やる夫でコピペ 第1579話 とあるカントリークラブのパーティにやってきた若い男性

目次

307 : 本棚のやる夫さん : 2012/03/31(土) 23:19:37 ID:cHvi6ip6

          / ̄ ̄\ 
        /   _ノ  \ 
        |    ( ●)(●) 
           |     (__人__) 
         |     ` ⌒´ノ 
            |         }    とあるカントリークラブのパーティにやってきた若い男性が、 
            ヽ        } 
          ヽ     ノ 
          .>    < 
          |     | 
           |     | 


            ,.......::::::::::::::......、 
         ,....::::/:::::::::::::::::::::::::::、::::ヽ 
        /::::::::////////////ハ::::::,:::. 
         /::l:::::イ:::::::l::::::::::l:::::::l::::,:::::l:::::::l:.. 
      ,:::::::!::::l::/:::イ::::::::::|,::::::!:::l:::::|:::::::|:::. 
       ;:::::::|::::|イ:::::ハ::::::::::! :::::|:::l::: |:::::::|::::. 
       l:::::::|::::|_!:::/ ,::::::::| ∨|_リ::::|:::::::|:::::l 
       |::::::|:::::! l下` ヽ:::::! ´リ |:::::|:::::::|:::::| 
       |::::::|:::::|ォ==,、  \! ,ィ==ァ!:::::::!::::, 
       |::::::|:::::|弋(ソ      弋(ソ !:::::::!:::{ 
      ゙、 ::|::: |      ,     |:::::::|::::l     ある魅力的な女性を紹介されました。 
        }: |::: |、             ,::::::::,:::::l 
       ,:::::,:::::l:::> _ `  ´ _ <::::::/:::::::| 
        /::::::l:::::|::::∧、.l  -  l->/:::::/:::::::::::. 
     /:::::::::|:::::|-'//`ヽ、 ,-///::::/、_::::::::. 
      /´ ̄∨::::::,/////∧∧//:::,イ///l:.:.:`ヽ 
    /∧:.:.:.:.∨ヽ:{     {ニ}. /:イ\///:.:.:.:.:.:ト、 
  /:::l ,:.:.:.:.:.ヽ/\//´ ハ l`ヽ__,///:.:.:.:.:.:./!:::\


308 : 本棚のやる夫さん : 2012/03/31(土) 23:19:58 ID:cHvi6ip6

           ,.....:::::::: ̄:::::::::::::.....、
         ,..:::´:::::::::::::::::::::/---- 、::`ヽ、
        /::::::::::::::::l::::::::::::::{-――-ニヽ、:::,
       ,:::/:::::::::::::|::::::::::::::|::::l:::::::|:::::::::l::::ヽ::.、
       /:::::::::::::::::::|:::::::::::::|::_/_,:::l, ,:::::::l,:::::}:::::、
       /:::::::::::::::::::::|:::::::::::::|:/  l::| 、::::ト、:::l:::::::}
       ,::::::::::::::::::::::, |:::::::::::::|'__. リ  ,::! l:::}::::::リ
       l::::::::::::::::::::::{ ,:::::::::::::|弋z)ソ'   _ l:リ:::/
     ,:::::::::::::::::::::::ヽ_,:::::::::::!////   弋ソl:/イ
      l::::::::::::::::::::::::::::::,::::::::::::,      '/l:::::|     女性は男性のことをたいそう気にいったのか、
      |::::::::::::::::::::::::::::::ト、::::::::::,  r‐v   ,!::/|
     ,::::::::::::::::::::::::::::::::|-ヽ::::::::':, `¨´ ,イ:/リ     いきなり親しげにして男性を褒め出しました。
     ,::::::::::::::::::::::::::::::::::|三ニ\::::---、彡:::/
    ,::::::::::::::::::::::::::::::::::::|==/三/三_}- 、__,
   ,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|/三/三三 }三、三―'
   /:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::|三,/三三三三!、|三}
.  /:::::::::::::::::::::::::: |::::::::::::|三|三三三三/三/
 ,:::::::::::::::::::::::::::::/l::::::::::: |- ''´ ̄ ̄`ヽ、/、´
,/:::::::::::::::::::::::::::/:.,::::::::::::::!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ ヽ



           / ̄ ̄\
         /   _ノ  \
         |    ( ⌒)(⌒)
            | xx   (__人__)
          | u     ` ⌒´ノ     男性はその女性を気に入りましたが、
            ,|         }
         / ヽ       }       事の進み具合の速さに戸惑ってしまいました。
       く  く ヽ     ノ
         \ `'     く
          ヽ、      |
              |       |

