やる夫でコピペ 第1333話 子供のころドイツに住んでいました

目次

531 : 本棚のやる夫さん : 2011/05/27(金) 21:34:31 ID:UaG97sSY

┌─────────────────┐
│子供のころドイツに住んでいました。    │
└─────────────────┘

                             _,,.
                               ‐ 二   l
                              ̄ ll
                                ll
                                ┌┐
                _「_l_  i┐ .         l二二l           _「_l_  i┐
                 ,、 ― 、「`'l‐「l、      l ロ l  「 l┐    .,、 ― 、「`l- _
               ,r''   _.   `ヽ`r--‐---‐---‐---‐-,r''   _.   `ヽ ⊥_
                l'  イロヽ   l l rヽ rヽ rヽ rヽ rヽ rヽ rヽl'  イロヽ   l  l ヽ
            く================================,>、_l_l
         _    l~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l!゙~ ̄ ̄ ̄^゙ ̄ ̄ ̄ ̄ ゙̄ ̄~ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~!`'‐ニl
       ┌‐i'''‐┐  |,llエll llエll llエll l!llエll llエll llエlli illエlli llエll llエll llエll| llエll llエll llエll,|┌‐i‐┐_
_,,__,,-''´ ̄ ̄ヽ `''‐ 、|.llエll llエll llエll l!llエll llエll llエlli illエlli llエll llエll llエll| llエll llエll ll ,,-''´ ̄ ̄\ 、_,,_,_
 ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄~| ̄ ̄l!l ̄l.ィ-、l ̄l l!l ̄l l ̄l l ̄liィ全.、 l ̄l l ̄l l ̄l| l ̄l.ィ-、l | ̄ ̄ ̄ ̄~|li| ̄ ̄ ̄
 「_l ,!「_l 「_l 「_l|「l「l「ll!llエll llエll llエll l!llエll llエll llエlli.l!;;;;;il llエll llエll llエll| llエll llエll l |「_l 「_l 「_l,|il| 「_l 「_l
―ー‐!======== |====l!llエll llエll llエll l!llエll llエll llエlli.l!;;;;;il llエll llエll llエll| llエll llエll l |=========!.l|――ー‐
 「_l ,!「_l 「_l 「_l|「l「l「ll!l二l_l二l_l二l l!l二l_l二l_l二liィ= =、.l二l_l二l_l二l| l二l_l二l_l_|「_l 「_l 「_l,|li| 「_l 「_l
   l       |    l!rー、rー、 rー、l!rー、rー、rー、.|rー、|l,rー、rー、rー、| rー、rー、 r.|       |l;ィヘ.
 「_l ,!「_l 「_l 「_l|「l「l「ll!l;;;;;l l;;;;;l l;;;ィ'ヘ.!;;;;l l;;;;;l l;;;;;|.|l;;;;;l|l,l;;;;;l l;;;;;l l;;;;;l| l;;;;;l l;;;;;l l,ィヘ.l .「_l,ィヘ_l,|<;;.ミス ,「_l
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄「「 ̄ ̄ ̄ ̄ <,;;ミス ̄ ̄ ̄ ̄/三三'i ̄ ̄ィ ‐、 ̄r´;;ヽ ̄ ̄,<;,;ミス ̄<;;.ミス ̄ll!´ ̄ ̄
――r´;;ヘ ‐、´;;`r´;;ヽ'―‐ ""ィ‐、―,li!´―r´;;ヽ―'―r´;;ヽ' ~;;ヽ ;;;;ミl‐'  '''''`――ーli!´――li!´―――




┌──────────────────────────────────┐
│当時のドイツ人は日本なんてほとんど知らなかったんじゃないかと思います。    │
└──────────────────────────────────┘


532 : 本棚のやる夫さん : 2011/05/27(金) 21:35:00 ID:UaG97sSY

┌────────────────────────────────┐
│ある日、私が通ってたドイツの小学校の、図画の授業中に絵を描いた。   ..│
└────────────────────────────────┘

