やる夫でコピペ 第1912話 ここに書き込みますが、これは実話です

目次

853 : 本棚のやる夫さん : 2013/05/07(火) 00:03:56 ID:Uku/r.GQ

           ,,.: ''''""~""'''‐.. 
        /          \ 
       / --‐     ‐--     \ 
        / ( ● )   ( ● )      `、   ここに書き込みますが、これは実話です。 
      /´                  ', 
      i        、               ',  ひょっとしたら怖くないかもしれませんが書かせてもらいます。 
      !     ─ ー -            | 
     \                      ,.' 
       >                / 
      /       -----‐‐‐'''"~  \ 



     ____ 
    /       \ 
.   /  _,ノ    \ \ 
  /  (●)  (●)   l  ┌....、 ) _ 
  !        ´     !, ― 、_i/ _ _\ 
  丶、     ‐─   /::、_,.イ::::::::` .....ゝヽ 
   ≧         ,イ:::,イ/  i:::::::::::::::::::∨,イ 
  /     ̄  /::::ノル'   }八{::::::::::::::',:::i 
 /           i::::::i ∩   ∩j丿:::::::}::::l    いや、実際に体験した僕と僕の死んだ彼女にとっては、 
 !  /      j从l ∪   ∪ゝ::::::::/::从 
 、 イ        (    __   ノル':イ::::::::/    身の毛もよだつ恐怖体験でしたが。 
    |          ‐-´ _ `_ <::::::::::::::{ 
    |           //ヽ/イ....i:::::::::::::::} 
   l    r― 、 i'...../../..........!....ヘr― ,ノ 
.      / i'.:.、_〇 -‐‐-..、∧.....', 
    、_/  ‘,.:.:i.:.:.',|i:i:i:i'.:.:.:.:!ゝ!....ヘ 
           丶--┘` ̄ 、_,' └ 〇


854 : 本棚のやる夫さん : 2013/05/07(火) 00:04:22 ID:Uku/r.GQ

         ____
       /     \
      / _,ノ    \ \     『怖くないかも』というのは僕の文才の無さと、
    /  (●)   (●) \
    |      ´       |    ところどころ記憶が曖昧になっている点があるからです。
    \      ⌒     /




       ____
     /      \
    /  ─    ─\       そしてやはり文章では僕達の体験した全てが伝わらないと思います。
  /    (_)  (_) \
  |        '      |      長くなるうえ、わかりにくいかもしれないので、もし面倒な方はヌルーして下さい。
  \      ⌒   /
   ノ           \

855本棚のやる夫さん2013/05/07(火) 00:04:39 ID:Uku/r.GQ

          ____
        /     \         でも正直ヌルーされたくないのでコンパクトにわかり易くまとめます。
      / ⌒   ⌒::::\
     /   (●)}ili{(●)::::::\      是非みんなに読んでもらいたい。
    |       __´___   :::::::|
    \      `ー'´  ...:::::/



                 -==,'///ゝ-=、_,r==,、
                 ,////////Vヾ{___ `
                 ィ///////////////`ゝ、
                 リV/////////////////r、
                  ///////////////////.|
  __              ///////////////////人'、
  ヾ゙ゝ、            ///////|V//////////ソ
    `ヾヽ、         ////////| \////////'    そうじゃないと杏子が、死んだ彼女が浮かばれない。
      `ヽヽ、   ,. イ////////|_「////{`ヾ'´
        ` ヾヽ 、 /////////| !//////////ヽ     地獄の業火に焼かれ、苦しみながら死んでいった杏子が可哀相で・・・
            `Y/////////レ////////////ヽ
             |/////////'//////////////.ヽ
             |li///////,/////////////////ヽ
             |i l//////////-、////////|\///.ヘ
              .V///////  V////////|  ヽ///ヽ
              ヾ//////ゝ,  |////////ヽ  ヽ//r=、
                、iiゝ////ヽノ//////// |`ヾ、ヽ「/// ヽ
                 ヾ 、///,Y/////////A  ` ヾ、////!
                   V//////////////ヽ    =i//ヘ

