やる夫でコピペ 第1941話 小学生の時、その町ではある噂がまことしやかに囁かれていた

目次

435 : 本棚のやる夫さん : 2013/05/20(月) 00:05:39 ID:o/G2OcGw

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: :::: ::: :::: :::: :::::::: :::: :::: :::: :::: ::::
 : : : : : : : : : : : : : : :┌───┐: : : : : : : : : : : : : :
                    | 口:口:口 |.  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .
 /| ̄ ̄ ̄|  _____| ̄ ̄ ̄ ̄| 口:口:口 |          _____
 |::::| [] [] []:|/| ロ ロ ロ |[] [] [] [] | 口:口:口 |         .|         |\
 |::::| [] [] []:|_| ロ ロ ロ |[] [] [] [] | 口:口:口 |──┐   __|[]_[]_[] [] [] |::::|
 |::::| [] [] []:|ロロ|:ロ ロ ロ |[] [] [] [] | 口:口:口 |пп::|.___| lll lll lll |\:ロ:ロ:|::::|
 |::::| [] [] []:|ロロ|:ロ ロ ロ |[] [] [] [] | 口:口:口 |пп::|:::::|__| lll lll lll |:::::|ロ:ロ:|::::|
 |::::| [] [] []:|ロロ|:ロ ロ ロ |[] [] [] [] | 口:口:口 |пп::|:::::|__| lll lll lll |:::::|ロ:ロ:|::::|
 |::::| [] [] []:|ロロ|:ロ ロ ロ |[] [] [] [] | 口:口:口 |пп::|:::::|__| lll lll lll |:::::|ロ:ロ:|::::|
 |::::| [] [] []:|ロロ|:ロ ロ ロ |[] [] [] [] | 口:口:口 |пп::|:::::|__| lll lll lll |:::::|ロ:ロ:|::::|
 |::::| [] [] []:|ロロ|:ロ ロ ロ |[] [] [] [] | 口:口:口 |пп::|:::::|__| lll lll lll |:::::|ロ:ロ:|::::|
 |::::| [] [] []:|ロロ|:ロ ロ ロ |[] [] [] [] | 口:口:口 |пп::|:::::|__| lll lll lll |:::::|ロ:ロ:|::::|
______________________________
Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二Il二I二

┌─────────────────────────────┐
│小学生の時、その町ではある噂がまことしやかに囁かれていた。  ....│
└─────────────────────────────┘


436 : 本棚のやる夫さん : 2013/05/20(月) 00:06:04 ID:o/G2OcGw
_;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::''''''‐-:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|_ 。。 、 __、
j:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.}
,.:::、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ゝ
 ~つ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙l⌒l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`‐-,,
   ,. -‐-.,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l⌒l   |  |゙:::::::::::::::::::::::::::::::゙___゙:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_)
     (,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::', ',    |  | :::::::::::::::::::::::::::゙└Fマノ:::::::::::::[][]「l :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::廴 ̄
     {::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙', \  |  |   , -、 :::::::: <.入_>::::::::::::::::くノ゙:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丿
   _;;::::::;;;::::::::::::::::::::::::::::::::゙r- 、     \  ー'  ヽ  /  /゙::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|、
   j::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\ ` ー- _,ゝ     `フ  /_ __:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.}
    ,.:::、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ー-、    _  /  〈 `ヽ   ヽヽ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ゝ
    ~つ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙r―――'   / /      l   | :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`,,
      ,. -‐-.,::::::::::::::::::::::::::: 丶-----く         /   /     / ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
        {,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: \     /   ∠ _ ィ/ :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::} ̄
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙ー一'  ̄ ̄  ̄:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}
       ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l`
     _ノ;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|__
    j:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.}
        シ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::イ,~~ ̄~ ̄~ ̄~ ̄,`
┌──────────────────────────────────────────┐
│それは、夜人気の無い道を歩いている時にビルとビルの隙間の前に立つと               ...│
│その暗闇から細長い腕が伸びてきて引きずり込まれ、二度と帰ってこれないというものだった。    .│
└──────────────────────────────────────────┘

