やる夫でコピペ 第2273話 田舎の高校に通っていて、普段は電車で通学していた

目次

641 : 本棚のやる夫さん : 2014/06/14(土) 06:59:06 ID:/pqARsQY

 ┌─────────────────────────┐
 │  田舎の高校に通っていて、普段は電車で通学していた。  .|
 └─────────────────────────┘

                                 ,:::'' '': ::,      ::'' ''
             ,::::' "''' ,              ;;''     ' ''::, ,:::'    '::,
   ,::::' '' ''::,   ,:::'      ::':::,          ;;'          ':::,      ':::,
  ,:::'      ':::,           '::,       ;;             '::,
,::'         '::,                ;;'
                       /\
       __________//\\__________
     ////////////┌┐\\\\\\\\\\\\
   ////////////  └┘  \\\\\\\\\\\\
    ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~           ~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
     ||  田  田  田  田   田   田   田  田  田  田  ||
     ||                                       ||
     ||                 ___                 ||
     ||  田  田  田  田   |   |   田  田  田  田  ||
     ||                   |   |                   ||
""""""、-ー'`Y <,___"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""
  __≦ー`___ _二z<_
   > 7  ̄、-‐ ´ ̄`'┴<
 <之′Y´/        \
   >{  ,'  | 、 , ,.  ,.l  ,  ゙i
   | !、{  | 寸寸T ハT7} ィ,l
   ′Ji, ゙i ゙i ( ●)  (●)|ハ|
    i⌒ヽ'(1. '''  _'  ''' ノ川/⌒)
.     ヽ  ヽx>、(_.ノ__,イ l |::::ヽ/
     ∧ 人lハ:::::l,三|:::/l| ,:::::ハ


642 : 本棚のやる夫さん : 2014/06/14(土) 06:59:49 ID:/pqARsQY

 ┌────────────────────────────────────────┐
 │ だけど定期代をついアイドルのグッズに使い込んでしまい、 一時期徒歩で通学する事となった。 |
 └────────────────────────────────────────┘


          _____
      , :::::::::::::::::::::::...
     /.:::::::::::::::::::::::::::::::::.`ヽ
     ,:::::::::::::::::::ノ:::::::::ヽ、_::::::}
      {:::::::::::::::Nヽ八ノノイ:::::/
     、:::::::::(l::|( ○)}i{(○)イi    ジュピターのグッズで使い果たしただとぉ!?
      ヽ:::::八|ー(::::)^(:::)-八
      <>x:从 ` 「::::j ' .イ       歩いて通えお前!!
        /.::{ /ヽ_|ェェ〔 ノ
      {:/i:::::\ i。|/:::i\   |i
     / /.::::::::::::Y:::::::::::ヽ. ヽ !l ヽi
    {  丶- 、::::ノ:::::::::::しE |そ  ドンッ!!
     `ーく_,ノ:::::::::::  l、E ノ <
              レY^V^ヽ「
                                           _   _,
                                             ___,> Y´'ー-、
                                        _>z二_ ___`ー≧__
                                           >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
.                                       /        ヽ `Y′之>
                                           ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
                                        l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |
                     す…すいません。     |ハ |(◎)三(◎):::/ / ,/レ′
                                       `|::::::r‐‐‐v、::::「)'/|/
                                       ヽ、_  ililiili|__,.イ
                                      ,..ノ:::l 7Eニ::ィ:::::::::::ー...、∩
                                  _ ,、r‐":::::、: 'イ '   ヽ::::::::::::::::::::::| |-,/)
                              r-r;''´:::::::::::::::`、::/      `、:;;;..-.,,_ 丿}ノ /ノ)
                              (,_{::::_::;;::--''-‐ /        l:::/⊂ニ  '"  ニ⊃
                                      /        ノ′   `'=>'''"´

643本棚のやる夫さん2014/06/14(土) 07:00:09 ID:/pqARsQY

 ┌─────────────────────────────────┐
 │ とはいえ、途中まで帰る方向が同じ友達がいたのでそこまで苦じゃなかった。 .|
 └─────────────────────────────────┘