856本棚のやる夫さん2013/05/07(火) 00:04:51 ID:Uku/r.GQ

          ____
        /     \
      /        \      それではお話させて頂きます。
     /  \    /  \
    |    (●)   (●)   |      あれは大学2年の夏でした。
    \      ´   u /
    /     ⌒     \



i    /    / |  \|/
|       /   \/
   /   / ,へ      _--                         (
\   /   Υ  -─  ̄                          (´~
  ヽ    -‐  ̄                            (´⌒´"
.  |   ── ──── ─ ─── ‐‐ ‐         ゝ-'´⌒´ ( (,,,,,
  /    へ、                      (´⌒''´`´   (,,,,,´(⌒ヽ
/   ゝ   ヽ    ヘ                (´~' (´( (⌒` (´⌒´       その年は日韓ワールドカップが開催され
  *\  \    ヾ        ヘ            ̄ ̄`ー─── ─- - ---
  ヾ *    \     ヽ        ヘ                     日本中が盛り上がっていた年でした。
l   \ △     \     ヽ           ヘ
|   、     .,へ             ヽ              丶         すごく暑い夏だった、というのを記憶しています。
    t     Υ  \     \       丶
.|    ヽ     .,ゝ、          \     ゝへ、
.|     \   l   l  \       \  l   l
 |    \   ` ´ /\\       ヽヽ /
 |            | / |\\         丶     /\ /\
 |      \    \|/  |  \         /  /\  \
 |       \   ヾ \ /     \       |    |   |   |
  |        \      `´         \     \   !         !

857本棚のやる夫さん2013/05/07(火) 00:05:06 ID:Uku/r.GQ

       ___
     /   ヽ、_ \       あ、違いました、大学4年の秋の話でした。
    /(● ) (● ) \
  /:::  __´__   :::::: \    そんなに暑くなかったと思います。
  |  l^l^lnー'´       |
  \ヽ   L        /
     ゝ  ノ
   /   /


 .. . .... .. ..   . ...  ....::::::::::.. .. . ... .::::.. . . .:: : :.. . ... ::: :::.. ... .. ..
     .. . ... .. ..   . ...  ...   . . .::        .... _,,_      .
      . ..     . ...    ..::   . .      .    ̄/ ̄
                 ||    . .. ..    ::::.. .. . ... .::::.. . . .:: : :.
                :-―    . ..     . ...
                 ||    . ..      ...    ..::   . .. . .. .
       . ..     . ...    ..::   . .
   ....::::::::.. .. . ... .::::.. . . .::  : :.. . ..... ..
             . ..     . ...    ..::   . .. . .. .
                                   ..::   . .. . ..

             ヾ,,    . ..     . ...    ..::   . .. . .. .      田んぼの上に沢山のトンボが飛んでいたので。
             /ヾ
                                             そのトンボが今回のキーワードになる訳ですが。
    . ..     . ...    ..::   . .. . .. .
                              /^l
`゙''ー-、_                        /o  ヽ、/^l   . . .::
゙`,:`:,`,:`''、,,_                     l ''   o  :::|
:::.';:';:':;゙゙゙゙''''.`,:'''‐- 、 ,,,__               ヽ 丶   ''' .:::l
'' ;~'',;''゚ ;~'',;'  ',;;~,;''゚ ;~`゙''......、            l      ;;:ノ、
`:、 ゙''、,, ヽレ'``'.、レ',ィ!.ゞヾゞ::;.:..            l    r'⌒)⌒ヽ
":;;;wリ゙W゛jリ wj从.リj  从 M .M.:::.';:'';:;': ....,      l   ::;il  ヽ::ニリ
 从 wwリ゙W゛jリwj从リj"W゙リw;yノ.w.:::.';:';:':;'::;';:;': :.  |    ::{|  }廴》

