やる夫でコピペ 第1644話 お化け屋敷みたいなボロ屋に1人で住んでいる美人がいた

目次

144 : 本棚のやる夫さん : 2012/07/31(火) 03:05:42 ID:PNz9jm0E

           , -‐ '´  ̄ ` ヽ、 
         /  /" `ヽ ヽ   \ 
.        /  /     ヽ ヽ  、 ヽ 
        /  {_{ ,   ー- リ ヽ i i. 
        |l i ルl ノ   (● )从 ト、リ 
        レ l ハ( ●) ,、_, ⊂⊃|ノj     いまだに覚えている不思議な話なんだけど。 
         ソ ヘ⊃  `⌒    / / 
            レ' ' ゝv-、_  ,.イ/ 
         r ヽヽ::::::|ヽ`ー'´,1ー:::::ヽ、 
         {  V:::::::::∨yヽ/::::::::::/,1 


              , -'、:::::::::::,` ´:::::ヽ::::::::ヽ 
            イ::::/、::\; ;::::::::_.. _::::\:::::::\ 
          ィ':::::::::/ヾ:::\, ::::::::::l:::::::ヽ:::ヽ:::::::::゙,. 
         //:::::::::/`"ヾ;::! ,,::::__:: |:::::::: |:::::゙:::::::::::l 
         ./':::::::::::/          |:::::::: |::::::l::::::::::l! 
        ,/ !::::::__'_            |:::::::: |::::::|:::::::::' 
       / l::::::レ' _ `        │:::::: ト、::' :::,/:! 
        il ,|!:::::!イ::ヽ     `二_ `|:::::リ:::::\, :::, 
        il ∧:::! ゞン     イ::::::ゝ|:::: ,::::::::::,. イ 
       ヽ ト、::::ト        辷 " ' :::,::::::::::.  | 
         |::::゙、:ヽ   `__       /:/:::::::::::::  | 
         |:::::::へ:ヽ.       _/;::ハ,:::::::::   |   小学生の頃、学校の近くに、 
         |::::::::::::ハ;|::` - r  ´_/イ::::::::::::::::   | 
         | :::::::::: :::::::::::: r -─ '' ´|:::::::::::::::::::::: |   お化け屋敷みたいなボロ屋に1人で住んでいる美人がいた。 
         |::::::::/:::::::__ ノ ‐ --- '!::::::::::::::::::  | 
         |:::::/,. ´         |::::::::::::::::::  |   20歳くらいで、見るからにはかなげな感じの人。 
         レ//    、         |::::::::::::::::::::ヽ! 
           l/  \  ヽ        |:::::::::::::::::::::::|! 
         メ!    \ ゙ , ト ,.  |:::::::::::,:::::::::::;| 
        /:|        ヾノ ':::/   |::::::::::,:::::::::::::| 
          /:::イ       ヽ::/   ,|:::::::/ ::::::::::: | 
         '::/'r|   ヽ    |'  ノ |ヽ::::::::::::::::::::lヽ 



      ________________ 
    |;:, .;゙:';, ,;:,__':゙;,;:,., ,,;:';:,..;: ,.;:;:,. ,.;:;':__;:,.;:; ;:,.';:゙| 
       ̄ ̄ ̄|;':| ̄ ̄ ̄|l ̄l| ̄ ̄ ̄|;,'| ̄ ̄ ̄ 
        __|;':|___|l_l|___|;,'|__    (後から知ったんだけど、 
      | ; ; ; :|;:,|.,;:,.';:  ,;: ;:,. ';: ,.;:,. ,;,: |;:;|:;, ,;:':;| 
         ̄ ̄|:;,| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|;:'| ̄ ̄     市内の大きな神社の神主さん家だった。 
            |;,:|                |,:;| 
            |,':|                |,::|        父子家庭で神主さんはずっと神社だったから、 
.          |;:゙|                |゙;:| 
.           | ;;|                |;: |        1人暮らしに見えただけ) 
         |;:,.|                |;:,.| 
          l;;: |                l .,;|


