やる夫でコピペ 第1640話 俺んちは田舎で、子供の頃から絶対入るなと言われていた部屋があった

目次

965 : 本棚のやる夫さん : 2012/07/29(日) 03:22:57 ID:AgOyW17k

        . .. : .. .. .::::ノ 
⌒ヽ         '⌒ヽ 
  .:ノ⌒ヽ     .. .: ..::::::::)     ||` 、 
    . .::ノ.:....        ⌒ヽ     ||   ` ‐-ゞ'; 
       .. .:::'⌒   .. .....::::ノ'⌒ヽ ||    ゞゞ';ゞ';ゞ'; 
    .: :   . '⌒ヽ   .....::::::__||__  ゞ';'爻ゞ';ゞ'ゞ'; 
          ... .::ノ'⌒ヽ  /二二||二/ヽゞ';ゞ爻';ゞ';ゞ';ゞ'; 
                 |     ||  | | ゞ';ゞ';l|ゞ';爻ゞ'iゞ'; 
__.. -‐=…. .  .: .: ̄:: .. ` …=‐亠x.」 |   |li:l!ゞ';il!ゞ';ゞ'; 
;" ' " ;" ' " ;" ' " ;" ' " ;" ' " ;" ' "ノ川"_..ィf 
;"  ' " ;"  ' " ;"  ' " ;"  ' " ;" , ' "  _.'ィ'i"i :l:'′   俺んちは田舎で、子供の頃から絶対入るなと言われていた部屋があった。 
; " ' " ;" ' " ;" ' " ;" ' " ;" ' " " ..ィi"´」  .:レ'l/′ 
;" ' ";" ' ";" ' ";" ' ";" ' ";" ' ".. ィ "´!´..:|'爻r'」´!.,:′. : 
;" ' ";" ' ";" ' ";" ' ";" ' _..,ti  :l| ゞ';"´!:.爻:. , '′ 
;" ' ";" ' ";" ' ";" _.. -'"i! :| :| .t!'"| .:|..:」::...爻ゞ'; 
;"';..    .";" _ .イ" l|  :l| 」.t''"「.:l| i,i´:l!.:ゞ';′ 
..  ;... ._...ィi   :|! :l| _..:'!´ :l| l!..''t":|..}/ル′. : 


        |┃ 
        |┃  ____ 
        |┃/⌒  ⌒\ 
        |┃ (―)  (―)\     入るなと言われれば入りたくなるのが人情ってもんで、 
  ───|┃⌒(__人__)⌒:::::\ 
        |┃           |     俺は中学生の頃こっそり入ってみた。 
        |┃          / 
        |┃         \ 
        |┃           \ 



====‐|| || ニニニニニニ____________ 
' ̄ ̄ ̄||| | ┏━┯┯━┳━┯┯━┳━┯┯━┳━┯┯━┓ 
     || | ┠─┼┼─╂─┼┼─╂─┼┼─╂─┼士─┃ 
     || | ┠─┼┼─╂─┼┼─╂─┼┼─╂─┼|\, ̄■]\,    何て事は無い、普通の部屋だった。 
     || | ┠─┼┼─╂─┼┼─╂─┼┼─╂─┼||\\    \ 
、   _,,|| | ┠─┼┼─╂─┼┼─╂─┼┼─╂─┼||\l\| ̄ ̄ ̄|   変な雰囲気もないし、 
  'ヽ,/ || | ┣━┷┷━╋━┷┷━╋━┷┷━╋━┷||\l\||    | 
./″' ..|| | ┃|      ┃      |┃|      ┃    ||\l\||    |    窓からはさんさんと日光も入ってきて、何も怖くない。 
     || | ┃|      ┃      |┃|      ┃    ||\\.||    | 
     / ̄ ̄jl ━━━┻━━━━┻━━━━┻━━ヽ、| 。}||    | 
   /    /i___,,;;;;;:| ;;;          ;;;;;;\;;;;;;;;;;;;::. \|  ||    | 
. ,.∠___/ ´x  /,,,,;||__________\;;;;;;;;;;;;;.  \ ||    | 
´ || ̄ ̄ ̄||ー―‐',, ,,,,:.|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  \:::::::::::  ~  ̄ ̄ ̄


966 : 本棚のやる夫さん : 2012/07/29(日) 03:23:11 ID:AgOyW17k

     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \      なんだ、ただ単に部屋を散らかされるのが嫌で
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /      あんな事言ってたのか、と思い拍子抜け。
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


            .____  .,-'"~"'ヽ
           ./⌒  ⌒\./  。○)
         ./ (ー) (ー.ノ     /     退屈ということもあって、その場で眠ってしまった。
           .|   (__人___く___,ノ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ー―--‐一'" ̄ ̄ ̄ ̄


            ____
          /      \
         /─   ─   \
       / (●) (●)     \
       |   (__人__)      |
       \   ` ⌒´    _/
        / l        ヽ      それでも金縛りにも全然あわないし、数時間昼寝して起きた。
.       / /l       丶 .l
       / / l        } l      寝てるときも起きてるときも怪奇現象一切無し。やっぱり全然怖くない。
     /ユ¨‐‐- 、_     l !
  _ /   ` ヽ__  `-   {し|       入るなと言われてた部屋だから、怖いのを期待してたのに・・・
 /          `ヽ }/
            / //
  ,,, __ ___ _/ /_/

967本棚のやる夫さん2012/07/29(日) 03:23:28 ID:AgOyW17k

        ____________
      /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
      |::|三三三三三三丁三三三三三三|::|
      |::|::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::|::|
      |::|::::::::::::::r=z:::::::::::::|::::::::::::::r=z:::::::::::::|::|
      |::|============个============|::|
      |::|::::::::::::::r=z:::____ ::::::r=z:::::::::::::|::|   部屋を出るときに、何気なく部屋にあった
      |::|:::::::::::::::::::/:::    \::::::::::::::::::::::|::|
      |::|=====/::::::::::     \:======|::|   タンスの引き出しを開けたら、
      |::|::::::::/::::::::::         \ ::::::::::|::|
      |::|::::::::|:::::::::::::::          |:::::::::::|::|
      |::|=/⌒:::::::::      ⌒ヽ/ ====|::|
      |::|/::::::::::::           \:::::::::::|::|
      |:/:::::::::::::            \ ヽ:::::::|::|



              |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;|;;;;;;l ゙!;;;;;;;|| ||;;;;;;;;;;;;'.l.,|;;;;;;l:リ‐;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
                 |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;!;;;;;」-|;;;;;」 l |;;;;;;;;;;ノ|;;;;,,レ'  ゙ヾ|;;;|;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;|
                  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|_,ィ'"  `ヾ    ̄  ̄   { o●  };;;;|;;;;;;;;;ト;;;;;;;;|
              |;;;;;;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;||i o●  }          ヾ、,___.ィ|;;;;;|;;!;;;;|リ;;;;;;;;|
                |;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;|代 ,   ,,ノ             ||;;;|;|;;;;;;;トリ;;;;;;;|
             |;;;;;!;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;|l   ̄              |.|;;|;;|';;;;;レ';;;;;;;;;|
             |;;;;;|;;;;;;;;!;;;;;;;;;!;t|        ` ´      | |;;|;リ|;;;;|;;;;;;;;;;;;|
              |;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;|'.、                 ! .゙゙ノ`‐;;;;;;;;;;;;;;;;|
                 /.::::::::`ヽ;;;;;;;|;;|`ィゝ、             ., イ;;;;;;|;;;;;i::_,:ィ'"´
             .′:::::::}::::::::::.、:;|:;|;;:;:;:;:;ハ丶、.       ,,ィイ|;;;;;; ;;;;;|;イi
               jルi::::,ハノi|::::}` |;;|:;:;;;:;:;:;ハ::::::``:::::‐‐:::´´::::::::|;;;; ;;;イi
                 |人{:::::::jルノ   |∧;;;;レヘノ.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ィハ
               `コヽ从、     く\\ `ヽ、.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ //`ヽ、
              く}ニニニ{7、
                 /:|     i'::::i
              /.:│     |:::人
           /..:::::|____ji:::::...\
            .′.:::::7ニニニニ{ハ、:.:...{       和風の人形(雛人形を小さくしたような感じ)が一体だけ入ってた。
.            {..::j.:::::{     } \:....\
              ヽ .:::/|  -r  :|   ヽ:.:....ヽ    人形が入っている引き出しはそれだけで、
.             }:/ :|     |     ;:.:.:.:...}
.            ノ.′│    :|     {:.:.:.:..{     他の引き出しには普通に着物とかが入ってた。
            〈/   |   .:::|     `⌒^
                i;...._,.:.::::i           こえぇええと思った。
                !  }:.:.::|
                 :   .:.;
                 ;     ,
               {    :{
                  {辷_j___彡
               辷}コ}

