やる夫でコピペ 第1877話 ある夏に近所の神社の縁日でたくさんの屋台が出ており

目次

752 : 本棚のやる夫さん : 2013/03/31(日) 01:18:36 ID:LIXoPdtI
\ー──┰―‐t‐─┰─‐t‐─┰─‐t‐─┰─‐t‐─┰── / .|
\\  ( 深 ) <> ( 夜 ) <> ( @ ) <> (.七.) <> (.冠 ) //| |
  \\   ̄  <>   ̄  <>   ̄   <>  ̄   <>  ̄.// _,.| |
   \\   <>     <>        <>      <> // -l7 || |
ティー.| |\__________________/| ,//YL _.||| |
___| |  \  O  O  O  O   O  O._/ |.l___|| |
_____ |__|     ┌─────┐   L____|________|__
      ||j|j||lj||     └┐┌─┐┌┘   |    ||.        ||
      || ̄ ||     ┌┘└─┘└┐   |    ||.        ||
      ||   ||      ,、、┐┌─┐┌┘   | ,、_,.|| ∧∧.   ||
      ||__..||   狛 .(゚ロ゚). |.   | |  的 |.(・v・||/台 `§、||
~⌒\   ||  /i _□_.(lyl)|__,!__!__|_ '⌒ヾ!_,:'⌒ヽ.| (∀^.iミ三ミ||
゚ ◇ ゚ )┌i/ .┳    uu     ¶  . '´ ヾヽ  ¶|\\ (∀^ヾ!!
‘ 。‘))/rヽ ○○○    。☆。    ヽ./ iヾ、_,リi〉ノ,|  \\{____ ||
*`y勹う.l | (’ヮ’0)   .|OlOl0|    ¶ .! 《. ゚ヮノ》  \  \\ ||
// .l_|__|/.c'c'*)   (´∀` )    Vi. (|゚。`y'。i)    \  \ヾ|
/    |/  (.フ、)   ./ヽ/:::ヽ.  . ¶_人 Uiニニ|J、_¶    \
     /         .じiニニ|、j      `ゥゥ'
     ./          |::::::::::| 



        r‐- 、. ___ ハ
        l iヽ ヽ´   `ヽ!、
       /´.!       @  o)
      Y  `´    , -ー 、__ヽ
      l       /::..:::...ヘ、::ハ´
      i      /:..::::ノ   ヽ:::)
      ゝ___ノ :/:..:::( ( ●) l:(
.      ハ::ノ::::ノ:::::ハ  ,, r‐ァl ::)
      ´  .)Y   y.´     ̄,y
          /⌒ トー‐i´
         ./  /`ヽ___i
        /  /    l
      ___/  /     /
     (_⊂_ノヽ__  /
             ̄l
┌───────────────────────────┐
│私がまだ小さかった時に体験した話                 ..│
│                                       .│
│ある夏に近所の神社の縁日でたくさんの屋台が出ており、    .│
│そこで『べっ甲飴』の屋台が出ていました              ...│
└───────────────────────────┘


753 : 本棚のやる夫さん : 2013/03/31(日) 01:18:54 ID:LIXoPdtI
         / ̄\
        |     |
         \_/
          |
       /  ̄  ̄ \
     /  \ /  \
    /   ⌒   ⌒   \
    |    (__人__)     |
    \    ` ⌒´    /
    /ヽ、--ー、__,-‐´  ☆
   / >   ヽ▼●▼<\  ||ー、.
  / ヽ、   \ i |。| |/  ヽ (ニ、`ヽ.   + ☆
 .l   ヽ     l |。| | r-、y `ニ  ノ \   x +  ☆
 l     |    |ー─ |  ̄ l   `~ヽ_ノ  * ,   x +
   ○     .@     .□     .△     .☆ * ,
/─|────|────|────|────|───
 /⌒\  ./⌒\  ./⌒\  ./⌒\  ./⌒\  .|
.(___).(___).(___).(___).(___) /


