やる夫でコピペ 第1706話 ある悩み相談所にアゴの長い男がやってきた

目次

15 : 本棚のやる夫さん : 2012/10/12(金) 16:51:34 ID:Ty/rAfuE
___________ 
|                    | 
|.   心の相談室    | 
|      安い値       | 
|__________| 
 ||            || 
 ||   ∠   ̄ ヽ     .||      _ 
 ||   ! iノ `メ!〉   .||     ノ 、 ' ,    ある悩み相談所にアゴの長い男がやってきた。 
 ||    'z(l ゚ ヮ゚ノ     ||   (● ●).l 
 ||    と!大iつ    ||   (人__) .| 
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   |      | 
|             _     |   |      | 
| ポジティブリーダー|在|室中|   ヽ    ノ 
|              ̄     |  (|    |_) 
|__________|  し   .J 




            / ̄ ̄\ 
          /   _ノ  \ 
          |    ( ●)(●) 
          |     (__人__) 
             |     ` ⌒´ノ 
              |         } 
              |         } 
           |         }       顔の半分くらいがアゴの男である。 
   _, 、 -― ''"::l:::::|         } 
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_ヽ        }、-、_ 
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/ヽ、.,__ __ノ >::::゙'ー、 
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::! 
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::| 
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::


16 : 本棚のやる夫さん : 2012/10/12(金) 16:51:55 ID:Ty/rAfuE

         / ̄ ̄\
       / _ノ  ヽ、.\
       |  (●)(●) |
       |  (__人__) |
          |   ` ⌒´  |
        |        }   「先生!このアゴのせいで僕は馬鹿にされっぱなしです。僕はどうしたらいいでしょうか。」
        |        }
          |       }⌒ヽ
      / ヽ      }   \
     /   ヽ_____ノ  へ  \
     (  ヽγ⌒)     |  \   \
  ̄ ̄ ̄\__/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



                    ,...≦三三三三三三≧..、
              /三三三三三三三三三三\
             /三三三三三三三三三三三三ミ\
            ∧三三ミシ三三三三三三/>三三三ミ\
           ,三三三/ Ⅵ三三三三ミ//三三三三三i\
              ,三三ミ/__   \ミ_,, -‐ =//==コ三三ミハ `ーイ
             .l三三ミ|   ー-、 .` マミ</三三三ミ|三三l
            .i三三ミ|.  _ _       ` =<三三!三三l
              Ⅶ三三| イ笊心       イ笊心 >ミ三Ⅳ
           i ̄ ヾトミ| ト::::::::リ        ト:::::::リ  /⌒ V
           l  l \  Vヽ-'         `ー'   //}´ /    「簡単じゃないですか、
           `> 、  l .|_ |:::        ::::::: / ー .∠_
         -===7三/|. |  ┌‐―‐v   ./ミZ<´ ̄ ̄   まず首まである黒い服を着て、
               /''´./,イ | 、  ー一 ´ , .<     ̄`
               / / | |≦|.  _  ´ |ミ≧x、        そしてアゴの部分を黒く塗りつぶせばいいんですよ。」
                _| 、 . ∨.|       |::::///≧x、
               ,イチ|  \. \__  -―-.,///////≧ 、
            ////.|   `、     イ ̄7//////////≧ 、
          </>、/ _|    l  /   /////////////// ≧z 、__
        /   \/:::::z....__∠,  ̄ ̄//////>   _,,.... ≦///====‐-イ
       /       ハ::::::::::::::::::::/    /> ´ <//>-‐ ''´ \:::::::::::::::::::/
     /  /  ̄/:\ ` ー―.∧   ./ ,..ィチア:::::::::::/     / \:::::::::/
     ./  /   ∧:::::::::`::::ー./ ∧ .// /:::::::::::::::/       /   \/
    ./   /    l  \::::::::::/   ∨ /:::::::::::::::/       /     \

17本棚のやる夫さん2012/10/12(金) 16:52:14 ID:Ty/rAfuE

     __
    /ノ ヽ\
  /.(○)(○)\
  |.u. (__人__)  |
 . |        |
   |           |
 .  |         }    「そんな・・・もし横から見られたらバレバレじゃないですか!」
   |         }
   {        ノ、
   | ヽ____/ |
    |          |



           _
         ,.'´.:.:.:.:.:.:.`:.ー.、
       /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ、
     /.:.:.:.,、:.:.:.:.:.:.:.:_,-、_,ャ.:.ハ ̄
.     ハ:.:.:.:.l \ヽ、{ (*) }":.:.:ハ
.      |.:.:.:.:._!_ \`゙>、ニ_、|!:.,、l      「簡単じゃないですか、
     ヽ.:.:.ヾ ,.-、゙    1i j i゙レァ )
      〉'ヾ、'1cj,!゙   ゙゚ ´ レ<       髪の毛を伸ばして見えなくすればいいんですよ。」
      ヽヽ\        /、―`
        7_.:;>、  、 フ / ̄   ,-,‐ァ         _,.-ッ
        "  `l ー ´ l    /〃,'      __,-―'ラ彡
               !   ゝ_,/ /  'ニフ    /  _ノ´/
        _,.-7/    /   ´_,ノー、    /  ,--'
        ,.ヘ   //     /  /ァ' / !   /  /
      |ヽ  `゙ー――/  /´ ,/  |   /  /

