やる夫でコピペ 第1328話 とある駅でリーゼントのお兄さんが電車に乗ってきた

目次

857 : 本棚のやる夫さん : 2011/05/21(土) 01:22:55 ID:LtrZE1rE

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \ もう随分前の話なんだが
 |    ( ●)(●)
. |     (__人__)
  |     ` ⌒´ノ
.  |         }       
.  ヽ        }       
   ヽ     ノ
   .>    <
   |     |
    |     |



          /ハ/ll ll 彡三ミヽ⌒ヽ、ミ、‐-イト、彡三ミミ、\
          ,'リ^レハW! //つフ三、>、ミ、-イト、乂彳彡三ミミ、、i
         人llリ liトVi/  /ハ彡ミ乂ミ、爻爻爻爻三ミ、ヽミ、l
           ;'li>ァ l::::::::ト、 i!  彡<ミ爻ミ、=、<ヽ三ミ三ゝヽ!
 .        iヘlllハ i:::::::::::::ヘト、 //)ィ彡三ミ、=乂爻爻ミ三ト, リ
 ..       l::^ヘ,.>:::::ミ、::::::::::ヽリ  クイィ)⌒爻乂爻爻ミヽリノ
         l;-、Yヽミ、ミ \::::::::\li'´ "^ハW∧Mヽ乂ソ リ シ
        /入Vキキミハ _ `<::::::ヘ、  li´ " ゙ '^^^リ! .ソ>'  電車に乗っていた時のこと。
         i l ハ ヽ::::r‐'/;:::;>..、゙''<:::゙ヘ.、    ノルク    とある駅でリーゼントのお兄さんが乗ってきた。
        l l 〉 ヾ/ ''"´ ,.---`<ミ、 `>‐,ニ;ニニィ'"
         ,、.ト、\::.     ヽ¨刄ネフ    代ラ>/
      / :::::lヽ.)!:::::::..  /.`¨ ´    l `¨ /
       /:;.、:::::l./ヽl::          ,. lリ.!  /
 .    ///l:::! i  !    l      弋.ワ /
    / 人\!._i.  \   i    __  _ /、
 ─ -く l^i リ:::::::::`カ  \ i  '、'ー‐'‐ラ/イ
  :::::::::::::Vノ-、,.-、::l l   ヽ   `  ̄ ./ヽ:! __
 ‐-、::::::::`ヽ  ノ::l l    l::丶..__  ./'⌒ー' `ヽ
    ` <:ヘヽ':::::::l l    ll:::::/ _ ̄フヽ ヽ._ノ ノ-‐=ヲヽ


858 : 本棚のやる夫さん : 2011/05/21(土) 01:23:11 ID:LtrZE1rE
_____________________________|mm|_____
______________________||JR 快速. |  || ||  |
              __________          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   || ||   ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄\     /      | ガヤガヤ│   ヽ.     / ̄ ̄ ̄\   || ||  / ̄ ̄
∧∧ ∧∧|     || ̄ヽ   |∧_∧ |  / ̄|    |__∧ ∧_|  || ||  |
д` )( ´_ゝ|     ||`Д)|  |・∀・ )(|  |ー`.|    |・∀・ )(゚∀゚.|  || ||  |○-○)
  ∧_∧ |     || V. |  | .V   ヽ/|  | V |    |_∧ ∧_ |  || ||  |_∧
 (     ) |     ||   . |  | ゚    |  | ゚ |    |    )(    |  || ||  |   )
____/      ||___.|  | ゚   ,/|  | ゚ |    \____/.  || ||  \__
                ||_ノ  |___ノ | |  ヽ.___|              || ||
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||     |  i.  | |.     | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|||  || | ̄ ̄ ̄ ̄
________||     |  |.   | |.     |                  |||  |||
                ||     |  |.   | |.     |                  |||  |||
                ||___| __(__) .|_____|             |||  |||
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
リーゼントは席が空いているにも関わらず、ドアのまん前に車内に背を向ける形で仁王立ち。
どうもそれが彼のかっこよさへのこだわりらしい。