145 : 本棚のやる夫さん : 2012/07/31(火) 03:05:57 ID:PNz9jm0E

        ,r-;
     ,r'´;;;`、;`ゝ,
   ,/;;;`、;;;`、;;;`、;`ゝ,
 /;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、ゝ,
ぐ;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、::;'ァ
 |      _____|.:|    学校の行き帰り頃、いつも庭でゴミを焼いてたから、
 |      |_|_|_||ヾ|
 |      |  |  |  ||..::|     よく話し掛けてたし構ってもらってた。
 |     _ ̄ ̄ ̄ |.:|
     .'´,ヘ ヘヽ            ,r 二ニ=‐、
     !〈 ((゙ "))〉           ∧ハ-  寸小
     il!!|.゚ ヮ゚ノ!|    ,       乂 ● ●)Ⅳ
     il!(i_`/_iつ   , λ '       ⊂ゝ '一 シ'つ
    ノl!!|_____| !|\  ,);' vi '      ヽ    〈
      .|.   |    \( ; ':リ       〉  __つ
      .|i_柿|    彡三ミ       (_ノ´



                            _
            -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、    `っ )
            / /" `ヽ ヽ   \    {_r'
         //, '/     ヽハ 、 ヽ   o
        〃 {_{ ⌒   ⌒ リl |  i|
        レ!小l.(●)   (●)从|、 i|
         レ⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃|ノ /    で、ある日、学校帰りにその家に寄ったら、
             ヽ>n‐r‐;ァ‐<j //
            r〈(__,)∨__ イヽ´       庭先で異様な光景が展開していた。
            {    ̄} </   ヽ
            ` t─ 'ゝ‐{     }
                /` ー┬ミ辷彡
            / i l  l `ー' ヽ
             〈  | |  | \ >′

146本棚のやる夫さん2012/07/31(火) 03:06:11 ID:PNz9jm0E

                         -――-
                        /: : : : : : :`ヽ\
                      / / /;ヘヘヘハハ: :\ヽ.
                  / / / :|```´´´|: : :::i: i
                    / / /∧|      レ!: l |: |
                     |: |:::|/ 二、   ,二∨ |: |
                     |: |:::| 〈 宙   宙.〉:::|: |
                     ::::|:人    '     }ノ::i|        縁側に座る美人、
                   /::八: :::\ (⌒) /: ,}: ||
                     / /: :::\_彡i> <iミ /}: ||        その膝に座って泣きじゃくる女の子
                 /::::/_//_\ /__\/: 八
  __  (\.          /::::/    ´ |: \}{/ |`/ / ̄ヽ       (同じ学校の低学年に見えた)、
..⊂} ∨Y` \__.    |:::/       |:  |:   |/ / / :|
  \|. レ')_厂 ,川 }   |:::   :|   |:  |   / / /__|__
    `ー=彡' 人   |/ :\|   |:  |: / / :/     \
        \__/} ヽ /   ::|   |:  | / /::/ :i i i i i :i i :.
           Y´   ∨   :∨!    |:  |:| :| | :| | | | | :||: |
            \   \}  /: |   | ̄了| :| | :レl气人ノ才l! : |
          }    :}/┌'   ,  | ,レ : | :| 。> <。 | : |
          \   ノ|:_ノ    /―-‐|  ::| 从. ⊂⊃ .从 |



                      / ̄ ̄\
                    /   _ノ  \
      ____          | o゚((●)) ((●))゚o    ____
     /       \       |    (__人__)     / _ノ ヽ、\
   /   _ノ  ヽ、\       |    |r┬-| ノ   /o゚((●)) ((●))゚o   そして、その前で土下座するクラスメイト男子3人。
  /   o゚((●)) ((●)゚o    |      ゝ-' .}  /     (__人__)  \
  |        __´___    |    ヽ        }   |        ` ⌒´     |   何かひたすら謝ってた。
  \       ` ⌒´ /    /⌒      ノ   \、          ,;/
  /  ⌒ヽ.      く     /    ヽ   く    /  ⌒ヽ.     く
 / ,_ \ \   \ \ . / ,_ \  \ \ \  / ,_ \ \   \ \
 と___)_ヽ_つ_;._ヾ_つ.と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;と___)_ヽ_つ_;._ヾ_つ



  |
  |
  | ̄ ̄`ヽ、
  |ヽ ヽ  \
  | ヽハ  、 ヽ    あまりにも異様な雰囲気に、
  | / リ| l │ i|
  | (●)从 |、i|    私は皆に見つからないように家に帰った。
  ├、  u |ノ /
  |ノ   j //
 (⌒ー─' )

