やる夫でコピペ 第1976話 結婚相談所に登録していたある男のもとへ相談所の職員から電話があった

目次

298 : 本棚のやる夫さん : 2013/06/20(木) 22:18:16 ID:1U6apwmI

┌──────────────────────────────────┐
│結婚相談所に登録していたある男のもとへ相談所の職員から電話があった。    │
└──────────────────────────────────┘

               \ 、     Prrrr♪
                 <く                Prrrr♪    /
                   \                    /ヾ/
             ─wヘ√レvv                  /ヾ/
                              _                  /
                         -‐=ニ二ニ=┐        /ヾ/ヾ/
                      ´         } _
                     /          -‐ ´    ‐-  _
                     /        / ∴∵∴∵∴  ´|
                   /      / /    ∵∴∴∵ ''゙   j
               _/      / /二ニ=‐-    _/     /
                ((]|` _   _/ / o o o    _ /|   /
               ((己≧j「_  j /    ‐-=ニ二/ : :|  /
              ((己((亥    ̄           /|: : : |/
              ((己((_亥`ニ=‐-=ニ二三_/  ,|: : /
                  `  ‐-=ニ二三_   / /
                             ̄ ¨´


299 : 本棚のやる夫さん : 2013/06/20(木) 22:18:36 ID:1U6apwmI

┌───────────────────────────┐
│相性が100%の相手をコンピュータが弾き出したとの連絡だ。 .....│
└───────────────────────────┘
  __________________________
 |┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓|
 |┃                                    ┃|
 |┃               . -‐==== 、               ┃|
 |┃              ,. '´         ` .、          ┃|
 |┃             /               ヽ         .┃|
 |┃             ,.'     i  ii     ト、    ',         .┃|
 |┃         i i  i  !i _」L._  i_,L」_ i. i   !        .┃|
 |┃.           i !. i ィ'´Ⅵ\ト j Ⅵ `トi  i .i          ┃|
 |┃            Ⅵ  Vト.ィf示  ゙ヽ 示ミx. ! ii_.|        .┃|
 |┃           , ´ ̄. トハ Vツ     Vツ j  i ̄` 、     ┃|
 |┃            ̄`゙ー-i  :.     '      ,|  |‐i'´ ̄      .┃|
 |┃.             | i   、   、 ァ    ィ |  |. |         . ┃|
 |┃.             | i    i.丶    .イ .! |  | !       .┃|
 |┃            | .!.   |>i. ` ´ i< .! |  | |       .┃|
 |┃          _ノ-:'|    !i >vv< i`ー|  |― 、       . ┃|
 |┃.           i:.:.:.:.:|  i i:.i/ >ii< \i:.:.: |  !:.:.:.:.:i       ┃|
 |┃         i:.:.:.:. |   i/:.∧/   V/:.:.:. | .i:.:.:.:.::i       ┃|
 |┃          i:.:.:.:.:.|  /:.:.:.:.:\云/ :.:.:.: | i:.:.:.:.:.:i       ┃|
 |┃           |:.:.:.:.:.レレ′:.:.:.:.:ミz彡:.:.:.:.:.:.:レノ:、:.:.:.:.|     ...┃|
 |┃           |:.:.:/:.:.:.:.:.:;>' ´ Τ ` ゙ <:.:.:.:.:.::,:.:.:.:|     ...┃|
 |┃           |: /:.:.:. /    .土     ヽ:.:.:.:.:;:.:.:.|     ...┃|
 |┃            i:/:.:.:. /      ̄'|' ̄    V:.:.:.;:.:.:!     ...┃|
 |┃            i':.:.:.:.人     王     人:.:.:i:.:.i       . ┃|
 |┃           i:.:.:.:./ \    人    / V:.:.:i:.i      .┃|
 |┃          /:/ ∧   ` V    V ´   V:.:.V        ┃|
 |┃.         i:/:./!∧     .V   V  / /!V:.:.i        .┃|
 |┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛|
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

300本棚のやる夫さん2013/06/20(木) 22:19:00 ID:1U6apwmI

┌────────────────────────────────────────────────┐
│相性が100%だと言う事は滅多に無いそうで、これこそ赤い糸で結ばれた2人だと職員も興奮気味に伝えてくる。  ...│
└────────────────────────────────────────────────┘

