やる夫でコピペ 第1962話 私が幼なじみのA君と結婚した本当の理由

目次

811 : 本棚のやる夫さん : 2013/06/14(金) 21:22:43 ID:Nzpvr4.Y

               _ __
           _ - .:´.: .: .: .: .:  ̄` ー- 、                   _ -‐‐:::'::´:::::‐.-..、
          /:., '´.: ´`ヾ、`ヽ.: .: .: .: .: `ヽ、                ,. '´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
       , イ.: /.: .: .: .: .: .: \.: .: ヽ.: : .: ヽ.: ヽ.             /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ.
        {/.: . .: .: /.: .: .: .: .: .: .: .: .: .:\: .: .:ヽ、ヘ           /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
       / / .:/ .:/: .: .: /.: .:i .: 、.: .: ヽ..: ヽ.: .: .: ',.: !           l:::::::::::::::::::::/:::,イ::::/!::::/!::::::::::::::::::::::::::',
        / / .:/ .: i .: i.: / :.i.: l ヽ. ヽ.: .: ',.: l !.: l: .: l !          !::::::::::::l::イ/l:::/ l::/ l::/ l:ハ:::::i::::::::::::::::::::l
      l: .i:. :.i l ハ .: l/.: :l:_ム_:ト、.: \.: l ハ:l.: l!.: .: i l          ',r-、:::ハ!‐‐レ'- l/_ l/ リ !::ハ:::::l:::::::::::::l
      l :ト:. :.l: l l‐ト、:l /レ',rtォミ、!ヽハ.: lハj.: li.:..: l }          {l´リl:!  ィ'ftヌハヽ `  , --レ...l:::ハ::::::::::トi
       ヘ:| ! l:ト ljィty、l:/{   ゞソ ' 〉リ i.: l .: ! i l.: .:.リ           ゝ(}リ    ゙‐′    ィ坏メ`lメ l::ハ:::::l
       ' ヽjハ、ヘ'ゞ' ヽゝ      /:イ ハj / /.: .: /          / ハ |_          ゙‐' ' /yハ/l/
         ヾヽ>,         / /.: .:./.: .: .:/ |           , イ /  lヘ        ノ      /ノ
           `!:.ヘ ヽ _ _,   ノイ/.:/.:// / ハ!       / l ヽ | ' ,    、_       ,イ゜、
            l:ハ.:ヽ、‐    /,.イハ ィ:/!/レメ.___    /   l  ヽj   ヽ.    ー ´   . イ/ l ヽ、
           リ V ハヽ. _ ,.yヘ レ'V    _ヽノ `!  /     |   ト、   ヽ . __ . ィ ´ ,r'カ  !  ハ
                     ' ,   , r'´     y'         l   l ヽ,__   ,イ// / l  |‐-イ !
                     /ハ /´   _.. -/       /l   l⌒ ト、ヽ、_/:/ ゙>/  `ヽj   l
                     l レ' イ´ ̄:.:.:.::.:.:.:|-‐ ‐- 、  / l   ,.ハ  t__`:ー':/.//        l
                     ノ,イ//.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:l     ヽ/  l_,ィ′ ' ,  `V,イ/       / /
                    {オノ/:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::l  l  ヽ \  l   ' ,   /     / / イl
                   /l i |/:.:/:.:.:.:.:.:/´`ヽト.  l   ヽ、\ l|    lァ'´ i     ,イ /  リl
┌────────────────────┐
│私が幼なじみのA君と結婚した本当の理由  .....│
└────────────────────┘


812 : 本棚のやる夫さん : 2013/06/14(金) 21:23:03 ID:Nzpvr4.Y

            _ __ _
         , .: ´: ,二二ニニ`ヽ
        /. : : /  ,. -── \
        / . : :./,. ィ´: : : : : : : : : : .\
     /. : : :/ /: : : : : :.,: : /:./: : : : : : ヽ
      /: : : / /: : : /: : /: :/:./: : : /^^i: :i ',
    i: : : : l./.: : : :l: : /: /: /: : :.〃  l: :l: :l
    |.:.:. 「 `ヽ: : :.l: /: /l:./ i.:.://   _l_:.l: :|
    |.:.:.:.L__ノ: : : l.:仁ニl/メ、// ィィニl/Ⅳ
    |.:.:.:.:./⌒ヽ.:.:l Kイ。シ ノ`ヽニ/イシ /.:ハ|
    ヽ.:.:.:l ( ハ: :l ヽ¨´__ノ⌒ヽ _ノ:〃   幼なじみと結婚なんてホントにあるんだ~
       \.\ ヽi.:.:l   ゙゙゙゙゙      /.::l    ロマンチック~♪
         Y^1 i.:.l   、   , ′/ i.:.!
        i: : :ヽ.i.:.ト、     ̄ /  l.:l
        l: : : : .\| 丶 __/   l:l
        l: : : : : : :.ヽ __∧:.\   リ
         「| ̄/  ̄ ̄ `ヽ\:.:\
        リ/       ヽ ト、: :ヽ