968本棚のやる夫さん2012/07/29(日) 03:23:41 ID:AgOyW17k

                 rr=ォ __ ____. rr=.ォ
               __. ィ|l.´: : : : : : : : : : : : : : |ilー!} 、
               `ア.: ::|l/ : ll : : : : : : : : : : : 乂: : : : \
                /: : :/:/ : :八 : : ト、 : :ト、 ヽ: : |: : : : : : :\
           ー イ: ー=彳:'yレ  \: l `、| `、i: : |: |: :j: ::ト、: :ヽ
              |: : : :l l:/  ||||   ヽ!  |||| \l iレく : :l: : l⌒
              |: : : :|:i:|   ||||       ||||  |i: :リ }: :ハ: :j
              |ハ: :人:.、'''"      __     '''"|i 厶イ.:/ }/    後になって(人形の話とかはせずに)
             }/  ヽl`/)ー ‐z┬yz‐‐‐‐ '|/  .|/
                  (  ) r'7l:::V:::::l`ヽ            ばあちゃんに聞いてみたら、
                    厂∨ { `l介「 }  〉
                〈__ 〉,j      .i. {
                     \_ノ.〉     ト 人



     ,, ―‐-‐‐、             _
  _,-|》《|} ,   、 《|}、            .ノ 、 、
 ,イ , l/ノレハ/ハヽ〉ヾ、 ───   ● ●) l     なんでもあの部屋は親父の妹さん、
 ノ,/ /(| | ┃ ┃ ||ハヾ、 ─┬─  (人__) |
 ´ル/ハ| |、'' ヮ''ノリvV`   │    ヽ    ノ     つまり俺から見ると叔母さんに当たる人の部屋だったらしい。
              ┌───┴──┐
              │__       , -‐―‐‐-、
  ○  ───   /|     /   ,  ヘ  ヽ、     タンスの中の物も全て叔母さんの物。
  ┼  ─┬─ ○         l  i レ'ハノハN |
        │              |j | | ┃ ┃ | |      といっても、もう当時からも30何年も前の話。
      -  - 、        'ハvN ''' ‐ ''ノN!
    / (● ●)ヽ
    ゝ(_人_) ノ

969本棚のやる夫さん2012/07/29(日) 03:23:57 ID:AgOyW17k

                         ┌ ┐
       _ ,, ..      --──────┴ ┴--     .. ,, ___
    メ^.;⌒メ、─── r¬;:..、_ ────────────┬‐ァ'
 r ツ.;:.;.;.;.;.;:;.;::ヾ┬─.ム;.;.:.;;::;..{ ─┬─┬─┐  ┌─┬┬┐ |≦_
 y';;:.;.:;.:.;.;:.;.:;;;.:.} ||rf.;;`;::;:;;:;:;:;;::;、─┴─┴─┴┐|//├┼┤ |==ァ'
 ! :;;:;:;;;:;:;;::;:;ミY⌒ソ;;:;:;;;:::;:;::;:;:f⌒ n _____,!_└─┴┴┘ |爪      家を今の状態に建て替えたのは、
(;;;;:;;:;:;:;:;;;;;:;:::;:;シ'(;;:;;:;::;:;:;;;:;;;:;:;:じiノ;;l 二二二二二二} ======== | |リ
 Y.:;:;;;::;:;;;:;:;:;f   ヾ;:;;:;;;:;;:;;::;;::;;::;;:Y   __   | r=======、 :| |      両親が結婚してすぐのことで、
 j ;;;:::;;::;;;:;:;;;;:}  || Y;;:;:;;:;:;;:;:;;:;;:;.メ __  |: : : : |  | ||十i十i十|| | |
==========================| | | : : 0|  |r────i≦千!     将来子供が(まあ俺のことなんだが)
lミ||ミ||ミ||ミ||ミ||ミ||ミ||ミ||ミ||ミ||ミ|| |i三三丁三三| に二コ   |   | |_
トミ [二二二二二二二二二] ミ||ミ|| |i三三丁三三|   _r;;:: .:,, |   | |;;;)     出来たときのために、二世帯住宅化したわけだ。
lミ||ミ||ミ||ミ||ミ||ミ||ミ||ミ||ミ||ミ||ミ|| |i三三丁三三| (;;;;:;:(:;;:;::;:;:);)| |二
==========================| |────‐ └下ミ( ;;:(::;:;;);;;)) |
  ̄「 ̄ ̄「 ̄ ̄「 ̄ ̄「 ̄ ̄「 ̄| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\トミr=====t| |\
「 ̄ ̄「 ̄ ̄「 ̄ ̄「 ̄ ̄「 ̄ ̄「 | |二二二二二二二ト、|工工工| |


====‐|| || ニニニニニニ____________
' ̄ ̄ ̄||| | ┏━┯┯━┳━┯┯━┳━┯┯━┳━┯┯━┓
     || | ┠─┼┼─╂─┼┼─╂─┼┼─╂─┼士─┃
     || | ┠─┼┼─╂─┼┼─╂─┼┼─╂─┼|\, ̄■]\,
     || | ┠─┼┼─╂─┼┼─╂─┼┼─╂─┼||\\    \     で、その時に、少し庭を潰して
、   _,,|| | ┠─┼┼─╂─┼┼─╂─┼┼─╂─┼||\l\| ̄ ̄ ̄|
  'ヽ,/ || | ┣━┷┷━╋━┷┷━╋━┷┷━╋━┷||\l\||    |     増築したのがまずかったらしい。
./″' ..|| | ┃|      ┃      |┃|      ┃    ||\l\||    |
     || | ┃|      ┃      |┃|      ┃    ||\\.||    |     その増築したところに建っているのが
     / ̄ ̄jl ━━━┻━━━━┻━━━━┻━━ヽ、| 。}||    |
   /    /i___,,;;;;;:| ;;;          ;;;;;;\;;;;;;;;;;;;::. \|  ||    |     『入ってはいけない部屋』。
. ,.∠___/ ´x  /,,,,;||__________\;;;;;;;;;;;;;.  \ ||    |
´ || ̄ ̄ ̄||ー―‐',, ,,,,:.|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  \:::::::::::  ~  ̄ ̄ ̄


            ___
            /:ト、.:.:.:.:`.:.、
           /.:.:.:.{.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,    つまり叔母さんの部屋だったんだが、
.          /.:.:.:.:;A、.:{.:.:ト、:}.:.:.;
        {.:.:ヽ{ィc{ `Vcト}.:.:.:.!    どうも家を新しくしてから叔母さんの様子がおかしくなった。
        j|.:.:|{ ∪ , ∪}.:.:.:.}
        リ!込_  -  从:ハ}.    まず最初は、部屋で寝たくないと言うようになったらしい。
         从少j = 1《Ⅳ.
        r<´i:|、  .,|i:i:i>ュ

970本棚のやる夫さん2012/07/29(日) 03:24:10 ID:AgOyW17k

               _____
          \   r'´ ̄ , -‐―‐‐-、  ̄`、::.   ___
   l} 、::       \ヘ,___,,ノ   ヘ  、ヽヽ___/:::::..__|【3:00】|___________
   |l  \::      | |   i レ'ハVハi| |!   .|、:..  |[], _ .|:[ニ]:::::
   |l'-,、イ\:   | |   | | ┃ ┃| |    |:::..  ヘ ̄ ̄,/:::(__)::
   |l  ´ヽ,ノ:   | |   N、 '' - ''ノN゙    .l、:::.     ̄ ̄::::::::::::::::
   |l    | :|    | |,r'",´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ、l:::::
   |l.,\\| :|    | ,'        :::::...  ..::ll::::
   |l    | :|    | |         :::::::... . .:::|l:::.    叔母さんの話によると、新しい部屋で寝るようになってから、
   |l__,,| :|    | |         ::::....  ..:::|l::::
   |l ̄`~~| :|    | |              |l::::    どんなに熟睡していても、夜中の3時になると決まって
   |l    | :|    | |              |l::::
   |l    | :|    | |   ''"´         |l::::    目が覚めるようになったらしい。
   |l \\[]:|    | |              |l::::
   |l   ィ'´~ヽ  | |           ``'   |l::::
   |l-''´ヽ,/::   | |   ''"´         |l::::
   |l  /::      | \,'´____..:::::::::::::::_`l__,イ::::


       .  ' "´ ̄ ` : 、
      /::::::::::::::::::::::::::ヽ:`:、
     /:::::,::::::,:::::::、:::::::、:::ヾ:::::.
.    l:,f::i|,:::::|_::::::||_:::::i|:::::i:::::|
    |:::|::::| ニ三ニ三ニ |::::::|:::::|      そして、目を開けると消したはずの電気が点いてて、
    ´ |::::|≡=≡=≡=|_:::::|:::::|
      ´ iヽ、_     _,.|,`|/|,:!       枕元におかっぱの女の子が座って居るんだって。
.         γl/'/ `1
.          イ〃'  ィ|
         /i┴i┬|/|         そして、不思議なことに、煌々と点いた灯りの下で、
.         //!77!/   l'i
         /ェf_rェ`゙>, /ヤ        女の子の顔だけが真っ黒になっていて見えない。
       //:,:'//;:':/:::Y   ゙._
      r_|i::|:|:!:|:l::::r-‐ト、_  ヾ.
        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´


              ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,__
           ,,,,,/|圭圭圭圭圭圭圭圭|㍍\
          /圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭||℡〟
         /圭圭圭圭圭圭圭|圭圭圭圭圭圭圭圭\
       /|圭圭圭圭圭圭圭圭||圭圭圭圭圭圭圭圭℡
      /||圭圭圭圭||圭圭圭圭| |圭圭圭|圭圭圭圭|||℡
      |||圭圭||圭圭|| |圭圭 ||圭 ||| | 圭|| |圭圭圭圭圭℡
     ||圭圭圭㌢ ”          ”’’〝圭||圭圭圭||℡
     ||圭圭圭㌢                     ||圭圭圭圭|||
    ||圭圭圭㌻                      ||圭圭圭圭|||
   /||圭圭圭                       .||圭圭圭圭|||    でも、何故か叔母さんには解ったらしい。
    |||圭 圭                   | |圭圭圭圭|”
.    У圭 圭||                        ||圭圭圭|圭     笑ってるって。
   / 圭 圭 |                        ||'|圭/  |圭|
.     |圭 :||; |                    .;|’圭/  ,|圭;
.     | ”|圭|| ‘                   /”;||   /|| ‘ヽ
.         ||`℡        />         ’ ,:\  ,,/圭|
         | |”\    、_   ,       ,;/圭圭圭圭
          ”|\    二´´      /||圭圭|/”'圭|
             |ヽ...     __...-'"´ У” ”У  ‘ ヽ
            /  `"""" ̄/

971本棚のやる夫さん2012/07/29(日) 03:24:27 ID:AgOyW17k

   /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : }: : : : : : : : : ヽ
  ,       . . . .|. . : : : : : : : : : :ト、 : : : : : |: : :丶
  i: : : : : : : : : : : :|: : : : : : : : : : 〃 \: : : 」_: : :ト、、
  |: : : : : : : : : : : :|: : : : : |: : : :/    \.:.:| : : :| \
  l: : : : : : : |: : : : |: : : : : |: : :厶イ    ,.斗y : |
  l: : : : : : : |: : : : |: : : : : |: :/      ´ r'} N:.:|      そんなことが1週間くらい続いた。
  ∧.:.: : : : : |: : : : |: : : : : | / _,x≪      り |:.Ν
 / ゙; |: : : : :|: : : : |: : : : : |〆_)、_リ     .:.:j: |       叔母さんは頭の良いしっかりした人で、
   从: : : : |: : : :! : : : :| 弋_ノ    丶 イ:/
     \: 八:ヽ : :゙; : : :八  :.:.:    , /::从        最初はみんなに気味の悪い思いをさせたくない、と黙っていたんだけど、
      \|\ \:\ : : ヘ、_   ´ くヽ}イ、
         〕\{\{\: :',   ヾ爪 /:}  }        もう限界と、じいちゃんに言ったらしいんだ。
        /≧=‐-``.._\',  ノ_jr'ヾ:.:.:|  ヽ
       /             ヽ 「:.:.:ゝく:.:./    〉



         / ̄ ̄\
       / ヽ、. _ノ \
       |  (●)(●) |             だけどじいちゃんは、
       |  (__人__) |
          |   ` ⌒´  |             「嫁にも行かんで家に住まわせて貰っているくせに、
        |        }
        ヽ       }              この大事な時期(親父とお袋のこと)にふざけたこと言うな。
        人_____ノ"⌒ヽ
      /           \         出て行きたいなら出て行け」
     /            へ  \
     (  ヽγ⌒)     |  \   \      と突っぱねた。
  ̄ ̄ ̄\__/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           {;;;;;;;}
            L;;;;」

972本棚のやる夫さん2012/07/29(日) 03:24:44 ID:AgOyW17k

       k , .-‐―-、   ,ィ
    __ΜУ      `ヽΜト、
  /   |/          く  \
 イ   /イ  / 斗  廴_ \ }  ト\
  |     | | | 仏|/\| 斥\|||  !
  И /从||/ r'}   r'}`ヽ||ヲ\|
   レ′   |ゝ.   _   . イリ   リ     それから半月くらい経って、ばあちゃんふと叔母さんの話を思い出した。
      / ̄ _|〕F?瞠7〔|_ ̄ヽ
      {  \ィ介、 /   }
      \  〈〃||∨〉 /
          〕  |   |  〔


      /: : : : :/: : : : : : : :/: : : : /l: :ヘ: : :',: : : ヘ
.      /: : : : :/: : : : : : : : :}: : : :./|:l\:.ヽ: :l: : : : :\
     }: : : : :,': : : : : : : : : :|:..:..:/__i:|  ヽ\j_: : :l: :.ト.\
     |: : : : l: : :.:.i: : : : : : |:..:./⌒l:|   ヽ:..\:.:i: : } `ヽ
     |: : : : |: : :.:.|: : : : : : |:./ ,x=:リ     ,ィぅ、i: :.|
     |: : : : |: : :.:.|: : : : : : |ィf)うハ       jr'::} l: :.|
      リ: :i: :.|:.:. : :|'^|: : :l: :| .トr':::i      ヒシ l: :.|    近頃は叔母さん何も言わなくなったし、
    /}: :|: :.|:.:. : :|ヘl: : :l: :| 弋ツ      ´、、.}:.:.| 
   /八: i::八:.:. : ト、}: : :l: :| 、、、、     ′ 八:.|    一日中妙に優しい顔でにこにこしていたから、
      i人:.:.:ヽ:..:.',∧:.:.l:八       ー  '  .ィ:./ }:|
        \:.:\:.ヽ',:.:V:∧ 、       / j:/ iリ
         ヽト.\∧:.V、:',  ≧  ´   ノ
            / ̄ \!ヽ\-、ノ
             /    丶    `l



        ヽ/´ ̄\ /.:.:.::>-}.., -‐ / ̄ /`ヽ
.         ∨.:./:.:.:.:..:∨.:.:/:.:.:.:/:.∧/ / i  i i i i\
.           ∨.:.|l.:l.:l..:.:∨.:.:.:/:.:.:i:.:.i i  i  l iリルハi
.           |.:i.:|l.:l.:l.:.i`!.:.:.:/.:/:∧::l l  l  l / リー.
            リ.:i.:|l.:l.:l.:.|.:!.:.::.:/芹 /iリ !-キ !i彡'   !       もう新しい家にも慣れて
           iハ:|/リノリ〈|.:.:i/,,`゚ 冫 il| /∧ !''   ̄ |
           〈'ⅥⅣ// `|.:.:|   ー∧ iilli//川从ーr<"       変な夢も見なくなったんだろう、
          / __i//`丶∧:.!≧ー'  )ルル'⌒{`ー=彡へ__
.            // ヽ/≧介ハ ̄ ̄ ̄/   \{//恭ミ \     くらいに考えて、叔母さんに聞いてみたんだ。
.         彡'   マド/__〉\,,、,,,./     }`ー' 介   i
         {       ∨//}〉  },,";∨     ノ、   ii」  ∧
         .\__   }i/ / /リ";゜;{ -==く      /  i
.            〈ニニ=彳     〉";゜i   /∨       i
          i   /      ',:..''゚/   /;";∨       ノ

973本棚のやる夫さん2012/07/29(日) 03:24:57 ID:AgOyW17k

                /..:...:... : :   :  :: :  : ::. :.:. : : :.:.: :.:i
             /...::.:.!..:: .:.{::.:.:.:\ : : : : : : : : ::: ::.:. : ::: .:.:.:!
              ;′.:.:.:l ::iト、:ヽ.:.:.:.:.:.ヽ: : : : ::.: ::. : i : : : : : : ::|
.            i .. :.:.l ::il ∨ \:..:.:.:}ーヘ、:l::.::.:.:..!ー- 、: : : :|   そしたら叔母さん、にこにこしたまま、
.            | :.. :.:.:i ::i| -‐   \ノ    `1::.::.::::ト辷ラ': :.:.: |
             l :..:.:.:.: ::i|       y==ミ::.::.::i:|⌒ヽ: : : : :j    「ううん。でももう慣れたよ。
.             l :.i:.:.!:.jj z=ミ         :.::.::j:!   } : :.../
             : :|:.:.! {{´            }::.::.リ-‐ァ': .: /    最初は一人だったんだけどね、
               : :.l:.:.i::ii   ′     /,..二. ヽ /::. : :../
                Ⅵ:.:j:.:ぃ     rr‐=¬    } l::.::/: {/     どんどん増えていってる。
               |∧:.:ヽ>   `ー‐'´ <厂` ∨::从
                ヽ:. }、: : :.:`7E丘{i r'′    V__ _      みんなでずっとあたしのこと見下ろしてるんだ」
                /}ノ >ー' 、__」」 |      V¬|
.               /    }    {  ーヘ      VY!
              /     {  : : : : :>、  ヽ     ∧ |




