やる夫でコピペ 第1514話 一人の男がバイクにまたがり、カリフォルニアの海岸沿いを颯爽と走っていました

目次

988 : 本棚のやる夫さん : 2011/12/12(月) 19:54:22 ID:N5UIHEHw

                                  / ̄ ̄\
                                 /____\
                                k;ハ;;;/    |
                               (_人_)      |
                                (⌒ '      |
                                {        |
                                 {       /
                                 \     /
                    ,r――-―――――― '''''⌒  <
          __     nf=!、!、◎Jー――――7      /
         f`ヾ ..::ヾ ,┳ 三   ,へ _       /      /
         l l | ;;;;;;| __  三>γ  ̄;;;;;;ア,,,γ ⌒ 、     l
         ! !ノ;;;;;;::f⌒l l工K( ,,,,,,,,,,,;;;;;;;K/    ,  `ヽ  ,'
         ー  ♂`-"-l' ヽ ゝ=== /   入    / ,,r-
       __   [l/互/   K三W三 /   /r 二二二に  ノ
    l""";;;;;;;;;;;;; ̄:::''' //    ll≡lll≡ll f=-、 ノK r gg二二二k
    ヾ--――  ,-五  >ヾ r||f⌒ゝ  f「メyf  |l f< / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ll
    ,γ;;;r     i/ /ィl 7;;;:::ゝ 入=γ⌒"" _彳=っ ,,k_____ア=
   f;;;;;lf    石ム" l l;;;;;::::::ヾ !!  Iェェェィ'''斤ri^ik    ,       ヾ;;;;;''ヾ
   i,,;;;;;l    `、_ノ  ,γ;;;;"!-"ΓL _/_/_/  l| | llK_,   rf(◎)  i;;;;;;'''l
   ゝ;;;;;ヾ       ,γ;;;;''/  ヽ____7 〔缶}二二二二二にム,   ||;;;;;;"l
    ';,;;;;;;;;,,, _ ,,,:',';;;;;;;"                 ゝ;;;;;ヾ       ,γ;;;;''/
     ゛'''';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'''"                   ';,;;;;;;;;,,, _ ,,,:',';;;;;;;"
                                   ゛'''';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'''"

一人の男がバイクにまたがり、
カリフォルニアの海岸沿いを颯爽と走っていました。

すると突然、空の上から割れるような声が鳴り響き、神の声がしたのです。

           冫----v----、
          /:::::::::::::::::::::::::::::::::\
           /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
       /’::::::::::::::::::::∧:::::::::::::::::::::::::::ハ
       7::::::::::::::::::::::/ ヘ:::::::::::::::::::::::::::ハ
        iヽ、__:::::::::ノ   ヽ _:::::::_,..、≠
       _i”++±ノァY〉;l=l=l=l=l'=ト=モヲ'"ハ
      i ヽ::::/`゙''-、_     _,,.-‐''"ヽ::/ ヽ
      ヽλ  <ヽナ    〃tナy  〃7/
        iヾ、      i         ノ,
       i:::::::i     i        i'":::::i
       /:::::::ハ    〈 ,      i:::::::::::ヽ
 _,,.-‐''":::::::::::::ヘ   ━ ━     i:::::::::::::::ヽ
`゙''ー-、,_::::::::::::::::::ヘ.   ̄ ̄ ̄   /,::::::::::::::::::::i 「いつも信仰心を強く持ち続けた君に、
     /:::::::::::::::/-,\  ,,    /  i::::::::::::::::::::ヾ なにか願いをひとつ叶えてあげよう」
    i::::::::::::::::::::i    '-lllll- '" / ヘ::::::::::::::::::::::ヘ _
    i::::::::::::::::::::i   l     /   〉::::::::::::::::::::::\\
    ヽ::::::::::::::::::ヽ  i     ,′  /:::::::::::::::::::::::::::::i  \
     ヽ::::::::::::::::::ヽ        /:::::::::::::::::::::::::::::::/    \


989 : 本棚のやる夫さん : 2011/12/12(月) 19:55:08 ID:N5UIHEHw

男はバイクを寄せて止め、神様にお願いしました。

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |   ( ●)(●)
. |     (__人__). rm、
  |     ` ⌒´ノr川 ||  「ハワイまで橋を架けて欲しいのです。
.  |         },.!  ノ'  そうすればいつでもバイクで行けますから」
.  ヽ        r / .|
   ヽ     ノノ ノ
   /     / ./
   |      /
    |    i´
それを聞いた神様は

