やる夫でコピペ 第1287話 男は3ヶ月前、息子を轢き逃げで亡くしていた

目次

733 : 本棚のやる夫さん : 2011/03/14(月) 02:41:27 ID:nPsZ038E

         _____; 
 .      /:;:;:;: ;     メ\ (⌒二\ 
      │:;:;:;:;:;:;:;        |´: ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ 
      │:;:;:;:;:;:;:;: #   メ | ',∴ ・':;;:::##;  ヽ\__ 
    .ィ-=-;;;\:;:;:;:;:;:;:;:   #  / ',∴ ・' :;;     メ \__)_. 
   .ー'゙;;;;;;;;;;;;;;;; ̄ ̄ ̄ ̄ ̄#;il;;゙  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ、    メ  ) 
   ;;;;;;;;;;;;;;;;____;;;;;;.;v ..    ̄;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ̄ ̄ ̄ 
   .l´|;;;;;/⌒三 ⌒\     ゝ-..、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;¬';;ナ 
   ;;;;;;/( ○)三(○)\       |;;;;;;;;;;i¬ー-,,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;{´ 
   /::::::⌒(__人__)⌒:::::\ 
   |     |r┬-|     | 
   \_    `ー'´   _/ 
     /       \ 
    .ィ⌒ヽ i⌒ii⌒i ィ⌒ヽ        男は3ヶ月前、息子を轢き逃げで亡くしていた。 
   ((、、、(((\ニニニ/))), , ,)) 
      _~l |(Θ)| l~_ 
     (   _.l l ⌒ l l._   ) 
     \ I |i⌒i|. I / 
      ⊂ニUl  lUニつ 
         .i___j 



         / ̄ ̄\ 
        / _ノ;jijii;丶_ ! 
          ,ク(゜_))ij(_゜))!`i 
       | ヒlli(__人__).ソ /       妻に先立たれ、男手一つで育ててきた息子だけが 
       l \ .,キ呪カ'/ / 
        .\ ヾ狂リ | {         生き甲斐だった男は、犯人を殺したいほど憎んでいた。 
        /ヽ |ー-イ!_ノ`、 
       /::::/i_ノ|_/:;l:::::::| 
       |::/:::;:/;;:::::::::;|:::::::i 
       |/:::;:/;;:::::::::::;i;;::::ノ


734 : 本棚のやる夫さん : 2011/03/14(月) 02:41:49 ID:nPsZ038E

        ____
       /      \
     /  ─    ─\
    ./    (●)  (●) \
    |       (__人__)    |、
r―n|l\      ` ⌒´   ,/ ヽ
  \\\.` ー‐ ' .// l     ヽ     犯人は捕まったが、これでは容易に復讐も出来なくなってしまった。
.     \        |      |
.       \ _  __ | ._   |
        /,  /_ ヽ/、 ヽ_|
\      // /<  __) l -,|__) >
  \.    || | <  __)_ゝJ_)_>
    \.   ||.| <  ___)_(_)_ >
      \_| |  <____ノ_(_)_ )



   / ̄ ̄\
 / ノ  ヽ /\'ー、       ,, ..,、
 |  ( ●)( /  .\` 、   . // /
. |  (__人/ 悪  \ヽ、,.// ../
  |    ` /       ``77   /
.  ヽ   / 召   魔  / /   /
   ヽ.. /      fヽ、/ / , -,./     或る日…男は古本屋で【悪魔召喚】と書かれた一冊の本を手に入れた。
   /./      r-喚ヽ ∨,ノ /
   |. \   〈\.\,〉 `,  f
    | . \  (ヽ ヽ `..   |
    |    .\ \      ノ

