やる夫でコピペ 第2200話 新宿からバイト先に向かおうとしていた時のこと

目次

230 : 本棚のやる夫さん : 2014/03/01(土) 17:53:39 ID:jxpxiwB6

 |. ::::::::::::::::: | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|≡≡≡
 |. ::::::::::::::::: |_________________________________|-===-
 |. ::::::::::::::::: | |//|      新 宿 駅 東 口       |        ├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼| :: ||::::...
 | ̄ ̄ ̄ ̄| |/  | ┌──┬─────┬──┐├────┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼| :: ||::::...
 |        | |==| |..//..[二二二二二二二] // |│ .(びゅう)├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼| :: ||::::...
 |        | |    | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||....| ̄ ̄ ̄├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼| :: ||::::...
 | ( )    | |    | |  ( ) ( )     ( )     ││....|//  ├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼| :: ||::::...
 | 只 8 8 .| |    | |  只 只  8  只 88 8..││....|/  /├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼| :: ||::::...
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ || ̄
              _/´ ̄l ̄ヽヽ         ヽヽ     (コ` ) )    ,、,、     oノシ ヽoノ
              _/ ̄ ̄´l ̄  ̄l  l ̄ ¨ヽ       \\   (  ) )   ( ゚)     |   へ)
            ヽ-'(O)ゝ―ヽ―(O)ー'         \\ uu uu    (  )    ,、,、,、,、   く
                                  ,、,、\\   ,、,,,, uu    ミフ' (コ' )
     ∩∩ ∧∧         ∧∧ ∧_∧       (ロ゚,,)  \   ノルリレ ( `o)ノ ミ,,,,,(_)
    (::::::::::).(:::::::::::)        (   ´)(   ) ∧_∧   ∩_∩  ノリ゚ ー゚ル,,,,,,,, )    @@@
     | ∧∧ @@@ ∧vv∧ △,,,△ と  | ( * ロ∀ロ)i(`∀´*)⊂(~~~ (゚ illllll,  ヘ ,ヘ `д)
  ∧∧ (- ` )=゚ω (∀・  )(∀`  ) |  ~と  <Y>)(_)_ <Y>) ∧ ∧ ∩∩  (゚- ゚,,) つ
 (o^ ,,) (v, と) ∪  (と   )(    ) し`J  |   | |  人  Y  (, ・ -・)∀` )  | と|(/∪
λ,,λ   Y 人 ∪∪  Y  人  Y  人     ((((()))))   し(__)  ▲▲ つ ∩w∩   n n
 ・∀)  (__)ヽJ    (_)`J (_)`J     ( `ー´)ノリルレ,    (,, ゚ヮ゚)  ( ∧w∧ (∀` )
  つ                        (つヽ (-^ *ルレ    ノ ニσ   (    `)| ∪|


           . -―‐-ミ
             ,: ::, -‐-ミ: :: ::` 、
         / 〃[i∨i] Y: :: :: ::\
       〃´ ̄ ‐-ミ 、_ノ: :: :: :: :: :丶
       {: :: :: :: :: :: : \\:: :: :: :: :: :: ::、
       、: : ,ィ_ト、_\ \:: :: :: :: :: :.
         Y レ'  `ニ¨ ̄\_ヽ: :: :: :: :}
        ┌ヵ  ┬‐┬┐  ト、: :: :: ::ゝ-、
        j_」_Uj   |∪リ ,ノ  ,ノニヽ :: :: :: :: :.   やれやれ、朝の駅は混んでるな
         r〃⌒`  ゝ-' ィ (ニニニニノ⌒ヽ  ノ
        (ニ乂  ノ-‐=ニニ) て_ノ⌒ 厶イ    荷物が邪魔にならないようにしないと
       辷_ニニニニニニニr‐'     ___,ノ
       丶`ー^ー^,ニ´    -ニろ
         ≧=‐--‐=≦ア^ヾ¨´
       ∠ア´: : ∠ニニア: :: :: ::ヽ
      〃う/ニニア/⌒Ⅵ: :: :: :: :: :}