437本棚のやる夫さん2013/05/20(月) 00:06:27 ID:o/G2OcGw

               /                  ',
            i                      ',
            レ      j                i
              /      ノ八 :|、           i
           /   / /:ノノ  \!ヾ丶          }
          ,'  / !:/彡イ  ___ゝ\\ゝ      ノ
          {  i l リ;;;;;;;;;;;`´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ミミ     /  袖付きの服を着ていなければ即死だった・・・
          \{ {ゝi;;;;;;;;;/iヘ、;;;;;;;;;;;;;;;/´(     ./
            ゝヽ∧ー'' j__, `ー‐‐′ノノ7   {    これは破れただけだから!
                ) ヘ  __`   u. ゝ、ソ   リ
              (( ヘ   _  ̄  ,.、_ ((    ノ
          ____つハ      //へヘ) }イ
           ',     彡 i`ー‐<//:::::ー=ニソ八
           ',    ヽ,ト、___//:::::「x:x:x」( て
           ',      !   //::::::::: ̄ ̄::::))ノ
      / ̄/ヘ  ',      l   //:::::::::::__,,、==<__       ..,,、、、 ,、
      i   /: ̄ ̄ヽ.    ノ   //::::::://::::::::::::::::::::::::: ̄ ̄/   ヽj ヽ
.     _ノ /___ ::::::::::冫/人 彡//:::://:::::::::::::::::::::::::::::::::::/   _____  ',
.   //  /: : :  ̄i::::ノ l   ノ//:::::::::::/´ ̄ ̄ ̄ ̄//   /´    ヽ ' 、
   i l   ,: : : : : :.l:::::{ {,ノ  //:::::::::::/: : : : : : : : : : / l   /       ∨ヘ
   l l  ,': : : : : :.|:::::|レヘ//:::::::::::/: : : : : : : : : : :.:イ l   /           ∨ヘ

┌──────────────────────────┐
│振りほどこうにもあちらの力はありえないほどに強く        │
│助かったのは、偶然服をつかまれて破れた人だけらしい。    │
└──────────────────────────┘

438本棚のやる夫さん2013/05/20(月) 00:06:49 ID:o/G2OcGw

                     /l
                  ∧ !/:::!
               ノ,ヘヽi::::::从_
                 ,.卞==zr‐一 /
           ゙ '´7::::::::::::::〉ヾ//
            ,/::::::::::::::::,1! `
              /::::::::::::::::::::::j!   ′
           /__::::::::::::i!,   '
          ./:´   `ヽ::::i
         /::.       ヾ{、
         ,::::__     `゙'ヽ
        ,≦z、─一 ===z .,_ !
        !:j  r-=z_'"ヽ、   //
         |ー'´  'ー ヾz、,ヾ 〃 ゞ
          !: ,  リ_」L,-‐`ヽシ,ノ7  _
          }:::! ,  ,ィ≦マァ、 ! l ヾ
       ! ヾ!\ jヾ㌻:ヲ!ヘ ! ,  ヽ
    `゙ j!|i! |!::::i!:::::::¨´" j ! l!  ヽ
     、1::i|,l:、,_,.    〃 j j|!  ノ
      ヾf ' !` ̄_,. ィ7 ! / } イ  ”
      ∠二)r、==z! l!{  / i!ヘ
      ∠ -'┤_:::::|!i! l! /r─‐-、
       `ー‐イ‐':::::j}!:! リ/    ヽ
       j!|i iヘヽゝソ:::::::Y_}rz=z,   !
        !N ゞヘi/::<⌒>Zz=シ   l
        |!   ヽ::::`´1 !ノ   /==z、
        i , "' ヽ:::::::! ,|==z/=z_ノ
              ヽ:::::, j  7
              ヽ::V   / ,
                 1:::::'::/
             rz,ゞ::::::7_'"
             i!}ニ!ィf⌒ゞ,
            ノz7:::::!1ヾン
              !N:::i:!|
               ヾ:レ1 ’
                \
┌─────────────────────────┐
│「隙間さん」と呼ばれていたそれは、始末が悪いことに    │
│特定の「隙間」からだけ出るものではなく           ....│
│その町中で目撃情報が挙がっていた。             │
└─────────────────────────┘

439本棚のやる夫さん2013/05/20(月) 00:07:09 ID:o/G2OcGw

           ____
         ; /\ u./\ ;
  ガク ….  / ●   ●  \ .ガクガク.
      ;: |⊃ (_,、_,) ⊂⊃ | {
        r'⌒) {  }  (´ jイ ;
        | ´   ̄  ヽ  |