                ,.ィァョァ=ェz,x、
                 〈」_lレ=ミ}L}トミ:心、
                  ソ斥ァ リ´}トミミ}「ハ}            
                   7_,   /-ヘリミソノリ          
                ノ‐ __/   \l」厶
                ‘<__/: ̄ ̄:| ̄`      f.「ト、  
                  |♀ノ__:::::人         _/ l l h 
             __r─クー-::、::::::::::\_.   // ' '// 
             x:┴:、--く::::::::::::::::\:::l:::::/::::\ | __  /  
 .           /⌒ヽ:::\::i:::::::::::::::::::::::::l::':::::::::::|l レ':::ヽ/   
           |:::::::::::::i:::::iリ:::::::::::::::::::::::::l::::::::::::::リ ;ニニ:|
          _У/:::::::l:::/:::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::∧/:::::::::::|
          |::{::::i::::::::::/::::::::::__;:::::::::::/::::::::::/:::∧:::::::::::!
        /::::i::::|::::/二 ̄::::::::::::_;/:::::::xく:::::::::::∧::::::::;
        /:::::::::::::/:/::::::`ヽ::::::::::::´::/::::::/  ∨:::::::::∧::::;'
.     /::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::\::::::\:_:/   \:::::::::::∨
   /:::::::::::::::::::::/{:::::::::::::::::::::::::::::::::\:〉       \:::::/
.   /:::::::::::i:::::::::イ::\ト、::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ        ̄
  〈::::::::::::´ ̄::::::::::::::::\:\:::::::::::::::::::::::::::::::|
.  `ー─-<::::::::::::::::::::「ト、:ヽ:::::::::::::::::::::::∧
         \__://:∧:::::::::::::i:::::::::::::::∧
          _,ィ ̄ ̄ /ヽ;:::::::::l::::::::::::::::::∧
       /:`7  ,  /::\::\::::::::::::::::::::::::∧
       /:::::::::// /l /|_}:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
.    /::::::::::: 〈/_/::|_}:L!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/

859本棚のやる夫さん2011/05/21(土) 01:23:27 ID:LtrZE1rE
 __________
 ┬──┬──┬─┐  ___ ゚ || ゚___
. []__ []__ []_.゙||  |     | || | //   |
 ◎   ◎   .◎  .||  | //  ..| || | // /. |
   | |_______ ||  | // /...| || |      |
   |「            ||  |     | || |   // |  <「ドアが閉まります」
   |.|  //∧_∧ ||  |____.゙| || |___|
...゙━━━━(´∀` ) ||.         ||
       (   と ..||.         ||
 --------.( (   ┏ ||.         ||
        し'し' .┃ ||.         ||
 ________...゙||       。||.。


車内アナウンスが流れてドアが閉まる。
立派なリーゼントがドアに挟まった。

           _____
      _,--ー"´XXXXXXXX\
     /´XXXXXXXXXXXXXXXヽ
    ( ヽ、XXXXXXXXXXXXXXX:丶
     ヽ、ゝ--、三三三__,-ー´ゝ::::::::::|
      `ー-____,,-ー"´`ヽ::::::::::::|`ー、
        ,.ヘ、((((/_`ヽ /::::::::::::::|::::::::::ヽ
        , '`ソ,,,`/´ヽ`u ヽ_/´ヽ::i, へ:::::::::\
        ゚"く_," ゚"´      fソヽ/ヽ::::::::::::::::>-、_
   あ     、_____  u    i /:::::::ヽ、:::,´::  ::: :::
   っ     `ニr三 ヽ 、 u / /O、イ /::: ̄`ー--::::
    !!     ´i ̄ ̄´ ´ ,//<___,´x′::::::.ヽ、   ::
           (__,--'´ヽ_ヽ____(`´)´)ー-::::/
               (人)、 ̄` ̄フ  `i´ /:::::::::/
            ,__,-"´ ̄ヽヽ    ヽ    /:::::::::(
          (ニ,、ヽヽ ___ヽ,ヽ、 /   /::::::::::::::ヽ
          / :::ヽ´ ̄    `ヽy_,-ー´::::::::::::::::::::::::