   /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::;:;八;:;:\
  /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:xxメⅩ十メ、;:;:〉
≦≠乎千于ラ弐'/_ ノ' 、_|;/
  〉;:;:;: -、;:;:;_/  ー-≧ 〈_,!
 /;:;:;:;:八  ∨ミ       \
 |;:;:;:;:;:;:;ハ          ´イ
 |;:;:;:;:;:;:| `了      孑≦ヽ
,/;:;:;:;:;:;:;ハ  |      ヽ=〈
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:〉  ー- 、 _  ,;i!,}
;:;:;:;:;:;:;:;:;〈        /` ̄


「少しばかり君の欲求は物質的だね。
 もちろん叶えられないことはないのだが、それだけのことを成し遂げるためには、太平洋の海底まで届かさないと。
 消費するコンクリートや鉄の量、多大な自然界への影響も考えると、君の希望を正当化するのは、ちょっと困難だね。
 もういちど考えてみて、もう少し人々の役に立つようなことにしてはどうかな?」

990本棚のやる夫さん2011/12/12(月) 19:56:19 ID:N5UIHEHw

    / ̄ ̄\
  /   _ノ  \
  |    ( ●)(●)
  |     (__人__)
  |         ノ 「神様、では私を含む世の男性すべてが
  |     ∩ノ ⊃ }   妻や恋人のことを理解できるようにしてください」
  /ヽ   / _ノ }
 ( ヽ  /  / ノ
  ヽ “  /_|  |
   \__/__ /

「私は妻が何を考えているのか心のうちを知りたいのです。

               /                ヽ
              /                       \
            /                     \
           / __ノ  `、   _                l  , -‐::::::: ̄::::`::::、
           //::::ヽ     /´  ,:::::`ヽ.             |.<:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、
           l  {:::::::i       {:::::::::::i             |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
           |ヽ  ノ   ヾ ヽ、..  _             |::::::::____::::::::::::::::::::::.:::::::::::::::::\
          ,'⌒/´          ヾ'⌒   U       |:´:::: ̄:::::::::::::` 、:::::::::::::::::::::::::::::::::::`
          | l    j        ノ′            l::::::::::::::::::::::::::::::::::>、:::::::::::::::::::::::::::::::\
          l `ー-'´``ー---─ '″              /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:.::::::::::::::::::::::::::::::\
           |                        /丿  \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、:::::::::::::::::::::::::::::::::\
           |                        イ  /⌒ \:::::::::::::::::::::::::::::::::∧-‐、:::::::::::::::::::::::::::::ヽ
           |                       /..l        \:::::::::::::::::::::::::::::|   i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::
           |                     '  |        \::::::::::::::::::::::::|   |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::
            |                   ,.    |      , -‐‐} 人::::::::i:::::::|  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
            ゞ                 /     |    ::::::::__,イ__ }:::::/:::::::| イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
            ヽ`              /  、ノ   ト 、.._   イ辷彡//l 从 :八\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
             \     __ , _,_ -‐ イ   /     ト、:.:.:`::-..,,_´     |:::::| \ \___:::::::::::::::::::::::::::::::::
               ,`ー--- --ーー    /   、′   /゙.:::.:.:.:.:.:.: . \///  |:::::i   }   }   `ヽ 、:::::::::::
             /..::.:.:.:.:| ト      /′ ; ′   /...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:...\   | /    .|  .i      ` ヽ 、
            /´.:.:.:.:.:.:.:.l、         /´    /...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. \ リ:    /  ./       ⌒
          /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l     , '′    ,/...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..: . \   ./  ./      /
                                               , ‐、   ./      /
 
 妻が黙ってしまうときや、泣く理由や、『何でもないわ』と言っているのは、いったいどういう意味なのかを。
 そして彼女を心底幸せにしてやりたいのです。」

991本棚のやる夫さん2011/12/12(月) 19:56:57 ID:N5UIHEHw

すると神様は答えました。

      _, -── 、
  _,. -<:: :: 彡 :: :: :: \_
≦:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::.ハ
:: :: :: :: :: :: :: :: 〃:: ::〃:: :: :: ハ
:: /i_/l_,r'く_/l_::_x:: :: :: :: ハ::ミ、ハ
7イヽ厂l/`::¨ヾ7X〃癶"ノV.: : ハ
x:: :: ::彡":: ::∠_ ヽ!7xニ´<:: ::
ヘl:: :: :: ::ァ=-"ニー ミ´ /_イト=-
Y/ ̄ヾ´ 弋ラ_ヾ  〃_ -ミヾ::^
=        --''゙ / て心 !l/
}           l ヽ`¬/
,          _  >    〉
ヽ      _,,.r= `´_   /
: ::ヽ     '"-=ニ_= ァヽ/  「えっと、橋の道は2車線でいいんだっけ?
kヾ:::ヽ     =-´  /  l. }  それとも4車線の方がいいかい?」
::::≧ヾ::ヽ    〃 ,イ  ノノ
::::::::ミヾ::::><////:::{
::::::::ミヽヾ:::::::::¨¨´:::::l
 ̄ ヽミミリ::::::::::::/i::k::ヽ
__ ヽ:::::::///// }:::}
   ヽ ',:::::::::::::/kノ:ノ
...  i ', ',:::::::::_;ノ K__
......  l  ',. l::/    `ヽ
.......  l  //    ・   `,
:.:.:.:.  ',. l::i     ・    ',
:.:.:.:.  v::j     .・     i
:.:.:.:.  //     ハ    l
::::::::.  l::{     ハ    /
::::::::::. l:::l     ッ    l
::::::::::: . l::::ヽ          /
:::::::::::: l::::::::.\     /