                     「ヽ /⌒ヽ <
                     | / ヽ)//  ノ        ,,
                     l/   l/ <    か   隙   や   集
     }ヽ _ ノ\__人_/{    〇   〇   ヽ   ら  間   め  合
 ヽー '          ` ー /        _ ノ   よ   "    .ん
 ノ       ,,       (    x≦三三\  ォ  出   ゾ
⌒ヽ  喜   オ  中    `て/三三三三三) !   る   ォ
  ノ   ぶ  ッ  止       /三三三三三三三.l         !
<   ぜ   "  か      .{三三三ハ三三三三|__
  ヽ  ! ?   く  ぁ    /{三三ニノ /ハト辷三三三} ―- 、
  ノ     ん  ?     {. `⌒'ー{〃:::/ .}ヽ.)三三三ニ=ァ^ハ/⌒Y⌒ヽ
<               >    〈::::/  u :.  ̄    / /    ̄ ̄ ̄ ̄
  ヽ              (       厂 ....   ::::.     /
   }/⌒V⌒Y⌒V⌒Y⌒ヽ      ̄`⌒)   :::ハ /
             ∠三≧x           ヽ ノ /
           /rミ竺彡ヘ}               /  ̄}ヽ
            !二外道二l             /     | 〉           ィ
.          {u..=・:::=・ /}        /    _ L/         ´  ハ
           V´ ̄ ̄`}/ヽ      〈⌒'ト、<       Y´    /
            \__/|ハ<         人/  ヽ     L.    ´    ,
           ∧'  / '  `  、   //    ∧      ∧        }
         / /} /  l   /\/   ̄ ヽ  ∧     ∧       ノ
         />/ ./ r‐┘  { /       ハ   ∧     ∧_    <
┌────────────────────────────┐
│それ故当時俺たち小学生はびびりまくり、中学生もびびりまくり  ....│
│ヤンキーすら夜の町からいなくなるほどだった。           ....│
└────────────────────────────┘

440本棚のやる夫さん2013/05/20(月) 00:07:33 ID:o/G2OcGw

                 _____
               /  ̄  ̄\
             /        \
             |     _,.ノ '(ゞ、_|
             .|    ( ー)ヽ ヽ  ハァ~・・・
             ノ| U   (___人_\\__
         ____-‐./l l|、    `⌒(⌒_   \
      ,,-=ニ_::::::、::l ::::! ヽ.      し「、    \
     / ::::::::::: ヽ::::::)::::::| `ヽ. ___´ノ ヽ ヽ、..,,____i_
    i :::::::::::::::::: ヽく::::::::ヽ  /  ̄ lヽl:::::〉::::Y________l_
    l :::::::::::::::::::::: ヽ:::y:::::ヽ/、__l  !:: /::::| ::::::::::::::: |
     ! :::::::::::::::::::::::: l::::\::::ヽ l ヽ.l::: l::::: | ::::::::::::::: |
 ((( ヽ :::::::::::::::::::::::: ヽ:::\::::ヽl  l!::: l:::: | ::::::::::::::: |


     ____
    / ノ  ヽ_\
  / u ● 三 ● \ (まさか・・・)
  | ⊂⊃ (_,、_,) ⊂|
  ヽ      |r┬|  ィ’
        `ー'´
┌────────────────────────────────────────┐
│町がそんな噂で持ち切りだったある夏の日の夜                              │
│盆で実家に帰ってきていた従兄(当時22歳だったかな?)が神妙な顔をして家に入ってきた  ......│
│よく見ると若干顔色も悪い                                           │
│                                                           .│
│なんだか胸騒ぎのようなものがして、どうしたのか聞いた                        .│
└────────────────────────────────────────┘

