ハ.      私は死体の隠し場所に頭を悩ませていた。 
  |\    ヽ.        丶、   ̄ | _/ /`ヽl     ∨    ∧ 
  |        \       \__\_,ノレ__/   ´ ̄h  {  l    ∧ 
.   !          ヽ.            `ヽヘ      |.}  |  l     ', 
.  l    ヽ     〉              〈ヘ    ヽ\││    ∧ 
   l       \ .:|: :\               ハヘ    \ |         '. 
   |  i     ヽ::|: : : :ヽ          丙〈ヘ     | {        i 




/;;;;;;/!-''';;;;;;;|         ヽ _     i 
/;;;/;;//           i、_ ト、ヽ .\   |ヽ 
;;/;/;;/ヽ       ,、  | `''/'\'、ゝヽ  | | 
;|;;|;;;|;;;;;;|        | \,_|  / ,、 .ヽ`|、ヽ .!,,ノ_,.、,,,.-┬┬ 
;|;|;;/         |    / /、|   |ヽ! | .| ト、_  _!! _,! 
;/;/;ヽ     r---- !   /./シ/    ヽノ .| | `´//⌒ 
;;;;|―-    ヽ,      | '¨´       .ヽ .| |,,イ´ -‐ 
;/ヽ    ,,,,,,,,,,l   _,.へ-、\ ̄ヽ      _ヽ| |   /´ヽ 
-'''\    \.  _,.- イ7 l \`-、_l   ,.-´ヽ | |/   ,.    あと三十分もすれば人がここに来ることになっていた。 
 '\_  ―‐'‐''/'シ/   ヽ、_ヽ_,,!_! ./_,. -‐'´l|/i _,.-'´/ 
   `'‐-_`\  ̄         ̄_,// ノ ./  /  ./     それまでにこの問題を解決しなければなるまい。 
     \ `ニ-, 、__      ./ フ´_/ /   イ| / ヽ 
      \__-ニ=__,.-、_   /__, /    !-ニ´'´)| |/、  / 
        `''''―'''''´`'‐-/ ' /,,,,_/ヽ._ノ/`!  / / 
               /,__ /  /  //、, ノ / / 
          /~ヽ   /  '//`ヽ.//  /`´   `‐'' 
         |   |  /ノ  レ   //、  / /´7 
         |==/ /  ´/ //    / /==/ 
         |  | /   i'´   ´   / /_  / 
         /  '´           ! ヽノ  /.


932 : 本棚のやる夫さん : 2010/09/26(日) 15:03:05 ID:2croV2oo

             _,,. -‐::::::::::::‐..、
            ,. <:::::::¨ニ ミ、`:::ヽ::ハ
        /:::::::::::::-‐三三ニ::)ヽ}:::::::ノ
      /::::::::::::-‐ ¨::::::::::::/::::/::::::;::リ
     ,.:':::::::::::::::::::::::::::::::::::::"::::/::::::,ノヽ!
   ,.イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>'"   l
   ,>::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>'"    .ハ i l
  〃ニ::::::::::ト;/ヽ/"/// / 丶、 /,r_lハ!           タンスやクローゼット?
 ー=ラ:::::::::ヘ     ,.、  ./.,, __ ∨,ッフ.!..,,_
  /レ/>''">‐- 、ヘ/ ヽ.,ィtテァシ   !  l   ̄ヽ‐、---=    残念ながらそんなものは存在しない。
     l´  ', 「ハ `┘i  `¨ ´  ,  ', l、l  Vヽ \
        \ヽし、 ヽ.       L、.ィ ,i ¨  \',l  /i/
        /l`¨I´'、  `     _,, =' ) /l   i / / /    むしろ、そんなものがあるのなら
        /,ィ:/ F.i `> ..,_   ` ー''丁/: : l___ l:i.//─
      l\i:/   !i ! ヽ   ¨  ー‐ ':/: : : : : :`>"´ ̄     この私が逃げ込みたい程だ。
      l  ` ー- ..,,__     〈  /: : : : : :/¨ヽ
     /ヽ、          ̄ ̄l |.∨; : : : /ニヽ ,ノ /
   /    > ..,,__  _..  -‐┘! ( 〉: : !、  _ノ └
  ,.'  ¨"´       ̄  _,,.. /   ll: : ,ノ`¨  /、  /
 /   /        /      r┴ァ/ 、  /  ` /



