やる夫で学ぶ食卓の歴史 おまけ1

目次

114 : ◆ePj4HRjxK. : 2012/09/01(土) 21:17:54 ID:CmWjdCl20

 【おまけ】                                 r‐‐…‐v」 ̄ ̄└┬'¨`ヽ
                                       ____ノヽ.    { i      |   (_}_r 、
                                       /  \     .{      l    | }  \
                                     _〕 \   \   `    |   | }  <!
                                 /⌒ヽ   \  ヽ        l   |   | `¨ヽ
                                   }    \      -‐…・・・…‐- 、  |   ' ∧
                                /`ー         /  .′        \ | / / |
                                  {.        /    /            ヽ  /  :|
                                  {     /    ,′ /                、   |/ヽ
                                   〕二ニ /    , i        i       ∨`¨!   } _____
                                 {     /      |  i {   !  l |         i  !  ,/ ___}::}
                                 └ 、_   ,   / :i |  | {   !  l |  }     |⌒i.l  {/    /:/
                                    } i {   i: 十 |‐-| {   !-‐l 十‐.}      |._/|.|/二二二二ノ
                                 「¨¨| {   |l | :l|  |    :|  | |  } i    ヽ |.|  ,/ {
                                 {_r.、| {   |!从八,,人  \从人,ハヽ}、|    /  :}/ /  :{
                                   }| {   lr 笊云  \ | '¨笊云ミxИ/}//⌒ヽ/{  {
    おつきあいいただき、ありがとうございました      >r'勹¨ヽ 夊,ツ    `   .夊_ツ l ' |:{. Y它} :{  {
                                   //.{¨。{  } :.:.:.:.:.       .:.:.:.:.:. |   l|:{戈彡'  {  {
                                      /{ { } :{        ′         ,!   l!  ̄     {  {
     ここからはおまけよ                    .乂i,/ /{  }`     ー  ‐     ´l  l|      {  {
                                        / / :{  }   >  ___ . <_____|  l|       :{  {
                                    / //{  }¨¨¨>=乞辷 、'¨¨ ̄  :|  l|\    :{  {
                                      /  <  :{  } /{Y´__ r‐ { ヽ'⌒) :|   /.  〉    {  {
                                  /  l∧ {  /,/ :{ !丈包}/ヽ 〉‐  | ,/  ,/\    l  {
                                    /   { { :{/ :{  {ハゝー 」`ー ./    | /  {   }   {  {
                                /  /  | ./   夊_>、_辷___彡'     .{'\  }  }.  :{  {
                                  /     /_______ / ,/ ∧  \   \ `   ._   {  {
                              /    辷___彡' / / /     \    >──'  、 {  {
                                /      / //   / / /   ヽ      //.       寸  :{
                            /       {//.l     .′/ /     \  辷 ニ二二〕    ヽ {


115 : ◆ePj4HRjxK. : 2012/09/01(土) 21:18:27 ID:CmWjdCl20

 【このスレについて】

           / ̄ ̄\
         /   _,ノ `⌒
          |   .( ⌒)(⌒)
.           |    (___人__)          ヨーロッパ圏を中心に、ふだん慣れ親しんでいる
           |        ノ
            .|        |           食器やテーブルマナーの歴史を紹介する
            人、       |
        ,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノ            文化史系の歴史・学ぶスレだ
  ,. -ーー -‐ ´:::::::::::::::::::::::::::::7
/..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、
.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. \、_        設定や登場人物は>>1の前作
::::::::::.\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..... ヽ
:::::::::::::...ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...ヘ、     『やる夫で学ぶヴィクトリア朝イギリスの立ち食い飯屋』を
:::::::::::::::::...ヽ::::::、-─────- 、_,. --──ー、
::::::::::::::::::::::::::::// ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ー´ ̄ ̄ ̄ ̄/   継承しているので、お時間があればそちらもご覧いただくと
::::::::::::::::::::::::://         / /      /
:::::::::::::::::_//__        ./ /      /l.    ストーリーの流れがつかみやすいと思う
:::::::::::::::{ _____  `ヽ     / /      /:::.l    
::ー::::::{ _____}`'ー'´    ./ /  // ~""''' ‐- ...,,_
:::::::::/  _____}      ./ /   //         //  /
、::::/   ____}     / /  //         //  ,/´)
:::::/ ̄ ̄ ̄ヽ     ./ /  //         //  L,.-'´}
/       ヽ─-、./ /,.ー//         //  ,.-'´ ./
l         ヽ::::::::::::::::::://         // / ̄ ̄ ̄ヽ
          ヽ:::::::::::::://         //,./       ヽ
           ヽ:::::::://         ,.</         l
            ヽ ̄~""''' ‐- ...,,__< //        /

