やる夫でコピペ 第2361話 私は有料の老人ホームで働いてる

目次

686 : 本棚のやる夫さん : 2014/10/03(金) 15:48:47 ID:ppEkW12Q

|__|  |__||__|  |__||__|  |__||__|:::::::| |/
      ┌─────────┐           :::::|
,___.│○○老人ホーム  ....│_______,,    :|    /
     └─────────┘         \:::::::|  /
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛:::::|/
 三|| |::||       |     |三     ||::::| ;;三|     |
 三|| |::||       |     |三     ||::::| ;;三|     |
 三|| |::||       ∧∧:::::::|三     ||::::| ;;三|     |
 三|| |::||       (;;;  )::::::|三     ||::::| ;;三|     |
 三|| |::||       |  _∪.:::|       ||::::| ;;三|     |   /
 三|| |::||       | l|__|:ガー     ||::::| ;;三|     |  /
 三|| |::||       ∪∪:::::::|       ||::::| ;;三|     |/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



                  _ _
              ,.'"´<{カj}>`ヽ、
               ,イ'"´  ̄ ̄``ヽ  \
     ,r'"´「jヽ   /   /,  、 、 \、 ヽ
      /   | | ゙, / l / / ,!  ,! | |!   | ! ,ヘ
      l l | || |  ! l/l l/l/_lハ  //l/lリ  l// |
      ! 」」_」 |」/ ヽ|ヽ!r=、V ,r=、|  リL ,!  お部屋のお掃除終わりました
        | |    〉 ト、' ' r‐┐' ',イ ,/リ V
        /「\ / \|!`>ryr< ,/.:ヽ \\
        L ソ/ト、 /.:.:/ ujuj i!/.::::::.:\ \\.
          \.::::ゞリレ7/  V/ ハ.:::::::.::/  |  !
         |\:ゞリ::リ     j /ハ.::;イ    l /
         |/| \:ノ`¨`ー─‐{イ  !:.:::\ /|/
              | Lネリ'゙ーーーー''"^Y'|.::::::::|/



    , ‐―'´  ̄`ヽ、
   /   /" `ヽ  \
  /   / ~~ ヽ  ヽ
  /// ,'/ / 、,, \ヽハ 、ヽ
  |i {_{,' (●) (●)',リ| |i|   いつもすまないねえ
  レ小! i' 〃、_,、_, ヾ | i i|
   V! ヽ ヾ  〃 ノ丿
     ヘ,、 __, イ/
   r-ヽ:::::|ヽ   ,1ー:::::ヽ、
┌────────────────────────────┐
│私は有料の老人ホームで働いてる。                   .│
│入所者さんの中に、穏やかで可愛い感じのお婆ちゃんがいる。    │
└────────────────────────────┘


687 : 本棚のやる夫さん : 2014/10/03(金) 15:49:02 ID:ppEkW12Q

         /  `ヽ、 i|  /       二ニニニ==--
        ./    _ミ、!、 /__ 、 、    \
       /   /   `ヽ { レヘ、\ \    \
      .〈   /    / ムミ彡' ヽ ト、ハ ',  \ \
       V  i   i i ∧     リ _j从i、', 、 ト、,〉
        .V  !   .i ハ | ',    r≦rクjハ | .ト、|
         V ri   .i 、リ__、  ゞ゚''´  }.ハ .| | |
         Vム  ', z≦芝ア   ',    jノ!|/ i !
          ヽハ  \      _ 〉    ム==-―--、  /
           }ハ、\.\      ,. '  ハ:/: : : : : \_/::::
           | |! \.\ \ ー‐ ''´   i:/: : : : : : : : : /::::::
           .Vハ  _ゝミ=-,ゝ      ノ : : : : : : : : : /j::::::::
_____      .〉'´: : :〈ヽ、___≧=-‐≦: : : : : : : : :/: :/::::::::
:::::::::::::\::::::::::``>‐ァ'´: : : : : ::V:::::::::::::::::/ : : : : : : : :/: : :/::::::::::
::::::::::::::::::`ヽ、:::::::::::/: : : : : : : : ::〉:::::::::::::/: : : : : : : : : /: : : :人::::::::::
、:::::::::::::::::::::::`ヽ、::{: : : : : : : : :/:::::::::::::/: : :息子 : : /: : :/:::::';::::::::
:::>、:::::::::::::::::::::::7::!: : : : : : : : !::::::::::::/: : : : : : : : : /: /:::::::::::::\
┌───────────────────────────┐
│仮にAさんとするが、Aさんには一人息子がいて、孫も二人。  ....│
│ホームからそれほど遠くない所に住んでいるのだが、        .│
│息子さんは仕事が忙しくて、年に何回かしか面会に来ない。  .....│
└───────────────────────────┘