             , ´ ̄ ̄ `ヽ
          /(       ハ
            「 ̄      ̄∧
             }.::::..、  . .::. ..::::∧              ┌───────────────────┐
         厶ィN、.:::::ィjノハ「`ヽ               │日の丸のマークの付いたロケットの絵。   ...│
              ,∠二>< |」_                    └───────────────────┘
   :    :    /i/《ハ》|  /`寸)   :
  : .    : .  { {二二|  く   \    :.
  : :    : :  Y厂 ̄|   \   〉  ;
  ; ,,  -‐ '  ¬|≪ロ≫    { `¬′‐-  . _
 〔_,,  ' "´ ̄ / /´` |     |  ̄` ''¬i  ,, 〕
  | ::        / /___,|    |    ::  j  :: |
  | :        /イ:::::::::::::|_  ',    ;    :|
  | ;        ∨ `ヽ::人:::ノ^ヽ 〉          |
  | :       ,′   厂| `   「        |
  |          / |   i         |
  |      ,    /   !   ,′        |
  |        i   /   |  ,′        |
  |      /  /      〈          : |
  |:.   /  /       |  '.         .: | ※ 絵を描いているの図






       l/:::::::::::::::::::l:::/l::::::::/ハ:l \:::::l::!:::::::::::::::';::::',
     /::/::::::::::::::::::;ィ:/ l:://::l V!   ヽ!:l::::::::::::::::::';:::l
     /:/!:::::::::_::/::/ l::! /イ:::::::::! ヽ   l::ト、:::::::::::::::V!
.    /:/.l::::i:::::::::!:7>!K   ヽ::::::::l  ヽ _jノ x-:::::::::::ヘ   ・ ・ ・ ・ ・ ・
    j/ l:::;|:::::::レ' r≠=≧x ヽ:::::L _ ≦≠x、ヽ!:::::::::ハ:::!
.       !/ !:::::ハ く. lr'_ノ !   ヽl、 ' l_ノ l ) V::::ハ .ソ
      '  !:::::l ヘ  ヾ._ソ          V_,ク  .ハ:::!ノ           ┌───────────────────────────┐
          ';::::l、 ハ                / _V            │いつもは私たちを叱ってばかりのおっかない女の先生が、    .│
        V ヽ_l、        '          /≦ _            │急に私の絵を取り上げたんです。                   │
          iこヽ、      _      ノ くー-'                 └───────────────────────────┘
           /:::i>   ´ _`     .イ_ハ:::::':,
          /:::::::/  ri>/ ヽ、イト、  l、:::::':,
         /::::::::::/ /r'i/ />ーヘ )! \ .V:::::':,
.        /::::::::::;;ノー'  !l   '´  / V l   iヽ V:::::':,
      /:::::::;イ /   . l!    ´ /V!   レニ\:::::.':,

533本棚のやる夫さん2011/05/27(金) 21:35:30 ID:UaG97sSY

┌─────────────────┐
│みんなの前に私の絵を持っていって   │
└─────────────────┘

     / . : / : : : : : : / : : / : :/ }:ハミ. . ヽ. .ヽ. .  \:ハ
    ′: :〃       .′/ }: / : ノ ::. :i \:‘,: ∨: : 、:ヽ.}
    ′ ./   . . : : : /: :/   レ: /: : ::: :i   \'; : i::.. : :ヽ: :ヽ
   i .:/. . : : : : : : :/: :/ /:イ i : : : .:.i |  __‘,l:.:.:.. : ‘:ヽ‘,
   { :/ /: ′: : : :/′ム__イ |li : : .:.:.}七¨ ̄ ̄丁i≧::.ミ: Vト:‘,
   V: /: :i : : : : :斗:七¨  ̄  } }i : .::::/1|_zz‐___ } }\::::..ヽ:∨ハ   この旗は日本という、私たちと一緒に戦った、世界一強い国の旗だ。
  /: /: ::イ: :/孑 l:/_z≦二 |ハ| : ::/ }:!´孑厂ミiミy ‘,:..‘:N  }   覚えておきなさい
  .′': :/::| : : : / ,ァチ?呎爪`ヾノ } .:/  ノノ' {:.i:::ト1 }ト ∧::. :i }
  }/ !:∧: ! : : / 〃 {:.i::::ト1    j:/       乂__ソ ノ' んヘ::. l
  ′|:′〉l: : :′ヘ 乂__,ヅ   /′              .'ノノ ∧|                     ┌────────┐
    |! { f!: ∧                 ヽヽ  ム ノ , |                     │って言った。     .│
    八 |: {ハ丶  ヽヽ        '           瓜イ {,                           └────────┘
       `i: トミ‐丶             ,      人=__ノ
      ∧{   下:ヽ        ー    ´     /:ノ:入
       「 ̄:≧ミ介 .             ..イフ下::..ヽ:\
      └≦//..:小:::::{>  ..       ∠ { \:ハ:::::..\{
        // .:.:: | ∨´   r} `  一 ´  ,レVヽ ‘,:::..:..ヽ
          {:'.:.:.::::::|   ,ィフ\       /  ∨ \ ヽ::::::..:‘,