116◆ePj4HRjxK.2012/09/01(土) 21:18:59 ID:CmWjdCl20
                                                          ___ _
                                                        r<  __       ` 、
                                                    イヽ!  V !      \
                                                    从 o 0 o ノ        }` 、
                                                      /  ー‐一 _  ヽ    \ !  廴
                                                   ′' {  f    ) ⌒ ノ }  }  `ヽ
                             アザトース                イ { 人⌒     z==ミイ  '/、\  {
              とは言っても、ぶっちゃけこの子のことだけ         ./∧ \ }==ミ    ""/ / } ノ   ヽ
                                                  }/ \ 込""  、 ノ ._  {. ヽ    
              押さえておいていただければおkだと思うお  .       / (__ / . ヾ..___(/_ハ )   、 
                                                人__   { ソ:/       \.V ハ)    
                                              /    /  /⌒   ⌒    }  !     
              やる夫の家にあったボロい本を読んだら出てきた  .′  (_ 「イ/ (●)  (●)   ノ ノ ̄ヽ.:ハ
                                             .i  (  / /|    (__人__) r―'" .イ ヽノ 
              スパナチュな存在が、なんやかんやあって      l   ` .' 〉 \   `⌒´  ` ̄/   _ハ  、
                                              `V  , .__/   ー xォ  ⌒Y  .\  
              やる夫たちと一緒にいる、という設定だお       (__ _{´   ⌒ヽ    / /´    ∨.ノイ   
                                               }/ `ー‐1   }   { {      ∨    
                                               /     ゝ '    ゝ. \      ∨:|  


       ノ:. :. :. :. :. :. :. :. }
       f:./ ̄ ̄`丶:. :.ノ
..    へ_ノイ i| i| i| |! |! く_r┐
    7j::r'イ レiト!  |r'T j} k'´     前作と同じく、タイムスリップ関連の理屈付けを
   /イ::{ ル'┯┯リレ'┯┯lリヘ
  //{::f !| . l:::/    |::/ |!::イ '.     丸投げするためのキャラよ
 // 7|i人 u    _   ノff┤ :,
..f {  | |i | >-- -イ|  リ Vハ
/レ{  | K´  }:::::::::::::::Y くヽ 川    ・・・もう少しエレガントなガジェットはなかったのかしら
i/イ r'_≦ /:. 孑::::了}   〉 〉 イ|
{ l{   ̄ヾV:. :. :.  ̄:. :.i < く  !j     ポータブル式のタイムマシンとか
..V|   ___ノ 〉:. :. :. :. :. :. 〉 _)ノ イ

117◆ePj4HRjxK.2012/09/01(土) 21:19:32 ID:CmWjdCl20

                                           ャ‐f白≧。
                                           r爪ーt痴ュト.
                                        /  ̄/7 ̄`ヽ \___      ____
                                     r…‐{{ }\/:∧  }:}./ ./`    ,ィ    ヽ  . /|
                                       ⌒ヽi∨  ∨  ヽ /  /   \   しシ'⌒i }  <.   ̄ ̄l
                                        _ォ゚}          ∧__⌒ヽ, \     | /    \| ̄ ̄
                                           /〃`゙^'''''゙,'''',''''゙''''"´\ 乂__) 〉  ゚。 ゚.。 | { 
                                       {/   〃   {ハ  ト   \_ノ    }    ハ
                                         /i|   {  ハ{  \{癶ミメ⌒ソ    乂_ / /
                           .             〔_|l | 从≠弍_ノ) 廴ソ `Y    〃   フ/
                 【■■、■■■■■?】          .|l | l|{廴メ     xxxx ( イ.|   { 〃⌒    ___
                                          |l | l|{(,xxx `___     八│   { {__丿 /  _   ̄フ
                           .            乂 l{乂_ノ) ゝ __ ノ   /   八  乂___ .′/ \_j`トy
                           .                ゝ{ハ{个o。  _____/  /  \_____彡
                                    - - 、    | ⌒Y´⌒ヽ   /⌒\   │ :.{│ 
           【このしょくしゅ、えれがんとでしょ?】   ● ●) ヽ   | _) { (__/ /   ⌒\ )?礒 し' i}│  m
                                    (人__) u,ノ____乂___人___彡"         }{ {    :l } 〈 フ
            ・・・だってお                  l       |  ̄`ヽ   /             厂丶\  ∨   \
                                   (⌒)Jし(⌒ノ       \/          /   ) ヽ. ∧    ヽ