688本棚のやる夫さん2014/10/03(金) 15:49:20 ID:ppEkW12Q

      -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
   ./ /" `ヽ ヽ  \
   //, '/ ,,=≡、ヽハ  、 ヽ
  〃 {_{ _ノ `'' ヽ、_リ| l │ i|
  レ!小l( ―) (―)从 |、i|   孫に会えるのも正月だけでねえ
   レ! i 〃.__,、__ ヾ | i |ノ/   お年玉あげたらすぐそっちに夢中だよ
    . ヽ, ヾゝ._))) j //
      ヘ,、 __ , イ /       ああ・・・家族にもっと会いたいねえ
  r ヽヽ::::::|ヽ`ー'´,1ー:::::ヽ、



/>-'⌒ー'⌒ー'⌒ー'⌒ー-、\
/ x‐^=^=^=^=^=^=^=^ーx \
〆                 \ハ
  |    |     | |    l  ヽ  、ハ
  |  ||     | |    |   |  l l
  l |  l|    ノイ    |   |  | ト、二丶
  | |  l|      |l   |l   ハ   | | |\} |
  | 斗-┼ 、    |l   斗-/ } | ;  ||ヽ\
\l_,x≦三メ、   |l  /厶≧xj_ノ /  |└‐' _丿
  代¨丁 l ヽ\  jl /イ l 厂}「イ   |`TT´    (お婆ちゃん可哀相・・・)
 |   `ー‐'   ヽ/  `ー'   /  /| | |
\ l                   / / l | |
  l\        '      //´ / , ! ^
  l l、     _,..、,,..     イ 〃 厶 -―<
   l| ト          イ ′〃 /.::.::.::.::.::.::.::..` 、
::l   l | |::.::.::> _ <::.::.:|┤〃 /.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.: .\
::.:l  l |ーヘ ::.::.::.::/〔_〕二 ヽ | ″/\::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:: .\
::.::l   |》  \/イ ハヽ_ノ丿! /l::.::...\::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:.ヽ

689本棚のやる夫さん2014/10/03(金) 15:49:38 ID:ppEkW12Q

._                 ._
| |============-‐'´ ̄ ̄`ヽ、 |
| |  .      / /" `ヽ ヽ  \
| |      /, '/  u  .ヽハ  、 ヽ
| |_ .   〃 {  /、`''\, リ| l | i    う~ん・・・
| |\ ( | レ小( ー) (ー)从 | | |
| |  \ヽ\ レ u .〃、_,、_, ヾ   |ノ/\     う~ん・・・
| |\  \( ̄ ⌒⌒⌒⌒ ̄⌒ ⌒ ⌒ヽ
|_|  \  ヽ               \
    \  \               \
      \  \               \
┌────────────────────────┐
│ある時、Aさんの容態が悪くなり、家族に連絡したが   ...│
└────────────────────────┘

・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━・・・━


    -=ニミY´ヽ〉  /  ``ヽ、
   ___/\\}! .//     \
   `フ'          ニミ   \
  ./ /   r-、    \   \   ',
-=ァ  ./   / ハ  ハ i .\   \  !
 /  / !  ./ .ハリ,,,ムi |.   ',    ', .|
./  / !  ハ { {    | ハ   ',    ! ト、
i    .|  / リV    リ }ハ ', |    リ  F=―---:::....,,,,___
! i   ! f          jノVi|   .i |: : ::!:::::::::::::::::::::::\::::::``ヽ、
jノ! | ', !≧x、 i  /    __ !   ハ!: : ::|::::::::::::::::::::::::::::}::::::::::::::::`ト、
: ::| |  ', |弋__心リ ( -=≦弋カ ! | .ハj: : : :!:::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::|::::`ヽ、   救急搬送するなら、意思確認書を
: : ! .ハ  トゝ    }  `'  ` ̄´|/./タ|: : : :|::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::/:::::::::::::ト、  出してあるからいいだろう。
: : V: :ヽ .|     !        レイ i ハ!: : : |::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::/::::::::::::::/: :〉  これから大事な会議があるから行かれない
: : : : :i : ハ.   〈 ,       .从 /リ: : : : :|_>'´:::::::::::::::::::::::/::::::::::::::/: :/   こっちも忙しいんだ!
: : : : :|: :|::∧   _,,、     //!:リ : : : : : ::!:::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::/: ::/
: : : : :|: :|:::::∧.  `===``   /:::::|: : : : : : : ::|:::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::/: : ::/
: : : : :|: :|::::::::::ヽ、     ./:::::::::::|: : : : : : : ::|:::::::::::::::;>'´::::::::::::::/: : : :::/
: : : : :|: :|::::::::::::::::ゝ----く::::::::::::::::::|: : : : : : : :ハ::::>'´:::::::::::::::::::/: : : : : :/
: : : : :|: :|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|: : : : : : : iハ::::::::::::::::::::::::/: : : : __/
: : : : :'; ::';:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|: : : : : : : !::::i::::::::::::::::::/: : : :;ィ´::::V
: : : : ::ゝ::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j: : : : : : :/: : |::::::::>'´: : x<,____}