18本棚のやる夫さん2012/10/12(金) 16:52:28 ID:Ty/rAfuE

.                   / ̄ ̄\
           -、      /  ヽ、_  \
         /  /     (●)(● )   |
          |  ,      (__人__)     |
          l  |      (`⌒ ´     |
      ┌―}  l  .     {           |
      ┌‐| lノ   〉      {        }
    「1( ̄ `ヽ /        {       ノ        「近くからみたら絶対ばれちゃいますよ!」
    └イ ̄フ  {       入      / 、
      l 〈   ノー- 、    / ヽ__ ノ  └i
      ゝ _ノ   /\ / /   r┐! l    \
         |      /  |'  //⌒Vー'| 厂\  \
       \  r'´       ,//   l  / /   \  \
            ` <. __///   / / /    /   /



         ,ィ三三三三三三三ェz_
       ,イ三三三三三三三三三、 ̄
.       /三三三三三三三三三三ム
        チ三リ弋三三三rレ-弋三三三i
      l三三l  `¨弋彡l|三弋三三ミリ
      l三三l-‐‐- 、  `~>zt圦i|三リ
        V三ミi rニz,     hzり |/-ハ      
       Vヌミ,` hxリ     `¨´  l ノノ
       l f へ.`~´       イ===-   
       丶-zェ、   t -‐ァ /ヾ=、
         / '´イ' 丶、 ` ´ イ          「始終タバコをふかしてれば良く見えませんよ。」
    _         '´   l    |
    l `、       r-!    `=i
     ', i      / .{´      `> \
      !. |γ、  ./_  `、    ./   -\
    r' _,Li_〈 ,/-、`、 t-‐‐‐./ // ̄ \
    〈'´ ==}    `丶`丶  ///     \

19本棚のやる夫さん2012/10/12(金) 16:52:47 ID:Ty/rAfuE

       / ̄ ̄\
      /   ノ 丶\
     .|   (○)(○)|
      |.   (__人_)│
      .|    `i  i´ |
      `'''⌒)   `⌒  | '⌒)    「子供とかに下から見られたらばれちゃいます!」
      ,.r'        } ,.r'
      {       }
       .{         }
       ヽ       /
        `''ー─‐'"



             ,....:::-――-...、
             ,..:::´:::::::::::::::::::::::::::::::`::...、
         /:::::::::::::;ィ:::::::::::::::::::::::::::::::::::\
        /:::::::::::/ l::::::::::::::::::_::::::::::::::::::::::\
          /:::::l:::;/   ヽ__::://:::::::::::::::::::::::r、:ヽ、
        l:::::,.l:/、`     マ:::ァテ==!::::::::::::::::l  ̄
        l::/ .|'/r}     ̄V/::::::::::::l:::::::::::::::::l
       `l/ / じ′     ア心、::::::::!::::::::::::::::;!     「その服に骸骨のプリントを入れて、
         {       に.ィリヽ::::l:::::_:::::::::/
         ヽ `     ` ´   y/__ ヽ/       『殺す!殺す!お前もこの俺の様になるのだ!』
           ヽ t‐ ァ     ,.∠∠ノ ,/´
           ヽ.二.   - ´ iヾーャK         とそえて入れておけば、怖くて誰もみようとしませんよ。」
             |      ト.、ヾ|\!
             |    ,...::´::::ヽ
         .    /|  /:::::::::::::::::ヽ

20本棚のやる夫さん2012/10/12(金) 16:53:03 ID:Ty/rAfuE

   / ̄三\
 /;;;; _ノ 三 \
 |;;;;;;;   ( ○)(○)
. |;;;;;    (__人__)
  |;;;    ` ⌒´ノ
.  |;;;;        }       「そんなかっこで、怖い人たちにからまれたら・・・」
.  ヽ;;;       }
   ヽ;;;      }
   /      }
   | ヽ___ノ
    |    |ヽ、二⌒)