                               __
                   r 、         /    丶
                   } }        _,ノ ヽ、,__  `
                   、」 {  _      (○)(○.)   |
                 ,-く ヽ { / .〉     (_人_)  U |
               r´ ヽ ヽ、`〈, {      |}r┬‐|     |
               i r、 ヽ 〉イリ      '、`⌒ ´   , ト、
                    }   し√' /         | 、     ,イ//`ー‐‐‐‐‐-、_
               |  _,,-イ            `ォニニ二´/ィ : : : : : : : : : : : : : >、
             ∠ヽ__,,-''7          _/ /\  / : : : : : : : : : : : :/.: : ',
             ヽ : : : : : : : |       //|イ:::::/∨ : : l : : : : : : : :| :/ : : : : :',
              | : : : : : : :ヽ      r''/ : | ./`Y / : : : 」 : : : : : : : :./ : : : :.//ヽ
              | : : : : : : : :|     ノ/.: : | i::::::|/ : :/ : : : : : : : : :/ : : :// : : :|、
              | : : : : : : : :|    /|./: : : :|/:::::/ : : : : : : : : : : : : : | / : : : : : : : :|.ヽ
              | : : : : : : : :|   __/ /.: : : : :|::::/ : : : : : : : : : : : : : : : 、 : : : : : : : : : : : : ヽ
              | : : : : : : : :ヽ/ : : :| : : : : : |:/ : : : : : : : : : : : : : : : : :.\ : : : : : : : : : : :
              | : : : : : : : : :|\ : : :| : : : : : / : : : : : : : : : : : : : : : : : : / \ : : : : : : : : : :
              | : : : : : : : : :〉〉.: : : :| : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.〈   \=二 : : : : :
                                  ___
______________________/電話中\_____________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\/ ̄\/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

       ____
     /_ノ ' ヽ_\
   /(≡)   (≡)\   キター!!
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´    /

┌────────────────────────────────────────────────┐
│そして『相手の女性も既に相談所へ着ており男性と会ってみたいと言っている。貴方も来ないか』と誘ってきた。     │
└────────────────────────────────────────────────┘

301本棚のやる夫さん2013/06/20(木) 22:19:18 ID:1U6apwmI

┌───────────────────────────────┐
│男も待ちに待った結婚相手である。                            │
│受話器を持ちながら小躍りに喜ぶ位だから二つ返事で行くと言いたい。   .│
└───────────────────────────────┘

           _-─―─- 、._
         ,-"´     ゝ   \
        /              ヽ
         /       ::::/::::::::\::ヽ  デモナア…
       |       / ヽ `::::´ /`ヽ
        l       ( ○ノ::::::::::ヽ○.;l
       ` 、        (__人_)  .;/
         `ー,、_         /゚
         /  `''ー─‐─''"´\o

┌────────────────────────────────────────────┐
│しかし、この相談所の相手を探す時の条件で不問になっていたある事が男にとって気掛かりだった。   ...│
└────────────────────────────────────────────┘

302本棚のやる夫さん2013/06/20(木) 22:19:37 ID:1U6apwmI

         ____
       /     \
.    /       \      あの、大変尋ね難い事なんですが、一つ確認したい事がありまして…
.  / /) ノ '  ヽ、 \
  | / .イ '(ー) (ー) u|
.   /,'才.ミ). (__人__)  /
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ
                                  ___
______________________/電話中\_____________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\/ ̄\/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

         / ̄ ̄\
       /   ヽ_  \
       |    (⌒ )(⌒)
      . |     (__人__)
        |     ` ⌒´ノ        はい何でしょう?
      .  |         }
      .  ヽ        }
         ヽ      ノ
      _,,,,ノ|、 ̄//// \、
  _,,..r''''"/ | \`'/  /  |  ̄`''ー-、
  /     /  |  /\  / /    / ヽ
 ノ |  > |/)::::/\/ \   ノ /}
 {   | {   | ,r":::ヽ /   /  / // ハ

