やる夫でコピペ 第1489話 日本軍の将軍が部下に言った

目次

133 : 本棚のやる夫さん : 2011/11/16(水) 14:48:02 ID:hQuXPfr2

| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| 
|          _            | |彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡| 
|          ,.<:::::::::::>、        | |彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡彡| 
|        ∧:::::::::::::::::::::∧         | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| 
|        |:::::::::::::::::::::::::::::|         | |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| 
|        ∨:::::::::::::::::::::∨         | |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| 
|          ゙'<::::::::::>"          .| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| 
|           ̄            | | : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :| 
|_______________| | : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :| 
                         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~ 
_______________ 
| : : : : : : : : : |       |:::::::::::::::::::::::::| 
| : : : : : : : : : |       |:::::::::::::::::::::::::| 
| : : : : : : : : : |       |:::::::::::::::::::::::::|    日本軍、ドイツ軍、イタリア軍、 
| : : : : : : : : : |       |:::::::::::::::::::::::::| 
| : : : : : : : : : |       |:::::::::::::::::::::::::|    それぞれの将軍がどの国の兵が 
| : : : : : : : : : |       |:::::::::::::::::::::::::| 
| : : : : : : : : : |       |:::::::::::::::::::::::::|    一番勇気があるか競うことにした。 
| : : : : : : : : : |       |:::::::::::::::::::::::::| 
| : : : : : : : : : |       |:::::::::::::::::::::::::| 
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


134 : 本棚のやる夫さん : 2011/11/16(水) 14:48:23 ID:hQuXPfr2

     /::::::::/ /   /   ‐ ‐ ‐----゛,,‐-、ヽl::::::::`丶、:::::::::::::::::l
     |:::::::/ /   /;:;:;:;:;:/゛゛ ノ  ,---‐-、  \\_:::::::::`丶、/
     \:::|. /  /;:;:;:;:;:;:;:/   ヽ 〈   0  ハ  ̄\ \::::::::::::::\
       /ー <;:;:;:;:;:;:;:;/    `  \___ノ ノ    |>‐‐、ヽ:::::::::::\
       /  ヘ ヽ'''三彡         _ ´  ̄   <  0 i |───'
      l l 丶ノヽ_ノ彡     、 -              \¨´、.|
      | l乂  /       | ヽ、            リ;:;:;:;:!、
      | ヽ ヽ |       |`、 \        イ_/、  | 〉
,,,,,,,,,,i!i!i!i!i!i!i!i!i》㍉lMMヽ     |:::::{_  `iヽ、     ` ー''   //      日本軍の将軍が部下に言った。
゙゙!i!i!i!i!i!i!_;;;、;;゙゙!ヽ゛゙WWヘ.    |、´`!;;;__,、___` ー  _     /´
;`ヽ`;;;;;;;;;;;;;\ノ;;;;;;\ ;;; `ヘ    | `Y、   :::`ー'、i_`ア   /、        「戦闘機で相手の戦艦に体当たりしろ」
''''''゛゛゛ヽ;;;;;;;;;;;\;;;;;;;;;;\;;;;;;;;;ヘ  \ ノ\  ̄ |::::::/.  /!i!i!ヽ
_   ;;ヽll ;;;;;;;;ヽヽ;;;;;;;;ヽ::::::::ヘ    \  `ー‐': /   /i!i!i!i!i!i!\
\  ̄\:::::::゙lllll、 :::ヽ:::ヽ:::::ヽ::::::::ノ、   ` ー―‐' ヽフTTTTi!i!i!i!i!''''''\
:::::ヽ::::::::::`::::::゙゙lllll、:::::ヽ:::ヽ:::::ヽ:::::::::ヽ____   ソl l l l i!i!i!/ヽ:::::::::::\
:::::::::ヽ:::::::::::::::::::゙llllll、:::::ヽ:::ヽ:::::ヽ::::::::ヽl l l l l l l,  |/.! ! ! ! i!i!´|、__|::::::::::::::ヽ
::::::::::::ヽ::::::::::::::::::lllllll、::::::l:::::::ヽ:::::::::::::::::ヽ..l l l l l/|./_//// |゙゙ヽ-'、:::::::::::::::::|
:::::::::::::::ヽ::::::::::::::::゙lllllll、:::::!:::::::::ヽ:::::::::::::::::゙《《}ヽトアメ / /|、:::::ヽ.`ヽ:::::::::::|