992本棚のやる夫さん2011/12/12(月) 19:58:13 ID:N5UIHEHw

元ネタ

531:たいぞう ◆6YtHw9Csqs :2011/11/20(日) 13:15:17.21 ID:K56JJ38T

>>512
神様にも無理な事があると言うお話。


一人の男がバイクにまたがり、
カリフォルニアの海岸沿いを颯爽と走っていました。
すると突然、空の上から割れるような声が鳴り響き、神の声がしたのです。
「いつも信仰心を強く持ち続けたそなたに、なにか願いをひとつ叶えてあげよう」
男はバイクを寄せて止め、神様にお願いしました。
「ハワイまで橋を架けて欲しいのです。そうすればいつでもバイクで行けますから」
それを聞いた神様は
「少しばかり汝の欲求は物質的じゃのう。もちろん叶えられないことはないのだが、それだけのことを成し遂げるためには、太平洋の海底まで届かさねばならぬ。
消費するコンクリートや鉄の量、多大な自然界への影響も考えると、そなたの希望を正当化するのは、ちと困難じゃな。もういちど考えてみて、もう少し人々の役に立つようなことにしてはどうかな?」
それを聞いた男はしばらく考えて、そして言いました。
「神様、では私を含む世の男性すべてが妻や恋人のことを理解できるようにしてください。私は妻が何を考えているのか心のうちを知りたいのです。
妻が黙ってしまうときや、泣く理由や、『何でもないわ』と言っているのは、いったいどういう意味なのかを。そして彼女を心底幸せにしてやりたいのです。」
すると神様は答えました。
「えっと、橋の道は2車線でいいんだっけ?それとも4車線の方がいいかい?」

             / ̄ ̄\
            /   _,.ノ  ヽ、_
            |    ( ○) (○)
           | U  (___人__)
            .|       __ノ__  「……えー」
            |     _/ ___\ヽ_
               人、   '-/____ ヽ  |
            _,/( ヽ、  __'-〈 、 ヽ  |
   _, 、 -― ''" :l : :.\  ヽ,、.゙,/ヽノ}   ト、
  /. : : : : : : : : : :|_: :.ヽ、 ∧:::〈ヽト{   〈j)、
 丿: : : : : : : : : : : : /: : :.∨ |:::::', |: ゞニニ彡〉,
. i : : : : : : : : |: : : : : \ : : : `、|::::::|,|:〈: : : : : : : ∧
/. : : : : : : : : !: : : : : : : \ : : :.'、:::::| : 〈: : : : : : : ∧
: : : : : : : : : : |: : : : : : : : : \: : :'.,:::|: ;∧: : : : : : : ∧
: : : : : : : : : 丿: : : : : : : : : : :.\: :V:./-∧: : : : : : : : v
: : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : レ : : : ∧: : : : : : : :}

   /;:;:;:;:;:;:;:;\
  〈;:;:;:;:;:;八;:;:;:;:;:;〉
  ++/、+++,Ⅵ++
  (|;;:|‐-`ハ´-‐|;:|)
  |;〒  小 彳|   「まあ、なんだ。多少の秘密もあってこそ、夫婦というのはやっていけるものだと思うよ、ウン。
  〉;:ハ 'Д' /;〈     あと僕、前職は大工だったし、多分大丈夫」
  |;:;:;ハ 山/|:;:;:|

993本棚のやる夫さん2011/12/12(月) 20:02:51 ID:czxC8tAc
乙でした~
オチにワロタ。ユーモアある人、すげえぇと本当に思う

994本棚のやる夫さん2011/12/12(月) 20:05:57 ID:qFh4TL72
そりゃイエスと言わざるおえないわな


995本棚のやる夫さん2011/12/12(月) 20:11:58 ID:1hUSL2P.
うん、まあね
仕方が無いことって、あるよね

乙w

999本棚のやる夫さん2011/12/12(月) 20:34:09 ID:Gk.qNR06
その願いは神の力を超えているなwwwwwww


関連記事
[ 2020/10/19 17:05 ] オリジナル やる夫でコピペ | TB(-) | CM(0)



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する