              . -‐‐-、, -‐. .、
            . : ´: : : : : : : : : : : :`: ..、
         .‐‐‐': : : : :/ヽ: :. ‐‐、: : : : -`、
        /_: : : : : :__ノ: : : :V: : : : ヽ: : : : : ヽ
.       /: : : :/: : : : : :./ヽ:.:/\:、: : ヽ: : 、: :\
      /:/:/: :/: : /: : : /--∨z-、} }:ヽハ: : }: 、: ヽ
       {/: :{//: : ∧: : ハ     ハ: :|: /: /: /:.:,イ
       ヽ |/l: :ト{__从{_      /_j:/|/:ノl: /: :/:|
        |:从:l 、zテ=ミ、 、  ´ ,zぅミ、 イ/: ノ: :|
        |: |Ⅵ ` ヒ:ソ  `    ヒ:ソ '  l/ヽ: : |   男っ気のなかったあの子がようやく結婚してくれたのね・・・
        |: | {(,                /) /: : |
        |: |ヽ。.,       j         /。,:'l : : |
        |:/: : l∧     `´      ,ク:. :.l : : {
        |': : : |: :.ヽ   ` ニ ̄   ィ: : : : :|: : l: 、
          j: : : :j: : : : l\    {二ニニ= 、: : :|: : l: : \
      /二二二二j   ー‐イ} } r‐‐、 `⊇): :{: : : : l
     //       〈三三三ヨ } └‐┘  }: : \: : :{
     \\        {三三三ヨ } ___   ハ: : : \ハ
      ハ }      }三三三ヨ } {__}  く : ト、: : : :八

┌──────────────────────┐
│周りは祝福してくれたし、両親も安心してくれた    │
└──────────────────────┘

813本棚のやる夫さん2013/06/14(金) 21:23:23 ID:Nzpvr4.Y

  /;;;~V;;;;;;;;;;;;;/!;;;;'////;;;/ヘ ::、;;;;;;;;;;;\
  ',>;;;;;;;;;;;;;;;;;;/  ソ´     //   :.ヽリ、;;;;;;;;;;;\
 /;;;;;;;;;;;;;;/!′             : : : : :ヽ;;;;;;;;;;;ト
 ゙j;;;;;;;;;;;i' !  、_     i   !    ゙ : ,、:! !;;;;;;;;;;;|
 .〕;;;;;;;;;;!' <ァ-‥゙ ̄¨ 、 rソ // ¨´  ̄ `ヽ__ !;;;;;;;;!、
 l/!;;;;;;;;|.r=〔       ゙y'⌒.(       )イ.|;;;;;;;i
  "!;;;Vj  ` ー - ‐"´ |   | ` ー ― ´  iij;;;;;;j、   ずっと苦労かけてたシンジにようやく幸せが訪れてくれた・・・
   ヾ;;;丶      /( : : : : :)、: : : : : : : : : /;;;;/
    ン;;;》、     /:; ` : : : . . \: : : : : :.//;;;く
    i/:::'ヘi ヽ  ' .:: /´二` \: : : : : : ://r'( |
   ! :' ;:ヘi    ;:'/~ ´  ` ~ ヽ: : : : : /;/^  !
    ヽ  i;;;i   .! |/ ⌒ ー ⌒ヽ.!:! : : :./;/"::/
     ゙ーy;;!   ゞー¨´ ̄`¨ー ' ノ : : :/;/_/
        !;;;i      ´  ̄ ` : : : : : :/;/
       ゞ;;;ヽ_   /¨\_:_:_:_/;;;/
         |ヘ、;;;;;`ー';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,.イ
        |  ':. \;;_;;_;;_;;_;;_;;_;;;/: :.!
.          |  ::      : : : : :/: : :!
┌──────────────────┐
│父子家庭のA君父もとても喜んでいる  ......│
└──────────────────┘