┌─────────────────────────┐
│     / ☆ \           / ☆ \   O―~,       |
│     ヽニニニノ           ヽニニニノ    || ● |      │
│      |(●) (●)      /(●) (●)\ ||―~'     │
│   /ノ| (__人__) |   /^):::⌒(__人__)⌒:: ヽ         │
│  /^/ .|  `⌒´ |   / / |    `⌒´    |           │
│ (  ' ̄ ヽ   _/ヽ (  ' ̄\      _/          │
│   ̄ ̄| = V // | |   ̄ ̄| = ̄ //  | |          │
│     |   // | |     |   //   | |          │    部下は言われたとおりに飛行機に飛び乗り
└─────────────────────────┘
.:.:.:.:::... . . . .                                      戦艦に向かって体当たりして死んでしまった。
                              ヽ.(,.(⌒;);,⌒ヽ /
             __,rュ、,__/^j:. . . .       (,.(,;( ; ,.)'.'.;';.'.)'';,ノ
            i!{_j,,_r―:、,_,,...ー'          ,.,(;,  ;:;',.'.)'',',;,.'.ノ´.,
                ̄ ̄              /'ー''' '' ヾ
      __,rュ、,__/^j                   ノ
     i!{_j,,_r―:、,_,,...ー'.:.:::... .. :.: :. . . .         γ
         ̄ ̄                    ノ
 .: .:...:.:.:.:.:.........:.:.:.:::... . . . . .       .: .:...:.:.:......:.:.:.:::... . . . .

135本棚のやる夫さん2011/11/16(水) 14:48:44 ID:hQuXPfr2

                  ,仁三ミミヾ|l!l!lハl | ll|l|! |l| l li iliヽ_
                  メヲ彡ミミ㍉|l!l!l!l| .| |l|l|! |l| l li i | lii㍉
                f彡ミミ㍉ヾ斗l!l!l!| .| l|l|! |l| l li ili l|l|! |l㍉
                 挂彡ミ气㍉l!l!l!l|l!l!| |ヘl|l|! |l| l li ilil|l|! | lハ
               孑彡         .| |l|l|! |l| l li ilil|l|! |l| l li|
                 /´!  ,ィヘ      .| lヘ |l|l|! |l| l li il l|l|!|l ||
                  / /| イ -‐ ヽ.     ;| |lWil|l|! |l| l li il l|l|!. |l|
             〈 .ヽトr====、 〈.   ;.|/ | WwWl! |l| l li ili. ||l
                  \エ{{       ヾ===、爪"゙゛㍉W|/W|/l|l| |l|   ドイツ軍の将軍が部下に言った。
               i ゝ      }}   〃辷=(:・:)=ヾ Wwl|l|!|l|l
               |  `====イ==ニ乂. ゞ==彡}辷イl|!| l|l    「潜水艦で相手の戦艦に体当たりしろ」
               ∧      /::::|     ヘ _ , イ´  ./ /
               ∧ rf、___ヽ::|_, ´__  ー-、  /_/
                ィ―\ \+++    ー+++イ入 ヽ ./_
        ._ -‐' ̄ ̄;;;;;;;;;;;;;ヽ   ̄ー---一  ̄     ,イ} `ト、_
    ,..-‐'' ̄;;;;;;;;;;/゙゙゙゙/ .ノ;;;;;;;;;;;;ヘ `ー----一'´ __ノ´| {!  |  ヽ
  ´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ .   /;;;;;;/ ̄ ̄|≧ー ‐--‐ 一≦;;;;;;;;;| {i.  l    ` 、
   ;;;;;;;;;;;;, -'"     .// ̄|     ハ ̄ ̄{ ̄ ̄`ソ;;;;;;;;;| ;:  l     ` 、