147本棚のやる夫さん2012/07/31(火) 03:06:28 ID:PNz9jm0E

         _   _,
      ___,> Y´'ー-、
     _>z二_ ___`ー≧__
     >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
    /        ヽ `Y′之>
.   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<   家に帰って母にその事を話すと、
   l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |
   |ハ |(●) (●) / / ,/レ′   「へぇ~」的な生温い返事と共に、
     `|   ヽ    「)'/|/
     ヽ、_  ロ  _,.ィT/       「男の子達が女の子に悪さしたんでしょう」と。
       l 7Eニ::ィ1│
       'イ/ヽ::::`l┘



   -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
  //, '/" `ヽハ 、ヽ
 〃 {_{ \  /リ| l i|
 レ!小l(ー)(ー)从i|
  レ⊂⊃、_,、_,⊂⊃|ノ
    ヘ,、 __, イ/    そっか、そうだったのかと納得したその夜、
  _ 三ニ‐'゛ ̄ 三
 (___,,ノ'___)
   (       )


                   ,  ,ヾ、―───────────‐
           ` ヽ、 ,ノ )´( 、 ゝ / / / / /
                ) Y  人 ヽ)ゝ'/ / / / / ,  
            (:.、)ノ'  ノ ,(  `    / / / / /
                _,ノ        t ヽ―――――――――‐   近所で小火が3件発生。
           `ヘ(   从;: .;、丿)ノ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
             i /_)   ,; ;,,.   Y ┌──┬──┐   ` .   土下座していた3人の家だった。
           ⌒ヽ   .;:   ::;, ヽ  |    │    │ l! l! l! .! :
         丶 _人ノ,  ;:      ; (  |    │    | l! l! l! l! l!
             ヽ   .;:       ;,ノ └──┴──┘ l! l! l! l! l!

148本棚のやる夫さん2012/07/31(火) 03:06:39 ID:PNz9jm0E



三三|三三「     ____
三三|三三|    ´     `ヽ
三三|三三l  /         \
三三|三三|/             \ _________
三三|三三|   ヽ           、          ¨ 、
三三|三三| \  i   u          ,    ヽ      \
三三|三三|   \             / \  i          ヽ.
三三|三三|            __      /    \           ',
三三|三三|         \   `.   /              __     !
三三|三三{   ,      \ u ./          \   `.    |
三三|三三ゝ-イ         ∠__   ヽ   ,       \      j
三三|三三|   `一′   /     ¨ 、  \          u  /
三三|三三|        ,ィ ヽ       \  `            /
三三|三三l>-  ‐<.欠メミ__ i       ヽ           ノ   それから数年後、同窓会の席で再会した3人と、美人の話が出た。
三三|三三|^Yヽ   |(^rJ》ミ         ',‐ー、---―"´
三三|三三レ' ∧   ドー' ″     __     !^Yヽ   |
三三|三ニ(_/ /    !        ァうx `.    レ' ∧  l
三三|三└r―勹   {   ,   〈::.::r、》    (_/ /   !
三三|三三l>7´    ;ゝ-イ.     `゙^    u └r―勹   !
三三|三三ト'    /    `一′          />7´    !
三三|三三|    /               ノ ト'     /




        / ̄ ̄\
      /      \
      |     ー  ‐ i      ____          ___
      |   ( ●) ( ●)   /     \       ./     \
      |     (__人__)  /    ー  ーヽ     /    ─   -ヽ
      |      `⌒´i  /    ( ●) ( ●)  /    ( ●) ( ●)
     ヽ.       ノ   |       (__人__) |  |        __`_  |
    _ ヽ     ノ    .\ _    `⌒´ ノ.   \_    ` ´ ノ    3人は口々に「あれは怖かった、魔女だ」と言う。
  /   \       \   /   \       \  /   \       \
  |     \, -‐- 、-‐- 、 |     \, -‐- 、-‐- 、    \, -‐- 、-‐- 、
  |\     \.  (" ̄ .入\     \.  (" ̄ .入     \.  (" ̄ .入
  |  \    "  ̄ ̄ ̄  ) \    "  ̄ ̄ ̄  )\    "  ̄ ̄ ̄  )
  |  / \,,_______人 / \,,_______人/ \,,_______人
  |      /\    \  \    /\    \  \  /\    \  \
  ヽ,____/;___\    \,,_ \,,__/;___\    \,,_ \,,__;___\    \,,_ \,,
            (______)___)    (______)___)   (______)___)

