やる夫でコピペ 第1984話 別れ話しをしていたらいつの間にかプロポーズさせられた

目次

159 : 本棚のやる夫さん : 2013/07/01(月) 19:49:47 ID:SNd2YREw

         ,. -‐'''''""¨¨¨ヽ          あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
         (.___,,,... -ァァフ|          
          |i i|    }! }} //|         別れ話しをしていたら
         |l、{   j} /,,ィ//|         いつの間にかプロポーズさせられた
        i|:!ヾ、_ノ/ u {:}//ヘ         恐ろしい誘導尋問の片鱗を味わっただぜ…
        |リ u' }  ,ノ _,!V,ハ |
       /´fト、_{ル{,ィ'eラ , タ人        な… 何を言ってるのか わからねーと思うが
     /'   ヾ|宀| {´,)⌒`/ |<ヽトiゝ        おれも 何をされたのか わからなかった…
    ,゙  / )ヽ iLレ  u' | | ヾlトハ〉
     |/_/  ハ !ニ⊇ '/:}  V:::::ヽ        頭がどうにかなりそうだった…
    // 二二二7'T'' /u' __ /:::::::/`ヽ
   /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \   催眠術だとか超スピードだとか
   / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ    そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ
  ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  }
_/`丶 /:::::::::::::::::::::::::: ̄`ー-{:::...       イ  もっと恐ろしいものの 片鱗を味わったぜ…


         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \  もっと詳しく
    |      (__人__)     |
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |


160 : 本棚のやる夫さん : 2013/07/01(月) 19:50:01 ID:SNd2YREw

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::... _____,,,,,...-r─'T''"↑゙`‐- 、__
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.... _____,,,,,...-r─'T"" |_____,,,,,..-r─'T"" | ``‐- 、__
:::::::::::::::::::::::::::::::::.. ___,,,,,...-r─'T"" |_____,,,,,..-r─'T"" |   .|   |   .!  | ,,,;;;:::::::::
::::::::_,,....-r─'T"" |_,,..-r─'T'"" | ̄..|   .|   |   .!  |   _____,,,,,..-r─''| ,,,;;;:::::::::
:::::::ii_,,...-r─'T"" |   .|   |   .!  |  .!___,,..!-‐十'''"|´ ̄|   |   .!  | ,,,;;;:::::::::
:::::::||   |   .!  |  .!___,,..!-‐十'''"|´ ̄|   |   .!  |  .!___,,..!-‐十'''"| ,,,;;;:::::::::
:::::::||_,,..!-‐十'''"|´ ̄|   |   .!  |  .!___,,..!-‐十'''"|´ ̄|   |   .!  | ,,,;;;:::::::::
:::::::||   |   .!  |  .!___,,..!-‐十'''"|´ ̄|   |   .!  |  .!___,,..!-‐十'''"| ,,,;;;:::::::::
:::::::||_,,..!-‐十'''"|´ ̄|   |   .!  |  .!___,,..!-‐十'''"|´ ̄|   |   .!  | ,,,;;;:::::::::
:::::::||   |   .!  |  .!___,,..!-‐十'''"|´ ̄|   |   .!  |  .!___,,..!-‐十'''"| ,,,;;;:::::::::
:::::::||_,,..!-‐十'''"|´ ̄|   |   .!  |  .!___,,..!-‐十'''"|´ ̄|   |   .!  | ,,,;;;:::::::::
:::::::||   |   .!  |  .!___,,..!-‐十'''"|´ ̄|   |   .!  |  .!___,,..!-‐十'''"| ,,,;;;:::::::::
:::::::||_,,..!-‐十'''"|´ ̄|   |   .!  |  .!___,,..!-‐十'''"|´ ̄|   |   .!  | ,,,;;;:::::::::
:::::::||   |   .!  |  .!___,,..!-‐十'''"|´ ̄|   |   .!  |  .!___,,..!-‐十'''"| ,,,;;;:::::::::

┌──────────────────────────┐
│ホントになにが起きたかよく分からないから簡潔に書く     .│
│勤めてる会社が不景気で将来のビジョンが閉ざされ気味  ......│
└──────────────────────────┘

