やる夫でコピペ 第1461話 とあるエンジニアが、ある日道を歩いていると一匹のカエルが呼びかけてきました

目次

772 : 本棚のやる夫さん : 2011/10/13(木) 02:21:41 ID:NZ2iWiyI

      / ̄ ̄\ 
     /   ノ  ヽ \ 
     |  ( ●) (●)| 
     |    (__人__) | 
    |     ` ⌒´ | 
     |       |          とあるエンジニアが、ある日道を歩いていると 
      ヽ      / 
     _,,ゝ    (,_           一匹のカエルが呼びかけてきました。 
   /´  `ー-一´`ヽ 
   /  、      , | 
  /   ノ        |  l 
  (  y'l       l_ | 
  ヽ ヽ.        |' } 
   \ソ`ー─‐一ヾ/ 
     |    ij  ノ                 ,◎‐◎、 
      |   |.   |                _,.-'-‐‐‐‐-'、_ 
     |    |   l                  'ー((メ((^)( ) )-' 
       i'  ,}  ,ノ                      i!、゚ヮ ゚_!iり 
      l   | /                    ⊂,i::::E)i´k 
      |,_、|,/                        //:fォ::f):ヽ > 
       (゙  ))                   ``'i_フi_フ´´ 




         rァ'"´  ̄ ̄ `゙ヽ、 
        _,,..'-──- 、..,,_  ヒン) 
     , '´  >-──--<>、| 
     \_/ _ ,        \ \ 
      /  ,ハ、/| /| ‐- ハ  ∨ 〉 
      ! /!イ|,! ∨ァテ‐!、 /| / レ' 
      ∨|リ(ヒ_]   ヒン)リ,ノ|)レ'  | 
        |ト、  ,___, ゙ | |/ | | 
        | | |>ヽ _ン  | ト、,ハ !   「私にキスしてくれたら、とても美しいお姫様に戻ることができるのよ」 
        | |/   ,イ[こ_'| |/´`∨ 
         `   | ハ:::::::!7´ ヽ,ハ 
         __|  ',::::/   /;:ヘ. 
        i´  `|  |:/   /'⌒ヽ、 
        ∨  .|  /   |`  '!ハ、 
         \ ! /    ./!.   |ノ .〉 
            _`|7二ヽ ,ム|ァ‐-、|./| 
          (_|j_/`'ー〈__〉- '


773 : 本棚のやる夫さん : 2011/10/13(木) 02:21:57 ID:NZ2iWiyI

                .―――― ,
             /          \
              |              |
              |              |
              |    ゝ,_,ノ ゝ,.__ノ|
              |    (─ ) (─ )|
             }   (   人   )
           _ノ ゝ   `ー ´ `ー´
          ノ.:`.:,' ヽ   ´ ` /
       .<\.:.:.:.:` _ ゝ ,___, 'ヽ、
    ,_<.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.:.:/{(  ノ  ハ.:.:`ー、         彼は身をかがめてカエルを拾い上げると、
  /.:.:.:.:.:.:.:メ.:.:.:.:.:.:.:.\/ ゝ    >.:.:─── 、__,_,
 /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{  /ヽ   ______ \ヽ,    自分のポケットにしまいこみました。
 |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ; ` 、.:.:.:.:.:/ヽ.:.:.:.:ヽ´ __\     ヘ | '.
 |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:/.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:>_)◎-‐◎{ i  i .
 ゝ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:j ̄  __,"_____≡ゝ/ ./ .
   ヽ_.:_:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:. ,i 〈ルイ''lルし
    ゝ.:,_ノ.::.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:..:.:.:. ムiリ ゚ ヮ゚ノl〉
      \::.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:´j.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ┌───┐
       \f.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ.:.:.:.:.:.:.:.. : : |.:.:.:.:.:.:.::.::│



         , \, -─-- 、.,_
        ,.i (ヒ_]  ∪,___, `ヽ,. /
       ./    ∪  ヽ _ン   ヒ_ン )
     _,./__,,. -‐ ''"´ ̄ ̄`"'' .、`ヽ,ー:'
  ,. ''"´ /´ / ;'     !     ;`ヽ,ヽ、
  '.、  .;'   ', i ´ハ_ _ハ  ノ メ !,!ヽ,.ヽ.    カエルは再び言いました。
    `Y    i Vレ'7;__,.!/ V !__ハ ハノ., ',ノ';
   _ノ     i=ハ ==    == ハ.ノi   i     「もしあなたがキスしてくれて私を姫に戻してくれたなら、
   `.>'    iX|///∪ ,___,///ノ!レノ
  ∠._   ノ |=ヽ、   ヽ _ン ∪ノ!i レ       あなたと一週間一緒に過ごしますわ」
      ,.ヘ,) | |>,、 _____, ,イ| |
          ' | !>;`ヽ、「、,ハ.| |