       r 、.     ,、
       l ヽ,,, -ー -', l
       /  @ o  @ ヽ
      Y , ヘ^ ⌒ ^^⌒ヽ ヽ
      l γ::..:::::..:::...ヘ、: : : ハ j
      `ノ :ノ...:ノ ノ  ヽ ::::::)  キラキラしててすごく綺麗なのだ
      リ::::::( ( ⌒) (⌒::(
.      ハ::::ハ  ,, r‐ァ j) )   それに美味しそうな匂い・・・
        Y ヽ    ̄イ' y
        / 'ヘ   j ̄ヽ
       /、  ヾ /    ヘ
┌──────────────────────────────────┐
│飴は小さくてまるい物という認識しかなかった私は、                   │
│色付きガラスの様なべっ甲飴とむせ返る様な飴の甘い匂いにわくわくしました   │
└──────────────────────────────────┘

754本棚のやる夫さん2013/03/31(日) 01:19:12 ID:LIXoPdtI

   γ::::::::::::::::母::::::::::::ヽ、
   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
 γ:::::::::人::::人::人::::人::::::::ヽ
 (:::::::::/   _ノ   ヽ_\:::::::)
 \:/     (●)  (●)\ノ  綺麗だけどこんなに食べきれないでしょう
.   |       (__人__)   ,|
   \      `⌒´  /    それに虫歯になっちゃうわよ
    /         ヽ


            ,、        ,、
         l ,ゝ- ー-_ノr' :l   ┛┗
        ,r' @ q  @  ゙ヽ ┓┏
       i' ,r'⌒^^ ⌒ ^ヘ ,  Y
       (:.ハ : : : ,ヘ...:::..:::::..:ヽ  l
       (::::::`ヽ'  /、(,:...〈,::`}   いいもん! 一人で見てくるから!
        ):: >) (< ) )::::::リ
         ((i  r‐、 ''  ハ::::ハ
         Y''ヽ ー'  ,ィ'ノ .:y
          V:丁レ/:/ノ:::::ヽ
        rヘ,、ノ:/7:「⌒Y::::::: |
        ヽァ'::ヽ{::::::〉¨´:ヽ:/::|
         \__ノY:::ヽ:_ノ::: |
┌────────────────────────────────────┐
│一緒にいた両親は『綺麗ね』とは言うが、『虫歯になってしまう』                │
│『こんな大きいのは食べ切れない』などの理由で買ってはくれず、               │
│べっ甲飴にすっかり魅了された私は次の日から毎日屋台を一人で見に行っていた    │
└────────────────────────────────────┘

755本棚のやる夫さん2013/03/31(日) 01:19:29 ID:LIXoPdtI
            / ̄\
          |     |
           \_/
           __|___
        /      \      また来たのかいお嬢ちゃん
       / ─    ─ \
     /   <●>  <●>  \    今日で店じまいだし、欠けた小さいやつなら一個やるよ
     |  :::::: (__人__)  :::::: |
      \.    `ー'´    /ヽ  食べ終わったらちゃんと歯ぁ磨けよ
      (ヽ、      / ̄)  |
       | ``ー――‐''|  ヽ、. |
       ゝ ノ      ヽ  ノ  |
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



       ,. ----- .,    ____      ___
       ', ',\   `'"´      `゛ー 、'"´  ,. --, `,
       ', ', \  ヽ             く  / /
        ', ',/  ◎ ,ヽ 、 ____   ◎  ヽ/ /
        λ   ,. - ''"// /ト、`゛- 、     /
          `ヽ /: : : ;ハ‐人 :__: 人‐ハ:   /
            /ヽ : : /         ‘,  l
              ⌒iヽ/ | ,x:=ミ    ,x=ミ、∧ /    おじさんありがとうなのだ
                |:{ |: |.:.:.:.  __  .:.:.:.|: |
             `|: |   {    }   | /
              从\ 丶  ノ  /ν
                 >┬┬<
                /: { }} ∨ {{ }:l:
┌───────────────────────────────┐
│数日続いた縁日の最終日になり、その頃には顔馴染みになっていた   ...│
│べっ甲飴屋のおじさんは最後に棒付きの小さいべっ甲飴をくれました  ......│
└───────────────────────────────┘