149本棚のやる夫さん2012/07/31(火) 03:06:54 ID:PNz9jm0E

        ,r-;
     ,r'´;;;`、;`ゝ,
   ,/;;;`、;;;`、;;;`、;`ゝ,      土下座事件の日、3人はいつもどおりの帰宅経路で、
 /;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、ゝ,
ぐ;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、;;;`、::;'ァ    ボロ家の前を通りかかった。
 |      _____|.:|
 |      |_|_|_||ヾ|           .ノ 、 、
 |      |  |  |  ||..::|          ● ●) l
 |        ̄ ̄ ̄ |.:|  - - 、  (人__) |    - - 、
                    ● ●) ヽ  ヽ    ノ   /● ●) ヽ
                   (人__) ノ   /   ヽ   ヽ -'-  ノ
                /      ヽ  l|  (_ノ   /      ヽ
                    (|  ,   し'   |  |ヽ \  (|  ,   し'
                   ヽ(_ノ   . (_ノ.(_/   ヽ(_ノ




                   /  '    ヽ        \
                    / '  /      ハ ヽ      ∨ム
                / ,'  |       | |  ハ   ヽ ├┴―┐
               ,'  i   |       | ト、  |   l  ト、ーくく
                    ,'   l   ト、     |_|_从_|__ | ト、 \人》
               | l  l   |_ハ     //      `/ /ト、\  \
               | l   ', ´| 从  // __,   / / !_j∨   \
                 '∧  '  | __ゝイ  ´ ̄   / / /    \  \
                 人ヘ   〈´   ,      ∠ イ /! ヽ  |  l\   \
                 /  ,ィ >、 \   ー     / / / i  |  |  |  \   \
               /  //   /´ ̄>  ,_// / / l  |  |  |\  \   \
             /  /.:./|   l   ├―':.:.;イ / / /:.∨  |  |  | ∧  ∧   \
           /  / .:/: |   |ヘ  |: :/:/ / //.:.:.:.:.:\/  |  |  ∧  ∧    ヽ
.        / //    /.: :|   | ∧ | /:.∠ィ:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\/ /   ∧  ∧    |
        / / /   /: :.:∧   l/: :〉|/ : : : /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨      |   ハ    |
.      / / : : |   ./.:.: /: :ヘ 〈: :/ /.: : : /.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:| (`Y /  / |   |
     | |: : :|  |: / : : : :ヘ∧ リ : : :/.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.レく\レ' /  |   /   で、庭先に大きな和人形が置かれているのを発見。
     |_,斗―┴―┴┴――f'.: : 〈.: : :./.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:/.:.:.:.:.:.:.:.f^Y^i ! トイ    ,'   /
    rf__: : : : : : : : : : : : : : i:.:.:.:V´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/.: :.:.:.:./|     ,イ:.:.|   / /
   └r┘ィ ).:.:.:. : : : : : : : : : :i:.:.:.├----rヘ、__/:.ハ: /: :├┬<:.:; :.:.|   /イ
     rーく:.:.:.:.:..:.:.:.:. : : : : :.:.i.:.:.:∧    厂「ト、j   |:.:.:.:V.:.:.:.:.||:.:.:.:.;.:.:.:|
     |.: : :| . .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:. :≧――‐┼―‐┤:.:.;イ : :.:.:.:|/.:.:.:.:,'.:.:.:.|
     |.: : :|:.', : : .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:./.:.:.|:.:.:.: : :∥:.:.: : :| :/ :|.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:,' : :.:.|
     |.: : :|:.:.', :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.: i`ー|.:.:.:.:.:.:〈〉:.:.:.:.:/.:.;'.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:,' : :.:.:.|
     |.: : :|:',:.:', : .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.|rっ:` ̄ ̄ ̄:.:/.:.:.:.,' .:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:,' : : .:.:.|
     |.: : :|:.:',:.:',.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i: : :|n rヘ_/rヘ /.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:,' : : .:.:.:.|
     |.: : :|:.:.:',:.:', :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:. :|n rヘイ /.:.:.:.:.:.:.:.:.i : :.:.:.:.:.:.:|.:.:,' .:.:.:.:.:.:.:|
     |.: : :|:.:.:.:',:.:', : .:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:トヘr水:/ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i : :.:.:.:.:.:.:|.:;' : :.:.:.:.:.:.:|