774本棚のやる夫さん2011/10/13(木) 02:22:09 ID:NZ2iWiyI


        /´ ̄ ̄ ̄ ̄ `\.
      /             \
     /                  '.,
     |   ___ノ'′   ゙ヽ、___   ..|
     |                    .|
     | ;;;( ● ) ノヽ ( ● )   |
     |  .´"''",.     "''"´   |   エンジニアはカエルをポケットから取り出して、微笑むと
     |..   (    j    )   .l
     |     `ー-‐´`ー-‐′   /
      .丶     ` ⌒ ´      /
      ヽ               /
       ヽ           /
         ゝ    _   /イ\
      /                \



                .―――― ,
             /          \
              |              |
              |              |
              |    ゝ,_,ノ ゝ,.__ノ|
              |    (─ ) (─ )|
             }   (   人   )
           _ノ ゝ   `ー ´ `ー´
          ノ.:`.:,' ヽ   ´ ` /
       .<\.:.:.:.:` _ ゝ ,___, 'ヽ、
    ,_<.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.:.:/{(  ノ  ハ.:.:`ー、        またポケットにしまいこみました。
  /.:.:.:.:.:.:.:メ.:.:.:.:.:.:.:.\/ ゝ    >.:.:─── 、__,_,
 /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{  /ヽ   ______ \ヽ,
 |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ; ` 、.:.:.:.:.:/ヽ.:.:.:.:ヽ´ __\     ヘ | '.
 |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:/.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:>_)◎-‐◎{ i  i .
 ゝ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:j ̄  __,"_____≡ゝ/ ./ .
   ヽ_.:_:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:. ,i 〈ルイ''lルし
    ゝ.:,_ノ.::.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:..:.:.:. ムiリ ; ヮ;ノl〉
      \::.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:´j.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ┌───┐
       \f.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ.:.:.:.:.:.:.:.. : : |.:.:.:.:.:.:.::.::│

775本棚のやる夫さん2011/10/13(木) 02:22:22 ID:NZ2iWiyI

                , \, -─-- 、.,_
               ,.i (ヒ_]  ∪,___, `ヽ,. /
              ./    ∪  ヽ _ン   ヒ_ン )
            _,./__,,. -‐ ''"´ ̄ ̄`"'' .、`ヽ,ー:'
         ,. ''"´ /´ / ;'     !     ;`ヽ,ヽ、      するとカエルは泣き叫ぶように、
         '.、  .;'   ', i ´ハ_ _ハ  ノ メ !,!ヽ,.ヽ.
           `Y    i Vレ'7;__,.!/ V !__ハ ハノ., ',ノ';     「もし私を姫に戻してくれるなら、あなたと一緒にいて、
          _ノ     i=ハ ==    == ハ.ノi   i
          `.>'    iX|///∪ ,___,///ノ!レノ       もう何だってあなたの望みどおりのことをします」
 i´`Y´`Y`ヽ(⌒)._   ノ |=ヽ、   ヽ _ン ∪ノ!i レ
 ヽ_人_.人_ノ `~ヽ  ,.ヘ,) | |>,、 _____, ,イ| |  (⌒)
   \___    \  / | |-^ _ , ' .ヽ  | |.ノ  Y`Y´`Yヽ
          \_ 〉  i `ヽ!、   `  `(´ ̄   .i__人_人_ノ
                         ` ̄ヽ      /