441本棚のやる夫さん2013/05/20(月) 00:07:59 ID:o/G2OcGw

                   /  ̄ ̄\
                  _ノ 'ヽ、_   \
                   (⌒)(⌒ )    |
                   (__人___)     |  いや、実はな…ちょっと行ったとこにあるビルの隙間から…
                     '、'ーー´   'J |
                   |        |
                  |      .ィ {
                 _`ュ`ーー___´_ノ',
           _, 、 -ー´. : l : .\  イ::::ハヽ{`、
          /. : : : : : : : : i : : :.∨´〉::::::V: : 、>、
         丿 : : : : : : i : : : :/ :`、 ',::::::: l : : > : : : -、
            r : : : : : : : :| : : :\ : : :`、',:::::::| : :.ヽ : : : : ',
           / : : : : : : : : i : : : : :ヽ : : ヽ',:::::| : : /:_:_:_:i;;⊥____
        / : : : : : : : : :丿: : : : : : ヽ : : ヽ::|/´ ヽ、,,______ノ
        / : : : : : : : : :/: : : : : : : : : :ヽ ::/   ヽ、 }___)
       ,:': : : : : : : : ヽム二ニ - ´¨ ̄「 r'   、 ヽ .ノ : :|
       i : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : | |    r_ノ.: : : |
       i : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : | |へ-‐´ : : : :| : :!
         i : : :: : : : : : : : : : : : : :_:_:_:_:_:ゞソ: : : : : : : : | : :|
       ゝ:_:_:_:_二ニ=-:::´ ¨ : : : : : : : : : : : : : : : : : | : :|

┌────────────────────────────────────┐
│やっぱりそうか、と思った。                                    .│
│でもそれならおかしいんじゃないか?確かあれからは逃げられないという話だし。    .│
│そしてよくよく聞いてみると、予想していたこととは少し違っていた。            ..│
└────────────────────────────────────┘

442本棚のやる夫さん2013/05/20(月) 00:08:27 ID:o/G2OcGw

                             /         /
                                  ./         /
                             / _        /
                   .         / ̄   ̄ヽ、   ./
            _ -‐- _          /        ',  /
        _  -‐       ー _     ト,─--.....、    ! /
         /  __,,,         x-‐'    ::::::ヘ   Y  γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
       /  _∠/          /        :::::::::Y j   | …隙間から伸びてきた手に手首をがしっと掴まれてな、     |
     .( ̄               /           :::::::|ヘ}    | そいつが中に引っ張り込もうとするんだよ。そんでな      |
      | ーァ、一、- 、 _     /    ,_:::.....     :::::::|;;;}    ゝ__________________________,ノ
      、_ノ \ j\_)ー-- ィ  /     ヽ、   :::::レ
          `~       /  人       ヽ   ::::::|
                 `ー'  .|         ヘ.  ::::|
                    |          ハ  ::j
                    |         ハ::....:ノ

443本棚のやる夫さん2013/05/20(月) 00:08:49 ID:o/G2OcGw
              __
            /    ヽ-ー、-、
             i       i   ヽ ヽ
           ノ|      l 、    i`ヾ、 /ヽィ -、  フンっ!!
          /. i| (_\,=、/) ー  j   ヾ、 ソノ  ヽ
         /   {  (__人__)'./  ヽ     Y ヾ'  ハ
        /   ゝ  |i!i!i!| 〈/    〉、_  / ヽー' }
        i|//二≧=二`ヽ、   /`ー--=、_  ノ
       l !' i /     二ヽ>ー/__ __ ̄   ____ -―― 二
       | ! !  ,     `ー=≧´  ―――  ̄ ̄ ―――   ̄ ̄  ̄/
       |i ヽハ {ヽ                   __ _  _ -‐ ̄
       ハ  ヽヾ__`- = ̄-             __- ̄
     _ - = ̄-  ̄ __  _  __―― ̄
 -=二 ―  ̄  _  _- __- -― = ̄    __.00   n
      _  二 -= ―  ̄              └‐┐ |   ,⊆ ⊇、  _,n___       ∩
 _-= ― ̄ミ、                     ┌‐┘ |    ̄U ̄   `l_ヤ′ [][]「l  ∪
                                  ̄ ̄               くノ  o