                 _
              '⌒::.::.::.::`丶、
               /::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.ヽ
           ,'::::/:::::/::/|::j::::::}::::ヽ:'.            ┌─────────────────┐
             /::;イ:::::_:::/-l/|::::∧-:::::l            │そのとき初めて先生の笑顔を見た。   │
              |:/::|:::/j斗rト' リ/ィぇ'!:::!|             └─────────────────┘
          /::从/ ( じ   じ小八
            厶イVヘ ''     ''/人::\
           ヾ{\介; 、_‘'_.イ:/   ̄
             /V  {ヘ\'´
           r<、 \__|  >、
           /   \_\.j/ ハ
           | \   \__乂/ l∧
           |   ヽ| r-‐'1 ̄ ̄ ̄ ̄ l
           |   | |///|  __  |
.             |   l |///|  |    .| |
              l  \l |///|  | パ .| |
           l   ヘ|///|  | ン .| |
           ∧    V//|  | ツ .| |
          / ヽ,   V/|  |__」 │
          /   \/^ヽ|______________|

534本棚のやる夫さん2011/05/27(金) 21:36:01 ID:UaG97sSY

元ネタ

84 名前: 日出づる処の名無し 投稿日: 2006/03/21(火) 03:21:57 ID:lW44zJE1

子供のころドイツに住んでた。

当時のドイツ人は日本なんてほとんど知らなかったんじゃないかな。

ある日、僕が通ってたドイツの小学校の、図画の授業中に絵を描いた。

日の丸のマークの付いたロケットの絵。

いつもは僕たちを叱ってばかりのおっかない男の先生が、
急に僕の絵を取り上げたんだ。

みんなの前に僕の絵を持っていって、
「この旗は日本という、私たちと一緒に戦った、世界一強い国の旗だ。
覚えておきなさい」
って言った。

そのとき初めて先生の笑顔を見た。



           /: __: : : : : : : : : : : : : : : : : :\
         ,.:': /: : : : : : : : : :: : : :、: : : : : : : :.ヽ.
      /:/: : : : : : : : : :j{ : : : /:|{: : : : : : : \ :.
      ,:/: : : : : : : : ;.イ: ;ハ: :.:/: 八i: : : i : : : : ヾ
     ./:.: :.:/:.: : :.:/ /:/   /:イ: : |:.: :.:|: : : : : : ‘,
     /: : : /.:.: : :./_/:/ / |.:.:.:|: i :ト、__:ト、.: :.: :.:i : :.
.    /: : : /: :.:./:/ /:/ `   |:.:.:.|{:j/´ }ノ `‘,.:.:.:ト、:.i
    ′!|: ′:}/:/ 厶≠ミ,   |:.:.:八 x≠ミ  ‘,: :! Ⅵ   さぁ~てこの絵は私がこのままお持ち帰り……
   j/ 八: : :/:/〃 f::じ:} ゛  |:./  "f:::じ:}㌧、‘: :.| リ
        i: :ハ{ {{ 弋:::ソ   j/   弋:::ソ j} ハ: |
        }:/{ (ヘ                  /)} ハ{
.      / \__:.        ′      ,_/
        {三フヽ      r‐‐ y      /三}
        /: :トミ}`     ゝ- '    イ: ⌒ヽ
       /: : : /⌒  | >   r ´辷}: : : : :‘,
.      / : : :/     _ノ      ト、   ‘,: : : : :.
     /: : : /   /::{ \   / Y:ヽ   i : : : : :i
.    / : : :/  /:::::::::ヽ. \ノ /:::::::\ |: : : : : |
     ,: : :, ィ::´:|::::::::::::::::::::ヽ/ i У::::::/7::i≧x : : |