161本棚のやる夫さん2013/07/01(月) 19:50:38 ID:SNd2YREw
           l l /  i l   /  ヽ、
          l l'   V i  ./     iノ / l
.            l ! i   \. /   U l / .l   別れよう・・・
.          ll j J   ^      ,ゝ .|   しばらく結婚は無理だ
           〉、        u  ,,.ヘ\ |   このままでは君が婚期を逃してしまう可能性もある
            lヽ.ヽ、..,,__ v--‐''"::::::/ i |   きっと他にいい男が・・・
           ヽ ト、::::::::::::::}nヽ-、:::::_ノ /l |
            \! `¨';::i´l::l U jノ´ ./ l::.l
           _/ Vヽ ゙、ヽ::!,.、' U f l:: \
          i´ そ ';、',  `゙ー'__.....、 i /::ヽ i ヽ、_
.           l/_,,...';:\ '"¨´__, ̄ ./::  ', lヽ--..,レ ̄ ̄ ̄
      _,,..,.ィ'¨´   ';::::ヽ `゙i  u /::    i l ヽ:::::::゙ヽ-
   ,. '´ _,,.. ´      ハ\:ヽ、 l.__ノ::      l l  i:::::::::::l
 /  '´  /     U l::::', \ ̄::::::   J  !    l::::::::::l
/ / _,.ノi        __l:::::ヽ  ヽ::::: u     `ー-/::::::::::!



          /. : :  . :          ,/  / | ヽ
           //: : . : :  .  . :   //L../  /  ハ
        i/!: : : : : : . : |: ./!: .   //  |__/    i !
        ' .l: |: : : : 、: :!:/_| : . /!'  __|ィ: :  : ハ|
           ヘ:i、: : 、 iゝ|=ミ.ヽ : i|  r≠㍉ノイ: : : /!
           `\ : トi {イt}  ヽi!   {-イt)^ノ: /| |   ・・・・・・
            | ` ゝ ̄ ̄  ,    ̄ ̄ ~7:  | |
             l: : ハ       ,       ∧:   | |
           ,l : : : \    .      イ: : : | | |
           /:!: : : |: :ヽ、  ゙.'    イ: |: : : | |: |
            i :|: :   !: : : ゝ _  '   !: :|: : : i/ |
          i : | : : | |: : : : :|        |: :|:|: : l: : |
            i : :|: : | |_ -‐i       丶|:|: : /: : : ハ
       . - ノ- へ: : |:|           j:| /`‐-、_ハ
      /  '||   ヽ !i―- 、   , -――リ:/―一 //`'‐-、
┌─────────────────────────────┐
│このままじゃ君が婚期逃す可能性あるから別れましょうと告げる    .│
└─────────────────────────────┘