814本棚のやる夫さん2013/06/14(金) 21:23:43 ID:Nzpvr4.Y

        /              >        \   \    \
        , '                  /       ,    ヽ    \.    \
      /         ト、 ヽ     /   ,    ト、     ヽ,    ト、    ヾ
     l        i  | ヽト、|ヽレ、 |/ l  |    | ヽ l  、  ヽ\ | ヽ   l
      |       /レlノ   __ ヽl  |  ト、  lレ==ムヾ、ヽ   l,-ヽ,|ヽ, |   \
     |     i| l´  ,      _` |ハl  |-ヽ | イ:::ノ `ヽl\  |l くヽ  ヽ     ヽ
      .|     .l ,/__      ' T::::ト ト、 |T:::ハl   ̄       ヽl  ) ト、   、  |
     .l    ./ ´ イ:::l     ┴ '゙  | ヽ ト   j.           ` __/ \  .|ヽヽ|
       \ ,-ゝ  ´ L::!    i     | l|レiヽ  _,       / !  ヽ\ |  `
         `!ゝヽ        '     l'''´   ヽ´ ー       ノ | ,   |レヽl
        \ヽ、       , -‐   ./   ___ヽ          `レl V_
         `ー‐二、           ,イ_ -'"ヽ    \ _,,..ィ'      ヽ/ |_
         _,、-' ̄ヽ`ヽ、_    / |    ヽ、 __ / ヽ       /  | ヽ
       l´    、 ヽ |  ` ´  |-、   、    |ヽ  / ヽ  ,/   ,/  ヽ
       l,     ヽ | .|      ト、ヽ   i __,.ノ__」 入  /    ,/     ヽ
        l      ヽ ヽ      l `|ヽ、_l ,-ー __.」l ヽ, |`l    /       ',
          _l      ヽ ヽ       | ヽ   ``ヽ  l   ノl |  ,/´         .',
        / ヽ        ', ヽ_   _.|  ヽ,    \_,-'" | _〉´   __        l
    /     ヽ       ',  ヽ ヽ_ノ .|l´`!_ ヽ 、   ヽ、-'´/      \      l
   ./ `ー、   /ヽ       ', /ヽ`ー''"l \  ̄  ` _/ ヽ/         ヽ,     l
   |    '、ノ   \.     ',〈  \  | /      ノ  |          |    |
   |           ヽ    ヽ\ \!/      i.    l          l     |

┌───────────────────────────────┐
│だからこそ、A君は実は女性に全く興味のないガチの同性愛者で、     │
│それを隠すための結婚だということは墓場まで持っていく秘密です。      │
└───────────────────────────────┘

815本棚のやる夫さん2013/06/14(金) 21:24:07 ID:Nzpvr4.Y

              _ .、.r_,. __
           / ,  ´   \_,
         /   !  ',ヽ 、   \
        /,  / l  ヽi 卜rヾ、 k、
        '| ィ1ソメrl、ト、!Y !_∠!ハlヽ
         lイ 弌‐ヘ!>'冴マ}.l jノ
         <ー<ィj´ , `´ /ノハ
          ヽ. K. - ,.イi〃-‐ ァ
             r'´ツ个 ィ{`'ー、‐<、 _
          L _\  _,.ゝ' _, - ヽ_,ノ
         /´:.:.1 j l`rYiクムl´:.:.`\
        /:.:.:.:.:.:.:! {. l、〉|:ト-'l:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
       〉、:ィ、:.:.: l   |,ハ:Vメl:.:.:.:.:./:.:.;:〈
       !  ヾi:::::|  /  ∧〉l:.:.::::イ/  l
      j   lハi|/   /   l::::::::;ノ / ,  ,
      /    >くj/  /   !:::::::i// l   ',
     /  /_//    ?亢 {ゝ‐ッ'ヒヽ、} ! 冫
     `ヽTブ∨/  ,'  l i′ { 仁ヾr' ,ノ
      〈 /,八 ;ヽ ゝ 、` \_、ゝiゝ''Y´
       \、_>rー 'T ¨´ ̄::::::l,|  l
           /::::::::|::::::::::::::.:.:.:lハ  l
┌──────────────────────────────┐
│A君にとってのメリットは前述の通り                     .....│
│私自身は昔の事故の後遺症で後天的な身体障害を負ってたので、    .│
│一生独身でいようと思ってた                          ..│
└──────────────────────────────┘



         ,r-ー'/               yー-、 ヽ,
       ,r '"  /        /     /~| l //ー-ヽl' |
      /    l    l  /ヽ     |`'^r'ー'r,-ー'""}  l
      /     | ,ハ ハ / l ィヘ  l    `ヾ,ー'/  ト,
     l      レソl ,l  レ,r-=|,/=y,ハヘ|      ,ト-ノ   ヽ
     |    / /' ヽl  ,'r-ーr_、、_, 'ヾ''   .,___  ///  ,ハl
    ,/   ノT リ     `  !-' `   /__`ヾミ,;/フ   / '
  /   イ {^<,l'            i ' '}ソ')/  ̄/ハ/    女の幸せは結婚よ!
 /     ヽ,`' ,              ヽ ~ ・{ハリソ/      早くいい相手見つけなさい
/     l  / /\`i          ' '"  /
l    ,l  / \/'l丶      ー=ニ,r    ,イ
ヽ/ハ/  ,   ノ  l_、,,`rー┐       /| ヽ
    レ'ヘハ,,r'-''"    l  |      /' /   〉
      r'"       / /`'- 、,__/ヘ /|,ノハ/
      ヽ       //l    |ヘ/ ^'/ 〉 '
┌─────────────────────────────────┐
│けど母や親類は「女の幸せは結婚!結婚しろ結婚しろ」ってうるさかった。  ......│
└─────────────────────────────────┘