735本棚のやる夫さん2011/03/14(月) 02:42:03 ID:nPsZ038E
                                                      ⑪
                                                       .|:|
                                           ___.        |:|
                                      /   ヽ      ,|:|
    こんなモノを信じてはいなかったが、     ミヽη   / -  ー  ヽ    ,r'つ、
                                   \ \  (○) (○ ) i   / Eシ
    何も出来ない自分が許せなかった男は       .\/\i(_.人__)  .| /ヽ/ |:|
                                       /  .| `⌒´    / .. ヽ. .|:|
    “悪魔”を呼び出してみる事にした。         {   ヽ,_ __/      ヽ|:|
                                  }    i ヽノ         ノ|:|
                                   ノ    i     イ      ;/ |:|
                                    .  (      !      |ヽ    / |:|
          ().                  .().     ヽ、_ノ        i ヽ_/.  |:|
          ∥         ______     ∥            |      |:     .|」
             , ‐ " ̄ /\ ゙゙̄ ‐ 、                ..|      |
               ,r"    /   \    ゙ヽ、             |      |
              /___/____\____゙;.,            |      |
    .().    ,'\  /         \   /',     ()   |____.|
    ∥    {:  X             .X  :}    ∥    ノ_ノ ノ_ノ
          ',/  \         /  \,'
            ヘ ̄ ̄ ̄\ ̄ ̄ ̄ ̄/  ̄ ̄7
             へ、.   \    /    ,r"
        .()    ゙ - 。,_ _ \/ __.。.‐"    ()
        ∥         ̄ ̄ ̄ ̄        ∥


 __                   __
.::::::::::::::::::::......               }::`ヽ ....... /:}
:::::::::::::::::::::::::::::\        _    ..::::::::::::::::::::::::::::::::.
::::::::::::::::::::::::::::::::::::.       { \...::::::/i::::::O::::::::::::O::::.
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.      /:::::::::/ .乂:::::::::::::::::::::::ノ∧ __      ───見事、悪魔は現われた。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...... ___.:':::::::::::A..ヽ_ _..>::::::;:-‐´∨:::`´丿
\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j   厶:::::::\      「…キミの望みはなんだい?」
  ` ‐-=ニ:::::ニ=-‐ ´   (/{:/ {:::::::::::::::::::::::::::::::::::|   .  \:::::::\
                  「:::::_:_ノ-‐ ´∨:::::|         Vヽ}ヽ}
                ∨:|      ∨::|
┃│┃┃│┃┃│┃┃│┃┃│┃┃│┃┃│┃┃│┃┃│┃
╋┿╋╋┿╋╋┿╋╋┿╋╋┿╋╋┿╋╋┿╋╋┿╋╋┿╋
┃中┃┃中┃┃中┃┃中┃┃中┃┃中┃┃中┃┃中┃┃中┃
╂┼╂╂┼╂╂┼╂╂┼╂╂┼╂╂┼╂╂┼╂╂┼╂╂┼╂
┃│┃┃│┃┃│┃┃│┃┃│┃┃│┃┃│┃┃│┃┃│┃
┃│┃┃│┃┃│┃┃│┃┃│┃┃│┃┃│┃┃│┃┃│┃
┃│┃┃│┃┃│┃┃│┃┃│┃┃│┃┃│┃┃│┃┃│┃

736本棚のやる夫さん2011/03/14(月) 02:42:19 ID:nPsZ038E

             / ̄ ̄\
           / ─  ─ \
           |  <○><○> |
           |  (__人__)  |
.           |   ` ⌒´  }
         _ _|        l _
        / l   ヽ       /   l ヽ
         | l     ヽ    ノ  /  |     「息子を殺した奴に復讐がしたい!殺してやりたい!」
       , -―-、    ー    l  |
      /      l        /´ ̄`\
    /    / , 、 \     _/     \
    l l | / / \_)  (__,ノ{ l | l  l
    〈l 〈 l  |  /l       l ∨ l l /l
      \ヽ{_,ノ//        \{__,ノ 丿ノ/
         ̄   /         |  ̄ ̄