   /                       }ノ     ===zx      |    }    /
.  /                                 ////`ヽ    |    /   /
  ′                            / ///////}ハ.  |       /
  ,                             //////////  |  |  .′  .′
                                /////// ′ |  |  /   /
  {                 '           {     ∨   }  }/ }  ,
  |_               、            八  __  /  /     /  /
  | \         /    \                __  ´      〃  ′
  |///|ヽ.        {      \                      //  /    そう言って「あはははは」と、
  |///|  \      、                             //  /
  |///}   ヽ      \   __ ノ                   /厶イ ノ    普段は物静かな人だったという叔母さんには、
ヽ.{`ヽノ__    \                             /  ノ/} /
|    ¨¨ヽ__    \__                        ∠==一'  //      とうてい似つかわしくない笑い声を上げたらしい。
}         、__                        /       ′
{         `ヽ`Y´二二ニニ¨¨ ̄ ¨¨ 7==z ┬―一<__   -――7
{          / / /          //    }///}            /
.∧         / / /            / ′   ′//         ′
 ∧       / / /         /  /    ////        /
.  ∧     / / /           /  〃    ////        /

974本棚のやる夫さん2012/07/29(日) 03:25:10 ID:AgOyW17k

____      (___)   ☆     ☆
    ☆  )               /  ̄ヽ
        ̄)  。           ヽ_ ノ        たぶん、叔母さんのその話が本当だったにせよ、
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄      /\         。
            /    \  ☆             夢や幻覚のたぐいだったにせよ、
            /       \        ___
      。  /     _ _    \    /        この頃にはもう手遅れだったんだろう。
        ̄|    |_|_|    | ̄  /
 ̄ ̄ ̄|    .|    |_|_|    |_     ̄|    田
  田  |/ ̄ ̄            ´`~~´



     /             }    ヽ 、 、 ヽ、  ヽ\
      l             |     ト、 \ \  \  ト、\
      |   i     i i  {  lト.    l 、」__}__、_L.__::l:i |  i^\
      |   | i   | | ∧ | ,\   |  ヽ|___\ト、.:|:|::.i |
      |   | |   | | 〃ハ/  、 l   ´|ィァ≪ミ、 |:::ト. |
      |   | |   | |厶イト(-‐  ヽ|   ゞtィソ_.;: メ:::| ヽ|    叔母さんの部屋の隣は、じいちゃんとばあちゃんの部屋だったんだが、
    八  |   |X{   ´x≪´  |     ̄ ̄ / Ⅵト、 
    /イ 〃 .: . . : .: :∧ ィ込ィン.:′    、  " "  八: ハ    その日ばあちゃん、真夜中に隣から「ざっ、ざっ、ざっ、ざっ」って、
.   / | l| : :: :| i__'、::〃ゞ'彡´           .イ|: :l: :||
     | ||  : :| | rハ 、ヘ " "      , ,   /、Ν>、||    穴を掘るみたいな音がして起こされた。
     | |V  : :| ト、ヾ'. Y}ゞ、        /Yイノ |   \
     Ⅵ乂/ !|| >| |(>────.::イ  ト、 )    l | \
     \/}: : |ヾ/  | | > 、    __ ___ノ八     | |   ト、
        /\: :l /\ Ⅵ\て>⌒ヽ __.ノ>ノ  }    | |   | \

975本棚のやる夫さん2012/07/29(日) 03:25:22 ID:AgOyW17k

                          .- … - .
                       ,.イ:..:..:..:..:..:..:..:..:..:`:..、
                      ,..'..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:.‘,
                     ,:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:',
  ‐‐''" ̄´゛                   l:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..l
                       :..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:. l '''ー、,,,,_、         叔母さんの部屋に行ってみると、
      '''"     ._..... -'''"`゙´ l:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..: 从      ̄ ゙̄'― 、
        _..r'",゙` ,  、 .     从:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..ハ:./   ./  .、 .,i   ,i    部屋の畳が引っぺがえされてる。
      ,.'"   .|  .l,  |  ! l . ! .! .ヽl、/\/ヽ/ヽ/  l.i  /  l  /., /,
   ,, ‐" .、 .'i │ |、 ! l.l, l .l、  ! .| ,ィ l´:::: ̄:::::Y ゙.! ./  / / / .//      そして、むき出しになった床下で叔母さんがうずくまって、
  . -゙ .: .l, . l 、..l .|, ||  .|.        / ∧::::::::::::::::::ヾ "." /|  .″./ ." ,//
  _.- !、 、\.ヽ..l, ヽ.l ,!.l, .l.       / ∧:::::::::::::::::::::::::ヽ  .l゙.l゙  ./    " ,/    素手で一心不乱に穴を掘ってるんだよ。
.″  ,..`'ー二,,_`' l、゙'./ ...l, .       し∧:::::::::::.::::::::::::::::::::ヽ `  ./    .,..-'  '"
 ー'"´  ./    ⌒"'― .l`'、.ヽ. \     ヽ::__::::.:::::::::::::::::,ィ¨ヽ! ,- -‐'"  / _
     .′ ,..-  ./    .\ヽ.\ `'-、 \    `ー ´  ̄      ″    '"....、
       ゛  /    .,i ,`''-,, ''ー `''ー `'               ー;;ッ←''''"
                 /  ′  .`'¬‐'''' ゙̄'―-―'''''"゙ ゙̄''―---ー'''"´., .、


                     ,
              /′   _____  /ハ
             /:/.斗=''¨: : : : :: : /:::::::::|>'゙´
              ゝ:: : : : : : : : : : :. :./::::::::::::}::::::::::
              /: :i: ト、: ヽ: :ヽ: : : \:::::::::;ノ ̄二
           /x1: 弋{ヽ`ーr:. :.',: : : : `ヽ::|: : : : : : :
              ヾ:! `~抃xl: : : lヽ: :\: :V:::`ヽ: : :
             j  |j  刈: :|'´ハ: : :刈:\:::::\
                r ´      'ヾ|ノ :ハ : : V: : \:::::
              ヽ ,.-、     ,ニ-く;ハ: :l: : :/\   「何やってるの!?」
             ハ V )         / ∨ア´x
                  ハ          ,人::::/     ばあちゃん、さすがに娘が尋常じゃないことを察して怒鳴った。
               `==ニ゙ヽ__,.斗≦/  `¨¨
                    ∧          /
                     { .∧      /}
                       / Y.       i:{
                    ,ゝ l         |:∨
            玄ヽ.     ,斗Y∨__ ____   |:.:|
            {ー  \_/  { ∨┐r-=ニY二

976本棚のやる夫さん2012/07/29(日) 03:25:35 ID:AgOyW17k

三三三 三三三;;;;;;',    / ./ |  |  //i |    |   |ヽ  | }!;;;;;;;三三三三三三三
三三三三 三三;;;;;;;}     |  |  |  | /,rr―|lヽ  l、 、 .|´t-r-{!;;;;;;;三三三三三三三
三三三三三三;;;;;;;l      |  |  |  | l/ |l  `、ヽ l ヽヽ | ヾi..|{!;;;;;;;;三三三三三三三
三三三三三三;;;;;;;;}     .|  |  i  |,'l ノr=-、 ヽ ヽヽヽヽト=-| i};;;;;;;;;;;;三三三三三三三
三三三三三三;;;;;;ノ    .|  |  |、 | / r'鬱i:::::::::::::::::::::::::::r'鬱、ヽ;;;;;;;;;;;;三三三三三三三   でも、叔母さんはやめない。
三三三三三三三;;;;;ヘ    |  |  |ヽ |  { 鬱 l::::::::::::::::::::::::::ト鬱l} . .ヾ、;;;;;;;;三三三三三三三
三 三三三三三三;;;;;;;ヘ   .| .|  l |、{ 弋_リ:::::::::::::::::::::::::弋_リ  .| ,.\;;;;;;;;三三三三三三   口許には笑みさえ浮かんでいたという。
三三 三 三三三三三;;;;;\ |ヽ l  ヾ.|      ..,..,    ' ...;.;;;;;;;  ..| l ..ヾ;;;;;;;;;;三三三三三
三三 三 三三三三三三;;;;} リヽ l  ヽlゝ   .,:';. .、 _ __ ,     ,./ / /|l..{!;;;;;;;;;三三三三三
三三三三三三三三三;;;;;;;{ |  ヽヽ ヽ `ヽ 、_        ,. - ' ,/ イ/ ! ,リヾ;;;;;;;;;;三三三三三
三三三三三三三三三;;;;;;;;i!   ヾiヽ r、 i  _,> 、 __ - '´|_r4 / i/ !'´   ..}!;;;;;;;三三三三三
三三三三三三三三三;;;;;;;;;;;l{     .ヽ ヾ |ヾf==ヽ、___, ,___ t==.}        .j!;;;;;;;;三三三三三
三三三三三 三三三三;;;;;;;;;;;}!    ..ヽ、 ,り     ,l|l    ,.[        .ノ;;;;;;;;;;三三三三三
三三三三三三三三三三;;;;;;;;;;;} -- '_´ノ-' ̄ ̄ヽ、__,l|l_,r,///,,`ーr=r- 、 .〃;;;;;;;;;;;;三三三三三
三三三三三三三三三三三;;;;?礒..l  |///////////,|///L,-///////`ヽ ..}!;;;;;;;;;;;;;;;三三三三三