150本棚のやる夫さん2012/07/31(火) 03:07:08 ID:PNz9jm0E

    ,:::'':´: ̄:`:.、
   /;:' /l l ! l i
   天 lOヽノOl/!
    |i  ぃ 「 ̄! ノ |      いつも庭でゴミを燃していることから、
   |l  」l>=ィ」|│
   .≦〈:`:: { @ }´::〉      人形も燃やす物=ゴミだと思い込み、
    |l |::: ::: ::: ::: ::j│
     |l |__「!:: :: :: |」 |      3人がかりで着物を剥いだり振り回したりと遊んでいた。
     レvlノ丶:: A :: ト
         \::丶:: \
              } ̄¨─────‐/¨ ̄\  ̄ ̄´'''‐. .,,_
          ヽ--─────/l/    ヽ        ″‐..._
                         {゙(●.)   }√     _       `'‐、
                    心、_)_ /{  乂‐ー''´ ,.ニニ     \,
                        ̄     込  \ /   ゛'- .._   \__
                          {ミ¨ ̄ ̄ ̄  )           `‐ ,..  \
                         `-ー{ ̄ ̄て¨              "\,  \
                                \  \               ゛'-.._ \
                                 \  \                  \ \
                                  廴__)                    弋__}


                  ___
             . ..: :´:. :. :. :. :. :. :.`:. ..、
            /:. :./:. ヽ:. , :./:. :l:. :. :. :\
           /:. :. :.:|~~゙゙ "~~|:. :. :. :. : ヽ
          /:. :. :. :|:.|           |:. |:. :. :. :. :.ヽ
         /::. |:. /: |:. |           |:. |!ヽ:.|:. :.:. :.:}
         | :. | :. :.∧:l─     ─|:/|:. :. |:. :. :.:.:|
        │. :.|:. :/           !、:.:/:. :. :. :.:|
         |:.. : |: /,,-z≡l    ≡=-zⅣ :. :. /:.:.::|
         |:.. : レ'K弋Zソ     弋Zソ 〉:. :. /:. :::/
         l:.. :.l: : l      '       |:. :. :/_ノ/    そこへ美人登場。
            l:.l:. :. : :ヽ .    ─      |:. :. /:. :.,'
          ヽ:. :. :.|:. :.≧ - .,   r:≦ |:. :./ :. : |     その場で一喝され、庭に正座させられお説教モード。
           \ : |:. :. :, ィ77   lコ7 |:./ :.:.::::|
              |ヽl: / l {/    l/  \:. :. :.|
               |:. /     !~~ イ'    ヽ:. :. |
               |:/       l  /       ', : |
               /   {   ヽ//  /     l:. |
           /    ヽ  O'   /      l:. !

151本棚のやる夫さん2012/07/31(火) 03:07:20 ID:PNz9jm0E

                      /ヽ⌒∧-‐-、
                    /' : :,、: y',、 :Vヽ::l,:ヘ
                   //   /ヽヽ/ ヽ: ,'; ';,' ; ハ
                   /:   ;/ゝヽv wヘ',  ;   ::::l
                 /, ,'; ; ;'....,,,  ,,,,....l., ;'; ; ;:::l
                  リ: ; ;':::ハ、_,.  .,__,,.|; : ,:, : ;':::::l
                 ';::ハ:::::;ヘ`     w l::','; :::::::::::l
                  `! ';::ル:\  - ,...イ::::: ';::' ;::::l
                   ヾ{ >::::::`っi´ .|;:ハ : l:  ;::l
                    _>/' / )  ,、ト'|::|\,.:::l
                   /1 } / ::´ノ| ノ、/ヘ λ:l  /,'ハ
             ,、ry'/,.,{{ くイ :V{ i´ >// / V l { /, ::::l、
        ,.-‐´`‐_^.,-| |=^_-、/ ノ,| l ly / /   ヾ、 .}'::::' 'ヽ
       /,  ,   , , [>^==  `'i::{ .| .ト' / / /   ヽ '; ::  :',
      / /  l  ,' ,  l ヘ,!‐ _,   >、l_.l'´ /  )  /   >:::   ',      お説教中、美人はずっと、
       { ハ .:,,_', .ノ.斗‐,、  ハl `y´ y⌒ヽ  ξ ´  /::':::,   ',
      リハl"fッY fッソ',、 { l: , z'‐/´   ヽ\)      `1::  ::   ',     膝の上に乗せた人形の
     ´\λ.''  _ '' メハ l l  入´    `  \‐-  {´:::  ::.  ',
        ソ ,、`ユァ- '´/ リ´ ]  V         `   <::::ハ ::::.. ノ     髪や着物を整えていたそうだ。
         )ハ / `-"/ 、/ ', , ̄`七⌒        ハ/ '; :::,´
          1 ノ / 7ヽ   メ', ',  ' ,⌒ヽ_  \ /  / .ヘ '; ::{
        ,l" {   h  , イ 弋. :.   ',    ̄`‐-、_,./   \';:::ヽ
       ヒ {  >_ノ レ´/丶 >l:..  ',            />;:::}
     / / `V>   /   ゝ/::::ヽ、 lヽ         //l';::::(
      ゝ  {   /   /    / '::::::: l , }ヽヽ     //   } ';::}
     /   ) 、/  / i´⌒`´    ::::::lハノ::::ヽヽ  //   /  ':l
    /   〃 ヘ    !,    > ∧::::: ' :::::::::ヽゝ´/    /   ノ
    ヽ  ノ  /    |    / /:::''   \:::' `´     /
     Y、  /    <´   / /::::'      l       /
     }´>ケ 、.,   /   / /::'         l__  /
     { l l { ,' r´⌒´   /         |   ` ´"
     {^'u'-!-"     ´     /⌒`´"
     \          __/
      ` ̄`丶-‐´⌒`´゙