756本棚のやる夫さん2013/03/31(日) 01:19:48 ID:LIXoPdtI

      ,、       ,、
      l ,`- ー- ,,,,r' l
     ,r' @  o @  ゙ヽ
    i' ,r'⌒^^ ⌒ ^ヘ ,  Y
    (:.ハ : : : ,ヘ...:::..:::::..:ヽ  l
    (:::::: ,ィ'  ヽ、 (,:...(,::`}   どこで食べようかなー
     ):: ⌒) (⌒ ) )::::::リ
     ((i  r‐; ''   ハ::::ハ
      Y''ヽ    ,ィ'ノ .:y
     / ̄'i   /'  ̄ ̄ヽ
  /、 ヽ  !、 /   〈 `ヽ
  ハ ヽ Y`l   Y     ヽ  ヽ
 { ヽ_ゾノ    i!    「 ヽ ヽ
 `¨´、  ヾ    i!     .l  >  〉


         ____
        /      \         べっこう飴か
      /         \
    /   (●) (●)  \l⌒l    これも持っていきな
    |   (トェェェェェェェェイ)   | .|
    \  \ェェェェェ/   //

┌────────────────────────────────────┐
│私は早速どこかで座って食べようと境内を見渡しながら歩き、                 │
│他のおじさんにも『これもやるよ』と砕けたべっ甲飴が詰まった袋をもらいました。    ..│
└────────────────────────────────────┘

757本棚のやる夫さん2013/03/31(日) 01:20:07 ID:LIXoPdtI

               _ ______________ _
              (::.);;::.,-、________,-、..:;;(.::) ゞ;::;;;;:ゞゞ:.:ヾ::. ヽ
                     |;: !            | :;|  ゞゞ:;ヾ ソゞ:::ゞ:;ヾ ゞ
                     |;: `ニニニニニニニニニニニニ´ :;! :;ヾ ゞ:  ;: ::ゞ:;:; ゞ;ヾ ゞ
                     |;: |´          `| :;| :;ヾ ゞゞ:; ゞゞ:::ソゞ :ゞゞ
                     |;: |            | :;| ヾヽ::ヾソ;;;:;ヾ ゞゞ:;::;;;;:ゞゞ:;
                     |;: |            | :;|  ヾヽ::  |li/ ゞ ゞ:; ゞ:;ヾ
                     |;: |            | :;|   ヾ;li/::ゞゞ: ;::::ゞ:;ヾ ゞ
                     |;: |            | :;|    ゞ:;ソゞ'li|ヾ:li!:;ヾ ゞ
                     |;: |            | :;|       |li| li|:::ゞ'
                     |;: |            | :;|       ヽli//
                   ,i';;`^:〕          ,'^';,(;;〕       | ;il|
                ,';,;) 'l; :.`!、______,.!:;'「:' ;.:'ヾ,       | ;il|
              /^`'"''ー゙''"         ゙''"ー"゙''"\    | ;il|
           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ ,'l;i::ヾ


     i  ヽ                      //i
     │   \      ,,,、--─  _,,,_/ / i
     |  \ \_,,ィ'⌒~       ¨´ ~`〈::::i
     i   ::)    @        @   ヽl
     i   ;;          .,、Ω        ヽ
     i  ノ       _/|f´ l |\ノヘ ..   i
     i      ヽ ノ´| :.:.:.:.:.i::::|::::;i:::,'  \::、 `ヽ
     i        l/:.:.:.:l::::ii:::::./ |::/i:.:.: ';:::: ト丶  !
     i   と__ノi:/ :!::l:::l_l::/  !/リ_ソ:.|:.i: l::::|:.:ヽ:|ノ
     {   ィi/:.:.||::ハ,'|‐|- _ `  孑‐- 、|/:.:|:.:.|:.:.:.| l
      !  /∨|:.:.:.|i::/  ‐ヽ    ‐  ¬/:.i:: リi:.:.ノ乂
      i  i::γ \|.:.|,ィニニミ,    ,ニ 、| }i:.:.:ル|:i    甘くて美味しーい
      ヽ i:.:|ゝ く:.:i| ,,,        '¨⌒ヾ i:.:l:::::.|:|i
       マ : |:.`vヽi、       '   ''' '::{::::i::::〉     最後にあのおじさんにお礼言って帰るのだ
        / : :|:.:.:.|:.:|:::..、   ー -   ,イ:.:i::::|iイ
      .〈::i::: ヽ:.:.i:::i::::.个 、   _,   ':::/:.:.l:::iリ
       ヾ:/   ヾiヽ イ` 、      { 〉、_イレ     @
           /  ̄    ヽヽ____/ /  ̄ \   ∥