     ______
 , - '"<  ミ≒=≧三ニ`=‐` 、
 出ミ=-ミ゙`ミヾ  ≡ ヽ` 爻  4
 > >ヘ >ー-"=゙、``_ 、  ミ  ミヽ
 こ/     ,  `゙ ` ー-三=ニ,=
 /`   /、 Α  /ヽ    ヽ '
  ,  / 7X__ヘ〆  ゙l    ,         だが、そんな事をすれば辛酸の思いを経て生み出した
  ハ/ミ  ,〈 7g Ti ミ≡)l ,, //
 `、ミ(    ̄``ニ┘"´彡 <_/,__z      私のアリバイトリックが全て無駄になってしまう。
  i彡〃      / ',|i乂?兔t y z
 f l  }i      ( ,  )ノ゛`、``ノ>
ヾ、l  !     , ヽノツ   ,,i〃       外に運び出す時間はない。
  )|  !  'ニ-´‐、Zz,   //i
 ヽ\    ` 、,,_,, `‐ ///ノ       けれども、死体を部屋から消し去ってしまわなければならない。
 ヽ丶 、        ' /ノ/
 ヽ丶\v -‐- ,,  _ ≠r'"
ヾ V ど``、 、  ,"フ/r!!‐
 ‐ ` `= ≫`rY,_>>},,!|
  ゙゛`  、、 ` 、〃ツ ヽV
       ゛  ヽ'

933本棚のやる夫さん2010/09/26(日) 15:03:30 ID:2croV2oo

  | |    |    ||l ┬┐ |:::| _  __  _|| |   || |    ||      | |
  | |    |    ||l ┼┤ |:::| |__| |__l l__|| |   || |    ||      | |
  | |    |    ||l ┼┤ |:::| _  __  _|| |   || |    ||      | |
  | |    |    ||l ┼┤ |:::| |__| |__l l__|| |   || |    ||      | | /
  | |    |    ||l ┴┘ |:::| _  __  _|| |   || |    ||      | |  ┣¨ .  ┣¨ .
  | |    |    ||___ :|:::| |__| |__l l__|| |   || |    ||      | |       ┛       ┛
  | |    |    |l ̄)/| |:::| _  __  _|| |   || |[]  ||      | | \
  | |    |    |l/ /| |:::| |__| |__l l__|| |   || |    ||      | |
  | |    |  ] :||/|  | |:::|______|| |   || |    ||      | |    扉が叩かれた。
  | |  ] :|    ||  |  | |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄. || |   || |    ||      | |
  | |    |    ||  |  | |           || |   || |    ||      | |
  | |    |    ||  |/|_|           ||_|__|| |    0コ    :| |
  | |    |    ||/ /               \. || |    ||      | |
  | |    |    ||/                  ||_|    ||      | |
  | |    |    ||                        \  :||      | |
  | |    |    ||                       \||      | |
  | |    |   /                            ||      | |
  | |    |/ /l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ||      | |
  | |  / / /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \     | |
  | |./ / /    . :       ,.            .  .     \  :| |
  | | / /  '        ,  :.      ,,           \| |


                        _
                  __,,.. -ァ:::´:::::__:`ー:-.、
                 ,r'::::::::::/:::::::/:::::_:::::::-‐\
                 ノ::::;:、/ヽ_/;:ヘ/__::::::::_:_ミ、
                    ヽ:/        `´ \_::::::::::`>ァ
                  /_,.ヘ/\,/\    L::::::::::::::{.
                 /^ヽ_ ーィ'' rzラ `¨ハ  L::::::::::フ
                  Y<_rソ  ` ̄   .}└_  l:::::/´
                    l;; 「`ヽ    U  ノヽノ¨ヽl::/
                  l  _`-‐ 、    '   〈1 l/
                 l }‐二二ヨ   U  /ノ ,ノ     ,.-、      ビクリと肩を揺らし私は玄関を振り返る。
                     l ´-‐ --     /丶く_     i____>、
                  l ...::::::...    // l〈. }   .r「 l / ,ィ \   予想よりも早い。
                 `丶::::::::::::;.ィ   /  l `  / Ll_/-' ト、 l
                   ハ::`:::´:    /  l、 /  /     /
                   _l L.__         l 〈 __ /、   ,. '
        __      _/ __!   ¨ニヽ.___,/  l-、   `/¨
      /´  `ヽ ̄-‐ '´     ̄`丶  \(_)  /   ヽ、/_―-、
       /i       \          \  l //     `7  ヽ
 ..   / !       ヽ           \l /\     /ヽ.   i
      i  l         ',           〈    \、 、ハ ヽ  l
     `y           ∧             )     ヽ/、 )、 i/  )'