      ,ィ ,イ/⌒Z__
     ( |/:::::´:::::::::::::::::::::::≧
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
   ∠:::::::::::f::f:::::::::::::::::::`l::l::::::::::丶
   /::::::::::::|::|ノナ弋:::/弋|::|::::::ハl   私も好きだぜ、ジュピター。
   人λ::::(| |( ⌒) (⌒::ノレ´__
.     |:::::::|::| ,,  r‐ァ リ:|二∠三,,)
     .|:::::::|::|、    ̄ノく|::| /  /
   、ノ:::::::|::| ヘ_...い:::::|::|  /
   .ヽ::::/ リハ.|ハ:::ハlヽ.リⅩ
    /::,´Υ ハ  |::|  .Yヘ ヽ
    {:::l {´ < |  ヽ|  | > }

                                           _   _,
                                        ___,> Y´'ー-、
                                       _>z二_ ___`ー≧__
                                       >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
                                      /        ヽ `Y′之>
.          ジュピター好きに悪い人はいないよね。   /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
                                     l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |
                                     |ハ |(●) (●) / / ,/レ′
                                       `|'''' ヽ ''''  「)'/|/
                                  グッ! ヽ、_ ▽  _,.ィT/ ニコッ
                                    n___l 7Eニ::ィ1│
                                   ミ__:::::::::::::::'イ/ヽ:::::`l┘
                                      ̄ ̄ ̄i´ ̄ `|:::::|

644本棚のやる夫さん2014/06/14(土) 07:00:31 ID:/pqARsQY

 ┌────────────────────────────┐
 │ そんなある日、私達が田んぼの中の農道を歩いて帰っていると、 .|
 └────────────────────────────┘



      ;;⌒  、
   (;;; ,,;;    ヽ、 _,,,...:-‐‐=-..,,,_
       (_,,,  ;;ノ,r'":: ::      ::\,,.....,            ;;⌒  、
          ,,r'":: :: :...     ::: . ::; :::.`'::.、      (;;; ,,;;    ヽ、
        ,:r'::: :: .::: ::      ::    :; ::: .:: `':.、      (_,,,  ;;ノ
      ,r'":::.. ..:: ..:::. ....      :  ::  :; :: ::. ::`'::、_
    ,r'"::::  ...::: :...::: :: ;,,, - '''' ''':‐-,, ,,      ::. ::`'::、_          __,, - ''""
  ,r'"...::::.. ......:::::     ,._..,ィ‐ァ_      " ''''‐r、〈},__   __,, -‐- ,... .-‐‐''''"
,r'":::,,,,,, :::::......:::::: ...  ,"::::::::::::::::::≧      r≧o≦ー- 、" `'' -,..
  :::.....          λ||ノ-∨-||:::ハ    -‐<///7Tハ寸、ヽ     "'' -‐‐‐-,..,,.
     ::::,,,::;;;;:::::::: :::::;;;;|;::||(● ●ル´:,:::::;;;;;::;;; ::`ミ({ (● ●小|:;;; :::,,:::::::::::::;;,,,
  ...:::::;;:::::::::::;;;;,::::::::::::::_ノ:::||  .- イi::::::::;;;;:::::::: :::::;;;;l,ゝ  -' ノ;;;:::;;::;::::://:::::::.::::;;:.......
 ::::;;; :::,,::::::: ::::; ;;;;:: :::::::ゝ::::リ.L w 7リ;:;;;;;,:;;;;;::;;;;;;;;;;:::::/:::::::?:Y;;;;;;;;; :::://:;::::::::::;;;::::::;;::::::::...,,,
WWWwwwjij,,.、,、,,,vW {从( 〉|_{}_|.))wiijijyyywWw(ン〉  ,,|),、,,,jiiijwwiijijyyviiijwiijijywWw
',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',</_j _j_〉,',',',',',',',',',',',',',',',',く/__j_,〉',','',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',',
                しヽ_)           しヽ_)