860本棚のやる夫さん2011/05/21(土) 01:23:46 ID:LtrZE1rE
リーゼントさんは最初はなんとか引き抜こうと頑張っていたが抜けず。
5分後、諦めたようにごちんとドアに頭を打ち付けたきり動かなくなった。

                ,..:':::::::::::::::::::::::::::::::::/レi: : :=三ヽァュ、
                  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::i: : : :彡爻爻爻ト、       ト、,、
             ,.:'::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::_:::::::i: : : :.彡ミノ爻乂ハ>、     l  \      /l
             ,:'::::::::::::::::::::::::::::::::::Y::::/  V:::::'; : : : :Vフ爻Nト、乂ノハ\   l    ` ー--‐ '
           /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::l  ,.ィ::ヽ::::'; : : //タ天乂Vlヾハ爻ハ  l 
             /::::::/¨ヽ::::::::::::::::::::__//''"¨ヽ:\:ヽ//: :;斥爻lハl∨X<乂ハ. i 頭が抜け
.           /:::://ニ! V::::::::::/  '"  _, ,_  ';:::::ト、、: : : 元爻爻乂ノハ乂!/ ねえんスよ
         /:::/ (/  l  ヽ::__ノ      くィェュ`ヽヽ:::i \::/   レハ乂乂夂リ  ー──‐ッ!!
         ,':::::i  ヽr‐、!           ヾ-'..,,ノ ヽ! i  丶;.: : : : :/: :.::::::ノ
         ,'::::::::!ヽ ヽ        、  /¨ ‐-,=< `T彡,.ィ-‐゙::::、::::::::::::::/ 無敵の『スタープラチナ』
.      /ヽ;::::::::::l. \.   / /     / / u   i    ,. iュヽ'´i::/ `¨゙ "´/  でなんとかしてください
     /;ヘ::i:::::::::::ヽ o )  し'    r'_,ノ     l,/   !'-' /    /    よォー────ッ!!
   _x<´ ̄ ̄ ̄::¨`ー':‐-..、      u   _   V  ,ノ /     `ヽ
. /::::::::::::::::::::::::___::::::::::::`丶 u   ,.ィ´-ミ、.__`¨ ´ /          \
 ::::::::::::: ̄ ̄ ̄::::::::::::::::::::`゙:丶::::::::::\  {  ヽ:::::ヽ ) u /           ヽ
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::ヽ i\ ト、:/ ./            ',
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 丶::::ハヽ.`¨ ノ /              i
   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:i、`¨, /
    ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\イ


        _、i、          `丶、
       ノ   \              `>、
  .      ,!     ヽ、            \
  .    /       `> 、           ヘ
      /ハ        /   `¨下、ー--  -一'7
     ,ン:ク-ト     f´      ヽ `フ      /
    /:::/-、.V    j       ノ ,} ハ ハ  /
   ,},トi /ノ!. トv'‐、i´ r=‐- ‐'フ'"  /フ'⌒ヽフ/
   lノ:::i l/ノ i:::::ヽニ!\゙ヽ゚  ´  ニフ ゚∀゚ .}>  だが断る
 ,/,レ'´i V ,ム--'´¨丶、 弋-一< /.クゥァく
    /\)"`     「゙ヒiゥ-、..<<、  '^ ´   \
    ノ  l      `¨¨ ´ `¨7ァョ、.._‐- ...,,,_  \
  \!.  l.         i    ,' `¨./ ¨ ー-  二´_)
     ヽ l            __/ i. , '
  \.. ハト、        弋>'./
 ,.ィ¨ ̄`ヽ \.     -‐ -、..、/
     Y¨i l_ヽ\   ` ー.,イ
   /´ ̄`r-`ヽ \  /
 U!    )゚  l  `¨i ',\
  ノ'´  ̄ ´   ノ ノr─一',.ィ'
 レ、r‐-、..__ イ// /ニフ/
  ヽ    /l  // ./
   l  ,イ  Y / /