934本棚のやる夫さん2010/09/26(日) 15:03:49 ID:2croV2oo

    ______________| :::::::::|
    |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||. . . . . . . || : ::::::|
    |:::::  ̄ ̄ ̄|::::  ̄ ̄ ̄|::::||. . . . . . . || : ::::::|
    |::::: ::: ::::::  |:::: ::: ::::::  |::::||. . . . . . . || : ::::::|
    |::::: ::: ::::::  |:::: ::: ::::::  |::::||. . . . . . . _   _,
    |::::: ___|:::: ___|::::||. . . . ___,> Y´'ー-、
  ,.  |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|| ̄|_>        ≧__
    |:::::  ̄ ̄ ̄|::::  ̄ ̄ ̄|::::||  |>           <
    |::::: ::: ::::::  |:::: ::: ::::::  |::::||/>             >
    |:[]:::::::::::  |:::: ::: ::::::  |::::|| <             <
    |::::: ___|:::: ___|::::l ,ィ  ヽ          ノ
    |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|ハ | <  ノ ノ ノ ノ ,/レ′  だが、彼女に限って言えば
    .:|:::::  ̄ ̄ ̄|::::  ̄ ̄ ̄|::::||  `| ノ      /|/
    |::::: ::: ::::::  |:::: ::: ::::::  |::::||  |ヽ\      /|/     それは決して珍しいことではなかった。
    |::::: ::: ::::::  |:::: ::: ::::::  |::::||  |  | l ノルリハ レ
    |::::: ___|:::: ___|::::||  |  |イ::::::::::::::`l       「私です。居ないんですかー」
    |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||  |  ||::::::::::::::::::|
    |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||  |  ||i ̄ ̄ j:::|
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/     \
     '     ':;             / /   l.   \__
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\/     |    /::::::::::
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ` ーrーr┼‐r'´、.,.,,.、.,.,,.
    .;                     |::::| |::::|  \
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|::::| |::::| ̄ ̄|  "
"゙`'"゙`''`´'`´"゙"゙`''`´`''`´""゙`''`´゙`'"゙`',/~リ ト~}゙`''`´"
                       `ー'  `ー'



::::::::::::::::::| |<,___
::::::::::::::::::| |_二z<_
::::::::::::::::::| |~`'┴<
::::::::::::::::::| |     \
::::::::::::::::::| |.  ,.l  ,  ゙i
::::::::::::::::::| |T ハT7} ィ,l
::::::::::::::::::| |)  (●)|ハ|
::::::::::::::::::| |  '   '''.ノ川        彼女の明るくほがらかな声が、
::::::::::::::::::| | - _, イ lレ゛
::::::::::::::::::| |Y7´! ,.イ⌒ヽ        ヒステリー女の金切り声に変わることを私は知っている。
::::::::::::::::::L,.!、! !_/     〉
:::::::::::::::::と_ ヽ.,ムゝ-=、ン        そして、地獄よりも苦しい追い込みを味あわされるのだ。
::::::::::::::::::k,_   i /^'^'7
::::::::::::::::::| i\ `ヽ /!
::::::::::::::::::| | _ヽ、_ノ 〉
::::::::::::::::::| |ヽ、  /.::\

935本棚のやる夫さん2010/09/26(日) 15:04:06 ID:2croV2oo

    ヘ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
  /   `ー=三:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
         ` <:::::::::::::::::::::::::\::::::\
.  /レ!      > -、` <:_::::::::::‐、:\:::::
  ミミ└レヘ/,-┐ l     ̄ヽ::::\::::::
  ミミミ_/ / ‐.}  |      j_::::::::
  /´   l ( 「  / ̄ミ|  __   |:::::l:::
      _ X_,ノ  /\/'^l ̄ヽ|   ̄/::
   / /.:/   /     `l\, |┐ ./::    だが、それももう仕方ない。タイムリミットはとうに過ぎていた。
  ノ_/.:::/   / (,ノ    lrァリ}/ / ̄
     .::::l   '        '^´ _jV        私は腹を括ると大声で叫んだ。
   ..:::::::!        ,,. |
  ...:::::::::::::::l     __  ト `゙!
.  ⌒ヽ:::::!   { ヽ〉_.ト--┘
     \::}   /ー'´
       ヽ--'





