758本棚のやる夫さん2013/03/31(日) 01:20:27 ID:LIXoPdtI
     ,、       ,、
     l ,`- ー- ,,,,r' l
    ,r' @  o @  ゙ヽ
   i' ,r'⌒^^ ⌒ ^ヘ ,  Y
   (:.ハ : : : ,ヘ...:::..:::::..:ヽ  l
   (:::::: ,ィ'  ヽ、 (,:...(,::`}
   /):: へ) (へ ) )::::::リ   おじさん、さっきはありがとうなのだ
  ./ ((i  r‐; ''   ハ::::ハ
 〈  くY''ヽ    ,ィ'ノ .:y   べっこう飴とっても美味しかったのだ
  ヽ / ̄'i   /'  ̄ヽ
   ヽ〉  !、 /    ヘ
     l    Y     i l
     ヾ ..   i!    イ l



       / ̄\
      |     |
       \_/
         |
     / ̄ ̄ ̄.\
    /   ::\:::/::\
  /     ,<●>::::<●>.\  はは、もう食っちまったのかい
  |     /// (__人__)/// |
  \      ` ヽ_ノ   /
    ヽ    , __ , イ
    /       |_"____
   |   l..   /l 片付け中`l
   ヽ  丶-.,/  |________________|
   /`ー、_ノ /      /

759本棚のやる夫さん2013/03/31(日) 01:20:47 ID:LIXoPdtI
                     r‐- 、
                       /    >=二 ̄`` ヽ_
                       { , イ: : :/ ヽ: : : ヽ  ○  ̄ ̄ヽ
                 /:〃: : : :仏: : ヽ: : : ヽ-、      }
                   /: :イ: : :{: {ミW', : : ', : :.|:ヽ: ヘ  / /
                   ,': : : {: :.ハ: |   ', : : }: リ|: : ', : i_  ∨
                   |: : : ヽ: |-r!    }: :-!/、ト: : : i } ヽ. i
                   |イ: : : }、lんハ  ハ: :リ  ! }: : /: } ! |
                   | !: : 小弋ソ    ィ" ヽ イ: :/、ヵr !   まだこっちにもあるのだ
                   !八: {:八   '_     ' !レ /) { /
                      〉!: : :ヽ  マ }  /´) ィ¨´: : ∨    他のおじさんにもらったのだ
                   ヽ: : : : : :>r- イ'{ {: : :{/: :イ
                     /´ ̄j¨¨リ  r_-! {: :从: /
            /´⌒ヽ /- 、 /ヽ _f¨    }´_ゝ\
             オ     Y  ∨ヽ   `{    !´   }
              {// ィ/ } 〃 ̄ 只=≦',  リ     !
           しゝ1   | /   / .l   |   |   ,'
        \ヾM//.  ! |   ’ |   }  ',  /、
       / /ヽ~ \... /.|         {.   ', //
      /.   /|   /| \...|        ',.     /´
    ,r'.   / .| / /.   ミ、.      ̄‐-ヽ_ノ
    |     ̄ > \_/.   |
    |    />.        |
    |     ̄./>      |
    ヽ_______/



           / ̄\
.          |    |
           \_/
         ___|_
       /     \
      / \   / \    ・・・ん!?
    /  <●>i!i!<●>  \
    |  u , (__人__)    |   その袋、ちょっとよく見せてくれ!
    \    .`⌒´    〆ヽ
     /          ヾ_ノ
    /rー、           |
   /,ノヾ ,>         | /
   ヽヽ〆|         .|

