やる夫でコピペ 第2123話 中学3年の11月に階段を転げ落ちて入院しました

目次

342 : 本棚のやる夫さん : 2013/11/26(火) 13:15:24 ID:UtH4Qo9Q

                        ._|______________________|::::...
                      _|______________________|::::...
                     _|______________________|::::...
                     |______________________|::::...
             .-―-、  .-―-、____________________|::::...
         / ̄ヽ/ / ̄ヽ/     ヽ __________________|::::...
          ヽ、   y'ヽ、   y'     |_________________|::::...
          ー‐’|   TT     |________________|::::...
               |   .∪ #    |_______________|::::...
   (´⌒;;;        |         |______________|::::...
               |#        |_____________|::::...
               |          |____________|::::...
            ノ.           |___________|::::...
      (;;;) /  ̄ ̄ ̄ \ # .  |__________|::::...
       / _ノ   `ヽ.  ',.    /  ̄(;;;) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 , -―──i (●)  (●) u i    ー――──- 、
 !____弋. (_人_) # ,L_________.ノ (⌒;;)
        ` ー-=-─一 ''゙
┌────────────────────────┐
│中学3年の11月に階段を転げ落ちて入院しました。    .│
└────────────────────────┘



         )======================(.)    |        |
         .| i i | i i | i i | i i |     .|        |
         .| i i | i i | i i | i i |     .|        |
  )======================(..)| i i |     .|        |
    | i i | i i | i i | i i | | i i |____   |        |
    | i i | i i | i i | i i | | i i |  /|_|        |__
    | i i | i i | i i | i i | | i i |//|    ̄ ̄ ̄ ̄
    | i i | i i | i i | i i |__. i |/
    | i i | i i | i i | i i |  /|  .|
    /| i         i i | i i |//|~´
  /-)))  ((゚Å゚))       i |/
 l jjj*゚-゚)jっー'--、 `  ̄ ̄ /|  .|
 |く ヾつ'´;::::....  '..   //|~´
 | ̄ ̄l二二二二二二|/
 |' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
┌──────────────────────┐
│怪我の治りも順調ということで大部屋へ移動。    .│
└──────────────────────┘


343 : 本棚のやる夫さん : 2013/11/26(火) 13:15:45 ID:UtH4Qo9Q

      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    /             \
   /                  ヽ
    l:::::::::.                 |
    |::::::::::    ⌒     ⌒     |   へー、キミうちの娘と同じ学校なんだ
   |:::::::::::::::::   \___/    |
    ヽ:::::::::::::::::::.  \/     ノ



         / ̄ ̄ ̄\
       /  _ノ   ヽ_ \
      /   (>)  (<) \   やる夫のクラスでも野球好きって人は多いんですお
      |  ::::::⌒(__人__)⌒:::::l
      \    |r┬-/   /
.   グッ /⌒/^ヽ、`ー'´ ,ィヽ、
      /  ,ゞ ,ノ      ,  \
     l /  /       ト   >
       ヾ_,/          |/ /
       |          |/
┌────────────────────────────────────────────┐
│その時、隣のベッドにいた患者(おっさん)の一人娘(現在の嫁)と俺が同じ中学の同級生だったことと、  .....│
│野球部だった俺は野球好きなそのおっさん意気投合して野球の話ばかりしていた。              │
└────────────────────────────────────────────┘

344本棚のやる夫さん2013/11/26(火) 13:16:09 ID:UtH4Qo9Q

      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    /             \
   /                  ヽ
    l:::::::::.    ノ             |            僕には娘しかできなくてね
    |::::::::::   (●)     (●)   |   , '⌒ヽ
   |:::::::::::::::::   \___/     |  ー   l     やる夫くんみたいな息子と
    ヽ:::::::::::::::::::.  \/     ノ   ヽ、_ ノ     一緒に野球するのが夢だったんだけどなあ



..      ____
     / ―  -\
.  . /  (●)  (●)     はぁ・・・
  /     (__人__) \
  |       ` ⌒´   |
.  \           /
.   ノ         \
 /´            ヽ
┌──────────────────────────┐
│娘しかいないので息子が欲しかったと何度も愚痴ってた    .│
└──────────────────────────┘

345本棚のやる夫さん2013/11/26(火) 13:16:34 ID:UtH4Qo9Q

           ____
         /       \
        /       ― ヽ
      /         ( ●) '、
      |             (__ノ_)
      \            `_⌒
  (((  /           \