231 : 本棚のやる夫さん : 2014/03/01(土) 17:54:01 ID:jxpxiwB6

                  ,.、--‐‐─‐-:. ,
              ,.':::::::::,,,:、::;;;,,,ノソ:::::)
                /::/ .\,,lll,,/ ゞ´
               /:/  <●>::::<●>\   オラオラ、道開けんかい!
               !/ ノ L  (__人__)  \
               |  ⌒   `⌒´     |                     /⌒¨Z.._
               \            /             ,> `′    `ヽ
.    ドンッ!      \ ,,,,    ,,, /            c  Z.ィ ,、      │  わっ!
           \ゞ从レ ::::::::\  ./::ヽ‐、                /ィ'<,ヘl、vr‐、   |
          ‐> ´<‐ :::::::|  |::::::| ::i              c.   >i _ノ, ||fi}    |
              //乂ゞ\ ::::::|  |::::::| ::i                 /_、 ,.ノ .|レ′   {>''⌒ヽ
.             i::::::/ i::::::::::::::::|  |:::::」 ::i              ` ‘Tニ-〕l ハ.    \:::::
.             i::::::i  ^| ̄ ̄  ^|ノ :/                ⊂,¨´/ レヘ.   ヽ }
             ヽ:::ヽ /三三三三)/                   〈_// ..::::\ヽ.N′
.              \_)::::::::::::::::::::::::ヽ                       フ´ ..::::::::  V:`::
               〈::::: ノ::::::| ::::::::::\                フ ..:::::::  ..::::::
.              /:::::::::::::::::::| :::::::::::::::|                 /⌒ヽ;  ..::::::
              i::::::::::::::::::::::| ::::::::::::::|                  /:::::::::::: } ::::



:.:.:.:.〃__  __ ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:: :: :: :: :: :: :: :: :
:.:.:.:.{ |:l V !:| }:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: :: :: :: :: :: :: :: :: :
,....-‐:::::::¨:::: ̄:::::¨:::::‐-....:.:.: :: :: :: :: :: :: :: :: :
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、: :: :: :: :: :: :: :
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\: :: :: :: :: :: :
::::::::::::::::;  -‐==¬=ァ=-、ュ_:::::::ヽ.: :: :: :: :: :
:::::::; '  ,!   ;'=--‐≦< ̄ヽ `ヾ、∨: :: :: :: :
::::/≠ー-ィ:、 〉ーァ/´¨o,ア     ミ≧ゝー、:.:.:.    (やたらと感じの悪い男がいるな・・・
:::{/"゙7¨oヽ.〉  ー´`¨´      く三/〈‐ュ i:.:.:
::∧ `¨ "'/             彡 j: i: |:.:.:.:     あんなに周りの人にガンガンぶつかって
ゝ-',   (、 jュ )          ミi,、_ノ./:.:.:/     謝りもしない)
   i    {:Σィ‐≦ー‐-ュ:.、      |!、_ノミ/
.   l ,.ィ仁彡ュ≧≡ーニミミ、    !∧ミミ
   ',メ彡∧V                 ,'  ∨
   ∧"´ 〈ーニ二 ̄¨       /:  ト、
     ' ,   ` ̄¨"       ,. ':   !: :: :: .、_
      \ !.          / ,'   /: :: :: : |: :: :
.      ,ァ} ヽ、 _,,   イ/ /   /: :: :: :: :!: :: ::
     /:::::i',  '///////  /   , ': :: :: :: : /:: :: ::
     _/::::::::',∨ ヽ.         /:.:.:.:: :: :: :/:: :: :: ::
.  ァ-/ i:::::::::::ヘ、     / ,....<:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,:': :: :: :: :: :

232本棚のやる夫さん2014/03/01(土) 17:54:20 ID:jxpxiwB6

           z≦ ̄¨: ..
         (:: :(M)_::_:: :: `'' 、
           >≦⌒ヾ_ヽ:: :: ::}
         ((::;^fぇ tテ`了'=┤
             ミ1 j_,、   1ラミ}
           从〆ニ㍉ャj《弐
             ヘ ¨  ,.イノ}、_
           _/〕爪フ´:_::;仁/:  ̄`ヽ
          ィ仁} |..Vz≦´/ニ/: :: :: :: ::.:.:
         \      |     ’..゙: :',: :: :: :.:.:.:}
      /: :,' \、_ ノし'//:_|ニiトγ⌒`ヾ :λ     ___ 00 __          ∩
        {: :.__)    て.{O》: ::l!: :: :: :.:.:.:.',       | ∟ └┘/7  [][]「l  ∪
     ――=二      =――一::_::_::.:.:.:.:}     .|_厂   <ノ    くノ  o 
      ,'Y: :: }....メ、    (_. 三王∨´   ̄`}
       i_l_::_:::{仁三..Y^  \ `..王l!{    ィ |
     {´; ̄` 守二...|     \. 王》ヾ-‐≠ l!{
     j_i_   ,'》仁....!=≡二三彡《 {    i }
    /´/ ` ゙{(住㌢[__]::::::::::l l:::::{! ;.   ;i
┌───────────────────────────┐
│男はどんどん進んできて、私にも思い切り肩をぶつけてきた   .│
└───────────────────────────┘