WWWwwwjij,,.、,、,,,vWWwjjwvjiiijwwiijijyyywWwWWjjwv,,.、,、,,,jiiijwwiijijyyviiijwiijijywWwji
::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::|:::::::::::::_:::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::: |::::::::::::
″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″″
v v v v v v v v v v v v v v v v v v v v v v v v v v v v v v

645本棚のやる夫さん2014/06/14(土) 07:00:51 ID:/pqARsQY

 ┌──────────────────┐
 │ 突然、遠くの方から怒声が聞こえてきた。 . |
 └──────────────────┘


   |\     /\     / |   //  /
 _|  \/\/   \/\/ |∧/ ///
 \                     /
 ∠  逃げろおおおおおおお!!! >
 /_                 _ \
  ̄ / /∨| /W\  /\|\  .|   ̄
   //   |/     \/     \|
                       l  /
           ,ィ ,イ/⌒Z__    ′/         _」ヽ  /|     l  /
           ( |/:::::´:::::::::::::::::::::::≧             /   ゙V´∠イz‐ 、_. ′/
          /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ          /  , ヘ,_/ ヽヽヽマ´
        ∠:::::::::::f::f:::::::::::::::::::`l::l::::::::::丶        //  // ^´  ̄ `^`ヽ\ ゝ
        ../::::::::::::|::|ノナ弋:::/弋|::|::::::ハl       _,//  〃  ,  ,     、 \ヽ、
        人λ::::(|::|( ●) (●ノレ´         ,ノイ| l/  //,ハ|  .l | .,ハ,l lハ|` 
.          |:::::::|::| ,,  r‐ァ リ|::|            小|   l/ ナ弋  |,l ナナ| l |
          .|:::::::|::|、   ̄ノく:|::|            l从  | (●)\(●),ルリ
         、ノ::::::::|::| ヘ_ い:::|::|           ノハ小  l     ,  .l,/
         .ヽ:::, ─リハ|ハ::ハハ,-リ--、            //ヽゝ、  -  ,イi
         /:| .y / | |::| . iヘ `ヽヽ            |/!γ":::::::::ム::::`ヽ
         {::.| イ <  .| .|::|. .| > .} `、           /::::::イ:::/∞ヾ:.ト::::\
         {:::|.. `Y ヽ | .|::| .|,´ 乂 .`、         ,イ::::イ゙~"    ゙~l 、ィ`ュ
         {:ξ三3 `| .|::| .|  l´ζ三冫        ゝ、ン"ノ   ,   , 八 ゝイ




                       え、何だ?           _   _,
           __ ャ─-:.、                   ___,> Y´'ー-、
         __>:::::::`≧:::::::\ .|ヽ              _>z二_ ___`ー≧__
       ,.:<:::/::::/`:::::::::::::::::::::::ヘ{::::V             >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
       ¨7::::/::::ム´i:::::::::::::::::::::::::7::::/|,.イ          /        ヽ `Y′之>
        ム/:::/ ⌒|:::::::::/l::::::/:::/::::::ノ          ./  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
     ((  ./:::/(● )ヽ/⌒|:::/:::/::::::::ヘ       (( l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノ |   なになに?
        {:::/|"  '  (● )レ゙::λ:::::::iヽ}         |ハ |(●) (●) / / ,/レ′
        |:::|∧. (_)   " /:::ムノ:;イ::}   | |         `|   ヽ    「)'/|/  | |
        |:::|,,r' `r──r‐/:::/:::::/ レ'  ノノ          ヽ、_ Δ  _,.ィT/  ノノ
        |:::|,ィクⅥ:Ⅳト、 |:::|ヽ:::(___,イ               「ィ::ニE7 l
        ト;|,r' ./:/ { ヽ.|:::| |:::::::::/              /:::/´  ̄`i::ヽ
        |〈(   {::{.  { 〈 |:::| .|::::::〈              /:::::/      |、:::ヽ