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃         ,.--、_,,....,,__,. -- 、                                  ┃
┃     ,.- '"// ⌒ヽヽ  //⌒l |                                  ┃
┃   /   l | ___ ___',',nイk___,// ヽ,                                  ┃
┃  ,'   ヽ_rゝゝ-' ー',.-、- 、イ、   i                                ┃
┃  i  ,.へ_トー'"____,.ィ !  ハ、___ イヽ、イ                                ┃
┃  r'⌒ r´γ   /__i_ i / V___ハ   ゝ                                 ┃
┃ 〈_,.イ  イ  ,ィ´,.ー,` レ´  ',-,`!ヽ! ハ     ア゛ーーッ!!?                  ┃
┃   i  i .レイl ト' i    ト' } ! ハ/ヽ(            ヽ_,                 ┃
┃ 。 |  。o i゜`,,'ー' :::::::::::: 'ー',,゜io 〉。    _        ヽ(_/               ┃
┃o  .〉  ! ) l ',    ,.-─┐   从 (   o , -'ー 、      ) (              ┃
┃   i  /〈  lヽ, u  !_ ̄ン ,.イノ Y .ノ  ./ /`'' ̄`-、    ノ (`               .┃
┃  ノ  イ /ヽ、|  i>r--r,=´/  _ハ,/    i/     ヽ、__、 ´⌒\  ぷら~ん・・・ .....┃
┃ ,'  )  i,.-ハ/ ゝ、__ 7 iゝノヽi ヽ.イj    j       \`i-、                    ┃
┃ i / ./  〈 ノ i ヽ、`}>n<{_,.イヽヽ!、    ノ ,_-、 `ー 、-、`'-、,>              ┃
┃ ハ !/   }><{、   Y  Y}><{ヘ ',   <  j  ̄`'''ヽ、ヽ二;- ,_"つ              ┃
┃ ! 〈     ハゝ 〉  `ー´  ハィ ゝイ  (___ノ ノ    `--' { \                 ┃
┃/  iヽ/ヽ/ヽ/ゝイ    ノノ  V i`/i、    /       `-'ヽ、!               ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┌───────────────────────────────┐
│従兄は即座に相手の力をいなすと、                       .│
│こともあろうかそのまま手首を極めてへし折ってしまったのだと言う。   ....│
└───────────────────────────────┘

444本棚のやる夫さん2013/05/20(月) 00:09:13 ID:o/G2OcGw

                      ______
                       /    \-一ヽ、 __r‐- 、
                      /   __,ノ ヽ、_,7    7 } : : : :\__
                   |    ( ─)(─)/` ‐  / /: : : : : : : : : :` '' ‐-、_  やりすぎちゃったよな、やっぱり・・・
                   | U  (___人__)‐-─≦/.:.:.:.:.: : : : : : : : : : : : : :丶、
                   |     ` ⌒´ノ    └‐-、__:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : : : : : : : ヽ
                   |           |          `ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : : : :}
                   ト、       |       __,. -<`丶、.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : :/
                   ハ、.,ヽ., ___ ,__ノ--─一⌒V : : : : : : : : : : : : : .:.:.:.:.:.:.:.:r´
               _ ,.-=〈:.:'、`ヽ、___  ヘヽ:.\: : : : : 、: : i:: : : : : : : : : : :.:.:.:.:.:.:.:/
            _< : : : : ∧ :ヽ   /:::ヽ  Vヽ:ハ : : : : :ヽ: : : : : : : : : :.:.:.:.:.:.:./
        , -‐ '´: : : : : : : : : : :∧、 ∧::::::∧ l: : <:_: : : : :i: : : : : : .:.:.:.:.:.:.:.:_r'´
         /: : : : : : : : : : : : : /: : l V  !::::{ `!: : : : : : l: : : i:: : : .:.:.:_、-‐''゙´
       f : : ヽ : : : : : : : / : : : : l   l::::::i  l: : : : : /. : : :!.:.:.:/
       ゝ: : : i: : : : : : :〈: : : : : : : l  {::::::i !: : : : /: : : : :l/
        j : : : : i: : : : : : : ヽ: : : : : : ゙、 !:::::::i l: : : :./ : : : : :!