690本棚のやる夫さん2014/10/03(金) 15:49:54 ID:ppEkW12Q

              ,. -─- 、
             /:::::::::::::::::::::::\
           /:::::::::,::::::、::::::::::::::::`、
 .          l:::::〓:::::::::::〓::::::::::::::l    とにかく家族と一度お話したいので・・・
 .          l:::::::::::::::::::::::::::::::U:::::::!
 .           、::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
               \::::::::::::::::::::::::::∠
.              /`::ー-   -‐´ノノ 厂`'‐- .._
         /:::::::::::::介ーz<__」// |:::::::::::::::::ヽ
          |::::::::::::::〈 「`乂/  / 丿:::::::::::::::::::|
         |:::::::::::::::/: | {::::} / `7::::::::::::::::::::│
.           |::::::::::::〈: :│ {::::l /. :/.::::::::::::::::::::::::|



          ,、-''",、-'ニ、    /  ,>ー-、
       ./  ,ィ''"     ヾi '  '゙   _`ー-:、,_
     ./  ,r'          i |      `ヽ. ̄
   ,r'  /    , /   ;' ,、i  ,.、     ヽヽ
   .i  /    ,ィ,/ ィ' l /ミ!,!/ニ|      ゙!ヾ、
   l  /    ///!.〃/!/  `‐'゙ ̄リ! l. i    |
  ,l 」 /   ,ヒ_i゙ レ゙ン゙ i′     ,iハ! | |    |
  ! i´l;', ;'  /  `ヾ、       '′|:リィ゙  l、i,.|
  ,l i 1| l i l 'ャ'ーi分ミ_、 ヽ ,  _」,リ!  i 「`ヾ、
  !: ゙、 i」 |, ト|  `ー`'゙┘`   ;r'゙ャテ‐ァ'ン゙,i  ハ|
 ,l  ∧ !l;、| !        | ` ̄´,ィン゙i / .リ     仕方ねえな、わかったよ
 |` ' 「`|゙:、         |  ,ィアリ゙リ / '
 !   ,、| ゙:,     _- ,ィ┘  /'゙ /ノ
ィ゙!  〉!'!  ゙:,   /ーニー┐  ,/  '"
 Vi/ ` i  ゙:、 `ー-、_レ′,r'
  ソ    !   \  ー~ ,ィ'゙
_,ィ゙    l     `ー---‐i゙ !、 ,rへ、
      !         / ' ``う  フー''"
      ゙!      /    ./  /
┌───────────────────────────┐
│それでも生活相談員が説得し、ようやく面会に来てくれた。   ....│
└───────────────────────────┘

691本棚のやる夫さん2014/10/03(金) 15:50:12 ID:ppEkW12Q

      -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
   ./ /" `ヽ ヽ  \
   //, '/ ~~ ヽハ  、 ヽ   来てくれたんだねえジョナサン
  〃 {_{ /` 、,, ヘ リ| l │ i|
  レ!小l( ⌒) (⌒)从 |、i|   私ももう先が長くない
   レ!o゚〃、_,、_, ヾ ゚o.i |ノ/   短い余生の大事な時間、
    . ヽ, ヾゝ._))) j //     時々顔を見せてくれないかい。
      ヘ,、 __ , イ /
  r ヽヽ::::::|ヽ`ー'´,1ー:::::ヽ、   孫にも会いたいねえ


                     ,. - ―- 、
                 ,.:'::::::::::::::::::::::::ヽ
                  ,:::::::::::::::○:::::::::::::',    お忙しいのは分るのですが、
                  i::0::::::::::::::::::::::::::::::!    実のお母様なのですし、もっと面会にいらしては…
                ';:::::::::::::::::::::::::::::::/
                 ヽ::::::::::::::::::::::/
                  ___ > 、::::r ´ヽ___
            r.≦///ムハ/::::ヽ////7≧x
            !///////! .}:::{  ,/////////}
               i///////,! ,:::::|  Ⅳ///////ト、
           !///////{ ,:::::::! //////////,'}
             Ⅳ/////,ハ. ,::::::::レ'//////////,{
              j////////V///////////////ハ



        〉 ゞヘト、.〉        、 〉   从f jノ
       ムイ  ミハ        __   /
        レi   ミハ      ー―‐   .イ     ・・・・・・
         | _{__ .\    `¨¨´  /ハ
       r<´:::::::::::::}.  \      イ从{____
       |::::}::::::::::::::::廴___ゝ、__,イV::::::::::::::::::::::}
       |::::|:::::::::i::::f:::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::ト、
      人::|:::::::::|:ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::|::|