      ┌─────────────────────────┐
      │ 何やら騒がしいので振り向いてみると、そこには―――  │
      └─────────────────────────┘

646本棚のやる夫さん2014/06/14(土) 07:01:12 ID:/pqARsQY

 ┌───────────────────────┐
 │ ―――こちらを目掛けて走ってくる豚の集団がいた。 │
 └───────────────────────┘


┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨・・・・・・
 (´)  (`)  (´) (´)  (`)  (´) (´)   (`) (´) (´)  (`) (´)  (´) (`)
. .ヘ⌒ヽフ  ε ⌒ヘ⌒ヽフ   ε ⌒ヘ⌒ヽフ  ε ⌒ヘ⌒ヽフ   . ε ⌒ヘ⌒ヽフ
(  ・ω・) (   (  ・ω・)  (   (  ・ω・)  (   (  ・ω・)   (   (  ・ω・) ブヒー
ヽ_ヽ-ヽヽ ノ,ノーヽ_ヽ-ヽヽ ノ,ノーノ_ノ-ノノ   ノ,ノーヽ_ヽ-ヽヽ  ノ,ノーノ_ノ-ノノ
 . ε ⌒ヘ⌒ヽフ    ε ⌒ヘ⌒ヽフ    ε ⌒ヘ⌒ヽフ  . ε ⌒ヘ⌒ヽフ
  (   (  ・ω・)   (   (  ・ω・)   (   (  ・ω・)  (   (  ・ω・) ブヒー
  ノ,ノーノ_ノ-ノノ    ノ,ノーヽ_ヽ-ヽヽ  ノ,ノーノ_ノ-ノノ   ノ,ノーヽ_ヽ-ヽヽ

. .ヘ⌒ヽフ  ε ⌒ヘ⌒ヽフ   ε ⌒ヘ⌒ヽフ  ε ⌒ヘ⌒ヽフ   . ε ⌒ヘ⌒ヽフ
(  ・ω・) (   (  ・ω・)  (   (  ・ω・)  (   (  ・ω・)   (   (  ・ω・) ブヒー
ヽ_ヽ-ヽヽ ノ,ノーヽ_ヽ-ヽヽ ノ,ノーノ_ノ-ノノ   ノ,ノーヽ_ヽ-ヽヽ  ノ,ノーノ_ノ-ノノ
 . ε ⌒ヘ⌒ヽフ    ε ⌒ヘ⌒ヽフ    ε ⌒ヘ⌒ヽフ  . ε ⌒ヘ⌒ヽフ
  (   (  ・ω・)   (   (  ・ω・)   (   (  ・ω・)  (   (  ・ω・) ブヒー
  ノ,ノーノ_ノ-ノノ    ノ,ノーヽ_ヽ-ヽヽ  ノ,ノーノ_ノ-ノノ   ノ,ノーヽ_ヽ-ヽヽ



             , _                        _  _,
          __≧::::\ ト、ト、                _> Y´<
         ≦:::::::::::::::::::::::`::::ヘ|:)               >z二_  _ニz≧_
        ,r'´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\             > , - ´ ̄` ‐-、 <
      ., ' ::::::::l::l´::::::::::::::::::::`l`l:::::::::\          ≪/         \≫
      ヽル:::::::|::|ノ___メメ、__ヘ|::|:::::::ト、|           /  , ,  j / 、 , 、 l
        レ:::(|::|(○) (○)|::|):::リ             l イ{ 7Tハ T寸寸 }  |
         .|::::|::| u r--v,  .|::|::::|             Vハi (○) (○) ノ、イj
         .|::::|::|ゝ {_____} ノ|::|::::|              レi| u |i!i!i!|   |V'
        r 、::::∩::>ァrュャ<::h|;'")イ              ヽ、_ |;;;;;;;| _,.ノ
        ヽ.ヽノ {rう| {::} |ヘ .}ノ'//)                ムEニヨマ
      ⊂ニ r‐ ノ { {::} | ど ‐ ,⊃            (<<<)::::::/ヽ::::(>>>)
         (ノヽ ヽ.ヘ{ ..{::}...}/./ ` '/               l、:::i´ ̄ ̄`|,i:::::/

647本棚のやる夫さん2014/06/14(土) 07:01:39 ID:/pqARsQY

 ┌──────────────────────────────────┐
 │ 私達は頭の中が真っ白になり、未だかつてない恐怖を感じながら全力で逃げた。 .|
 └──────────────────────────────────┘




                              いやぁぁぁ!助けてえええぇぇぇぇ!!