                .―――― ,
             /          \
              |              |
              |              |
              |      ⌒   ⌒ |
              |    ( ●) ( ●)|
             }   (   人   )
           _ノ ゝ   `ー ´ `ー´
          ノ.:`.:,' ヽ   ´ ` /          またもやエンジニアはカエルをポケットから取り出すと、
       .<\.:.:.:.:` _ ゝ ,___, 'ヽ、
    ,_<.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.:.:/{(  ノ  ハ.:.:`ー、      やはり微笑みかけるだけでポケットに戻しました。
  /.:.:.:.:.:.:.:メ.:.:.:.:.:.:.:.\/ ゝ    >.:.:─── 、__,_,
 /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:>,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{  /ヽ   ______ \ヽ,
 |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ; ` 、.:.:.:.:.:/ヽ.:.:.:.:ヽ´ __\     ヘ | '.
 |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:/.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:>_)◎-‐◎{ i  i .
 ゝ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:j ̄  __,"_____≡ゝ/ ./ .
   ヽ_.:_:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:. ,i 〈ルイ''lルし
    ゝ.:,_ノ.::.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:..:.:.:. ムiリ ; ヮ;ノl〉
      \::.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:´j.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ┌───┐
       \f.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ.:.:.:.:.:.:.:.. : : |.:.:.:.:.:.:.::.::│

776本棚のやる夫さん2011/10/13(木) 02:22:39 ID:NZ2iWiyI

                  l'''"\li,-,,,,-‐‐‐-,,,/ i',il'/`''li
                 i , (ヒ_],i!.ノ;;::::::   i::::il ヒ_ン ),|!;
                /'''`゛=='" /::;;:::    ;;;::::`''=='",,|
              /       :::;;;::           |        カエルはようやくそこで尋ねました。
              /__ .-‐ニ=--────-=ニ、..,,_ .,_ !
            ,..-'´ァ''"´  / ;'    ;   ';    `"ヽ`ヽ、       「いったいどういうことなの?
         r'"´:::::::/  /  ;' _」ノ!  ハ,  、_L_  !   '; ';:::::::`ヽ.
         '、::::::::::;'   '、  i´ヽ_」ハ / ! ハ、!__ノ ,.イ  .!::::::::::::::';       私は美しい姫で、あなたと一週間一緒にいて、
          ヽ、:::! ,!  `!コ7´(ヒ_]::::::::::::::::::ヒ_ン`Y_」  ハ::::::::::::ノ
            `V ヽ、,ハ !    ,___,    .!7i,. イ::::;::- ''´       何でも望みどおりのことをすると言ってるのですよ?
             `ヽ// .! .!     ヽ _ン     ,! !`ヽイ
              /(_ノ ,ハ           ,ハ/|_ノ '、         どうしてキスしてくださらないの?」
             , '   .!   !>,、.     ,..イ !   |  i  ';
              レ'´!ヘ;'    ! _/_,ri`ニニ"´!、_」__|  ! ハ ノ
         i       ノ__.  ;'i´::::::ゝ、.,____ン::::::::::! ; !ァ'、レ'     !
        lii il    / `V !:::::::::::::::`ヽ::::::::::::::::!イレ'  `ヽ     liil !
      _,,,r-―、::;;;;ヽ'、    !〉ト∧ノ!::::::::::::::::::::::::〈i      |  ,,,_ . .-‐-、
     / 、  、 ヽヽ-,;;;゛   `ヽ!'::/o-o、:::::i::::::::::::::::::::'!/   ,,,イr/´/ ,r  ゛'ヽ、
| ̄ ̄ ̄\,,,ヽ、,,i、,,,i、ノ' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(,,しL,/,,,r'?,,,-‐' ̄ ̄|




        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
      / ;':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'; \
     / ;'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::';  \
   /   ;:::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::;   \
  │   ;::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::;   |
  │ _____   :::::::::::::_____    l
  │ │::::::::::::::::│ 、 :;:;:;:;:; ツ│::::::::::::::::│.   |    するとエンジニアはこう答えました。
  │ │::::::::::::::::│   .;:;::::::  │::::::::::::::::│.  │
  │  ヽ::::::::::::::::ノ  :;:;:;:;:;:;:;;゛ ヽ::::::::::::::::ノ.  │   「僕はエンジニアだよ。恋人を持つ暇なんてないんだ。」
  │  ;:::::::   :::::::::::::::::::::::::::::::::           │
  │  ;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;     │
  │  ;:::::::::::(___人___)::::::::::; U  |
  │  ;:::::::::::::::::::|_____|:::::::::::::::;     |
  │  .;:::::::::::::::::::       ::::::::::::::;      |