  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ /:.:/l:.:.:.lヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:丶
./:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./::/ //./.:.::/ |::.:.:.:.:.:.:ヽ:::..丶
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::.:.:./:/ ./  ./.:.:./  |.::.:.|:.:.:.:.:.i:.:.:.::ヽ
---ヘ:.:.:.:.γ二/:::/∠_\   /:://   |:.:/|.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.}
    .|:.:.:./匕 /:://ソ´ヽヾ\, /:://u,__|/-.l:.:.:.:.:.}::::/|::|
    ||.:.l 弋/::/∥ {::乳::|  //  彳=ヾ |:.:.:./:.:/ .|/          |\     /\     / |   //  /
\/\|:.:.\ l/    ヽ;;;シ  ´   /イ;;::i Ⅵ::::/::;/|          _|  \/\/   \/\/ |∧/ ///
::::::::::::::::\.:.:.:.> u /////     弋;;;,ノ ソノ.:.:.:.:.:.:|          \                     /
:::::::::::::::::::::レ  \     ,.__   , ///// /:.:.:.:.:.:.:.:.:.|          ∠     させませんよ!?     >
\:::::::::::::::::\   \  /  ` ー┐   ./ノ\|:.:.:|:.:.:|          /_                 _ \
\.\:::::::::::::::::\   \ヽ_  .丿   ノ   \|\|           ̄ / /∨| /W\  /\|\  .|  ̄
  .\:\ヽ:::::::::::..ゝ /|\ _,..-- ´       ` `            //   |/     \/     \|
ヽ  .\:\::::::::::::| /  |::::::´:.//┐
     \.\::::::.ゝ  |::::::::// /Z
│  /   \:\::} 二 |::::::// /  \
│ ./    ∧\ lヽ ./::::// /     \

535本棚のやる夫さん2011/05/27(金) 21:36:19 ID:UaG97sSY
以上で終わりです。見ていただきありがとうございました。

536本棚のやる夫さん2011/05/27(金) 21:39:21 ID:a7BIsMtw
その箱は一体何なんだ淫獣www



537本棚のやる夫さん2011/05/27(金) 22:10:38 ID:SRK5rbco
ドイツに行ったときに、異常にモテたのはそれが原因か


年長者に





538本棚のやる夫さん2011/05/27(金) 23:47:55 ID:56Enqohk
イタリアさえいなければ、歴史は変わったな
乙です

539本棚のやる夫さん2011/05/27(金) 23:59:50 ID:ATLRQm8A
イタリアがいなくても、米英ソ超大国連合に喧嘩売った時点で死亡確定だろ


関連記事
[ 2020/09/11 23:24 ] オリジナル やる夫でコピペ | TB(-) | CM(4)



戦友というよりは負け犬仲間として傷の舐め合いがしたいんやろね
[ 2020/09/12 01:33 ] [ 編集 ]

ドイツってのは現地に兵器工場を建ててまで国民党軍をガッツリ支援して
派遣将校が懇切丁寧に日本人の殺し方をレクチャーしてたんだよなぁ
[ 2020/09/12 01:52 ] [ 編集 ]

ドイツ「今度はイタリア抜きでやろうな!」
[ 2020/09/12 02:14 ] [ 編集 ]

反米国家や反米思想を持つ人間の間では日本は結構人気あるよ
特攻までして最後まで対抗したから。
[ 2020/09/12 20:41 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する