   / ̄ ̄\__
 /  _ノ ,ヽ\  \
 |   ( ●)(.●)ヽ、\
. |     (__人__)(<)゚o\
  |     ` ⌒人__)   |   その日の夜、3人の家が揃って小火。
.  ヽ      .}⌒ ´  ./
  (⌒) (⌒'― .ニ二 .イ     理由はまちまちだけど、人形と美人の祟りだってトラウマになっているそうだ。
  .√  .ヽ ̄ ̄, -‐ i´
  .|      i ̄  . |
  .|      |     . |

152本棚のやる夫さん2012/07/31(火) 03:07:33 ID:PNz9jm0E

      ,‐'´ ̄ ̄ ̄`ヽ、
    /          \
   /   /"" `ヽヽ   ヽ
  /// ,'/     ヽハ 、ヽ ヽ     ところで前述の通り、その時私が見たのは、
  〃 {_{ ─   ─ ,リ| l | i|
  レ小l ( ●) (● ) 从 |i|      『美人の膝に座って泣きじゃくる女の子』だったんだけどね。
   V⊂⊃∩、_,、_,/777 ノノ
  / /::::(丶_//// :::::| \



                               /:::::`く:::::::::::::::::::::::::::....
                           /:::::::::,ヘ: l:::::::::::_::::::::::::::::`::..
                    rr=ミ、     /  /::::::/ヾ}::}::::/:、::::`ー―┐:::::ヽ
               _rくゞ=彡')_∧/:{ /:::::/ ̄`ー-く_彡'}::::::::::::::::::|:::::::::::::..
        ト、     /:::, ´ ̄ ̄`ヽ:::/::::Y::::::/  ,        |:::::::::::::::: |::::::::::::::::.
        |::::::. /{  /::/    ,    } \:::::::: j  ̄    、   |::::::::::::::: :|:::::::::::::::::.
       {::::::::Y:.::、/::/ 、_」ノ }  メ、__}、Y:::/|r=ミ、    `ー-::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::|
       ゝ:::::ゝ::Y:/  ト、{ヽノ\/ヽ.ノ }厶イ:リ 7:::/   .二、 リ::/ :::::::::: ト、::::::::::::: |
.     <__::::::::::ト、 \ !( _) ::::::::(_ )〃./ j/,,, ー'   ´ん':::::メ:/ :::::::::::: ト、\__::::/
.       ∠:_::ノ__>、 ヽU┌─┐U 〈 /: /        」::::::://::::::::::::/:/:: ゞ≠ン x<
.            〈:::::::::::个ーr |___」  ノ:|::八  ′    ,,,,,`ー'/::::::::::::/:/::::/:/:x<: : : :
             〉::::::/ | ノゝ=rュ=彡'/:::/!::::ヽ 「  ̄)  /::::::::::::/::::x<: : : : : :) : : :
          /::::::/:rく.イ八rー-イ 厂 ]::厂`ー\_,  /::::::::::::x<: : : : : ): : : : : : : :    不思議な人形の話でした。
         _rー'ァ'77' /⌒ヽ「 ̄二ゝ'ー}ノr―「 ̄二ア:::::::::x<: : : :.): : : : : : : /: : : : :
      <:::::::∠__//_ノ`ー‐く」__/ : : : : /: :/ ̄ ̄ ̄`Y´: : : :) : : : : : : : : :/: : : : : :
     /  ̄ ̄ ̄ /  _彡' Y´: : : : /: : : { { ̄ ̄ ̄: :.ノ : : : : : : : : : : : : : : / ̄⌒ヽ: : :
    /   /   /  ̄`7/: : r=く: :__} }: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/   /   、Y´`ヽ
          /   /   /: : :/: : :_)__:/:/: : : : : : : : : : : : : : : : :.: : : : : / _.∠.. /ハ
.        /   /  /: ::r<: : : :/:: : : : { :{: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/ /((::::::Y/:::::} )  }
      /    / /: : :/ : ::}: : : : : : : :./:/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/   {、 ゞ=ノ{ ゞ'//  /
         //: :.r<: : : :/: : : : : : :/:,:': : : : : : : : : : : : : : : : : : : 八   ゞ='  ̄`ヽ (