816本棚のやる夫さん2013/06/14(金) 21:24:28 ID:Nzpvr4.Y

          , -‐…‐- 、
         /ィハハハ...ィハハ\
         /::::::::::::::::j、::::::::::::::::::ヽ
        7:::::::::::::,イ/ }ハリハ:}::::::}      だったら僕と結婚しない?
.        /イ::::::ハ{_j..、  ‐,_‐-`Y:ト      僕もゲイってこと父さんにはバラしたくないから、利害の一致ってことで
        レハ{'´,.=‐ヽ  ⌒` リl}
          い、   丶     /ノ       単なるルームシェアみたいにして、
.          `'へ、 マ ヲ 〃        お互いの生活には必要なとき以外できるだけ干渉しないようにして。
                个 .._,/{、
           /!     レヽ、       そっちの親とかから子供産めとか言われたら、
       _,.. ‐'/ ! 、_, | {`ー-、    僕が種無しだってことにすればいいよ
       /l  _/V^V=-‐一|入 ヽ、._ `ヽ、
     /  l '´厶ヘ 」::::::r一' / `'一   ` ハ
.    /  ||   く ',:::{ / /      l/ ハ
┌────────────────────────────┐
│それをA君に愚痴ったところ、こんな流れで結婚に至りました。  .....│
└────────────────────────────┘

817本棚のやる夫さん2013/06/14(金) 21:24:58 ID:Nzpvr4.Y
元ネタ
81: おさかなくわえた名無しさん:2011/12/22(木) 23:06:10.18 ID:7jXv21lF
幼なじみのA君と結婚した本当の理由。
周りは「幼なじみと結婚なんてホントにあるんだ~。ロマンチック~♪」
みたいに言ってくれるし
うちの両親も高校時代の彼と別れて以来
ずっと男っ気のなかった私がようやく結婚したことで安心してくれている。
A君は父子家庭で、
「ずっと苦労かけてた息子にようやく幸せが訪れてくれた」
と喜んでくれている。

だからこそ、A君は実は女性に全く興味のないガチの同性愛者で、
それを隠すための結婚だということは墓場まで持っていく秘密です。

83: おさかなくわえた名無しさん:2011/12/22(木) 23:46:54.04 ID:7jXv21lF

>>82

結婚した理由自体はこれだけど
>A君は実は女性に全く興味のないガチの同性愛者で、それを隠すための結婚だということ

私は何のメリットがあって結婚したのかってこと?
それなら、私自身は昔の事故の後遺症で後天的な身体障害を負ってたので、
一生独身でいようと思ってた。
けど母や親類は「女の幸せは結婚!結婚しろ結婚しろ」ってうるさかった。
それをA君に愚痴ったところ、

「なら俺と結婚する?俺もゲイってこと親父にバラしたくないから、利害の一致ってことで。
単なるルームシェアみたいにして、お互いの生活には必要なとき以外できるだけ干渉しないようにして。
そっちの親とかから子供産めとか言われたら、俺が種無しだってことにすればいい。」

って流れで結婚に至りました。



            , '´  ̄ ̄ ` 、
          i r-ー-┬-‐、i
           | |,,_   _,{|
          N| "゚'` {"゚`lリ  ようこそ、男の世界へ
             ト.i   ,__''_  !
          /i/ l\ ー .イ|、
    ,.、-  ̄/  | l   ̄ / | |` ┬-、
    /  ヽ. /    ト-` 、ノ- |  l  l  ヽ.
  /    ∨     l   |!  |   `> |  i

818本棚のやる夫さん2013/06/14(金) 21:27:15 ID:xaiQ5ndI

後ろ向きなwin-win

819本棚のやる夫さん2013/06/14(金) 22:03:39 ID:33vfB6qM

実際これは理想的な生活形態だと思う
仲違いとかも起きそうにないし

820本棚のやる夫さん2013/06/14(金) 22:09:32 ID:eXO1X1bU


アスカ「」

821本棚のやる夫さん2013/06/14(金) 22:15:35 ID:VjmsDiVQ

秘密の共有者で親騙しの共犯者、生半可な夫婦より結びつきは実際強い

関連記事
[ 2020/12/14 20:44 ] オリジナル やる夫でコピペ | TB(-) | CM(0)



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する