303本棚のやる夫さん2013/06/20(木) 22:19:54 ID:1U6apwmI

         ____
       /   u \       実は相手の女性が処女かどうか知りたいのですが
      /  /    \\
    /  し (○)  (○) \
     | ∪    (__人__)  J |
    \  u   `⌒´   /
                                  ___
______________________/電話中\_____________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\/ ̄\/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

           ト、
          | ヽ  /|
        ト、j.  `¨´ .i  ト、
        |      ヽ-'
     ト、j`
      N.   ___
.      /       \
      /           ',
       |-、_j ヽ._/` .l
       || | | | | | | | | | .|         えぇ!?
       || | | | | | | | |  |
       |  (__人__) u |
..     ',  |::::::::::| u .|
      ', |::::::::::|   ノ
      ,ヽ_ ̄ ̄_,,-''、
       / | ヽ ̄/.| ヽ
     ./  .| /‐<  |  ヽ
.      l   |/〉-〈 ヽ|   .l
.      |     |  .|     |

304本棚のやる夫さん2013/06/20(木) 22:20:16 ID:1U6apwmI

      メ ,, -──- 、._\
    メ/ u    ゚ 。 \\        いえ、あの、くだらない事だと思われでしょうが、
  / /    ノ  ヽ、   \\
   ! |  o゚((●)) ((●))゚o  |        私にとってはそのどっちかであると言う事がとても重要な事でして…
  \\    (__人__)   /く<
   ノ メ/   ` ⌒´   ヽヽヾ
                                  ___
______________________/電話中\_____________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\/ ̄\/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

             / ̄ ̄\
            /   _,.ノ  ヽ、_
            |    ( ○) (○)
           | U  (___人__)          はぁ?
            .|       __ノ__
            |     _/ ___\ヽ_
               人、   '-/____ ヽ  |
            _,/( ヽ、  __'-〈 、 ヽ  |
   _, 、 -― ''" :l : :.\  ヽ,、.゙,/ヽノ}   ト、
  /. : : : : : : : : : :|_: :.ヽ、 ∧:::〈ヽト{   〈j)、
 丿: : : : : : : : : : : : /: : :.∨ |:::::', |: ゞニニ彡〉,
. i : : : : : : : : |: : : : : \ : : : `、|::::::|,|:〈: : : : : : : ∧
/. : : : : : : : : !: : : : : : : \ : : :.'、:::::| : 〈: : : : : : : ∧
: : : : : : : : : : |: : : : : : : : : \: : :'.,:::|: ;∧: : : : : : : ∧
: : : : : : : : : 丿: : : : : : : : : : :.\: :V:./-∧: : : : : : : : v
: : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : レ : : : ∧: : : : : : : :}

┌──────────────────────┐
│興奮気味だった相談員も気の無い返事である。    .│
│それもそうだ、現在は男尊女卑の時代ではない。 .....│
└──────────────────────┘

305本棚のやる夫さん2013/06/20(木) 22:20:37 ID:1U6apwmI

┌──────────────────────┐
│男はそう思いながらも後には引けず更に続けた。  .│
└──────────────────────┘

         ____
       /      \
     /   _ノ  ヽへ\        それがハッキリしない間は会ってもしょうが無いと思いますから、
    /   ( ―) (―) ヽ
   .l  .u   ⌒(__人__)⌒ |       是非にも確認して下さい、返事はそれからです
    \     ` ⌒r'.二ヽ<
    /        i^Y゙ r─ ゝ、
  /   ,     ヽ._H゙ f゙ニ、|
  {   {         \`7ー┘!