                                   ,_   _
                                 、-ー'`Y <,___
                              __≦ー`___ _二z<_
               待ってくれぇぇ!     > 7  ̄、-‐ ´ ̄`'┴<
                             <之′Y´/        \
       ,ィ ,イ/⌒Z__              >{ , '  | 、 , ,.  ,.l  ,   ゙i
       ( |/:::::´:::::::::::::::::::::::≧         r⌒ヽ| !、{  | 寸寸T ハT7} ィ, l
      /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ        /:::\:::′J゙i, ゙i ゙i o゚⌒  ⌒゚o| ハ|
    ∠:::::::::::f::f:::u::::::::::::::`l::l:::::::::丶     _/:::/ ヽ:::::::::::゙i|゙i'(1  ,---v、 |
     /::::::::::::|::|:ノ _メ:::メ、ヘ|::|:::::::ハl     〈__ソ  .  〉::::::::゙iTィ.,_  ililili r_ノ
    人λ::::(|::|( ○) .(○::ノレ´            /   \   l:::::r⌒、
.     __i、.ノ:::ノ|::|   r-‐ァ.uリ:|             /   ,r‐-、 /::;;;ヽソ:.\
   (´ 川  ̄|::|、u  ー'ノく|::|       ._| ̄ ̄ ̄   /:::::::::|'  ー、\::::::\
    ``゙''ー、. |::|ヾハ::ハ7 ヽ|::|       ヽ_ヽ、-‐  入:;::::::::::ノヽ  .\^:::::::::i
          } レ<| |::| |>) レ;         |::ヽi_/ /::::::::/   \ .  `ー'
        ノ   /__V__//、三ノ         i::::/::::ヽ--/:::::::/   _ >
       〉、___//:|: |: |_| `ー'         ヽ、::::/ ./::::/⌒^ー'

648本棚のやる夫さん2014/06/14(土) 07:02:00 ID:/pqARsQY

 ┌─────────────────────────────────┐
 │ そして橋の下に隠れて何とかやり過ごした後、私と友人はわんわんと泣いた。. |
 └─────────────────────────────────┘



┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨・・・・・・
           ゙"゙   ゙"゙" /゙|:..   ....       ヾ    "゙"゙"
     "゙"゙"          /|:::.....     :...::.     |\ "゙"゙"   "゙"゙"
  w、,,,WwwjwwiiiWw ━━━━━━━━━━━━━━━━━Wwwwjij,,.、
 . ε ⌒ヘ⌒ヽフ    ε ⌒ヘ⌒ヽフ    ε ⌒ヘ⌒ヽフ  . ε ⌒ヘ⌒ヽフ
  (   (  ・ω・)   (   (  ・ω・)   (   (  ・ω・)  (   (  ・ω・)
. .ヘ⌒ヽフ  ε ⌒ヘ⌒ヽフ   ε ⌒ヘ⌒ヽフ  ε ⌒ヘ⌒ヽフ   . ε ⌒ヘ⌒ヽフ
(  ・ω・) (   (  ・ω・)  (   (  ・ω・)  (   (  ・ω・)   (   (  ・ω・)
ヽ_ヽ-ヽヽ ノ,ノーヽ_ヽ-ヽヽ ノ,ノーノ_ノ-ノノ   ノ,ノーヽ_ヽ-ヽヽ  ノ,ノーノ_ノ-ノノ
     ,,,, ,,,,, ,,,,,,,,,, ,,,,,,,,  ,,,,,,, ,, ,,,,,,,,, ,,,,,,,, ,,,,,,,,, ,,,,,,,, ,
  .W..Wjw,.v━┯━┯━┯━┯━┯━┯━┯━┯━┯━┯━┯vjiii,.、,、,,,
  wWWw..>.┬┴┬┴┬┴┬/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\┴┬┴┬┴┬┴ wjwwjij,,.
  iiWW.vji|,,.┴┬┴┬┴┬#/::          ゝ..┴┬┴┬┴┬jjw .jW,.w
  Ww ./| ┬┴┬┴┬┴;;|::::..         .| .┬┴┬┴┬┴vjiiij..WW
    <    ..:::...   ...     ...::       ..:::....        |\
     ゙ヽ .....:::..       .:.         ..::...            >