     __/⌒ヽ.
    /:::::::::::::::::::::!
.__  イ´ ̄ ̄ ̄`く
{:.:∨:} / \i   !/ ヽ
.7¨7 ム __ゝ ノ__ハノ     ホシ
│fミi:|   ∪ ∪ !   この地球の美的感覚では、絶っっっっ対に違いますっ
│ゞ1!    △   〉
│ |゙|ト、 ー‐r一i !
│ | ラ´ ̄{薔} ̄7
│ | {`ー  Ⅹ .ム

118◆ePj4HRjxK.2012/09/01(土) 21:20:04 ID:CmWjdCl20

 【エクスキューズ】

                                                        / ̄ ̄ \ -、_
      ・・・さて このスレは学ぶ系を謳っている訳だが、                  _,ノ ヽ、__   / / ,〉、
                                                    (=)(= )/ ´/ /)
      そのためにはひとつ前置きしておかなければいけない               (__人_) {    , ' ´,/
                                                     '、`⌒ ´ u V __, <´
                                                      |     〈´/::::Λ
      現代からスプーン・ナイフ・フォークが失われてしまい、                |       ヤ::::::::::::::Λ
                                                     `ュ`ー─ー V::::::::::::::Λ
      その原因である「消えた“ご先祖”」を探しだす、                  /::::::::::::::::::::V::::::::::::::Λ、
                                                  _,.-/:::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::Vヘ
      もしくはレプリカで代替、というのが今回の旅の目的なんだが・・・  //.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::.∨}
                                               j :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::レ;
                                              i :::r ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〉、:::::::::::::::::ノ
      実はこの設定、文化人類学の観点からするとまったく正しくない  i :::| ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`::-==::イ
                                              | :::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/


          υ-ヘvr,゚
        / 廴 c  !
       ,r'  .ン─ー_ _   ゙i
      ハ   !、 ((  )) 从
     {  { V       ○V
     八  (,从 ○     ソ 
    (  )   ) ))r'⌒)─r'⌒)
   (   )..   /  ─    ─\
   〉 (.  ) /    (●)  (●) \    ・・・いきなりスレの存在意義全否定かお
  (,   (  |  U    (__人__)   |
    ト 八 \   ⊂ ヽ∩     <     説明しろお
   .八 (   ) |  |  '、_ \ /  )
     〉 (   |  |__\  “  /
    (,   (,  \ ___\_/

119◆ePj4HRjxK.2012/09/01(土) 21:20:36 ID:CmWjdCl20

                                              ー─--イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨  ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.
                                                     /ー⌒ー(:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨  ヘ:.:.:.:.:.:.:.:
                                                  /        ̄):.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨  ヘ:.:.:.:.:.:.:
                                                    /          (_;_;_;_;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨_ヘ:.:.:.:.:.:
     そもそも、器物に対して『先祖』という表現自体が不適切ね        /   ,/      /   ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:./ _ミ、:.:.:.:
                                .                 |   /      / l :| ノl(_;_;.:.:.:.:.:.{{ {包 }};_;_;
                                               |   |    |ノト八ノ从   | Τ ゝゝテ彡 } 
     生き物なら、親から子へ、という繋がり方は直接的かつ論理的よ  .Nl  |  | \从ノヽ /    | |  |   |' /  
                                               \|人|∨ ヘヽ ノ'     U | |  |   |__ 
     つまり、馬なら馬の化石を年代順に掘り起こしていった場合、       /  ⌒ヽ }/           | |  |   |/:/
                                                  |   `iーく        _,  | | /  /:.:.:.:ヽ
     一番下にある化石が今の馬の祖先である可能性は高いわ        _|   |/´f>  . /´    | |,/  /:.:.:.:.:.:
                                                    (厂〉   /:f:f:f:三:f:f三>----| |-─ ':.:.:.:.:.:.:.:.