233本棚のやる夫さん2014/03/01(土) 17:54:41 ID:jxpxiwB6

             _
.           /´ |   |lヽ.
           //   |   || ハ
              { {   └‐一'  i
.          〈ハ           .
           } }        ノ
           //    > ´
             //   /´
         //   /
           //   /
.          //   /
         //   /
.        //   /
       //   /
.      //   /
     //   /
.    //   /
   //   /
.  //   /
 //,ニ、./
. { ! 、 ノ/
   ー ′
┌──────────────────────────────────┐
│しかし、その時私は配管工をしていて、抱えていたリュックにはマンホールの    .│
│フタを開けるための特殊なスパナが入っていた。                     .│
└──────────────────────────────────┘

234本棚のやる夫さん2014/03/01(土) 17:55:01 ID:jxpxiwB6

                               :ノ )  n n n
                               (_ ` ̄` ┘l」 |┐::
                                 : 〈  /⌒'ー'_ノ
                /~⌒v⌒\        ::ヽ   _,ノ :
                /    .!   ヽ         |   /
              / ヽ__/ \__/.        /  /   肩がぁぁ!
            / u /_/_/__/_| \     :/  /
          /   u/          | u ヽ  :::./  /:    ゴキっていったおゴキって!
         /   u /          |    l   /  /
         |      /__/⌒u⌒l _| u   l  /  /;:
        ( \ u( \ / ̄l ̄l   |   u  l/  /
    /´ ̄ ̄`丶>―-- 、 ̄/⌒) ̄ u  /   /
   八           ̄`l┘ ̄\{     /    /



         ,  ---  、
       /     { M.}ハ
        i___ , -<二二ン
        Y^ゝZ ◯  ◯i、  (かなり痛そうだなー)
.         (,'_  lヽ__(⌒)ノl
.          ,ト、 ゞ;;;;;仁i;;ノ
.        /  ! .|ト --‐r个x
.         {l  Y化----化 イ
        { l  l      l l
.         i .l  l      ,l l
         i .l_l     l,ソ
.         i `^^     l
┌─────────────────────────┐
│可哀想だったかもしれないが、ちょいと溜飲がさがった   ..│
└─────────────────────────┘

235本棚のやる夫さん2014/03/01(土) 17:55:21 ID:jxpxiwB6
元ネタ
778: おさかなくわえた名無しさん 2006/03/32(土) 00:02:31 ID:yl8wkpGl
以前、新宿からバイト先に向かおうとしていた時のこと。
朝の新宿駅は乗降客でごったがえしていて、私は周りの邪魔にならないように
リュックを肩から下ろして、前に抱えてホームを歩いてた。

すると、前のほうから若い男が、両肩をいからせて、周りの人を突き飛ばしながら
進んできた。「感じ悪いヤツだなー」と不快感を感じながらその男を見ているうちにも
男はどんどん進んできて、私のリュックに思い切り肩をぶつけてきた。
しかし、その時私は下水道調査のバイトをしていて、リュックにはマンホールの
フタを開けるための特殊なスパナが入っていた。
「ゴキッ」と音がして、肩をおさえて立ち止まる男。あの音からすると、カナーリ痛かった
だろうな・・・。可哀想だったかもしれないが、ちょいと溜飲がさがった

236本棚のやる夫さん2014/03/01(土) 18:02:34 ID:9YLQMfLs

完全に自業自得だしかっこわるいなあ
我慢して歩き続けたら見直したけど

237本棚のやる夫さん2014/03/01(土) 18:11:38 ID:2qTqvyRQ

他人に無闇に攻撃的な人間は、他人から反撃される可能性想像してない阿呆ばかりなんだよね
いじめなんかでも、相手を格下だと決め付けて反撃しないと思ってるから酷いことでも平気で出来る

238本棚のやる夫さん2014/03/01(土) 19:10:03 ID:45p0Z2l2
工具は袋に入っててもすげー痛い

239本棚のやる夫さん2014/03/01(土) 20:28:06 ID:SIlvitT2
乙です
不意な痛みって実際は大したことなくても
凄く痛いよね

関連記事
[ 2021/01/11 18:11 ] オリジナル やる夫でコピペ | TB(-) | CM(1)



「これ肩の骨折れたはどうしてくれる」という典型的なカツアゲ文句につなげられるなw
[ 2021/01/12 21:17 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する