692本棚のやる夫さん2014/10/03(金) 15:50:27 ID:ppEkW12Q

         ,,              ,,.    ,
.        / |   /| /|     _,,.r':/  /::|
.       /:::::i  /::i |:::::i  ./'''"´:::::/ ./:::::::|
        /::::::::i  |::::! .i::::::i /::::::::::,,.//:::::::/
.      i::::::::::i  i::::i i:::::::i/:::;.r''" /:::::::/
.        i:::::::::i. i::::i,/i:::::/'"´ ./:::::::/
.         i:::::::::i. i:::/::::i:::/  /:::::::/
.        i:::::::::i i/:::::::i/:| /::::::::/
.       i:::::::::"::::::::::/ |:::::::/
       i:::::::::::::::/  i::/
          i:::::::::/     i/
         i::::::::i
.          i:::::::i
.        i:::::::i
         i:::::::i
.          i::::/
.         i/
               ! i     .!l       !ii i
                | i!i/: : : : !l|r"-'"-i| i`i|‐、
                |,イ|,,..r''"!l|  i!  |ヽi  `i    .,./        ,/
               ,r'''! |i!       ii |  | |`i  i  //      ,.r"/
        i、     /  !       ,,,,.i! l-ー|--i!、 .i:/ ./    ,,.r'" /
    \   i \  /i     ,,..r''"  i! i.   !  i! l .i  ./   ,ir''"  ,/    あのなぁ、母さん!!
      \ !  .\/ .:i.              |   i ヾ、./:r''"    /
       `'    / .::/             .!|,,.rヾ、,,ノ       /
.          〈 .::::i  i  |    ,,..-‐ ''"|i   i       /
           ヾ;::ヽ、i  !            /      /
     ―-―――ヾ;::::i   !   !|i        !|/ヾ;― ==
              ヾ:i,  |i.  !||    i |i ,,.r"!|   〉
               `i、 ||  |i   i ||'"    /
                   ヽ||           i|'
                     i'ヽ、      ,,.r''"!i
                :::::::::ヽ|i,,,,,|,,..r''":::::::




         -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
        / /" `ヽ ヽ  \
     //, '/ ~~ ヽハ  、 ヽ
     〃 {_{ /  \リ| l │ i|
     レ!- (◎) (◎) 从 |、i|
      レ⊂⊃u、_,、_,u ⊂⊃ |ノ
        ヽ (((ゝ._)))   j /    ビクッ
        ヘ,、 __, イ
     r ヽヽ::::::|ヽ`ー'´,1ー:::::ヽ、

693本棚のやる夫さん2014/10/03(金) 15:50:46 ID:ppEkW12Q

            ./  ///     /    / /  / ,ィ  | !   、 ヽ
            i  ././     ./   ,.イ´ / ./ / i! ノ'  ,ィ  ', ',
           /  / /   /   / / /  /  ,ムヘリ ,x≦ |.  ', i
          ./ /⌒Y´    /   /  / / /7  /   `ミ三__j   i !
-―ァ⌒>――-7 /f''7/    ./  /\ / // ./ ./        j /  | |
: : '´: /:::::::::::::::::/ .// レ    ./ ./   Vi /   / ./        //   | !
: : :/::::::::::::::::::ノ 〈 ノ/ / /.// f=--、  マソ   }ルイ        //    .| /
:/:::::::::::::::::/   V / / / /  弋 r=ミヽ \            //    .jノ
:::::::::::::::::::::/ /   V ∧./ /    とヾzタ .〉 \ !         //ィ  ./
::::::::::::::::::::レイ /  .j/ リ /      `ヽ二つ _,ノ    /____ムイ ./
::::::::::::::::::/:::::レイ /,.イ i  レ          ゝー-  i 彡二二¨´ ./ /   |     俺が小さい頃、インフルエンザで高熱を出した時も
::::::::::::::::/:::::::::::|/レ'::::i j               ``  r'’K´ r=ミ,. \ / //  .i      あんた、俺の枕元に水と菓子パン置いただけで
::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::f .i                 ノ .と`‐ゞ='-っイ .// /  ,'  /   仕事に行ったろうが!
::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::| !                /´   `~~ ̄´ / /ィ ./  /   //
:::::::::::i::::::::::::::::::::::::::::i ハ                 /       /イ彡イ./  /  //   小学生の子供一人で何日も留守番させたろうが!
:::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::V ',     __   、   /        .∠斗く /  / / ハ    母さんと一緒にいたいと泣いて頼んでも
:::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::Vハ    /7::::::::::\  r''"´       .//ノ //7 /{ i: : :   母子で一緒にいた日が何日あったよ
::::::::::ノ::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ',   ! {::::::::::::::::`ー--、        ,イ/::::::::::/'::::://: | !: : :
::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ   i∧::::::::::::::::::::::::::/    ,..ィ´:::::::::::::::::::::::::/'´:ヽ; |./: : :
イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧  V ゝ、__;; ク′  ,.イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧  ゝ、___>'´  ,x≦::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