.  __                      _
/  _`ヽ                  ∧\
  /  `ヽ              i_ \\_  /ヽ
. /                  / /:::::::::::::::::...`ヽ i
 i                    /  /:::::::::::●:::::::::::::::.
 l               _  / .:/::::::::::::::::::::::,   ●}
  `ヽ           ( ⌒ `ヽ、.::∧::::::::::::::::::::::`⌒′/
    丶            >'´   .::У \::::::::::::::::::::::::::イ_
::.             _,. '´.   ..::::厶〉/::::::::::┬= T:::. ∀.Y   「…前払いで “キミの死” を報酬として貰うけど良いかい?」
:::::.    i    と´_,   ・ .∠ -‐´:::::::::::  |. (__‐-‐ _ノ
::::::::.    `ー== _と_,ィ:::::/          ..::|   |:::. ̄ ',
::::::::::::::::...................... `ヽi/      |  /::::/::j.  ';::::::::::.. \
::::::::::::::::::::::::;:::  -‐- 、 /:  `ヽ::::::::i  |/:::/   \)\)\)
`ー--‐‐ ´      {::::..   i::::::::',  |';:::. i
               ∧:::::::::::::ノ:::::::∧ .| ';:.|

737本棚のやる夫さん2011/03/14(月) 02:42:33 ID:nPsZ038E

        / ̄ ̄\
      / ⌒  ⌒\
      |::::::(○)(○) |
     . |:::::::::::(__人__)|       ───息子を失った男は、自分の命など惜しくはなかった。
       |::::::::::::::` ⌒´ |
     .  |::::::::::::::    }          「ああ…それで構わない…」
     .  ヽ::::::::::::::    }
        ヽ::::::::::  ノ
        /ヽ三\´
-―――――|:::::::::::::::: \-―



/         </      |
           -┴──<L_
        /、          > ´二二ニ=ァ
      /下ハ          / 、:::::::::::::/
.      l   ̄   _        ヽ \::/                 イ
.      |  、_    下心       ‘,  \    r=x      /: :∠__
     八   ー'    ̄           ハ   \_//_」 l -‐o . : : :´: : : /
      {{个 、              / 、     ̄ } |     o  : : : :/     「…だったら契約成立だね」
\     ヾl|_\           /   \     //      : : :  ̄ア
  \     下 ̄>‐-ァ    -<       \  //     o  . : : /
\  `ー─ -\\  l       ヽ        |V/ー─    ̄ ̄ ̄
  `ー‐ - ‐─ \  |        ト、       ∨
              ̄ ト、  }       ヽ::\
                | ∨    l   \:..\
                | |    |     \´>- 、

738本棚のやる夫さん2011/03/14(月) 02:42:44 ID:nPsZ038E

                    _,,...,,,...,_
                ,,..-‐''::::::::::::::::::::"''‐- 、.,_
             ,-'''"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::``丶、
          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
─、     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
:::::::::\   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
::::::::: ::: \/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
::::::::::::::::::::;;;.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
:::::::::::::::::::::;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
::::::::::::::::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|   数日後、轢き逃げ犯が謎の死を遂げたと聞いた男は、
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
:::::::::::::::::::::::::::::::..;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/    悪魔との契約の事を思い出した。
::::::::::::::::::::::::::::..::.:;;、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /
:::::::::::::::::::::::::::: :: /´\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /
::::::::::::::::::::::::::::: /   \:::::::::::::::::::::::;,.,___r:::::::::::::::::::::::::|
::::::::::::::::::::::::::::/       \::::::::::::::;:|─・─‐\:::::::::::::::::::ノ
:::::::::::::::::::: :: /           ̄ ̄ ̄ .・: 、∵ ̄ ̄
::::::::::::::::::::: /                  ,;), :;.(;;;ヽ ”、
::::::::::::::::::::/             :;.ノ;;) ”、、;;;;;
::::::::::::: : /              : ”    ヾ


        . __
       ./::::::. \
       /::::::ヽ;;:   \
     . (:::::(::::冫    |
     . (:人;;;) .    |
     r‐-;::::::. .     |
     (三)):::::.. .   |      「前払いで“オレの死”ではなかったのか?だがオレは生きている…。」
     >::::ノ:::::::::.    /
    /::: / ヽ;:::::::::   /
    /::::/ ⌒ヾ:::::::::::.〈
    (;;;;__ゝ:;;:::::\/:::::)
      . |\::::::::::::;;:1
      . |:::::\;;/:::|