861本棚のやる夫さん2011/05/21(土) 01:24:11 ID:LtrZE1rE

その後3駅停車したが、開いたのは全て反対側のドアだった。


         /       ____r--、        ヽ
.        |  ,.--<  ヽ! |'⌒ヽ      '.        ,ハ__ノヽ--'      \
    n  l  .ハ   }  ,/ノ   {       i        ノ     x< ̄\    ', ト、__ノ\___,ヘ
.   r' ヽJ  |: :ヽ-ィ-‐ ¨ ̄ヽ.__ノ        }       `フ  ,.ィ‐- __  ̄ \   ノ !    ‐┐
  ,ノ      |: :_/⌒ヽ    ,ノヽ        j   ,/⌒´ ∠ニ´: : l rュ入/   \{ |  ノ ̄l
. (        l:/ lヽ.__人__,/   )        /  /     /こヽ ソ^\: ノ   / /ヽl   _,ノ
____,)    ___!l__l:,.-: i'⌒ヽ.   /ヽ     _ノ    ヽ   /:⌒:ヽ/ /  ,.-、 .// _ノ  |
    /  /l: : / |: ヽ-ィ⌒ヽ  /    r┘      ,) V-一く /   _{  }く    `!   |__,ノ
.   /  /レ'ヽ:{__/;.-、 : ヽ--ヘ/   __フ ノ^ーv'   _ヽ: : : :\___/r>ニニう、_ |  __,ノ
   /   {:〈_/,.-\:-.': : : : :_/      ヽ___ノ ∧   ハ>'/: :__L∠ --┴─/  /.l   |   このドア、原材料まで
  ;    \ヽ!  } `>-/´,ハ    ___  ,.-_∠ニニ、{ノニ二ィ´       ./    ヽ.__|  二. /l l  戻してやるぜェーーーッ!!
  !      〉:`¨<(_ノ-レ'/l.‐/   ,x<リ乂爻ミハ: : /           /        |   __/
  ∨   /: / ̄ ̄ ̄_ /:/   ,ィヌ又ミx乂爻メトハ:/         |         |   |
   \__./: /  / ̄  /:/、  (ス从爻ミ乂爻爻、}     __  \__     l     |
      `V\/   ,/): :l \__ Vハ{ レハ爻ミ彡匁 リ:\__/      ̄`ヽ.__Τヽ,ノ   ・
         \:`二Z´__/__\.__ _ ∧::l、::::::::::l:::l:::::::レヘ : : : \    __/ /ヽ¨   ノ二フl l
 \       /⌒ヽ    \_/ ヘ::::〉ト.、ー--,ィtフ 〈ヽ、: / ̄ ___,,.ノ   |      /
   ` 、__  /   r┘       i  \ヽリ rテン l   ln:::::>-..,,__  ,.ィ:⌒ヽ/\   __,ノ
       ̄       `つ       ヽ.   `小、  ,`ク ,ハJ::::::::r v‐、:::::/::::::::::::::\  ヽ.  |
             ⊂´        >:'´::::::\> 、__,/ |、_:::::{   ノ、:l::::::::::::::::::::ハ__ |  _レ┐
             __)     ,.-::‐/:::_::::::\_|、_  人二´`トv' |:l:::::::::::::::::::::::::::i ノ   │´
.        ,. ´ ̄`ー'     /::::::/::,イ l ヽ'´ /ー--'   |     l::!:::::::::::::::::::::::::l:}  ニlニニ
.      /           ___l:::::/::::l レ小、j.| ( n     f! }    /:::';:::::::::::::::::::::ノ:l.     |_
     ,.'      / ̄ / レ'⌒}:::ヽ--<  ヽH      l.レ'   /::::::::V::::::::::::::r'::/l    ‐-  /
.    l       / /⌒ヽ/⌒V:::__:::::::::::::\. \   / ,.∠ ̄:::::::::::::::∨:::-‐::つ::∧   __/
     l     l/   ./ ヽ/'´{ .j:::::::::::::::::: ̄ ̄`ヽ/ィ:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ-<__ノ::ノ   .|_ l l
.     ヽ    /   /ト、 / ヽ /〉::::::::::::::::::::::::::::::::/`:::::::::::::::::::,.:::-‐:::::/     /   | ヽ
.      \ ,'  /::::lヽ   / /\::::::::::::::::::::::O: /::::::::::::::::::/:::::::::ヽ::l     ̄ヽ └‐     ,.-、
.       / ;   |:::::l |\   / ) |::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::V         ∨⌒ヽ /\l
.     ハ_ノ i   l:::::l. V::::ーr '  /,ノ!::::::::::::::::::::/::\::::::::::::::::::::::::::::/ /           V
.      |    '、  ';:::::',  ヽ::└‐‐ フ /::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::/::::: /