                  _ _      , 、
              ,       > 、 /   >
          、-‐'' "         く   く_,,_
          7  /  , イ i      ! ヽ,‐<, ',
          i  i , -ト | ,k‐-、  ,'  i\ム ',
          レ, !l>,/、 ト、ムュェ、イ/  / ト, フ  i
           ゝ,.i〈心  ` 什心イ //i i`"  l       お父さん、着替え持ってきたわよ
              ,'  l `" .  `‐" .k"  / ハ     !
 .           i   ト  r ‐ォ  ./  ,ヘ/ ' , ,   ',
              l i, ,/>`ー'__ ///_´    >、  ヽ‐- ,
           YゝL__`'ヾ' i フム壬'" `、/>'"ヾ、K'‐-、ミ>、
            ,<フ√',>‐-ヤ -‐i |    Y"   _ヾ ,   \\
         i'  `" 〈i 、//   .l .| 入  ',  < 〈_/ .〉    \\
         レ'` 、  .l / >ロ< 弋  ',   ',  `ー‐"      i ュヽ
     _____`_‐| / `´ `"  \ .〉.  ',`'‐- 、      ト-'/ ヽ ',
   /, -―――――、` < ̄ミ`ヾ,- ,,_.〈_',__  ',    ` 、__ `"   ', ',
  く/          厂 ̄ rrォ > iL,  ) ̄  ,ノ         ` ' 、  i i
   ヽ<"'''入     ヽフ ェェ ィ ノ式 ム-ャ< ,_            \l l
   弋ェォ,,-、______ム__,-‐  i  > ,_> 、             |/
                  /      ̄ ̄  ヽ       /
┌─────────────────────────────────────────────┐
│その後、一週間くらいしてから俺が検診を終えて大部屋へ戻ると、おっさんの娘が見舞いに来ていた。    .│
└─────────────────────────────────────────────┘

346本棚のやる夫さん2013/11/26(火) 13:16:55 ID:UtH4Qo9Q

      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    /             \
   /                  ヽ   / ̄ ̄ ̄\ミ      おお、戻って来たのか
    l:::::::::.                  | /   ●    \
    |::::::::::   (⌒)     (⌒)   | \        /      大ちゃん、僕はやる夫くんを息子にしたいんだ
   |:::::::::::::::::   \___/     |   \/ ̄\/       君達結婚しなさい
    ヽ:::::::::::::::::::.  \/     ノ    \ /



     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (○)  (○) \
|       (__人__)    |
/      |!!il|!|!l|  /
      |ェェェェ|


                         。
                 、─- 、._ /`ヽ.  __
     ○  ( 、.,__ _,,.. -‐─\  7   Y´ /
         __,> ´         ,>-|    .| ./
     。 |/    /   、___∠.,__'、   '、>
        /  ./ _/_|   ハ _|  /   ヽ.   \
      /   ,'  /__∧ /7´ r-、Y / | ハ     ハ
  o  ,' ,   |  ァ'´r,、∨   j_rリレ'   ,'  |     |
    |/|   | 八. j_リ .    xx!   /  /!     ,'
      '、 ∨|.xx   , - 、  / i´l'lY .|   /|    _____
      ト、.\ |/´)  |´   ) |/.///| / ./ / , '"´ r──ァ /
      | \/|  ヽ、_ `     イ   ,イ.」_ / レ' //`ヽ)    |/
    。. '、 ,' \  )|こT7" /|  イ::/  `ヽ.//       /
       ヽ|/ ./ .|::::/ | / .|  ∨    ∨          /
       \./  !:/_,ム\/|.    Y-r、  〉      /
        ,'   ,'::::/ ハ-':八   |`7_」/    ,. '´
         |  /::く_rヘ.」:::::::::ヽ.__/ノ---─ ''"´
┌─────────────────────┐
│おっさんが突然とんでもないことを言い出した  .....│
└─────────────────────┘

347本棚のやる夫さん2013/11/26(火) 13:18:19 ID:UtH4Qo9Q

             / ̄ ̄ ̄\
        /           \
       /  \      /  ヽ
         |  =`   ´=エフ  |   こんにちは! お願いしますお!
       !    (__人___)    /
       ヽ.__  `ー'  ミ☆´
          `7 ー   <
     r'⌒Vソ /        \
     !  く /         )
     ヽ、  ヽ    /  /
       入  \_,/  /l
      /   \    /  !
      i′     ̄ ̄     !
┌─────────────────────┐
│俺はおっさんの冗談にノルつもりで握手を求めた │
└─────────────────────┘