694本棚のやる夫さん2014/10/03(金) 15:51:05 ID:ppEkW12Q

                   -―- 、__,ィ_
                 /       '´ 二ニ=-
               /            ヽ、
              ./             .! 、_\
              .!           /  ! |  ̄
              .|          V,ィ ./ ./      誕生日やクリスマスに約束して、何カ月も前から楽しみにしていても
              |     /    ./ハ /ハ/      あんた、当日になったら、大事な仕事が入ったからと出て行ったろうが!
              |    ./    ./しマ从i
               !   ./    /  /         8歳と9歳と10歳と12歳と13歳の時も、ずっと待ってた!
               }/ i /!   ./! /          母さんのクリスマス休暇だって待ってた!
               .ノレイ/ V从ハ! r'´          なのに・・・
             ∠二二二二二二ハ__
        _,.. -=''´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/≧x、     老い先短い大事な時間だというなら
       ,イ:/:::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::://: : : \    子供の頃の時間は大事じゃないのか!
      .///::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::/: : : : : : : ヽ,
     ///:::::::::::::::::::::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::j: : : : : : : : : : ',
     .i: |:|:::::::::::::::::::::::::;':::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::i: : : : : : : : : : : |
    .||:|:::::::::::::::::::::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::|、: : : : : : : : : :i
     ゝリ::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::Vハ: : : : : : : : : :j
┌────────────────────────────────────┐
│もっと声を荒げて大変だったけど、こんな意味のことを息子さんは怒鳴っていた。     │
└────────────────────────────────────┘

695本棚のやる夫さん2014/10/03(金) 15:51:21 ID:ppEkW12Q

         -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
        / /" `ヽ ヽ  \
     //, '/ ~~ ヽハ  、 ヽ
     〃 {_{ /  \リ| l │ i|
     レ!-(◎)  (◎) 从 |、i|   お前を育てようと必死だったんだよ
      レo゚.| |、_,、_| | ゚o   |ノ   お前にお金で苦労させたくなかったんだんだよ…
        ヽ (((ゝ._)))   j /
        ヘ,、 __, イ
     r ヽヽ::::::|ヽ`ー'´,1ー:::::ヽ、




           /    /      /    ミY/   \\
          ./    /      /       !      \ミ=-
          ./   ./   /   /        ハ 、   ', .〉
          .}   /   /   /       / / i./!    ', .{
         /   ./   /   /    /   ./' .ハ/'7     '.,}
        /  .イ/!  /       ./  /レ' { .{  ! ; |   | .リ
     -=彡    .〈 |  f    / /レイ /::::::::レ':::::::ムハ .|   | /
     /      ..Ⅵ  .|   ,イ ./:ーレ--、 ::::::r‐::/} | |  ∧!
   ,,∠=-<,___,彡ヘ .,'   / | ./.ゞニ芝オ....  ムチf .jノ/ i |
/´:::::::::::::::::::::::::::::::〈   ', {  .V .レ'  ::::::::::::::  ::{:::/  ./ /jノ   そうだな。俺も家族のために必死なんだよ。だから時間がないんだ。
Y⌒ヽ:::::::::::::::::::::::::::∧  Ⅵ  {           :::V{/リ /
   .ノ:::::::::::::::::::::::::::::∧  .ハ. |         .....::r┘\从f      経済的に苦労しなかったのは感謝してる。だから俺も母さんを
>'´:::::/\:::::::::::::::::::∧.   \ト、.    `ー-==ァ'´::〉:::::::\      金のかかる立派なホームに入れている。これでアイコだろ?
_;>'´   }:::::::::::::::::::::::ゝ、    \    ::::::/:::::V:::::::::::::::ヽ、
 {: : : : : : : :V7::::::::::::::::::::::::ト----/`ゝ、_,,ィ:::::::::::V:::::::::::::::::ハ
 |: : : : : : : : ::{::::::::::::';::::::::::弋:::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〉:::::::::::::::j: 〉
! '; : : : : : : : ::!:::::::::::::';:::::::::::ノ::/:::::::::::::::::::::::::::::,;>く::::::::::::::::/: {
ハ '; : : : : : : : |:::::::::::::::';:::/:'"::::::::::::::::::::::::::>'"::::::::::}::::::::::::∧: :|
:::', '; : : : : : : ::V:::::::::::::V::::::::::::::;--、:::::イチ::::::::::::::::::::::::::::::::{ V:j
:::::', ';: : : : : : : :V::::::::::::ハ::::::::::;':::::::::}::::::/:{:::::::::::::::::::::::::::::::::∧ リ
:::::::', '; : : : : : : : V:::::::/: :V:::::::::::::::/::::/: :廴_;;ィ::::::::::::::::/::::У