     ____
    / ⌒ 三⌒.\
  /  ○ 三 ○ \  うわーお
  |⊂⊃ (_,、_,) ⊂⊃|
  \  ...|r┬-|   ./  兄ちゃんそれって・・・
       .`ー'´
┌─────────────────────────┐
│結局、従兄の顔色が悪かったのは              .....│
│化け物がどうのこうのということじゃなく、           ....│
│たとえ変質者相手でもちょっとやりすぎちゃったかな~   ...│
│ということだったみたい。                     ..│
└─────────────────────────┘

445本棚のやる夫さん2013/05/20(月) 00:09:39 ID:o/G2OcGw

                   / ̄`ヽ
                    ,'     }
               {ノ ヽ._  }  なんだ、よかった。あれ人間じゃなかったのか
               .-(=) (=)  }ー- 、
           _...ノ´_, __(人.)  ,ノ'_ _,... ゙}>-、
            / ´゙ ハ,  `ーイ´  ヽ、 ヽ.``ヽ
        ,. イ     ,リ ,    {  `丶. __  ',  )ヽ、
       /  、  _,..ィ,r'"     |     `}._,..>ァ'   ハ
     / ,.=  〉⌒7入     .人    ノ!ヘ. ノ  ,'´ヽム
    .//´ ,n;  人  〉ーァ‐='"゙Y´`¬'"ノ/  ヽ、___,.'´ ,ハ
   〈 )ヽ、 ヽ.'"´  ヽ.∧ー〉ー‐‐〈'⌒`´メィ′     /  /'/
    ヽ.ヽ.`、.ハ      ゙}ーヾー‐-く´ ̄`,〉 |      ノ -' '/
     .\`  `ヽ、    ! `ヽー-'.>三'/ .}   /  ,. '′
      `ヽ. 、.. \_,..=‐--、  ` ´7,-¬=-' ' /
         `丶、 _  =ミ゙ヽ__ __ι'r',.-  _/
            ` rフー'<   ,`7´厂!´
              /'´ {  ハ  / ,' ;' ,ハ
┌─────────────────────────┐
│感心した俺が町の噂を教えると                .....│
│合気道4段の従兄は安堵しておられました。          │
│武道やってる人間はみんなああなのだろうか?       ...│
└─────────────────────────┘

446本棚のやる夫さん2013/05/20(月) 00:10:04 ID:o/G2OcGw

                                     /  |
========================================./||   |   |  l l  /\
 (二二) //  □    //        //     | ||    |  ̄| ̄|  /\/   ̄   |
===================   | ||    |   |  |   ノ   __ノ
━┳━━┳━━┳━━┳━━┳━━┳━━┳ \||    |         l l  |
  Π    Π    Π    Π    Π    Π    Π   \  .|     ̄ ̄|   ト、  ̄  |
  ◎    ◎    ◎    ◎    ◎    ◎    ◎.∧_/.\|    __|   |   __ノ
  ∧_∧ ∩_∩∩ ∧_∧∧_∧ ∩_∩ (    )
)(  ∧_∧   )ノ (     ) ∧_∧  ∧_∧ ∧_∧ (    )∧_∧
_∧(    ) ∧_∧ ∩_∩(    ) (    )(    )∧_∧ (    )
   ) ∧_∧    ) (    )   ∧_∧  ∩_∩   (    )


       ____
    /     \
   /  ─    ─\
 /    (●) (●) \
 |       (__人__)    |
 \     ` ⌒´   /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||
┌───────────────────────────────┐
│そしてそれから10年以上が経ち、俺も大人になってその町から離れた  ....│
└───────────────────────────────┘

447本棚のやる夫さん2013/05/20(月) 00:10:27 ID:o/G2OcGw

    .    ____
   _   /⌒  ⌒\
  |  |/( ●)  (●)\   昔こんなことがあったんだお
  |  |::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |  |    |r┬-|     |
  |_|      `ー'´     /
   §
  ∂
 ∽
・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━

       ___
      /     \
    /  ⌒  ⌒ \      本当ですか兄さん!?
   /  (○)  (○) ヽ
   |         `     |]|    実は今でも・・・
   ヽ、     ⌒     /::j(^l
    /             ヽ  ̄ ノ

┌────────────────────────────┐
│つい最近その町に残っている弟に電話をしている時に       ....│
│ふとこの話を思い出して聞いてみた。                  .│
│そしたらなんと「隙間さん」はまだその町に出没してるらしい。    .│
└────────────────────────────┘

448本棚のやる夫さん2013/05/20(月) 00:10:48 ID:o/G2OcGw

 __,n_  r‐―00. n n  
 7,仁l己 `ア/  l」 l l  
. 〈ハ⊆.广  ヽつ   .rリ  
            __,n_  r‐―00. n n  
            7,仁l己 `ア/  l」 l l  
           . 〈ハ⊆.广  ヽつ   .rリ  