862本棚のやる夫さん2011/05/21(土) 01:24:30 ID:LtrZE1rE
元ネタ

715 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2006/02/06(月) 15:19:39 ID:MDn0dz6x
もう随分前の話なんだけど。

電車に乗っていた時のこと。
とある駅でリーゼントのお兄さんが乗ってきた。
リーゼントは席が空いているにも関わらず、ドアのまん前に車内に背を向ける形で仁王立ち。
どうもそれが彼のかっこよさへのこだわりらしい。
「ドアが閉まります」
車内アナウンスが流れてドアが閉まる。
立派なリーゼントがドアに挟まった。

リーゼントさんは最初はなんとか引き抜こうと頑張っていたが抜けず。
5分後、諦めたようにごちんとドアに頭を打ち付けたきり動かなくなった。

その後3駅停車したが、開いたのは全て反対側のドアだった。


                    ___
                  ,.ァフ::::::::::::::::::`>.、
                    〈:{:/:::::::::::::::::::::::::::::彡      
                      lヽ'^ヽ'^ヽ'^ヽ‐tノ        
                     l ,ハ、ハ ハ,.-、,ハ |─<\      
                     ヽ.でjフ レ,ィ.N\  ヽ \   電車に頭が挟まったバカの資料になる
                  / /,       トイ  }`!  }  |  スケッチしとこう
            / ̄\  `‐、    l   //  | ハ    
               |  \ ヽ.  こ  /____/'   ∨ 〉
       _r‐=ニ´__n ヽ l  `¨´ー┴┬'o    / ヽ|
.      ノ      ./||\ノ      ヽ| o_,  V   \
  ー───-----  ./  || l へ、  / o \   {   \|
  \         | | l | }    ̄     /\  ,ハ-、 \ |
    \          `ヽ{ l_ノ  ̄\  o/   \ |'⌒ `|
     \        `┘      \/    / | l ̄   |

863本棚のやる夫さん2011/05/21(土) 01:28:15 ID:x43lS4lQ
なんという公開処刑www



864本棚のやる夫さん2011/05/21(土) 01:30:00 ID:Qd.a/L8U
登場人物がピッタリwwwwwwwwwwwww
乙wwwww

865本棚のやる夫さん2011/05/21(土) 01:47:47 ID:I0AwgFN6
かっこわるすぎるwww
乙です

867本棚のやる夫さん2011/05/21(土) 07:10:32 ID:B2mDGghI
キャスティングが適切すぎるw



関連記事
[ 2020/09/10 15:03 ] オリジナル やる夫でコピペ | TB(-) | CM(2)



アトムみてーな頭してるから挟まるんだよww
[ 2020/09/10 16:47 ] [ 編集 ]

マジレスすると
リーゼントは横髪を後ろに撫で付ける髪型のこと
皆がリーゼントと思ってる前髪ハンバーグはポンパドールと呼ぶ
[ 2020/09/10 18:29 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する