739本棚のやる夫さん2011/03/14(月) 02:43:00 ID:nPsZ038E

       /  ̄ ̄\
     /      ノ ヽ
     |::::::     (● )
   .  |:::::::::::   (__人)
      |::::::::::::::   ⌒ノ   「奴は悪魔に殺されたわけではないのか?あの悪魔は嘘を吐いたのか?」
   .   |::::::::::::::    }
   .   ヽ::::::::::::::    }     ───そんな疑問を抱え数日が過ぎた頃、再び男の前に悪魔は現れた。
       ヽ::::::::::  ノ
       /:::::::::::: く
       |::::::::::::::  |
        |:::::::::::::::| |



                  ト、‐- 、              , - ―.ォ
                       |: \  \         / /: : :.|
                      l: : : ヽ  `   ̄ ̄  ´  /: : : : /
                  ': : /              \: : /
                     У ,               `く
                     / /                 ヘ ヽ
                 / /  γ::o,      γ::o,  ハ  ヽ
              ,、  /  i   ヽ::ノ        ヽ::ノ  .i  ヘ‐- 、__
              ヽ\,    、      、 _  ,      /   ヘイ/,> ,
                 ヾ_」   /\.      `´` ´     /ヘ   /イ     >、    「…契約は果たしたよ…お別れだね…」
              / ヾ,.、 λ  `ー‐ァ----  r一 '   入/"   i\       \
         __ /    `>く}ヘ    /     ヘ   /厶へ     \__   ヽ
     , -‐" =      /  `´    i       | /      \        =二ァ
      ̄フ二__二, _・ /           j       l'        `ー-`、_三――"   ’
          /  ̄          /   |  /   ヽ、            ̄     /
  , -、     /             / 、|  | ,    ├‐- 、                 |
  ({      ./                |  ヘ |.i  /  |   `              丿
  ヾー--‐' ´           ,> ' ̄ ̄|  ハ l.| {  .j                /
   `ー-  ___ > '       ヽ  i | |  ノ   人                /

740本棚のやる夫さん2011/03/14(月) 02:43:19 ID:nPsZ038E

               / ̄ ̄\
             / ノ  \ \
             |  (●)(●) |
.             | u.(__人__) .|
        r、      |   ` ⌒´  .|
      ,.く\\r、   ヽ      ノ    「待ってくれ!あんたは“オレの死”を報酬にしたはずだろ!
      \\\ヽ}   ヽ     /
       rヽ `   ヽ  /   ァ'´ヽ      …なのに、何故オレは生きている!?」
        └'`{  .   \.|   /   i
            ヽ、._   ヽ、_,r'   .|
            `ヽ、   /'  |
               `'ー'´

                      _
                        } `丶
          「 \  __   -┴ ァ  \
               ´         /    ヽ
           \        __ く/
           ∨ __     '⌒ Y      }
             _|{ '⌒ r:‐ヘ    八     ,′
.           / 八    、:::ノ  イ 丶.   /       「…たしかに報酬は “キミの死” だ」
.     ⌒\/ ,   / ーァ   T´ {   \/\
.   ( (⌒>く./  / . : /     ',: :ヽ    〈) )
.      \{/ : : :/ : : /       ヽ-ヘ . : : //、
    /\\_∧: : ,′|  i  i | ∨∧// : : :\__
.   (_゚: :。 ーァ‐' : ;  |  |  | |  ー‐く: : : : :。: ゚ : _ノ
     / . : : 。人: : :.:!   |  |  | |     \: 。 : : : :)
     (_/{:_:/  \:{.    { ,'    ノ    \_ノ ̄
             ̄>  \)(/  く
            / / ̄ ̄ ̄\ \
           'ー‐        ー‐'