760本棚のやる夫さん2013/03/31(日) 01:21:08 ID:LIXoPdtI
.      ヽ  ...l .l       ,!   \   l三L  .r|    iゞ   .!  ./  ./ i′       ,./     ., -'''″
-、、     ヽ  " ヽ.      !     \  .!三l /│  ./    │ ./   ./ /       ./  _,、,/
  `''-..、   .!'、、  .\    /         ヽ.,!三三三} ,i、/     l‐l゙  ,ノン゛      ,,/,..-‐' /
、    `''、, .l  \   ヽ  │           l゙三三三| / . l′   ./ .! シ´       ./    /
. ゙''-、    .\.l   .`'-、.ヽ. !        /.三三三|/  .l    ,l lン゛      . /    /
   `''-、.   ..゙!、     ゙ゝゝ         /三三三三 !、  l   ./ | ."     . /     ./        ... -ー''',゙
.       l    ヽ      ト、、    /三三三三三 l. !!  ./ ;;l゙     .,,./       ./      , / _..-'"´
.       l    ヽ    ..l三゙''-、__/三三三三三三 ∨} / 三|   .,ン/'゙    .,/;∨  ー―ー'、,..-'″
        l     `-、   ヽ三三三三三三三三三三 テ三三| .,..‐゙/  . _..-'"三r'" ̄ ̄ ̄ ̄"
.、、         l.     .゙i..、  .ヽ三三三三三三三三三三三三 !‐"; / ._..-'''´三三/  __,、  __. ..,.. - ̄ ̄ ̄
  ゙'';;- ___l      ヽ`'-..,, ヽ三三三三三三三三三三三三 l゙‐'´三三三 iiン-‐''゙゙´三三三 ゙̄ii./ ″
¬ー-___--ー''''″    __⊥三三`ゝ三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三二=―---
.―- __、._..-''" ̄ ゙̄'、三iv.三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三二― ̄ ̄ ̄ ̄
    _.. ‐'″       ヽ;;;゙'' ┌───────────────────┐--、_ー¬'''"゛   _____
_-'"゛            !.....│袋の中は『割れたガラスの破片』でした     .│ __,゙ゝ、、  _..-'"゛
                   〉 . └───────────────────┘...‐'' ̄ン'"゛
 ̄――--___,゙'-、,、  ,/三三三三三三三三三三三三三三三三v-、三三三三三三三㍉、゙''ー ,,_
             `'ジ7"三三三_,,vi丶三三三/.i三三三三三三三三ヽ_ `|三三三三o三三三゙!ミ-/  .`\__、
.      _,, -'' /  ./ ;;.,r‐'''"゛ ./゙三三三/ .、 |三三三三三三三三三~ 三三三三\ .`゙'''ー-ゝ `'-、、 ‐. ̄ ̄
   _..-''´._ /   / ./   、 l三三三/  / .!三三三三三三三三____三三三三三l,_       `゙''''ー-
^'''" _ /    ./,./    .,/-l三三三/  _,!__/三三三三三三三三三゙'''ー、, `'''ー ..__三三゙'-、
._..-'"     ,/;i./ .ー ̄^゙'、.,..-''゙三-''7;i,゙_‐´ .,./ 三三三三三 ! ヽ三三三三三゙ゝ、__二ュ三三ヽ、
.     _.. -゙‐─^゙~゙''ー ../゙'''ク´   /三三゙'゙三三三三三三l′ |三三三三三三,____三三三、三三`'、
__‐''"            /     l三三三三三三 /.l三三ヽ .!三三三三 |     ̄ !.、 `'''ーxy..ミll― .__
               /     l丶;.,./ 三-、三/  .l三三三三、三三三|      .| .!     `'-,,ヽ、
                /     ./ /  / ゛  ..l′   .l三三三./ \三三|      .| .|       `'ヽ、
_,,.. -‐''''^゙ ̄ー―┐       ,/'"  /      l,    .ー!'、.;;ノ    `''''、;;.!     │.ヽ            `'-、、
        / /      ,/    ./       .,イ     .! \         ゙' li      ヽr'"'、,
     ,/゛ .`./     /     ./       / .!     .!   ヽ       .ヽ      ヽ  .|'-