309本棚のやる夫さん2012/03/31(土) 23:20:17 ID:cHvi6ip6

                ____
           ,...:::::´::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
           ,.::´::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::,:::::::::..
        /:::::::///////////////∧::::::::::.
         ,:::::::::/::::,::::::::l::::::::l:::::::::、:::::::::}::::::l:::::.
       ,::::::::イ::::/:::::::ハ:::::::|::::l::::::,、::::::!::::::|::::::.
         l:::::::: |::/、/::/ 、:::リl:::l',:::,ィ',:::::|::::::|::::::;
         |:::::::::|::{ /`ヽ   VIl:/ VI }::::|::::::|:::::::!
         |:::::::::|,ィ芹心     芹心∨::::::|:::::::!
         |:::::::::ハ弋z(ソ     弋z)ソ l::::::: !::::::{   するとわずか30分しか経っていないにもかかわらず、
       ,:::::::::{::, /// , /// !::::::,イ:::::,
        ,::::::::八             |::::::i:::::::{    女性は男性に向かってプロポーズをしていたのです。
        〉,:::::::{::::>  ._ ^ _,. <::: !:::::,::::::::l
          {:::',::::::!::::::::::r┴ 、,..-┴!:::::: !::::,::::::::::!
         /'´ 、::::l ̄ ̄ 、 ||  _ノ  ̄|:::/`ヽ:::::,
      /    ヽj r777///{/}-///ヽl::/    ,:::.
      ,     l ∨/////ハ//////'/    、:.
      〈     / l∨///   、///∧     ,:
       ヽ     {  ー`´――――`´ }    /::.



              , n / ̄ ̄\ .n
           . / / j.´_ノ  ヽ、u'l lヽ、
           /,イ / (○)(○) .l i i i
            〈 .r {u (__人__) .i. } } 〉    面食らった男性は彼女に言いました。
          ', i.  ',   ` ⌒´ /   /
           .i   l.      ,'  ./     「おいおい僕たち、たった30分前に会ったばかりじゃないか?」
         .  ヽ、_.イ、.    人 ノ
             ヽ     〈_ノ ノ
              |     ./
               |    .   |

310本棚のやる夫さん2012/03/31(土) 23:20:32 ID:cHvi6ip6

          (⊃ ̄ ̄\
        (⊃   _ノ  \
       (⊃   ( ●)(●)
        |     (__人__)
        |     ` ⌒´ノ     「どうしてそこまで確かなことが言えるんだい?
          |         } \
        /ヽ       }  \   お互いのことを何も知らないだろう?」
      /   ヽ、____ノ     )
     /        .   | _/
    |         / ̄ ̄(_)
     \   \ /| JJJ (
      \  /   /⊂_)



     l:::|::::::::::::::::::::::::::::::::::、::::::::::::}::::::|:l|::::::::::::::::::::::::::ト.
     |:::|:::::::::::::|::::::::ハ:::::::N:::::::::::ハ:斗七::アヽ:|l:::::::::|:l
     |:::|:::::::::::::|_l::斗チ::升 ヽ::::/  ∨-‐∨  Y:::::::::|:|
     |:::|:::::::::::::|∧/ |/-l- 、∨    rf爪笊刈l:::::::::|:l
    ∨:::::::::::::l rf芥笊圷       弋廴ソ ||:::::::::リ
      ‘,:::::::::::::ト、  V廴ツ       ///ヽ|l:::::::::|   すると女性は答えました。
        、:::::::::|ヒヘ ///ヽ    '        ノ|:::::::::|
        l::::::::|`ー'、        , -   ....:::::::|:::::::::|   「それは間違ってるわ。」
        |::::::::|:::::::::>- __      イ__:::::::::|:::::::::|
       l::::::::|::::::::::::::::::::rf_」_  ̄ _}ノノ}::::::l:::::::∧
      ∧::::‘,::::::::::::::::::::〉 ̄ ̄`Y´ ̄ ̄ (__::/::::::∧:ヽ、
      /::∧::::<工工二 -- 、_人_ -─‐-/::::::/ー─- 、
      /::/ }:::::::〔::.::.::.::.::.::.::.::.::.{::.::.::.}:-:、:::.::/::::::/.::.:〕  ハ