           _
      r‐‐‐ ''"´I、`¨ヽ、
__    /   _,..'’ ゙ー!  ヘ
   ̄''''/     l}    ト   ヘ-‐'''""
     ,   \l,.、 ,---l、,  _`       しばらくして「あった……」と言って、
.    ゙、 _  \〉-'¨/   ゙:
     ,  \_  `Y´.  ,r   /  _   床下からはい出してきた叔母さんの手に握られていたのは、
`'ヽ-‐ヽ ゙ _,,,...>‐'゙>=、´_  ,}./-'
     \ 、 ,r‐<,,,_   ¨ノ/
      ヽ、_,,,...イ~` .¨´j'
          ヽ-‐‐'''""´

                   ___
                     /.::::::::`ヽ
                .′:::::::}::::::::::.、
                  jルi::::,ハノi|::::}`
                    |人{:::::::jルノ
                  `コヽ从、
                 く}ニニニ{7、
                    /:|     i'::::i
                 /.:│     |:::人
              /..:::::|____ji:::::...\
               .′.:::::7ニニニニ{ハ、:.:...{        土の中に埋まっていたとは思えないほど
                  {..::j.:::::{     } \:....\
                 ヽ .:::/|  -r  :|   ヽ:.:....ヽ     綺麗な『小さな日本人形』だった。
                   }:/ :|     |     ;:.:.:.:...}
                  ノ.′│    :|     {:.:.:.:..{
               〈/   |   .:::|     `⌒^
                   i;...._,.:.::::i
                   !  }:.:.::|
                    :   .:.;
                    ;     ,
                  {    :{
                     {辷_j___彡
                  辷}コ}

977本棚のやる夫さん2012/07/29(日) 03:25:47 ID:AgOyW17k

//////////////////// /: : : :/::ヽ/ ∨: :::|ヘ::/: : ',::ヘ///
/////////////////// /: : : :/: : :/\. ヘ: :::|/\:|: : ', :i///
////////////////// /: : : :,'{: : /r示ヘゝ ミ|xキサャ|: : :} :|///
///////////////// //|: :.i: :ヘ|<{::・:リ   f::・::カ|: : :| :|///   叔母さんはばあちゃんに人形を渡すと、
//////////////////// {: ::i: : :| ゞ-" ,  `-" .| : ,':: l///
////////////////////∧: ',: : i "  r── 、 "/|::/: :////   そのまま笑顔で壁際まで歩いていき、
////////////ト_____ ヘ∧::ヘ  ヽ_ ノ  イ: |/: ://///
////////////       "'*z__ゝ:マ> _ <WVV∧//////   ごんっ、ごんっ、ごんっ、
///____ト/      _/___|:::|_ノi^i^i┐/ ̄i////////////
./    テー───<|:|   /" ヘ_|_ノ(."マ  \///__/////    何度も何度も自分の頭を壁にぶつけだした。
{           ..:::::::<|:|   ,'   ノ  / ̄ ̄}  ̄ ∨////
.\_.     ...::::::: <|:|   i_x─-‐'´\::::::::/  .:  ∨///   ごんっ、ごんっ、ごんっ、
///// ̄ ̄ ̄ ̄  ─<:||   ∨::/__|:::| \/:|  .:::.  ∨//
/////////////////{ ̄ ̄"/:::/_二二.|:::|二_| /::::::... ∨/
////////////////.∧::::::::/:::/     |:::|     y:::::::::::.... ∨



           ,. ------ 、                l 、 ,
          /: : : : : l : : : ヽ: :ヽ    |`>/y'  ̄ ̄ ̄ ` ト l< |
.         /: : : : : : : :∧ : : : :l: : : |   .乂   A     i∨lヽ
        l: : : : : : : :/ ゙、:i、: : |l.: : |  .イ .Y .i / ヽ l   .! |  |
.        |: : : : :: : :/  ヾ| ゙、: ||: : |  | / /V   `ヽ  |   |
          |: : :ヽ: : :|       |: : |  /ィヘ. |      ヽノ .ト  ヽ   「何やってるの××(叔母さんの名前)!」
        / !: : :ヽ: : i.    '   :|: i:|   i ヽ |.        | / ノ √
.          i: l: : :l : |.        !:/N  .レ| .i   cっ  | /|/\|    ばあちゃんは慌てて止めようとしたけど、
         !!l ivヾ:ヽ 、 _ _, ィ´i/      Vヽ 、. _ ._ イ !′
             ヾi rノ---r゙-,           r ト-ァ         叔母さんはすごい力で払いのける。
          __ ,-'―-rr―'-- 、      ,..-ヽ |, -!-ι-- 、
         l´  |::::::::::::AL:::::::::/ .l__ .,  .l´|:::::::マ::::::::::/   |
        / ヽ  ヽ::_,イ l`i、_/  .| lソレi__/ i レ´l:lヽ::::::/  ___ ヽ
..     r'   |   L/:|- i:L_」  ヽ |  /  / /ι.|::l .|`(/  /

978本棚のやる夫さん2012/07/29(日) 03:26:00 ID:AgOyW17k

      /  .:l . :| : :  /: :l. : : :/| : / | :ノ: : : :〈   ヽ : :\   : : : :l:  l    l: . l
      .:  .: :| : :| :  /: : :| :ー/ -- イ:| : : : : .ヽ、 卜 ー--  : : : |;   |  _l: : l
     .  : : | : :| : :l: : :/|: /  |/   l人 : :ヽ: : : . | ヽ: : : .ヽ: : :八  |/⌒》: :|
       : : :| : :| : :|: / l/,. == 、ヽ   \: .\: : ノ ,. == 、 : :/:l: :  |/⌒》: :|;
     ;  : : ::| : :| :l:.:Ⅳ /ィl||li|l|l|           ∨ 彳||li|l|l||「\: :l.: : |_ イ.: .:|l
     l .: i .:| : :l八:.| ′{::l|li|l|li|!|              |||li|l|l||li|l|   Ⅵ .: 厂 : l: : :八
     | l .; .:| : :|.:| ∧   |ィ:::::::::::リ              |::::::::::::::リ   │ .: |⌒V.:.:.:|
    ノノl,:' .: | : :|:.|l     >=≦三三        三≧==<三三| .: |   l:.:.:.:l
    /  | .::l:;l : :|:.|l{三三三三三三        三:.   三三三三│  | . l  ノ  「何やってるんだろう?本当だ。
        ', .:: |人:l:|:从三三三三三      .i! Ξ三三三三三三三| .:,'.イ.:.:.:.:.;'
        ',::. | ::.八: :.人三三三          三三三三三三,三,三,l .:/ :/: ;∧,'   あたし、なんでこんなことやってるんだろう。
         ∨ ', : :..∨\\            _  三三三三三三,//::/ :/.:〃 /
           :. : : \ 丶:> : .       ´ ̄`三三三三Ξ, '" . / :/. :/       解らないわからないわからない……」
            丶: : : ト: : |: : : /: > 、  三三三三.イ.:/::|. : : :/ :/l :/
              \:│ヽ|ヽ:八/|   `  ー  ´  |八/:|: : :// l:/
              \ ′厂 ̄`丶  、     イ  ̄ ̄| |;/  /′
               _/        \\_//     乂