348本棚のやる夫さん2013/11/26(火) 13:18:39 ID:UtH4Qo9Q

                        |  ∧´  r‐ 、 _ノ
                  、  ⌒  ∨  ∧/ /   \
               ´         ∨  |ヽ|     ヽ  っっ
            /  |           ーr  f         っ
                |             `¨|       ',
                |              |
.        /       |              |        ',
.     /〃     /!     \       |
.      / ,'     ,' ∨ .|    ハ         ∨       ト
.    ,' |     _,_  V ト--- |-         i∨         |
.    | .!    ト |    '、 { , 辷_i \    | ∨       !
.    | .!    |ィfテミ   イ んぅ ̄ ヽ.    | | } ∨     |   こ、こちらこそよろしくお願いします…
        ∨   |ハ Vj     弋ツ  ' ゝr   l| | //∨    八
        ∨  | i `¨ :::::::::::::::::::::::rf⌒i l  l| 乂   |  |   \
.         ∨  ! ,、:::::: '     u.| ! | |ヽ  | !  \. !  !  リ
         \ ハ.ヽ\ ,、ー     .!.! ! !/ | |ノ    リ  人 /
              ∧ハ `| |> - r‐ リ    ' .! > 、//  乂
             | | i  r  〈.! ./    ,' | |´ _ ヽ /  )
            !ノ7ヽ  ヽ }∧   ∧|ヽ!/    ハ
               l´ )   ノr‐ |   /  /        |
              / /  / r‐f|   ', /       j



             / ̄ ̄ ̄\
        /           \
       /  \      /  ヽ
         |.u =`   ´=エフ  |  (…マジで?)
       !    (__人___)  u ./
       ヽ.__  `ー'  ミ☆´
          `7 ー   <
     r'⌒Vソ /        \
     !  く /         )
     ヽ、  ヽ    /  /
       入  \_,/  /l
┌──────────────────────────────────────┐
│そしたら、現嫁は顔真っ赤にして「よろしくお願いします」と小声で言って握手してきた。    .│
│つまりOKってことで付き合い始めた。                                ...│
└──────────────────────────────────────┘

349本棚のやる夫さん2013/11/26(火) 13:19:01 ID:UtH4Qo9Q

        弋ゝ=、
.         \::..\         r‐f ̄ヽ、__ハ _ ,、_
             i: : :..\  _r、「 `ヽ ,-、l  _,|     ヽ
           |: : : .. \), '´        `Yて`ヽ}、 ヽ            , -‐'フ
            i: : : : 厂,`         、 .λ(ソ jλ \        // 7´
.            |: : .ノ ,'     ,  i   、ヽ ヽ ゝ-く〈x∧:. ヽ      //´ ./
.            l : :' /  / . i  l  ::,λ::i :、:iγ,-,、ヽxxl:: : .  ,    //´   ,'
            |.:,  i:::.  | j,A- :ii .:::廾ト廾ト{ `ー ' ソX:}:.: : . ∧//´   /
.            i;.  |::i ::i !iイト-‐ゝレ .レ_」_. Vrゝ--くハ∧ : : : .  ヘ'      /
            j  圦从ハv ァ‐、   '´ ,.,. 弋ー ^ソxX:| : : : : . .  \ 、  /
            .ノ  ト、从 ハ "   _ -、  / .:`T´Xx∧ヽ:: : : .   \ /
           /   :|f.// ヽ:ヽ"" ヽ  .ノ /::., '  VXX∧:: :ヽ: : : : .   \
          / / . :;X/レ{ { .i\ ` ; - ‐ '/ , ' ∧ ⅣXx∧.  : :ヽ: : : : :  ヽ
         /: : /  /x/: : { ハ i/ヽi レヘ_,/|/ \リ i  .i∨Xx∧ : .  : :ヽ: : : : : ハ
        / : :/  /x/ : : : :∨ ∧_  ,..‐ァ   } |  ', .ヘXX.ヘ     : : : : : : : : }
.        ' : :/  /x/ ://: :/ ,'´,γi´ メ   , '  i / ノ.VXxヘ      : :ヽ : : :/
.       / : :/  /x/x个/: /  ∨/ i/  , 'ヽマヽュ_,‐-、::ヘxXXヘ       ヽ:/
.       ! /  /x/XX _r'`^ヽ/:.ヽ-'´  , '   ト`\ ̄ ̄`∧XX∧      : :l
.       f   /xj / / .::ヾ:::τ   , ' 八  ! l ::,'.: : : : : :∨Xxハ     : /
       ',  ./Xj厂二=r‐イ´ ミ/´`^ァ ノ  ハ ノ レ';  : : : : :ヽXx〈 : .   ノ
         V.〃 ヤイ:::...}イァノΥ  / ‐- '´y'´:::::  !  : : : :  lXxハ: :. /
        /ムー'、_ チ   ト\}/‐-、__∠        ノ: : :  !Xxx|: /  `i
      ,ー‐川 ´`,::.. 大'ヽ i K.Y::::..   、__     _/::    !Xxxj/` ̄`)
      / _ 从妖} ル / ノ トソ :.\    `‐‐─'´::::      |X/ :::<、 ̄`,'
     レ‐{:::::..`‐-‐'ヘ`¬オ彡´\ :.ヽ::.                i:::   _ノ  i
    / (´.:;  `ゝ、精/  ,、;ヽ´  :..\::.             :  i:::  :::::::)   i
   /  厂:::i     "`"レ~` /::::i:::..   \            :: /::   Σ´  /
   i  .゛`コi    ノ  . : :/: : :.l : :..  ヽ \         .::      -‐` /
┌───────────────────────────────┐
│同級生といっても現嫁の事は知らなかったし会話したことも無かった。  ....│
│初対面で初めての会話がプロポーズになってしまったアホな話です。   ...│
└───────────────────────────────┘