             うわあああぁぁぁぁん!!
                                 怖かったよおおおぉぉぉ!!
         ,ィ ,イ/⌒Z__              _   _,
        ( |/:::´::::::::::::::::::::::::≧          ___,> Y´'ー-、
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ        >z二_ ___`ー≧__
      ∠:::::::::::f::f::::::::::::::::::::`l::l:::::::丶      >┴'´ ̄` ‐-、 ̄ 7 <
      /::::::::::::|::|:ノ__メ:::メ、ヘ|::|:::::::ハl     /        ヽ `Y′之>
     .人λ:::::(|::|( >) .(<::ノレ´      /  ,  l、 、 , 、 |  ヽ }<
.        |:::::::|::|。゚  r-‐ァ ゚リ::|       l ,ィ {7Tハ T寸寸 |  }ノヘ
        .|:::::::|::|、   ー'ノく|::|       ,ヘ, |(>) (<) / / ,/ /
      、ノ:::::::|::| ヘ   い:::::|::|       '、 `|゚  r -- 、゚。「)'/|/ /
       .ヽ:::, ─リハ|ハ::ハハ,-リ--、      \ヽ、ヽ、__,ノ _,.ィT/=/
      /:| .y / | |::| . iヘ `ヽヽ       < l 7Eニ::ィ1    〉
      {::.| イ <  .| .|::|. .| > .} `、      ゝ'イ/ヽ::::` 、 /

649本棚のやる夫さん2014/06/14(土) 07:02:29 ID:/pqARsQY

 ┌────────────────────────────────┐
 │ 後で話を聞いたところによると、近くの養豚場で豚が一匹大暴れして脱走。  |
 └────────────────────────────────┘



            / 三 o     ,、_,____ __,、
           /三ハ    ゚ O|i〆  ⌒  ⌒ヾヘリ
         //         / o( ●)__( ●)>o
        ( <      /二二二) ⌒ _('g g,)⌒)二二二)
  ( 三    \\     //  川川  /:::::::/   |  川川   豚肉になるのはごめんブタ!!
   \三     \\ //        /:::::::イ    |
     \\     )   (_        (:::::::::|    |
      ヽ_二二二    二二二 ヽ   |)):::ハ    |二 ヽ
            人 ヽノ   \      |イ⌒ti  /   \\
      川川 // \ \.  .\  三 \r--'~フノ ヽ   三\
     (二二二/    > ) .  .\_ 三_  ̄ ̄ノ\ \   三_)
              // \    |\_  ̄'ブ   > )
             ミ/   |  _|__  ゙''''゙゙゙   //
           ミ/     \__ \     ミ/
                   / / /   ミ/
                   // /
                 /(   ̄)
                / / ̄ ̄
                | /
                レ'


            扉が壊れてるブタ!