           _    ≠ヽ         r、     ,.
             {{、ヽ //j.斗 ―‐- -――-ヾト、  ,≠{{
           }} -ヾ''´             }}、ヽ〃__jj
         /У                  {{ Y \`ヽ
        -‐ァ/  /   |  |        }} j 八 \ \
     -‐= 7    /  | |  {、      l {{〃/   ヽ.\ \
    -‐ ¬'′ /  _,,.. -|  ∧  | \´ ̄、` l   /   l  \ ー一
        /,   i  |   /| ′l  |  \  \  イ    l    ト、ニ二
       ' | ∧ {  j.土{   、 |  ≠弌 、 l |      l    l      叔母さんの言葉はやがて、
       / /  / ハ≠/⌒:   \|  {   } ∨ l   l   l    l
     /∧  ヘ. 从 {  j       、_ノ |     l   l    l      意味のない笑い声の混ざった奇声に変わっていった。
     ' i ∨   { }  `ニ´  ,       -   l |     l   l    l
    i | ∧    }                l |    l   l    l      そして、ばあちゃんは聞いてしまったという。
    l /|     八      r‐ ,       l|   l   l    |
     /  |   ∧   ト、            イ |   , l   , l  ,ハ!
    '   |  /   ,   | `  .        . '{   /,   / l / l /
        | /    '.  |     `i=‐  ´   :| / j   /   j/  j/
       |′    ヽ|    j      ト</| /
                / ノ        `トr ⌒ヽ

979本棚のやる夫さん2012/07/29(日) 03:26:12 ID:AgOyW17k

            ,... -─‐- .           ,. .. -─- .. _
           /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\       /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:..、
            ,.':.:/..:..:.:.:.:.:.:.:.:.、:.:.丶    .'..:..:,.':.:.:.:.:.:..:.:.:.: .:.:..:.:.ヽ
        /.:./.:,:..ノ.::.;ハ:.::ヽ:.:j:.、:.:.ヽ /..:.:./:.;.ィ:.:.:.:,:.:ハ:.:..:.、:..:.:.i
        ,'.:./.:/i:{ i:.:リ j:.:ノj:.:ノ!;ハ:.:..i i:.:.:,イ:/r':/イ;ノ__ !:.::.:.j::.:.:.:i
          i:.:.:_;j `  ̄`' ′´ ̄  !:.:i !:.:.!´ ̄`' ´ ̄   !:.:.::.!::.:.:.:!
          !:.r'   ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;: '´!' !:.:i.;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:jハ:/ヽ:,:.:|
          |:.丶  ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; ,ノ! |:.:.! ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:  レ' ,ノ:.:i:.:!
          !.:.::i:`:、         /i:.:.| i:.:.i、          ノr:':.:.:.:.j:.:!
       j.:.:::|:.:.:i丶.. ‐=‐ ._,.ィ:.:.i:.:.| |:.:.i::iヽ `ニニ´_,. イ:j:.:.:.:.:i:.:|
         j:.::.::!.:.:.!'V、` ‐-‐ L_!:.:.i:.:.| |:.:.l:j.:.::.::>r‐ ´ / /.:.;':.:.:i:.:.i
.        j.:.::::!:.:.:| \ヽ.  〃 |::.:i::.:j |:.:.!j.:.::/ |.| / ,/:.:/:.:.::j::.:.i
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 叔母さんの笑い声に混じって、確かに子供の、しかも何人もの重なった笑い声を。
______________________________________
          {::::::|::::::::::{:::::::::|::::::::::、::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::/  ヽ::::::::::|::::::::::::::::::::ヽ::::
            、::::';:::::::::::、:::::ハ::::::::::::∨:::::::::::::::::::::::::::::::/      V:::: |::::::::::::::::::::::::V:
           \∨:::::::::ヽ{. ':::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::/         i:::::::|:::::::::::::::::::::::::|::
                 `ヽ :::::::::ハ〃アヽ:|:::::::::::::::::::::/         |::::: |:::::::::::::::::::::::::|::
                   \:::::::}    |:::::::::::::::/    ,.x===ミ. j:::::::|::::::::::::::::::::::: j::
  {^ 、           }:::`::八    、::::::::::/     '"       ,/::::;:イ::::::::::::::::::::: /::
.  \ \ f^!         /::::::::′ ヽ .イ. \::::{     ,.ィ=ニ三圷'::/ /::::::::::::::::::::, ′:
   r‐`  ,{ '.       . ′::::::{    `¨     `     /      ハ , ′:::::::::::::/:::::::;:
.  r{  ヽ'′ }___/::::::::::::::::、           ヽ.      / /::::::::::::::::/:::::::/;:
/ ``ーく._,. ィ:::::::::::::::::::::::::::::::::::: \    '        ` `¨¨´/:::::::::::::::::∠:::::::イ/
:::::::::::::::/i   ハ::::::::::::::::::::::_____\  {` ー―‐ク     ー=彡___/:/::::::::/
:::::::::::〃 !/: :∧::::::::;: : :´: : : : : : : :f′\ヽ.__/          /::::::::::/:::::::::: /
:::::::::/{_,//.: : : :∧/: : : : : : : /: : : :!: : : :|` ーr―――――‐ < ::::::::::/::::::::::::::::′
::::::/i.: .:/.: : : : : :∧: : : : : _/: : : : :!: : : :| /´  /.: : : : : : /`ヽ:: /::::::::::::::::::::{
:::::i: |.:./.: : : : : : : : :ヽ: : /  \: : : |: : :/   ,/.: : : : : : /: : : : :∨::::::::::::::::::::::::、

980本棚のやる夫さん2012/07/29(日) 03:26:25 ID:AgOyW17k

                          /    /     .∧
                         ./} /イィ{       .',
                         ./.,'゙/ト' .!∧}. ! /. .,'  .|
                          .| l. `´ |' /ヽ},' /  ,'
                      . ,.イ.!.,' , _  `´,'...,.'}. ,ィ
                      r┴‐ |ハ}ヽ `__/ /´/}/´
    __  r_‐,r‐. ,        _,.イ ̄_, -r―.'ヾ'.rく`},.'_'´}.´    叔母さんはそのまま10分以上頭を壁にぶつけ続け、
  ,´‐.' ´ ̄    '  `丶,_, < _, ' /}-`_7ヾミト-,__\`丶, .',
  ' - -- ,//`ト}-.,  _rrッ__/, 'ヽ/-....,'.......ト,.`¨..‐}\ ` ',_   最期は突然直立し、そのまま後ろ向きに倒れ込んだ。
       /  /ィ  ゙フ´) {      ,'::::::::,‐ヽ..´......../,' .'.,丶、ヽ .ヽ
      ,.'  , _ゝ'´' ,::::ヽ_.' ,    ,::::::::,'ゞヽ _, ‐ '゙/  . 〉::::`ヽ`ヽ`ヽ
     ,.'_ /くヽ.ヽ  ヾ',:::::`ー`ニニフ{|::::::::}/, く__, .〈 _, イ::::::::/ ̄ ̄
   ,.'´, ‐.'´  .'.,'., .', } ',〉:::::::::::\,{ ',}::::‐,'    /`ヽ:::::,  '´
  .,'       ',:',_} '.´ ヽ,_ヽ::::::::::ヾ,!::::::{`フ}/ ̄ _ヽ_,}´
  {     ,  '´.   _/  `くヽ::::::_,|:::::::|_ヽ{__/
  `.ー‐ ' ´


      _  , r '  ̄ ̄`|  L<、
     | `>       ヽ,ノ  \
     -,ィ  _,  A-.、 l / |  ヾ
    / /i'´/_V -r-、| -' l l iヽ
     iィ lイ,i i,}    じ | ,ivlト |i 、|    「おもちゃみたいだった」ってばあちゃんは言ってた。
     | i ,!、  __  | /´  Vl
       Vリl` ,-, イ!-,__
         __rト‐'ァ   ヽ
        /ムrr-ィ,    ヽ


            , n / ̄ ̄\ .n
            / / j.´_ノ  ヽ、u'l lヽ、
         /,イ / (○)(○) .l i i i
          〈 .r {u (__人__) .i. } } 〉
        ', i.  ',   ` ⌒´ /   /     起きてきたじいちゃんが救急車を呼んだが、駄目だったらしい。
         .i   l.      ,'  ./
       .  ヽ、_.イ、.    人 ノ  
           ヽ     〈_ノ ノ
            |     ./
            |    .   |

981本棚のやる夫さん2012/07/29(日) 03:26:37 ID:AgOyW17k

    ,r,t==r==┐                         .|
    i1 | _j|_ | i|                         !
    | | |  ̄|| ̄,| !|                  _|〃    |
    |_|」===i_i」                  |_||-,_   .|
                              [ニニ]/|   !   
__________ __ __   ____ |   ! ,| __|
                             |__|/   \
           /「|,、 -───────-,   _. , ,/|   rェ, \    延髄だの脳幹だの頭蓋骨だのが、
         ,/|!/               /ヘ > /|:: ||   {|:::]
         | ||/               、、_,>|:::: i: ||  /゙|」       ぐっだぐだだったとか。
         | |!、__________」|ナ-- .|:::::/| ./ .||
         | |___________ i! ._二_]. '┘/  ||
         |_|                 |   |,_j|  ,/   」|_
                            \___,/    ̄ ̄