               ____
              ,..zチ三三三三三モt、
          ,ィチ三三三三三三三三モt、
        ,イ三三三三三三三三三三三モt、
       /.三三ア"l三三三三三三三三三三t、
       ,' .三ア´  V三三三//三三三三三ーニミt、
      ;.三アl `ヽ   マ三ニ=',.'ニニ]三三三三li
        lニ/ l,.ィハ    ゝミ7./三三三三三三il
      l/  l. lhミl    ,..二マ三三!i三三三三!
.         l ゞ '    ん'卦ヾ三!l三三三ミ/    __
        、       ヤ彡゙  ヾチ=ミア゙    ,'  V   「そんな時はそのアゴでぶちのめしなさい!」
         ヽ            ,_'ノ´}` l'´.     ,'  ./
.          ヽ. 「  フ   ,. '「、ー_'_,.ィt、      ,'  /
           ヽ--‐r '"   .Vヾミli ̄ ̄   .ノ ./、
               ',     ヽ.ィュ`   ,. '"    .  ヾ゙':,
               l!   ,.ィチf゙'ー=-‐ '"   ゙'ー'ヽ、 .〉':、
               ,.lレチ三チヽ...,---‐-、    ./ / ./ヽ.
               〈三ヂ'" /l三l!    `'ー-ォ<! ,'_/ /
                ,.'"´   /. l三li、    ,.'リ´ l! ` 〈_/

21本棚のやる夫さん2012/10/12(金) 16:53:22 ID:Ty/rAfuE
元ネタ

86:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/08/31(水) 22:55:52.21 ID:nhwM0+/h0
ある悩み相談所にアゴの長い男がやってきた。
顔の半分くらいがアゴの男である。

「先生!このアゴのせいで僕は馬鹿にされっぱなしです。僕はどうしたらいいでしょうか。」

「簡単じゃないか、まず首まである黒い服を着て、
そしてアゴの部分を黒く塗りつぶせばいいんですよ。」

「そんな・・・もし横から見られたらバレバレじゃないですか!」
「簡単じゃないか、髪の毛を伸ばして見えなくすればいいんですよ。」
「近くからみたら絶対ばれちゃいますよ!」
「始終タバコをふかしてれば良く見えませんよ。」
「子供とかに下から見られたらばれちゃいます!」

「その服に骸骨のプリントを入れて、
 『殺す!殺す!お前もこの俺の様になるのだ!』
 とそえて入れておけば、怖くて誰もみようとしませんよ。」
「そんなかっこで、怖い人たちにからまれたら・・・」
「そんな時はそのアゴでぶちのめしなさい!」



   ∠   ̄ ヽ
    ! iノ `メ!〉
    'z(l ゚ ヮ゚ノ  ユア ライフ チェンジス エブリシング!
    と!大iつ  放てそのアゴで!聖なる戦いの荒野へ!
    く/|_lヽ
     し'ノ



              ,.;:;;;;:;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ_
             ,  .::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:`ヽ
           /;;;;;;;;;;;;;;;;;;ィ彡;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
           ヽ;;;;;;;;;;;;;;;ィィ彡;;;;, -‐''^ヽ;;;;;;;;;;ヽ
           ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;,r'       !;;;;;;;;;;;;〉
            ヽ;;;;;;;;;;;ハ        !;;;;;;;;;;/
              `ハミ   ⌒  ⌒イi;;;;/
              いミ!  ( ◎)(◎)ハ
              . ',し!   (__人__)N     わかりました。
                   ハ!   ` ー´ノソ     ポジティブリーダーの言うとおりにしてみます。
             /::/::i 1  ;;;;;;.  ト、
              /:::::/  ! 1  ;;;;;;;;.  ト、 ヽ
.          /::::::::::::::   ! 1 ;;;;;;;;;; ハ:::::::::\
.        /::::::::::::::::::::::.! ! 1 ;;;;;;;;;;;; ノ 〉::::::::::::\
.       /:::::::::::::::::::::::::::::::: ', `""""フ /::::::::::::::::::::::\
     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ̄ ̄ ̄ヽ:::::::::::::::::::::::::::\
      |:::::::な::::俺::::お::::::::::::::レr‐、 r‐、 l|:::::::::殺::::殺:::::::::|
      |:::::::る::::の::::前:::::::::::::〔 l:::::八:::::} 〕:::::::す::::す:::::::::|
      |:::::::の::::様::::も:::::::::::::::ト ̄ ^  ̄イ:::::::::!::::!:::::::::|
      |:::::::だ::::に:::::こ:::::::::::::::| [l[[[l]│::::::::殺::::殺::::::: |
      |:::::::!:::::::::::::の::::::::::::::.ヽ-----' ::::::::: す::::す:::::::::|

22本棚のやる夫さん2012/10/12(金) 16:56:45 ID:6wHbCqXE
おっつ
わざわざAA作ったんかwww

23本棚のやる夫さん2012/10/12(金) 17:11:58 ID:Mwq6yx6A
クソw 最後のAAでww

24本棚のやる夫さん2012/10/12(金) 18:08:03 ID:cZInel8M
これはwww負けたわwww
乙www

28本棚のやる夫さん2012/10/12(金) 23:39:41 ID:gKfwsuq.


そのひとコマのためにAAを作った努力を買うw

関連記事
[ 2020/11/10 00:54 ] オリジナル やる夫でコピペ | TB(-) | CM(0)



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する