777本棚のやる夫さん2011/10/13(木) 02:22:50 ID:NZ2iWiyI

              ,,-''´ ̄ `ヽ、
             /       \
              ./              ',
             ,'   -..,,__      _ .',
              |         ´  ` l
              |  ( ● )   ( < ) .|
             l            l
           ',  .(  人  )  .,'
             ',   `t´ー`T´  ./
      ._,,..-‐-----ヽ    ̄ ̄   /-----‐-..,,_.
    /           `''-..,,___,,..-''         \    「だけどしゃべるカエル、こいつはカッコいい」
   /                /             ゙i
   |      ,-、             ',,.-,      |
   l      |__|__               __|__|        l
  /    // ‐-)           (-‐ ゙i\     l
  / ___/_ノ  ‐-}            {-‐  !、_゙i___  l
 l/        ‐-}              |{-‐        \l
 |      / ̄                 |  ̄\      |
 ヽ _,,..-''l"                   |    ゛'''-..,,_ ノ



            ,. -‐、
            (!、;;;;ノ) ̄"'' ー- 、.,.__ ,.-‐-、
            ゝ、,,.ノ        u  / !;;;;;;;;;;|
       ,-―---'´.,,.__         ゝヽ- 'ソ
      ノ_,,. ,,___     ̄ ̄"''ー-- 、., ̄ l
     ( /;;;;;;;;;/ ,   , ̄ ̄"''ー -- 、.,   ̄"'-=ニ..,
     `''ー、V /   /!  /`'´V ,、  , 、 ̄"'ー-,-、  ヽ
        レ'i   / ̄|`/-   |/ )ノーt- )!  ,:::::ノ,,,ノ
         i | /  三ニ   ' u === i. / /-'' ´
           ,ゝV|,u           ̄  V'-<_ノ
        /ハ-.t( 'ニ 7  ,----、  r' r‐‐.V´ト、ヽ       「・・・・・・」
          / ! i  ト-' /     |  |_ ー _//   ヽヽ
       ノ_ノ/ / \  |     |    ̄// /( 川 )
       ノ/!/7/i>|_,, _|_,,. >' .人,L_ノ!/
       ´   ~   ┌┴―'", / ノ-t' `´
               ,‐く ー ,-‐'./ /  ヽ
               // >-ー'´  !   ヽ
               /´/´・`´・`ヽ   ゝ   i

778本棚のやる夫さん2011/10/13(木) 02:23:07 ID:NZ2iWiyI

元ネタ

234 名前:名無しさん@涙目です。(北海道)[] 投稿日:2011/08/17(水) 20:30:44.61

ID:LQbiC4GQ0
とあるエンジニアが、ある日道を歩いていると一匹のカエルが呼びかけてきました。
「私にキスしてくれたら、とても美しいお姫様に戻ることができるのよ」
彼は身をかがめてカエルを拾い上げると、自分のポケットにしまいこみました。

カエルは再び言いました。
「もしあなたがキスしてくれて私を姫に戻してくれたなら、あなたと一週間一緒に過ごしますわ」
エンジニアはカエルをポケットから取り出して、微笑むとまたポケットにしまいこみました。

するとカエルは泣き叫ぶように、
「もし私を姫に戻してくれるなら、あなたと一緒にいて、もう何だってあなたの望みどおりのことをします」
またもやエンジニアはカエルをポケットから取り出すと、やはり微笑みかけるだけでポケットに戻しました。

カエルはようやくそこで尋ねました。
「いったいどういうことなの?
私は美しい姫で、あなたと一週間一緒にいて、何でも望みどおりのことをすると言ってるのですよ?
どうしてキスしてくださらないの?」

するとエンジニアはこう答えました。
「僕はエンジニアだよ。恋人を持つ暇なんてないんだ。
だけどしゃべるカエル、こいつはカッコいい」

779本棚のやる夫さん2011/10/13(木) 02:24:23 ID:bx84y4x6
別に条件を吊り上げてるわけじゃなかったのかww
乙ww

780本棚のやる夫さん2011/10/13(木) 02:24:51 ID:iR/7tBC.
何でもいいからキスしてやれwww
乙です

782本棚のやる夫さん2011/10/13(木) 02:28:11 ID:kateWJV.
よかったな!カッコイイって言ってくれたぞ!

姫に戻りたい?諦めろww

783本棚のやる夫さん2011/10/13(木) 02:29:15 ID:jFua.sdc
乙。

似たようなパターンで「しゃべるカエルの方が貴重だ」ってのもあった気がする。

関連記事
[ 2020/10/08 23:13 ] オリジナル やる夫でコピペ | TB(-) | CM(2)



エンジニアである必要は?
[ 2020/10/09 09:11 ] [ 編集 ]

>エンジニアである必要は?
そういうことをする人種だから
[ 2020/10/17 13:46 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する