                                  ___
______________________/電話中\_____________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\/ ̄\/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

               / ̄ ̄\
             / ノ  \ \
             |  (●)(●) |    判りました、そのどちらかなのかがハッキリすれば良いのですね?
.             | u.(__人__) .|
        r、      |   ` ⌒´  .|    それでは暫くお待ちください
      ,.く\\r、   ヽ      ノ
      \\\ヽ}   ヽ     /
       rヽ `   ヽ  ノ7i:7、/ァ'´ヽ
        └'`{  .   \.|.:i..:::ソ,/:::::::::i
            ヽ、._  ∥ヽ、_,r':::::::::::.|
            `ヽ、:::::::::::/':::::|
               `'ー'´

┌────────────────────────────────┐
│そう言うと受話器からは待ち受けのメロディーが流れてきた。男は待った。  │
└────────────────────────────────┘

306本棚のやる夫さん2013/06/20(木) 22:21:08 ID:1U6apwmI

┌───────────────────────────────┐
│何分待たされたのだろうか、もう20分はメロディーを聞かされたままだ     │
│と男は不安になった。相手の女性とトラブルになったのだろうか?       .│
└───────────────────────────────┘

         ____                 _,.、.-―-.、., ♪
       /   u \             、-''´       `'-.、,_
      /  \    /\     ―--:‐''^ ´   ♪
    /  し (>)  (<) \                           ♪       _,.、.-―-.、.,
     | ∪    (__人__)  J |                                、-''´       `'-.、,_
    \  u   `⌒´   /                         ―--:‐''^ ´




┌───────────────────────────────────────┐
│そう思っていたら受話器からメロディーが消え、息を荒げた相談員の声が聞こえてきた。   ...│
└───────────────────────────────────────┘

         ____
       /   u \
      /  \    /\
    /  し (○)  (○) \
     | ∪    (__人__)  J |
    \  u   `⌒´   /          \ガチャッ/

307本棚のやる夫さん2013/06/20(木) 22:21:28 ID:1U6apwmI

           ___
       /      \
      /ノ  \   u. \ !?
    / (●)  (●)    \
     |   (__人__)    u.   |
     \ u.` ⌒´       /
    ノ            \
  /´               ヽ
                                  ___
______________________/電話中\_____________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\/ ̄\/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

                 ,, -ーーーー-- 、
              , イ         `ヽ、
            /              ヽ、
          ./                ヽ. ヽ
          /       l     l 、 、    ヘ .',      , ――――― 、
         ハ イ    l l!     | | | ヘ   }  ',    ./ | ┼         '^Y⌒i
         .|ハ ハ  { { .l',_ィ  ト、ハ ハ }! !  .!  .l    | レ c!、あ っ … i   ノ
           ',{ヽ  イ弋ヾヽ  { シ `トィ、 |   |  .|    .`ー―─――― ゙y'´
           ヾ丶 ',-仍,リ     仍リト、}   |  |
           , イテl`ト.弌戌    代戌 ,'   ドヾ、!
         ,ィ__-,ー} ', /// , ////// .|   |___ \              , ――――― 、
         '"  j j  ヽ         イ   |   ',`'                 / | ┼         '^Y⌒i
           / ,'   l`ト 、 ‐=  ., イ!、|   |   .ハ              | レ c!、あ っ … i   ノ
          ./_,,/   !''''"´! ー "    |   .|.   ヘ                 `ー―─――― ゙y'´
          // /   ,イ、         .|    ',`ヽ、 .ヘ
         / ,'/   / ヽ、\  イ--ー  .', !   .',  ',  ヘ
        ./ /  イ ' _ -',   '      .',l   .',  .|  ヘ
       /'"  / .',  -ー',  ,      ヾ   {  .}   ',
      /  /   ',  ィ丿/       ',ヽ  | ,' ヽ  ',

┌───────────────────────────────┐
│その陰から更に女性と思われるピンクの吐息も男の耳に聞こえてくる。   │
└───────────────────────────────┘