858本棚のやる夫さん2013/05/07(火) 00:05:19 ID:Uku/r.GQ

          ____
       / ノ  \\
      / (●)  (●)\
    / u   ___'__    \
    |       `ー'´     |         いやキーワードはトンボじゃなかったです。
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)
    ノ  | / / /   (⌒) / / / /   あれっすいません、なんかめっちゃ分かりにくいですね。
   /    | :::::::::::(⌒)  ゝ  :::::::::::/
   |  l  |     ノ  /  )  /     あまりの恐怖体験に記憶が曖昧になってるものですから。
   ヽ  ヽ_ヽ    /'   /    /
    ヽ __  /    /   /



              __r―/ ̄ ̄`ヽ〃 ̄ ̄ヽ
         _,. -=≦:.:.:.:.:.:.:.:./‐< ̄)__∠⌒ヽ_/ ̄ ̄\_
       ,. ´:.:./:./:.:.:.:.:.:.:}:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.ヽー―、 }:.:.厂{   ノ  ヽ ≧=----- 、
      /:.:.:.:./:.:ハV/:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.i:.:.|\:::://V´∧ 〈≧=ミ}         `
   /:.:/:.:./:.:.:.! 7:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:|:.:.!:::::V:::::::::::V:.:.} ノ }ヽ:.:ヽ
  /:.:/':.:.:.:/:.:./:|/:.:.:∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:!:.:L、_j::::::::::::::{__/´冫//ハ:.:\
  |:./ /:.:.:.:.{:._/L;!:.:.∧ `、:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:}ヽ::::::::八  ̄`7:.:./:.}:.:.:.:.:.:ヽ≧=、
  j/ /:.:.:.:.:ハL_ V:./  `ー、:.:.:.:./:.:.:.:./:.:.:.:.:.:ハ::「 ̄`  /:.:.:/:./:.:.:.:.:i:.:.:ヽ    ̄
   /:.:.:.:./:.}「芯j/  ,ィ==ミ、 /:/:.:./-、.:.:./}::::::|   /:.:.:./:./:.:.:.:.:.:ト、:.:.:|
   |:.:.:./:.:.}C以    f;心  》:/:.:.ハ }:/く:::::/   /:.:.//:/:.:.:.:.:.:.:.| i:.:.!    それでですね、彼女が死ぬわけなんですが、
   | /!:.:.{:::::::::' ::::::::弋りぅ //:.:./-' 乂'   V   /:.:.:/ /:./:.:.:.:.:.:.:.:.:! |:.:|
   j/ V八   _ ::::::::: j/|:.:/-<从_      {:.:./ /:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|  !:.|    あっ、まだ死なないです、後から死にます。
        ヽ └- 、_)    .j/ |----、: :\    ヽ!/:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.! //
          ≧=ー≦ヽ   |-- 、: :\: :\   /:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.レ':/
           /__/ /} _,. イ: : : : :/ ̄ ヽ!.  /:.:/:./:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:/
          //: :{ :j     |: : : :/: ,. -- : | /:.:/:./:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:/
          rヘ: : : :V     ∧__//: : : : : :V:.:./:./:.//:.:.:.:.:/:.:.:.:|
           |: ∧: : :|≧--≦ ∧{: : : : : : : : : :V:.:/:.//:.:.:.:.:/:./:.:.:!

859本棚のやる夫さん2013/05/07(火) 00:05:33 ID:Uku/r.GQ

        / ̄ ̄ ̄\
      / ノ    ヽ \
     /   (●)  (●)  \    そんな唐突に死ぬ訳ないじゃないですか。
     |      __´ _     |
     \        ̄    /     起承転結の『転』の部分から話してしまいました。
 ⊂⌒ヽ 〉          く /⌒つ
   \ ヽ  /       \ ヽ /




        ____
      /     \
    /  -     - \
  /   (一)  (一)  \
 |      __´___     |    いや待てよ、確か彼女は生きてたのかな、うん。
 \      `ー'´     /
 /     ∩ノ ⊃   /
 (  \ / _ノ |  |
. \ “  /__|  |
   \ /___ /