    / ̄ ̄ \
  /  __,ノ 'ヽ、_
  |   ( ●) (●)                  だが、食器は別の食器を「産む」わけじゃない
  .|. u  (___人__)
   |    └ー '´ノ                  だから、例えば「貝のスプーン」と「金属のスプーン」の関係は
   |     ⌒ |            , ァァ┐
   i ヽ      |         ┌、  ///./ 7   「馬の先祖」と「馬」との関係と同じとはいえないのさ
   }、 `> ー-´-くヽ- 、___、 _ | l ///./' /
  _ノ : : : : : : : : :: : : : : : : : : .7 ノ / ヽ_/' /
_/ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : / //  / 丿    「貝のスプーンは現在のスプーンの先祖である」というような
:: : : : : : : : : : : : : :: :: : : : .: / : |  /  /
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヘ  {  イ       言い方は、科学的な厳密さを持たない隠喩でしかないんだよ
::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :「ム __厶┐
::: : : : : : : : : : : : : : : : : : :i : : |` ー一一'|
: : : : : : : : : : : : : : : : : : .:V : :| : : : : : : : |

120◆ePj4HRjxK.2012/09/01(土) 21:21:09 ID:CmWjdCl20

                                                         / ̄ ̄\
                                                       _ノ  ヽ、_   \
                                                       (●)(● )    |
        なので、過去のスプーンが消えたからって                        (__人___)    |
                                                .        |      u .|
        現代のスプーンに多大な影響があるとは正直考えにくい                  .|        .|
                                                        ヽ 、     ,イ
                                                        /ヽ,ー-   ト、
        ただ、SFの設定としては昔から似たようなものがあるし、      _, 、 -─ '".:.ヽ:.:.\__ /ノ ト、__
                                            __ ,. ー 、...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
        古代から近代への変遷という視点で書きやすいので   \ r 、 _ \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::
                                            } }/ )  V::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        今回ストーリーに取り入れさせてもらった次第だ       /:ゝ/ ./ __  V :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                                           }:::::ゝ ソ ,Y i::::::/::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



..: : : /77: : : : : : : :_):.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.入_
: : :///: : : : r‐、_「 =ミ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:し、
: :.///: : : : : :ヽ     ` 、:.:.:.:.:.:.r―'
:///: : :__:r‐‐ ′    |{   ヽ:.:.:.:廴
:{/,{ : : く   i _ |  八!    :.:.:.:.:.ノ
{/,{: :r 、ノ  /}  /} //{ ト、    :.:.:(´
{厶く   i ィ斧ミx///八{ハ   l.rく     ストーリーの要請上そういうフィクション要素は入るけれど、
{ Y^Y{   |弋うソ   斧ミx} n i八 \
..{ryj |  i|      , ゞ゚' ト.| ト、 ヽ     本題の文化史的ネタについては可能な限り史実に基づいて
,ゝ=く| 八          八j V{ヽ.  
/》^八  ヽ  `  '  イ7}  八 \,    紹介させていただく予定なのだわ
..i {/,∧  ∨≧=≦////  /  \ 
..|  7/∧  Ⅵ乙 ハ,/《f:⌒Y    \
|  ,⌒Y,ハ   V⌒ソ//,'}: : : ヽ __
|{ /: : : ∨}   i7777///|: : : : :\: : )
八{: : : :.:.`|   |/,} ∨//,| : : : : : : \