308本棚のやる夫さん2013/06/20(木) 22:21:45 ID:1U6apwmI

            ___
         /        ヽ
        /         ,. _ >
          |     __,.ノ !、__、
          |    (弋。ン) (弋ン)         フー、今しがた彼女は処女ではなくなりました…、
          |     r     i   ヽ
          |     ゝ   ノ 、  丿        で、貴方はここに来るのですか、来ないのですか?
          |            /
          |             |
       ,|               |
      /:::ヽ  ヽ      _人
    /,'::::::::`.、   ー― イ:::::r` 、
   / ,'::::::::::::::::>..._   /:::::::::::!  \-、  _ _,、,、
.      !::::::::;:':ゝ、 __ ノ;_;\:::::::!, ^ ー、--'         `ヽ.
_ ,.'´ |:::::/::::{:::::`::..、 ヾ「:::::`:ヾ、!     `゙ - 、   /     ヘ
'´    !´ ̄ ̄iヾ:::::::::`::::':::::::::::::::::i         /  ,:'         !
     ',  r‐`-ゞ:::::::::::::::::::::::::::::|       /  /           |
      ヘ__人:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ     /  ,'             ヽ
       ゙:::::::|フ:::::::::::::::::::::::::::;:::'´::ノ-― 、/  .;            i
\      ゙:::|`i:::::::::::::::::::::;::'::://    \ !          \|
  \       ヾ ヾ:::::::::::::::;'::::/,'/       ` .           `;
   \      \ `゙ーァ‐'ヾ:;':,'          ` 、        ヘ
     \     \/    |::l /`:.、          ` ー-- 、   '、
       \   ../     !::! !::,-、:`::..、             `ヽ  \

                                  ___
______________________/電話中\_____________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\/ ̄\/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

      ___
     /⌒  ⌒\
   /<○>   <○>\
  /   (__人__)   \
  |     |r┬-|     |
  \    `ー'J    /
  /              \       ボトッ

┌────────────┐
│男は受話器を落とした。    │
└────────────┘

309本棚のやる夫さん2013/06/20(木) 22:22:08 ID:1U6apwmI

以上です
元ネタ
1:しこたろう :02/10/06 12:13
結婚相談所に登録していたある男のもとへ相談所の職員から電話があった。
相性が100%の相手をコンピュータが弾き出したとの連絡だ。
相性が100%だと言う事は滅多に無いそうで、これこそ赤い糸で結ばれた2人だと職員も興奮気味に伝えてくる。
そして『相手の女性も既に相談所へ着ており男性と会ってみたいと言っている。貴方も来ないか』と誘ってきた。

男も待ちに待った結婚相手である。
受話器を持ちながら小躍りに喜ぶ位だから二つ返事で行くと言いたい。
しかし、この相談所の相手を探す時の条件で不問になっていたある事が男にとって気掛かりだった。

「あの、大変尋ね難い事なんですが、一つ確認したい事がありまして…」
『はい何でしょう?』
「実は相手の女性が処女かどうか知りたいのですが」
『えぇ?』
「いえ、あの、くだらない事だと思われでしょうが、私にとってはそのどっちかであると言う事がとても重要な事でして…」
『はぁ?』

興奮気味だった相談員も気の無い返事である。
それもそうだ、現在は男尊女卑の時代ではない。
男はそう思いながらも後には引けず更に続けた。


続きを読む

2:しこたろう :02/10/06 12:13
「それがハッキリしない間は会ってもしょうが無いと思いますから、
 是非にも確認して下さい、返事はそれからです」
『判りました、そのどちらかなのかがハッキリすれば良いのですね?
 それでは暫くお待ちください』
そう言うと受話器からは待ち受けのメロディーが流れてきた。男は待った。

何分待たされたのだろうか、もう20分はメロディーを聞かされたままだ
と男は不安になった。
相手の女性とトラブルになったのだろうか?

そう思っていたら受話器からメロディーが消え、息を荒げた相談員の声が聞こえてきた。

その陰から更に女性と思われるピンクの吐息も男の耳に聞こえてくる。
『フー、今しがた彼女は処女ではなくなりました…、で、貴方はここに来るのですか、来ないのですか?』
男は受話器を落とした。

310本棚のやる夫さん2013/06/20(木) 22:25:15 ID:ytSETitc

処女厨ほどアホなもんはないよなぁw

311本棚のやる夫さん2013/06/20(木) 22:26:21 ID:D42IcjhE

身を挺して確認してくれたのか

312本棚のやる夫さん2013/06/20(木) 22:27:55 ID:L76g9d3Q
おつ
これであっさり股を開くような女と結婚しなくて良かったとしか…

関連記事
[ 2020/12/16 17:42 ] オリジナル やる夫でコピペ | TB(-) | CM(0)



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する