860本棚のやる夫さん2013/05/07(火) 00:05:46 ID:Uku/r.GQ

       ____
     /     \
   / _,ノ  ⌒ \
  /   (●)  (●)   \      死んだのはあいつの飼ってたハムスターでした。
 |     、 ´       |
  \       ̄ ̄   /
  /          \


       ___
     /   ヽ、_ \
    /(● ) (● ) \
  /:::  __´__   :::::: \
  |  l^l^lnー'´       |      ハムスターが地獄の業火に焼かれ苦しみながら死んでました。
  \ヽ   L        /
     ゝ  ノ
   /   /


         ____
        /― ― \
      /(●)  (●) \
     /   __'___       \
      |    `ー'´        |
      \            /
        /         \        うん、なんかそんな感じ。
       |   ・    ・     )
.     |  |         /  /
       |   |       /  / |
       |  |      /  /  |
      (YYYヾ  Y (YYYヽ |
     (___ノ-'-('___)_ノ

861本棚のやる夫さん2013/05/07(火) 00:05:57 ID:Uku/r.GQ
元ネタ
753 :水先案名無い人:2006/06/20(火) 01:30:45 ID:UXPADu/c0
ここに書き込みますが、これは実話です。
ひょっとしたら怖くないかもしれませんが書かせてもらいます。
いや、実際に体験した僕と僕の死んだ彼女にとっては、身の毛もよだつ恐怖体験でしたが。
『怖くないかも』というのは僕の文才の無さと、ところどころ記憶が曖昧になっている点があるからです。
そしてやはり文章では僕達の体験した全てが伝わらないと思います。
長くなるうえ、わかりにくいかもしれないので、もし面倒な方はヌルーして下さい。

でも正直ヌルーされたくないのでコンパクトにわかり易くまとめます。
是非みんなに読んでもらいたい。そうじゃないとめぐみが、死んだ彼女が浮かばれない。
地獄の業火に焼かれ、苦しみながら死んでいっためぐみが可哀相で・・・
それではお話させて頂きます。

あれは大学2年の夏でした。
その年は日韓ワールドカップが開催され日本中が盛り上がっていた年でした。
すごく暑い夏だった、というのを記憶しています。

あ、違いました、大学4年の秋の話でした。そんなに暑くなかったと思います。
田んぼの上に沢山のトンボが飛んでいたので。そのトンボが今回のキーワードになる訳ですが。

いやキーワードはトンボじゃなかったです。あれっすいません、なんかめっちゃ分かりにくいですね。
あまりの恐怖体験に記憶が曖昧になってるものですから。
それでですね、彼女が死ぬわけなんですが、
あっ、まだ死なないです、後から死にます。そんな唐突に死ぬ訳ないじゃないですか。
起承転結の『転』の部分から話してしまいました。
いや待てよ、確か彼女は生きてたのかな、うん。
死んだのはあいつの飼ってたハムスターでした。ハムスターが地獄の業火に焼かれ苦しみながら死んでました。
うん、なんかそんな感じ。


              / ̄ ̄\/ ̄\
                / ̄ ̄ ̄`.  \    \     そもそも彼女がいたのかすら疑わしい。
             /           、    、
           /           i     l
        _/ 、  ,イ            /
       (     )_/______ノ__ノ
       ̄ ̄

862本棚のやる夫さん2013/05/07(火) 00:08:07 ID:6PCp8hMk

怖いのか怖くないのかさえよくわからない話だ

863本棚のやる夫さん2013/05/07(火) 00:14:14 ID:oQCCsT7w

SAN値が0になっている可能性

864本棚のやる夫さん2013/05/07(火) 00:53:35 ID:Lhp8oY4g


>>863
かなり納得した・・・

865本棚のやる夫さん2013/05/07(火) 01:24:18 ID:rnNCZQYk

狂気を感じた

投下します

関連記事
[ 2020/12/08 20:40 ] オリジナル やる夫でコピペ | TB(-) | CM(0)



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する