121◆ePj4HRjxK.2012/09/01(土) 21:21:41 ID:CmWjdCl20
                                                         ___ _
                                                      r<  __       ` 、
                                                    イヽ!  V !      \
                                                    从 o 0 o ノ        }` 、
                そのへんは、学ぶ系のお約束を                /  ー‐一 _  ヽ    \  !   廴
                                                   ′' {  f    ) ⌒ ノ }  }     `ヽ
                きちんと守るつもりだお                    イ { 人 ⌒    `○ イ  '/  、 \ 
                                                 ∧ \ }`○    ""/ /_  } ノ  
                                                 / \ 込""  / ̄ ̄ ̄.(/_ハ ヽ   
                ただ、この分野はわりと諸説入り混じってて・・・   / (__ / ヽ.ゝ/─  ─   \   ノ  
                                               人__   {  / (≡ )  (≡ )  .\ヽ  
                特に古い時代については              .   /   (_.|   '" (__人__) "'  u |  、 
                                               ′  (   \           / ヽ )
                まだ決着が付いてないことが多いんだお     . i  (      / ゝ         ィ'ヽ     ) 
                                                l   `  /                 \  イ


    /´:: :: :: :: :: :: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    イ:: :: :: :: :: :: :: ''、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
. /: : : : :|:: :: :: :: ::イ ´ ̄ ̄ ̄ ̄`''ー- ,,,::::::::::::::::::::::::::::ノ
.i: : : : : : :l:: :: :: :: <              ` ヽ、:::::::::::::::/
:|: : : : : : |:: :: :: :: ゝ               \:::::ノ    このスレで紹介する事物については、
:|: : : : : ::|:: :: :: :ノ    /      .|        V
:|: : : : : :|:: ::::il´ _厶⊥∧ハ{    | .|  |.ト、   ',.     あくまでも一説ということでお願いするわ
: i: : : : : i:: :::ノ .イ/   |/ `ヽ    .| \| ,, =ミl.   |
∧: : : : :|:::ソ〃         ゙;\ .ノ  '' 〃   Y.  |
:: ∧:_:_:_|ノ. {{         }}      {{    }l   ト、    また、写真資料については可能な限りその時代の実物を
::::::Xrtjヘ}, ト八        ノ' ''     、    八 . | \
廴_t及ン::| ', `` ‐-=-‐''゙        ヾ==′,,Y lヘ    用意するつもりだけれど、それが困難な場合は
.i  iヽ:\ヽ ヽ  ,, ゙゙        ''        } l \
  l .l  \ゞハ ヽ    ________ .イ.V..   .  現代のレプリカや別地域の似たもので代替することを
  l .l    コ>ヘ .「 ̄V              _]  
  | .l    .厶=x.|_/           ヘ√/       お許しいただきたいのだわ
  l .l     广´ } V               /  
  | .|    /  ィ゙⌒ヽ              >'⌒ヽ<

122◆ePj4HRjxK.2012/09/01(土) 21:22:13 ID:CmWjdCl20
     _     ______
    l i  /    \
    l l_./ _,ノ  ヽ、,_\
    l/ ニヽ( ●) ( ●) .|     最後に、冒頭で手づかみ食に関するコメディチックな描写があったが、
    l / y 「'i___人___)  |
    l   <、.l         |     「手づかみは劣位の代替手段であり、原始的」というような
    ',    ',/       |
     j    ノ      ,/'|、     意図は毛頭ないことをお断りしておきたい
   _∠⌒ヽ j 'i, __ , __ ィ/::L___
 / ...::::::::::ヽVヽ::::::::::::::::::::::::::/:::..´'''
.....:::::::::::::::::::: 〉::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::: /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