     \        -―――-
       \       ´ ̄ ̄`
         \        ,.¬ー-,ッ-‐- ,,_
           \   _,,.-'゙::: : : '"      ` 丶、
              `ヾ '"         :..,! _,,. --ュヽ
 \   、                   ‐-=-''"   〈.. ノ ゙:、
   \  ` 、      ,,                  /丶、 ゙'ヽ
     ヾ:::::...... 、   ''"           ,.- '′   ` く
       ゙:、::::::  .,,_           _,.-''゛   、    \
       /> --''"``丶、、zz==''"         ゙、      ヽ
     /ィ'´       ,'                  ゙、      i.
   /'゛/      ,'       ゙:、           ゙、     .i
  /  /        i          ゙、     :、   ゙:.       i

┌─────────────────────────────────┐
│ただし、すこし違うところがある。                             │
│10年前には「隙間に引きずり込む」という恐ろしい存在だった隙間さんだが   .│
│今では隙間から手を伸ばして、前を通る人を撫でるだけらしい。          .│
│弟の友人にも撫でられた奴がいるとか。                       ...│
└─────────────────────────────────┘

449本棚のやる夫さん2013/05/20(月) 00:11:09 ID:o/G2OcGw

                                ,.-、
                          rニ 、.-―‐- ..//ヽヽ
                  ,... -―――,..- '' l ! `ヾ、、  ,',' `! i
             /::::::::::::::::::::::i´   .!.i     ヾ、_l.i.  l. !
          __,./::::::::::::::::::::::::::::!     ヾ.、    ,ヾノ- ...,_! l__
       _,.〃''´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::i       ヾーニ- '゙_  `゙ ー'  ノ  「化け物に勝つのはいつだって人間」・・・か
    ,...'´ ゞ :::;_::::::;:: -――ァ;r‐-、r'      ,、 i´ ゝ-‐'ゝ-く
    ヽ     `´     l:::!  .,.'`ヽ./i_,、....ノ !`´ ,i.  ,!、 l ヽi ヽ
    ,.-`ー           l::! ./     .!  .!.l! /ノ!ノ  ヽ!ヽノ、〈
    ヽ、  ,. -ー―--- ―‐ ヾ、!  ,   ,.i.  !!lノ ....、‐y'´`¨´  ヽ
.       `´            rヾ<}'、 ,.' ゞr'"´    ヽ`i     ノ
                  `ゞ'  ヾ、 l::!      .!´ヽ、  /
                            `ヾ、      i   ヽ/
                             ` ー- ‐'

┌───────────────────────────┐
│人外にも「懲りる」って感情があるのだなぁと思い知らされた    │
└───────────────────────────┘

450本棚のやる夫さん2013/05/20(月) 00:11:28 ID:o/G2OcGw
元ネタ
297:本当にあった怖い名無し:2008/07/26(土) 02:00:26 ID:iqEWksqG0
隙間さん
小学生の時、その町ではある噂がまことしやかに囁かれていた。
それは、夜人気の無い道を歩いている時にビルとビルの隙間の前に立つと
その暗闇から細長い腕が伸びてきて引きずり込まれ、二度と帰ってこれないというものだった。

振りほどこうにもあちらの力はありえないほどに強く
助かったのは、偶然服をつかまれて破れた人だけらしい。
「隙間さん」と呼ばれていたそれは、始末が悪いことに
特定の「隙間」からだけ出るものではなく
その町中で目撃情報が挙がっていた。
それ故当時俺たち小学生はびびりまくり、中学生もびびりまくり
ヤンキーすら夜の町からいなくなるほどだった。


298:本当にあった怖い名無し:2008/07/26(土) 02:14:59 ID:iqEWksqG0
町がそんな噂で持ち切りだったある夏の日の夜
盆で実家に帰ってきていた従兄(当時22歳だったかな?)が神妙な顔をして家に入ってきた。
よく見ると若干顔色も悪い。

なんだか胸騒ぎのようなものがして、どうしたのか聞いた。
「いや、実はな…ちょっと行ったとこにあるビルの隙間から…」
と言う。やっぱりそうか、と思った。
でもそれならおかしいんじゃないか?確かあれからは逃げられないという話だし。
そしてよくよく聞いてみると、予想していたこととは少し違っていた。