162本棚のやる夫さん2013/07/01(月) 19:51:02 ID:SNd2YREw

    /: : : : : : : : : : |  ,. '´   ,ハ
   / : : : : : : : : : : /!イ  ,. イ´: : :\
 ,. ': : : : : : : : : : :l i   l, イ:!: : :! : : : : : :',
./: : : : : : : : : : : : l!|   __|_!: : :,!: : : : : :、:',           私達は、本当は別れなくても良かったはずの存在・・・。
': : : : : : : : 、: : : : :!ヽ  '´ノ/: /!: /: : : : |ヾ           それなのに何故?
: : : : l: i : : : ト、: : : '、   ,ィ_テ}ヽイ: : : /ヽ!            守るため?
: : : : :,: ヽ: : メ`__ー-ヽ  ゝ‐'"´ l:,.ィ:/ : |!            何を?
: |: ヽ `ヽド、,.ィア}ヽ         ' リ: : : !!            自らの未来を?
: l!: : :ヽ、: ヽ{ ,ゝ'"´  、          ! : : |!            では別れてしまった者達の未来は・・・?
ヽ!ヽ : : : ``ミ`     ,. -‐ 、    /:| : : :!、           別れさせてしまった者の未来は・・・?
   `丶、: : : ヽ     { ,.- 、!   /! :l : : l:!ヽ          この将来の先にあるのは・・・幸福・・・。
      i : : : :l丶、_  ヽ-‐'´ , ' l: : !: : !:|: :ヽ         本当に・・・?
    _ ノ|: |: : :|: :| ヽ`` ー- '´  !: : !: : :ヾ、: : \ __,.イ
  _r| |´: :!_!: : : lノl : }         ! : l: : : :|: `: : : : : ヾ、
ニ´: l l ! : l |: : : l l/       ヽ、!: : : :|__ ....... _: : ',
: : : :! l !: :| |: : : :l'´          |:l!: : :|      `ヾ
: : :rl ! !`! |: : :r、!___      ,.. -ヾ!: : :|        ヽ
/ヽ! |  レ !: :/ ハ    ̄`ヽ /    |: : :|         ',
   |    |、/ /: :ヽ           リ : |             ',
   ',    ´ i、: : 、ヽ          ヽ:|             ',
   i      l ヽ: ヾ:、_, r、'ヽ、 _    リ     !         ',      __,.. -―、
    |       !  ヾ:、  r\\ \`ー-、     ト、         ',_,. -‐_'´      !
    !      |      \ \\ `ヽ  ヽ    、! \     , ゝ'"´        |
----―!    ノ`丶、   ヾ \ \ヽ    ヽ-、 ヽ'´ ヽ-‐ '´                !
_   |    i    _`ヽ  \ ヽ      ヽi\ ヽ                      !
   ̄ ̄`` ー― '"´   ノ   \           |  \'"´!               |
              /ニニ二二ヽ、      l     \l                 !



            、, ,
            - o -
             )
            (

         ,. -‐'''''""¨¨¨ヽ
         (.___,,,... -ァァフ|
          |i i|    }! }} //|
         |l、{   j} /,,ィ//|
        i|:!ヾ、_ノ/ u {:}//ヘ
        |リノ    `ヽ_,V,ハ |     ソウダ、ココデ別レチャ イケナイ
       /´f|◎    ◎  , タ人
     /'   ヾ⊃ 、_,、_, ⊂⊃ヽトiゝ   結婚シヨウ
    ,゙  / )ヽ  ゝ._)    ヾlトハ〉
     |/_/  ハ     '/:}  V:::::ヽ
    // 二二二7'T'' /u' __ /:::::::/`ヽ
   /'´r ー---ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \
   / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ
  ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  }
_/`丶 /:::::::::::::::::::::::::: ̄`ー-{:::...       イ
┌────────────────────────────┐
│巧みな話術で結婚しないと俺の人生オワタになる気がしてくる    .│
│↓                                       .│
│いつの間にかプロポーズ                        ......│
└────────────────────────────┘

163本棚のやる夫さん2013/07/01(月) 19:51:16 ID:SNd2YREw
       ,. -‐'''"´          i`,゙ヽ
      /                 |,:.ヽ.ヽ
     ,.'                  |, |ヾ:.:.i ,'、
.     /            i   l、!'、| ';.:.:.!i, !
    i           ;      l、. ,、.ト-ゝ、゙、:.ノ'!
    l        ,r‐i  i, |`::\!`'"'i;;゙ーソリ
.    l       /'r´;ゝ'、;、!ヾ:、 `  `゙゙ :ヽ、   では、娘を頼んだよ
    l     {,、'::' (´:::::::::::::::::.     .:::::.ヽ、
      ゙i     `i、ーヾ;::::::::::::::::.  ,.,':-ー-、‐'
.     |    l  l'::`'''"i:::::::::::::::::. /'ー'''''ーy'
     'ヘi、   | , !:::::::::ヽ、:::::::::::::.    'i
.      ヽ. l トiヾ:::ヽ、:::`ー::、:;:::::::..   '、
         r'‐‐ '-- 、 _ヽ::::::::::::::::`::ー__;:. -"
      _l_        ` ' - 、 :::/´
      /  ` ' - 、       `ゝ、
.       ;、. 、_    `丶、       |;;`i
     /    ` ー- 、  `ヽ、   ';;;;;|、
.     /         \   \ 'i";,、ヽ.