                     /:',
                    /::::::',
                 _/::::::::::::::',
       _...-――‐=''"":::::::::::::::::::::::::::::::',
   <'"":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r-、:丶
     \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::人○)::::::::ヽ
      \::::::::::::::::::/ ̄丶:::::::::::::::::::::::::/,:::::::::}
        〉::::::::::::i ○ l::::::::::::::_::-''"., '::::::::::::\       / 二二、ヽ
__     /:::::::::::::::`::-_´:::__::-''"_..-''":::::::人::::::::\   .//   / /
r―丶\  ./:::::::人:::::::::::"'''':---:''"::::::::::::::/  \::::::::\//    / /
|    丶∨:::::::/ 丶、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',     \:::::::::"'':::'':::-::::::/ ./__   「勿論きちんと頂いたよ」
|     /::::::::/、    "''―,':::::::::::::::::::::::::::::',     ∧::::::::::::::::::::::::::/ ./::::::
丶_ _ /:::::::::/ヽヽ.     ,'::::::::::::::::::::::::::::::::',    // \::::::::::::::::::/ ./::::::::   ───悪魔は笑いながら、最後の言葉を残して消えた。
ヽヽ::::::::::::/  ヽヽ    ,':::::::::::::::::::::::::::::::::::',   ,','   \:::::://:::::::::::
:::::ヽヽ:/     l .l    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',  ',',     //:::::::::::::::::
::::::::/ヽ    //   ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',  ',二二二/ \::::::::::::::
::/  ヽ二二/    ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',           "''‐---
             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
           /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|

741本棚のやる夫さん2011/03/14(月) 02:43:38 ID:nPsZ038E
元ネタ
26 :現代に生きる忍ジェイク・マンソン.Jr ◆qTr/fuwUEYKa :2010/11/17(水) 21:39:35.29 ID:XvbdAO4T0
男は3ヶ月前、息子を轢き逃げで亡くしていた。
妻に先立たれ、男手一つで育ててきた息子だけが生き甲斐だった男は、犯人を殺したいほど憎んでいた。
犯人は捕まったが、これでは容易に復讐も出来なくなってしまった。

或る日…男は古本屋で【悪魔召喚】と書かれた一冊の本を手に入れた。
こんなモノを信じてはいなかったが、何も出来ない自分が許せなかった男は“悪魔”を呼び出してみる事にした。

見事、悪魔は現われた。悪魔「…お前の望みはなんだ?」
男「息子を殺した奴に復讐がしたい!殺してやりたい!」
悪魔「…前払いで“お前の死”を報酬として貰うが良いか?」

息子を失った男は、自分の命など惜しくはなかった。

男「ああ…それで構わない…」
悪魔「…ならば契約成立だ」

数日後、轢き逃げ犯が謎の死を遂げたと聞いた男は、悪魔との契約の事を思い出した。

男「前払いで“私の死”ではなかったのか?だが私は生きている…。奴は悪魔に殺されたわけではないのか?あの悪魔は嘘を吐いたのか?」

そんな疑問を抱え数日が過ぎた頃、再び男の前に悪魔は現れた。

悪魔「…契約は果たした…さらばだ…」
男「待ってくれ!あんたは“私の死”を報酬にしたはずだ!…なのに、何故私は生きている!?」
悪魔「…たしかに報酬は“お前の死”だ、勿論きちんと頂いた」

悪魔は笑いながら、最後の言葉を残して消えた。


        |\           /|
        |\\       //|
       :  ,> `´ ̄`´ <  ′
.       V            V    ボクと契約して不死身の体になってよ!
.       i{ ●      ● }i
       八    、_,_,     八    便利だろう?心臓が破れても、ありったけの血を抜かれても、死なないんだよ(笑)
.       / 个 . _  _ . 个 ',
   _/   il   ,'    '.  li  ',__

743本棚のやる夫さん2011/03/14(月) 02:49:50 ID:GRVXKQGQ

契約書はちゃんと読まないとね

745本棚のやる夫さん2011/03/14(月) 07:55:13 ID:Ibx5E0zc
死ななくなっただけで老化はするんだよな?
100年もすればナニもわからないボケ老人にならね?
乙津

747本棚のやる夫さん2011/03/14(月) 12:34:26 ID:BYjQdqhA
ふつうは「お前の命」って言うしなあ・・・
乙でした

関連記事
[ 2020/09/02 22:44 ] オリジナル やる夫でコピペ | TB(-) | CM(1)



確かキリスト教で不死は叶ったけど、不老を願うのを失念した人の伝説があったな
教会の地下で眠り続け、年に1度だけ起きて(確か)審判の日を尋ねては、また眠りにつくんだとか
[ 2020/09/03 00:55 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する