        _ ―  ̄ニ-`ヾ))),
       //        ニ-、
     //          ヽヽ
    /// /    / //| | l i
   ////   //// | 川 |
   // / / //⌒\  | j | | | l     話を聞いたお医者さんは信じられない様子だった。
  / / / // //-rr‐-、`",ィii'///
__// / / / / /   ̄ ̄ノ ヾ~//      「自分一人でここまでするのは不可能」とまで言われたらしい。
:::::::/ / / / / /l  \     ||'/
:::::::/ // / /// \  l ,__ ―┘       殺人の疑いまで持たれたとのこと。
:::::::::/./ // /|\. \|  ̄´/:::::\
::::::::::://.//::::::l  >ー`‐r‐':::::::::::::::ヽ
:::::::::::::::::::::::::::::::V     .レ::::::::::::::::::::|
:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ    |:::::::::::::::::::::::|
:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ   ノ::::::::::::::::::::::::|

982本棚のやる夫さん2012/07/29(日) 03:26:47 ID:AgOyW17k

       ____          /\___/ヽ
     /     \         /''''''   '''''':::::::\
    /        |       .|(●),   、(●)、.:|
  /       \ |      |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|     さすがにここまでになったらじいちゃんも無視できず、
  |    u    (\) /         |   `-=ニ=- ' .:::::::|
  ゙i      (__ノ         \  `ニニ´  .:::::/__     娘をみすみす死なせてしまった後悔もあって、
  /   __/        ,rー'""l,  'l,     / .| ||/`>、、
 /.    |           /    |  'l,   /  .|./》/ ∧  お寺さんに来て貰ったらしい。
 | |. | |          /  , | ヽ  ヽ,、/.@ / 《l,l / ヽ
 | |. | |            /  、,ヽ|/ ヾ。ツ`' 「ゞ / /《ヾ  /゙ヽ、
 | |. | |         /  ///l`゙'゙ー-'"  / // ノ// //`l、


    /\___/ヽ   ヽ
   /    ::::::::::::::::\ つ
.  |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ
.  |  、_(o)_,:  _(o)_, ::|ぁぁ   住職さん、部屋に入った瞬間吐いたらしい。
.  |    ::<      .::|あぁ
   \  /( [三] )ヽ ::/ああ
   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ


ヾヽ;;::  /k==ー---r
   _A:.:.:.:.:...   ゙̄ヽ、
   /,ヘ_ー-- -'``ー---`ー----ァ      何でも昔ここに、水子とか幼くして疫病で死んだ子供をまつるほこらがあって、
 _ノ/彡;;:7;;:___};:ミi;:*@+:;:''了ミ/
 `ー--、,イ.!r_tt-tt!i-tr-!|l'゙゙゙´         その上にこの部屋を作ってしまったから、ものすごい数の子供が溜まっているらしい。
:..il.ll::..  _ll|.|.||:;ii;:;ii:;!|;;:;:;;:;!|l
 ;:;:.._,.ィ}三三三三!l乍≡|l三三{  :;;:     「絶対この部屋を使っては駄目だ」と、住職さんにすごい剣幕で念を押された。
  `i}}}l|.:|i.:_l | ._jr-!|≡≡il==-i| :;::;,;:.:
,.....,ィ/:〉:;、_rヒj:_tァに=j-一''""´ -ー---,,
Zr、           _,..ィr'二ニ'==--'"
`i、j_;:{_-;'=:-ニ==-'゙¨~    ̄

983本棚のやる夫さん2012/07/29(日) 03:26:58 ID:AgOyW17k

  /\___/\
/ /    ヽ ::: \
| (●), 、(●)、 |
|  ,,ノ(、_, )ヽ、,,   |     ばあちゃんが供養をお願いした例の人形は、
|   ,;‐=‐ヽ   .:::::|
\  `ニニ´  .:::/      「持って帰りたくない。そんな物に中途半端なお祓いはかえって逆効果だ。
/`ー‐--‐‐―´´\
       .n:n    nn     棄てるなり焼くなりしてしまいなさい」と拒否られたらしい。
      nf|||    | | |^!n
      f|.| | ∩  ∩|..| |.|
      |: ::  ! }  {! ::: :|
      ヽ  ,イ   ヽ  :イ


         ,, -─- 、._ 〃"
     "ミ /      ヽ
        | u  ノ  ヽ、  |
        | (●)(●)  |
       |  (__人__)  |        で、そこからは怪談の定石。
       ヽ  `⌒´  J ノ
       /        ヽヽ, ) )"    ゴミに出したはずの人形が、
   "( ( ( ヽ     /./
       \ \ ゛//  |       いつの間にか部屋のタンスに戻ってたり、
       / / ヽ ~ \ `ヽ~\
       |            |
       |           /
       ヽ______/
                         (:. ,:.
                       .:从,)ノ':.:,
                      ,;;'人,,ノ;ノヾ;,.,
                    ,;,、 ,;ノノ .:;.(. ,.( ,
             / ̄ ̄\  ,、 ,.:;(゙:  ,.:.人:. ヾ,、 (.
           /   _ノ三ゞ ,ノ (,.ノ,、ヾ , .,;ノ (;. (:,  ,):.
           |   ( ○)( ,;. ,:ノヾ; . ,;) ,、 ヽ;,:.;):.从;.,
          . |     (__.,):.   ..:.(ノ 从ヾ;. '',人ヾ,´    燃やそうとしても全く火が点かず、
            |     |i!i!i!i!|`..: . .::::)  (::..  (::.
          .  |     |;;;;;;;;;|.:::: .:ソ  ,ゞ.:.   ,ゞ.:.      飛んだ火の粉で親父が火傷したりと、
          .  ヽ    . .:::: .:ソ::..::..:(   (: :.   (: :.
             ヽ     :..::..:(        ):::...  ):::...  もう尋常じゃないことになって、
          ./ー-.l    :;;::::;:(::: ;;; ::; :; : ;:: );:::  :::;::)
          (   ⌒ /   \;;:::: ::;: : ; :: ; :; : :/
           `´ー-、i´   /l .ト''ノ ヽ: :: :  : :: :/

984本棚のやる夫さん2012/07/29(日) 03:27:12 ID:AgOyW17k

                                          __
                                         /u   ヽ
   困りあぐねて最後は、                     / -  ー uヽ
                                     (●) (● ) i
   とりあえず元の場所に埋め戻して、                i (__人__)  |
                                      |  `⌒´ u.i
   部屋は丸ごと使用禁止にしたって訳。             ヽ,__  __,ノ、
                                        r'⌒  ̄  ヽ、 \
   悲惨な話だから、                       /  /  .|\ _ゝ_, ヽ
                                     〈  〈   |\と}___〉
   経緯は俺に言わないでおいてくれたらしい。        \__ヽ,// ̄/
                              r" ̄ ̄ ̄ !rjツ/_/
                              | ├─‐ //  ⌒ヘ
                              |._!  // \   ヘ
                             と二ノ//    \  .ヘ
                              /   ̄\       |  |
                   ._ _  _  /、  .  ノ       |  |
              _ー⌒. ; ̄⌒⌒  ̄ー{二・_/.        |__|
              _.=” r ⌒ 。 二゚  ̄。― 二=-._     _ヽ.__〉_


                             , ミ
                     ┌‐--  - 、, '゙  }
                        ― ヽ   / ,'`⌒゛ヽ
           /ヽ  。o≦.: : : :. :. :.\    /|ヽ: :ヽ ミ=-
            | /: : : : : : : : : : : : : :.ゝ- ': :}  \: : :.ヽ
            |/: : : : : : : : : : : : : :.|.: : : : : :./ __ -`: : : :',
          l ̄/ : : : : : : : : : : |: : : :|: : |: : : : ̄.: : : : : :. :. :.ゝ
          ,'/ : : : : : : : : , : : |丶, _ヽ__ヽ: : |: : :.|: : :.ヽ: : :. |
.          /}.: : : :.| : : イ: : :.:|\ |从リ刈: |:: :′: : :.',.: : :.}
          |l: : :.斗≦ :| ヽ l  .ゝx芹莎ミ !: :/^,.: : :.::|: : :.|
            /|リ', : : ', ィf笊刈 ゞ    匕リ .|: ::| /:ハ: : .|: : ,'   「とりあえず、元の場所に戻したのが良かったのか、
            ,' |: : ',ハ: :\匕リ         ,': ::ハ: :| .|: : /
.          { ヘ: : : : ゝ-≧.    `       ムイ l/ } :/     人形はそれっきり。また出てこないと良いけどねえ」
           丶 \: :{  八     rっ  /  |     l/
.               ゝ=-    > ‐- ィ    |__
                   〈}}}∩/ ̄``.‐{二ニl__lニ}
                  ゝ/     | |  .//  | |丶
                 > '        | | 〈/   .|_| ||ヽ