761本棚のやる夫さん2013/03/31(日) 01:21:26 ID:LIXoPdtI

\ー──┰―‐t‐─┰─‐t‐─┰─‐t‐─┰─‐t‐─┰── / .|
\\  ( 深 ) <> ( 夜 ) <> ( @ ) <> (.七.) <> (.冠 ) //| |
  \\   ̄  <>   ̄  <>   ̄   <>  ̄   <>  ̄.// _,.| |
   \\   <>     <>        <>      <> // -l7 || |
ティー.| |\__________________/| ,//YL _.||| |
___| |  \  O  O  O  O   O  O._/ |.l___|| |
_____ |__|     ┌─────┐   L____|________|__
      ||j|j||lj||     └┐┌─┐┌┘   |    ||.        ||
      || ̄ ||     ┌┘└─┘└┐   |    ||.        ||
      ||   ||     └┐┌─┐┌┘   |    ||       .||
      ||__..||   狛   ||.   | |  的 |   ||        .||
      ||  /i _□__|__,!__!__|_____,□__|\  ||        .||
      ||/ /                        \\|\\      !!
     ./|   /                     \|  \\   ||
   /  | ./                           \  \\ ||
 ../    | /                             \  \ヾ|
/      |/                             \

┌────────────────────────────┐
│もし「砕けた飴」の方から食べ始めていたら…            .....│
│今でも縁日に行ったり、屋台関連の風景を見ると思い出します    .│
└────────────────────────────┘

762本棚のやる夫さん2013/03/31(日) 01:21:45 ID:LIXoPdtI
元ネタ
373:べっ甲飴 1/3:2013/03/13(水) 03:18:05.72 ID:Mba0u6UI0
私がまだ小さかった時に体験した実話。

ある夏に近所の神社の縁日でたくさんの屋台が出ており、
そこで『べっ甲飴』の屋台が出ていました。
飴は小さくてまるい物という認識しかなかった私は、
色付きガラスの様なべっ甲飴とむせ返る様な飴の甘い匂いにわくわくしました。
一緒にいた両親は『綺麗ね』とは言うが、『虫歯になってしまう』
『こんな大きいのは食べ切れない』などの理由で買ってはくれず、
べっ甲飴にすっかり魅了された私は次の日から毎日屋台を一人で見に行っていた。

374:べっ甲飴 2/3:2013/03/13(水) 03:20:59.72 ID:Mba0u6UI0
数日続いた縁日の最終日になり、その頃には顔馴染みになっていた
べっ甲飴屋のおじさんは最後に棒付きの小さいべっ甲飴を
「(食べ終わったら)歯ぁー磨けよ~」と言いながらくれ、
私は早速どこかで座って食べようと境内を見渡しながら歩き、
他のおじさんにも『これもやるよ』と砕けたべっ甲飴が詰まった袋をもらいました。

375:べっ甲飴 3/3:2013/03/13(水) 03:31:14.55 ID:Mba0u6UI0
境内の脇でもらった棒付きべっ甲飴を食べ、途中でそろそろ帰ろうと
べっ甲飴屋さんの屋台の前を通り「バイバイ、飴ありがとう」の意味で手を振ると、
べっ甲飴屋のおじさんが片づけをしながら『もう食ってるんか』と笑いながら
話しかけてきたので、私は「まだこっちもある」と砕けた飴が入っている袋を見せました。
するとおじさんはじっとその袋を見ると、こっちへよこせと手招き。

袋の中は『割れたガラスの破片』でした。

もし「砕けた飴」の方から食べ始めていたら…
今でも縁日に行ったり、屋台関連の風景を見ると思い出します。

            ____
          / ::::::::::::::::\
        /  :::::::::::::::::::::::\
       /   ::::::::::::::::::::::::::::::\
       |    (〇)::::(〇):::::::::::| チッ
       \  (トェェェェェェェェイ)::/

763本棚のやる夫さん2013/03/31(日) 01:24:33 ID:waBNx122
乙乙  ゾッとしたわ

765本棚のやる夫さん2013/03/31(日) 01:27:30 ID:4HyQsF2I
乙乙
質悪いなぁ、おい

766本棚のやる夫さん2013/03/31(日) 01:35:29 ID:z.VmB5Ec

悪意ってのは人や場所を選ばんのだな……

769本棚のやる夫さん2013/03/31(日) 01:47:44 ID:lRFcec8U

おいいい!ほのぼの話かと思ってニンマリしながら見てたら……

関連記事
[ 2020/12/01 18:29 ] オリジナル やる夫でコピペ | TB(-) | CM(0)



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する