696本棚のやる夫さん2014/10/03(金) 15:51:36 ID:ppEkW12Q

       /             /            ∧  !
      ./              ./         /  / / i  |
      i              ./         /  / /  ! i
      !              i / /      /!  ./ /   | ./
     .|             |.i /  /   /、.|  f!/   j,ノ  !
     .|            ./Vjノ  ./   /  \ ハ!    |   !
     .|            / /.V  .!   ./ 、__.\    i   ハ
      !               / / ハ  |  ./  YCリ\\ }  .!  ./ .}
      |          〈    .ム  .!  .f   `¨'ーミノ_ / ノ  /  |
      |           ハ  .、( ∧ ! |      ヽ ヽ V/./  レ'´
      !           .∧  ヽ  Vハ  |          V´
     ,'  /          ∧ ヽ   .V |           ',
     / /            ゝ、ノ,    V|           ',   ギロッ
    ./ /            /  i    .リ         rァ--┘
   / /        /    /  |       r―-、___,〉
   ! ,'  /     ./  / ./   ハ            }
   | /  ./     ./  / ./     ゝ、       ー‐r'’
   |ノ! ,.'     ./  /  /.        \        .!
    | /  /   /{ ! ∧/         ヽ、      }
    レ! /|  ./ V从            r-≧z。,,_/
     レ' |  /      ,...-―――--、__,ム斗――==---..、
    ./  | /   ,...ィ'"´:::::::::::::::::::;>'´:::>―'''" ̄: : : : : : : : :`ヽ、


             ,. -─-  、
           /:::::::::::::::::::::::::\ ∠ )
          /::::::::::::::::::::::::::::::::::::`、  __
    .     .l:::::::::◯:::::::::::::::◯::::::::l  `、_)
    .     .l:::∧:::::::::::::::::::::::::::::::::::l
    .      、廴):::::::::::::::::::::::::::::::/
.           \::::::::::::::::::::::::::/         /⌒ヽ
            ` ー-   -‐´        /     }__      /⌒ヽ
                  ―┐、   _/    /::::::\  /     }
             } ̄丶 / .斥/::::.`ー::::::::/    /::::::::::::::/    ./
            ノア示斥彡'./::::::::::::::::::/    /:::::::::::/    ./
          /:/ }///   /::::::::::::::::::/    /::::::::/    ./
       _ /::::::{ {//{  ./::::::::::::::::::/    /:::::/    ./:}      > =ミ
      ,ィ::::::::::彡=ミ|_.///}  /:::::::::::::::/    {_/    ./:::::::| >’      ノ
    /:::i::::::::: {      >,/::_::x≦          イ_,ィ        ,<
.   / ::::|:::::::::::\                            ,<
.  ,'::::::::|::::::::::::::::ヽ _ ___                   < ______
  i::::::::::|:::::::::::::::::::::| |///|/:::::ヽ                             }
┌───────────────────────────┐
│そう言って、生活相談員を睨みつけて去っていってしまった。    │
└───────────────────────────┘

697本棚のやる夫さん2014/10/03(金) 15:51:52 ID:ppEkW12Q

   , -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
  , '     /" ヽ\
 , '    //, '/~~ハ ヽ
,、,|i 〃  {_{  ry7ト、 リ| l、  ___________
;;;;;ヽ|i | | /7ノ././ノノ 从!」 /                  /
三、ゝ|i⊂⊃}    /⊂⊃ヽ」/                /
;三ヽiゝヽトヽWWソレノヽY /              /
三三ヾY;;;ヾ天くハ',三三\/                  /
ヽ三三ノ;三ゝハハノ \;三;;/                 /
;;;;ヾ;;三!;;三;;i仆{    \/                 /
;;;;;;;;;ヽ三三ノ;;:::}____/__________/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
┌───────────────────────────────────┐
│あれから、Aさんは息子に会いたい、孫に会いたいと言うことがめっきり減った。  ....│
│ただ、ものすごく暗い顔で、いつもため息ついてる。                   ....│
└───────────────────────────────────┘


        ,.:''::´:: ̄::`:::.、
       /; '´T 丁l `ヽ:ヽ
        /{:/l |l ト、 l Nトl`iハ
      l∞|l kノノヽノ`ヽリil l|
       |∧l lK ◯   ○ ソイ|
     ,l (l ぃ  ,-┐ ,从!|
     l  ヽ トゝ、 ニ イ ト、lト、
      |/≪T ,バ、:文:`Yラ、ゝ
     N≠{〈:::::::〉:;i:::}:::〉≧

698本棚のやる夫さん2014/10/03(金) 15:52:09 ID:ppEkW12Q

          -‐ '´ ̄ ̄`ヽ、
        / / "__ノし  ヽ
      〃 {_{ ソ   リ l│ i|   本当に今更だけど、あの子はこんな気持ちで私の帰りを待ちわびていたんだなと
      レ !小l 八 从 ハ | |、|i|   年を取ってから思い知らされたの…
      レ从 从 _ノ   ヾ∨| ノ
    /  ⌒ヽ|リ ー illi ー.ハヽ   もう取り返しがつかないのね。息子のためにと頑張ったのに
   / ,_ \ \、_,、_, イ       私の人生は何だったんだろう。これって因果応報なの?
   と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.