「…隙間から伸びてきた手に手首をがしっと掴まれてな、
そいつが中に引っ張り込もうとするんだよ。そんでな」
従兄は即座に相手の力をいなすと、
こともあろうかそのまま手首を極めてへし折ってしまったのだと言う。
結局、従兄の顔色が悪かったのは
化け物がどうのこうのということじゃなく、
たとえ変質者相手でもちょっとやりすぎちゃったかな~
ということだったみたい。


299:本当にあった怖い名無し:2008/07/26(土) 02:22:40 ID:iqEWksqG0
感心した俺が町の噂を教えると
「あぁなんだ、よかった。あれ人間じゃなかったのか」と
合気道4段の従兄は安堵しておられました。
武道やってる人間はみんなああなのだろうか?

そしてそれから10年以上が経ち、俺も大人になってその町から離れた。
つい最近その町に残っている弟に電話をしている時に
ふとこの話を思い出して聞いてみた。
そしたらなんと「隙間さん」はまだその町に出没してるらしい。

ただし、すこし違うところがある。
10年前には「隙間に引きずり込む」という恐ろしい存在だった隙間さんだが
今では隙間から手を伸ばして、前を通る人を撫でるだけらしい。
弟の友人にも撫でられた奴がいるとか。
人外にも「懲りる」って感情があるのだなぁと思い知らされた


                  .   ´「:::\`   、
              /    |:::::::::\   \ /:::::}
               /     ノ::::::::::/   /:::::::::/
            〈    \j j\::: /   く.::::::::::::/、
           く´ ̄Y⌒ーくYK 厂!ィ≦.  〉:::::::::} \
            \ ノ r.f Yノ /メ ノ! !\/⌒rー─r/
            Yf「| | |/ 〉⌒Y |ノルメ\ノ「 ヌレ'
              //. | | | .l入.メっ  /⌒i Yル'/\
.            //    ' {"ヽ"    入_メっイル'⌒
   〈∨\     i |__     リ } ⌒ヽ「ト、""∧o。 :\ : \
  〈\\\ > ´ ̄      /.‐┴‐〈Ⅵ〈Yレ': :.\: : : :.\: :〉
   \ >'´   )ゝ._     __. ィ´〈.Ⅵハ ∨`Yヘ::\: : : \\
ー─<      ⌒  /´       }    ∨ Y´〉: :.} : : : : \\
      筋肉   / }   y'´r─へ.    |  }く〉::/:\: : : : :.ヽ:ヽ
             / メ{   /   > 、 {   j_ノメ/: : : :ヽ: : : : ノ:ノ
        / ::: Y⌒ト、/ _メ⌒\ノ⌒ーイ!⌒.: : \: : 「\/´::Y
     <´ {.::::::::::ヒへ 「  _jレ⌒::::::::::リ:::リ: :\: : : :.\Lメへ::ノ
  <´      入::::::::::::⌒^ー'.:::::::::::::::::::::/:::/_: : :\: : : :)ノ: :\:\
          \.::::::::::::::人 :::::::::::: :/ ::/|:::::::::>'´ ̄:> 、: ノ\:)
           >-:<:::::::: ̄ :: .:::::::::/::j_::::::::::::::::::::::::::::::::> 、イ

453本棚のやる夫さん2013/05/20(月) 00:13:48 ID:ZI5WhTqU

折られた経験なんてそれまで無かっただろうからな
まさに初体験の相手だったわけだ

454本棚のやる夫さん2013/05/20(月) 00:14:36 ID:naMPWSwM
妖怪と人間どっちが怖いだろww
乙です

455本棚のやる夫さん2013/05/20(月) 00:20:28 ID:aSzaUxHg
乙www
力こそパワー!!
腕がへし折れて治らないから撫でるしかないとかだったりしてなw

456本棚のやる夫さん2013/05/20(月) 00:21:29 ID:XMJVtk2U

筋肉に撃退される人外多いなw

関連記事
[ 2020/12/12 17:39 ] オリジナル やる夫でコピペ | TB(-) | CM(1)



古来から力士は魔除けだからね
[ 2020/12/12 21:36 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する