           _-─―─- 、._
         ,-"´          \
        /              ヽ
         /       ::::/::::::::\::ヽ
       |       / ヽ `::::´ /`ヽ
        l       ( ●ノ::::::::::ヽ●l    うん。ちゃんと出てきてたよ、おばあちゃん。
       ` 、        (__人_)  /
         `ー,、_         /
         /  `''ー─‐─''"´\

985本棚のやる夫さん2012/07/29(日) 03:27:28 ID:AgOyW17k
元ネタ
ほんのりと怖い話スレ その37

261 :本当にあった怖い名無し :2007/02/04(日) 12:08:59 ID:x6gK1L0r0
俺んちは田舎で、子供の頃から絶対入るなと言われていた部屋があった。
入るなと言われれば入りたくなるのが人情ってもんで、俺は中学生の頃こっそり入ってみた。
何て事は無い、普通の部屋だった。
変な雰囲気もないし、窓からはさんさんと日光も入ってきて、何も怖くない。
なんだ、ただ単に部屋を散らかされるのが嫌であんな事言ってたのか、と思い拍子抜け。
退屈ということもあって、その場で眠ってしまった。
それでも金縛りにも全然あわないし、数時間昼寝して起きた。
寝てるときも起きてるときも怪奇現象一切無し。やっぱり全然怖くない。
入るなと言われてた部屋だから、怖いのを期待してたのに・・・

部屋を出るときに、何気なく部屋にあったタンスの引き出しを開けたら、
和風の人形(雛人形を小さくしたような感じ)が一体だけ入ってた。
人形が入っている引き出しはそれだけで、他の引き出しには普通に着物とかが入ってた。
こえぇええと思った。


263 :本当にあった怖い名無し :2007/02/04(日) 16:15:23 ID:jm8a30g90
後になって(人形の話とかはせずに)ばあちゃんに聞いてみたら、
なんでもあの部屋は親父の妹さん、つまり俺から見ると叔母さんに当たる人の部屋だったらしい。
タンスの中の物も全て叔母さんの物。
といっても、もう当時からも30何年も前の話。
家を今の状態に建て替えたのは、両親が結婚してすぐのことで、
将来子供が(まあ俺のことなんだが)出来たときのために、二世帯住宅化したわけだ。
で、その時に、少し庭を潰して増築したのがまずかったらしい。
その増築したところに建っているのが『入ってはいけない部屋』。
つまり叔母さんの部屋だったんだが、どうも家を新しくしてから叔母さんの様子がおかしくなった。
まず最初は、部屋で寝たくないと言うようになったらしい。
叔母さんの話によると、新しい部屋で寝るようになってから、
どんなに熟睡していても、夜中の3時になると決まって目が覚めるようになったらしい。
そして、目を開けると消したはずの電気が点いてて、枕元におかっぱの女の子が座って居るんだって。
そして、不思議なことに、煌々と点いた灯りの下で、女の子の顔だけが真っ黒になっていて見えない。
でも、何故か叔母さんには解ったらしい。笑ってるって。

そんなことが1週間くらい続いた。
叔母さんは頭の良いしっかりした人で、最初はみんなに気味の悪い思いをさせたくない、と黙っていたんだけど、
もう限界と、じいちゃんに言ったらしいんだ。
だけどじいちゃんは、
「嫁にも行かんで家に住まわせて貰っているくせに、この大事な時期(親父とお袋のこと)にふざけたこと言うな。
 出て行きたいなら出て行け」
と突っぱねた。

986本棚のやる夫さん2012/07/29(日) 03:27:41 ID:AgOyW17k

264 :本当にあった怖い名無し :2007/02/04(日) 16:16:18 ID:jm8a30g90
それから半月くらい経って、ばあちゃんふと叔母さんの話を思い出した。
近頃は叔母さん何も言わなくなったし、一日中妙に優しい顔でにこにこしていたから、
もう新しい家にも慣れて変な夢も見なくなったんだろう、くらいに考えて、叔母さんに聞いてみたんだ。
そしたら叔母さん、にこにこしたまま、
「ううん。でももう慣れたよ。
 最初は一人だったんだけどね、どんどん増えていってる。
 みんなでずっとあたしのこと見下ろしてるんだ」
そう言って「あはははは」と、
普段は物静かな人だったという叔母さんには、とうてい似つかわしくない笑い声を上げたらしい。
たぶん、叔母さんのその話が本当だったにせよ、夢や幻覚のたぐいだったにせよ、
この頃にはもう手遅れだったんだろう。

叔母さんの部屋の隣は、じいちゃんとばあちゃんの部屋だったんだが、
その日ばあちゃん、真夜中に隣から「ざっ、ざっ、ざっ、ざっ」って、穴を掘るみたいな音がして起こされた。
叔母さんの部屋に行ってみると、部屋の畳が引っぺがえされてる。
そして、むき出しになった床下で叔母さんがうずくまって、素手で一心不乱に穴を掘ってるんだよ。
「何やってるの!?」
ばあちゃん、さすがに娘が尋常じゃないことを察して怒鳴った。
でも、叔母さんはやめない。口許には笑みさえ浮かんでいたという。

しばらくして「あった……」と言って、床下からはい出してきた叔母さんの手に握られていたのは、
土の中に埋まっていたとは思えないほど綺麗な『小さな日本人形』だった。
叔母さんはばあちゃんに人形を渡すと、そのまま笑顔で壁際まで歩いていき、
ごんっ、ごんっ、ごんっ、
何度も何度も自分の頭を壁にぶつけだした。
ごんっ、ごんっ、ごんっ、
「何やってるの××(叔母さんの名前)!」
ばあちゃんは慌てて止めようとしたけど、叔母さんはすごい力で払いのける。
「何やってるんだろう?本当だ。あたし、なんでこんなことやってるんだろう。
 解らないわからないわからない……」
叔母さんの言葉はやがて、意味のない笑い声の混ざった奇声に変わっていった。
そして、ばあちゃんは聞いてしまったという。
叔母さんの笑い声に混じって、確かに子供の、しかも何人もの重なった笑い声を。


265 :本当にあった怖い名無し :2007/02/04(日) 16:17:06 ID:jm8a30g90
叔母さんはそのまま10分以上頭を壁にぶつけ続け、最期は突然直立し、そのまま後ろ向きに倒れ込んだ。
「おもちゃみたいだった」ってばあちゃんは言ってた。
起きてきたじいちゃんが救急車を呼んだが、駄目だったらしい。
延髄だの脳幹だの頭蓋骨だのが、ぐっだぐだだったとか。
話を聞いたお医者さんは信じられない様子だった。
「自分一人でここまでするのは不可能」とまで言われたらしい。
殺人の疑いまで持たれたとのこと。

さすがにここまでになったらじいちゃんも無視できず、娘をみすみす死なせてしまった後悔もあって、
お寺さんに来て貰ったらしい。
住職さん、部屋に入った瞬間吐いたらしい。
何でも昔ここに、水子とか幼くして疫病で死んだ子供をまつるほこらがあって、
その上にこの部屋を作ってしまったから、ものすごい数の子供が溜まっているらしい。
「絶対この部屋を使っては駄目だ」と、住職さんにすごい剣幕で念を押された。
ばあちゃんが供養をお願いした例の人形は、
「持って帰りたくない。そんな物に中途半端なお祓いはかえって逆効果だ。
 棄てるなり焼くなりしてしまいなさい」
と拒否られたらしい。

で、そこからは怪談の定石。
ゴミに出したはずの人形が、いつの間にか部屋のタンスに戻ってたり、
燃やそうとしても全く火が点かず、飛んだ火の粉で親父が火傷したりと、
もう尋常じゃないことになって、
困りあぐねて最後は、とりあえず元の場所に埋め戻して、部屋は丸ごと使用禁止にしたって訳。

悲惨な話だから、経緯は俺に言わないでおいてくれたらしい。
「とりあえず、元の場所に戻したのが良かったのか、人形はそれっきり。また出てこないと良いけどねえ」
うん。ちゃんと出てきてたよ、おばあちゃん。

987本棚のやる夫さん2012/07/29(日) 03:30:49 ID:nTwKBD06
乙だけどこれほんのりじゃなくてガチじゃねーか

988本棚のやる夫さん2012/07/29(日) 03:41:06 ID:BQLF1jBg
こわっ

……怖っ

990本棚のやる夫さん2012/07/29(日) 04:01:30 ID:shdUlOCk
KOEEEEEEE!
そういえばもう怪談の季節か…すっごく涼しくなった
後ろ振り返れなくなるくらい

996本棚のやる夫さん2012/07/29(日) 08:15:13 ID:EecgaXuE

怖ッ!

関連記事
[ 2020/10/31 16:47 ] オリジナル やる夫でコピペ | TB(-) | CM(0)



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する