350本棚のやる夫さん2013/11/26(火) 13:19:23 ID:UtH4Qo9Q
元ネタ
妻と初めてした会話 11言目
777: 775 2013/10/25(金) 17:38:17.99

中学3年の11月に階段を転げ落ちて入院しました。
怪我の治りも順調ということで大部屋へ移動。
その時、隣のベッドにいた患者(おっさん)の一人娘(現在の嫁)と俺が同じ中学の同級生だったことと、
野球部だった俺は野球好きなそのおっさん意気投合して野球の話ばかりしていた。
娘しかいないので息子が欲しかったと何度も愚痴ってた。

その後、一週間くらいしてから俺が検診を終えて大部屋へ戻ると、おっさんの娘が見舞いに来ていた。
おっさん「お、戻ってきたな。おい、娘!こいつ(俺)を息子にしたいからお前ら結婚しろ!」と突然言ったので、
おっさんの冗談にノルつもりで「こんにちは!お願いします!」と握手を求めた。
そしたら、現嫁は顔真っ赤にして「よろしくお願いします」と小声で言って握手してきた。つまりOKってことで付き合い始めた。


同級生といっても現嫁の事は知らなかったし会話したことも無かった。
初対面で初めての会話がプロポーズになってしまったアホな話です。



           __
        , ‐' ´   ``‐、             / ̄:三}
.     /,. -─‐- 、.   ヽ        /   ,.=j
 _,.:_'______ヽ、 .!       ./   _,ノ
  `‐、{ へ  '゙⌒ `!~ヽ. !     /{.  /
    `! し゚  ( ゚j `v‐冫   , '::::::::ヽ、/     そんなことより野球しようぜ!
.    {.l   '⌒      ゙ 6',!   / :::::::::::::::/ __
.     〈  < ´ ̄,フ  .ノー'_ , ‐'´::::::::::::::;/ (_ノ)‐-、
.      ヽ.、 ` ‐", ‐´‐:ラ ':::::::::::::::: ;∠.   ヽ_}  ゙ヽ
        ,.r` "´  /:::::::::::::::::::ィ´  `ゝ  !、  /
     /       / :::::::::::::::: ; '´   /´\ /   r'\
.     i      ! ::::::::::::::/ 墨 | .!::::::::/ヽ、.._!ヽ. ヽ、
     {      {:::::::::::;:イ /   ∥i:::::::/:::::::::::::/  \
.      ヽ       ヽ,.ァ‐'´ /ヽ 二 ,/`ヽ、::::::::: /

351本棚のやる夫さん2013/11/26(火) 14:03:45 ID:uEvL6O6o
乙、野球と転倒と転がることで結ばれた恋か

352本棚のやる夫さん2013/11/26(火) 14:43:18 ID:NWQMVAxQ
おつ
まとめるとスライディングしたらアウトになってしまったということだな!

353本棚のやる夫さん2013/11/26(火) 15:22:43 ID:MCHgE.QQ

嫁さんの好みにヒットしてたか
アウトでチェンジにならずよかったな

関連記事
[ 2021/01/02 23:43 ] オリジナル やる夫でコピペ | TB(-) | CM(2)



それでお義父さんとはキャッチボールをしたのかな?
[ 2021/01/03 00:18 ] [ 編集 ]

義父「振り逃げされました」
[ 2021/01/03 13:16 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する