311本棚のやる夫さん2012/03/31(土) 23:20:48 ID:cHvi6ip6

 ┏──────────────────────┓
  |             _                      |
  |           ,r´===ヽ                     |
  |            !l|从ハノリ!|    ∧_∧          |
  |     ┌─┐  |リ、゚ ー ゚ノl|   //(・ー・)ヽ.  ┌─┐   |
  |     └┬┘ ノノ/〉央!〈ヘ  /ノ ( uu ) ヽ) └┬┘   |
  | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
  | |          INCUBATOR BANK              ||
  | |器器器器器器器器器器器器器器器器器器器器器器||
 ┗──────────────────────┛
        /::::::x-―……―- 、::::.
          /:::::;∠=-―……―-=..ヽ::.
.        ,':::::/:::::::://::::/|::::::::::::/::::::::::::i    /)
.       .:::::/::::::::/ i::::/ .l:::/i:::/}:|ヾ:::::::|   //
      i:::::i:::::::::|`゙'< |/ :|/,.斗く:!:::::l  ./  'ヽ
      |:::::l:::::::::f芹芋㍉   f'芥圷::::|  |   /
       l ::::|:::::::├ー┘    └┴ l ::::l. /"⌒ヽ.  「私は5年もあなたが口座を持つ銀行に勤めてたのよ。」
.      l::::::|:::::::::| ///   ' /// .|:::::| /    }
.       /::::::ハ::::::::ト    (7  ,.ィ:l::::::/'゙⌒ヽ、_/
      /::::::::::∧:::::∨::≧=‐-‐≦:::::l::|:::/     /
.     /:::::::::::::::/⌒¨¨ヽ_<:水:>`ヽ/    /
    /:::::::::::::::/       `'ー-==='′   /



                     ..-‐:::::::::::::::::‐-...
               ,...:::´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
               /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..
             /:::::::::::::::::::________:::::ヽ::::::::::.
              .' ::::::::/:/´_________`\;:::',::::.
.          ′:i:::::|//´:::::::::/::::i、::::::::::::`\}! ::i:::::.
          i::::::|:::::|´::,::::::/:::/'!::::| \::::i::::::::::|:::::|::::i
          |::::::|:::::|::/:::::/:::j, { ::|   }:::|、::::::|:::::|::::|
          |:::i::|:::::|ハ::::/_ノ| ‘ ::! `ト、| ヽ::::|:::::|::::|
          ∨::|:::::| V´ ヽ{  ヽj   ∨` Ⅵ:::::|::::|
          |::::|:::::|,伐旡テ       ,伐旡テ|:::::!)::{     「あなたのことで知らなきゃいけないことは、
          |::::|:::::| xxxx.    ,    xxxx. |::r〈\:.
          j::::|:::::ハ                  j::{⊂ニヽ     他に何ひとつないわ」
           ,:::∧::::人    ` ー-‐ ´   .イ::/`>‐_ヘ
            ム‐‐|:::::::| |> .    . <, }|::::{ `7  〉
         /   |:::::::| || {. ヽ_≧≦_ノ / ノ!:::l! /   /::.
.          ,|    |i::::::|厂 ̄`ヽ`}{´/´ ̄`|::/}    /}ヽ::.
         /:j    i八::::|     〔ニ〕    |::{'j___'_∧. j::.
       ,::/'    |. ヽj      ノ八\.   |ノ|     } \
      ,:〈     }   {______//___ヽ. \__丿 |_____∧  〉
       /:::,ヽ    i'      〈_/    ‘,_〉   ヘ'^^^^^´‘./:::.
     {:::/::::}`ー= {                  ‘.    ‘.::::}

312本棚のやる夫さん2012/03/31(土) 23:21:01 ID:cHvi6ip6
元ネタ
48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/03/01(木) 11:20:23.35 ID:DMq/IaSg0
とあるカントリークラブのパーティにやってきた若い男性が、ある魅力的な女性を紹介されました。
女性は男性のことをたいそう気にいったのか、いきなり親しげにして男性を褒め出しました。
男性はその女性を気に入りましたが、事の進み具合の速さに戸惑ってしまいました。
するとわずか30分しか経っていないにもかかわらず、女性は男性に向かってプロポーズをしていたのです。
面食らった男性は彼女に言いました。
「おいおい僕たち、たった30分前に会ったばかりじゃないか?どうしてそこまで確かなことが言えるんだい?お互いのことを何も知らないだろう?」
すると女性は答えました。
「それは間違ってるわ。私は5年もあなたが口座を持つ銀行に勤めてたのよ。あなたのことで知らなきゃいけないことは、他に何ひとつないわ」

313本棚のやる夫さん2012/03/31(土) 23:22:43 ID:ZBOQxQxI
金は全て私が握ってるんだぞってか
おツ。

314本棚のやる夫さん2012/03/31(土) 23:22:44 ID:LBVorAXU
それは男にほれたのか口座にほれたのか

乙です

318本棚のやる夫さん2012/03/31(土) 23:36:20 ID:WBroNQJQ
これ口座残高だけじゃなくって勤務先とかクレカの引き落とし額まで把握してるって意味なんだろうな
こええよw

320本棚のやる夫さん2012/03/31(土) 23:39:31 ID:uApiRkWk
嫁でもない人に財布の紐を握られていたでござる乙

関連記事
[ 2020/10/25 21:22 ] オリジナル やる夫でコピペ | TB(-) | CM(0)



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する