      __         / 〉
      \ `Y´  ̄ く_/         ぼくたちも逃げるブタ!
       〉.   .  . ヽ
        {   ( l l )  |     __    _  / 〉_
       ヽ      ノ    \ `Y _, ,_ `く_/  `く~     |`ヽ -―――--、
       /          ヽ    〉  ・ ・   l       }    _,ノ .         \
       ! イ  °  °  ト!    {  ( l l ) ノ    /   「 )            }ヽ
       |    ,,,,    |     ヽ         ィ´/    ` ー i .i    _i   /
        ヽ   _  _ /       じ¬ r‐一'´└′       |人| ̄ ̄  .|_」ノ
         ヽ┘ ̄└'         └′


      ┌─────────────────────────────┐
      │ 他の豚もそのとき壊れた扉から、そいつに倣って逃げ出したらしい。.|
      └─────────────────────────────┘

650本棚のやる夫さん2014/06/14(土) 07:02:49 ID:/pqARsQY



       ,_   _
     、-ー'`Y <,___
  __≦ー`___ _二z<_
  > 7  ̄、-‐ ´ ̄`'┴<
 <之′Y´/        ヽ
   >{  ,'  |、 , ,.  ,.l  , ゙i   無茶苦茶怖かった……。
  | !、{  | 寸寸T ハT7} ィ,l
  ′J゙i, ゙i ゙i u(ー) (ー)| ハ|    あれが私の人生最大の修羅場。
     ゙iTィ.,_ ∩ /777ノ川
      │「(丶_//// l
      └l´::ヽ  / ¨
        |::::/::::/ `i
        ヽ::::ノ  |
        /`´   \





                 __,,..............,__,........._
       ィ      _,.r . ..::. .:::....      ヽ
      / |    ,.r " ..:::: :::.:.:.:::::.::::::.......    ',
      |  ゝ --´ :;::;:: ::::;:;:;:;:::;:;:;;;;:;;:;:;――― ああ、私が力石徹だったら ―――
   i    ヽ  .:.:.:::. .:;;;;:..:;:;;;;;::.:. .:.:;:;;;;;:;::.:....:::::::.... ',
   | 、__,.> ::;:;:::;;;::::;;: :;;;;;;:;;;;;;;;;;;::::;;;;;;;;;:;;;:;:;:;:;:::..:.:.ヽ
    ゙ー-- ァ ,;;;:;;;::;:::;;;;;:;:;;;:;;;;;;;::::;;:;;;;;;;;;;;;;:;;::;;;;::;;:;:;:;..... ヽ
       ' .::;;;;:. .:.:;:;:;; ;;;;::;:;:;;;;;;;;:;:;::::;:;:;:;;;;;:;:;:;:;:;;;:;:;:;:::. ` -- .._
.       ,'  ;;;:;;;;!', ;;;:;;;;:;l'', .::;;;;:. .:.:;:;:;;;;;;::;:;:;;;;;;;;:;:;;:::;;;:::;;::::.. |    `ー--
    ,.r |  ;:;;;:;;;! '', :;:;;:;! ヽ :;:;:;:;;'"l ;:;:;;;;:;:;:;;:;;;::;;;;:: ゙jヽ !
   ,.'  ヽ  ;;;:.! ヽ ;:;;.!、 ヾ ;;:;、 ヽ、 ;:;:;:;;;:.r‐‐、 :.:! ヽ ;:;;:...
   /    ヽ  '、.‐t‐ヽ__ヽ  === T  /   i_ノ :;:;;:::;;:;;;;; .:.
   !      }  ヽヽ °! ;;:::..ヽ ° >、_彡   ノ .:::.:;:;;;:..:;;.:' .:.: . . ...
   !   ヽ ̄   } `ー!  ;:;;.....`ー" ;:;;;: / ,.r' .::::::;;:;;:;:' .::.: .:::.....
   !     ゙ー‐ " ヘ  {  _,... )    ;:;;:;:.!,_/  .::::::::.::''  .:.:....: ::...:....
   ',    .:.:...::.:.::.... ヘ  ` ´     ;;:;;::,.リ ii  ..:::.::''   .::::::.:.:...::..:::....
   ',    :.::.:.::::....:.::. ', `ー─一''´ ;:;:;:,/::::ii ..:::::   ..::::.::::.::::...
    l     :::...:::.:.:.... l  ‐-‐   : , '..::::::::.:.:   ..::.:.::::.::::..:::..
    |    ::.;. 、::.::...  l       ,. '::::.:..::.   . .::::: :::::.::::.::.:::..
    |     :;:,::....ヽ. ::.::..ゝ __ r'....   ... ...::::: ::;:::::::.::.:::::::...
    |     :;:.::.:.:;;.ヽ :.:.:.:...:.......::;;:::,;:::::... :::.:.:.::.:....:::.:::.::::.:.:....:::::..
   |     ::.:.::::;;.:l ヽ ::.::.:.:::::..:.:..:::.:::..::::  :::::::::.: :. :..:.:.....::::...
    |      ::;::;;:;::::|  ヽ .:::.::.:::.: .::.: ::::..::  :::::.:.::::.:::::::..