┌────────────────────┐
│   /l | / //   _ヾ: : |(r、ヽl : :ヽ.          │
│  /ミヽ、! l |へ   /,) ヾく ̄iノノ : : ミヽ、       │
│ ノ三ヽヽ/゙Y゙〉 r'゙,.tラ   ゙l  l/ ゙'ーミヽヽヽ       |
│/彡ニ,. -へ、〈 |、! ゙Y´    ゙  ヾ::   \_,.-⌒    |
│|//   r'~レr、k='        l::   / .       │
│l/   | / ゞ=;i ,...、 ノ    /:::::/   _,.-'    │
│    /゙"〉‐<l ゙"、''_/ ,:   /::/'´>>/     │
│     | ,|  ::|.   \-<  //ヾ/--―-、.     |
│  _ l゙´」=ラ:|      \_/r'/´ ̄_ -- 、_       │
│r''7゙  | r┴-=L、    ,.-'二 ノ ̄          │
│l |  ミトゞ=、__ノノ|    l゙/´       _,. -‐'"´   │      部下は言われたとおりに潜水艦に飛び乗り
│!,. レ, ヾ::::::ノ''"ヾ|   //      _,. -'_,. -‐ラ    │
│ヾ \  Y´  ノノ  ||   ,.-'" ,.-'´ /,.-‐'"    |      戦艦に体当たりして死んでしまった。
└────────────────────┘
        ,ィ                ___,,,..__
            ヽr';⌒:;/         | 戦 艦    |
             (::;;; ノ:リ       |~~""~~~~~~~~"       ヽr';⌒:;/
.       '゙ ̄     /ー''ヽ       _rュj    f;;;;(          (::;;; ):リ
       ヽr';⌒:;           ワー  ェIュ  );;ノ   ワーワー   /ー''ヽ
       (;;;( :: :)  .     (;;;;;(    ii| ノ「从ヽ、  );;ノ、;  ;;ノ ワーワー
       /ー''ヽ         ヽ;;ノ   ;ノェェi:ウ―从「从/ /从从.  、 ;;(    ;;ソ
          (  ;;    ウワー 从从_,,从从ニ:从ュii,o,or从i!!ュ{t=:災从__ _ ;;ノ |
 。;,、、,, );; ノλλ ,,r#;;―ュ从`r‐从r'r#;;|:l⌒从イ从!::::_r!!从从::::r!!ュ r__从_/j|从
  \^.;`"''―从从――‐`―― ´ ̄ ̄´ ̄ ̄从´ ̄ ̄从 ̄ ̄` ̄ ̄ ̄从 ̄从 ̄ ̄ ̄|
ー''''~~_,,-ー'~,. - ' '′'"" ~" "" "''"'''' '"" ''"""  ~" "" "''"'''' '"" ''""" "´,,     "´ ;: ー''''

136本棚のやる夫さん2011/11/16(水) 14:49:08 ID:hQuXPfr2

         _,. -──ー- 、._
      ,.イ´::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
    /:::::::::::::ヽ:::::::::::::.\:::::::::::::::.ヽ
   /::::::::)::,,,ヘ:::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::ヽ
  〃:::::::::|´   トiヾ::::ヽ::::::、:::.ヽ:::::.ヽ:::::.j
 /〃::::::.l|     l| ヾ::ヽ:::::ト:::::ヽ:::::::ヽ:::}
 l l:::::||:::l|     ∥___、::;:::::ト:::::i::::::::::j::|
 | l:::::リ:fキニ__、ノ =‐___ヽ:::l::|ヽ:<´ヽ:::lヽ
 ` l::::l::ヾ:lィチcヽ  ´ f℃`i;|:/N|ヽ\}:|    :'⌒ヽ
.  ヽヽ::ヾ、`-' i     ー' lリlノ↑♭ ハゝ、  ` .,ノ
    ヽ`、::ド、 ,'   〃  亅  カ _,/ノ  ``゙¨´        イタリアの将軍が部下に言った。
     ハv1  ヽ          /゙弋i| _
       ヽ.  ー-‐'    /_,/ ̄ 〈            「爆弾を抱えて相手の戦車に体当たりしろ」
         \     .ィ´ /      丶、
           ` ー ',く /          _,イ- 、
             <´ |r⌒ヽ   ノ , ィ< ヽ  ヘ
           ハ ノl /!iil/ ,/    \\ \
         _,イ /,メー、/!!!!i| /        丶ヽ  \
        // l/ |!!!!!ヽl!!!!!l           〉   \
       //    |!!!!!!!!lヽノ             ,, -ー  \
      /     .ノ!!!!!!!!/            /       〉
    /   ll    ナー-t'             f         (
    /  〃 |    |!!!!!!!!!!!|           /    /    フ



      ,、-'"  ,、-'"      `'-、,_   `'-、
     /  ,、-'"  /~~`'-、,     `'-、
   / ,、-'" _,、-''"      `'-、,,_    `'-、
.   (,/ _,、-ニ'"_,,、-─'''''''''─-- 、 _''-、,
   |;-ニ-'",、-'"          -‐'-、`'-、ニ;;;;
   (/::;/_,,,,,_ヽ丶   /    _,,,,,,_  \;;;;;;;;;;;;;;
   /::::/ /,、 --'、、 ,  |!  ,、-,''-- .、 ヽ  ゙;;;;;;;;;;;;;;;
   l:::::|  //l::::::::::ヽ'  __ ゙ '"./:/l::::::::::ヽ  __!;;;;;;;;;;;;;
   l:::::ト-l::| l::::::::::::;、 '" `'-、!::! l:::::::::::::l''" !;;;;;;;;;;;;;;;
  _|:::::! ヽ;ヾ:::::::,.' .,-  r 、 ゙、;ヾ;;;;;;;;;/  .';;;;;;;;;;;;;;;;;;;        部下は言った。
. / l::::;'   `,゙ニニ!. L '  l_ノ レ‐、,.イ     ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
. |:i:l::/    ';;;;;;;;ヽ、__,,...,,___,、<;;;;;;;ノ_    .!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;     「出来るか。この豚野郎」
. |:i:l:|   ,- 、_ ~      _,,、ィ ''"  ヽ l  .!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  ';;l::!.   l、  , `"""'''''''"''"  ,  _,,、-‐''! | _!;;;;;;;;、-───-
  ,'::l.   l `"""''''''────'''""   ,.'_,、ァ;、-'"
.  |:::|;', r‐i"""""")_,,,,、-------‐ァ''"" /_,,,、-───---
  |:::|;;;;゙、~~""""~~  _,,,  .,、-ニ'"_,、-イ_/
. |:::|;;;;;;;/'-、_     ::::;、-'"-'",、ニ-‐''''"  ̄ ̄`''- 、
 l::/;;;/ /ヽ`"'--、-'" ,、-",/"             ヽ、
 |::|;/ ./ ,,,,>-''" _,、-' /                 ヽ、
 トイ  (     ,、-'  /
 |__|  ハ_,,/   /