          ,. -─-  、
         /:::::::::::::::::::::::::\
       ./::::::ノ::::::::::::::::`ー:::::`、
       l:::::::::◯:::::::::::::::◯:::::::l   あなたがそうやって頑張ったから、
       l:::::U:::::::::::::::::::::::::::::::::l   このホームで安心して暮らせるんですよ
        、::::::::::::::::::::::::::::::::u::/
           \::::::::::::::::::::::::::/
             Y ー-  -‐ Y
        _,,,,ノ|、 ̄//// \、
    _,,..r''''"/ | \`'/  /  |  ̄`''ー-、
   /     /  |  /\  / /    / ヽ


      ,-‐〈{穀}‐‐.、‐、
    /:/    \::ヽ ハ
.   /  , l、 、 ,  {ヒ{}コ} !
   l ,ィ {7Tハ T寸寸i || |
   |ハ |l┬r ヽ|r‐┬} |  |
   } `ト じ    ヒソノ| |) |
    | |ヽ、_  _  u._,ィ| |  | _ノ
   ',. |.| l 7Eニ::ィ |./|  |/::::<_
    ,|. | 'イ<予>::::`l  |  |:::::\:/
     | l   i´V/`.|::::|  |  |\}\
     | l.  j|:::::::::::|::::|  l  .|
┌───────────────────┐
│そう言って相談員は慰めていたが        .│
│私はAさんの言葉に返事ができなかった    │
└───────────────────┘

699本棚のやる夫さん2014/10/03(金) 15:52:24 ID:ppEkW12Q
元ネタ
151 :名無しさん@おーぷん : 2014/09/17(水)10:27:08 ID:pcrmdQnvM
私は有料の老人ホームで働いてる。
入所者さんの中に、穏やかで可愛い感じのお婆ちゃんがいる。
仮にAさんとするが、Aさんには一人息子がいて、孫も二人。
ホームからそれほど遠くない所に住んでいるのだが、
息子さんは仕事が忙しくて、年に何回かしか面会に来ない。
孫は正月だけ、お年玉をもらいに来る。
Aさんは家族を恋しがって、面会を首を長くして待っており
その様子を見るのが辛い。

ある時、Aさんの容態が悪くなり、家族に連絡したが
息子さんは「救急搬送するなら、意思確認書を出してあるからいいだろう。
これから大事な会議があるから行かれない」と言う。
それでも生活相談員が「とにかく家族と一度お話したいので」説得し、ようやく面会に来てくれた。

私はAさんの介護のため付き添っており、息子さんが来た時もその様子を見ていた
待ちわびていた我が子の顔を見たAさんは、ボロボロ涙をこぼし
「私ももう先が長くない。短い余生の大事な時間なのだから
時々顔を見せてくれないか。孫にも会いたい」と、拝むようにして頼んでいた。
生活相談員も、「お忙しいのは分るのですが、実のお母様なのですし、もっと面会にいらしては」と、
ちょっと諭すように言った。

152 :名無しさん@おーぷん : 2014/09/17(水)10:49:33 ID:pcrmdQnvM
すると息子さん、プチっと切れたようになり、
Aさんに向かって「あのなぁ、母さん!」と怒鳴った。
「俺が小さい頃、インフルエンザで高熱を出した時も
あんた、俺の枕元に水と菓子パン置いただけで仕事に行ったろうが!
小学生の子供一人で何日も留守番させたろうが!
母さんと一緒にいたいと泣いて頼んでも
母子で一緒にいた日が何日あったよ
誕生日やクリスマスに約束して、何カ月も前から楽しみにしていても
あんた、当日になったら、大事な仕事が入ったからと出て行ったろうが!
老い先短い大事な時間だというなら
子供の頃の時間は大事じゃないのか!」

もっと声を荒げて大変だったけど、こんな意味のことを息子さんは怒鳴っていた。
Aさんはワナワナ泣きながら、「お前を育てようと必死だったんだよ
お前にお金で苦労させたくなかったんだんだよ…」と訴えたけど
息子さんは、ものすごく冷たい顔で
「そうだな。俺も家族のために必死なんだよ。だから時間がないんだ。
経済的に苦労しなかったのは感謝してる。だから俺も母さんを
金のかかる立派なホームに入れている。これでアイコだろ?」
と言って、生活相談員を睨みつけて去っていってしまった。