153本棚のやる夫さん2012/07/31(火) 03:07:48 ID:PNz9jm0E
元ネタ
796 :もしもし、わたし名無しよ:2010/08/28(土) 00:35:29
いまだに覚えている不思議な話なんだけど。

小学生の頃、学校の近くに、お化け屋敷みたいなボロ屋に1人で住んでいる美人がいた。
20歳くらいで、見るからにはかなげな感じの人。
(後から知ったんだけど、市内の大きな神社の神主さん家だった。
 父子家庭で神主さんはずっと神社だったから、1人暮らしに見えただけ)
学校の行き帰り頃、いつも庭でゴミを焼いてたから、よく話し掛けてたし構ってもらってた。

で、ある日、学校帰りにその家に寄ったら、庭先で異様な光景が展開していた。
縁側に座る美人、その膝に座って泣きじゃくる女の子(同じ学校の低学年に見えた)、
そして、その前で土下座するクラスメイト男子3人。
何かひたすら謝ってた。
あまりにも異様な雰囲気に、私は皆に見つからないように家に帰った。

家に帰って母にその事を話すと、「へぇ~」的な生温い返事と共に、
「男の子達が女の子に悪さしたんでしょう」と。
そっか、そうだったのかと納得したその夜、近所で小火が3件発生。
土下座していた3人の家だった。


797 :もしもし、わたし名無しよ:2010/08/28(土) 00:38:23
それから数年後、同窓会の席で再会した3人と、美人の話が出た。
3人は口々に「あれは怖かった、魔女だ」と言う。
土下座事件の日、3人はいつもどおりの帰宅経路で、ボロ家の前を通りかかった。
で、庭先に大きな和人形が置かれているのを発見。
いつも庭でゴミを燃していることから、人形も燃やす物=ゴミだと思い込み、
3人がかりで着物を剥いだり振り回したりと遊んでいた。
そこへ美人登場。その場で一喝され、庭に正座させられお説教モード。
お説教中、美人はずっと、膝の上に乗せた人形の髪や着物を整えていたそうだ。
その日の夜、3人の家が揃って小火。
理由はまちまちだけど、人形と美人の祟りだってトラウマになっているそうだ。

ところで前述の通り、その時私が見たのは、
『美人の膝に座って泣きじゃくる女の子』だったんだけどね。
不思議な人形の話でした。

154本棚のやる夫さん2012/07/31(火) 03:11:13 ID:LAeZmepI


人形が泣いてる女の子に見えたのか…
あるいは人形が泣いてるのが見えたのか…
怖いわけではないけど、なんとも不思議な味わいの話だね

155本棚のやる夫さん2012/07/31(火) 05:13:25 ID:ot13/Cms

悪気のないゴミと勘違いしての行いと謝罪に対しての小火ってのが微笑ましくて不思議な話ね
ガチの怪談的な呪い・祟りだったらこんなもんじゃ済んでないだろううし…よかったねぇ

157本棚のやる夫さん2012/07/31(火) 09:19:11 ID:gOsgYHiE

人形って魂が宿ると言われてるからなあ‥

関連記事
[ 2020/11/01 19:13 ] オリジナル やる夫でコピペ | TB(-) | CM(0)



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する