                                            ,、_ノ:\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::l:`ー.'`ヽ_   .,.、
                                       .     /:::::`ー:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:)‐ /
                                           i::::::::::::::::::::::::::::::::,、-‐' ´ ̄ ` ' ー- 、:::::::::::::r‐'´!ゝ‐、=
                                           ゝ―‐:::::::::::,ィ'´              `ヽ,::::i:::::::|、:::::::ヽ
                                          ,、_ノ_:::::::/                ヽ:ヽ:ノ∧:、-'
        現代の世界でも主な食事方法のひとつだしね        i::::::::::::::::/      /     ヘ      ヽ .',:::)∨ヘゝ
                                       .  l::::::::::::/   /   /       .l      ヽ ノ´::::l  l:::::
                                       .   つ:::::i   l    l       l       l∨:::::l  l:イ
        それに、たとえばアラブ世界のイスラム教徒の      /::::::::l l.  l    l.        l   l  l   .l ヽ_::|  |:::|
                                       .  ヽ:::::::l l   l     l l      l!  l  l   l .l ノ:l /:ノ
        手づかみ食は非常に優雅で洗練されているわ    .   /`ーl l  l  _ll l、      l!l__/!_ l! l .l l/:::/./::| l
                                          /  (、!ヽ ヽト、l! ll`\ l  l /´|/ l//!`/ //フ:/ィュ::ノ
                                       .  /   l`ー、ヽ!ヽイ んテョ ヽ!/´ rョモハ、l/l/ //:ィ<トリ´ 
        余裕があれば、手づかみ食のマナーについても  .  /    .l  `'十 i 弋::ツ  `   .弋::::ソ´ l l ノ 弋ソ. 
                                       ./    ,'  ,ィ.l .lヘ. `´  、       ̄  ,.| |`i_.    
        機会をとらえて紹介したいわね                 /,、_/::::::l .l: :ゝ、   ー -    /‐l l!、::::`ヽ、_
                                          /´::::::`ヽ/ i l::::::::::::::> 、,  ,  <::::::::l l.l:::`ヽ:::::\:::
                                         .__i::::::::::::::::/ /! l'´::::::::::::::リノ`´、ヘ::::::::`ー:l l l:::::::::〉:::::::\

123◆ePj4HRjxK.2012/09/01(土) 21:22:52 ID:CmWjdCl20


                   ハ ノ\ .ハ
                   .。/  {l痴l}  ∧、
                /  オ≧=====≦ .` \
              /      //|   {    { .
            /    ′ /|.  l  l、⌒\ {  _)         まー、いろいろ細かいこと言ったけど、
           /イ     //  {   {ヽ、 \ 丶\   }
           / { ′ /     \ ヽ   ヾ\ \\_         基本的には軽いノリで進んでいくスレだお
           {{ 人{   {  三三´   `三三 `Y | ノ}
           \.ノ乂イ)               八 }  (         楽しんでいただければ嬉しいお
      ` -..-=:彡イ    |     `ー '      ル  i  \\
           ,//j    .ト   rm、,rm_... イ    人  .) )
         (  {.リ    {i?瞎ク´ ̄¨ |! ̄ \iリ / `ヽ  /     予定では、1~2週間に1回のペースで
          ヽ人    ヾiY    ∧    ル     .ハ
     ` -=彡/(, 个 、  '人 ..____.,イj      ( 八       土曜か日曜の夜に投下できればと思っているお
         /    jノハ  j '/⌒  ⌒\      }ト マ≧=-‐
       /(    f´ ̄ メ.! /( ー)  (ー) \     ノハ    ヾ
      i{ `ヽ  |/ / j./::::::⌒(__人__)⌒:::::\=≦       ))   投下日時はこのスレでお知らせして、
      ゞ、   .く .ィ  |       |r┬-|     |  _>  ー=彡
            V }!  \     `ー'´     /     ̄`7.       間に合わなければ何かおまけを
            V    r´、___∩∩__,  /      /
            人   \__ ´人 ` _ノ     /         お届けするつもりでいるお
              ` ぇ ヽ   ̄   ̄ | へ /
                  |      /
                ..  |   r  /                  よろしくお願いしますお!
                   ヽ  ヽ/
                    >__ノ;:::......

 【おしまい】

124◆ePj4HRjxK.2012/09/01(土) 21:23:15 ID:CmWjdCl20
以上です。ありがとうございましたm( _ _ )m

125本棚のやる夫さん2012/09/01(土) 21:23:55 ID:8f4ERT560
原始時代からスタートとは壮大な物語になりそうだなw

126本棚のやる夫さん2012/09/01(土) 21:24:37 ID:RfhDWCX.0
乙でしたー
今回は長くなるのかな?

128本棚のやる夫さん2012/09/01(土) 21:25:05 ID:0DX8dDqo0
乙乙ー
先が楽しみだわー。
後あざにゃん前回よか可愛く見えてきた…いあいあ!

関連記事



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する