あれから、Aさんは息子に会いたい、孫に会いたいと言うことがめっきり減った。
ただ、ものすごく暗い顔で、いつもため息ついてる。
このあいだ、
「本当に今更だけど、あの子はこんな気持ちで私の帰りを待ちわびていたんだなと
年を取ってから思い知らされたの…
もう取り返しがつかないのね。息子のためにと頑張ったのに
私の人生は何だったんだろう
これって因果応報なの?」と聞かれ、返事ができなかった。

生活相談員は、「Aさんがそうやって頑張ったから
このホームに入って安心して暮らせるんですよ」と慰めているけど。

703本棚のやる夫さん2014/10/03(金) 16:10:06 ID:tD.BMjvY

まぁなんとも・・・。やられたらやりかえされるというのかなんというのか(´・ω・`)

704本棚のやる夫さん2014/10/03(金) 16:11:12 ID:FmVD3z8c
おつ

親孝行したい時には親はなしっていうけど
その逆もけっこうあるんだよな

関連記事
[ 2021/02/09 06:36 ] オリジナル やる夫でコピペ | TB(-) | CM(15)



シングルマザーかどうかで多少印象変わるけど経済的に苦労させなかったんだからすごい立派なお母さんだと思う
[ 2021/02/09 08:24 ] [ 編集 ]

経済的には苦労させなかった立派な母親かもしれんが、それはそれとして子供がそれをどう受け取るかは別だよな
[ 2021/02/09 11:20 ] [ 編集 ]

施設看護で働いているが息子さんだとどうしても仕事があるから難しい問題だよね。基本面会に良く来る人って娘さんが多い(それか定年退職した息子さん)。昔だったら息子の嫁さんがその役目担ってくれたんだけどね…
ただ親子どっちが悪いかというよりは仕事を最優先にしないと首にされちゃう社会が問題な気がする。
[ 2021/02/09 12:12 ] [ 編集 ]

お金の心配なく有料老人ホームに入れてるんだし立派な息子だよな
[ 2021/02/09 12:43 ] [ 編集 ]

育児放棄、育児怠慢、完全に虐待、ネグレクトだよ、親失格。

経済云々は親としての資格でも何でもない。
例え極貧でも暖かい家庭なら子供は幸せに育つ。

立派な老人ホームに入れて経済的に苦労させずに、親孝行してるのだから息子の言うことは道理。
経済的に苦労させてないのだから~と言うのなら、立派な老人ホームを入れられただけで満足しろ、息子に文句言う道理はない。
[ 2021/02/09 16:18 ] [ 編集 ]

息子の金で立派な介護施設入れてもらえて何が不満なの??
金だけは十分に与えてもらったお返しとしてお金だけはあげてるんだから満足しなよ。

息子からの愛情が欲しい?親としての愛情を与えなかった扶養者風情が何寝言言ってるの??
[ 2021/02/09 16:34 ] [ 編集 ]

素晴らしい!
子供に札束だけ投げつけて放置して、育児した気になってる親もどきに見せてやりたいコピペだ!
[ 2021/02/09 17:12 ] [ 編集 ]

子供に経済的に苦労させなかったけど、インフルでさえ放置した母親
息子は母親を有料老人ホームに入れて、病気の時は医者に診てもらえるように
取り計らってもらったんだから、よくやってるだろ
[ 2021/02/09 20:14 ] [ 編集 ]

シングルマザーかどうか次第だな
もしそうなら息子がくそったれのゴミ、そうで無いなら親の仕事の内容次第
専業主婦やってたんだったら、これ以上ないほどの因果応報

何れにせよ情報不足、どっちが良い悪いという話ではない
[ 2021/02/09 22:48 ] [ 編集 ]

>もしそうなら息子がくそったれのゴミ

??親と同じことをしてるだけなのだから、その親が悪くないなら息子だって悪くないだろ。
有料老人ホームで入れてあげてぬくぬくと経済的に苦労させない生活させてるのに何が悪い??

それと専業主婦なら仕事してないだろ
[ 2021/02/10 09:35 ] [ 編集 ]

シングルマザーが裕福な家庭と家事を両立できると思ってる奴は、間違いなく嫁の家事を手伝った事がないやつ
そして金があるのが幸せとは言わないが、金が無いのは間違いなく不幸
[ 2021/02/10 13:07 ] [ 編集 ]

生活相談員さんの言うことが全てだな
いい生活相談員さんのいる立派なホームで経済的に不自由なく暮らせるのは
昔がんばって働いて息子に経済的な不自由をさせなかったからだよ
子供にそれ未満の愛情しか注がず、もっと悲惨な老後を過ごすハメになった人は山ほどいる
[ 2021/02/11 01:04 ] [ 編集 ]

これはほんとにオアイコだな…
第三者からは何にも言えんわ…
[ 2021/02/11 18:02 ] [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2021/02/12 15:29 ] [ 編集 ]

子供に対して親がした事は、年をとってから親が子供に自分がされる事となる
って誰かが言っていたのを思い出したなぁ…
[ 2021/02/21 11:01 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する