            _____
           イ´|||  | llll`ヽ、
        /{   l|||  } } } |ミ|
        |∧  |||  / / /ノミ|
        ||⌒ヽ|||/´ ̄`ヽニl!
        || u |     u  lミl|
        |l ___{ く__} lミl|
        |<丞_>}  <丞_> レ-ト、   は、はいお義父さん
          /|、  〈ェュ    /イリ }   (どうしてこうなった!?)
       Vハi   r─‐、 u { ,、リ/
          〉|| U }二二}   | |`}`ヽ
        f´]|l!  「i___ノi   | } ,ハヽ}
       レ' l∧ `ニニ´  / {ノ}ノ
            i ∧, ---、/`ヽ  \
           |  \__/{   \-く三ミヽ、
        /i   , --ミ__  `ヽ `Y/´ ̄ ̄ ̄`ヽ_
  ____/  .i U {         `\ ∨ ̄`ヽ     `ヽ
         `ヽi    ー‐、_       }           ∧
            i  /´ ̄ ̄          ∨          }
┌────────────────────┐
│そのまま彼女の両親に挨拶しに行って食事    │
│↓                          ......│
│現在。どうしてこうなった…?          ......│
└────────────────────┘

164本棚のやる夫さん2013/07/01(月) 19:51:42 ID:SNd2YREw
元ネタ
727 名前:恋人は名無しさん:2011/12/07(水) 01:36:57.80 ID:dLPL1JQZ0
別れ話しをしていたら
いつの間にかプロポーズさせられた
恐ろしい誘導尋問の片鱗を味わっただぜ…

728 名前:恋人は名無しさん:2011/12/07(水) 08:37:31.71 ID:iK8rtJ2oQ
さあ、ありのまま起こったことを話すんだ

729 名前:恋人は名無しさん:2011/12/07(水) 09:16:56.44 ID:dLPL1JQZ0
>>728
な…何を言っているのかわからねーと思うが、
俺も何をされたのかわからなかった…
頭がどうにかなりそうだった…
催眠術だとか夢オチだとか、そんなチャチなもんじゃあ断じてねえ。


734 名前:恋人は名無しさん:2011/12/07(水) 17:10:07.22 ID:XSzFfYEj0
意外と反応多くてびっくりだ
ホントになにが起きたかよく分からないから簡潔に書く
勤めてる会社が不景気で将来のビジョンが閉ざされ気味

このままじゃ君が婚期逃す可能性あるから別れましょうと告げる

巧みな話術で結婚しないと俺の人生オワタになる気がしてくる

いつの間にかプロポーズ

そのまま彼女の両親に挨拶しに行って食事

現在。どうしてこうなった…?


              |lil|   j///,ィV////  ミ{
              |lil|   / /  V//  ミ|  
              ト、{ /イ    i |'//  ミ{
             | ∨       l }/////__ハ 
           }.u      { V/// ,ィ }li} 
           {__ノ {____ノ }_,/ /i } !ll|
           Ta>  くfai_>    ノイ/八   まさか・・・スタンド攻撃か!?
            ∨  ノ     /  /一'lミヽ\___
            寸>     {  {,-、}}ハlヽ\\ミ=-
              ir─ 、 u .|   j! }  }liハli}ヘ:\
            , -、__  i`ニニ    /iト、ノ  リ  }ノ:::::::::}`>、
        __/ / /`i } {    /  ∧    /::::::::::/
   , <´ ノ /  / /^f ̄ ̄´\  //ハ  -/::::::::::/

165本棚のやる夫さん2013/07/01(月) 19:52:32 ID:Isd1hlKc
口が上手い奴は本当にスタンド攻撃みたいに誘導できるから困る


166本棚のやる夫さん2013/07/01(月) 20:03:44 ID:dpEC3h0I

まあ、頼れる嫁さんと一緒になれると思えば
そう悪い話でもないはず、うん多分

167本棚のやる夫さん2013/07/01(月) 20:16:43 ID:8hNfAJpk

流されて良かっちゃった場合もあるからな

169本棚のやる夫さん2013/07/01(月) 21:13:47 ID:BFvxe5PE

会社の不景気を知ったうえで結婚してくれる…いい嫁さんじゃあないか

関連記事
[ 2020/12/17 21:07 ] オリジナル やる夫でコピペ | TB(-) | CM(1)



自分より明らかに賢い嫁なのでこれは幸福
[ 2020/12/18 21:21 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する