       /:::;':::::i::::::::::::';:::::::::::',:::::::::::::::!:::::::ヽ
     /i:::::::i:::::::l:::::::::::::i:::::::::::;'::::::::::::;':::::::::::i  .iヽ-'
     ::::::';::::::';::::::l:::::;ヘ:ノ::::/ヽ:::::;.、:::/:::::::::::/ ,. l
     ::::::::'::i丶、:::::/   ヽ'  ';i':', ヽヘ:::::ノ<´  .l          原
     :_::::::::l   `        .i:!l:i i ヽ!ヽ`l:l   l    出
     i  ̄              l:!l::l l.  l ノ、ノ  .l          稿
     ノ i          ,.、/ l:;!、 _!  l ,゙i  /     来
       l      ,.ヘ   / ゙ソ _.. ∨:l ;' .l  〉            な
        l  /\/  i `' . r‐ ニ-‐v ヽ!i: l__/      て
     i   i丶i -‐._ .._',  _;! / iカムイ  l/./ ヽ             ら
     ', トiヽ、__/¨rゎヽミヽ‐ ヽ`¨      l/ ̄ヽl     な
     ヽト:i^ `丶┴'"´i  ', 、 i  u  lヽ,.、 l          ま
    ∧\!、  U     丶、i. ,!' _      l 〈 〉'        い
     ∧  ',        ,.--‐'´ノヽ    l ヽ             だ
     /`ヽ_',\     / ¨,. ̄-‐、._',   lヽ \        ぞ
     / / l l ',. ヽ.    i;、i     i i   ! ', ヽ.      ォ
    / / l. l. ヽ. \.  !; ',.     l l.  /   /       |
       l ',  \   '\.'--一" ノ i /l  /_        |
        l ヽ   \   、ヽ、... イ ノ//    く.     │
        !  \  ', 丶、 ヽ -‐ ¨ //      i     !!!!
       _\  `丶' 、_ヽ__ノ /      /
     /¨    ヽ\    f      /     /
     ,'   _.. ', \   !○_.. -‐''7    / ̄`ヽ
     i !  /-‐' ヽ',   \ ̄   /  /      !∨´ ̄ ̄`ヽト'´ ̄`ヽ
  ‐-、ノ. ', i    ノ\    丶、/ /       /
    i" ',\-‐''" / ヽ、    l ○       /

936本棚のやる夫さん2010/09/26(日) 15:04:25 ID:2croV2oo
元ネタ

130 名前:名無しのオプ[sage] 投稿日:2010/02/04(木) 20:59:50 ID:qTNn1k+t
「一体、どうすればいいんだ」
私は死体の隠し場所に頭を悩ませていた。
あと三十分もすれば人がここに来ることになっていた。
それまでにこの問題を解決しなければなるまい。

タンスやクローゼット?残念ながらそんなものは存在しない。
むしろ、そんなものがあるのならこの私が逃げ込みたい程だ。
だが、そんな事をすれば辛酸の思いを経て生み出した私のアリバイトリックが全て無駄になってしまう。
外に運び出す時間はない。けれども、死体を部屋から消し去ってしまわなければならない。

 ドンドン
扉が叩かれた。ビクリと肩を揺らし私は玄関を振り返る。
予想よりも早い。だが、彼女に限って言えばそれは決して珍しいことではなかった。
「私です。居ないんですかー」
彼女の明るくほがらかな声が、ヒステリー女の金切り声に変わることを私は知っている。
そして、地獄よりも苦しい追い込みを味あわされるのだ。
だが、それももう仕方ない。タイムリミットはとうに過ぎていた。
私は腹を括ると大声で叫んだ。


「原稿ならまだ出来てないぞ!」



              ,.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ー-..._
                i::::トv、:::::;___;;::ミ、レ!:::::::::::彡
              ヽ:!: : :`: : : : : : : : : j : :_l:>'"´
                  i:,、: ハ: : /ヽ/\r'/ィ }
                  lハ/ィtラv'"代tラ i >, l     漫画家のとこに『6分』も早く着くなんて
                   ヘ  ̄ l     u lT´,、
               ハ ヽ-'    ' ノ lヽ ヽ   編集者として礼儀知らずってもんじゃあないのかッ?
      _ ,、    ┌〈 {:ト、 ー= , / ! ):i\!
     / ヽ   > ..,_ i H\! ヽ ̄´ィ /   /  /、


      、-ー'`Y <,___
  __≦ー`___ _二z<_
   > 7  ̄、-‐ ´ ̄`'┴<
 <之′Y´/        \
   >{  ,'  | 、 , ,.  ,.l  ,  ゙i
   | !、{  | 寸寸T ハT7} ィ,l      露伴先生なら6分もあれば60ページは書けるじゃないですか。
   ′Ji, ゙i ゙i ( ●)  (●)|ハ|
    i⌒ヽ'(1. '''  _'  ''' ノ川/⌒)   だから早く書いて下さい。
.     ヽ  ヽx>、(_.ノ__,イ l |::::ヽ/
     ∧ 人lハ:::::l,三|:::/l| ,:::::ハ

938本棚のやる夫さん2010/09/26(日) 15:07:32 ID:BCGRAunc

これはいい叙述トリックwwwww

939本棚のやる夫さん2010/09/26(日) 15:08:48 ID:JDMEx8TI
うまいなw
だから露伴だったのか

940本棚のやる夫さん2010/09/26(日) 18:05:49 ID:NpImvgl.
>>936
乙。作家(漫画家)さんだったのかwww
推理もの書いてたのねw

942本棚のやる夫さん2010/09/26(日) 23:03:13 ID:S6yjifP2
書くものが決まってれば分速10ページできても、決まらないことにはな~


関連記事
[ 2020/08/09 19:27 ] オリジナル やる夫でコピペ | TB(-) | CM(0)



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する