651本棚のやる夫さん2014/06/14(土) 07:03:06 ID:/pqARsQY
116: 名無しさん@おーぷん 2014/05/27(火)14:11:14 ID:???
田舎育ちで郡部の高校に通っていた。
いつもは電車通学だったんだけど、親から貰った定期代を
つい好きな芸能人のグッズに使い込んでしまい
しばらく徒歩で通学していた。
距離にして5キロほど。
でも途中までは同じ方向の友達が一緒に帰ってくれてたし
それほど苦にはならなかった。
ある時、田んぼの中の農道を歩きながら帰っていると
遠くの方から何気に騒がしい怒声が聞こえてきた。
そして後ろの方から「逃げろーーー!」という声。
振り向くと物凄い顔(に見えた)をしたブタが何頭か
ドドドドドドドドドドドド・・・とこちらめがけて走ってくる。
一緒にいた友達と全力疾走で逃げた。
もう頭の中は真っ白で、今でも人生最大の恐怖があの時だった。
行先に小さな川に掛った橋があったので、
その橋の下に走り込んで事なきをえたが、友達も私もわんわん泣いた。
あとで聞いたところによると、近くにあった養豚場で
ブタが一匹大暴れして小屋の扉を壊して脱走し、
他のブタもそいつに習って逃げ出したらしい。
無茶苦茶怖かった・・・という私の人生最大の修羅場。

ああ、私が力石徹だったら。

117: 名無しさん@おーぷん 2014/05/27(火)14:30:55 ID:???
豚こえーwww




            /
          //
        ///          (⌒\
       ///       ,、_,    \  ヽ    お前もトンカツにしてやるブタ!
       (  (        |i〆 ̄ ̄ ̄ヾヘリ\ \
       \ \    /( ⑪)三(⑪)\ ト\ヽ
         \ \ /::::::⌒ ('g g,) ⌒::: |  \ヽ
          \ \.     |r┬-|    ノ  ノ  \
            \  ヽ   `ー'´   / /
             /            /  ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
           //  /           ̄ ̄ ̄ ̄)  )
         /  (  ⌒ ̄ ̄ ̄ヽ         ノノ/
      _/  / `ー―――、  )        ノ/
 ー=二三 __ノ        ノノ/       /
                  ノ/
                /

653本棚のやる夫さん2014/06/14(土) 07:24:42 ID:/bT.NXPg


暴走した豚の集団とか冗談抜きで轢き殺される

654本棚のやる夫さん2014/06/14(土) 08:36:13 ID:7lJ5lT7E

語尾がブヒじゃなくてブタってなってるところがなんか好き

655本棚のやる夫さん2014/06/14(土) 09:20:00 ID:j9mPIaG6
家畜にしたとはいえ大本はイノシシだろあいつら
そら死ぬわな

658本棚のやる夫さん2014/06/14(土) 10:56:37 ID:3zxkWIEA
豚の犬歯を切らずに放置すると猪同様の牙になるからな体脂肪も少ないし
あいつら野生化したらすぐに猪に戻るいきもんだから

関連記事
[ 2021/01/24 01:23 ] オリジナル やる夫でコピペ | TB(-) | CM(1)



いつ如何なる時代でも自由を求め続けた進撃の豚さんv-16
[ 2021/01/24 08:42 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する