137本棚のやる夫さん2011/11/16(水) 14:49:22 ID:hQuXPfr2

         ,. -――- 、 _
        / . : : : : `y'´: : : .`ヽ
     ノァ . : : : : ,ヘ/! : : : : : . 丶
      /. : /∠_//  |: :l : :ヽ: : ハ
    ノァ :_i/l/ l/ヽ  」_:l_l: :|:|: : : :|
    ノイ{ | ≡   ノノl/ヽ!:l: : : :l      イタリアの将軍が言った。
      レ‐! ""  ノ  ミ イ: l : : :/
        |   、_′  "" ノィ人ヘ(  ,-、    「どうだ、私の部下が一番勇気があるだろう。」
  ,.‐'⌒ヽ-ヘ.  ′`フ   ,ヘ._ノ \_ ゙ー_ノ
 / ‐'⌒ヽ/ \ ー' _ .イフ  }_   ̄
      |「ヽ 〃「 _/  /  └-、
      ∨l 〉 rr='-、 , /―- 、   \
         |l ノノ   V/

元ネタ
719 名前: 会社役員(北海道)[] 投稿日:2007/12/23(日) 18:07:26.65 ID:ls2hvPOG0
日本軍、ドイツ軍、イタリア軍、それぞれの将軍が
どの国の兵が一番勇気があるか競うことにした。
日本軍の将軍が部下に言った。
「戦闘機で相手の戦艦に体当たりしろ」
部下は言われたとおりに飛行機に飛び乗り戦艦に向かって体当たりして死んでしまった。
ドイツ軍の将軍が部下に言った。
「潜水艦で相手の戦艦に体当たりしろ」
部下は言われたとおりに潜水艦に飛び乗り戦艦に体当たりして死んでしまった。
イタリアの将軍が部下に言った。
「爆弾を抱えて相手の戦車に体当たりしろ」
部下は言った。
「出来るか。この豚野郎」
イタリアの将軍が言った。
「どうだ、私の部下が一番勇気があるだろう。」

138本棚のやる夫さん2011/11/16(水) 14:50:34 ID:R1.GHjTY
ほんとに全くその通りです乙

139本棚のやる夫さん2011/11/16(水) 14:52:04 ID:uGnNGcrg
NOと言える勇気

140本棚のやる夫さん2011/11/16(水) 15:16:15 ID:ZPgbnQ/c
うむ、時には断ることも大事だ

でも次はイタリア抜きでやろうぜwwwww

関連記事
[ 2020/10/15 16:40 ] オリジナル やる夫でコピペ | TB(-) | CM(4)



クッソwたしかにイタリアの兵士が一番勇気あるわwwww
[ 2020/10/15 17:00 ] [ 編集 ]

町が焼かれ、民間人も容赦なく殺され、小学校の校庭を逃げ惑う児童にまで機銃掃射の嵐を撃ち込まれ、占領地では女が嬲られる
それを防ぐ手段が他になかったから仕方なくやっただけで、やりたくてやったわけでも、命令されたから突っ込んだわけでもない
出撃前に日の丸を捨てて突撃した人もいる
[ 2020/10/15 19:05 ] [ 編集 ]

この手のコピペを出すと日本のやることなら綺麗事に出来るみたいな事を言い出す人が必ず出るね
[ 2020/10/16 11:39 ] [ 編集 ]

日本の特攻と出撃が戦死と同義だった終末期のUボートに加えイタリアのはフォルゴーレ空挺旅団の話だな
ジョークのネタと違い、爆弾を抱えて戦車に肉薄攻撃を行い大打撃を与えて壊滅した名誉ある部隊
史実はジョークと違うんだぜ
[ 2020/10/16 19:01 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する